2022年12月15日

「ひとこと言ってやりたい!」という時には、気をつけよう 《自己牧会プログラム》




221214.jpg
天正宮から見る空☆


自己牧会プログラムの体験談。
「ひとこと言ってやりたい時には」です。


(男性 20代)

私は血気怒気が強い性格です。

あるとき上司から、イラッと来る文面の
メールが届きました。

もともと私と上司の関係は悪く、
面と向かっては話せない、
メールでしかやりとりしない関係です。

そのメールは、私の仕事についての
指摘だったのですが、それに対して
言い返したい思いが止まらなくなりました。

それで、カリカリしながら
反論メールを打っていたのですが、
ふと、上司を一方的に否定し、
自分は正しいと信じて疑わない
自分の姿に気が付き、立ち止まらされました。

良心が気付かせてくれたのだと思いましたが、
特段、こうしなさいといった答えは
ありませんでした。

私の勤務先では朝に体操の時間があり、
ちょうどその時間になったので、
ひとまず体操をして、自席に戻りました。

その瞬間、「流していきなさい」
という思いが浮かんだのです。

上司を否定しようとする思いに引っかからずに、
一つ一つ流していったらいい
ということだと思いました。

上司からは後から改めて、
「こうでこうで、こうだよね」
という丁寧な説明を受けました。

よくよく聞いてみると、間違いの指摘というよりは、
自分が気付けなかったことに
気付かせてもらっただけだったと、
素直に受け取ることができました。

ああ、こういうふうに良心は働いて、
一つになれる方向に私を導いているのだなと感じました。

「ひとこと言ってやりたい!」という時には
気を付けようと思います。

私の心の中にいる神様 149
ひとこと言ってやりたい時には
(blessed lifeより)


やはり、感情的な思いになるときは、
ひと呼吸おくことが大事なのだ、と思います。

改めて思いますけれど、
良心は、私の神様なのだ。
だから、どんな困難な状況であっても、
良心に尋ねさえすれば、
必ず、良い方向に導いてくださるのだ。。。
そのことをとても強く感じるのです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月07日

右か、左か・・・判断に迷ったとき、良心の答えは 《自己牧会プログラム》




221207.jpg


自己牧会プログラム。
今回は、「右か、左か」です。

(祝福二世男性 20代)

友人と会う約束をしていた日の朝のこと、
私は寝坊してしまいました。

目が覚めたのは、これは間に合わないかな
という時間で、「まずい、急がないと」
とドタバタ準備をし、バイクにまたがって急発進しました。

何とか間に合いたい気持ちで、
猛スピードで走っていたところ、
ある交差点で赤信号にぶつかってしまいました。

そこからは、右から行っても左から行っても
目的地に向かえるのですが、
どちらに曲がるか迷いました。

焦る中、「そうだ、こういうときは良心に
聞いてみるといいと教えられていたな」と思い、
「右か? 左か?」と心に尋ねてみました。

すると、「急がなくってもいいんじゃない?」
と、ずいぶんのんびりした感じの思いが
浮かんできました。

自分の思いは、「間に合わないといけない、
どちらに行ったら早いのか?」を
とても気にしているのですが、
良心は「急いだら事故になるでしょ」と、
全く違う観点から答えてきたのです。

私はハッとして、冷静さを取り戻しました。
言われてみれば、少し遅れたくらいで
文句を言ってくる友人ではない、
自分一人が焦っていただけだと気付きました。

確かに良心の声だと感じる思いを、
この時、生まれて初めて感じ取りました。

冷静で客観的、私をよく知って
私を幸福に導こうとする神様が、
私の心に住んでいらっしゃると分かりました。

これから、何でも尋ねてみたいと思います。

私の心の中にいる神様 148
右か、左か


何気ない日常の証しです。
こういうことって、よくありますよね。。。

しかし、ちょっとしたことでも、
良心に尋ねてみる、その姿勢が重要だ、と感じます。

良心は必ずふさわしい答えを
与えてくださることでしょう。

良心には、神が宿るといいます。

そうすることによって、日常的に
とても小さくて誰にもわからないことだけど
私だけの神様との出会いが
積み重ねられていくのだと思うのです。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 09:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月28日

夫の大きな声が嫌だった私、180度変わったのは・・・ 《自己牧会プログラム》




221127.jpg


自己牧会プログラムの体験談より、
「声が大きいのは悪くない」です。


(女性 50代)
私の夫はいつも声が大きく、
まるで怒鳴っているようです。
それを聞いていると、心が傷つくように感じ、
嫌な気持ちになります。

義母(夫の母)と同居しています。
義母は介護が必要な状態で、
夜は何が起きるか分からないので、
いつも気にしていなければなりません。

私は寝たかどうかも分からないような夜を
過ごしているのに、夫は手伝ってくれない、
私の苦労を何も気にしていない、
そんな様子にイライラします。

そして、そんな中で大声を出されると、
なおさら嫌な気持ちになるのです。


自己牧会プログラムの先輩にこの件について相談したところ、
「『声が大きくても良い』
『声が大きいのは悪くない』」と
心に繰り返してみたら?」という答えでした。

以来、夫の声が大きくて耳に障る時には、
そのように唱えるようにしました。


それを繰り返していると、
声が大きいことの良い点も見え始めました。

言葉がハッキリするから気持ちが伝わりやすい、
声が大きい人は意志が強いことの現れではないか、などです。

確かに夫は、決めたことは必ずやるし、
仕事で苦しいことがあってもあまり表には出さず、
最後までやり抜く人だったと改めて気付きました。

声が大きいのは悪いことではない、
ということが腑(ふ)に落ちてきました。


すると、ずっと悪者に見えていた
夫の優しい面が目に入り始めました。

夫は植物を育てるのが趣味なのですが、
きちんと一つ一つの植物に目を配っています。
そんな夫の姿を見て、近所のかたは
「ご主人は優しいんだね」と言ってきます。

「そうか、夫は優しいんだ。
花にも怒鳴っていることがあるけれど、
愛するが故に、情があふれるが故に
声が大きくなるだけなんだ」と分かってきました。

今では夫と一緒に花を見ては、
「きれいだね」と共に喜べるようになりました。

私の心の中にいる神様 147
声が大きいのは悪くない


声が大きいのは、悪くない、
確かにそうです。。。

手前味噌の証しですが、
今は亡き、父は声が大きい人でした。

母は、お見合いの時、
「この人は声が大きいから、正直な人だ」
それで結婚する決意をしたそうです。
確かに大きい声でうそをつく人はいないですよね。。。

やはり、良い点、悪い点、人それそれです。
ただ、同じ現象に対しても、
良心の声に耳を傾ければ、良い点がたくさん見えてくる、
そのことを改めて感じるのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする