2021年06月12日

良心はこんなことまで知っている! 探し物から先祖の歴史まで 《自己牧会プログラム》



210612-1918.J.Nakada,K.Uchimura、S.Kimura.jpg
1918年頃内村鑑三と再臨運動メンバー


自己牧会プログラム
今回は、「良心は私の全てを知っている」。

良心はこんなことまでできるのか、という
素晴らしい証しです。

(男性 50代)

2016年に自己牧会プログラムに出合いました。

「自覚を取り戻す」ワークや「心の目で見る」ワークなどを
実践する中で、自分の中でモヤモヤしていたものが
スーッと溶けていく感覚がありました。

それまで道がないように思われていたところに
道が見えてくる、そんな恩恵を受けました。

ただ、同プログラムを実践している人がよく証ししていた
「失くした物を良心に尋ねたら、出てくる」という内容には、
当初、葛藤していました。
「なんと、次元の低い話だろう」と思ったのです。


ところがある時、必要に迫られて、
失くした物を良心に尋ねるはめになったのです。

子供を連れて車で釣りに行った時のこと、
釣り場に着いたら携帯電話が見当たりませんでした。
慌てて車に戻って探したのですが、見つかりません。

諦めて釣り場に向かって歩いている時、
「そういえば、良心に聞いたら、失くした物が
見つかるって言っていたな」と思い出しました。

だまされたと思って、「私の携帯電話はどこに行ったのでしょうか?」
と良心に聞いたところ、ある光景が心の中に映ったのです。

それは私が釣り道具を下ろした場所の光景でした。
あまりにもはっきり映ったので、とても驚きました。

その場所を探してみたら、ちゃんとそこにありました。
朝方で暗かったので、一度探したときには見えにくかったのです。

尋ねたら「ポン」と答えが来たという、衝撃的な体験でした。

 
その後、自己牧会プログラムを学ぶ中で、
「良心との対話を通して、過去について
ひもとかれなかったことがひもとかれることがある」
ということを聞きました。

私は携帯電話の体験を土台に、自分にとって長年、
疑問に思ってきたことを尋ねてみることにしました。

それは、私の曽祖父のことでした。
曽祖父は1918年10月10日に北朝鮮の平安北道で亡くなっています。
どういう経緯でそうなったのか、父も知らないとのことでした。

1918年頃に日本人が北朝鮮に行っているというのは、
あまり良いイメージはないと思います。
何かしら讒訴(ざんそ)されるような出来事が
あったのではないか──。
そういう不安がずっと私の中にありました。

それで、曽祖父の本籍地を訪ねて、同じ姓の人を
探して聞いてみたり、古いお寺に行って尋ねたりと、
いろいろ手を尽くしたのですが、分からずじまいだったのです。

そこで、「曽祖父はなぜ北朝鮮に行ったんでしょうか?」
と良心に尋ねみました。

すると、携帯電話の時と同じような感覚で
「ポン」と浮かんできた答えがあったのです。

それは、「クリスチャンだった」という、
全く予想だにしなかった答えでした。

「本当でしょうか?」と尋ねたら、
今度は「内村鑑三」という言葉が浮かびました。

そこで、曽祖父の本籍地と内村鑑三の関係を
ネットで調べたところ、一発で資料が出てきました。

1905年、内村鑑三は「神の愛による理想共同体の実現」を目指して、
「教友会」という組織を立ち上げていますが、
その出発の場を持ったのが、
まさに曽祖父の本籍地だったことが分かりました。

その立ち上げは、石を投げられるという
厳しい環境の中での船出だったということです。
一般のキリスト教からも理解されない中で、
その運動が進められていったことが伺えました。

教友会の構成メンバーは「18歳から
40歳までの青年と壮年」と書いてあり、
曽祖父の年齢は1905年当時、ちょうど40歳でした。

ここまで分かったとき、長年の疑問が解けたという感覚がありました。
さらに、これによって神氏族メシヤ勝利への道が
一歩前進したように思えたのです。


この体験を通して、私の良心は私について全て知っている、
失くした物から、過去の歴史まで全て知っている
ということを実感しました。

そして、私が天の願いに生きることができるように
応援してくれていることも確信したのです。

自己牧会プログラムは、今後私たちが
新しい時代を築いていくに当たって
必要なものであると実感しています。

私の心の中にいる神様 72
良心は私の全てを知っている

(blessed lifeより)


なんという素晴らしい証しでしょうか。
良心の声に聴き従うと
携帯が見つかっただけでなく、
先祖の家系が由緒あるクリスチャンだった・・・
そんなことまでわかってしまったのです。

私たちに新たな希望を感じさせていただいた
証しでした。
ありがとうございます。

さて、私ももっと低い次元ではありますが、
良心の声に聴き従って感じた体験があります。

先日、教会に出勤して歩いていた時のこと。
前からすれ違う男性と同じ方向に避けてしまい、
危うくぶつかりそうになりました。

その時、その男性は、わざと肘で
私の腹を押しました。

結構な衝撃だったし、突然の行為にびっくりして、
思わず男性を見ると、
彼は私をにらみ返しました。

その時、反発の思いが出てきたので、
すぐさま良心に耳を傾けたのでした。
良心は、「感謝しなさい」と返してきたのです。

ほんのちょっとしたことではありますが、
個人的には、「これで良かったんだ」
という思いになりました。

良心は、私自身が普段思ってもいないようなことまで
すべて知っている、
そして私たちの良さを引き出し
導いてくれると感じるのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:21 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月01日

癇癪(かんしゃく)をおこして泣き叫ぶ息子が、泣き止んだのは・・ 《自己牧会プログラム》



210601.jpg
天正宮の花


自己牧会プログラム。
今回は、「泣き叫ぶ息子と分かり合えた瞬間」です。

(女性 40代)

スマホの充電が十分でない状態で小3の息子がゲームを始めてしまい、
案の定、ゲームの佳境で動作が遅くなってしまいました。

息子はかんかんに怒って泣き叫び始めました。
「バッテリーがないから仕方ないのよ」となだめても
聞き入れず、息子はスマホをたたきつけ、
モノに当たり、暴れ始めました。

「小学3年にもなってゲームができないくらいで……」
「近所の人に丸聞こえだから、もう少し静かに泣いてほしいな」
 など、いろいろと息子を責める思いが湧いてきました。

その思いのまま、厳しく叱りそうになったのですが、
かろうじて踏みとどまりました。

そして、「私心をなくす」ワークをしながら、
「息子を責める思いで見ている私は、本当の私ではありません」
と唱えて、その思いを手放そうと努めました。

すると、「ゲームができない悔しさを、何の囚(とら)われもなく
見せてくれているのは、ありがたいことじゃないか」
という思いが湧いてきたのです。

その気持を味わいながら、さらにワークを続けていると、
やがて「この子と分かり合いたいな」という思いが
光のように心に浮かんできました。

その瞬間、息子がピタッと泣きやんだのです。
表現するのが難しいですが、何かが共鳴したような一瞬でした。

私は爽やかな気持ちになり、
「あなたの悔しい思いを分かってやれなくて、ごめんね」
と息子に謝りました。

すると、息子も納得したのか、
落ち着きを取り戻していきました。

数日後、その息子が、同じように思いどおりにならなくて
泣き叫んでいる妹に対して、「仕方がないんだよ」と、
兄らしく優しく諭しているのを見て、何だかうれしい気持ちになりました。

私の心の中にいる神様 71
泣き叫ぶ息子と分かり合えた瞬間


感情的になった時、
心のワークをすることが大事だな、と思いました。

家族、というのは、
心情が近い分、感情もぶつけやすい存在です。

感情的になりそうな時、
良心に尋ね求める習慣性をつけたいですね。。。



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:00 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月23日

夫が酒・タバコをやめました、その理由は・・・ 《自己牧会プログラム》



210523.jpg


自己牧会プログラムの証し、
「夫が酒、タバコをやめました」

(韓国在住日本人女性 50代)

韓日祝福を受け、韓国で生活しています。
長い間、夫の酒とタバコに悩んでいました。

私はそんな夫を否定し、責めて、
何とかやめてほしいという要求の思いで接していました。
ですが状況は全く変わらず、毎日本当に苦しかったのです。

でも自己牧会プログラムに出合ってからは、
「人をどうこうしようと躍起になっても仕方がない。
正しいか正しくないかに囚(とら)われる必要はない。
思いどおりでなくても大丈夫」と、
少しずつですが思えるようになってきました。

そして、「固定観念に気付く」ワークをしながら、
「自分は正しい」という囚われを下ろすように
努力するうちに、自分の心に変化が訪れました。

「夫が酒やタバコでストレスを軽減しているなら、
それも仕方ない」と思えるようになったのです。
これだけでも随分、気持ちが楽になりました。


私が変わると、夫にも変化が起こってきました。

夫はサービス業で日曜日は必ず出勤なので、
礼拝に行けません。それで2019年から
水曜日の夜の礼拝に夫婦で参加するようになりました。

水曜礼拝は参加人数が少ないため、
自然と教会長とも関係が近くなります。

教会長から「酒やタバコをやめるように」と
直接言われることはなかったのですが、
夫は「このままだと、教会に行くのは不自由だ」と感じたようです。
それで、いつの間にか酒とタバコをやめてしまったのです。

私が夫への否定を手放した分、
夫の家庭におけるストレスが減っていったのだと思います。


自己牧会プログラムでは、
「人や状況を否定しながら見ると、自分が決めつけた
そのままの世界を見続けるようになる。
結局は、嫌な気持ちも嫌な人も嫌な状況も
自分がつくり出しているにすぎない」と教えていますが、
まさにそのとおりでした。

まだまだ課題はたくさんありますが、希望が見えてきました。
これからは夫婦で一緒にいることを楽しみ、
喜び、感謝して生活していきたいと思っています。

私の心の中にいる神様 69
夫が酒、タバコをやめました
(blessed lifeより)


私たちの教会においては、
入教する際、あるいは祝福を受ける際、
お酒、タバコは禁止ということで、
多くの人が、苦労して酒・タバコを断ってきました。

しかし、その受け入れ方にも
個人差があるかと思います。

また、酒・タバコを嗜好するのは、
愛情不足な人であったり、
寂しさやストレスを感じた時に多い
ということを聞いたことがあります。

祝福家庭なんだから当然こうすべき。。。
一方的な観点だけで見れば
裁いてしまうこともあるかもしれません。

たとえその人に、やめたらいいと言ったとしても、
その人が聞き入れてくれるわけではありませんし、
愛情不足やストレスがそのまま残っている
状態では、たとえ本人がやめたくても、
なかなか難しいことでしょう。

こうすべき、こうあるべき
そういうものにどれだけ囚われている
私たちであるでしょうか。

それを、自己牧会プログラムを通じて、
神様が見つめる観点で、その人を見つめると
あんなに悩んだことが嘘だったように
その人自身も変わってくるというのです。

問題のない家庭はありません。
一つ一つの物事を神様の見つめる観点で
自分を変える意識を強く持つことで、
相手や環境圏を変えよう、変えようというのではなく、
相手から、環境圏から自然に変わっていく。。。。

囚われを捨てて、
神様の心情で愛する。。。
これから意識して、取り組んでいきたいと思うのです。



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:25 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする