2020年08月22日

夫婦の中にできた氷塊を溶かすものは、これしかない 《浅川先生・平和の母》



190308.jpg


浅川先生の「『平和の母』から学ぶ13の人生の道しるべ」
今回は、『真の愛を抱けば、悲しみも苦痛も喜びに昇華する』です。


事故もなく、大病にもかからず、夫婦げんかも小競り合いで終わり、
天国のような幸せがあったわけでもなく、
地獄のような苦しみもなかった夫婦がいます。

夫はつぶやきます。
「俺たちの人生、まあまあだったな」

妻は針仕事をしながら、
「そんなもんですかね」と無愛想に答えます。

結婚して50年、いつもの光景です。
波風の立たない無難な人生に、時折むなしさに駆られて
「人生、これで良かったのか」と考える時もありましたが、
「こんなもんさ」と開き直ってきました。

しかし「まあまあ」の人生が、神様が与えようとした
夫婦の喜びの5%にも満たなかったとしたらどうでしょうか。
それは悲劇を通り越して悲惨です。

この夫婦に悲しいこと、苦しいことがなかったわけではありません。
ただ、正面から向き合って解決せず、なおざりにして、
真剣さに欠けた居心地の良さが
夫婦を長持ちさせてきたにすぎないのです。


夫婦の愛の悲しみは、心の底に深く沈殿して、
冷たい氷のように凝固しています。
心の底をレントゲンや内視鏡で見れば、
氷塊の存在を知ることができるはずです。

人は必ず死んであの世に行きます。
あの世には、目で見え、手でつかめるものは持参できません。
持参するのは、心の底に沈殿した氷塊だけなのです。

氷塊は、永遠の世界で語り掛けるでしょう。

「なぜ結婚して夫婦になったのに、
真実の愛で愛し合い、喜びの人生を送れなかったのか」


死んでから後悔することほど悲惨なことはありません。
だから夫婦が生きている間に、
真の愛を与える決意をしなければなりません。

真の愛とは、与えて忘れ、さらに与える愛です。
夫婦が真の愛で愛し合ったとき、
夫の心の居場所は妻となり、妻の居場所は夫となるのです。

夫が「あなたの現住所はどこですか」と聞かれたら、
妻の名前を言えばいいのです。

人間の喜びは、夫婦が一心同体になったときに生ずるのです。
夫の喜びは妻の喜びであり、妻の喜びは夫の喜びです。

互いが真の愛を与えていったとき、悲しみも苦痛も、
固体が液体を通り越して気体となって天に舞うように、喜びに昇華します。

昇華とは、氷が熱さの故に、
水を通り越して気体になることをいいます。

真の愛という熱気を夫婦が与え合うとき、
喜びと歓喜の世界に昇華するのです。


真の夫婦となられた「平和の母」韓鶴子夫人は言われます。

「お互いが完全に愛し合うということは、
 相手が自分の中におり、
 自分が相手の中にいるということです。

 人間が求めるものの中で、最も貴いのが愛です。
 …真の愛を抱けば、いかなる悲しみと
 苦痛も、喜びに昇華します」

(韓鶴子総裁自叙伝『人類の涙をぬぐう平和の母』301ページ)。

『平和の母』13の道しるべ 10
真の愛を抱けば、悲しみも苦痛も喜びに昇華する
浅川 勇男

「平和の母」シリーズ第2弾
(韓鶴子総裁自叙伝『人類の涙をぬぐう平和の母』関連記事)
自叙伝書写の第一人者、浅川勇男氏による
「『平和の母』から学ぶ13の人生の道しるべ」をお届けします。
(Blessed Lifeより)


「人は、恋愛経験を通して愛を学び、
最終的に伴侶と出会っていく」
これは原理的には合っていません。

『真の愛を抱けば、悲しみも苦痛も喜びに昇華する』
浅川先生の表題にもありますように、
一人の人を愛することを通じて、
様々な心情を通過します。

しかし、最終的には、
喜びに昇華する、というのです。

なぜでしょうか。
背後には「真の愛」があるからだと思います。

神様の愛を媒介として、
物事を捉えていくことを通じて、
全てが喜びに変わっていく、というのです。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2020年08月19日

「許せない!」 傷つくのは、傷つける人ではなく、私の我(ガ)のせい?! 《浅川先生》



200819.jpg


第30回、7.1節、おめでとうございます。

浅川先生の「『平和の母』から学ぶ13の人生の道しるべ」
今回は、『怨讐のために祈る自分のない生活を実践する』です。


神への祈りは、幸福の道を開きます。
 
では、誰のために祈るのでしょうか。
 
大概は、自分の健康、生活の安定、仕事や
人間関係の改善のために祈ります。
さらに家族や友人のために祈ります。

しかし決して祈りの対象にならない人たちがいます。
自分を傷つけた、憎らしい人たちです。
敵であり怨讐です。

怨讐のいる人は、幸福にはなれません。

夫婦が怨讐関係になったらどうでしょう。
絶対に夫婦円満は望めません。

夫がどんなに仕事がうまくいっても、
家に帰れば妻という怨讐が待っているからです。
妻がどんなに楽しいドラマを見ても、
夜になると夫という怨讐が帰ってくるからです。


怨讐とは、自分を傷つけた人です。
ではなぜ、傷ついたのでしょうか。

「自分が」という「我(が)」があるからです。
我が柱のように立っているからです。
柱は刃物で傷つきます。
「我柱(がばしら)」と言ってもいいでしょう。

相手の言葉や行動で、自分の「我柱」が
傷つけられたので、相手を憎んでいるのです。

我のある人が誰よりも愛しているのは「自分」です。
怨讐をつくり出しているのは、他でもない、自分なのです。

我のある人は 許せない人、憎む人をつくり出し、
自ら幸福への道を遮断します。


ところがこの世界で我がなく、傷つかないものがあります。
空気です。

人は食事をしなくても、ある期間は生きることができます。
しかし空気を吸わなければ、瞬時にして死にます。
まさに空気は愛なのです。

空気には我がありません。
空気のおかげで生かされているのに、
感謝する人はほとんどいません。
だからといって空気は傷つきません。


空気のように為に生きれば、我が消滅するのです。
愛は我をなくします。

真の愛とは、与えて、それを忘れ、
さらに与える愛です。

相手を幸せにするために、
喜んで与え続ける愛なのです。
空気のような愛なのです。

報いを求める愛には、根底に我があります。
それ故、愛の見返りがないと相手を怨讐にしてしまいます。

真の愛は、与えて自分を誇るのではなく、
不足を恥じる愛なのです。

自分の我が怨讐をつくり出しているので、
「自分がある生活」をしていたら、
怨讐のために祈ることはできません。


「平和の母」は語られています。

「怨讐の顔を見ながら、そこに神様の顔を
 見いだそうという努力をしていない限り、
 実行できないことです。

 怨讐を怨讐として考えず、むしろ
 その人のために祈り、許すこと。

 これは、『自分がない生活』をしていてこそ、
 可能なことなのです」


(韓鶴子総裁自叙伝『人類の涙をぬぐう平和の母』300ページ)

『平和の母』から学ぶ13の人生の道しるべ 9
怨讐のために祈る自分のない生活を実践する
浅川 勇男


お母様の自叙伝は、文章の一つ一つに
深い意味合いが込められています。

いつも訓読していても、そのことを
発見できずにいますが、
浅川先生は、精読しておられるのでしょう。
わずか一文に込められた心情を読み取られるのは、
さすがだな、と思いました。

真の父母様は恩讐という概念をもっておられない方。
まさに浅川先生が表現されているように、
空気のような存在であると思います。

ですから、真の父母様をしっかりと理解し、
心情においても近くなることを通じて、
清い空気に触れる者となり、
心が洗われていくのだな、と感じます。

真のお父様は、7.1節の時、子女の責任分担として、
『氏族メシヤ』としての出発を願われました。
メシヤとは、恩讐のない、真の愛を持った立場です。

真の父母様の勝利圏を相続すべく、
地域、氏族圏に対しても
真の愛をもって接していく者となっていきたいと思うのです。







にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



2020年08月14日

餃子を作りながら心に落ちてきた、平和の母の真実 《自叙伝感想文》



190621-141011.jpg


「人類の涙をぬぐう平和の母」
自叙伝感想文コンクール。
優秀賞の方の作品を紹介します。


お母様、この度は自叙伝を発刊してくださり
ありがとうございました。

今、世界中がコロナウイルスの不安と恐怖に襲われている中、
本当に「今」しかないという時に発刊されたということに、
天の父母様の大きく深い愛を感じます。

平和の母として、全世界のために今も祈りを捧げて下さる
お母様に心より感謝申し上げます。

さて、まず、失礼を承知で「お母さん」に
報告するような心情で正直に申し上げます。

実は、2020 ワールドサミットでのお母様の講演文を
拝読・訓読しながら、“(お父様主体ではなく)
お母様がお父様と聖婚された”、という内容に
疑問を感じてしまいました。

「独り娘」のとらえ方がわからなかったためでした。

その疑問について、自叙伝を通して、
今回一つの回答が与えられました。


今まで、お母様はお静かで思慮深い、という印象を
持っていたのですが、自叙伝を拝読する中で、学生時代に
先生方も驚くようなリーダーシップを発揮されていたこと、
お父様とご聖婚される前に、堂々とお父様の質問にお答えになり
大母様を驚かせた、といったエピソードに触れ、
お母様の「第二教主」たるお姿を再確認しました。

また、「第二教主」ということについても、
お父様が聖和されてからではなく、
すでにモスクワ訪問時の 1990年代から
「顧命性宣誓宣布」が成されて示されていたことを知りました。

そして、リトルエンジェルスやワシントンタイムズ、
ICUS などの創設・推進も、お父様だけがされていたのではなく、
お母様も同じ視点で主体的にお父様の相対に立たれ、
ともに成されていたことが深く理解できました。

やはり、神様は「天の父母様」であられ、父母、
すなわち男女、独り子と独り娘の両方の存在がなければ
神様の摂理は果たされないということに今さらながらに気づかされ、
今まで、「お父様を通しての摂理観、お父様を通してのお母様」
しか見てこなかった不足さを痛感しました。

また、独り子と独り娘を誕生させるにあたっての天の摂理を知るにつけ、
キリスト教を中心とした信仰の世界の深さに感銘を受け、
自身の心情の浅さを悔い改めざるを得ませんでした。

「天の父母様」、「独り娘」を、もっと深く心情的に
理解できるよう努力し続けます。


「お母さん」は、家庭の中でも本当に大きな役割を果たしています。
子女という生命を生み出し、お乳や食べ物を与えて育て、
病気になれば看病、家族のために自身を顧みず尽くす
……ある意味、子供たちにとっては、
「お父さん」より大きい存在となっています。

お母様は、ご聖婚される時から、「天の子女をたくさん生む」
と決意されていて、実際に14人のご子女様をお産みになりました。
このこと一つをとっても、本当に尊敬の念を深く抱きます。

私自身も、3 人の子供の母ですが、「母になる」ことの大変さを
日々痛感しています。
祝福子女は本性が強い分、その表現の仕方も激しく、
とても私には手に負えない、と思うことの連続でした。

「祝福子女の養育は今まで誰も経験したことのないこと、だから
大変なのは当然」と子供たちが通った光の子園で教えられ、
それに救われもしながら様々模索しながら歩んでいる最中です。

また、4 人目は養子として捧げましたが、この子女を通しても、
今まで経験したことのない心情世界を開拓してもらっていることを感じています。
大変さと同時に、「母」になることが
これほどまでに恵みであるのかということも日々感じています。


今の職場は養護学校なのですが、ここを職場に選んだのも、
祝福子女との生活を通して「思い通りにならないこと
ばかりだけれど、それがおもしろい、
もっと教育の分野で自身を深めてみたい」と思ったからです。

障害を持った生徒たちが様々な課題に直面するたび、
「もし私が、この子のお母さんだったらどうしてあげるだろう」
と考えていくと答えの糸口が見えてくることが本当に多いのです。

「教師」や「先生」という視点で生徒の課題を見つめていても、
解決に至る道は見いだせず限界があるのを感じます。
やはり、すべての問題の解決は、
「母になること」からだということを実感しています。


お母様は宇宙、世界の母となってくださっています。

コロナウイルスのみならず、戦争や飢餓等、
まだまだ解決すべき問題が山積する今の世界ですが、
お母様と一つになっていくことを通して必ず解決し、
天の父母様が願われる「平和」へとつながっていくことを確信します。

堕落がエバから始まったので、やはり、摂理の最後の仕上げ・完成は
女性が担っていくのですね。

自叙伝を 3 回読み終わった後、夕食の餃子を作っている時に、
ふと心にこのことが落ちてきました。

すべてのことがお母様につながっている、
すべてが天の父母様の計画の中にあったということが
じわじわと感じられ、幸せな気持ちに包まれました。

今、お母様が堂々と立たれ、天一国安着を宣布してくださいました。
これがどれほどの喜びでしょうか。
ありがとうございます。



「人類の母、お母さん」という観点で、
ご自身の立場も、通過された心情を加味しながら、
とても読みやすく書かれていました。
ありがとうございました。

女性として、歴史的に味わったきた苦痛など、
すべての思いを一身に受け、勝利された真のお母様。

そのお方と、今この時に、ともに歩んでいるという奇跡。
お母様は、何度も何度も語られています。
「皆さんの生涯において最高の黄金期である」
それが、「今」なのだ、ということを。

そのことを瞬間瞬間、胸に刻みながら、
歩んでいきたいと思うのです。







にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)