2021年09月12日

天寳に向け本気で頑張った人たちの証し、全て涙ながらにきいた真の母 《孝情証詞大祝祭》



210912-2021.0828.jpg
1日目に証しを発表した家庭による「ありがとう」の合唱


先月末に行われた孝情証詞大祝祭の
様子と真のお母様のみ言を紹介します。


2日間にわたって天寶家庭
孝情証詞大祝祭を開催
天一国9年天暦7月21、22日
(2021年陽暦8月28、29日)
韓国・孝情文和苑文和ホール

24家庭の証しを涙を流して
視聴されたお母様

8月28、29日、韓国の孝情文和苑文和ホールをメイン会場に、真のお母様が天正宮博物館3階小宴会室で視聴される中、「天の父母様聖会 天寶家庭孝情証詞大祝祭」が開催されました。メイン会場では天寶入籍家庭代表と教会指導者約50人が参加。韓国全土の代表家庭が双方向オンラインで、全世界の祝福家庭たちがピースリンクで視聴しました。初日は韓国と全世界から選抜された天寶入籍家庭代表24家庭が「43家庭実勢化活動の優秀事例」を発表し、その中から選ばれた6家庭が2日目に「最優秀事例」として発表しました。


■24家庭が発表、代表6家庭が選ばれる

1日目(28日)は午前9時30分から始まりました。式前公演と記念映像上映に続いて、尹煐鎬・世界本部本部長が歓迎の挨拶を述べ、司会の宋仁泳・世界本部教会成長処長夫妻が開会を宣言。その後、審査委員長として天正宮博物館から中継で参加する鄭元周・総裁秘書室長と会場の審査委員、計9人が紹介されました。

証し発表はAからEの5グループに分けて行われました。各グループ4、5家庭で構成され、AからDグループは韓国所属の家庭、Eグループは日本から3家庭、マレーシアとブラジルからそれぞれ1家庭が映像を通して証ししました。

全家庭の発表が終わると、尹煐鎬本部長と鄭元周室長が総評を述べました。鄭元周室長は、真のお母様が全ての家庭に関心を持ってごらんになり、各家庭の苦労を思いながら涙されたことを伝えました。

オンラインで、徳野英治・神日本天議苑苑長、天の父母様聖会の方相逸・神日本大陸会長、田中富広・神日本家庭連合会長が順に感想を述べた後、フィナーレとして、会場で発表した全家庭が壇上にそろい、「ありがとう(고맙소)」を合唱。尹煐鎬本部長が翌日証しする6家庭を発表し、趙萬雄・神韓国元老牧会者会会長が億万歳三唱を先導して1日目が終了しました。


■「平和ヌリ」連合礼拝を兼ねて開催

2日目(29日)は午前9時20分から、全世界の祝福家庭と平和愛員たちが参加する「平和ヌリ」連合礼拝を兼ねて行われ、最初に映像視聴と開会公演、尹煐鎬本部長の歓迎の辞がありました。

宋仁泳処長夫妻の司会で始まった第1部「孝情の証し」では、前日選ばれた6家庭(光州教区光山家庭教会カン・グァンミン、キム・ヨンス家庭/全北教区金堤家庭教会イ・ユニョン、パク・オッキョン家庭/蔚山教区蔚山家庭教会アン・ヒョユン、コ・スンヒ家庭/忠南教区天安家庭教会ユン・ヨンテ、ソン・ヨンスン家庭/京畿南部教区器興家庭教会キム・サヨル、ソ・スンヂャ家庭/慶北教区善山家庭教会ヤン・ギョンヒ、板倉みさお家庭)が順に発表しました。

尹煐鎬本部長に司会が替わって始まった第2部では、孝情祝賀公演として、この夏、韓国全土で行われた40日開拓伝道に勝利した鮮鶴・鮮文UPAの生徒31人が登壇しました。文信出様と生徒代表がお母様に感謝の言葉を伝え、全員で「ありがとう(고맙소)」を歌った後、文信興様と生徒代表が決意の言葉を述べて、全体で「Let's go」を力強く踊りました。

み言訓読の時間となり、まず鄭元周室長が「お母様はきょうも真のご家庭のお嫁様方と共に歓呼し、拍手し、涙を流して聞かれました」と伝えた後、昨年の天寶大祝祭(10月10日)におけるお母様のみ言を訓読しました。

お母様が12分間、み言(下に要旨)を語られた後、司会が「お母様が、発表した24家庭全てを同じく表彰するようにおっしゃった」と伝えました。最後に、金東宴・神韓国YSP会長と4人のYSP地区会長が億万歳三唱を力強く先導し、全体でお母様に敬拝をお捧げして全ての行事が終了しました。(韓国国際部・武藤將巨)



真のお母様のみ言

神統一韓国の成就は天寶家庭、
祝福家庭の手にかかっています


210912-2021.0829.jpg


きょう、皆さんがこれまでの苦労と努力の結実として
天寶家庭としての責任を果たし、
誇らしい天一国の一世家庭として出発されたことを
誇りに思います。

私が少女だった頃、「峠の我が家」という
美しい米国の歌曲が好きでした。
「心配や悩み事なく、雲のない空、ノロジカや
シカが遊び回る、そこに家を建てて暮らしたい」
という内容の歌です。 

天一国時代に、真の父母として地上の摂理において、
天の父母様(神様)に地上で侍りうる聖殿を
奉献してさしあげることのできるこのときにおいて、
天一国の誇らしい天寶家庭たちにより、
天寶家庭の数が拡大することによって、
真の父母の夢が成就するようになります。

独り娘・真のお母様の在世時に
神統一韓国を必ず成し遂げなければなりません。
それは皆さん、天寶家庭、
祝福家庭の手にかかっています。

天の父母様は愛です。
天の父母様の愛が共にある限り、
この民族は正しく立たなければならず、
神統一韓国にならなければならないでしょう。

そのようにつくっていく、皆さん全員が
勝利した天寶祝福家庭になるように、
もう一度祝願します。

私が天苑団地を通っていると、
日中にノロジカを見ました。
ノロジカやシカが遊び回る美しいエデンの園、
天苑団地であるということです。

皆さんが愛し精誠を込めて整えながら、
人類の故郷のような天の父母様の祖国、
天苑団地をたくさん愛してください。


2日間にわたって天寶家庭
孝情証詞大祝祭を開催
天一国9年天暦7月21、22日
(2021年陽暦8月28、29日)
韓国・孝情文和苑文和ホール
(中和新聞より)


ちょっと前の内容ですが、
松戸教会でも礼拝の時間に視聴しました。

個人的な感想ですが、二つのことを感じました。

70代、80代の大先輩が最前線で活動し、
お母様のために純粋に頑張っておられる。

文信出様をはじめとした、鮮鶴・鮮文UPAのメンバーたちが、
40日開拓伝道をして、100名以上受講決定をして、
40名以上がみ言を学んでいる(うろ覚えなので、間違ってたらすいません)。

2日間にわたって証しを聞かれたお母様。
やはり、お母様は、最前線にもっとも
ご関心があるのだ、と改めて感じました。

さらには、お孫様を中心とした、二世・三世たちも
40日開拓伝道をされた、というのは、
本当に素晴らしいことだと感じました。

今は、緊急事態宣言が発令中であり、
実際の活動はできない状況ではありますが、
前線に神様、真の父母様がともにおられる。。。
その思いを忘れずに、これからも
歩んでいきたいと思うのです。



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 07:02 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月29日

「私たちの最大の祝福!」 ハデべ預言者が、先祖解怨と天寳を証す 《聖和9周年記念大役事》



210829-2021.0821.jpg


8月21日、インターネット配信による
ライブの大役事が行われました。
(翌日も映像配信)

第2部では、久しぶりにジンバブエの
ウンダンガ大司教の姿を見ることができましたし、
ハデべ預言者とノエル・ジョーンズ司教の挨拶もありました。

中和新聞から抜粋して紹介します。



聖誕節までの6か月、「高地奪還」
を目指し前進することを誓う


「文鮮明天地人真の父母天宙聖和9周年記念
孝情天寶特別大役事」

尹煐鎬・世界本部本部長が歓迎の辞に立ち、
「真のお父様の天宙聖和9周年を記念する
6か月の行事が始まった」と前置きして、
天宙聖和9周年と天寶摂理50周年の意義を解説。

さらに、天宙聖和7周年にお父様に捧げられた
お母様の書信の一部を読み上げました。

そのうえで尹煐鎬本部長は、
「お母様は来年の聖和10周年を、
『お父様が亡くなられて地上の生涯を整理された日ではなく、
お父様の天城入城、安着、完成の日として、
私が栄光のもとに奉献しなければならない』と語られました。

神統一韓国安着の基盤を、お母様は
2022年までに必ず築かれるというのです。

それができてこそ、この摂理の祖国に天苑宮が、
天一国の中央庁が、天の父母様(神様)の本聖殿が
建立され、奉献されうるのです」と訴え、

「天宙聖和9周年において、お母様はこれまでのどんなときよりも
深刻な精誠を捧げていらっしゃいます。

今回の聖和節を出発として、来年の聖誕節のある2月までの
6か月間を、神統一韓国安着の基盤を造成するための
決断の期間と定められ、
背水の陣を敷いて最後の高地奪還のために
前進されるお母様です」と語りました。

