2023年01月29日

痛い時は、もっと痛く、嬉しい時は、最高に嬉しい メシヤの感覚は、天宙的 《金元弼先生》




10420046_873544926039990_3546286570891694848_n.jpg


メシヤを少し喜ばせたら、
それは天宙的な喜びを
与えたことになるのです



金元弼(ウォンピル)先生のみ言、続編です。

メシヤに侍るということ

避難の路程の時には、先生と距離をおいた心は全然なくなりました。
先生と一緒にいるような生活に変わったからです。
朝起きる時から、何事も一緒にするようになったのでした。

私は一緒に歩きながら、自分の信仰を次のように打ち明けたことがあります。

「もし、2000年前に生まれたならば、
私はイエス様を飢え死にさせたでしょう」と。
メシヤは、食べなくてもひもじさが分からないお方である、
と信じていたからです。

私のような者ばかりがいて、食べる物も飲む物も
何も差し上げないならば、どうなりますか。

先生も私たちと同じく、ひもじい時にはひもじさを感じ、
暑い時には暑さを、寒い時には寒さを感じるお方であるとはっきり分かったのです。
私は先生を通じて、2000年前のイエス様の事情、心情を理解できました。

同時に、私たちがもう一つ分からなければいけないことは、
メシヤの立場から見ると私たちよりもっともっと敏感だということです。
私たちより、何倍もひもじさを感じる方だということです。

なぜでしょうか。


それはちょうど親と子のことを考えてみれば、もっとはっきりします。
母と子が二人で住んでいたとしましょう。
とても貧しい家庭です。

子供は幼いので、母親が稼いで子供に食べさせなければいけません。
何とかしてやっと稼いで、牛乳を買いました。
ひもじいからといって、親が先に飲むことはできません。
まず子供に飲ませます。
残した物があれば、その次に母親が飲みます。

子供がひもじいと言うのと、親がひもじいと言うのとは、
同じ言葉ですが、内容は違うのです。

子供は自分のひもじさばかり考えて、ひもじいと言います。
しかし母親は、子供に食べ物があって、
自分にない時は、ひもじいとは言わないのです。
母親がひもじいという時は、子供のひもじさと
自分のひもじさが合わさって含まれているということを忘れてはいけません。


このことを通じて、はっきりしておきたいことは、
子供がひもじい、親がひもじい、その次に国を治める人がひもじい、
世界を治める人がひもじいという時、ひもじいという言葉は同じですが、
ひもじさを感じる度合いは、次元が全然違うということです。

個人、家庭、氏族、民族、国家、世界、天宙
というふうにレベルが変わってくると、
喜びも個人的喜び、家庭的、民族的、世界的、天宙的喜び
というふうに違ってくるということです。

ですから、国を心配する人を悩ませたならば、
それは国家を悩ませたことになります。


死にかかっている人を救ってあげたというのと、
国を治める責任をもっている人が死にかかっているところを助けたのとは、
同じように一人の人間ですけれども、その内容は違うのです。

一人の人を救ってあげますと、その家では、
「自分の子を救ってくれた」と言って、いろいろなご褒美を与えるでしょう。

ところが、ある人を救ってみたら、それが王子様だった場合、
王様は「私の子を助けた者は誰だろう」と探し回って、
その人を見付けたら、どういうご褒美を与えるでしょうか。
「お前は私の宮殿で一緒に暮らそう」ということになるのです。

反対に、王子様を殺したら、その人はどういう罰を受けるでしょうか。
個人を殺した場合は、個人の罰を受けるでしょう。
しかし、王子様を殺してしまったならば、国家的な罰を受けるのです。
王子様が死んだ時、王様はどれくらいの痛みを受けるかといえば、
国家的な寂しさを感じるのです。


メシヤはどういうお方ですか。

メシヤを少し喜ばせたら、それは天宙的な喜びを与えたことになるのです。
もし反対のことが起こったらどうでしょうか。
イスラエル民族は、たった一人のイエス様を殺害したのですけれども、
その罰がどんなに大きかったか考えてみてください。

ですから、メシヤに侍るということは、
どれほど注意深くしなければいけないかが理解できます。

ところが、神は愛なるがゆえに、罰は二、三代で終わるようにし、
いいことは何千代にも及ぶようになさいます。


リーダーとメンバーのことを考えてみてください。
私自身がほかのメンバーに心配かけたとしましょう。
またリーダーである皆様を悩ませたとしましょう。
心配をかけたのは同じですが、内容が違います。

十名のメンバーを担当した皆様は、十の悩みを担っています。
私がリーダー一人を心配させたことは、十の悩みを与えたのと同じです。
100名のリーダーならば、100名分の悩みを与えたことになるのです。

ですから、自分のアベルに当たるポジションの人に対しては、
訴えるな、批判するなと教えたのです。
それはたくさんのメンバーの悩みを抱えている人であるからです。
十人のリーダーであるならば、十人の悩みに責任をもっている人なのです。

全人類の悩みを率いているメシヤの心を少し痛めたら、大変なことになります。
その代わり、少しの慰めを与えるならば、
大変な喜びをもって私たちを迎えるでしょう。


ですから、メシヤは私たちの感情よりも、
はるかに敏感であるということを分かってほしいのです。

たまたまメンバーが少し良いことをしたら、
先生は大げさに話してあげることがあります。
褒められた人は、「私はそんなによくできなかったのに、
先生はとてもよく見てくださいますね」と感ずるのです。

一人でいる時には大きな悩みであっても、先生のところに行くと、
小さく見えるのはなぜでしょうか。
それは、私にはとても大きく見えることも、
先生があまりにも大きいがゆえに、小さく見えてしまうと考えるのです。

皆様にもそういう経験がありますか。
とても心配して、リーダーに何か聞こうとしたら、
小さく感じて聞く必要がなかったことが。
皆様がどんどん成長していくと、メンバーが皆様に対してそう感じるのです。

平壌開拓から興南解放
第六章 興南解放と釜山伝道
「メシヤに侍るということ」

信仰生活シリーズ 6
伝統の源流 主と歩んだ教会創立以前の道」 
金元弼(1998年7月1日発行)
*『信仰と生活第二集伝統の生活化』を改題



本当に元弼先生のおっしゃる通り、
人を喜ばせる、ということは貴いことですけれど、
真の父母様に喜んでいただく、ということは、
どれほどの価値のあることか知れません。

真の父母様は、私たちが幸せにならない限り、
ご自身も喜び、幸せを感じることができないお方である、
そのことを改めて感じました。

孝情の心情を持って、
神様・父母様に喜んでいただく歩みをすること、
今がその最頂点にいることを思いつつ、
さらに精誠を捧げていきたいと思うのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金元弼先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月21日

18で文先生に初めて会った頃は、心情の隔たりがありました 《金元弼先生》




211010Kim-Won-pil.png


金元弼先生のみ言。
今回は、「先生と心情的距離があったころ」です。


先生にお会いした時の私の心と、
先生が刑務所から出られて避難していた時の
心との変化について、述べたいと思います。

最初先生にお会いした時の私は、
ただただ私とは次元の違う方だと考えました。

ちょうど小学生が初めて入学した時、
自分の先生に対して感じるのと同じように、
次元の違うお方であると感じたのです。


今、ヨーロッパの兄弟たちは、
学校の先生に対してそういうことを
感じるかどうか分かりませんけれど、
私が幼い時、教えてくださった先生に
対しては、とにかく尊敬の念で対しました。

今は韓国も、西洋文明が入ってまいりまして、
小学生でも先生に対する
尊敬の念はかなりなくなりました。

学校の先生を尊敬するようになったのは、
その当時の先生が、親が子供に対するごとく
教え子に対して犠牲的奉仕をもって
教えてくれ、愛してくれたからです。


先生も模範的な生活をしたのでした。
自分の尊敬する先生の写真を
ポケットの中に入れて歩くこともありました。

私たちが原理を理解して子供を教えるならば、
子供たちは私たちを尊敬して
くれるようになると思います。

三六〇軒の人に奉仕し、尽くすならば、
彼らは最初のページに
文先生や親の写真ばかりでなく、
私たちの写真もはるようになるだろう
ということも、先生のみ言の中の一つでした。


学校で子供にそのように教えるならば、
子供たちは先生をそう考えるようになるのです。

その学校では、先生の恩に
感謝するということで、謝恩会がありました。

幼いころ、自分の先生を
そう考えていたせいか、
文先生にお会いした時に、
私はそういう心を抱きました。


率直に言いまして、先生は私たちと違って、
トイレにも行かないし、食事もなさらない、
そういう超人間と考えました。

私の年はその時、もう十八でした。
その私の目には先生と共にいた霊能者も、
年取っている人も、すべての人が
天使のように感じられました。

そしてその人たちのお話は神のみ言のようでした。
私はただ聞くだけで信じられるものですから、
聞くだけでいっぱいで、
何も言うことがなかったのも当然なことだと思います。


ある日のこと、先生が牢屋に入られた時のこと
ですけれども、ある婦人の食口が
教会の庭にあった花鉢が壊れていたので、
それを丁寧に直していました。

そして「人間の心霊がこのようであると
するならば、どうでしょうか」
と独り言を言っているのを聞いて、
私は信仰のあり方を習いました。

先生が牢屋に入る前、私はいつも家から通い、
先生とある距離をもってお会いしていました。

ある時に、たまたま家に帰る時間が遅れて、
先生と一緒に休んだことがありました。
同じふとんに寝たのです。

夏でしたので非常に暑く、その当時、
教会には南京虫がたくさんいました。
それは丸くなっていて人の血を吸い、
かまれたらとてもかゆくてはれ上がります。

色は赤くて、茶褐色みたいな虫です。
今からもう三十三年前ですから、
駆除するいい薬がなかった時のことです。

夜中の一時ごろになって床に入ったのですが、
先生は隣で全然分からないで寝ておられるのに、
私は最初からかまれて
かゆくて眠ることができませんでした。

眠れないこと自体は問題ないのですが、
とにかくかゆくて仕様がありません。
でも、私がかくために体を動かしたら、
先生が眠れないと思いまして、闘っていました。

そして私もいつの間にかくたびれて、
寝てしまった覚えがあります。

 
先生にお会いすると、心は喜ばしいのですが、
何も話ができない状態でした。

一人でいる時には、これを聞きたいと思う
大きな悩みがあっても、
いったん先生のところに行くと、
いつの間にか小さな悩みに変わり、
聞こうという勇気が何も出てきませんでした。

しかし家で一人になると、
その悩みがどんどんどんどん大きくなって残ります。

そしてまた先生にお会いして、
いろんな話を聞いていると、
それは小さくなってしまいます。
「なぜこんなことで悩んだのだろう」と考えました。

それで家に帰ると、それがまたまた大きくなってきます。

「これだったら、先生にお話しして
打ち明けたら良かったのに。
次に行ったら話そう」と考えて、また訪ねます。

しかし、また小さく見えてきて、
何も問題になりませんでした。
そのようにして、いつの間にか自分で
それを解決していくようになったのでした。

それから後も、いろいろと問題はありましたけれども、
直接お聞きしなくても、間接的に
色々なみ言を聞くことによって、
一人で整理していくようになりました。

私はそんなに深刻な問題をもって、
「これはどうですか、あれはどうですか」
と先生にお伺いした覚えがありません。

どんなに信じられないことがあっても、
先生のすべてを見ることによって、
徐々に全部分かっていくようになりました。

平壌開拓から興南解放
第六章 興南解放と釜山伝道
「先生と心情的距離があったころ」

信仰生活シリーズ 6
伝統の源流 主と歩んだ教会創立以前の道」 
金元弼(1998年7月1日発行)
*『信仰と生活第二集伝統の生活化』を改題



金元弼先生ならではの証しだと思います。
日常生活のお父様の様子
草創期の様子が知れて感謝です。

また、み言を語られるお父様の姿だけではなく、
何気ない日常の中でも、
お父様を尊敬している、
元弼先生の姿を伺うことができます。

日々の生活に完全投入されているがゆえに
南京虫などにも意識を奪われないお父様なのでしょう。

また、疑問に思っていることも、
お父様に質問されないにも関わらず、
説教などで解決していかれたことも、
今の私たちに通じる内容化と思います。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 10:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金元弼先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月12日

主との生活の始まり あの頃、釜山の小さな部屋で 《金元弼先生》




210314.jpg


金元弼(ウォンピル)先生のみ言。
今回は、「『原理原本』の執筆」です。


その後、私は米軍部隊で働くことになりました。

その間、先生は原理を執筆され、
私が帰ってくるとそれを私に渡してくださるので、
読んで差し上げると先生はじっと聞いておられました。

先生はよく山に行かれ、
暇さえあれば山から石を拾ってきて、
土を運び、家を造る準備をされました。


そのころ、私は米軍部隊で
いろいろなペイントの仕事をしていました。

ある日、私がいたずら半分に絵をかいていると、
先生が御覧になって、
「これからどんどん絵をかくように」
とおっしゃるので不思議に思っていました。

するとある時、同じ職場の人が私に、
絵をかいてみないかと言うのです。

その人は米軍の婦人とか女友達の写真(絵?)を
かいてあげていたのですが、
私にもその注文を取ってやる、というのです。

 
最初の仕事は黒人の写真でした。

私は黒人を見たことがなかったので、
どんな色を入れたらよいのか迷いながら、
とにかく四時間半かかってそれを仕上げました。

私はそれでお金をもらおうという考えはなく、
ただ悪口さえ言われなければと思っていたのですが、
意外にもその人は「良くかけた」と言って
お金をくれ、さらに注文を取ってくれました。

それで私は力を得、先生のお言葉どおりに
絵をかくようになったのです。
その後、食口の数が増えれば増えるほど、
注文も多くなっていきました。

 
私は毎日、五時に仕事を終え、
注文を受けて帰って来て、
それから絵をかき始めるので、
いつも終わるのは午前零時か一時ごろでした。

先生は私が帰る前に市場に行って
必要なものを買って、
絵をかく準備をしてくださいました。

そして、私がかき終わるまで
そばで見守っていてくださり、
そのあと私が休むと、先生はそれを
朝持って行けるように、
切って丸めて準備してくださるのでした。

そのうちに、先生も色を選んだり、
背景をかいてくださるようになり、
またしばらくすると、
私は顔だけかけば先生が服や髪の毛や
背景を塗ってくださるようになりました。

そうして、一日に十五枚、二十枚と
注文が来て、時には午前四時、五時まで
かかることもありました。


時々おばあさんの食口が訪ねて来て、
疲れるので横になろうとすると、
先生は「このように苦労しているのに
眠ってはならない。
眠りが来たら壁に寄りかかって寝なさい」
とおっしゃいました。

仕事をする人は仕事に酔うので
それほど疲れを感じませんが、
そばでただ見ている人は、
大変だったろうと思います。

そのような中で、先生は絶対に
私の前から離れないで見守っていてくださったので、
私は疲れても耐えることができました。

 
私は働いて得たお金は全部先生に差し上げました。

すると先生は、一か月間食べる米と燃料、
石油、そしておかずとして煮干しを
先に買っておかれました。

私は部隊で食事をしました。
先生は御自分で御飯を炊いて召し上がることが多く、
先生は女の人よりも上手に食事をつくられました。

先生は貧しい修道者たちに
米や服を買ってやったり、
またお金を与えたりして、
お金はすべてそのように使われるようでした。

ある日先生が、「あなたが持って来たお金を
全部使った」とすまなさそうにされ、
誰々に何を買ってやったとか、
何にいくら、本を買うのにいくらかかったと、
私に報告をされました。

先生がそのお金をどう使われようが、
いったんおささげしたものだから私には関係ないのに、
かえって私の気持ちを案じてくださる先生の姿に、
自分の足りなさを感じ、
もっと尽くさなければと心の底から思いました。

 
私の帰りが遅くなると、先生は
路地まで出て来て、待っていてくださいました。

また私が疲れて眠ってしまうと、
先生はよく泣き声の混ざった声で歌われたり、
祈ったりされました。

ある時には、まだ暗いのに私を起こして
山に登り、岩のある所で、先生が
「あなたはここで祈りなさい、
私はあそこで祈るから」と言われて、
一緒に祈ったこともありました。

 
ある日の早朝、先生は突然私を起こして
「早く明かりをつけなさい」とおっしゃいました。

私がランプをつけると先生は、
鉛筆と紙を用意させて「私の言うとおりに
書いておきなさい」と言われました。

私たちが何か文章を書く時は、
途中で考えたりしますが、先生は
初めから終わりまで休まず続けられました。

それは再臨論に関するもので、
『原理原本』はほとんど先生の筆跡ですが、
その部分だけは私の筆跡になっています。


先生は神のために愛して、
それでもなお不足を感じられる方です。

だから私たちも、いつも不足を感じながら
神と先生を愛し、またすべての人々に愛を与え、
また与えながらも自分の足りなさを感じている、
そうすることによって初めて、
天の誇りうる人となることが
できるということを信じます。

平壌開拓から興南解放
第六章 興南解放と釜山伝道
「『原理原本』の執筆」

信仰生活シリーズ 6
伝統の源流 主と歩んだ教会創立以前の道」 
金元弼(1998年7月1日発行)
*『信仰と生活第二集伝統の生活化』を改題


お父様に慕わしさを感じるとき、
お父様の若き日に、ともに歩まれた
金元弼先生の証しを読ませていただくと、
その時の情景が思いおこされ、胸が熱くなります。

お父様とともに、
お二人で生活された金元弼先生が
とても羨ましくなりますね。

以前、ある方から、教わったことがあります。

自分自身が御父母様とともに生活していた
お父様から愛されて育った・・・
そのように瞑想の中でイメージしていくと
本当に御父母様と親子の心情関係を結ぶことができる。

ですから、金元弼先生がその場におられたのではなく、
私がお父様とともに生活していたんだ。。。
そんな心情を持つことが重要だと感じます。

実際、2000年前におられたイエス様を慕うクリスチャンたちは、
一度もイエス様にお会いしたことがないにも関わらず、
かつては殉教を乗り越えてきたことがあったことを思えば、
イエス様を恋い慕う心情が強いのだと思うのです。

私たちはそれ以上に強烈に
真の父母様を慕っていかないといけないと感じます。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金元弼先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする