2015年04月23日

今日は孝進様によって救われました!!



timthumb[1].png

「ために生きる」事ほど
大変な事がどこにある
一人の為でも難しいのに
人類の為に生きたら
この世もおまえを
認めてくれるだろう




最近、お母様のみ言とともに
孝進様の歌を聞くことがあります。

思い込みの世界かもしれませんが、
何か、孝進様から「聞きなさい!」
そんな風に言われているような気もします。

実は、昨日個人的に、自分の足りなさに直面するような
ことがあり、また、外的にもとても忙しく、
「記事も書くのをどうしようか・・・」
そんな思いにさせられていました。
そんな時、孝進様が「歌を聴きなさい」と言われる感覚があり、
実際に聞くと気持ちが転換されました。

孝進様はご自分の思いの丈を歌にぶつけておられます。
父母様を愛する心情、サタンを分別する思い・・・
ご自身の愛するお子様にも歌を作られました。
また、愛する弟・興進様のためにも・・・

個人的には、「永遠に愛そう、春の雨のように」が好きなのですが、
今日は、この曲で救われました。


「出世しろ!」

世に生きる数多(あまた)の人間たちよ
そのうち何人が出世した?
出世って何だと聞かれたら
出世したというお前はどう答える?

この世で腹と頭を肥やし出世した人間たちよ
剣と福袋を着け出世した人間たちよ
重い財布を懐に 数億年存在したやからを今知った
お前の歴史のため号令し 結構な家門に審判下す
邪心に満ちた者たちよ さあ 出世してみよ
この世で 自分のためうまく生きてみな

だがこの世で永遠だと考える出世のため
苦しい犠牲を喜んで生きた人間たち
「ために生きる」事ほど大変な事がどこにある
一人の為でも難しいのに人類の為に生きたら
この世もおまえを認めてくれるだろう

迫害あざけりにあえぎつつ ご自身の怒りを
なだめられた愛の 愛のアボジ Yeah!
怨みを抱いた権力者達に 東西南北追い回され
その間に蒔いた種を刈り入れ
愛のみ言をこの世に植えられた
アボジの人生こそ我が王道 勝利の王道

歴史かけ出世しろ 天をかけ出世しろ
氏族かけ出世しろ 真の父母をかけて出世しろ








この時、スタッフとして
舞台の目の前にいたことを思い出しました。。。

曲を聴いていると、自分の足りなさが抜けて、
「真の父母様とともに頑張ろう!」
そんな気持ちにさせられるのが不思議です。

孝進様、本当にありがとうございます。

ちなみに、「出世」とは「社会的に高い身分・地位を得ること」ではなく、
仏教用語で「俗世間の煩悩(ぼんのう)から解脱(げだつ)する」、
しいては「悟りを開く」という意味なのだそうです。

真の父母様とともに
「出世」することを
もう一度決意したいと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | UCソング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

「本郷の地へ」祈りをこめて、そしてこれからの子女たちのために(UCソング)


太陽. 日本. 生石. 空. 自然.jpg


今、本郷の地である朝鮮半島が、南北で対峙し緊迫した状況を迎えて、
麗水において行われている「国家安慰の為の天地人真の父母定着実体み言相続特別精誠21日修練会」で、必死な祈りが捧げられているこの時、
深刻真剣な、真のご父母様を思いながら、日本にいる私たちも、祈りの条件を捧げて行きたいと思います。
三代圏をもって越えて行こうというこの時、昔歌った歌を思い出しました。

こちらのブログから聴けます。どうぞ→こちら


本郷の地へ 

真の御父母様が 歩まれた道は 
涙の御跡(みあと)残し 希望へと 
人の心までも 変えてゆくものは 
真の愛の全て 神の姿 
故郷(ふるさと)を残して 今も心に 忘れることのできない 
父や母の姿がいつも 語りかけるから 

帰ってゆきます きっと勝利をもって 
そして 神の悲しみ これから喜びに変えて 
全ての苦労は 祖国を 神に返して 
そして これからの 子女たちのために 

雨が降る時も 風が吹く時も 
父母の姿見つめ 歩んでいた 
今あるこの私が み旨で涙する 
そこには御父母様が 涙してた 
横浜の任地で歩む僕らに 遠くで祈る横顔が 
慕う心に授受して 全ての力になるから 

必ずなります あなたの願うその子女に 
そして 真の父母様 必ず証してゆきます 
祈りとみ言葉たずさえて 
希望に燃えて 喜びに満ちて 
み言葉伝えよう 

全ての苦労は 祖国を 神に返して 
そして これからの 子女たちのために


(横浜ソング)


聴いて書いたものなので、正確な歌詞とは違うかもしれません。
横浜という部分を○○と置き換えて歌っていたことと思います。


私たちの祈りと、歩みが天に通じることを信じて…、朝鮮半島の平和を心から願うものです。

応援してくださる方はクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 01:10 | Comment(8) | TrackBack(0) | UCソング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする