2020年03月31日

反牧による親子断絶! 20年ぶりの里帰りで待っていたのは 《自己牧会プログラム》



200331.jpg


自己牧会プログラムの証し。
今回は、「20年ぶりの親孝行」です。


韓日祝福を受けて韓国に嫁ぎ、
韓国生活は20年になります。

私の両親は反対牧師(家庭連合会員への棄教のための
拉致・監禁に関わり脱会を強要するキリスト教牧師)

つながって激しく反対していたため、
この20年の間、
連絡することも会うこともできずにいました。

2014年に初めて家族で実家(石川県)に行った時、
結局会ってもらえなかったというつらい過去があり、
それ以来、実家の家族と向き合うことが
とても難しくなっていました。

 
しかし「自己牧会プログラム」に出合い、
「良心と対話する」ワークを実践するようになると、
私の良心が「会ってもらえなくても、
会いに行かなければならない」と
叫び続けているのが分かってきたのです。

そして、「今まで親孝行をしてあげられなくて
申し訳なかった」と心から思えるようになり、
親の苦しみも以前より深く感じられて、
もう一度会いに行ってみようという気持ちが強まってきました。


2019年2月末、心を奮い立たせて、
娘と一緒に帰省しました。

教会に入教して以来、初めて実家の敷居をまたぎ、
母と会うことができました。
母は私と娘に「よく来たね」と言ってくれました。

しかし、なぜか父の姿が見えません。
聞けば、父はその3年前に自殺していたのです。

2014年に私が会いに行った時に、
私を追い返してしまったことに対する後悔が、
父の心を痛めていたようです。

私はショックで泣きながら母を抱き締めました。
そして、「こんなに遅くなってしまってごめんなさい。
これからは親孝行できるように頑張るから」
と謝りました。


自己牧会プログラムを通して心が勇気づけられ、
親に会いに行くという一歩を
踏み出すことができました。

本当に天一国時代が来たのだなと実感しています。

(在韓日本婦人 50代)


とてもショッキングな証しでした。。。

もし自己牧会プログラムを受けていなければ、
実家に帰ることもなかったでしょうし、
衝撃な事実を聞いたとしても、
とても受け止めることができなかったのではないか、
そのように思います。

私の良心ほど、心強いものはないですね。
良心を強める努力をしていきたいです。

そして、証しをされた方が、
お母さんとの関係を回復していけるように、
心からお祈りいたします。




にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:36 | Comment(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

2016年最後に、拉致監禁事件が勃発!! 祈りの協助を!!



20160801_11.jpg


拉致監禁事件が勃発してしまいました。。。

実は、今年一度も起きていなかったので、
そのことを書こうと思っていたのですが、
最近、カープ所属の男子学生が拉致監禁された可能性があるそうです。



新潟大学CARPに所属する男子学生Aさん(22歳)が
拉致監禁された可能性が濃厚です。

Aさんは、新潟大学経済学部(夜間コース)の3年生で、
12月13日の夕刻に大学の授業に出席して後、
忽然と姿を消し行方不明になりました。
それ以来、携帯電話も全くつながず、自宅アパートも不在のままです。

Aさんは3年前にCARPで学んでいることをご両親に証し、
その後家族から反対されながらも誠実に話し合ってきていました。

突然の失踪に心配した新潟CARPの友人が、
12月21日に兵庫県のAさんの実家を訪問しました。
ちょうど帰宅したAさんの母親に失踪したAさんの事情を説明し、
Aさんの消息を尋ねたところ、
母親は「息子はたぶん友人のところにでもいると思う。
心配はいらない。」などと言って、
子供の失踪を心配する様子は全く見えませんでした。

Aさんが自分の意志で連絡を絶って
1週間以上も大学の授業を休んで失踪することは考えられないこと、
またAさんの母親の言動等から、Aさんは携帯を取り上げられ、
自宅以外の場所で監禁されている可能性が極めて高いと思われます。

過去の拉致監禁事件の事例としては、
統一教会信者が正月などに実家に帰宅した際に拉致し、
自宅ではないマンション等に監禁して
強制脱会を行うパターンがほとんどですが、
今回の場合、Aさんは新潟大学の授業に出席したきり
失踪していることからAさんの状況が一層懸念されます。

Aさんが1日も早く解放されることを願います。



1週間も連絡が取れないのに
「友達のところに行っていると思う」
そんなことを言う親は普通いません。
向こうから連絡が来ないことをみても、
おそらく、「軟禁」ではないでしょう。

また、胸の痛む事件が起きてしまいました。。。
Aさんの状況を思うと、本当に苦しい立場であると感じざるを得ません。
そして、フラッシュバックのように、
自分が体験した状況を思わされます。

本部の拉致監禁問題の担当者、澤田部長に連絡をすると、
「50年ぶりにゼロになると思っていたんですけど。。。」
何とも無念な様子でした。

日本家庭連合(統一教会)の歴史は57年ですから、
そのほとんどが拉致監禁の歴史だといっても過言ではありません。

このような時代になっても、
いまだに、拉致監禁を辞めようとしない反対派たち。。。

今は、彼の解放を祈るばかりです。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)




posted by ten1ko2 at 08:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

2016年、年初に思うのは、伝道と拉致監禁撲滅!! ……今年の初夢?! 



12439517_1021366634591151_5591213054520584165_n.jpg


新年。皆さんは、一年の計画や目標を立てたり、
家族で団欒したり、有意義な時間をもたれたでしょうか。

初夢は見られましたか?


私たちの家庭は、年末年始、妻の実家に帰省してきました。

今回、二つの恩恵がありました。
一つは、家庭礼拝。
この内容は、別の機会にお伝えしたいと思います。

もう一つは、昔、お世話になった方たち等との交流会です。
私は、学生で導かれましたが、
学生部で大変お世話になった先輩と、大学生の娘さん。
また、献身する時にお世話になった先輩。
そして、SNSを通して出会った成和学生部長さん。
家内も含めて6人で交流しました。

十数年ぶりに会った人もいて、とても懐かしかったのですが、
つい盛り上がってしまう過去の話は、控えめにして、
最近の伝道の話や、青年の教育の話に花が咲きました。
こういう授受も貴重だし、
これからも大事にしていきたいと思います。


交流会が終わってから、
献身した時のことを振り返ってみました。

実は、私より数か月前に献身したのが、
あの有名な後藤徹さんです。
すなわち、献身トレーニングでともに歩んだ仲です。

そして、私は、献身したその月に
最初の拉致監禁に遭ってしまいました。
1989年のことだったと思います。
当時は本当に拉致監禁が多かったのです。


今は、ほとんどないと言っても
拉致監禁が皆無になったわけではありません。

昨年、拉致された方は脱会してしまったそうです。
そして、2年前に拉致された八王子家庭教会の
石橋正人さんは、いまだに解放されていません。

自分が拉致されていた時のことを思うと、
毎日が苦痛の中でしたし、
いつ解放されるかわからない状況下でしたので、
不安と恐怖が折り重なっていました。

ですから、多くの方がトラウマを受けて、
PTSDなどの症状が出ることも、悲しい現実です。


そんなことを考えていたら、
霊の親(紹介者)が夢に出てきました。
本当に久しぶりのことですが、
彼は、拉致監禁により、教会を離れました。
今は、音信不通、どこにいるのか、何をしているのか、
まったくわからない状況です。

霊の親と同じように多くの人たちが
拉致監禁によって、教会を去っていきました。
また、それだけでなく、心の傷を負ったり、
家族の関係が悪くなってしまった方も多くおられます。
拉致監禁に携わった人たちは、
このことをどう受け止めているのでしょうか。。。

このブログの出発の原点は
拉致監禁撲滅です。
拉致監禁の件数が減ったとしても
後藤徹さんの最高裁勝訴は確定されたといっても
今なお、拉致監禁を受けている兄弟がいるのです。
そのことを重く受け止めつつ、
これからも発信していきたいと思っています。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする