2017年03月27日

(証し) 子どもの前で夫婦喧嘩してはいけない ──その理由は?  《太田先生》



78moon_web_2298_s878x859.jpg


太田先生の講座、
証しを紹介します。


ここで、証しを二つ紹介したいと思います。
最初の証しです。

私はパラグアイの国家メシヤとして、
任務を与えられ、パラグアイで活動したことがあります。

お父様がパラグアイに特別に力を入れてくださった時のことです。
その時、パラグアイの本部教会はとても古かったんですね。
それで、お父様は「立派な教会を買いなさい」
ということで、新しい教会の物件を探すことになりました。

首都アスンシオンの空港の近くだったと思います。
そこは、アスンシオンでも、一番大きな家でした。

皆さん、外国の邸宅で大きな家というのは、
想像がつくかもしれませんね。
そうです。
大きな庭、そして、プールがあったりしますよね。

ところがその家は、プールどころか、サッカー場があるんです。
また、寝室だけで50畳!
まぁ、とにかく大きい家でした。


実は、気になっていたのは、その家の大きな玄関に
一人の女の子が立っていたんです。
なんだかとても寂しそうな感じでした。

その家の女性の持ち主に聞いてみました。

「あの子は誰ですか?」

「一人娘です」

「どうして一人で玄関の前で立っているんですか?」

「あの娘の父親が出て行ってから、
ずっと帰りを待っているんですよ」

こんな大金持ちなのに、子供は可哀そうだと思いました。


お父様は口癖のように語られています。

「夫婦喧嘩するときは 
子供の前では絶対にするな」




私たちはどうでしょう。
夫婦喧嘩をしないことはないですよね。。。
私の家内は土佐の女なんです。
だから、とても強いです。


世界乳幼児精神保健学会の理事をしておられる
渡辺先生という方がおられるんですが、
この方がいうには、
「赤ん坊を見れば、どういう夫婦の精神状態の交わりで
生まれたのかがわかる」
というんですね。

人間の中には、理想的な父母がインプットされているので、
生みの親が一つならばダブって見えるんです。

ところが夫婦喧嘩を始めると、
理想の父母と違うわけですね。
インプットされている父母と目の前の親は違うんです。
だから分離を始めるというのです。



「夫婦喧嘩は犬も食わない」ということわざがありますね。
ほんの小さなことで、あれやこれや言い争ってしまいます。。。。
まぁ、こういうことを書くということは、
我が家もご多聞にもれず・・・ということではあるのですが。。。

子どもの前でしない、ということは、
本当に肝に銘じなければ、と思います。

『不平不満があったら、トイレで吐き出したらいい』
ということも聞いたことがあるような気がしますが、
トイレに行っているうちに、
言いたいことがなくなっちゃうかも知れません(笑)

理想的な父母と一つとなる、ということは、
真の父母様に似るということと同じだと思います。

夫婦が一つになる努力をすることも貴いみ旨ですよね。。。

今回の講座、明日で、最後になります。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

史吉子先生がお母様にかなわないと感じた理由(わけ)?! お父様が語る3つの美徳



1476653_261581443992261_1218146589_n.jpg



今日も、史吉子先生の『原理に関するみ言の証』から、
み言を紹介します。
『真のお父様が称賛された三点』です。



私が、真のお母様のお近くで侍るようになったのは、
お母様が譽進様に続いて孝進様をお生みになったときからです。
そのころ、真のお母様と多くの対話をしながら過ごしました。

私は、真のお母様よりも十歳年上ですが、
真のお母様に接しながら感じたことは、
真のお母様は、大母様の信仰の土台の上で生活し、成長されたので、
相当、信仰的に深い内容をお持ちであるということでした。

真のお母様は、聖貞(現・善正)女子中学校を出られた後、
看護学校に通われていたときに、真のお父様とご聖婚されました。


私は、真のお母様に侍りながら、
世の中の知識から得ることができるものは、
とても表面的であるということが分かりました。
その反面、真のお母様が持っておられる世界は、
とても霊的であり、啓示的です。

ですから、私が十のことを話したとしても、
それは表面的であり、一般的な知識なのですが、
真のお母様は、それを一言で整理してくださるので、
私は、その一言に驚くのです。

真のお母様は、普通の人とは違い、
深い知恵と霊感があられ、
とても正確に物事を認識されるということです。

ですから、真のお母様に接するとき、
この世の中の学問、知識も、お母様の内的な世界には
及ばないということを、いつも感じます。


真のお父様は、以前、真のお母様に対して、
三つのことを挙げて、とても称賛されました。

一つは、非常に霊感的であられるということです。
真のお父様が何か決定を下そうとされるとき、
真のお母様が、ある一言をおっしゃると、
お父様は、そこからヒントをお受けになるというのです。

二番目は、真のお父様に対して、
信仰的に絶対に従順であられるということです。

三番目は、非常に心情的であられ、
所有観念がないということです。


例えば、真のお母様は、多くの贈り物を受けられますが、
そのさまざまな装飾品や服などをご自分のものにしようという思いは、
全くお持ちでないのです。
受け取られると、まず、“これは、だれに必要だろう?”と考えられるのです。

これは、有名な話ですが、
真のお父様が世界巡回をされたとき、
当時、十分なお金はなかったのですが、
真のお母様に指輪を一つ買ってさしあげられたということです。

真のお父様は、真のお母様が、その指輪をはめているのを、
一度も見かけられなかったそうです。

それで、真のお父様が、
「その指輪を、どうしてはめないのか?」
と尋ねられると、真のお母様は、
「それは、だれかに上げました。」
と、おっしゃったというのです。

真のお母様は、その指輪をだれに上げられたのかさえも、
お忘れになっていたのです。


それで、真のお父様は、
「皆さんは、このような真のお母様に侍っているということが、
どれほど幸福なことか分かりますか?」と、おっしゃいました。

もし、真のお母様が、“自分が受け取るものは、自分のものである。”という、
そのような所有欲のあるかたであられるとすれば、
「それを、だれだれに上げなさい。」と、いちいちおっしゃらないはずです。

ところが、何か良い物が手に入ると、
ご自分のことは考えられずに、“だれに上げようか? 
これは、だれにとって必要だろうか?”と、真のお母様は考えられるのです。

例えば、私が、“服が必要だ。”と思うと、
口にも出していないのに、ちょうど私に合った服を下さるのです。




真のお母様の素晴らしさを
お父様は見抜いておられました。
今もなお、同じ思いでお母様を見つめておられます。

そして、お母様ご自身も、
お父様の願いに応えるべく、
最前線でみ旨を歩まれています。

何で真の御父母様を引き剥がそうとするのかな・・・
最後の時だから、そうなのでしょう。。。

でも、そのことに対して、
批判することは誰だってできます。

だからこそ、私たちは、
真の御父母様の素晴らしさを堂々と
証ししていきたいと思うのです。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

皆さんは光! ロシア10月革命から100年、大学に革命を?! 《お母様CARPへのみ言》



20170312_07.jpg


今月の11日と12日に行われた
2017孝情CARP総会において
韓国のCARPメンバー(大学生たち)に語られた
真のお母様のみ言です。


会えて嬉しいです。

皆さんは摂理を知っていますか?
きょう皆さんに何を話そうか考えてみました。



ソ連(現・ロシア)は今の時点で強大国だと言えます。
しかし、過去にヨーロッパを中心とした産業革命が起こり、
またアメリカという国が登場した時、ロシアは後進国でした。

ロシアの最後の王朝となる初代の皇帝は、
産業革命の文明を受け入れるために、
一般市民の身分で教育を受けました。
最も低い位置で教育を受けて自分の国に持って来ました。
それがロシアを強大国へと導く出発点となりました。

しかし、キリスト教文化圏にあったロシアが、
その後において、「神は死んだ」という
共産党の主体国となりました。
今年はレーニンが(十月)革命を起こしてから、
100周年になるといいます。



しかし、お父様によってレーニンの銅像は
いつ撤去されましたか?

お父様はゴルバチョフを通した開放政策に
多大な協助をされました。

当時、英語が出来る3千名の学生たちを
アメリカに連れて来て教育しました。

「あなたたちが知っている共産主義をもってしてはいけない。
民主世界を見なさい。
自由と平和はあなたたちの考えを変えて、
真の愛を実践する生活をすれば、皆さんが願う世界が来る」
と教育し、ソ連に返したのです。

その子供たちが開放政策を押し進めるのに
大きな助けとなりました。
しかしまだ残滓が残っています。

天が望み、世界人類が望む願いは、人類一家族です。
この強大国である国々、ソ連もそうであるし、
中国もそうであるし、教育しなければなりません。
教える道しかありません。



宗教の道も同じです。
私たちが出会うべき場所は一点です。
神様に侍る場とならなければなりません。
創造主、神様!天の父母様です。

天の父母様が願うその願い、その夢と一致する人生を
生きるべき人類です。

しかし今日の世界は多くの壁があります。
第一に思想の壁、宗教の壁、人種の壁、国境線の壁!

これがすべて自己を中心とした欲心から成されています。
遠くが見られないのです。

神様が分からないのです。
神様が分かれば、すべて解決する問題なのに
それが分からないのです。



しかし皆さんは知っていますか?(はい!!)
知っている者として、どのように行動しなければなりませんか?

3千名を教育されたソ連の学生は
戦車部隊と闘って(国を)守りました。

私がなぜこのようなことを言うのか?
皆さんの責任が重要です。

神様に侍るこの国とならなければなりません。
神様の祝福を受けるこの国とならなければなりません。
いうなれば!この国が、国民全体が
真の父母に侍らなければならないということです。



真っ暗な夜に光を嫌がる人はいますか?
皆さんが光とならなければなりませんが、
光となった場に立ち、自分だけ、
周辺でうろついていていいのですか?
よくないですか?

皆さんが属した学校で、まず、「学校を変える」という考えで
一生懸命精誠を立てながら、努力してみてください。

ですからこの国だけでなく、アジア、世界に、
皆さんが光を放つ位置に立たなければなりません。



先ほど十月革命から100周年になると言いました。
2020年まであと3年残っています。

しかし統一教会の歴史を見れば、40年以内に
皆さんが国家の復帰!世界の復帰!
神様を中心とした一つの世界を創ることができますか?
(はい!)

それでは私と皆さんがその場に同参することのできる、
そのような契機となればよいです。(アーヂュ!)



20170312_06.jpg



神を否定する共産主義を中心とした国々が、
ロシア(ソ連)を始め、世界中に広がりました。
共産主義者たちが、『世界赤化』という名の下に
結束していったのです。

お母様は学生たちに熱い願いを訴えられました。
真の神様を中心として、結束すれば、
不可能だと思えることも可能になる時を迎えました。

だからこそ、もっと神様を求め、
一つになることを意識しながら、
歩んでいかなければならないのだと思います。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする