2021年12月16日

私がママ友と公園を楽しめるようになったのは・・ 《自己牧会プログラム》



211216.jpg


自己牧会プログラム
今回は、「一期一会に天国を感じる」です。

(女性 30代)

出産してから公務を降りて、専業主婦をしています。
教会が遠いこともあり、特に子供が生まれてからは、
教会には礼拝のためだけに行くようになりました。

「あんなに毎日通っていたのに、
私は何をしているんだろう」と悶々(もんもん)とし、
子育てを純粋に楽しめないことがありました。

また、子供を公園に連れていくにも、
誰かいたら伝道しなければいけないのでは
という思いが先立つのです。

自然と仲良くなって、伝道につながればいいですが、
「伝道しなければならない」と思うと、苦しくなります。
それで、人との交流を避けてしまうことも多くあったのです。

 
そんなある日、近所のママ友が、
「きょうは近くの公園でイベントがあるよ」
と教えてくれました。

良心に尋ねてみると、
「気軽に行ってみたらいい」
と答えが返ってきました。

そこで難しく考えずに行ってみたら、
思いがけず楽しい時間を過ごすことができたのです。

これを通して、私には「特定の人と
仲良くならなければ意味がない」とか、
「人間関係は深まることが大事」など、
いろいろな思い込みがあったことに気が付きました。

そしてそれ故に、伝道につながらない関係を
あまり大切にできていなかったのだと気付いたのです。

 
思い込みから解放されたら、
不思議と子育てが楽しくなってきました。

小さい子供と一緒にいると、公園を散歩しているときなど、
いろいろな場面で人と話をする機会があります。
                                                                                                                                                                       もう二度と会わないかもしれないかたとの出会いが
ほとんどですが、そんなかたとの会話に
幸せや楽しさを感じるようになったのです。

公園でたまたま一緒になった親子と、子供同士が遊び、
ママ同士もゆるく話をして楽しむ──。
今では、そんな一期一会の出会いに天国を感じています。

これからもそのような関係性を
大切にしていきたいと思っています。

私の心の中にいる神様
「一期一会に天国を感じる」
(blessed lifeより)


信仰生活は、生活信仰でもあります。
日々の生活の中で、神様を発見し、
愛する生活を成していく、
そのことが重要であると感じます。

今回、証しをされた方は、自己牧会プログラムを通して
肩肘張らずに、愛する生活を意識できるようになりました。
一期一会に天国を感じておられます。

「天の父母様聖会」という大きな枠組みを考えたとき、
真の父母様を知っていただくこと、
その願いを果たすことが一つの目標であると思います。

ですが、それ以前に、
愛する取り組みをすること、
その土台を作ることも
大事なのではないか、と感じました。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:38 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月05日

「蝶の恩返し」 伝道中にチョウを助けたら・・・ 《自己牧会プログラム》



22566667_s.jpg


自己牧会プログラムの体験談、
今日は伝道の証し、「蝶の恩返し」です。

(女性 60代)

10月から街頭伝道が再開され、喜びの心情で出発しました。
初日は大雨でしたが、雨が降ろうが靴が濡れようが、
全く気になりませんでした。

そんなうれしい気持ちで街頭に立っていた
ある日のことです。
 
足元に、羽の折れた瀕死(ひんし)の蝶(ちょう)を見つけました。
黒い羽に青緑色の帯が入ったアオスジアゲハでした。

雑踏の中、このままだと踏まれてしまう、
どこかに移してあげようと、辺りを見回すと、
道の反対側に花壇があるのが見えました。

そこに置いてあげようと思い、
横断歩道を渡っていたところ、
手の中に包んでいた蝶の脚がもぞもぞと動くのを感じました。

 
その感触を感じながら歩いていたら、
真のお父様が聖和される直前のことが思い出されてきたのです。

体調を崩されたお父様に入院をお勧めする側近のかたに対して、
「まだすべきことが多いのに、病院で時間ばかり過ごして
どうするんだ!」と入院を拒否された場面です。

お父様の切実なご心情が、死を目前にした
蝶の脚の感覚を通して伝わってきて、
お父様への慕わしい思いがあふれて仕方ありませんでした。


蝶を花壇にそっと置いて、もとの場所に戻ると、
ペアの姉妹が「蝶を助けたから、蝶の恩返しがあるかもね」
と言ってくれました。

それからは、道行く人が黒い服を着ていると蝶に見え、
何だか万物と一体化したような不思議な感覚がずっと続きました。

 
そんな中、一人の青年(男性、20代)と出会ったのです。
黒いガウチョパンツ(裾の広がったパンツ)を履いていて、
蝶の化身のように思えました。

彼は遠方から友達のところに遊びに来ていたのですが、
しばらく立ち話をすると関心を持ち、伝道センターに来てくれました。

その場で受講が決定し、自宅に帰ってからも
Zoomを使って順調に受講が進んでいます。

万物を通して神様、真の父母様の導きを感じた、
忘れられない出会いとなりました。

私の心の中にいる神様 98
蝶の恩返し


「蝶の恩返し」
本当にその如くになりましたね。

万物を通じて、神様の心情に通じ、
真の父母様の心情に通じる。。。
とても大事なことだな、と思いました。

本当に、一つ一つの出来事を
天につなげていく、
自己牧会プログラムの重要性を感じました。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)




posted by ten1ko2 at 07:48 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月24日

夢を描いて結婚、こんなはずじゃなかった現実・・・その原因は「なんてこった!」 《自己牧会プログラム》



211124.jpg
HJ天宙天寶修錬苑 秋の風景


自己牧会プログラム
今回は、「何てこった!」です。

家庭連合の祝福結婚を受けて
海外で家庭をもたれた日本人の体験談です。

(海外在住 日本人女性 50代)

国際祝福を受け、夫の国に嫁ぎました。

私の夫は人を喜ばせることを知りません。
家族の催し物はほとんど私が考え、実行してきました。

夫から「僕も手伝うよ」とか、
「今回はどうする?」などと言われたことは、
28年間の結婚生活で一度もありません。

何から何まで私を頼り、私が企画したものを、
子供と一緒に喜んでいます。

また、仕事から帰ってきても、「ただいま」だけ。
「今日はこんなことがあったよ」などと
共有してくれることは一切ありません。

気付いてほしい、夫からも声を掛けてほしい、
夫婦一緒に子供のための楽しみを創造したい。
そういう叫びを上げても、そのたびに
夫の返事は「分からない」でした。

こんなはずじゃない、どうして気付いてくれないの?
普通気付くでしょう?
あなたはおかしい。
私を幸せにしてあげたい、
喜ばせたいと思わないのかしら?

もう、こちらから「こうしよう、こうして」
と言うことに疲れました。
嫌になりました。
言いたくもありません。
気付いてほしいのです。
夫から「こうしようか」と言ってほしいのです。

そんな葛藤が28年間、
いつも私の心の中にありました。

 
夫は家庭を顧みず、仕事が命の人です。
田舎の貧しい家に育ち、夫が小学生の時に
父親が病気で7年間入院して、生活は大変だったそうです。

その影響かどうかは分かりませんが、
私には「心情の乏しい人」に感じられました。

一方私は、両親の仲が良くなかったため、
幼い頃から結婚に対して理想を思い描いていました。
それが私にとって希望でしたし、永遠の夢でもあったのです。

還暦になろうとしている私たちですが、
天国生活から程遠い家庭のまま、
子供も社会人や大学生になり、家を出ました。

私の理想家庭実現の夢は、
もうタイムリミットを過ぎてしまいました。

 
そんな時、「このままでいいのか?!」
という思いが湧いてきました。

よくよく考えたら、私は夫と霊界も一緒!
私はこの人と愛で心から一つにならなければならない!
このままでは永遠に後悔する人生になる!
と自覚させられたのです。

「全てを許します! 天の父母様、
今まで悲しませてごめんなさい!」

「これから必ず夫と幸せになる!
今までの全てが感謝!」
こう自分に言い聞かせて、
その日を過ごしました。


その夜、思いがけないことが起こりました。
久しぶりに夫が食事に誘ってくれたのです。
そこは、いつも行くところより値が張る
シーフードレストランでした。

そこで夫は、ただ蒸しただけのキャベツや野菜を見て、
「父さんがよくこれを食べていた」と
懐かしそうに話しました。
そして、それだけをおいしそうに一皿食べたのです。

何でもない蒸し野菜を懐かしそうに、
そして穏やかな表情で食べる夫。
父親を思い出して幸せそうにしている夫──。

そんな夫を見ながら、ふいに、
夫の今取り組んでいるみ旨を実現させてあげたい、
夫にたくさんの幸せな思い出をつくってあげたい
という思いがあふれ出てきたのです。

これは本当に思いがけないことでした。


私の本心はとうの昔に、「分かってほしい」
という願いが無駄だと気付いていたのです。

でも若い頃から抱いていた結婚への夢、
理想を手放すことができなかったのです。
また、手放すものでもないと思っていたのです。

そんな夢や理想も手放さなければ、
夫と心から幸せを共有することはできないのか。

理想や夢までも手放すなんて「なんてこった!」ですが、
希望、夢、結婚生活の理想すらも
私が幸せになる足かせになっていたことに気付いたのです。

夫を自分の理想でがんじがらめに
縛っていたのだと、ようやく気付いたのです。

もし「自己牧会プログラム」に出合っていなかったなら、
気付くこともできないまま、祝福を受けたことすら、
(ハン)になっていたかもしれません。

私の心を囚(とら)われから解き放ってくれた
「自己牧会プログラム」に心から感謝いたします。

私の心の中にいる神様 95
何てこった!
(blessed lifeより)


素晴らしい証しをありがとうございました。

真のお父様の『最悪を最善に変える』
という精神を思い出しました。

現実的に大変な状況であっても、
それをどう乗り越えるのか、
真のお父様のように乗り越えるためには、
自己牧会プログラムが欠かせない、と感じます。

見返りを求めない、真の愛の投入により、
ご主人の心も開かれていったのでしょう。。。

海外に嫁がれ、環境も言葉も習慣も違う中、
何より、男性と女性の違いも
大きかったのではないでしょうか。
そういう中で、大きな気づきを得られたのですね。

祝福によって素晴らしい家庭を与えて頂いたはずの
私たちですが、幸せになってほしいという
神様の心情から遠いところで、葛藤や
苦労を重ねてきてしまっていることが
あるような気がします。

とてもいい教訓を与えていただきました。



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 09:49 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする