2017年12月17日

「神・韓国」家庭連合の出発! 「機会を失ってはいけません!」 《お母様のみ言》



171217 20171215.jpg


おととい、天正宮において、
韓国の責任者に語られた真のお母様のみ言です。



私が皆さんにお願いしたい言葉は、道が決まり、
目的地が決まったのですから、
機会を失ってはならないというのです。

今この時をおいて天が願われることは、
私と共にいらっしゃるというのです。

この国を天が探したてるまで多くのご苦労をされ、
この韓民族を見ても受難の歴史でした。
そのようなこの国を天は祝福なさいました。

真の父母が誕生され、真の父母によって新たな血統、
祝福家庭がたくさん誕生しました。
それなりに祝福家庭は努力をしてきました。
世界的に出て行って国家メシヤの責任を果たすために
多くの苦労をしました。

しかし、問題は、天が願われる環境圏を
つくって差し上げることはできませんでした。



今日のキリスト教が行く道は塞がってしまいました。
崖先に立っています。

彼らにとって救世主は独り娘、私なのです。
長い間天を信じ、精誠を捧げ従ってきた純粋で純潔な
指導者は、すぐに私(が誰であるか)に気付きます。

ですから、結論は、天の前に面目を立てる
この国となるべきであり、世界の前に
神様の祖国であるという名を受けたこの国が、中心に
立つためには責任を果たさなければなりません。
世界の前に見せることができなくてはなりません。



そのような点で、現在の体制ではいけないというのです。
ですから、私が(韓国)協会の構造を
調整しようと思います。

韓国協会ではありません。
神韓国家庭連合です。
新しい「新」ではありません。
神様に、天の父母様に侍る家庭連合です。

神様の祖国を探したてるためには、
変わらなければなりません。



それで、韓国、この国を大陸として見て、
五つの地区に分けようと思います。
その地区は国家の資格です。
韓国という大陸の中において国家になるのです。

ですから、私が旧(韓国)協会本部は孝情天苑の中に
入って来なさいと言いましたね。
皆さんが入ってくる場所を
私がすべて準備しておきました。

そして、地区が一国の概念であるため、
教会と全ての摂理機関が復活しなければなりません。

そして、現在の摂理機関長たちは、
この天苑団地家庭連合本部にみな入るようにします。
全ての機関がそのように統合し、5つの地区で
どこがより国家の復帰に向けて
高地を奪還できるかを私が見るでしょう。

これからは横に目をそらしてはいけません。
直進です!
目標に向かって最短距離で
突き進んで行かなければなりません。
分かりましたか。


神韓国のための天地人真の父母様主管
天一国指導者特別集会
天一国5年天暦10月28日(陽12.15)
天正宮博物館


以下、Peace TVのコメント文です。


天地人真の父母様の摂理の経綸が孝情天苑を中心として展開されている今日。
このような基盤の上で、真の父母様は、天一国6年を準備されながら、
ビジョン2020を勝利することができる神韓国・家庭連合を作るために、
天一国指導者特別集会を主管してくださいました。

韓国教会の発展のために苦労している公職者約600名が参加する中、
鄭元周(チョンウォンジュ)総裁秘書室長は、真の父母様のみ言を訓読し、
この日の集会の意味と歓迎の挨拶を伝えました。

その後、趙誠一(チョウ ソンイル)対外協力室長による真の父母様の位相と絶対信仰、
そして統一家の和合のための特別報告の時間が続き、
尹^鎬(ユン・ヨンホ)事務総長は、
最近、真の父母様が先頭で導いておられる世界摂理の動向を共有しました。

すべての報告が終わった後、ご登壇された真の父母様は、
今後、神韓国・家庭連合が進むべきビジョンを提示してくださいながら、
組織を再編成し、新たに出発することができるみ言をくださいました。



韓国も「神・韓国」と祝福してくださったお母様。
その出発として、組織を編成してくださるとのことです。
また、何よりも韓国本部を清平にして、
摂理機関も含めて、清平を中心にしていく。。。
そのような中で再出発していきます。

清平は、霊的に天宙の中心地ですので、
より霊界の協助も大きく導いていくと思います。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 12:58 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

「伝道が基本です!!」 老将たちを激励!! 《真のお母様のみ言 12.1》



図1.png


真のお母様が、韓国の大先輩たちを招き
語られたみ言です。


私が五年前から話してきました。
「私たち韓国教会は、
神霊と真理で再び出発しよう!」と。
草創期に帰らなければなりません。

いまや、父母様が環境圏を
全て作って下さったのですから、
各自が責任を果たさなければなりません。

老将が生きているというのですが、
(第)一線で火をつけてみますか?
精誠が必要です。

民がいないのに国の王はあり得ず、
主権もあり得ません。

基本です。
基本!
伝道が!

時はいつでも来るものではありません。
皆さんを待ってはくれません。
新たな時代、新たな歴史が作られつつあります。

この天苑団地が天一国の首都でしょう。
昔、ローマ時代に多くの国々がローマを慕いました。
ローマの市民権を得ようと努力しました。

全世界人類がこの天一国の首都に、
この国に住みたいと思うのは間違いありません。

神様の夢とは何ですか?
「人類一家族」でしょう。

家庭完成なくして天国には行けません。
家庭連合は「真の父母教」です。

父母に侍る家庭、その家庭が集まった場所。
それが教会であり、国であり、世界です。
それが人類一家族です!


元老牧会者・天一国特別世界巡回師招請午餐会
12.1



この時、お母様はとても厳しい
み言を語られたと聞いています。

日本は1万名大会を中心に頑張っているけれど、
韓国はどうなっているのか、
そんな感じで、伝道のことを強調されていたそうです。

日本は頑張っている、と聞いて、
私の本心は、どうでしょうか。
足りないし、悔い改める思いのほうが
先立つのではないでしょうか。

天運のある時ですので、
お母様と心情を一つにして、
ただ動きさえするならば、
導かれていくに違いありません。

今、最前線で歩めることがどれほど貴いのか、
そのことを何度も何度も
肝に銘じていきたいと思うのです。。。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)
posted by ten1ko2 at 11:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

天国はどうして作られるのか? ──私が作ります!! 《裏話・続編》



171210 2016.jpg


先回の大会裏話に続いて、
天国実現に関して、
地区長はわかりやすく解説してくださいました。


天国はどうしたら作ることができますか?
アベルにしたがっていくだけで出来るでしょうか。
そして、天国は神様が作ってくださると思いますか?

私が思うに、天国というのは、上から作られるのでなく、
下から作っていくものだと思います。
神様も高等なものから下等なものを作ったのでなく、
下等なものから創造されましたよね。

お父様も「統一は心と体が一つになるところから始まる」
そのように語られています。
すなわち、天国は、私が作り上げていくものだと思います。

神様が天国を作ったとして、私自身が天国人になっていなければ、
天国生活を味わうことができません。
ですから、天国は私から、私の家庭から出発するのです。


天国はどうしてつくられるのか。

実はその答えは、今年の基元節4周年に行われた
ミュージカル「孝情の夢」にあるんです。
お母様が監修されたミュージカルです。

最初の場面で、お父様が聖和された時の遺言
「すべて成し遂げた」
三度語られているのですが、この場面が出てきます。

しかし演じている人たちが
「一体何が変わったのか?」
みんな疑問に思っているんです。

その時、ヒロインが話します。
「天正宮に答えがあります」

『天正宮』の文字を見てみると。。。

天は、二と人を合わせた字です。
正は一に止まると書きます。
そして、宮ですね。
すなわち、二つ(二人)が一つになり、
止まる宮、ということです。


二人が一つになるところ、それが天国です。
アダムとエバは一つになることができませんでした。

そして、お父様とお母様が『真の父母』として、
一つになりました。
天正宮で一つになったのです。

二人が一つになるところからすべてが生まれてきます。
だからお父様は「すべてを成し遂げた」と言われたのです。


実際、二人が一つになることは簡単ではありません。
真のお父様の命をサタンが狙っていきました。
しかし、天から守られ、生き延びてこられました。

さらには、サタンは、真の子女様を使ってまで、
二人を分裂させようとしていきました。

お二人はそれを見事に乗り越えられ、
真の御父母として勝利されました。
このことは、歴史的大偉業なのではないでしょうか。

真の御父母様が勝利されて、すべてを成し遂げました。
もう勝利された時を迎えているのです。
すなわち、天国の中にいるのです。
それを感じられないのは、私たちが問題なのではないでしょうか。

現実の問題を抱え、そのことに対して、感謝できない私たちです。
しかし、今は、本当に貴い時代を迎えているのです。
ですから、一つになって取り組んでいけば解決できるのです。



私たちは「統一教会」に属している者ではなく、
「家庭連合」の会員なんだ。。。
その自覚と具体的な生活実践が何よりも大事なのだと思います。

御父母様がサタンを完全屈服して勝利されたというのは、
どれほど偉大なことかしれません。
私たちがもしサタンと戦ったなら、
命が一つでは足りないくらいに
簡単に吹き飛んでしまうような立場です。

ですから、真の父母様の勝利によって、
私たちも神様の前に帰ることができるし、
真の家庭を築く道を与えられているのです。

そのことを心から感謝しつつ、
具体的な取り組みを成していきたいと思うのです。






にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 08:51 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする