2014年06月17日

「日、植民地支配と南北の分断は『神の意思』?!」 韓国で揺れる新首相候補の発言、その背景にメシヤ思想が?!


599038_631895110170933_2083917585_n.jpg


文鮮明師は生前、

神が韓国民族を
「第3イスラエル」に選んだ


と主張している。

「アゴラ」言論プラットフォーム より



韓国の旅客船沈没事故を巡り、韓国首相は事故後の対応に
不手際があったことを認め責任をとって辞任しました。

その後、新首相候補に指名された大手新聞社・中央日報の元主筆、
文昌克氏が「日本による植民地支配と南北の分断は
『神の意思だ』」と主張したほか、
民族をおとしめる趣旨の発言をしたとして批判されています。

そして、彼の首相就任は宙に浮いた状態になっています。

実際、問題の発言は、2011年、今から3年前の内容であり、
一般の国民に向けて語られたものではなく、
在籍しているキリスト教会の講演で発言されたものだということ。
また、本人も昨日、謝罪したようですが、
野党は納得がいかず、まだ火の粉はくすぶっている感じです。

そんな中、知人より面白い記事を紹介されました。
統一教会とお父様について言及していますので、
まず、その部分を抜粋します。



例えば、世界基督教統一神霊協会(通称統一教会)の
創設者文鮮明師は生前、
神が韓国民族を「第3イスラエル」に選んだと主張している。

同師によると、神が韓民族を選民として選ぶためには、
韓民族は「40数に該当する試練の期間」(「40日サタン分立基台」)
を体験しなければならない。

第1イスラエルが選民として神のみ旨を履行するため
サタンの地エジプトで400年間苦役した後、
モーセを中心に出エジプトをし、
イスラエル民族の基盤を形成していった。
ユダヤ民族がイエスをメシアとして受け入れずに殺害した後、
イエスの福音を信じるキリスト信者が第2イスラエルの立場に立ち、
当時サタンの世界であったローマ帝国下で400年間迫害を受けた。

同じように、第3イスラエル民族として韓国民族は約40年間、
日本の植民地化を体験し、世界的カナン復帰を
成し遂げる使命があった、というのだ。
具体的には、1905年の韓国保護条約(乙巳保護条約)から
1945年の解放までの40年間だ。


これは、再臨論、歴史的同時性として語られている内容ですね。

統一教会としての見解では、
「日本による植民地支配と南北の分断は
『神の意思だ』」とは考えませんが、
そこに神の意思と摂理が絡んでいる
というように理解しているのではないでしょうか。

筆者は、韓国におけるメシヤ思想を説明し、
日本人には理解できない文昌克氏の
発言の背景を解説しています。

文昌克氏は、韓国のクリスチャンなので、
統一教会には反対的な立場でしょうし、
み言も知らないと思いますが、
このような発言が今このときに出るというのも
何か、偶然ではないような気がしてなりません。

筆者は、以下のようにまとめています。


文(昌克)氏の立場からいえば、韓国で今日みられる反日運動は、
「神の意思」に反対する運動ということになる。

「日本の植民地支配」を「神の意志」と受け入れることで、
韓国民族の誇りを保つことができる一方、
日本を許す心も生まれてくるのではないか。

その意味で、文氏の発言は韓国民族の過去問題を乗り越えていくうえで
大きなインスピレーションを与えている。



さて、この動画を見て、
感動しない人はきっといないでしょう。。。



誰もが、一つになりたい心があると思います。
反日や嫌韓ではなく、お互いが一つになることが
天の願いであると感じるのです。

(お父様のみ言)

韓半島が南北に分かれたのは、
解放直後にキリスト教と先生が
一つになれなかったからです。
キリスト教と国が先生に反対し、
先生と一つになれなかったからです。
ですから、国の代表と教会の代表が
先生を中心として分かれたので、
その再蕩減基盤を築き上げてきた
先生を中心として一つにならなければなりません。
韓国の地域全体が先生に順応できる基盤、
版図が既に連結されているのです。

(天聖経 第十篇平和思想より 1113ページ)



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

「過ちは謝罪すべき?!」戦争謝罪問題を考える


800px-Munkacsy_-_christ_before_pilate.jpg


今日は普段あまり書かないことを書きたいと思います。
以下の内容はあくまでも個人的意見でありますので、
その点をご了解いただければと思います。

自分が悪いことをしたと自覚した時、
素直に過ちを認めることは当然のことです。

しかしそれをすることが難しい出来事があります。
そのうちの一つに戦争責任という問題があるでしょう。

第2次世界大戦において、日本は敗戦国家になりました。
基本的に敗戦した国家は、
それ自体が過去を清算した立場になるのだと思います。

しかし日本は、過去に植民地化した国々に対して、
謝罪せざるを得ない立場になりました。

公式的な立場で何度か謝罪しましたが、
相手側は納得せずにさらに謝罪しろといいます。

このようなケースは稀なのだといいます。
欧米帝国主義国がかつて植民地にしていた国に、
謝罪したことはほとんどありません。
また、人類史上下劣な戦争であるアヘン戦争においても、
中国共産党の要求にも関わらず、
イギリスは公式的な謝罪をしていません。
もっと言えば、原爆を投下したアメリカは、
日本に対して未だに公式的な謝罪をしていません。

日本が謝罪する立場になっているのは、
神様が再臨主を誕生させた国、
韓国に対して植民地化したことと
何か関連があるのではないでしょうか。


かつて、イエス様を十字架につけたのは、
同じ民族であるユダヤ人でした。

ローマ帝国第5代ユダヤ提督のピラトは、
裁判でイエス様を断罪しませんでした。
しかし、ユダヤの大祭司や議員を始めとし、
全ての観衆たちが「イエスを殺せ」と叫びました。
その声があまりにも激しかったので、
彼は手を洗って、こう言いました。

『この人の血について、わたしには責任がない。
おまえたちが自分で始末をするがよい』
(マタイによる福音書 第27章24節)

すると民衆はこう言ったのです。
『その血の責任は、
われわれとわれわれの子孫の上にかかってもよい』
(同25節)

まさに責任は子孫の上にふりかかりました。
結局、神の子を十字架につけたが故に
ユダヤ人の歴史は苦難と迫害の道を
行かなければならなかったのです。


日本が謝罪問題で未だに解決できていないのは、
このようなことと関連するのではないでしょうか。


「神様は、
サタンに対して刀を持つのが易しいでしょうか?
許すのが易しいでしょうか?
怨讐になったことに対して、
それがないように対さずしては
復帰摂理それ自体がありえないのです。
そこに「怨讐を許しなさい」という言葉が出てきたのです」


7.23の訓読会のみ言葉 @lovintp より


応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
昨年のニュース記事です
広島平和記念式典に米駐日大使が出席、米国務省発表-AFPBBNews



posted by ten1ko2 at 08:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

【亨進世界会長との写真追加】亡国を偲ぶダライ・ラマ、日本で震災犠牲者の49日法要


ダライ・ラマ14世が、東日本大震災の犠牲者のため、
日本で49日の法要を行ったという記事ですね。
アメリカに行く目的があって、日本に立ち寄ったのですが、
日本滞在を延長して、追悼の時間を持ったといいます。

ご自身の事情を超えて、犠牲者のために
祈りを捧げていかれたというのは、
本当に素晴らしい行為であると思います。

ダライ・ラマは参加された被災者に対して、
このように励ましていかれました。
「私たちは自分の国を失って以来、困難な状況の中で、
自分自身の心の内なる力を高めることができた。
日本も第2次世界大戦で多くの方々を失ったが、
落胆することなく立ち上がった。
前に進む力を思い出して欲しい」

チベットは1950年、
中華人民共和国の解放軍により制圧されました。
ダライ・ラマ14世はインドに亡命せざるを得ませんでした。

以来、ダライ・ラマはチベット亡命政府の長として、
そして何よりもチベット民族の精神的支柱として、
その役割をはたしています。

その後、多くの困難を通過しているが故に、
彼の言葉にはとても重みがあると思います。

少数民族、弱小国家というのは、
その立場を守ることが本当に難しいのです。


私たち、統一教会も同じ立場であると思います。
世界に基盤が広がっているといっても
日本においては、多くの迫害の中で、
未だに誤解されている部分があまりにも多いです。
日本での立場は、マイノリティーなのです。

ちなみにダライ・ラマ14世は、
文亨進世界会長と面会した時がありました。

その時の様子→hyung_jin_nim_with_DalaiLama[1].jpg

ダライラマ自身が多くの困難な道のりを行かれたので、
統一教会のように迫害を受けてきた教団に対しても
寛容な世界があるのだと思います。

この時、世界会長が、父親である文鮮明先生の
世界平和実現と世界宗教に対する展望を話した時、
深い理解を示したと聞いています。

ダライラマのように、私たちの真の姿を
理解してくださる有識者はまだまだこれから
現れてくると思います。

文鮮明先生がヨーロッパでみ言葉を語られているこの時、
私たちもダライラマのような人たちに出会うべく、
さらにみ言葉を伝えなければいけないと思うのです。

応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 10:52 | Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする