2021年11月14日

未来の伴侶のために、若者たちの誓い 日本5地区&韓国会場リレー中継で大盛り上がり 《孝情祭2021》



2021.1106.jpg
方相逸・大陸会長夫妻から伝授された指輪を
代表家庭(4000万双・日露家庭)の父母が息子・娘に授ける


11月6日に開催された「孝情祭2021」
その様子を中和新聞より抜粋して紹介します。


孝情祭で未来の配偶者のために
純潔を誓う「聖決式」が行われる

2021年陽暦11月6日
松濤本部および全国

全国の青年・学生の孝情が爆発!

 11月6日、東京・渋谷の松濤本部をメイン会場とし、代表会場と中継で結びながら「孝情祭2021」(共催・未来人材局、家庭教育局)が盛大に開催されました。青年・学生圏をはじめ、祝福家庭全体がインターネットを通じて視聴。教会や家庭を含め、総視聴件数は約2万3000に上りました。孝情を分かち合い、真の父母様にお捧げする恩恵深い時間となりました。


 司会は未来人材局の佐野忠國・人材教育部長と北千葉教区八千代家庭教会の木下華奈・成和部長が務め、代表会場となった第1地区の千葉家庭教会(南千葉教区)、第2地区の札幌はなぞの総合研修センター(南・北北海道教区)、第3地区の名城家庭教会(北愛知教区)、第4地区の富田林家庭教会(東大阪教区)、第5地区の北九州家庭教会(北福岡教区)、韓国・鮮文大学と順に中継をつないで、各地の盛り上がったようすが伝えられました。


聖決式とは

未祝福の青年・学生が、
祝福を受けて三大祝福完成を成し遂げることを、
天の前に決意をする式です。

「聖決宣言文(*)」の唱和をし、
その決意の証しとして「聖決リング」が伝授されます。
参加可能年齢は中学生以上です。

もともとはHJ天宙天寶修錬苑において
“天の前に純潔を誓う”プログラムが行われていました。
2021年3月、その行事を真の父母様が主管される
「聖決式」という形で挙行されたのが始まりです。

一般的に、中学生、高校生は思春期を迎え、
悩みも多くなります。

そのような時期に、天の父母様の子女として、
“人生をかけて三大祝福を成し遂げる!”
という決意を固める必要があります。
その場が聖決式なのです。


*聖決宣言文

・未来の配偶者のために純潔を守り、
 個性完成の道を行きます。

・天地人真の父母様から祝福結婚を受け、
 家庭完成の道を行きます。

・天の父母様のもとの人類一家族の理想に同参し、
 主管性完成の道を行きます。





この他にも、「孝情リレー動画・ダンス演舞」
「孝情スピーチ」「神大阪孝情ダンス」「全国孝情クイズ選手権」
さらには、「南千葉教区の劇『恩愛』」など、
とても充実した式典でした。

3時間近く、とても長いものではありました。
個人的には仕事をしながら視聴させていただきましたが、
時間の長さを感じないようなものでした。
司会のお二人も、とてもお上手でした。。。

この「孝情祭」は以前、「中和文化祭」として、
中高生対象に行われていたものでしたが、
中高生と青年を合わせたイベントになり、
名称も「孝情」と名付けられたものになったそうです。

メインの聖決式は、親子で参加するようになっていましたが、
渡邊教会長のご家庭も参加されました。
長女の娘さんは小学3年生で対象ではなかったのですが、
教会長が促されたところ、娘さんも「参加したい」となり、
松戸家庭教会では最年少での参加となりました。

全体祈祷の場では、一生懸命お祈りしていて、
「相手の人はお父さんが決めてね」
と言っているそうです。

「鉄は熱いうちに打て」
純潔の重要性を、小さい頃から
そして親から伝えることが重要だと感じます。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 09:20 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月06日

ベーカリーカフェ オープン 朝食に革命、お母様が準備されたレシピ?! 《報告とみ言》



211106-2021.1012.jpg
試食される真のお母様


ちょっと羨ましい、オシャレで健康的な朝食。
真のお母様が準備された、5つのメニューがあるとか。

そして、このカフェを通して
「世界的な食文化の革命を起こすでしょう」と
興味深いみ言を語ってくださいました。

天寶大祝祭の勝利を祝賀し
ベーカリーカフェ「水仙」で試食会

天一国9年天暦9月7日(2021年陽暦10月12日)
韓国 HJマグノリア・モッチブ


真のお母様が3種類の朝食メニューと
デザートをご堪能

 10月12日午前8時、清平のHJマグノリア・モッチブ3階にあるベーカリーカフェ「水仙」に真のお母様をお迎えして、「2021天寶大祝祭勝利記念 ベーカリーカフェ水仙 試食会」が開催されました。試食会には、真のご家庭や神韓国の共同大陸会長、機関・企業体長、世界本部職員など約50人が集まりました。


お母様が手ずから準備してくださったレシピ

試食会は、趙成泰・世界本部総務処長の司会で行われました。初めに真のお母様に、カフェと世界本部の代表がそれぞれ花束を贈呈し、全体で敬礼をお捧げしました。

鄭元周・総裁秘書室長が代表報告祈祷を捧げた後、ベーカリーカフェ「水仙」のユ・グァンヒョン代表が経過報告に立ちました。報告の中では、お母様がカフェのレシピ一つ一つを手ずから準備してくださったことに対して、「夜、お休みにならずに精誠を尽くして準備してくださったご苦労に感謝し、善なる実績をお見せできるように最善を尽くします」と述べました。

8時47分から約15分間、お母様がみ言を語られました(下に要旨)。み言の後、李基誠・天心苑苑長の「勝利提議」で静かな朝食が始まり、「マグノリア・チリブラン」セット、「マグノリア・エッグブラン・サンドイッチ」セット、「マグノリア・ワンブラン・スープ」セットの3種類が試食されました。


211106-2021.1012 (2).jpg
試食会で出された朝食メニューの一つ


食事が一段落した10時からは和動会の時間となりました。真のご家庭を代表して文姸娥様と張智堣様が一緒に歌を歌われた後、嚴允炯・世界本部神統一韓国処長、房昇晩・世界本部宣教処長、趙萬雄・神韓国元老牧会者会会長、金鐘琯・世界平和統一家庭連合世界維持財団理事長が自慢の喉を披露しました。

この日、ちょうど誕生日を迎えた尹煐鎬・世界本部本部長に対して、お母様がこれまでの苦労に対するねぎらいの言葉を贈られ、尹煐鎬本部長は感謝の言葉と歌をお返ししました。

和動会後、テラス席に移動されたお母様は、参加者たちと共にくつろぎながら、デザートメニューを試食する時間を持たれました。最後にお母様に敬礼をお捧げし、試食会が終了しました。

(韓国国際部・武藤將巨)


真のお母様のみ言(要旨)
世界的な食文化の革命を


ここ(ベーカリーカフェ「水仙」)をオープンしましたが、
オープンして終わりではありません。

ここを通して、韓国の全ての国民、さらには
世界人類が訪れるときに必ず必要となる、
世界的な食文化の革命を起こすでしょう。

1980年代の中盤でしょうか、私はドイツで
数か月間、過ごしました。

近所にパン工場があったのですが、朝、そこで
パンを買えば、それが朝食のメニューになるのです。
ソーセージや卵を載せて食べた後、出勤します。

とても簡単に(済ませて)
朝の時間を過ごしているのを見ました。
それも悪くありませんでした。
真のお父様も喜ばれました。

韓国で朝食を準備するためには、主婦が少なくとも
(朝食の)2時間前に起きなければなりません。
朝にあまりにも多く時間を取られ、
負担が大きいのです。

ですから、栄養価があり、素早く、
健康的な食事を済ませて出勤し、
一日を始められる文化をつくろうという趣旨で、
ヨーロッパにいる当時、
お父様も(ドイツの朝食を)好まれました。



天一国時代に、私たちがすべきことは
たくさんあります。
今回の天寶大祝祭で、
私たちは希望を目にしましたね。

多くの天寶家庭を(新たに)輩出するに当たって、
本部はとても苦労しました。
特に今回、ハデベ預言者とウンダンガ大司教から
花束を受け取ったとき、
私は本当に天に感謝しました。



人類の願いも、天の父母様(神様)に
地上で侍って暮らしたいということです。

真のお父様が地上にいらっしゃるときに、
このような希望的な夢をかなえられていたなら、
どれほどよかったでしょうか。

しかし、幸いにも私が地上にいるので、私と共に
摂理の完成(に向かい)、
天の父母様に地上で侍るのです。

子女が二代、三代、四代と集まって
喜びと賛美を捧げ、毎日希望にあふれ、
発展する生活を見たいというのが、
天の父母様の願いでした。



今の科学文明は、バランスを失ったまま
発達してしまいました。
ですから問題が多いのです。これから、
祝福家庭が解決すべき多くの問題があります。

そこにおいてまず、中心がなければなりません。
中心です。
中心に天の父母様をお迎えしてこそ、
全てのことが正常に回っていくのです。

真の母と一つとなって、皆さんのみ旨に対する精誠と
忠誠が今後、天寶家庭を通して、天寶の花として、
世界の全ての国と大陸に大きく花開いたとき、
どのようになるでしょうか? 

私は10年後には90歳になり、そのさらに
10年後には100歳ですが、それまでいるでしょうか?

天の父母様の夢を、実体的に地上で真の父母が
成し遂げることのできる期限まで
あまりないことを考えると、
その日が来るのを早める皆さんとなることを、
私は願い、祝福します。



6000年に対する私の感想を話すには
時間があまりにも短いですが、
おなかがすいているので、このくらいにします。

先ほどの(朝食)メニューに
抜けていたものが2つあります。
全部で5つのメニューが
皆さんの健康を守ってくれるでしょう。

たくさん協助してください。

中和新聞より


写真で紹介した朝食メニュー。
お母様の作られたレシピなんですね。
見るだけでも、お母様のセンスを感じます。
本当に素晴らしいですね。

コロナ事態が終息して、
韓国にも行くことができるようになったら、
絶対に、お母様の朝食メニューを食べなければ!
と思ったのは、私だけではないでしょう。。。

お母様は、摂理の最前線に立っておられますが、
本当に細かいところに気を配っていらっしゃると感じます。

お父様もお母様も、それぞれの自叙伝に、
「ご飯は愛である」と記されています。
まさに、真の愛の心情、親の思いから、
すべてを成しておられるのだな、改めて思うのです。



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:43 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月03日

韓国から日本に来て23年、いまだに妻や娘に指摘されること 《方相逸大陸会長》



211103.jpg


昨日の続き。
北千葉に方相逸大陸会長夫妻が来てくださいました。

サモニムのあと、
大陸会長のみ言になりました。

冒頭、サモニムのみ言を受けて、語られたみ言は、
世界家庭に掲載されていたものと
ほとんど同じだったので、紹介したいと思います。


私は日本に来て、二十三年がたちました。
今、先に妻が話しましたが、私は毎日、
「(日本語の)発音がおかしい」とか「間違っている」とか
厳しく指摘を受けています。(笑い)

妻が教えてくれるのはありがたいのですが、
それだけでなく、家に帰ると、六番目の子女である高一の娘が、
「お父さん、まだ、発音がおかしいよ。
あいうえお、かきくけこ、って言ってみて」と言うのです。

これはもう、何年たっても、韓国人ですから、
日本語の発音を完璧にはできませんね。

皆さん、「顯進様」と「亨進様」と言ってみてください。
これは、日本の皆さんは、なかなか区別できませんよね。
この発音は、日本人に二十年、教えても難しいのです。

「私が、「頭、痛い」と言ったら、娘が、
「お父さん、今の違うよ。
『あだま』 じゃなくて、『あたま』だよ。
それは目玉の『だ』だよ」と言うのです。

韓国人にとっては、頭の「た」も、目玉の「だ」 も同じなのです。
ですから、皆さん、同じように使いますから、
ご理解のほど、 よろしくお願いします。(笑い)

8月25日千葉中央修練所
「第8期孝情天寶21日修練会」
方相逸大陸会長のメッセージ(冒頭部分)


ちなみに3男の顯進様は、「현진님」
7男の亨進様になると、「형진님」
日本語では同じ「ヒョン」ですが
ニウン(니운)とイウン(이웅)と大きな違いがあります。

ニウンは日本語の「ン」の発音とほぼ同じですが、
イウンは英語のngの発音に近いようです。
ところが、カタカナで書くと、どちらも
「ヒョンジンニム」となってしまいます。

また、大陸会長が娘さんに指摘された、
「あだま」と「あたま」。
日本語は濁音なのか、平音なのか大きな違いがありますが、
韓国語では大差ないようです。

日本語と韓国語は、文法も同じですし、
似通った熟語も多いです。
ただ、微妙に違うところがあって、
似ているだけにややこしいですね。

言葉一つとってみても、
これだけ違うことを思えば、
文化も伝統も、異なるところがたくさんあると思います。

韓国の牧会者のご苦労はいかばかりかと思います。
また、日本からお嫁に行っている方たちも、
さまざまなところでご苦労されているでしょう。

神様、父母様を愛する心情、
夫を妻を愛する心情なくしては、
乗り越えられないものだと思います。

この後の内容は、北千葉教区で語られた内容とは
違うのですが、
上記で紹介した21日修練会でのみ言の続きは、
また今後、紹介したいと思います。






211103 (2).jpg

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする