2017年10月18日

日本開国?! 神奈川から新しい時代のスタート!  〈1万名大会報告 1〉



20171015_28.jpg


先日の日曜日、真のお母様をお迎えして行われた
神奈川大会の様子をお伝えします。



東京大会に続く、全国で2番目の1万人大会
 
今回の神奈川大会は、 東京の1万2000人大会(5/14)に続き、
全国で2番目の1万人大会となりました。  

午後2時、司会が開会宣言。
西神奈川教区婦人代表が代表報告祈祷を行い、
徳野英治会長が主催者挨拶に立ちました。

徳野会長は、「今、世界はテロや難民、自然環境問題などを抱え、
日本には少子高齢化や人口減少、家庭崩壊などの問題があります。
それらを解決し得る中心、主人が見当たらないのが、
今日の世界の現状です」
と指摘。

そのうえで、「世界の難問題を解決するため、
人類が進むべき道を示す真なる羅針盤として登場したのが、
この統一運動です」
と述べ、
世界的な平和運動の推進を呼びかけました。



若者のスピーチと公演が会場を盛り上げる

国会議員2人の祝辞と祝電披露のあと、
「孝情」をコンセプトとした文化公演が始まりました。  

オープニングは、映像と青年50人による迫力あるパフォーマンス。
武士の時代の幕開けとして12世紀末に鎌倉幕府が成立し、
明治維新を経て開国した日本と世界との窓口≠ノなるなど、
神奈川が、日本の国づくりに深く関わってきた歴史的な経緯について演じました。  
若者4人が、大会のスローガンに沿って力強くスピーチ。

続く「孝情メドレー」では、子供が成長して大人になり、
祝福を受けるに至る人生を、歌によって表現しました。

最初に、小学生が清らかな歌声で「世界がひとつになるまで」を合唱。
次に中高生と青年が「手紙〜拝啓 十五の君へ〜」を心情的に歌い上げ、
最後は、女性歌手がサックスの演奏に合わせて「糸」をしっとりと歌いました。  

国際的な家庭環境で生まれ育った二世青年3人によるスピーチでは、
親への感謝を述べるとともに、
自らが「ために生きる」人生を送ることを決意し、
世界が抱える貧困問題などの解決に向けて取り組む活動などが証されました。  

その中で笹本阿和子さんは、アフリカで殉教した父の夢を受け継いで
アフリカの方と祝福を受け、
2人の息子に恵まれたことを紹介しました。  

総勢140人の大合唱隊による「You Raise Me Up」の
迫力ある歌声が会場に響いたあと、 
フィナーレは、70人の若者がエネルギッシュなダンスを披露。
お母様が数々の苦難を克服して
人類の母となっていかれた生涯を表現しました。



30分以上にわたって行われたエンターテイメント。
本当に感動的でした。

ダンスや歌等の素晴らしさももちろんですが、
私も含めて多くのメンバーが感動したのが、
国際祝福家庭の二世たちの証しでした。


写真でも紹介している笹本さんは、
お父さんをアフリカで亡くされ、
そのことを通して、アフリカ人の男性と祝福結婚を受けました。
アフリカと縁を持つことが
天の願いだと感じていかれたのだと思います。

次にスピーチをした兄弟は、
お父さんが日本人、お母さんがエジプト人のハーフです。
お父さんを事故で亡くされたと話していました。

彼がお母さんのお腹の中にいるときに、
お父さんが事故で亡くなってしまったと。。。
お母さんは、その後も異国の地で、
お父さんのいない中、多くの苦労をしたといいます。

しかし、その苦労を乗り越えていく中で、
息子であるスピーチをした兄弟は、
大きな夢をもって頑張っています。

また、三人目は韓日家庭のハーフの兄弟でした。
自分は韓国人なのか、日本人なのか。。。
いろいろと戸惑う中で、親の愛を受けながら、
世界の国々でボランティア活動をしたといいます。

「日本人でもなく、韓国人でもなく、世界人として!」
と堂々と宣言していました。

HJ Peace Loving Festival KANAGAWA
天一国5年天暦8月26日(2017年陽暦10月15日)
千葉・幕張メッセ国際展示場


彼らの姿を通して、感動したのは、
彼らの親たちの愛の姿、
そして、背後におられる真の父母様の姿でした。

日本は島国、ということもあり、
どちらかというと、海外の人たちを
あまり受け入れない風潮があったように思います。
ハーフの人たちもそんな立場だったかもしれません。

横浜を要する神奈川は、一歩
海外に対して開かれている気がします。

また、あくまでも個人的な意見ですが、
最近、スポーツ界や芸能界で、
ハーフの人たちが活躍しています。

彼らの活躍と国際家庭の二世たちの活躍が
何か、結びついているような
そんな気がしてなりませんし、
真の父母様が背後におられると感じたのでした。


続きます。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:25 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

お父様と霊界が10倍100倍協助する! お母様を中心とする家庭連合 ≪世界本部長≫4



22527975_10155819841759182_4792248726106571568_n.jpg
真のお母様 神奈川大会10.15☆


趙誠一(チョウ ソンイル)世界本部長のお話の〆となります。
真のお母様に随行され、昨日の神奈川大会にも、来られていましたね。


第三に、お母様はとても具体的です。
曖昧にされることがありません。

今回も、HJ・GUNG(宮)を始め、
マグノリア、天地鮮鶴苑、
そして、孝情学術苑、孝情カフェだけでなく、
全ての行事を細かくチェックされました。

鄭元周(チョンウォンジュ)室長がいつも話されますが、
トイレの紙がどこに置かれているかまで、
細かくチェックされながら、
限りない精誠で、今回の準備をされました。


私はこう思います。

天の父母様、真のお父様とともに、
全体的な青写真、国家の復帰、
世界の復帰に対する青写真をすべて作られたなら、
お母様はその部屋を満たしていくことによって、
私たち統一家の指導者、食口だけでなく、
全ての人々が否定する余地がない、
天一国を見せて差し上げることができるだろうか。

そのための具体的な摂理を導いていらっしゃるのが、
お母様なのではないかと思います。

国家の復帰も同様です。

父母様は伝道と伝道環境創造、
未来人材育成に対して、何一つバランスが片寄らない立場で、
具体的に私たちが担った町、地域、国、大陸、
全世界を復帰するための
具体的な摂理を進めておられるということを
私たちは忘れてはなりません。


最後に、お母様は全体が一つになって、
進むことを望んでいらっしゃいます。

昨年6月から、このHJ天苑において、

「父母様に侍ることにおいて、
ただ外的に侍るのではなく、
このHJ天苑団地にいるすべての公職者たちは、
父母様の摂理を知り、アイデンティティを知り、
父母様の位相を知らなければなりません!」


そのための教育を毎月月初めにしていらっしゃるのです。


この天城旺臨宮殿が立てられるとき、
父母様は私たちに質問されたことがあります。

「お前たちは私を信じているか?」
みな、「はい!」と答えました。

次にお父様は、
「あなたたちは私のことを知っているか?」
誰も答えられませんでした。

私たちは本当に真の父母様については、はっきりと知っているのか、
そしてどれほど深く知っているのか。。。


しかし、お母さまは具体的に見せられる姿を
一つ一つおつくりになり、
私たちを教育してくださいました。

お母様は、天はすでに多くのことを
準備されたとおっしゃっています。

1979年のお父様のみ言によると
お父様が霊界に行かれたあと、統一教会は滅びるのではなく、
むしろ10倍、100倍いっそう霊的に役事されながら
ともに歩まれるというのです。

そして、多くの指導者と食口たちが、夢で幻想で、
天の父母様が、特にお父様と霊界の興進様と孝進様が
お母さまを助けてほしい助けてほしいと
懇切に願われている姿を見ています。

私たちは孝情の心情を相続して、
真の父母様の代身として歩んでいきたいと思います。
ありがとうございました。   (文責:ten1ko2)

2017天一国指導者総会
趙誠一世界本部長、閉会の辞
9.10



お母様は大胆であられ、懇切であられ、
そして、具体的な方であられるということ。。。
本当にお母様のご指示通り行えば、
そのごとくに、導かれていくのです。

しかも、霊界の協助があるということ。
このことも忘れてはいけないと思います。
10倍、100倍、というのですから、
お父様、興進様、孝進様の協助は、
さらにすさまじいものになっていきます。

やはり、地上の私たちが重要だということですね。
教会長はいつも言われます。

『できるか、できないか、ではなく
やるか、やらないか、です。
結果は神様が主管します」

実践あるのみですね。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:42 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

74億人類をあきらめない!! 大胆、懇切、私の見たお母様 ≪趙世界本部長≫3



20170910_photoline_08.jpg


趙誠一世界本部長の閉会の辞。
後半部分を2日に分けて紹介したいと思います。
お母様といつも接しておられる世界本部長ですので、
生のお母様の姿を証ししておられます。


今、天一国実現のために
私たちはどのような姿でなければならないでしょうか。
それは真のお母様のようにすればいいのだと思います。

そのような意味で、お母様が私たちに、指導者としての姿を
見せてくださっておられるのかを三つ紹介させていただきます。


始めに、お母様は大胆であられます。
昨日もACLCの約220名の指導者がいる中で、
真実を宣布されました。

妥協されることはありません。
曖昧はありません。

真のお母様は、ひとり娘として、
6000年ぶりに顕現され、
祝福を通して、天国への道を示してくださり、
国家の復帰もこの祝福を通して成される、
ということをいつも宣布されます。

お母様は誰に会っても、どんな人に対しても、
真実を宣布されます。

ですから、この場に参加した指導者の皆様は、
真のお母様がひとり娘であること、
真の父母様によって、私たちは救いを得られること、
祝福を通して、天国へ行けること、
その道がこの国を生かせることを宣布することに、
躊躇してはならないことを
第一にお伝えしたいと思います。


第二に、お母様がどれほど懇切な心情で過ごしておられるか、
お母様は一日も訓読会を書かされたことはありません。

最近お母様は、夜通しうとうとされながらも、
地球の反対側で苦労している指導者、
そして祝福家庭を思うと、
ぐっすり眠れない、とおっしゃられます。

そして、お父様が霊界に行かれてから、
涙を流し間もなく、本当に切なる思いで、
今まで前進してこられました。
それゆえ、お母様は、「中断なき前進」
を叫ぶことができるのです。

右手には、天の父母様とお父様に対する
切なる心情で、その願いを成してさしあげる決意を
ぎゅっと握りしめられておられます。

そして左手には、74億人類、誰一人として、
諦めないという切なる思いで、
父母様は今日も摂理を導いておられます。


ある時、尹晶老会長がこのように話されました。
「お母様に約30年前にお話ししたことを、自分も覚えていないのに、
はっきりと覚えていらっしゃった」というのです。

そこで、「お母様、よくおぼえていらっしゃいますね」と申し上げると、
「私は懇切だから、覚えている」とおっしゃられたそうです。

今、お母様はどれほど懇切な思いで、
国家の復帰のため、天一国安着のため、
歩んでいらっしゃることでしょうか。

今この時間、私たちはそのような心情を相続して、
残された時間を勝利していきたいと思います。  (文責:ten1ko2)

2017天一国指導者総会
趙誠一世界本部長、閉会の辞
9.10


大胆であり、懇切であられるお母様。。。

今日は、神奈川大会です。
場所は幕張メッセなので、わが千葉県におられます。。。
http://en.ipeacetv.com/board/notice/notice_view.asp?code=B05&ib_idx=10357
インターネット中継を通してですが、
お母様と一つになって、
天運をいただきたいと思います。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:58 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする