2015年10月02日

最高裁勝訴!! ☆後藤徹さん、独占インタビュー?!☆ 完全勝利、おめでとうございます



aba1dd9afd994bc383f5259806be7bb4.jpg


後藤裁判を
応援して下さった皆様に
心から感謝申し上げます。




後藤徹さん、おめでとうございます。

最後はあっけない幕切れ、
最高裁は、上告の棄却という形で終わり、
長い闘争が終結しました。。。

後藤さんにとって、拉致監禁を含めると
約20年の闘いが終わったわけですが、
私自身にとっても、一つのケジメだと思っています。
(理由はのちほど記述します)

それで、彼に連絡してみました。
インタビュー形式でそのやり取りをお伝えします。


── まずは、勝訴おめでとうございます。
上告棄却の知らせは、いつ、どのような形で知りましたか?

 10月1日の朝、代理人の福本弁護士からの電話で知りました。
 福本弁護士が、開口一番「棄却されました」と。
 最高裁の場合は、ほとんど法廷が開かれず、
 代理人弁護士のところに最高裁から上告棄却の通知書面が来て終わりです。
 その書面も「主文」等の内容部分はA4用紙1枚の半分程度の極めて短い文章です。



── その時の率直な感想をお聞かせください。

 「あ〜、ようやく終わったか」とホッとしましたね。
 最高裁の場合は、99%は上告棄却になりますし、
 勝訴判決に最高裁で取りざたされるような部分は
 皆無であると自信がありましたので、
 まあ棄却にはなると思っていましたが、
 やはり結果が出るまではやきもきしました。



── ゆっくり休んでください、と言いたいところですが、
裁判を終えて、全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会の代表として、
これからどのように活動していくのか、
何か決まっていることとか、
後藤さんが考えていることがあれば、お聞かせください。

 まずは、去年の1月以来、未だ監禁されていると思われる
 石橋正人さんの解放です。
 彼を早く解放しなければなりません。
 それから、拉致監禁の撲滅に向けて確定した勝訴判決の内容を
 多くの人に知らせることが重要と思っています。



── 12年5ヶ月の拉致監禁と7年半にわたる裁判闘争。
20年にわたる長期の戦いでしたね。。。
過去のトラウマとか、何か、日常生活において、支障になることなどありますか?

 そうですね、確かに長かったですね。
 この期間、失ったものも多かったですが、
 一方で得たものもありました。
 過去のトラウマは、多少はありますが、
 日常生活に支障をきたすほどではありません。



── 支えて来られた奥さんもほっとされたことでしょう。
判決が決まって、ご家庭でお祝いとか、くつろぎのひと時をもたれましたか?
あるいはこれから、後藤家でしようと計画していることがあれば、
差し障りなければ教えてください。

 妻には本当に苦労をかけましたし、支えられました。
 裁判においては私の有能な専属秘書でしたから。感謝しています。
 お祝いは特に考えていませんが、苦労をかけてきた妻を労う時間を持ちたいですね。



── 個人的には、本音を言わせてもらうと、
家庭連合(旧・統一教会)全体、また食口たちが、拉致監禁に対して、
関心が薄くなってきている気がしています。
今回、後藤さんの裁判も終わり、
さらにその意識が低くなるような気がするのですが、
その点に関してはいかがですか?

 それはあるかもしれませんが、問題はこちら側がきちんと
 信徒の皆さんに情報発信できるか否かだと思っています。
 誰しも日々の生活で忙しいですから、
 継続的に意識し続けることは簡単ではないと考えています。



── 最後に皆さんに何かあれば。。。

 後藤裁判を応援して下さった皆様に心から感謝申し上げます。
 拉致監禁・強制棄教の撲滅に向け、
 今後とも皆様のご関心とご協力をよろしくお願いいたします。



── 本当にお疲れ様でした。



実は、このブログは後藤さんを支援するために始めたものです。
彼とは、学生部が同期であり、
(私の方が年下ですが、教会に導かれたのは、私の方が早い)
そして、同じく拉致監禁経験者です。

彼が戻ってきて、仲間たちとともに拉致監禁撲滅のため
活動している姿を見ながら、
「自分は何をしているのだろう、拉致監禁経験者であることを
人にも証しすることができずにいる・・・
彼のためにも何かできないことはないだろうか。。。」
そんなことを思って始めたのがこのブログなのです。

ですから、最初のころは私自身が拉致監禁を経験した
その証し、体験談を掲載していました。
それが、日を追うごとに、教会のこと、伝道に関すること、
そのように発展していったのです。

彼の勝利は、本当に素晴らしいと誇らしく思いますし、
私にとっても、嬉しく感謝する思いでいっぱいです。
今後も、後藤さんの最高のサポーターでありたいし、
同志でありたい、と思っています。


今日トップにあげた、後藤さんのご父母様との記念写真を見ながら思いました。
この時、たった一人の孤独な立場で、12年5ヵ月を勝ち抜いたことを
真の父母が祝福されました。

その後、順風満帆ではありませんでしたが、
見事裁判をやり遂げ勝利したのは
家庭の基盤をもって成したとことです。
真の父母様が、今の奥さんとの祝福をしてくださいました。
ですから、ご父母様の強い後押しがあったからこその
勝利であると確信します。

これからのことを考えた時に、
実の親族を訴えざるを得なかった後藤さんですが、
氏族メシヤとして堂々と
勝利していく、それしか私たちの道はないでしょう。

後藤さんが言われたように、
拉致監禁についても、発信する立場がより大事であると思います。
後藤さんが変わらず歩んでいく背後に、彼を支える家庭があり、
常に神様と父母様が守ってくださっています。
そして、正義と真の愛を動機としていく限り、
多くの人が関心をもち、引き寄せられてくるでしょう。

また、もちろんいつも忘れてはいけないことは、
後藤裁判もそうでしたが、拉致監禁撲滅のための運動は、
教会内外の人たちに、大きく支えられていることです。
特に、教会員ではない方々が、それ以上に支えてくださっていることは
本当にありがたいことです。

後藤さんの裁判は終わりましたが、彼の言うように、
愛する兄弟たちが、今も拉致監禁されています。

完全撲滅に向けて、私もこれからも意識を持ちつつ、
情報を最大限、発信してまいります。
皆様、今後ともよろしくお願いいたします。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月17日

拉致監禁からの解放!! 二ヵ月の拘束を経て、東京の青年 《統一教会員に対する拉致監禁・強制棄教》



SwitzerlandMay2011.jpg


『全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会』のHPに
以下のような記事がありました。


杉並教会の教会員A・Tさん(32歳、男性)が、
今年の1月1日、神奈川県秦野市の実家に帰省したきり、失踪しました。

この兄弟は今年の1月に家庭修に参加し、
2月には家庭出発する予定だったそうで、
まさに家庭をもつ直前に失踪したのです。

婚約者さんはじめ、関係者が無事の生還を祈る中、
失踪して2ヶ月経った3月7日に無事に教会に生還したのです!

A・Tさんは、実家から所沢市内のマンションに移動するときに
見知らぬ男2名を含めた7名で囲まれ、
両腕を掴まれて、携帯電話を取りに行く
余裕さえなかったというのですから、
本人の意思に反して「拉致」されたことが分かります。
また、マンションでの2ヶ月間、
脱会説得者(反対牧師)は
姿を見せなかったそうですが、
お父さんが誰かに電話で報告していたことから、
第三者の存在を見て取れます。

おそらく眠れぬほど心配していた婚約者さんも、
ひとまずほっとされたことでしょう。
A・Tさんに近い方々は、是非ご本人の心のケアーと
ご家族との関係回復に気を配って頂きたいです。


ご存知の方も多いと思いますが、
昨年2014年の正月に千葉県の実家に帰省したきり失踪した兄弟が、
いまだに全く連絡が取れない状況です。
その兄弟とは、八王子教会に所属していた
石橋正人(いしばし まさと)さん(27歳)です。

2014年3月5日、『全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会』は、
石橋さんの失踪事件について、人権NGO「国境なき人権」が
ニューズレターで配信した記事を掲載しています。
http://kidnapping.jp/news/20140305.html

この記事によると、来日した「国境なき人権」の代表団
(ウイリー・フォートレ代表他数名)が、
石橋さんの件で2014年2月18日に所轄の千葉県警の警察官と面会し、
警察に対して石橋さんが監禁されていると思われる場所を
訪問して両親と会うか、少なくとも事情聴取のために
彼らを呼び出すべきであると要請したそうですが、
警察は代表団が東京にいる間に
彼を助けるためにいかなる行動をとることも拒否したそうです。

また、2014年7月31日付のサイト
「統一教会 拉致監禁 人権侵害 宗教の自由 英語記事の日本語訳」を見ると、
石橋さんの捜索の件で、教会関係者と
かなり激しい突っ込んだやり取りがあったようです。
http://humanrightslink.seesaa.net/article/402272459.html

さて、拉致監禁されると、半年以内には脱会届等、
本人からの書簡が届くことがほとんどですが(偽装脱会の場合も含め)、
石橋さんの場合、失踪から1年2ヶ月経過しても、未だ何の書簡も届いておらず、
何の連絡もなく、実家にも両親共に戻っていないとすると、
石橋さんは今もどこかで監禁されており、
家族や脱会説得者と緊張状態にある可能性が大きいと言えます。

今回、生還した兄弟も
「婚約者や他の教会員が、自分の安全ため祈ってくれていることが感じられ、
それが大きな力となった」
と証言しているそうです。

1年2ヶ月にも亘って、違法行為に晒されながら
孤独な闘いを強いられているであろう石橋正人さんが、
何とか信仰を全うし監禁から解放され無事生還できるよう、
私たちも意識を向けて祈りの協助をしていきたいと思います。

ご協力をお願いいたします。


また、後藤徹さんの最高裁の件ですが、
最高裁の場合、一般的に上告を受理して口頭弁論が行われ
判決が変わる可能性は極めて低く(1〜2%)、
ほとんど「上告棄却」すなわち門前払いになり
裁判が確定するということです。

早ければ、4月末頃に結果が出るということですが、
こちらも、裁判が確定するまで、
引き続き祈りを捧げていきたいと思います。

皆様の協助を宜しくお願いいたします。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月11日

後藤裁判、被告側上告するも、1%の確率?! 勝利へのカウントダウンが始まっている!



europe_0545 - コピー.jpg


12年5ヶ月にもわたって拉致監禁を受けた後藤徹さん。
その裁判においては、
先日も紹介したとおり、控訴審判決が下され、
ほぼ、原告側の勝訴に終わりました。

その後の状況に関して、
「拉致監禁by宮村の裁判記録」において、
記述がありました。


すなわち、被告側が最高裁に上告したそうです。

「1%の可能性にかける」という表題にあるように
被告側が最高裁で逆転することは、
ほぼ厳しい状況であるということです。

最高裁では、高裁の審議を白紙に戻して判決するのではなく、
誤りがあれば別ですが、
高裁での判決は、原則的に「事実」として
認定されるのだということです。

私は、地裁、高裁と同じ手順でまた最高裁の審議が
行われると思ったのですが、違うようです。

「拉致監禁by宮村の裁判記録」で、1%というのは、
最高裁の土俵に乗れるかどうかの確率でもあるということです。
それは、統計上の事実に基づいた内容で、
このように解説してくれています。

『最高裁で控訴審判決が変更される確率はどのくらいかと言えば、
例えば平成24年に終了した上告事件合計2263件のうち,
上告理由があるとして原判決が破棄されたのは
わずか2件(0.09%)』であり、

『従って、99%以上が、「上告棄却」となっています。
裁判所が上告を棄却する際は、原則として口頭弁論は開かれません。
つまり、上告しても、ほとんどの場合、法廷が開かれず、
書面のみで終了するのです。』


こう考えてみると、彼らが
あえて、控訴審で終了せずに
最高裁まで上告する必要があるのでしょうか。

奇跡が起きることを彼らは信じているのか・・・
そんな一縷の望みをもって、上告したのではないでしょう。

最高裁まで引き延ばしにすることくらいしか、
今できることはない、ということでしょう。

(さい)は投げられました。
最後まで行くしかありません。
最高裁で最高の裁断が下される日は、
そう遠いことではありません。

来年の春までには決着がつくだろうということです。



先日の控訴審判決の時、
東京高裁の前で、
ほんの一瞬、後藤さんと話しました。

握手をしながら、
「いつも、ブログで応援ありがとう」
そのように言ってくれました。

彼の12年5ヵ月を思えば、
ブログで応援することは、苦にもならないことです。
私にできることは、こんなことくらいしかないと思い、
これからも彼の応援のために、
書き続けていかなければならないと思います。

今現在も、監禁されている人たちがいます。

また、今後、最高裁判決が出てからも
この問題を風化させないように、
私自身の体験も含めて、
拉致監禁の不当性を訴えていきたいと思うのです。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 13:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする