2022年10月25日

自分につばを吐きかける人の幸せを祈っていくと・・・ 《自己牧会プログラム》




221025.jpg
天正宮の花☆


自己牧会プログラムの体験談。
今回は、『つばを吐きかける人の幸せを祈る』です。

(祝福二世男性 20代)

私は看護師です。
職場に対応の難しい年配の患者さん(男性)がいます。

その人は、「私は死んでいる」「もう死ぬ」
などと、口癖のように言います。

そして、自分の思いどおりにいかないと、
すぐ相手を罵倒するので、
スタッフの皆が手を焼いていました。

私も名指しで罵詈雑言(ばりぞうごん)を浴びせられ
つばを吐きかけられたこともありました。


当然、激しく葛藤します。
しかし、反発したい思いを脇に置いて、
この人と良い関係を持つことを大事にしていこうと、
心に決めました。

意識を「今ここ」に置き、この人の人生が
幸福に満ちあふれるようにと「祝福の祈り」を
折々にささげるようにしました。

また、この人の人生を知りたいと思い、
折に触れて尋ねました。

「そういうことがあったんですね」
「そんなこともあったんですか」と、
相づちを打ちながら聞きました。

その男性が薬剤師として頑張ってこられた内容には、
同じ医療従事者として、感謝の思いを伝えたりもしました。


そういうことを繰り返しても、
変わらず怒られることも多かったのですが、
ある時、体を拭いた後に
感謝の言葉を言ってくれたのです。

初めてのことだったので、驚きました。


その後、小さな変化が起き始めました。
他のスタッフがこの患者さんと関わった後で、
「あなたのことを褒めていたよ」と教えてくれました。

私が出勤すると、「来たか」と言いながら、
名前を呼んでくれるようになりました。

私が休みの日は、「彼はどこだ」と
周囲に私のことを聞いているそうです。

他のスタッフたちは、
「どうしてこういうふうになったの?」と不思議がっています。


ある時、このかたが、
「今まで頑張って生きてきたけれど、
死んでしまう。それが悔しい」
と吐露しているのを聞きました。

それを通して、このかたがいつも「死ぬ」と
口癖のように言っていた理由が分かりました。

このかたにとって「死」というのは全ての終わりであり、
悲しみでしかなかったのです。

医療で肉体の治療はできても、
心が元気になるとは限りません。

心が元気でないと、また体に異変が起きて、
病院に戻ってきてしまいます。

心の世界、霊的な世界をきちんと伝えて、
希望を持ってもらうこと、
それがみ言を知った私の務めだと感じています。

私の心の中にいる神様 143
つばを吐きかける人の幸せを祈る
(blessed lifeより)


いろいろ考えさせらました。
この患者さんは、彼の愛に屈服して
慕ってくれるまでになったのでしょう。

私が正しいからといって
相手を間違っている、と責め
自分の正当性を主張したとしても
その人は受け入れるでしょうか。

その人の心が動かないと
たとえ間違っていたと気づいたとしても、
その人は受け入れることができないと思います。

自分に対して、批判的な人だったり、
恨みや心配事でいっぱいの人も、
何を言っても聞く耳をもってくれないでしょう。

あくまでも個人的な意見であり、
ちょっと抽象的な表現かもしれませんが、
今、私たちが置かれている立場が、
このような立場なのかな、と思わされます。

証しにもあるように、「祝福の祈り」を捧げる、
そして私たちの思いが、
すべての神様の子女を、神様の代わりに愛そう、
そんな愛に満ちたものになっていくことが
大切だと思うのです。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月16日

最近ようやく、良心と深く対話できるようになりました 《自己牧会プログラム》




221016.jpg


自己牧会プログラム。
今回は、「具体的に教えてくれる良心」です。


(女性 60代)

自己牧会プログラ厶を学び始めて1年余りがたちます。
最近ようやく、良心と深く対話できるようになりました。

私は何かと小さなことで気をもんで、
くよくよしてしまう性格です。

そこで良心に、
「いつも小さなことを気にして、悩みやすいんです。
どうしましょう?」
と何気なくつぶやいたら、良心から

「だから、あなたに必要な夫を与えたよ」
と返答があったのです。

私の夫は悩むことのないタイプなので、
その答えにかなり納得しました。


その時、「きょうは深く対話できそうだ」と感じたので、
続けて良心に尋ねてみました。
すると、こんなやり取りがありました。

私「どんな夫婦になったらいいのでしょうか」

良心「神様は二人が愛で一つになった姿を見たいんだよ」

私「愛で一つになった姿って?
私に分かりやすく教えてください」

良心「最近、家庭を持って、仲良く愛し合っている、
あなたの息子夫婦の姿だよ」

私「分かりました。
ではそうなるために、私はどのように
夫に接するのがいいか、
具体的に分かりやすく教えてください」

良心「夫のお母さんの気持ちを尋ねてごらん」


その言葉で、5年前に他界した
義母のことを思い出しました。
その瞬間、義母の願いが
切ない心情とともに私の心に流れ込んできたのです。

義母は、貧しい中でもどんな苦労もいとわず、
息子(私の夫)に愛情を注いで育ててくれた方でした。

その義母の心情は、
「私のかわいい息子をもっと大切にしてほしい、
息子を支えて幸せな家庭を築いてほしい」
というものだと感じました。

当たり前と言えばそれまでですが、
私の心に強く訴えてくるものがあり、
生活の中での夫に対する自分の姿勢を反省させられました。

以来、義母の視点で夫を見つめる努力が始まりました。

良心は私の全てを知っていて、
その時の私に分かりやすく
具体的に導いてくれることを実感しています。

私の心の中にいる神様 142
具体的に教えてくれる良心
(blessed lifeより)


良心を中心に生活すると、
ここまで、具体的に教えられるのですね。。。
本当に素晴らしいです。

人から言われるよりも、
自分の良心に言われた方が、
効き目がある、というか、
実践せざるを得ないな、と思わされます。

本当に良心を磨くべく、
日々の信仰生活を送らないといけませんね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月07日

文句も批判も、もう気にならない! 良心の声を聞けば 《自己牧会プログラム》




210103-2020.12.3.jpg


良心の声を聞き、瞑想することで、
それまで囚われていた思いから解放される──

自己牧会プログラムの体験談より、
「文句が文句に聞こえなくなりました」です。

(海外在住日本人女性 40代)

国際祝福を受け、夫の国で
家庭を出発して12年になります。

現在、60歳に近い、夫の兄(独身)と同居しています。
食事は私たち家族と一緒にしていますが、
義兄はいつも出された料理に対して文句たらたらです。

「この肉は硬い」
「この魚は新鮮じゃない」
「塩辛い」
「甘過ぎる」
「味が足りない」
「ご飯とジャガイモは同じ炭水化物なので、
 メニューのバランスが悪い」…。

私はそんな義兄の文句を聞くのが嫌でした。


以前、夫の母が元気だった頃は、
私が外国人であることもあってか、
義母が食事の支度を率先してやってくれ、
それを私が手伝っていました。

その時も義兄は、年老いたお母さんの料理に
感謝の言葉もなく、文句ばかり言うので、
私は義母が気の毒でなりませんでした。

義母は時々義兄に、
「感謝して食べなければいけない。
食べたくないなら食べなくていい!」
と言うこともありました。

私も心の中で、「そうだ、そのとおりだ。
お母さんが一生懸命作ってくださっているのに、
その言い方は何だ! 感謝しろ!」と叫び、
さらには「そんな性格だから結婚できないんだ!」と、
関係ないことまで持ち込んで憤慨していました。

その義母も他界して、料理は私の担当になり、
義兄への不満はさらに大きくなっていったのです。


そんな中、自己牧会プログラムと出合った私は、
この義兄に対する葛藤を
何とかしたいと思うようになりました。

「心の目で見る」ワークに取り組みながら、
「真の愛を中心として、父母の立場で
正しく見させてください」とひたすら祈りました。

すると、ある思いが湧き上がってきたのです。

「ひょっとすると、お義兄さんは
 味覚に敏感なのかもしれない」

考えてみると、私の夫は何でも
おいしい、おいしいと食べてくれますが、
どこの何がどのようにおいしいのか
ということは説明してくれません。

それに比べて義兄は、事細かに具体的に文句を言います。
その分、味の分かる人なのではないかと思ったのです。

「そうだ、お義兄さんは、
シェフとか飲食関係の仕事をすれば、
お客さんに喜んでもらえるものを提供できる、
そんな才能があるのだ」

そう気付いた後は、いつものように義兄が
食事に文句をつけても、文句に聞こえず、
その料理に対する単なるコメント、
批評であると思えるようになりました。

そして、「ああ、そうですね」
と聞き流せるようになったのです。

それまで、義兄の言葉を聞くたびに
プリプリしていた自分がおかしくさえ感じられました。

これからも真の愛の目で見ることができるように努力して、
一日も早く義兄を祝福に導けるよう、
天寶修行に精進したいと思います。

私の心の中にいる神様 141
文句が文句に聞こえなくなりました
(blessed lifeより)


この証しのあと、お兄さんの忠告を受け、
おそらく、お嫁さんの料理の味も
良くなったんだろうな、と思います。

人の忠告を、「文句」として捉えるか、
「私のためのアドバイス」として捉えるか、
どのように受け止めるかにより、
成長の糧となるか、ただ不平不満で思うか、
大きく異なってくると思います。

与えられた現象をどうとらえるか、
良心に訪ねていくことに重要性を
改めて感じさせていただいています。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 10:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする