2021年11月24日

夢を描いて結婚、こんなはずじゃなかった現実・・・その原因は「なんてこった!」 《自己牧会プログラム》



211124.jpg
HJ天宙天寶修錬苑 秋の風景


自己牧会プログラム
今回は、「何てこった!」です。

家庭連合の祝福結婚を受けて
海外で家庭をもたれた日本人の体験談です。

(海外在住 日本人女性 50代)

国際祝福を受け、夫の国に嫁ぎました。

私の夫は人を喜ばせることを知りません。
家族の催し物はほとんど私が考え、実行してきました。

夫から「僕も手伝うよ」とか、
「今回はどうする?」などと言われたことは、
28年間の結婚生活で一度もありません。

何から何まで私を頼り、私が企画したものを、
子供と一緒に喜んでいます。

また、仕事から帰ってきても、「ただいま」だけ。
「今日はこんなことがあったよ」などと
共有してくれることは一切ありません。

気付いてほしい、夫からも声を掛けてほしい、
夫婦一緒に子供のための楽しみを創造したい。
そういう叫びを上げても、そのたびに
夫の返事は「分からない」でした。

こんなはずじゃない、どうして気付いてくれないの?
普通気付くでしょう?
あなたはおかしい。
私を幸せにしてあげたい、
喜ばせたいと思わないのかしら?

もう、こちらから「こうしよう、こうして」
と言うことに疲れました。
嫌になりました。
言いたくもありません。
気付いてほしいのです。
夫から「こうしようか」と言ってほしいのです。

そんな葛藤が28年間、
いつも私の心の中にありました。

 
夫は家庭を顧みず、仕事が命の人です。
田舎の貧しい家に育ち、夫が小学生の時に
父親が病気で7年間入院して、生活は大変だったそうです。

その影響かどうかは分かりませんが、
私には「心情の乏しい人」に感じられました。

一方私は、両親の仲が良くなかったため、
幼い頃から結婚に対して理想を思い描いていました。
それが私にとって希望でしたし、永遠の夢でもあったのです。

還暦になろうとしている私たちですが、
天国生活から程遠い家庭のまま、
子供も社会人や大学生になり、家を出ました。

私の理想家庭実現の夢は、
もうタイムリミットを過ぎてしまいました。

 
そんな時、「このままでいいのか?!」
という思いが湧いてきました。

よくよく考えたら、私は夫と霊界も一緒!
私はこの人と愛で心から一つにならなければならない!
このままでは永遠に後悔する人生になる!
と自覚させられたのです。

「全てを許します! 天の父母様、
今まで悲しませてごめんなさい!」

「これから必ず夫と幸せになる!
今までの全てが感謝!」
こう自分に言い聞かせて、
その日を過ごしました。


その夜、思いがけないことが起こりました。
久しぶりに夫が食事に誘ってくれたのです。
そこは、いつも行くところより値が張る
シーフードレストランでした。

そこで夫は、ただ蒸しただけのキャベツや野菜を見て、
「父さんがよくこれを食べていた」と
懐かしそうに話しました。
そして、それだけをおいしそうに一皿食べたのです。

何でもない蒸し野菜を懐かしそうに、
そして穏やかな表情で食べる夫。
父親を思い出して幸せそうにしている夫──。

そんな夫を見ながら、ふいに、
夫の今取り組んでいるみ旨を実現させてあげたい、
夫にたくさんの幸せな思い出をつくってあげたい
という思いがあふれ出てきたのです。

これは本当に思いがけないことでした。


私の本心はとうの昔に、「分かってほしい」
という願いが無駄だと気付いていたのです。

でも若い頃から抱いていた結婚への夢、
理想を手放すことができなかったのです。
また、手放すものでもないと思っていたのです。

そんな夢や理想も手放さなければ、
夫と心から幸せを共有することはできないのか。

理想や夢までも手放すなんて「なんてこった!」ですが、
希望、夢、結婚生活の理想すらも
私が幸せになる足かせになっていたことに気付いたのです。

夫を自分の理想でがんじがらめに
縛っていたのだと、ようやく気付いたのです。

もし「自己牧会プログラム」に出合っていなかったなら、
気付くこともできないまま、祝福を受けたことすら、
(ハン)になっていたかもしれません。

私の心を囚(とら)われから解き放ってくれた
「自己牧会プログラム」に心から感謝いたします。

私の心の中にいる神様 95
何てこった!
(blessed lifeより)


素晴らしい証しをありがとうございました。

真のお父様の『最悪を最善に変える』
という精神を思い出しました。

現実的に大変な状況であっても、
それをどう乗り越えるのか、
真のお父様のように乗り越えるためには、
自己牧会プログラムが欠かせない、と感じます。

見返りを求めない、真の愛の投入により、
ご主人の心も開かれていったのでしょう。。。

海外に嫁がれ、環境も言葉も習慣も違う中、
何より、男性と女性の違いも
大きかったのではないでしょうか。
そういう中で、大きな気づきを得られたのですね。

祝福によって素晴らしい家庭を与えて頂いたはずの
私たちですが、幸せになってほしいという
神様の心情から遠いところで、葛藤や
苦労を重ねてきてしまっていることが
あるような気がします。

とてもいい教訓を与えていただきました。



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 09:49 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月16日

教会を離れていた夫と、一緒に訓読できるようになりました! 《自己牧会プログラム》



211116.jpg


自己牧会プログラムの海外からの証し。
今回は、「必ず道は開かれる」です。

(ヨーロッパ在住 日本人女性 60代)

20年前の夫の離教とともに、私の心は
かたくなになり、ゆとりもなく、
ただ家庭生活を守るだけの日々になりました。

伝道前線にも臨んでいましたが、
夫との心情的距離を持ったままでした。
何か公的に歩むことで、自分の立ち位置を
保ってきたように思います。

やがて次男が引きこもりになり、
今10年が過ぎようとしています。

 
「自己牧会プログラム」に出合ってからは、
自分は正しいという固定観念で人を見ていること、
知らず知らずのうちに
他を否定していることに気付くようになりました。

ワークを実践しながら、全てを下ろして
無になることで、多くの天の知恵に触れ、
再創造されていく恩恵を感じるとともに、
本然の自分は神様に侍る生活の喜びを
感じ取れるのだと理解するようになったのです。

こうして、自分が否定してきたことを
一つ一つ下ろしていくと、それまで夫に対して、
「こんなことを言っても理解してくれないだろう」
「これを言ったら傷つくだろう」など、
自分勝手な思考の中で距離を置いてきたことが、
まさに固定観念そのものだと分かりました。

 

そして、その囚(とら)われがなくなると、
夫との関係に変化が出てきたのです。

まず、ありがたいことに、
夫が一緒に訓読をしてくれるようになりました。
以前は夫が拒絶して読むことができなかった
真のお父様の自叙伝の訓読も終え、
今は天一国経典『天聖経』に入っています。

その途上においては夫が願う本も訓読するなど、
私の心に壁をつくらないように努めました。

8月に入り、祝福家庭なら当然のことながら、
安侍日を夫婦で共にできるようになったのは夢のようでした。

さらに、天寶(てんぽう)家庭にも挑戦することができました。

その道のりは簡単ではなかったですが、
夫に相談しながら、一つ、また一つ、
共に越えていきました。

天寶家庭の摂理に真のお母様が
生命と愛を注ぎ込まれるが故に、
私たち祝福家庭が生かされていると実感しています。


今は夕食後に夫と卓球をしていますが、
ある日、夫が完敗したことがありました。

「もうやりたくない」と言うかと思ったら、
「私はあなたの最高のコーチだ」という言葉で
私を感動させてくれました。

時に夫婦でダンスをすることがありますが、
ちぐはぐなダンスに笑い合いながら、
喜んでくださる神様に思いをはせています。

夫婦が互いに満たしてあげる心、
分かち合う心を持つ喜びを味わいつつあります。

このように、自己牧会プログラムは、
私に具体的な進展と希望を与えてくれました。


自己牧会プログラムはヨーロッパでも
静かに浸透しつつあり、オンラインで
週1回のセッション(体験共有)の場が持たれています。

南東京教区渋谷家庭教会の壮年が座長になって、
温かく見守りながら、一人一人に
適切な導きをしてくださっています。

その場で共有される、姉妹たちの
良心との対話の証しは、私にとって大きな喜びと刺激です。

そして毎日、自己牧会プログラム事務局から、
YouTubeで配信されるセッションと、
LINEで配信されるワーク実践のエクササイズ
「天一国道場」は、私の強力な支えとなっています。

「引きこもりの息子にも必ず道が開かれる。
大丈夫、しっかり進みなさい」
という良心の励ましを受けながら、
生かされていることに感謝する日々です。

私の心の中にいる神様 93
必ず道は開かれる
(blessed lifeより)


素晴らしい証しです。

以前、お伝えしたと思いますが、
自己牧会プログラムは、日本だけでなく、
海外にも広がっています。

さらに言えば、日本人だけではなく、
外国人にも良い影響を与えているのです。
良心は誰もが持っているものであり、
その影響は人類共通だと思うのです。

私も、証しを読ませていただきながら、
「私」に与えられた人間関係、環境において、
今、マイナス的だと思われることがあっても、
絶対にマイナスなことは一つもないのだ、
そんな風に励まされています。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)

posted by ten1ko2 at 12:53 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月07日

(証し)20歳頃の記憶がないほど、家庭が地獄でした 《自己牧会プログラム》



211107.jpg
天正宮の花▲


自己牧会プログラム
今回は、「全てのことに時がある」です。

(女性 40代)
父母の皆さまがお子さんのことで悩み苦しみ、
子供も親の信仰で悩み苦しんでいる──。

自己牧会プログラム事務局に寄せられる
こんなお便りをたくさん聞き、
希望になるかどうかは分かりませんが、
少しでも皆さまの心が軽くなればと思い、
証しさせていただきます。


私は信仰二世です。
1986年、私が中学の時に母が伝道され、
以来、母は信仰の道にまっしぐらでした。

当時マスコミが騒ぐ“そこ”に
「まさかお母さんが行っているなんて」と、
少しショックを受けました。
でも母がしていることだからと、静観していました。

しかし父が教会に大反対していたため、
一人娘の私は、身が裂かれる思いをたくさんしてきました。
真の父母様に対しては憎しみさえ抱きました。

家の中が荒れるのがあまりにもつらくて、
20歳頃からの約2年間の記憶がないほどです。

大好きな父が大好きな母を迫害する姿は地獄でした。
何度布団をかぶり、涙したことか。

誰にも相談できず、心の中で
「神様なんていない。でもいたら助けて」
と何度助けを求めたことか──。


このようにして過ごした私は、24歳の時、恋愛結婚をしました。
父は夫をかわいがってくれて、夫も私の両親を大切にしてくれました。

母は内心では私に「祝福結婚」を願っていたようですが、
私と夫の仲を引き裂くことはしませんでした。

結婚して半年ほどたった時、
私がなんとなく好感を持っていた教会の婦人から、
「ご主人と祝福を受けない?
教会に連れておいでよ」と言われて、
なぜかふらっと2人で訪ねました。

今思うとすごいことですが、そこで
原理講義などをひととおり学んだ後、
祝福の儀式がなされました。

その過程で夫はだんだん機嫌が悪くなり、
「もう二度と来ないし、お前も来るな!!」
と言って帰りました。

でもしばらくして夫が、「三日儀式をしないでよいのか?」
と聞いてきました。
夫は反対はしていましたが、
「教会で言われたから」と言って、従ってくれたのです。


あれから22年。
3人の息子に恵まれました。

私は教会で奉仕をしたり伝道をしたりと、
ほそぼそですが活動しています。
夫は相変わらず反対の立場で、
子供たちも教会に行けていません。

子供たちに祝福を受けてほしいなあとは思いますが、
まずは私がたくさんの囚(とら)われを
下ろしてからだと思っています。


あれだけ大反対していた父ですが、数年前から
少し認知症気味になり、性格も丸くなってきました。

そして2019年11月11日、教会で
奇跡的に既成祝福を受けることができたのです。

若い時は「教会に火をつけてやる!」と暴れていた父でしたが、
祝福式の時、教会長が
「霊界に行っても、奥さまと永遠に一緒にいたいですか?」
と聞いたとき、父はニッコリ笑い、
両手を上げて、「はぁい\(^^)/」と
幼子のように返事をしていました。

そんな父も昨年、亡くなりました。
父が迫害していたのは、ただ母を教会に取られた
気持ちになっていただけだったのだと思います。
今はきっと霊界で喜んでくれていると思います。


振り返って思うことは、神様は全ての人に
祝福を準備されているということです。
ただ時があるのだと思うのです。

無理強いしないで、いつも見守り、
信仰をやめないでいてくれた母に感謝します。

きっと希望はあります。
過剰に求めず委ねて、感謝できなくても、つらくても、
「自己牧会」をしながら、自分の心の中に
天国を築いていっていただきたいと思います。

私も頑張ります。

私の心の中にいる神様 92
全てのことに時がある
(blessed lifeより)


教会が迫害を受けていたころ、
(先日紹介した記事で、日本はぺしゃんこだと
お父様が言われたといいますが
http://uc-itsumokamisama.seesaa.net/article/484025788.html
その頃でしょうか。

当時、み旨を歩まれた婦人たちで、ご主人から反対された方は、
本当に多かったと思います。

それでも、今回証しをしてくださった方のお母さんのように、
あまりにもご主人から迫害を受けたにも関わらず
乗り越えてこられました。
まさに、「烈女」というべき立場だと思います。

また、そこには、証しをされた方と同じく、
夫婦喧嘩をしているところで犠牲を受けている、
子供たちの姿もありました。

しかし、そんな中、ご本人も祝福を受けられ、
さらには、ご両親も祝福を受けられたのです。

お母さんの不屈の信仰を通して、
神様が「時」を与えて下さいましたが、
反対する人にも、全ての人に
神様は働かれ、準備されていると
希望を感じました。

素晴らしい証し、ありがとうございます。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:45 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする