2014年05月28日

必見!! 映像で見る「後藤徹氏、勝訴までの道程」!



securedownloadch.jpg


後藤徹さんの裁判勝訴までの
道のりが本部HPに紹介されています。


12年5か月の拉致監禁・脱会強要事件の被害者である
後藤徹さん(「全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会」代表)が、
東京地裁で今年1月に“勝訴”を勝ち取るまでの闘いをまとめた
ドキュメンタリー(約13分間)がYouTubeにアップされました。

東京地裁は1月28日、拉致監禁を実行した
後藤氏の家族に対し483万円の支払いを命令。
そのうち96万円は、事件を背後で指導した
“脱会屋”宮村峻氏に連帯して支払うよう命じています。

後藤さんはドキュメンタリーの中で、
「この勝訴判決が、いまだに続いている拉致監禁を
この日本から一掃するための一助となることを
心から願っています」と訴えています。

後藤さんの裁判は、6月からは東京高裁に
舞台を移して控訴審が始まります。
このドキュメンタリーを通して、
統一教会信者に対する拉致監禁問題に
関心を持っていただけたら幸いです。





後藤徹氏、勝訴までの道程


拉致監禁根絶のために、
あえて、ご自身の身内(兄夫婦・妹)に対して、
裁判を起こした後藤徹さん。

そして、協力してくださる方々の土台があって、
拉致監禁・強制改宗の首謀者、宮村峻が
賠償命令の判決を下されました。

まさに、真のお父様のような
開拓者(パイオニア)の精神だと思います。

今回は、私が余計なコメント長々と書くよりも
皆様にまず、この映像を見ていただきたいです。
切にお願いいたします。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

マインドコントロールとは、拉致監禁へ父母をいざなう為の「架空の論理」だった?! 《後藤さんの壮絶、12年5ヵ月拉致監禁》


10306994_643200192427662_2020687903_n[1].jpg


「マインドコントロールによって
統一教会員は組織の操り人形のようになっている」
これは「作られた言説」であり
マインドコントロール論は似非科学に過ぎない

後藤インタビュー(下)−良心を喪失した人たち
米本和弘氏「火の粉を払え」より



米本氏の後藤徹さんへのインタビューを
取り上げてきましたが、今回が最後になります。
今日は、「マインドコントロール」についてです。


マインドコントロール教の信者たち

(米本氏)
お兄さんたち3人は、
後藤さんがマインドコントロールされていたと
心から思っていたのでしょうか。
そして、そのマインドコントロールを解くのに必死だったのでしょうか。

(後藤さん)
そうだと思いますよ。
自分たちは統一教会からマインドコントロールされて入信し、
活動させられていたのだ、と思い込んでいる。

本当は自分で信じて自分の意思で活動していたのですが。
とにもかくにも、マインドコントロールの呪縛から解けたのは
宮村先生や松永先生のカウンセリングのおかげと思い込んでしまっている。
これも本当のところは拉致監禁による強制的な思想矯正なのですが。

今でもマインドコントロール論を信奉しているでしょうね。
もしそれが間違いだと気付いたら、
アイデンティティクライシスになるでしょうね。



以下、米本氏がマインドコントロールについて、
コメントをしています。


少なからずの教会員や“カルト信者”を取材した結果、
学者の西田公昭さんや元信者のスティーヴン・ハッサンさんが書いているように、
「カルト信者は元の人格を失い、カルト的人格になっている」
とはどうしても思えなかったからだ。

このことから言えることは、統一教会員になったのは
「マインドコントロール」とは関係がなく、
退会するあるいは退会状態になる人は
自分の意思で行なっているということなのだ。
組織に問題があれば自然にやめていく、
どんな組織にも共通することである。

「マインドコントロールによって、
統一教会員は組織の操り人形のようになっている」。
これは「作られた言説」(つまり作文)であり、
マインドコントロール論は似非科学に過ぎない。

マインドコントロール論とは、結句(けっく)、
信者の親を拉致監禁作戦に誘う(いざなう)長めの宣伝文であり、
監禁された信者への長めの釈明文なのである。



「マインドコントロール」という言葉は、
学説的には、「死語」のような扱いでありますが、
一般的に浸透しているために、
言葉だけ一人歩きしているような気がします。
大変残念な事ですが、日本人にとって、
とても使いやすい言葉だといえます。

しかし、米本氏が指摘しているように、
人の心は簡単にコントロールすることは出来ません。
もし、本当に統一教会に伝道されて、
「洗脳教育」「マインドコントロール」が出来るなら、
100人が受講決定すれば、
100人とも、み旨に立ち上がるはずなのです。

しかし、悲しいかな、現実は違います。
拉致監禁で脱会する人数よりも
自然退会する人数のほうが「遥かに」多いのです。
これは、現実です。

それだけ考えても
「マインドコントロール」なんて、あり得ないのです。

また、私自身も体は監禁状態にありましたが、
心情の世界においては、心は
「絶対に神様と離れない、
監禁されるもんか!」
そう思いながら、その間ずっと過ごしていました。

マインドコントロールがあるとしたら、
それは統一教会がしていることではなく、
マインドコントロールを信じている(あるいは語っている)
人たちの方にこそ、あるのではないでしょうか。

結局のところ、拉致監禁をしている当事者(父母や親族)が、
反対牧師、反対活動家にマインドコントロールされている、
ということなのではないでしょうか。
そして、拉致監禁下の信者こそ当然、
マインドコントロールされていたと、
マインドコントロールされていくわけです。

「絶対悪をとめるためには、必要悪は仕方がない」
「統一教会の信仰をやめさせるには、
拉致監禁も止むを得ない・・・」
そんな発想から、拉致も監禁も、仕方ない、
そして、強制棄教、改宗は、正当となるようです。
そして、人間なら当然認められる人権も
踏みにじられ、人扱いもされないのです。

そういう意味では、元凶は
反対派の方々なのではないでしょうか。
米本氏のコメントからも読み解くことができます。


ぼくが一番、腹が立ったのは、
後藤さんのお母さんが病気になり、
そして亡くなったことを兄や妹が後藤さんに直接、
連絡してこなかったことだ。

近世から近代にかけて、
共同体社会にとって邪魔者は排除された。
そうであっても、村八分の言葉にあるように
火事と葬儀のときだけは例外で、
どんなに嫌っている邪魔者であろうが、
火事のときには消火にかけつけたし、
葬儀のときには手伝った。

兄や妹の態度は、村八分に輪をかけた残酷な行為であり、
人格が変容してしまったとしか言いようがない。

彼らの態度以上に憤ったのは、
兄らの代理人山口貴士、荻上守生両弁護士の
人間としての資質に対してであった。

兄や妹から、福本弁護士への伝言を頼まれても、
山口は彼らに「お母さんが重篤になったんだから、
亡くなったんだから、どんなに裁判で対立していようが、
直接、徹さんに伝えるのが人の倫(みち)だよ」
と諭すべきだった。
弁護士としてではなく、
人間としての良心がそもそも欠如しているのだ。
カルト、反カルト以前の話なのに。
 
それにしても、仲の良かった兄弟姉妹が
拉致監禁説得を境にして、親の死を連絡しない、
葬儀に参加させない−までの関係になってしまった。
はっきり認識しなければならないのは、
統一教会問題は家族問題ではなく、
脱会方法の問題なのである。



最後に、UPF事務局長・魚谷氏のブログ
「洗脳」「マインドコントロール」の虚構を暴く
の記事から一部分を抜粋し、
私も同意見であることをお伝えして終わります。


本来、日本のキリスト教徒たちは、
自身の受けた迫害のゆえに、
信教の自由を守る戦いの先頭に立つべき
歴史的背景を持っているが、
そのキリスト教の牧師が拉致監禁・強制改宗を
主導しているというところに、
歴史の皮肉とも悲劇とも取れる闇が潜んでいる。
もちろん、拉致監禁・強制改宗を主導しているのは
一部の牧師に過ぎないが、それを知りつつも、
見て見ぬふりをして声をあげない
大多数のキリスト教牧師たちも同罪である。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

魚谷氏のマインドコントロールについての見解は
以下の記事でも取り上げました↓
私たちは洗脳された群れではなく、選ばれた群れだった?! 「マインドコントロール」の虚構

尚、今日の記事は「拉致監禁」に分類しましたが、
「マインドコントロール」については、
独立したカテゴリーがありますので、
参考にしてみてください。こちら


お父様のみ言

自分が苦労の道にいるときは泣いたり騒いだりするな。

生きておられる神様は話を伝えなくとも、
私がおかれている立場をあまりにもよく御存知だからである。

それなのに私がまた涙したりして
悲しく祈れば、神様はより悲しむ。
二重の十字架を背負うようになるだろう。

神様は今日まで、より大きな
歴史的な悲しみと苦痛を知ってくれる者もなく、
一人で受けてこられた。

その父をまず慰めなさい。
このような者は神が抱えて通哭なさるだろう。


「御旨の道」より



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 13:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

「私を殺すつもりなのか?!」 最後の2年間は飢餓との戦いだった!! 《後藤さんの壮絶、12年5ヵ月拉致監禁!!》


securedownloadlake.jpg


後藤さんの長い12年5ヵ月を語るとき、
特に最後の2年間の飢餓状況ともいえる
食事制裁の苦痛は、あまりに惨いものでした。

さて、お待ちかね、米本和広氏の「火の粉を払え!」
後藤徹さんへのインタビューは、
いよいよ最終章が掲載されています。


また次回取り上げる予定ですので、
今日は、食事制裁に関しての部分だけ、紹介します。
後藤さんはこのように答えています。


30日間のハンストをやった後、
結局解放されるまでの約2年間
まともな食事を食べさせない仕打ちを受けました。

栄養失調状態が続き食物のことが頭から離れない。
その時の家族の雰囲気はもう空気が凍り付いているような感じでした。

元々悪い仲ではなかった兄と妹もここまでするかと。
彼らの顔から一切の感情が消え、
能面のような表情で私を見る目には憎悪が見て取れました。

いつまでも頑として信仰を棄てようとしない私に対し
「自分たちの人生計画が狂ってしまったのはおまえのせいだ」、
と目が訴えていました。

家族がここまでするようになってしまったのは、
もちろん松永牧師や宮村から指導され感化されたことが大きい。
「マインドコントロールされ、別の徹になってしまっている」
と思い込んでいたのです。



20140508132957595.jpg



2年間の食事制裁のメニューに関しては、
当事者である後藤さん自身は明確に覚えています。

拉致監禁現場では、私自身もそうでしたが、
脱会(私の場合は偽装脱会)するまで、
一緒に生活する両親や兄弟とも、心を許した交流ができません。
また、反対牧師が来て、話しをする以外には、
ずっと部屋に篭りっぱなしであり、
何の楽しみもありません。
ですから、ある意味、唯一の楽しみなのが、食事なのです。
病院に入院している患者にも似ているかもしれませんし、
まるで囚人のような環境なのです。

しかし、そんな唯一の楽しみである食事さえも
後藤さんは2年間まともに与えられなかったのです。

ちょうど、「拉致監禁by宮村の裁判記録」に
食事制裁中のメニューが紹介されていました。
写真入りでイメージしやすくなっています。

後藤さんの兄や兄嫁はまともな食事をしていたにも関わらず、
2年間にわたって、後藤さんに出していた食事は本当に悲惨です。

更にまとめると、以下のようになります。

@ 2006年5月〜7月10日頃(70日間) 
小鉢に重湯3回+500ccポカリスエット2回
(アンパン1個で1日過ごした日が70日継続した)

A 2006年7月10日頃〜12月頃(約5か月間)
(おわんに重湯1杯+おわんに薄い味噌汁1杯)3食
【おわんは、直径11×6p】
(おわんに3分粥1杯+おわんに豆腐入り味噌汁1杯)3食
(おわんに7分粥1杯+おわんに豆腐と野菜入り味噌汁1杯)3食

B 2006年12月頃〜2008年2月10日(約1年2ケ月間)
朝200カロリー、昼400カロリー、夕450カロリーで、合計1050カロリー


いつ餓死してもおかしくない状況を
奇跡的に生き抜いた後藤さんであり、
本当に想像を絶する限界状況、飢餓状況に置いておきながら、
被告人の主張は以下の通りです。

栄養失調の点について東京警察病院の管理栄養士によれば,
後藤家での食事は,必要カロリーからは不足しているが,
基礎代謝が著しく低下していると思われるので,
外出せず,運動量が少なかったこと等から
消費カロリーが通常より少なかったとすれば,
直ちに健康を害するほどのカロリー不足だったとは思われない。


また、裁判での判決文も残念ながら
以下のようになっています。

原告の食事は○○<後藤徹氏の母>及び
被告○○<後藤徹氏の妹>において用意されており,
被告○○<後藤徹氏の妹>は,
かつて信者であった頃に断食を行った経験を生かして,
原告の断食明けの食事について配慮し,
原告の体調を気遣っていたこと等が認められるところであって,
原告が3度目の断食を行った後に出された普通食が
原告と同等の身長の一般男性に必要とされるカロリーを摂取するに
十分なものではなかったことも,
原告において再度断食を行う意向を表していたことを
踏まえてのことであったことを考慮すれば,
上記の原告の食事に係る事情については,
直ちに違法な点を見いだすことはできず,
原告の上記主張は採用しない。


つまり、裁判所の判断は、
「後藤さんが自分で断食をしたあとに
後藤さんの体調を気遣うあまりに、
このように食事を配慮した」
ということなのです。
本当に信じられません。


米本氏とのインタビューで後藤さんは
次のように話しています。

その時の苦しみはもう表現できないほどです。
いよいよ餓死の恐怖が迫り、たまらず
家族に見つからないようにそっと残飯や生米を食べました。
切羽詰まった末、家族に食事を戻すよう頼み込みました。

兄は、さすがにこのまま死なれたらまずいと思ったのか、
「もうそろそろ食事を元に戻してもいいのではないか」
しかし、これを聞いた兄嫁は、
いかにも残念そうに憮然とした表情で、
「えー,信じられない!」
この人は、本気で私を殺すつもりなのかと心底恐怖を抱きました。


兄嫁の「えー、信じられない!」
この言葉を、ご本人にそっくりそのまま返したい思いにさせられます。
後藤さんがやせ細っていく姿を見て、
何も思わなかったのでしょうか。。。

皆さん、このような制裁を受けていながらも、
裁判では認められなかったということにおいては、
まさに「不当判決」であると言わざるを得ないことを
認識していただきたいと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 15:43 | Comment(1) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする