2021年12月03日

当時、大注目の裁判に臨んだ若き主 むしろ十字架を悲しむ神を慰める 《金元弼先生》



200717.jpg


金元弼先生のみ言。
今回は、「苦労させなければならない神」です。

いよいよ裁判が行われます。
それは、結果として、「興南」という
生きて出るのが難しいといわれる
十字架に向かう道につながっているのですが・・・

 
共産社会では、先生の裁判のことが大変な話題となりました。
先生は電気工学も科学も勉強したお方です。
彼らは先生の裁判を共産党の幹部たちに見せたかったのです。

(一九)四八年二月二十二日に入られてから、四月七日に裁判がありました。
ところが実は、その前に裁判をしようと計画しました。
その予定を変更して、七日にしたのです。

法廷には私たちに反対してきたキリスト教のリーダーや
信者はいうまでもなく、共産党の幹部が
立錐の余地もないほどにいっぱいに集まりました。

開廷する前に、先生は何人かの犯罪者と共に、
鎖をつけられて前の方に座られました。
先生の頭の毛は全部刈られて、坊主のごとくなっていました。


一年八か月の生活は、涙と汗とそして血を流す道のりでした。
先生は平壌での牧会生活で涙を流されない日はありませんでした。

私が先生の路程を語る時は、皆様が見るごとく、
深刻な思い出にかられます。
先生のそうした日々を思い浮かべますと、
そうならざるを得ないからです。


先生は牢屋に入ってからは、いっさい涙を見せませんでした。

先生は、先生が牢屋の道を行かなければならないことを
知っておられた神様の苦しみを考えるとき、
先生の苦しみよりも、愛する子が刑務所にいて
苦労するのを見る神の苦しみは
もっと大きかったということをよく御存じでした。

苦労する先生よりも、苦労させなければならない
神の心はもっと沈痛にかられていることを
知っておられますから、それよりも、神の心を慰め、
勝利してその喜びを神に絶えず返すという強い決意のもとに、
弱さを少しも神の前に見せませんでした。

神に対して弱い心を絶対に見せたくなかったのです。
私のために心配なさらないようにと、
そういうふうにかえって神を慰めました。

ところが、一日の休みもなく、本当に心を尽くし
愛した一年八か月の牧会の日々が過ぎて、
牢屋に入られた時は、先生は壁に
ぶつかったような状態であったと私は推測します。

I 平壌開拓から興南解放
第三章 興南監獄での伝道
「苦労させなければならない神」

信仰生活シリーズ 6
「伝統の源流 主と歩んだ教会創立以前の道」 
金元弼(1998年7月1日発行)
*『信仰と生活第二集伝統の生活化』を改題


苦労させなければならない神様を思って、
弱い心を決して見せなかった真のお父様。
興南監獄に入られたいきさつを知っておられる方は、
みなさん、ご存じであると思います。

しかし、そんなお父様を元弼先生は、
「壁にぶつかったような状態であったと
私は推測します」と語られています。

なんと表現したらいいのか、
「人間文鮮明」を肌身で感じてこられた
金元弼先生であるがゆえに、
そのような言葉を残されているのだと思います。

神様に対しては、弱みを見せなかったけれど、
ご自身においては、どれほど困難で深刻だったでしょうか。

それでも、神様には、絶対に甘えず、
弱音を吐かなかった真のお父様でした。
神様にとってみれば、どれほどの孝行者なのか、
そう思わされるのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:43 | Comment(0) | 金元弼先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月22日

7日間眠らされずに共産党の取り調べ、再臨主は魔術を使ったのか?! 《金元弼先生》



210415.jpg

金元弼(ウォンピル)先生の証し。

1948年2月、文鮮明(ムン ソンミョン)師と
元弼先生は、連行されました。
今回は、「内務省での取り調べ」です。


その当時、先生は、
“私はもう牢屋に入るんだ”ということが
分かっておられたと思いますか、
分かっていなかったと思いますか。

イエス様が来られたときに、
十字架につけられると思っていたのでしょうか、
それともつけられないと思っていたのでしょうか。

まず第一に、十字架につけられるとは考えませんでした。
しかし人間がみ旨について行かないとするならば、
そういうことも起こりうるというお考えはあったでしょう。


内務省に連行された先生を、
刑事たちも魔術師のごとく考えていたので、
三、四人が先生を調査しはじめました。

先生が魔法を使うと思っているので、
調査の途中でも、先生がトイレに行かれれば、
魔法を使っていなくなるのではないかと思い、
常に二人の刑事がトイレまでついていったのです。

また万人にしておくといついなくなるかも知れないというので、
先生を七日間眠らせないで監視しました。

共産党の拷問の中でも、最も大変な拷問には、
食べさせない、寝かせないというものがありました。
そうしますと、言うとおりに答えるようになるのです。

官憲は、先生を寝かせないために、自分たちだけは交替して眠り、
先生が眠りそうな時間になると眠らないようにしたのです。
どんどん話しかけるのでした。


私が二日間入って取り調べられた内容と、
先生に対してどういう罪をかけようとしていたのか
ということの一端をお話しします。

私は二つのことについて中心的に聞かれました。

一つは、「お前はこの人をどういう人だと
信じているのか」ということでした。

その次に、「お前は教会に
献金をしたことがあるかどうか」と聞くのです。

この人たちはキリスト教の教理とかは頭にはありません。
それは何でも構わないのです。
なぜならば、彼らはキリスト教自体を否定していたからです。

彼らは、教会の人々からお金を搾取して、
これを私たちが自分のために使ったのではないか、
というところをねらっているのです。

また、先生がどういう人であるか聞いたのは、
メシヤといって、それを利用して
たくさんのお金を取ろうとしたという条件を奪おうとしたのです。

私のことをもっと詳しく調べるために、
私は小学生を教えていた時ですので、
私が学校で担当していた子供たち全員を一人一人呼んで、
「金先生はお前たちに何を教えたのか」と全部調べました。


先生には七日間寝かせない取り調べでした。

そういう中で、先生が拷問を乗り越えられたのは、
目を開けながら十分間でも熟睡することを心得ておられたからです。
目を開けているので、官憲は眠っていないと思うのです。

I 平壌開拓から興南解放
第三章 興南監獄での伝道
「内務省での取り調べ」

信仰生活シリーズ 6
「伝統の源流 主と歩んだ教会創立以前の道」 
金元弼(1998年7月1日発行)
*『信仰と生活第二集伝統の生活化』を改題


北韓での拷問は、どれだけ酷(むご)いものだったでしょうか。。。
「眠らせなかった」とは聞いていましたが、
「七日間」とは、空恐ろしいです。

お父様(文鮮明先生)は目を開けて眠られた、と
以前、講義で聞いていましたが、
元弼先生が証しをされていますので、
本当にそうだったのだ、と思いました。

拷問といえば、クリスチャンたちに対して、
江戸幕府があまりにも残酷な拷問をしたことがありますが、
同じ人でありながら、良心が痛まなかったのだろうかと、
本当に恐ろしいなと感じます。

そういう時代、そのような凄惨なところを
通過しながら、生きて
世界の人たちのため、平和のために
大きな業績を立ててくださいました。

お父様も、金元弼先生も
すでに霊界に旅立たれていますが、
このように元弼先生のお話を通して、
当時の様子を知ることができることは、
実に貴いことだと思います。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:47 | Comment(0) | 金元弼先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月13日

北でキリスト教が根絶やしにされ、やくざがいなくなった理由 《金元弼先生》



211113.jpg


金元弼(ウォンピル)先生の証し。

いよいよ連行され、興南監獄に向かう道に──

若き日のお父様(文鮮明先生)が行かれた
1948年当時の平壌の様子がわかるお話です。


共産党の抑圧政策
事実共産党は、徐々にキリスト教を抹殺している
ということでした。
一例をとってみましょう。

小学校の児童の中には、親が
(キリスト教の)教会に行っている子供がたくさんいました。
子供も親と一緒に通い、日曜学校にいつも参加するのです。

平壌はキリスト教が最初に広められて、
非常に盛んな所でした。
ところが、学校では必ず日曜日に、
特別の登校の日を設けました。

クラスの全部が全部教会の学生ではないのですから、
クリスチャンでない子供を日曜学校の時間に教会へ送るのです。
そして自分のクラスの誰が
日曜学校に出ているのかチェックさせました。

北韓では、少年の時には少年団を、
青年になると民主青年同盟をつくっていました。
そこから労働党、共産党へと行くのです。

このような段階を通して、小学校の時から既に
共産党員になるためのすべての教育を順々に進めているのです。
全員少年団員になるのです。


月曜日には、少年団員の学校の勉強が終わってから、会議があります。
そこでは自己批判、総合批判が始まります。
お互いに批判するのです。

そこで日曜日に出て来なかった児童を立たせます。
先生がそうするのではありません。
先生はそばに立っていて傍聴しています。

少年団の団長は、日曜日に学校へ来なかった
子供の理由をよく知っています。
それを知らないふりをして、その児童を立たせて、
「お前はなぜ日曜日の特別の学習に、
特別の集会に出なかったのか、その理由を
自己批判しなさい」と言って、自己批判させるのです。

幼い子供ですから、強い信仰をもっているのでもないし、
全員の雰囲気がそうなるので、正直に
「私は教会へ行っていました。
これからはそうしない。
この活動には悪魔がいます」と
涙を流しながら悔い改めなければならないようになります。


それは小学校ばかりではなく、中学校、大学
どこにでも適用されるのです。

職業をもっている人は職業別に、
教員、農業関係、炭鉱労働者など、職業同盟をつくりました。
個人で商売する人は、四八年の時には街頭組織がありました。

ですから働かないと食べられないような社会になっているわけです。
こじきは働かないで食べる者です。
物を乞うということ自体は一種の働きですが、
それは自分のため以外の何ものでもありません。

それゆえにこじきでも働かなければ、
食べ物は何も与えないという主義ですから、
全国のこじきを一つの島に収容しました。
そこで働かせたのでした。

また、酒を飲んで人を殴ってお金を取るという
やくざな者たちがいました。
そういう者を一つの所に集めて働かせます。
ですからやくざは一遍になくなりました。
やくざもこじきもいないのです。

また個人の財産を泥棒するのは、とっても軽い罪ですが、
公的なものを盗んだら極めて厳しいのです。
軽くて三年の刑です。


仕事をしている人たちには、仕事があけたら、
毎日のごとく復習の時間を与えて理論を教育していきました。

しかし、学校教育を受けていない人は字が読めず、
いくら共産主義理論を教えても分からないので、
教えることができません。

そこで小学校の児童を動員して、文盲退治ということで、
いなかの人たち、勉強してない人たちや老人の教育を始めました。

子供たちには親のところへ行って
どんどん連れてくるようにさせました。
親は子供がかわいそうに思われて、出なければならなかったのです。


次には、地主から土地を無償で回収して、地主を追っ払い、
ある者は炭鉱に行かせて強制労働をさせ、
その土地は土地のない農夫に分け与えたのです。

苦しく貧しい生活をしていた人たちですから、
まず第一に喜びました。
ところが収穫の大部分を現物税という名目で取り立てますので、
地主の下で大変楽に暮らしていた時より税も高く、
もっと苦しい生活となったのでした。

転職のとき、南では自由に他の職場に移ることが
できるのですが、ここでは許されませんでした。
行こうとしてもお金がなければ、
また許可を受けなければいけない世界なのです。


そういう中で先生がみ旨を行うということは、
どれほど難しいことであったかお分かりと思います。

神のみ旨からすれば、先生を迎えるために
キリスト教を準備したにもかかわらず、
そのキリスト教は先生に反対し、牢屋に送ったのでした。

I 平壌開拓から興南解放
第三章 興南監獄での伝道
「共産党の抑圧政策」

信仰生活シリーズ 6
「伝統の源流 主と歩んだ教会創立以前の道」 
金元弼(1998年7月1日発行)
*『信仰と生活第二集伝統の生活化』を改題


お父様が北に渡ったのは、1946年。
正式に北朝鮮が建国されたのは、1948年9月9日です。

しかし、1945年、韓国が日本から独立したときから、
すでに38度線に分断され、
北韓は、(当時の)ソ連に支配されていました。

北韓での子供たちに対する共産党政策、
読んでいるだけで胸が詰まります。。。
やくざもいなくなる共産党・・・本当におそろしいです。

子供、というのは、とても純粋です。
、教えたとおりに実践していくのです。
悪い教育を受けたら悪いままに育ってしまいます。
青少年たちの教育を正しく行うことが
どれほど重要であるか、と思わされるのです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 11:27 | Comment(0) | 金元弼先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする