2020年09月12日

この人の神様になってあげなさい 妻・夫がくじけそうな時に 《平和の母に学ぶ・浅川先生》



200912-20060606.jpg


浅川先生の『平和の母』から学ぶ13の人生の道しるべ
今回は、「愛を生活の中心に据える」です。


物まね芸人のコロッケさんが真面目に歌う歌があります。
「人間って何だろう?」(作詞:岡田冨美子、作曲:杉本眞人)です。

歌詞がいいのです。

「人間はなぜ生まれるの 
 なんで生きているの 
 どうして愛するの」

「神様が決めたこの人と 
 おまえは結ばれる 
 神様が決めたこの人が 
 おまえの神様になる」

「神様が決めたこの人が 
 負けそうになった時 
 神様が決めたこの人の 
 おまえは神様になれ」


結婚して夫婦となったら、
伴侶は「神様となる」というのです。
 
年末年始になると神社に参拝に行きますが、
家の中に夫と妻という名の神様がいるというのです。

そうすると、家庭は夫婦神様が住みたもう
家庭神社ということになります。
家の玄関におさい銭箱を置いてもいいくらいです。

夫にとって妻は女神様です。だから妻におさい銭をあげて、
願い事をしなければなりません。
時には、手を水で清めてから妻に触れなければなりません。

妻を神様のように貴く接するのです。
妻神様に喜んでもらえば、福運が家庭に到来します。

もし妻神様が子育てで疲れ果て、
家事の忙しさで「負けそうになった時」、
夫は妻の神様になればいいのです。


神様は親です。
親とは父母です。

だから夫は、妻の父のように真理を教え、
人生の正しい生き方を諭すのです。

冒頭の歌詞にある
「人間はなぜ生まれるの 
 なんで生きているの 
 どうして愛するの」という、
それらの疑問を全て教え諭すのです。

また神様は母でもあります。
それゆえ夫は、妻の母となって
無条件にひたすら妻を愛すればいいのです。

母親は赤ちゃんに無私、無償、無条件にお乳を与えます。
妻がくじけそうになった時、夫は妻の母神様になるのです。
母なる神様になって、お乳を与えるごとく、
無私、無償、無条件で妻を愛するのです。

夫婦が互いに神様のように貴く接し、
神様となって愛し合ったら、
家庭はまさしく神様が住む家庭神社となるのです。

 
「平和の母」韓鶴子夫人は、
天の父母様の天母の愛を人類に注ぐかたです。

つらすぎた歴史を持つアフリカの黒人指導者たちが、
無条件に「平和の母」を歓喜して迎える理由はそこにあります。
無私の母の愛を感じ取ったのです。

平和の母は語られています。


「私はいつも、愛を生活の中心に据えました。

 …赤ん坊が泣けば、母親は
 どんなに疲れていても無条件にお乳を与えますが、
 そんな無私の愛こそ、最も偉大な愛です。

 …子女や家族のため、妻や夫のため、
 全人類のため、全世界のために生きている、
 という思いを持ってこそ、
 自分自身が幸福になれるのです」


(韓鶴子総裁自叙伝『人類の涙をぬぐう平和の母』316ページ)


浅川 勇男
『平和の母』から学ぶ13の人生の道しるべ 12
「愛を生活の中心に据える」
Blessed Lifeより


コロッケって、意外にいい歌を歌いますよね。
「人間って何だろう?」という歌もあるんですね。

いつも一緒にいる人が「神様」
真のお父様は、素晴らしい真理を解き明かしてくださいました。
そして、それを完成させたのは、
真のお母様ゆえでしょう。

私たちも、夫婦を「神様」だと常に思えればいいのですが、
そう思えない時もあったりして。。。

ブログは夫婦で作っているので、
この文章は妻に見られていますが、
やはり、神様、だと思えないのは、
自分自身の傲慢さのゆえであると思い、
謙虚に悔い改めないといけないですね。

真の愛を実践し、勝利し、それを
私たちに示してくださる父母様に
心から感謝して、
「夫婦一体」を目指していきたいです。








にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2020年09月01日

最愛の真のお父様との「愛別離苦」 《「平和の母」が流した七つの涙・浅川先生》



200901.jpg


浅川先生の「平和の母」が流した七つの涙
今回は、「【第二の涙】最愛の夫、文鮮明先生に流した涙」です。
 

「私は…世の中のどの妻よりも、
大きな愛を夫から受けながら越えてきた」


(韓鶴子総裁自叙伝『人類の涙をぬぐう平和の母』128ページ)

 
文鮮明先生より愛を受けた韓鶴子夫人は、
妻として大きな愛で夫を愛していました。

夫妻は「目を見るだけでもお互いを理解できる」(同128ページ)
ほど愛し合っていたのです。

しかし夫婦が引き裂かれる時が来ました。
1970年代、文鮮明先生夫妻はアメリカの復興に
全身全霊を投入されましたが、反対勢力の策謀によって、
文先生がダンベリー刑務所に収監されてしまったのです(1984年7月20日)

「一九八四年七月二十日は、私の人生の中から
 永遠に消してしまいたい一日でした」


(同170ページ)


「愛別離苦」という言葉があります。
紙の表裏のように一体となって愛し合いながら
離れて別れなければならない苦しみです。

毎日早朝5時の祈祷の後、夫は
刑務所から妻に電話し、あいさつを交わします。

妻は毎日、夫との面会に行きました。
夫は車から見える丘まで来て待っていました。

ある時、妻が面会室で待っていると、
床掃除や食堂の皿洗いを終わらせて
とても疲れ切った様子の夫が入ってきました。
その姿を見た妻は、心に涙が込み上げてきます。
それをこらえて明るい笑顔で語り掛けました。

「帰る時は涙がこぼれそうで、
 真っすぐに夫を見つめることができず、
 ただ手を振ることしかできませんでした」


(同175ページ)

ダンベリーから解放されて以降、
文鮮明先生夫妻は世界平和運動に邁進します。

ゴルバチョフ大統領と会談し、
ソ連の共産主義からの解放の道をつくり、
金日成主席と会談して南北統一の道を開門しました。
 
文鮮明先生は、90歳を過ぎても、体力の限界を超えて世界を回りましたが、
風邪をこじらせて一時入院したものの、すぐに退院されました。
2012年8月12日。

夫は妻に語り掛けます。

『きょうは、二人で向かい合って食事をしたいね』
(同27ページ)

しかし夫はスプーンを手に取らずに、
じっと妻の顔を見つめていました。

「おそらく、心の中に妻の顔を刻んでいたのでしょう」
(同28ページ)

 
翌日、清平の施設を巡回された文鮮明先生は、
この世で最期の時を迎えることになっていきます。
最後の祈祷をした後、

「少しの間、苦しそうに呼吸をした文総裁は、
 私の手をぎゅっと握りました。

『ありがとう! 頼んだよ!』息苦しそうにしながらも、
『本当にすまない。本当にありがとう』
 と立て続けに話す文総裁。

 私はその手をさらに固く握りしめ、
 慰労の言葉と眼差しで、
 安心してもらえるよう努めました。
『何も心配しないでください』。

 二〇一二年九月三日、文鮮明総裁は
 数えで九十三歳を一期として、
 神様の懐に抱かれました」


(同28〜29ページ)


「平和の母」が流した七つの涙 2
【第二の涙】最愛の夫、文鮮明先生に流した涙
浅川 勇男
(自叙伝書写の第一人者、浅川勇男氏による
「平和の母」シリーズ第3弾。
Blessed Lifeより)


ダンベリーでお父様とお会いされた時、
出迎えと別れの時は、
涙しかなかったでしょう。。。

無実の立場でありながら、
獄中で僕の僕のような生活をされ、
ともに生活する囚人たちに、
真の愛をもって歩まれた真のお父様。

また、基元節を目前に控えながらも、
ご自身を供え物にされるかの如く、
地上の生涯を終えられた真のお父様。。。

お母様にとっては、とても言葉には
表せない思いがあったことでしょう。

だからこそ、「私の代でみ旨を終わらせる」
という悲壮なる決意に結びついておられるのだと思います。

お父様の「天宙聖和 8 周年記念式」が
いよいよ9月4日に迫ってきました。
心情を備えて、当日を迎えていきたいと思います。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2020年08月29日

平和の母が世界中の人々の目に光を! 「沈清伝」の奇跡の理由 《浅川先生》



200829-20200716.jpg


浅川先生の「『平和の母』13の道しるべ」
今回は、『孝情の光が世界を照らす』です。


子女が父母のために生きることを「孝」といいます。

自叙伝『人類の涙をぬぐう平和の母』を書かれた韓鶴子夫人は、


「孝は、人間にとって何よりも重要な
 実践徳目であり、
 人生における永遠の柱です」

(韓鶴子総裁自叙伝
『人類の涙をぬぐう平和の母』308ページ)


「父母のために自分は何をするか悩み抜き、
 その道を勇敢に進んでいく人が孝子です」

(同307ページ)

と言われています。


孝で生きた娘の物語があります。
韓国の古典文学の代表作、「沈清(シムチョン)伝」です。

沈清の母は沈清を生んで7日後にこの世を去ります。
盲目の父は毎日、近所の母たちにお乳を頼みました。
成長した沈清は、針仕事や家事をして父の世話をしました。
父のために生きる孝行だけが生きがいでした。

ある日、父はお坊さんから
「仏様に米三百石を供えれば、目が見えるようになる」
と言われ、喜んで約束をしてしまいます。
しかし米を買うお金はありません。
父の悩みを知った沈清は、米三百石を得ようとします。

そんなある日、船乗りが難所を越えるために、
いけにえの娘を探しているのを知ったのです。

「海を支配している竜王が、いけにえとなる娘を欲している。
身をささげる娘がいれば、何でも望みをかなえてあげる」
沈清は「お米三百石で、私を連れて行ってください」
と頼みました。

沈清は「父の目を見えるようにしてください」
と叫んで、海に飛び込みました。

竜王は沈清の孝行に感動して、
ハスの花に入れて海に浮かべました。
ハスの花を見つけた漁師たちは、それを王様にささげます。
王様が手を触れた瞬間、花が開いて沈清が現れたのです。
王は感動し、沈清と結婚します。

しかし沈清は、毎日父を思って泣いています。
王は父を探すために、国中から盲人を招き宴を開きました。

ついに父が現れました。
そして沈清と再会した瞬間、父の目が開いたのです。
そればかりか、集まった盲人たち全ての目が開いたのです。
沈清は「王妃」であり、国民の母だったからです。

沈清は、盲目で悩む人々と家族の苦しみを
国母として救ったのです。
人類の涙をぬぐう「平和の母」韓鶴子夫人は、
世界平和のために誕生され、人類の真の母となられました。


韓鶴子夫人にとって親は、天の父母様、神様です。
子女である人類が戦争、貧困、飢餓で苦しむ姿をご覧になる
神様の顔は悲しみと苦悩の涙で溢れています。

その神様の涙を拭おうとされる韓夫人は、
孝情に生きる現代の沈清です。
全人類は、真理と真の愛に盲目であり、
世界平和の道が見えません。

その目を開かせ、平和の道を開く、孝情の光なのです。



「孝情の光は、韓国から出発して
 アジアを越え世界を照らす光として
 輝いています」


(同308ページ)

『平和の母』から学ぶ13の人生の道しるべ 11
孝情の光が世界を照らす
浅川 勇男
(「平和の母」シリーズ第2弾。
自叙伝書写の第一人者、浅川勇男氏による
「『平和の母』から学ぶ13の人生の道しるべ」をお届けします。
Blessed Lifeより)


韓国には「親孝行」を題材にした昔話が数多くありますが、
なかでも「沈清伝」は一番有名な昔話ではないでしょうか。

私は、ユニバーサルバレエの「沈清」で
知ったのですが、始めてみた時、
本当に感動したことを覚えています。

さて、日本の昔話に、親孝行を題材にしたものがあるだろうか、
そう考えた時、すぐに浮かんでこないんですね。

親孝行の心情が根付いている国、韓国。
その国に現れた真のお母様を
「現代の沈清」として証ししている
浅川先生はさすがだなぁ、
と思いつつ読ませていただきました。

孝女の中の孝女として伝わっている
沈清が、最後お父さんに再会する時
あまりに喜んで、その喜びの中で、
お父さんの目が見えるようになり、
それだけでなく、その場に集まっていた盲人たち
すべての目がみな、開き見えるようになりました。

めでたしめでたしということですが、
私はこれまで単に、沈清が親孝行だから
その気持ちが天に通じたのだろうと考えていました。
何で他の盲人たちまで奇跡を受けたのか
不思議だったのですが、
今回浅川先生がさらっと種明かしをしていました。

韓国では、王妃のことを「国母」といいます。
(日本では、王の母を言うと思うのですが。)
「国母」だから、盲人たちを救うことができたのだと。

平和の母、真のお母様は、
だから世界中の人々を
真理の光で霊的に開眼させる
世界の母、天宙の母に違いありません。







にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)