続いて、オンラインで参加していた南アフリカ共和国
「黙示録教会(霊性啓示聖会)」のサミュエル・ハデベ預言者と、
ジンバブエ使徒キリスト教連合会会長の
ヨハネス・ウンダンガ大司教が紹介され、全体で拍手を送りました。


  ■ハデベ預言者が天寶の恵みを証す

次に、ハデベ預言者と、
米国「シティー・オブ・レフュージ教会」の
ノエル・ジョーンズ牧師が、映像を通して祝辞を述べました。

約200万の信徒と共に参加したハデべ預言者は、
天寶の恵みを証ししながら、以下のように語りました。


210829-2021.0821 (2).jpg


「お父様は、全ての祝福家庭が
 神氏族メシヤの使命を完成することを願われました。
 お母様も、天の宝である天寶家庭の
 驚くべき恩賜を私たちに下さいました。
 
 私たちが受けうる最大の祝福は天の宝、
 天寶家庭となることです。
 天は使命を果たした祝福家庭、
 天一国の民を天寶家庭として公認されます。

 アフリカでは、先祖を敬う伝統を重要視します。
 私たちは先祖が霊人体として生きており、
 先祖が築いた徳によって子孫は
 天運を受けるようになることを信じています。

 逆に、過去に無念なことがあった先祖は、
 その痛みから解放されて
 祝福を受けなければならないのです。

 きょうの祝祭を通して、私たちはお父様の業績を記念し、
 78億の人類を祝福しようとされる
 お母様を助ける子女となりましょう。

 世界平和宗教人連合のアフリカ議長として、
 特にお母様の息子として、
 私は天寶家庭となったことを無限なる栄光と考え、
 死生決断、全力投球しながら、
 全世界に希望の光を伝播します」


参考
背水の陣で前進を誓う孝情天寶特別大役事
統一運動情報(blessed life)


ハデベ預言者のメッセージ、とても素晴らしいですね。
一宗教団体トップの「来賓挨拶」ではなく、
「中心食口メッセージ」のようでした。

ハデベ預言者の教団にも教えがあるでしょうし、
彼自身も神様から受けた啓示などがあると思います。
なので、家庭連合におけるみ言の解釈と
厳密には異なる部分もあるかもしれません。

それでも、大役事に同参され、
先祖解怨、先祖祝福の歩みをして、
信徒たちを天寶家庭に導いておられるのは、
お母様に対して、心情が近いから、
まさに親子の心情を結んでおられるに違いないと思いました。

また、ジンバブエのウンダンガ大司教も
しばらくお目にかかれなかったのですが、
生死の境を行かれてい、ということでした。
お元気そうな姿を拝見でき、
ジンバブエも天の祝福が成されていくだろうと思います。

今回の大役事は、自宅でも視聴することができ、
多くの恩恵を受けた方たちも多いと思います。
天の祝福が霊的に開かれていることを確信するのです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:54 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月25日

「聖霊を冒涜する人には、赦しがない」?! *昨日の聖和9周年記念式、真の母のみ言



210825-2021.0824-0717 (2).PNG


昨日、聖和9周年記念式が開催されました。
そこで語られたお母様のみ言を紹介します。


愛する全世界祝福家庭、誇らしい天寳家庭のみなさま。

今日は、本当に喜ばしい一日です。
天一国が、光り輝く未来に向かって
出発する日でもあります。

創造主・神様は、天の父母様となられ、
勝利された真の父母と共に、地上において
子女たちと共に、実体的な地上天国を
なしていかれる夢があられました。

しかし、人間始祖の堕落により、
天の父母様の夢がなされることのない、
今日のような暗たんたる人類歴史が出発したのです。

全知全能であられる創造主は、始められましたので
終わりを得なければなりません。
失敗という用語は創造主にはありえません。

ですので、救援摂理を通じて人類を教育してきました。
その期間が、どれほど大変であったか、
6000年間かかったのです。


しかし、天の父母様はご自身の構想理想を
(真の)父母を探してこられましたが、
環境圏が供えられずに60年という歳月が流れました。

本当に言葉に言い表せない、長い暗たんたる
光の見えない、そのような摂理歴史でありました。

真の父母は、60年間段階的に
多くの宣布と過程を通して
ついに2013年、基元節を宣布しました。
天一国元年が始まったのです。

しかしその始まりを、ただ独り娘、
真のお母様のみが、なしました。

私は、天の父母様の夢を知っているがゆえに
7年間、言葉には表せない中で、必ずや天の父母様に
侍ることのできる環境圏を作る(ことに投入しました)
(その)ためには、7ヶ国はもちろん、7つの宗教団体
(が必要でした。)

そしてさらには人類が希望で再び立つことができる
その一日が近づいていることを知らせる役事、
大陸を復帰するプロセスを通して
天一国安着を宣布することとなりました。

ついに地上に、天の父母様が運行される
天一聖殿を奉献することのできる
環境を作り上げました。


天上に入場された真のお父様は、地上において
独り娘、真のお母様ともに、天の父母様に侍る
摂理歴史を進められます。
ここに真の父としての地上での責任があります。

マタイの福音書に「聖霊を冒涜する人には、赦しがない」
この聖句を考えなければなりません。

地上において真の父として、私的な関係、
非原理的な道を進む者たちを、整理しなければ
ならない、(それが)真の父の立場でもあります。
その内容を(共に)進めてまいります。

ですので、これからは、再堕落という
影もあってもならないというのです。


天の父母様に侍る勝利した真の父母と人類が
天の父母様に侍り、
そのように待ち焦がれてきた天の父母様の夢、
地上での実現、地上天国を作っていくには、
天一国の天寶家庭たちの責任が重要であります。

みなさんによって、二世三世圏が、
自然と天の父母様に侍ることができる環境圏で
愛と喜びと頌栄を捧げる、
まさに地上天国、美しい姿のみが残るのです。

そのような天の父母様の夢をなしてさしあげる
天寶家庭たちの責任があまりにも大きいというのです。


今まで人間の無知によって、
今日の地球環境圏が荒廃してきました。
新型コロナウイルスのパンデミックによって、
前が見えないのです。

どうして人類が夢見てきた平和世界に向かうのに、
このように多くの障害(があるのでしょうか。)
遅くなる前に一つ一つ整理していかなければならない
責任が、私たちにあるというのです。

本来、創造主は美しい夢(を描かれていました。)
原理でいう創造された本然の状態。
(その状態に)復帰してさしあげなければなりません。

永世をもって創造された万物であり、人間であります。
堕落していない万物世界は、
創造本然の数理のごとく動いています。
人間が破壊しなければ彼らは永存します。

しかし、人間ゆえに、特に最近世界各地で
地球の温暖化ゆえに、干ばつ、山火事がおこり、
集中豪雨によって多くの人命の被害が起こっています。


これらをただ単に眺めているだけではいけません。
天の父母様に侍る祝福家庭、皆さんが、
地上の真の父母と一つになって
解決していかなければなりません。

私たちの夢は、天の父母様に侍る78億人類が、
人類一家族、全員が天の父母様の愛を受ける子女、
創造本然の姿として暮らすこと(であり、)
そうできるように教育し導いていかなければなりません。

知っている人が先頭に立たなければなりませんね。
ですので、再び天の父母様に、苦しみ、悲しみを
抱かせるような親不孝者になってはいけません。

私たち全員が、天の父母様の夢を実現する
真なる天寶祝福家庭となって、真なる孝子孝女忠臣の
道理を果たす私たちとなるよう祝願し、光輝く
燦爛たる未来を創る私たちとなることを祝願します。



210825-2021.0824-0717.PNG

2021年8月24日
文鮮明天地人真の父母 天宙聖和9周年記念 天一国敬礼記念式
真のお母様のみ言

同時通訳をもとに編集しました
文責:ten1ko2


コロナの問題をはじめ、地球環境における
様々な問題の解決には、
『真の父母と一つになること』であることを
改めて協調された真のお母様でした。

さらには、そのためにも
天寶家庭になること、
これが天の願いであり、
とても重要であるということを
肝に銘じていかなければならないと思いました。

天寳というのを越えがたい壁のように
感じてしまって、何もしないのではなく、
あきらめずに、できることをしていく
精誠を捧げること、愛することが大切でしょう。

お母様を信じて一つになりさえすればいい。
時と条件が合いさえすれば、
結果を与えたい天と真の父母様であると思うのです。

昨日の第2部、孝情記念講演は、
創造、堕落、復帰の3幕。
そして、3幕目は、『ご聖誕と召命』
『勝利と栄光』『天宙聖和と未来世代』と3章に分かれ、
それぞれ、合唱を中心にミュージカル形式で行われた
素晴らしい演目でした。

合唱で参加していた婦人たちも
涙を流しながら歌っている人たちが多かったです。

私自身も、今この時に、真の父母様に侍って、
み旨を歩めることに対して、心からの感謝の思いを持ち、
最大限の精誠を捧げていきたいと
改めて決意させていただきました。




210825-2021.0824-0717 (3).PNG


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:51 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする