2021年09月07日

息子が家を出て数年、過去を悔やんでばかりの日々に・・・ 《自己牧会プログラム》



210907.jpg


自己牧会プログラムの体験談。
今回は、「それでも出発は親の愛」です。

(女性 50代)

先日、スクールバスに子供を無理やり乗せようとする
母親と、泣き叫びながら抵抗する子供の格闘の場に出くわし、
胸が痛くなりました。

というのも、私もこれまで、息子の気持ちを考えないで、
無理やり教会の数々のことを押し付けてきたからです。

ある時、嫌がる息子を強引に教会行事に誘ったことで、
絶縁を宣言されました。
一時的かと思いきや、家を出てからすでに数年たちます。

息子の居場所はかろうじて分かるのですが、
いまだに会うことも話すこともできません。
この期間、過去の子育ての不足を後悔する日々を送ってきました。


そんな時、「自己牧会ブログラム」に出合いました。

毎日「私心をなくす」ワークに取り組み、
「過去の言動を思い起こして悩み続けるのは、
本当の私とは何の関係もありません」と唱える中で、
少しずつですが囚(とら)われから解放されるようになりました。

それでも、すぐに、過去の子育ての失敗の場面が
浮かんできて、自分を許せなくなるのです。

そんな混沌状態の中で良心に尋ねてみたところ、
小さな声で、
「表現方法の不足はたくさんあっても、
それでも出発は親の愛からだったよ」と返ってきました。

とても慰められました。

 
今は毎日、息子に光を送っています。

そして、息子と良心でつながり、
息子の喜びや悲しみを我がことのように
感じることができるよう努力しています。

どれだけ時間がかかったとしても、
「神様の願いなのだから、必ず成る」
と信じて歩んでいきたいと思います。

私の心の中にいる神様
「それでも出発は親の愛」
(blessed lifeより)


とても短い証しですが、
本当に重要な内容を教えてくださっています。

「表現方法の不足はたくさんあっても、
それでも出発は親の愛からだったよ」
親としては、ありがたい言葉です。

不足のない親などいるでしょうか。
考え始めたら後悔ばかりになってしまいます。

もちろん、不足だったのですが、
ただ、精一杯、子供を愛するがゆえに行ったことですので、
過去を悔いることで前に進むことができないことのほうが、
問題なのだな、と思います。

それが、私たちの良心の答えなのだ、と思うのです。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:28 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月31日

どうしても気持ちが収まらない・・心の中でお母様に尋ねると、即答が! 《自己牧会プログラム》



210831-2021.0824.jpg


自己牧会プログラムの体験談。
「答えは『忘れなさい』」です。

(女性 50代)
「自己牧会プログラム」に出合い、感謝しています。

私には、すぐに相手の非を責め、
否定してしまうクセがあったのですが、
ワークのおかげで、それが少なくなったような気がします。

最近、扇風機が壊れてしまいました。
そばにあったのれんに羽が絡まったのが原因でした。

私は、夫が扇風機をつけっ放しにしたままその場を
離れてしまったからだと、カーッとなり、
いつものように夫を責めてしまいました。

でもこれまでと違うのは、次の瞬間、
「またやってしまった」と気付けるようになったことです。

私は洗濯物を干しながら、必死で「自覚を取り戻す」ワークをして、
意識を「今ここに」置くように努めました。

心の中で「ごめんなさい、許してください、
ありがとうございます。感謝します」と何度も唱えて、
無理やり笑顔を作ったりもしました。

でもその時は、なかなか気持ちが治まらなかったのです。

すがるような思いで、真のお母様に
「どうしたらいいですか?」とお尋ねしたところ、
すぐに心に答えが返ってきました。

それは一言、「忘れなさい」でした。
 
驚きました。
自分の考えでは到底出てこない答えでした。

お母様もこれまで、どれだけの
思いどおりでないことを、忘れてこられたことでしょうか。

お母様はいつも、「全てを下ろしなさい。
自分中心の考えを下ろしなさい」と語られますが、
このことだったのかと思いました。

そのあと私は何ごともなかったように、夫に接することができました。
普段の私を知っている娘は、びっくりして見ていました。

その娘が、その日のうちに扇風機を買ってきてくれました。
以前の物よりずっと最新式の、素敵な扇風機がわが家にやってきたのです。
神様からのプレゼントだと、心から感謝しました。

相手を否定しない訓練を積み重ね、家庭においても職場においても、
それを実践していく中で、見える景色が変わってきたように感じています。
これからも努力していきたいと思います。

私の心の中にいる神様 84
答えは「忘れなさい」
(blessed lifeより)


「忘れなさい」

与えることは忘れずに、
受けたことは忘れてしまう。。。
さらには、恨みも忘れない。。。

私たち、堕落人間の性(サガ)ともいうべきものですが、
何か非があったとき、
相手のせいにしていたらきりがないですね。

常識で考えたら、相手に非があることは当然だとしても、
そのことを指摘しても、仕方がない、というか、
結果的には意味のないことも多いと思います。

私も立場上、よくそういう場面に出くわします。
本当に非を指摘することなく、
受け入れることは大変ですが、
そのことによって、いろんなメリットがあるのです。

お母様が語られるように、
「忘れなさい」ですね。。。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 09:50 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月16日

良心に語り掛けると、お母様から返答が?! 《自己牧会プログラム》



210806.jpg


自己牧会プログラムの証し、
今回は「良心の声はお母様のみ声そのもの」です。

(男性 50代)

息子(祝福二世)が持っていた「自己牧会プログラム」の本を読んで、
「これを探していた、これを待っていた」と
とても感動したのが、初めての出会いでした。

以来、少しずつですが、心と体の統一、
そして良心の声を聞くことを意識しながら生活しています。


3月のこと、所属する地区の希望前進礼拝を目前にしながら、
良心との対話がうまくできず、行き詰まってしまいました。

その時、以前に伝道前線を歩んでいた頃、
真の父母様に報告するよう意識して、
責任者に電話連絡をしていたことを思い出しました。

公衆電話の受話器を取って番号を押した後、
受話器の向こうに真の父母様がいらっしゃって、
本当に電話に出てくださっていることを
イメージしながら報告していたのです。

こういうことを言ったらこういう答えが
返ってくるだろうなという予想に反して、
思いがけない言葉が返ってくることが多く、
真の父母様が直接、指導してくださっていることを実感する日々でした。

その体験を思い起こしながら、
真のお母様にお電話するような意識で、
良心と対話してみたのです。

すると、思ってもいなかったような、
お母様との深い心の交流をすることができました。


私「日本の第○地区◯◯教区〇〇家庭教会の◯◯と申します。
 今度の希望前進礼拝、よろしくお願いいたします」

お母様「はい、よろしくね」(笑顔で優しく応えてくださった)

私「天寳勝利家庭を目指し、伝道を勝利したいと思っています」

お母様「分かってるわ」

私「親族を導く勇気と決意がありません」

お母様「私が愛しているから大丈夫よ」


この時、このような足りない者を無条件に愛してくださる
お母様の深い愛が伝わってきて、
また私と私の家庭の全てを知ってくださっているんだ
と感じて、涙があふれました。

さらに対話を続けました。

私「家庭を持ってから27年、信仰の子女を
  生かすことができず、霊的に死なせてしまいました」

お母様「私は子女を失いました」

そのみ言の中に、真の子女様を霊界に送ったとても深い痛みと、
それを超えてこられた計り知れない愛と涙が
込められているのを感じ、私はしばらく言葉を失いました。

するとお母様はこう言って、励ましてくださいました。
「全てを母に委ねて歩んでみなさい。
あなたが成すのではなく私が成すのよ。
私を信じて委ねていくのよ」


以来、祈りの中でお母様と対話しながら、答えを頂いています。
 
きょうもお母様から、
「あなたたちには愛の種を渡したのよ。
 それを咲かせて愛を与えに行きなさい」と言われました。

私にとって、良心の声はまさしく、
お母様のみ声そのものであると思っています。

私の心の中にいる神様 82
良心の声はお母様のみ声そのもの

(blessed lifeより)


「良心の声はお母様のみ声・・・」
なるほど、良心に語り掛けるのでなく、
良心とともにある、お母様に、
語り掛ける、ということなんですね。。。

お母様とともにある生活は、
どれほど恩恵があることでしょうか。

貴重な証し、ありがとうございます。
実践あるのみ、今日から行っていきたいと思います!

(昨日の記事で、竹内清治先生のお名前を
間違って掲載していました。
訂正させていただきました。)



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:09 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする