2023年01月30日

感情を抑え、フタをしてきた私が知った事実、良心はいつも叫んでいる! 《自己牧会プログラム》




230130.jpg


良心は
第二の神様です




自己牧会プログラムの体験談、
「良心はいつも叫んでいる」を紹介します。


(女性 30代)

私はずっと、自分の心を主管するというのは、
自分の心にフタをすることだと思っていました。

湧いてくる自分の感情を抑えて
コントロールするのが
当たり前だと思っていたのです。

その結果、私は素直な喜怒哀楽を
表現しなくなりました。

良かれと思ってそうしているので、
本当はそれで苦しんでいたということも
分かっていませんでした。

ですから、自分の気を紛らわすことに一生懸命で、
「とにかく動く」ということで生きてきたように思うのです。

このように、自分の心に
しっかり向き合うことをしてこなかったので、
私は自己観察、内省が苦手でした。


そんな私が自己牧会プログラムに出合い、
「自覚を取り戻す」ということを学びました。

心に浮かぶ思いを一つ一つ実況中継して
客観視していくようになってから、
だいぶ楽になったと思います。

自分の心と向き合う時は苦しい、
面倒だと感じることもありますが、
その先には良心との出合いが待っています。

行動で気を紛らわせるよりも、
良心と対話する方がすっきりすることが
分かってからは、心と向き合うのが
嫌でなくなりました。


良心と対話する中で、
「良心はいつも叫んでいる」
ということが分かりました。

私の幸福のためにずっと呼びかけてくれていた
「第二の神様」がこんなに近くにいたのに、
それを無視し続けていたと知り、
愕然(がくぜん)とするような、
申し訳ないような、ありがたいような気持ちです。


このようなプロセスを通して、
自分の気持ちをきちんと整理していかないと、
本当は一歩も前に進めないんだなと、
ようやく分かりました。

これまでの、進めば進むほど
心が重くなる歩みから、大きく転換できました。

何かあれば実況中継、自己観察、
自覚を取り戻して、光を送って…
という習慣が身に付き、
心が少しずつ成長していくのを感じています。

私の心の中にいる神様 158
良心はいつも叫んでいる
(blessed lifeより)


感情を無理に抑えても、心を
主管(コントロール)することにはならない。
心が解放されなければなりませんね。

逆に、自分が感情に支配されるとき、
客観的に物事を見つめることができない、と感じます。

感情にコントロールされると、
周りがわからなくなります。

納得がいかなくなると
その思いに支配され、
解決するまで、感情に押し流されます。

この証しの方とは、逆ですが、
しかし、決して良くないパターンだと思います。

感情を抑える、感情に流される、
どちらも、本当の意味で
私たちが求める姿ではないでしょう。

自分を冷静に見つめるためにも、
しっかりと「第二の神様」である、良心に心を向け、
自分自身の本当の心を取り戻す、
そんな時間が、誰にも必要であると思うのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月24日

神様はこんな私を、みっともないと感じているんじゃないか 《自己牧会プログラム》




230124.jpg


自己牧会プログラム
それでも私はあなたを愛する


(信仰二世・女性 20代)
教会の青年寮で生活しながら、
大学に通っている信仰二世です。

以前の私は、祈っていても、
自分の姿を見つめては、
「本当に神様はこういう私を愛して
許してくださっているのかな」
「こんな私をみっともないと感じているんだろうな」
と自己卑下に陥っていました。

良いことがあれば前向きになれるのですが、
こんな私は駄目だと思い始めると、
どこまでも落ち込んでしまうのです。

でも自己牧会プログラムに出合ってからは変わりました。
自分の状態を実況中継しながら、
意識を「今ここ」に戻すことを実践するようになって、
感情の上がり下がりが少なくなってきたのを感じます。


教会の窓からは百貨店の屋上が見えます。
日本の国旗と百貨店の社旗がはためいています。

毎日見ている何気ない風景なのですが、
自覚を取り戻して見てみると、
思考がピタッと止まって、
深い感動が押し寄せてくるのを覚えました。

旗は風がないとはためかない、
風はどうやって吹いてくるのだろう…。

そんなふうに心に尋ねると、
神様の創造の偉大さを感じ、
大きな懐で生かされている私を感じました。

 
ある夜のこと、寮の祈祷室で祈っていたのですが、
いくら祈っても神様からの答えを
感じることができませんでした。

きょうはもう寝ようと思い、自分の部屋に戻る途中、
「神様からの啓示」という紙が貼ってあるのが目に留まりました。

そこには、「傲慢(ごうまん)な思いや罪さえも報告しなさい、
それでも私はあなたを愛する」
と書いてありました。

何度も読んだはずだったのですが、
この日はストンと深く心に落ちてきました。

神様はわが子と共有したいんだな、
そこに喜びがあるんだなということを
感じることができました。

どんなところからも神様のメッセージが
やってくる恩恵を感じています。

私の心の中にいる神様 157
それでも私はあなたを愛する


率直な証しですね。。。

この方は、20代の信仰二世ということですが、
最近、証しを書かれた人の年代を見ると、
50、60代も多いですが、
20、30代の若い人も多いようです。

「自己牧会プログラム」は、年代を問わず、
必要な内容であることを感じます。

また、若い人ほど、心が柔軟なので、
すぐに悟ることも多いのかもしれません。

意識を「今、ここ」に戻して、
神様のメッセージを聴く
そのような歩みをしていきたいと思うのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 07:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月16日

「あなたは何もしてくれない!」妻がなぜ怒るのか、わからなかったのですが 《自己牧会プログラム》




230116.jpg


自己牧会プログラム
今回は、「あなたは何もしてくれない!」です。


(男性 30代)

私は朝、家を出るのが9時くらいですが、
出勤前に楽しみにしていることがあります。
それは韓流ドラマを見ることです。

ある日の朝のことです。
その日も韓流ドラマを見ていたら、
急に妻が後ろで叫びました。

「あなたは何もしてくれないのね!」
身に覚えがなく、「俺、何かした?」と聞いたら、
「何もしていないのよ!」と言われました。

私は「何も」という言葉に引っかかりました。

「夜に子供が泣けばおむつを交換しているし、
ミルクをあげるのはいつも僕だし…。
何もしてないことはないよ」

言い返したい言葉をのみ込んだまま、
妻に見送られることなく家を出ました。

なんであんなに怒るんだろう?
いつも怒るのは妻だな…。
どうにも妻の心が分からない、
私の良心はどう感じ取っているのだろう?


そう思って、「良心を感じ取る」ワークを始めました。
 「許し、愛し、感謝し、一つになる」
というテーマで、一つ一つ、心に尋ねてみます。

「本当の私は妻に対してどう思っているのだろう?
嫌いですか?」
いや、嫌いではない…。

「すでに許していますか?」
いや、まだ許せない…。

「神様はその人を愛していますか?」
それは愛しているだろう…。

「妻に感謝できることは何ですか?」
毎日アイロンがけをし、
洗濯もしてくれ、弁当も作ってくれ、
子供の面倒も見てくれている…。

ここまで来て、「妻を愛するために
喜んでできることは何ですか?」
と問うてみると、朝の掃除と皿洗い、
夜のマッサージなど、
小さな奉仕が思い浮かんできたので、
それをやってみようと思いました。

数日間、黙々と続けたら、
3日間なかったお弁当が復活しました。
しかも、いつもより頑張って作ってくれました。

小さな努力ですが、心に尋ねて
浮かんだことを中心に歩むと、
自分を守ろうという意識から、
喜ばせたい心情に転換されることを感じています。

blessed lifeより


実は、私と妻も同じようなことがあるのです。

もしかしたら、この奥さんは、
朝の忙しい時間、やることが多くて
時間がなくて焦っていたのかもしれません。

ご主人は、自分がやることはやったので
好きな韓ドラを見ていたのでしょうが、
イライラする奥さんの気持ちは
わかるような気がします。

家事や子育ては、
個人や家庭によっても違うと思いますが、
奥さんの方に負担が掛かることが
多いのではないでしょうか。

ご主人はなんで怒るのか理解できないながらも、
良心にたずねて、奥さんのために
いろいろやってあげました。
嫌々ながら妻が言うからするのとは違い、
とても微笑ましいなと感じました。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 13:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする