2023年01月28日

ご子女様と私たちへの愛の違いは何? 《真のお母様、感謝します*中村惣一郎先生》




201126.jpg


「真の愛」と口ではいいますが、
具体的にどのような愛なのでしょうか。

『心を打つ50の証し
真のお母様、感謝します』より、
中村惣一郎先生(777双)が
真のお母様の愛に触れた証しです。


真のお父様は、1965年1月28日、
第一次世界巡回路程の最初の訪問国として、
日本を訪ねてくださいました。

西川勝(崔奉春)先生(36双)から
お父様のお話を伺っていましたが、
当時はお父様とはお呼びせず、
「大先生」とお呼びしていました。

まだ一度もお会いしたことはなく、
お写真でもお顔を拝見することが
あまり多くはありませんでした。

イエス様の果たせなかった使命を成就されるために、
再臨主としておいでになったお方を
どのような心情でお迎えしたらよいのか、
戸惑っていたことを思い出します。

長年、真の父母様に侍り、子女様を
見守ってこられた申美植(シンミシク)先生(西川先生夫人)が、
深い心情でお父様をお迎えすることができるように、
私たちの心を整えてくださっていました。

このとき、真のお母様は韓国におられ、
お父様に同行された崔元福先生が
お母様からのメッセージを私たちに伝えてくださいました。

「愛という言葉の持つ
 限りない意味を込めて、
 あなた方を愛します」


というものでした。

まだ教会の基盤のない草創期、
お母様とお会いしたこともない、
お写真を拝見したこともない時代でした。
このみ言を通して心にしみるお母様の愛を感じました。

全国の食口たちも本当に慰めを受け、
勇気を与えられたと思います。


それから20年近く経った1983年夏、
お父様のお供をして、アメリカ・マサチューセッツ州の
プロビンスタウンでマグロ釣りをしたときのことです。

ある日、嵐が来るから早めにマリーナ(ボートの停泊所)に
戻るようにという連絡が入り、
私たちは午後5時位に着きました。

近くの出店を見ながら777双の兄弟と二人で
迎えの車を待っていました。

そこに普段着姿のお母様が来られました。
私たちがご挨拶すると、お母様は、
「お父様はまだですか?」と日本語でお尋ねになりました。

私たちは、「もうすぐ、
お帰りになると思います」とお答えしました。

お母様は、手に持っておられたドーナツを
ポッと割って、私たちに下さったのです。
それはあまりにも自然な行為でした。

とても不思議な感じがしました。
“これは何なのだろう?”と、
お母様を通して体験した感覚の世界を、
自分なりに尋ね求めてみました。

「このドーナツを食べなさい」と言われれば、
それに対して「ありがとうございます」
というような会話が普通であろうと思うのです。

しかし、そのときのお母様の印象は、
もっともっと近い感じだったのです。

私は、”そうだ!ご自身の子女である
興進様と私たちを同じように扱ってくださっている。
ご自分の子女様と他人の子女との差がないのだ”
ということに気づいたのです。

よく、「カインの子女を愛して、
それから、アべルの子女を愛する」と聞いていましたが、
お母様におかれては、その差がないのです。


【お父様がお母様について語られたみ言】

お母様は、真の母になり、
真の妻になり、真の娘になる、
その三つをすべてしなければなりません。
一つするのも大変ですが、
お母様はそれをすべて成し遂げました。

(天一国経典『天聖経』2・1・3・14)


(光言社・刊『真のお母様、感謝します』より)

私の心に響いた真の愛
中村 惣一郎(777双)
『真のお母様、感謝します』27
blessed lifeより


日本語を語られるお母様に
愛を感じます。

また、お母様がドーナツを渡されたお姿。。。
中村惣一郎先生は、「不思議な感じがしました」
そのように表現されています。

私たちがお母様に侍る心情と
お母様が私たちを愛する心情に
隔たりがあるのでしょう。

おそらく、中村先生は
そのとき初めて挨拶されたのですから
深い心情の因縁はなかったかもしれませんが、
お母様は子女様と全く同じように
接していかれました。

「真の愛は直短距離を通る」
そのように言われますが、
真の親の愛が、子女に向かう心情が
ドーナツを渡される姿になって
表れているのだと思います。

私がその場にいたとしても、もしかして
全く同じように対してくださるのではないか。
そのような真のお母様のご心情を
求めていきたいと思うのです。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月23日

神は見捨てたのか?! キリスト教に殉教が必要だったワケ 《神の沈黙と救い》




230123.png


野村健二先生の「神の沈黙と救い」
今回は、『イエスの十字架に対する神の沈黙』です。

イエスの十字架に対する神の沈黙

日本人にあまりなじみはないが、
キリスト教ほど不思議な宗教は類例がない。

外面的に見れば、イエス・キリスト
その人をはじめとして、初期に懸命に活動した
使徒その他の伝道指導者はほとんど惨めな最期を遂げている。

彼らは十字架で亡くなったイエスが
間もなく再臨すると信じ、その希望に燃えて
熱心に伝道したが、再臨もまたなかった。

外面的にだけ見ると、日本の切支丹弾圧の時と同様、
神はずっと沈黙し続け、伝道者たちの労に
報いようともしなかったかのように見える。

実際その後も、新しい国々にキリスト教を
伝えようとすると、往々迫害が起こり、
その際決まったようにいつも、神が沈黙し、
そのため屈辱的とも見える殉教が必要となった。

 
その原点はまず十字架上で始まる。

「エロイ・エロイ・ラマ・サバクタニ」

――これは、キリストが十字架上で
大声で叫ばれたとされる言葉で、
「わが神、わが神、どうしてわたしを
お見捨てになったのですか」という意味である(マルコ一五・34)

この言葉は「マルコ」と呼ばれる最も早い時期に
書かれたと思われる福音書に載っているものであること、
イエスが言いそうもないことを言ったとされていることなどから、
イエスが実際にそう叫ばれたという性格が非常に高いもの、
と聖書学者が評価しているものである。

 
『沈黙』にもこう述べられている。

  モキチやイチゾウが杭にしばられて、沈んでいった雨の海。
  小舟を追うガルペの黒い頭がやがて力尽きて
  小さな木片のように漂っていた海。

  その小舟から垂直に次々と簀巻(すまき)の体が
  落下していった海。

  海はかぎりなく広く哀しく拡がっていたが、
  その時も神は海の上でただ頑(かたくな)に黙りつづけていた。 

 「エロイ・エロイ・ラマ・サバクタニ」
  ……突然、この声が鉛色の海に記憶と一緒に
  司祭の胸を突きあげてきた。
  エロイ・エロイ・ラマ・サバクタニ。

  金曜日の六時、この声は遍く闇になった空に
  むかって十字架の上から響いたが、
  司祭はそれを長い間、あの人の祈りの言葉と考え、
  決して神の沈黙への恐怖から出たものだとは思ってはいなかった。



実際、イエスまでが本当に、十字架上で神に向かって、
「どうしてわたしをお見捨てになったのですか」
と叫ばれたのだとしたら、そこには一体
いかなる天の事情があったのか。

――この点に、今まで述べた無神論、
理神論の理解とは全く違った解釈の余地が
残されているのではあるまいか?

その点を、後で聖書を手がかりにして解明してみることにしよう。


なお、『沈黙』に書かれている
「あの人の祈りの言葉」というのは、
詩篇二二篇の「わが神、わが神、
なにゆえわたしを捨てられるのですか」
に始まる77行に及ぶ長い祈りのことである。

イエスはこの祈りをされたのだと
ある学者たちは見るのであるが、
十字架上の激痛の中で果たして
そのような悠長なことをされたのであろうか?


またイエスはこの言葉を「大声で」
「叫ばれた」とあり、詩篇のような
「捨てられるのですか」という訴えるような口調ではなく、
「お見捨てになったのですか」と過去形で
既成事実として、全く予期しないことが
起こったというような激しい調子でいわれているのである。

それは、いつも沈黙しておられる神が、
この時にもその沈黙を守っておられる
(ロドリゴが体験した神はこのようなものであった)
というのでさえなく、いつもは沈黙して
おられない神(イエスと霊的に一体であり、
一問一答しておられた神)が、
一番肝心な十字架の苦しみの絶頂で突如沈黙された。

これは先入観を入れずに見れば、
イエスとの霊的なきずなを切って、
捨ててしまわれたもののようにさえ見られるのである。

野村 健二・著
(光言社・刊『神の沈黙と救い』より)
第二章 神の沈黙を考える四つの立場
三 情神論

「神の沈黙と救い〜なぜ人間の苦悩を放置するのか」
(一部、編集部が加筆・修正)
blessed life


神様の『沈黙』に対して、
イエス様が語られた
「わが神、わが神・・・」という言葉。

これは、敢えて原語で聖書に残っているということは、
それだけ、重要なメッセージであり、
イエス様の悲痛な思いを弟子たちが残したかった、
ということではないかと思います。

そして、これは、神様を不信した思いでなく、
人類がこれから苦難の道に行くことを
嘆かれた言葉である、というのです。

どこまでも、神様を愛し、
人類の救いを求めた、
イエス様の思いから出た言葉であったのです。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月22日

迎春*長い耳、俊足のウサギのように、よく聞き、走り抜く年に 《大陸会長 新春メッセージ》




230122.jpg


今日は、旧正月、
家庭連合では天歴の1月1日、
天の父母様の日(真の神の日)としてお祝いします。

方相逸(バン サンイル)・大陸会長の新春メッセージ
「たくさん聞いて、たくさん走ろう!」
を紹介します。


1月4日、東京・渋谷の松濤本部で「天の父母様聖会 2023神日本大陸 始務式」が行われました。会長団、本部局長、元老食口などが集う中、天の父母様聖会の方相逸・神日本大陸会長がメッセージに立ち、2023年のスローガンと5つのポイントを示して参加者を激励しました。

うさぎのように人の話を聞き、走り抜く一年に

明けましておめでとうございます。

2023天一国指導者新年賀礼会(1月3日、韓国・天正宮博物館)で
真のお母様は、「ときめきと喜びと歓喜が満ちあふれた
癸卯(みずのと う)の年、黒いうさぎの年を
迎えました」と語られたうえで、

黒い色は全ての光を吸収することから、
「天の父母様(神様)を中心として、
全てのものを包み込み、抱くことのできる
統一の祝福家庭」となるよう激励してくださいました。

うさぎの特徴は、その大きな耳です。
私は、神様がうさぎの耳を通して、
人の話をたくさん聞いてあげることの大切さを
教えておられるように感じます。

それで、今年のスローガンを、
「たくさん聞いて、たくさん走ろう」としました。

尋訪プロジェクトをさらに推進し、
積極的に家庭を訪問して兄弟姉妹の話を聞いてあげましょう。

訪問の対象は、二世に限りません。
しばらく教会に来られていない祝福家庭や、
再復帰した伝道対象者たちも訪ねるのです。


うさぎは繁殖力がとても強いです。
生まれて4か月ほどで
子を産むことができるようになります。

妊娠期間は約1か月で、
1回の出産で4羽から8羽の子を産みます。

またうさぎは、体が小さくてすばしこいので、
キツネなどが捕まえようとしても簡単ではありません。

日本では、うさぎと亀の競争の話が有名でしょう。
話では亀が勝ちますが、現実にはありえません。
百パーセントうさぎが勝ちます。

亀のように勤勉に努力する教訓は
大切にしつつ、うさぎのように、
すばしこく走り抜けていきたいものです。

真の父母様のみ言と「原理」で伝道

では、本年を歩むうえでの5つのポイントを確認します。

第1は、伝道の10倍化です。

今年は、多産を象徴するうさぎの年ですから、
伝道の運勢が必ず到来します。

10倍化は、真のお母様がお電話を
下さったときに強調されたことです。

お母様は、私たちが信仰的に弱くなりそうな局面でも、
変わることなく、天の摂理を推進されています。
神様と真のお父様に喜びをお返しする
ことだけを考えておられるのです。


第2は、尋訪プロジェクトの推進です。
この取り組みを、教会の文化として
定着させていきましょう。

伝道10倍化にも大きな役割を果たすはずです。


第3は、神霊と真理で
草創期の精神に戻ることです。

まずは、『原理講論』を基に
原理学習を徹底していきましょう。

 
神霊について、私の経験を少しお話しします。
私は、韓国の最南部に位置する
木浦(モッポ)で3年間、牧会者をしました。

そこで、430家庭、777家庭の先輩家庭が、
草創期に受けた恩恵を何度も証してくれました。

木浦から中心都市の光州(クァンヂュ)までは約60キロあります。

「真の父母様が光州に来られる」と連絡が入ると、
先輩家庭たちは、バスや電車に乗らず、
100キロの道のりを「園の歌」を歌いながら歩いたそうです。

その1泊2日の間、真の父母様を慕い求めて歩く
食口たちに、天から霊的な恩恵が降り注がれ、
涙がとめどなく流れたといいます。

真の父母様からみ言を頂く前に、
すでに霊的に満たされて感動の涙を流す。
これが神霊の力です。
精誠の足りない所に神霊が降りることは絶対にありません。

霊的な働きかけといっても、
善霊と悪霊の両方があるでしょう。

悪霊は、私たちが人を恨んだり、
堕落性に根ざした行動をしたりするときに
近くにいるのです。

私たちは、天の前に精誠を尽くし、
他のために生きることで、
天の協助を受けるようにしなければなりません。

 
皆さんは、真のお父様が興南(フンナム)の収容所で
12人を伝道した話を聞いたことがあるでしょう。

お父様が直接、囚人たちに声をかけて
伝道されたのではありません。

霊界から「偉大なる先生、再臨のメシヤが
来ている」と教えられ、人々が導かれてきたのです。

伝道できないのは、祈りの精誠が足りないからです。
霊界を動かすことができていないのです。


家庭連合は、真の父母様のみ言と「原理」で勝負します。

40日間のみ言教育で食口たちの心霊は復興し、
全国で喜びの声が上がっています。
原理修練会の持つ力は、はっきりと示されました。

千葉の21日修練会に参加し、大きく転換された
という二世もたくさんいます。

長い人生において21日間は
わずかな期間ですが、
人生を左右する重大な転機になるのです。

日本のために必要とされる家庭連合に

第4は、私たちの宿命の道、
神氏族メシヤの道を勝利することです。

第5は、試練を必ず乗り越えるということです。

文部科学省が家庭連合に対して質問権を行使しましたが、
私たちができることは、質問に真摯に回答し、
教会に至らぬ点があるならば、
粛々と教会改革を進めることだけです。

方相逸・大陸会長の新春メッセージ
「たくさん聞いて、たくさん走ろう!」
天の父母様聖会 2023神日本大陸 始務式
(1.4松濤本部)
中和新聞より


真の父母様にお会いするために、
100キロの道のりを聖歌を歌いながら歩かれた証し
本当に素晴らしいですね。。

今日は天暦1月1日です。
皆様、新年おめでとうございます。

また、今日は天の父母様の日ですが、
かつて、こういう名節に
坡州元殿(パジュ ウォンジョン)の地から
真の父母様にお会いするために、
歩いて本部教会に行かれた
任吉宰教会長のことを思いだしました。

やはり、天の前に精誠を捧げることの
重要性を感じます。

こんな状況の時ではありますが、
癸卯(みずのと・う)の年にふさわしく、
伝道に邁進していきたいと思います。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする