2021年04月12日

「私は囚われている」と感じたら、即ワーク 《自己牧会プログラム》



210412.jpg


自己牧会プログラム。
今回は、「心がゼロになった時、良心が現れる」です。

(男性 50代)

ある土砂降りの雨の日のこと。
わが家はちょうど引っ越しの日でした。

新居でガスレンジの取り付けをしている時、
元栓につなぐホースが劣化していることが分かり、
妻から「新しいホースを買ってきてほしい」と頼まれました。

土砂降りの雨の中の買い物に葛藤を覚えましたが、
それを押し込めながら近くの店に行きました。
しかし、2軒回ったのですが、合う物は売っていませんでした。

土砂降りだし、もう諦めようかとも思ったのですが、
ホースがなければ食事を作ることができません。

さらに20分ほど歩いたところにも店があることが分かり、
家族のためだと思い直して、そちらに向かいました。

その店で無事に目当ての物を買うことができましたが、
結果的に1時間以上歩き回り、
家に帰り着いた時は頭のてっぺんから足のつま先までずぶ濡れでした。

それでも、妻から「ありがとう」の言葉をもらい、
行ってよかったと思いました。


疲れ切った私は、その夜、少し早めに床に就きました。
眠りに入る前に、長男が帰ってくる音がしました。

長男は毎日、夜遅くまでアルバイトをしています。
妻はおなかをすかせている長男のために、
食事の世話をするのが日課でした。

すると、妻と長男の会話がふすま越しに聞こえてきました。

妻「きょう大変だったのよ。土砂降りの中、
ガスのホースを買いにいったんだけど、
なかなかなくてねー。ようやく見つけてきたのよー」

長男「そうなんだー。大変だったねー」

ん? ちょっと待てよ。この会話おかしくないか?
完全に妻が買いに行ったことになっていて、息子から慰められている!
一言も「お父さんが」という固有名詞が出てきてないじゃないかー!

私は、今にもふすまを開けて飛び出し、
「俺がー! お父さんがー!」と叫びたかったのですが、
大人げないなと思い、その夜はただ忍耐して寝ました。


次の朝、出勤前にシャワーを浴びながら、
何か悶々(もんもん)としていることに気付きました。
そうだ、きのうのことを引きずっているんだと気付きました。

何でうちの奥さんはいつもこうなんだろう!
この家には父親がいないんだ!
だから駄目なんだ!

前日の出来事とともに、過去からの
積み重なった思いがふつふつと湧いてきたのです。

マズイ、俺は今囚(とら)われている。

そう気付いた私は、
「この思いは本当の私ではありません」と必死に自らに訴え、
「私は今シャワーを浴びている。
体を洗っている」と、
囚われを外すワークを実践していきました。

するとだんだんと、それまでのいらいらが
薄れていくのを感じました。
そして、平安感とともに、
心が完全にゼロになったのを感じたのです。


そこで、「きのうの出来事を、真の愛を中心として
父母の立場で見させてください!」と祈りました。

すると間髪入れず、良心からのメッセージが返ってきました。
「彼女はお前と一つなんだね」というものでした。

私は、自分がそう思えていなかったことに恥ずかしさを感じました。
同時に、彼女はいつもそう思ってくれていたのか
という感動が湧いてきました。

シャワーのお湯とともに涙が流れていく感覚でした。

「自己牧会プログラム」では、
「囚われを外し、心がゼロになった時、
天の父母様が私の心の中に主人として現れてくる」
と教えています。

そのことを実感し、体感した瞬間でした。

私の心の中にいる神様 64
心がゼロになった時、良心が現れる


なにかとても共感を抱くような、
夫婦あるあるの証しでした。

夫であれば(妻もそうかもしれませんが)
たとえば家事をして、「これだけやったのに」
という思いが湧いてきます。

やるのが当たり前だと思われて、
否定されることがあると、
「あなたは何もしていないのに、
指摘される筋合いはない」
と思ってしまいます。。。

心のワークは、良心を目覚めさせてくれます。
魔法のような素晴らしい道具が
あまりにも身近にあること、本当に感謝です。



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:33 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月01日

家に帰るのは戦場に向かう心地、地獄のような日々からの解放 《自己牧会プログラム》



210401.jpg
天正宮に咲く水仙☆


自分の心の中にいる神様(自己牧会プログラム)
今回は、「生きていて良かった、祝福を守ってきて良かった」です。

(女性 50代)

自己牧会プログラムに取り組み始めて1年になります。
 
祝福を受けて、2人の男の子(現在、大学生と中学生)を
授かりましたが、日々悩みの中にありました。

夫は職場の人間関係が悪く、思いどおりにならない
ストレスを家族にぶつけてきました。

特に長男に対しては、「お前の態度は、
私とそりが合わない職場の人に似ている」などと
理不尽なことを言って、長男を傷つけるのです。

そのため、長男と夫の関係は悪くなり、
長男は夫を無視するようになりました。

夫はまたその態度が気に入らず、ますますイライラするのです。
そして時に、教会を批判するような暴言も口にするようになりました。

当然、夫婦仲もギクシャクします。
そんな私たちを見る子供たちが、教会や神様に対して
批判的になるのは無理からぬことだと思います。

神様から頂いた子女なので幸せにしてあげたい、
祝福を受けてもらいたいという一心で、
私は子供たちに接していましたが、
子供たちからは反発を受けるだけでした。

私は家庭の中で孤立し、毎日が地獄のようでした。
仕事から家に帰る時は、戦場に行くような気持ちで、
「きょうは何事もありませんように」と決意しなければなりませんでした。


そういう中で出合った自己牧会プログラムは、
私に一筋の希望の光を与えてくれました。

「固定観念に気付く」ワークや、
「自己中心的な囚われを脱ぐ」ワークに取り組む中で、
「苦しみは自分で作り出しているもの」であり、
「全てを下ろせば、今ここが天国」であることを
少しずつ実感できるようになったのです。

それまで、夫に対しては「変わってほしい」、
子供たちに対しては「私のしていることを理解してほしい」
という要求の思いが強かったのですが、
それを全て下ろすように努めました。

そして毎日、「思いどおりでなくても大丈夫」を
口癖のように唱えながら、
夫と子供たちの幸せを祈って光を送り続けました。

 
すると不思議なことに、昔の優しい
夫の姿が思い起こされてきたのです。

夫はもともと愛情深く、よく尽くしてくれる人でした。
また、正直で曲がったことが嫌いという一面も持っていました。

こういう夫の本性に気付いた時、
「正義感が強く不器用だから、
思いどおりにならないとストレスになるんだ」と、
夫の苦しみがわがことのように感じられたのです。

こう思えたことで、夫に対する恐れや不安、
裁きの思いは少しずつ消えていき、心が楽になりました。


私の心の中に平安が戻ったからでしょうか、
子供たちにも変化が見られるようになりました。

時々ですが、家の手伝いをしてくれたり、
優しい言葉を掛けたりしてくれるようになったのです。
以前のことを思うと、夢のようです。

最近は、生きていて良かった、
祝福を守ってきて良かったと思える日々が増えてきました。
道半ばですが、諦めることなく頑張っていきたいと思います。

自分の心の中にいる神様
生きていて良かった、祝福を守ってきて良かった


素晴らしい証しですね。。。
地獄のような日々から心が解放され、
大きく変わっていった・・・
その要因が、自己牧会プログラムのおかげでした。

自分自身の心の囚われがなくなると、
ご主人、子供たちの態度が変わっていくというのです。

問題のない家庭はないと思います。
私自身も、過去を振り返って
「あの時、もっと信仰があれば・・・
このようにしていたら良かったのに・・」
そう思うことも少なくありません。

しかし、今ここ、この瞬間、
私の心が解放されたならば、
驚くほどに環境が変化していくに違いないでしょう。

自らも、この証しの婦人やそのご主人と
同じような状況がありますので、
囚われを捨てて、
もっともっと解放されたいなと思いました。

そして、神様と共にある私となること、
私の心の中に平安を取り戻すこと、
そのことが何よりも重要である、と感じるのです。







にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:06 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月22日

結婚30年、初めて聞いた妻の本音・・50歳になって気づいたこと 《自己牧会プログラム》



210322.jpg


自己牧会プログラム、
『出会って30年、初めて聞いた妻の本音』です。

出会って30年、初めて聞いた妻の本音
(男性 50代)
6500双の祝福を受け、妻とは30年以上の付き合いになります。

妻は穏やかな人で、けんからしい
けんかもなく過ごしてきました。
私はずっと教会のスタッフという立場で歩んできました。

ある時、人間関係がうまくいかないことがあり、
家で「人間関係って疲れるね」とつぶやいたことがありました。

妻は「ふーん」という反応だったので、
私は少しイラッとして、「疲れると思わないの?」
と聞いたら、「分からない」と答えました。

納得できず、さらに「どうして分からないの?」
と聞いたら、「人間関係で悩んだことがないから」
という返事です。

私はさらにイラッとして、
「人間関係に真剣じゃないんじゃないの」と
意地悪なことを言ってしまいました。

それでも妻は、
「そうかもね」という穏やかな反応でした。

 
そういう中、私は自己牧会プログラムに出合い、
いろいろなワークを実践するようになりました。

ある時、私がワークの恩恵について妻に話したところ、
妻は「本当にお父さんはワークのおかげで
解放されてきたね。私も解放されたい」と言いました。

そして、長年の積もり積もった思いを語り始めたのです。


私はそれまで、妻に針の先ほども気を使わずに暮らしてきました。
やりたい放題、伸び伸びと過ごしてきました。

長男を授かった時も、彼女は体重が落ち、
やせ細って大変だったのですが、私は毎日変わりなく、
朝家を出たら夜の11時過ぎに帰宅、という生活を続けていました。

彼女がご飯を食べたかどうかも全く気にせず、
彼女の横で熟睡していたのです。
妻は体調が悪くても一人で育児を頑張り、
一言も文句を言いませんでした。


彼女の話は、そこから始まりました。

最初、私はソファにもたれて聞いていましたが、
次第に「これは姿勢を正さないといけない」と思わされ、
最後は「申し訳ありませんでした」と謝罪しました。

私は妻のことを、「愚痴を言わない人」
と思い込んでいましたが、こちらが聞く姿勢を持つと、
意外に「愚痴を言う人」でした。

それを知ってからは、
きちんと妻の話を聞くようになりました。


聞くときは、自己牧会プログラムの教えに従い、
「共感する」という基本の基本を大事にするようにしています。

以前だったら、何かアドバイスしなければならない
と思うあまり、「でもみ言はこうだから」
みたいな対応をしたかもしれません。

でも今は、「ああ、大変だね。よくやっているね」と、
寄り添う言葉が自然に出てくるようになりました。

すると彼女も「聞いてくれてありがとう」と、
晴れやかな顔になるのです。

 
自分のこと、妻のことを理解しているつもりでしたが、
ワークを通して心が整理されてくると、
分かっていないことがたくさんあったなと、
50歳になった今、ようやく気付くようになりました。

今もまだ分かっていないことがたくさんあると思いますが、
家族で一緒に座ってご飯を食べているだけで
「今ここが天国だな」と思えるようになったことが感謝です。

私の心の中にいる神様 61
出会って30年、初めて聞いた妻の本音


題目に目が留まったので、
今日は投稿させていただきました。

一番身近な人に対して、
自分の「思い込み」で認識している。。。
もしかしたら私たちも、
そういうことが多いかもしれません。

神様がどう見つめているのか、
そのことを実感するためにも、
心のワーク、良心を先立てていきたいと思います。

そういった意味では、
夫婦でブログをしていることは、
本当に感謝です。

もっともっと、味わい深い関係を
築いていきたいですね。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:01 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする