2018年08月16日

幸福の定義を歌で表現?! ♪「しあわせってなんだろう」2 *付録:お父様の歌と歌詞



180816.jpg


野村先生が、3歳の子が原理を理解するよう
意識されたという
「しあわせってなんだろう」の歌詞には、
とても深い意味がありました。

下にお父様が
日本食口と歌う動画、また
聖歌2部7番の歌詞を添付しました。
お楽しみください☆


一番の「みんな仲良くする」
──これが幸福というものの
最も基本的な性格だと思います。

『統一思想要綱』には、授受作用の基盤となる
「相対的関係」について、

「二つの要素や二つの個体が互いに向かい合う関係」で、
「必ず相互肯定的な関係でなければならず、
相互否定的であってはならない」
(77頁)

と規定されています。
このように仲良くなれる存在基盤について

「太陽系は太陽と九つの惑星から成っているが、
太陽と惑星は主要素と従要素であって
主体と対象の関係を結んでいる」
(187頁)
と説明しています。

「主体は対象に対して、
中心的、積極的、動的、創造的、能動的、外向的であり、
対象は主体に対して
依存的、消極的、静的、保守的、受動的、内向的である」。
(『統一思想要綱』185頁)

これを平たく童話的に説明すれば、太陽は地球などの惑星の父親の立場にあり、
地球は太陽の子供の立場にあるといえます。

みんなが幸福になれるためには、父親のように中心に立って、
「愛の光」を放っている暖かい存在が必要で、
その「愛の光」を基盤にしながら、争うことなく、引力に当たるものを
絶えずやりとり(授受)することが願われるといえましょう。

この幸福の一番根本となるものを統一原理は、
“主体と対象の格位(資格上の位置)と
それに基づく授受作用”だと定式化しています。


二番は、一番に提示された「愛」に対して、
それと呼応するものとして「美」の競演が歌われています。

幸福の根本となる「愛」を呼び起こすものはまさに「美」です。
そこに美があるからこそ愛がそれに刺激されて高められるのであり、
また胸のうちに深い愛があればこそ相手を美と感ずるのだといえます。

美の特色は赤、白、黄色というように多様であることであり、
それゆえにこそどれもこれもが「かわい」く「大事な」のであり、
その感動を胸の中にしまってしまわずに、
「大事な花」だと口にするのは愛の告白にほかならず、
こうしてひたすらに愛されることのうちに、愛することと共に、
幸福があるのだといえましょう。

このように幸福の核心となるのは、知性や意志よりも
心情──愛と美の授受作用
だということを二番は示しています。


三番。

どんなに高く飛んでもそれが最後ではなく、
可能性が無限に残されていて終点がないということ。
それが幸せだ

人間に神のような
無限の「創造性」が与えられている喜びを、
私は常々実感しています。

「神が創造主であられるがゆえに
人間を主管し得る資格をもっておられるように、
人間も万物を主管することのできる資格をもつためには、
神の創造性をもたなければならない」

(『原理講論』131頁)


そのために、神は
それが本然でない用い方をされ得ることも承知の上で、
無限の創造性を無条件で人間に与えられた
という事情があると思われるのです。

現に、創造性を発揮して、それまで誰も考案しなかった
発明工夫をした人には特許が与えられますが、
この創造性が誤用されれば、大きな害毒がもたらされます。
その最たるものが近代兵器です。
これは幸福の正反対である不幸をもたらします。

なお、この「ひばり」の行動は幼児の一人遊びに似ていますが、
本当に一人かといえばそうではなく、
これを親が見てくれていることを
暗に期待しているというところがあります。

ひばりは「高く飛び」、
それを親の立場の者が「見守る」ということが、
幸福の要件となっていることを見過ごせません。

このようなやりとりの関係のことを統一原理は
「授受作用」と名づけています。

ひばりは高く飛ぶことを親の立場にある人間に見せ(授け)、
人間の見守(りを受け)る。
この「授受」の関係が幸福実現の重要な要件となるのです。


最後に四番では、この幸福を風当たりの強い現実の中で
どう保っていくことができるかということを中心として、
「信仰」の大切さを取り上げてみました。

現実は常に神の固い守りのうちにあるとは必ずしもいえず、
遺憾(いかん)ながら「狼ども」、
すなわちキリスト教でいうサタンが
跳梁(ちょうりょう)する罪の世界です。

そこで「主(ぬし)を信じていくこと」、
すなわちメシヤ(キリスト)への信仰が大切なので、
「飼い主さん(メシヤ)の声に耳を向けてりゃ安心さ」と、
幸福をおびやかす者に対する防衛策を、
最後のしめくくりとして述べたわけです。

野村 健二(統一思想研究院元院長)・著
(光言社・刊『幸福への「処方箋」〜統一原理のやさしい理解』より)

抜粋編集 文責:ten1ko2


本当に歌詞を見ても、また解説を通しても、
この作品は名曲であり、神様の啓示であることを
改めて感じさせられます。

野村先生と同じ777双の先輩から聞いたことがありますが、
野村先生は、こういう作品を作るタイプではなかったといいます。
そういうところをみても、
神様が与えられたものと言えるでしょう。

下にお父様が歌われている映像を紹介しましたが、
私たちを子女として見つめ、愛してくださる、
親の愛を感じます。

幼き羊を狼からいつも守ってくださる
お父様に喜んでいただけるように、
美しい花のごとく美の対象となることを
決意させていただきました。。。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)









しあわせってなんだろう(作詞・作曲:野村健二)

1
幸せってなんだろう 星にたずねてみた
みんな仲良くすることさ 星は答えた
大きなお日さま中にして 九つの星が回る
愛の光を受けながら これが幸せ

2
幸せって何だろう バラにたずねてみた
美しさを競うことさ バラは答えた
赤白黄色によそおって どの花見ても可愛い
大事な花と言われれば これが幸せ

3
幸せって何だろう ひばりに聞いてみた
高くはるかに飛ぶことさ ひばりは鳴いた
どんなに高く飛ぼうとも お空の果ては遠い
まだまだ上にゃ空がある これが幸せ

4
幸せってなんだろう 羊に聞いてみた
ぬしを捜していくことさ 羊は鳴いた
狼どもが襲っても 飼い主さんの声に
耳を向けてりゃ安心さ これが幸せ



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 06:15 | Comment(1) | UCソング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

お母様を迎えて、今日、神日本2万名大会! 어머님〜紫の無窮花〜(大聖歌隊が合唱)



180701 20180701.png


本日13時より、いよいよお母様の大会
「日本宣教60周年記念 2018神日本家庭連合希望前進決意2万名大会」が開催されます。
成功をお祈りします。

アメリカからは、350名のCARP(学生)メンバーもこの大会に合流しています。
昨年の聖和大祝祭に120名の優秀なメンバーが訪韓し
その際、「来年は3倍ね」とお母様から言われたのだそうです。
今回も訪日中にお母様との時間も予定されているとのこと。

日本におられても、常に、世界のことを
意識しておられる真のお母様だと思います。

今日の1部は役事、2部が本大会になっています。
その中で、千人の女性大聖歌隊が賛美する
「어머님(オモニム)〜紫の無窮花(ムグンファ)〜」。
歌詞を紹介したいと思います。
お母様の前で歌うと感動するだろうな、と思いつつ。。。



어머님
〜紫の無窮花〜


穏やかなあなたの その微笑に
私達はいつも慰められます
天の花嫁として仕え侍られる
愛の十字架も耐え忍び超えた
紫の無窮花 あなたはオモニ

荒れ狂う波間に浮かぶ小船は
信じがたい苦難を歩まれた姿
天宙の母として愛し尽くされる
あなたの真心を いつも忘れない
白い百合の花 真のオモニ

アボニムを支えて忠節誓う
私達も御跡を慕って行きます
永い歴史の果てに待ち望まれ来た
涙の限りにお迎えします
羽ばたく鶴のごと 世界のオモニ

紫の無窮花 真のオモニ




어머님 (보라색 무궁화)


조용한 당신의 그 미소에
우리들은 언제나 위로 받아요
하늘의 신부로서 모심생활 하시며
사랑의 십자가도 견디어 오신
보라색 무궁화 당신은 어머님

물결치는 파도 속에 뜨는 작은 배는
믿기 어려운 고난을 걸어 오신 모습
천주의 어머니로서 사랑을 다하시는
당신의 진심을 잊지 않겠어요
하얀 백합화 우리의 어머님

아버님을 받들고 충절을 맹세하는
우리들도 걸으신 길을 따라가겠어요
오랜 역사 끝에 바라오신 당신을
눈물을 흘리며 맞이 합니다
날으는 하얀 학 세계의 어머님
보라색 무궁화 당신은 어머님



大会では、1番、2番はハングルの1番、そして3番を合唱します。



さいたまスーパーアリーナといえば、約5年前に
お母様は、「日本宣教55周年及び教会創立54周年記念大会」と銘打って、
首都圏をはじめ、全国5か所で大会をしてくださいました。

5年前といえば、お父様が聖和された翌年です。

お母様は、夫である真のお父様が霊界に旅立たれ、
どれほどの心の負担を抱えているか知れないのに、
日本の食口たちを心配されて、日本を巡回されたのでした。

親を失って悲痛にくれている子供たちを励まそうと、
ご自身のことを顧みずに訪ねられる
まさに真の親としての行動だったと思います。

あの時(2013年10月16日)は、台風が来たのでした。
今回は、猛暑の中にお母様をお迎えしていきます。
天候も違いますが、お母様の立場も
その当時とまったく違います。

神様の祝福する日本、「神日本」として、
さらに日本が飛躍するために
重要な節目となる大会だと思います。

今日は女性聖歌隊だけではなく、
壮年合唱団も、2000名で「み旨の応援歌」を披露することになっています。

家内は女性聖歌隊で歌う予定ですが、
私自身はインターネット中継を主管するために、
教会で留守番となりました。
その場には行けませんが、さいたまスーパーアリーナに共に参加させていただく、
そんな思いをもって、臨んでいきたいと思います。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと、その拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



posted by ten1ko2 at 06:00 | Comment(0) | UCソング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

♪「信仰の翼」誕生秘話! 神様が作られた歌?! 〈作者の証しと歌詞〉



180406 20180218.jpg


♪友よ あなたに
信仰という名の
翼をあげよう…

…あなたは神の子だから♪



光言社の編集者ブログに、
教会のウリノレ(愛唱歌)
「信仰の翼」の証しが紹介されていました。

昨年度の成和合唱コンクール、中高生部門の課題曲が
合唱曲に編曲した「信仰の翼2017」でした。

全国大会の日(2.18)、作詞作曲した篠原さん(3万双)が、
大阪から駆けつけて、歌の誕生秘話を語られたとのこと。


この歌は、1982年3月に生まれました。

それまで、私は、神様の仕事をしながら、なかなか神様の願いに応えられなくて、
悩み、苦しみ歩んでいました。

そのうち、大病を患って倒れてしまったんです。
大きな手術もしました。

(入院中)自分自身を振り返り、
『自分は何が足りなくて、どうしたら
神様の願いに応えられるのだろうか』と考えました。

そしたら、ちょうど本部で愛唱歌を募集していると聞いて、
そのときの自分の心情を書いてみたんです。


  友よ あなたに信仰という名の翼をあげよう 

  これからのために

  野原をさまよう 歩き疲れた子羊のように 

  あなたは寂しかった

  信じることを忘れた世界から 

  今 あなたが旅立つときには

  愛という名の広い大空を 自由に飛べるように
 

思いついたままの歌詞を考えていたら、
自然とメロディーが浮かんできました。
でも、私は音楽を専門に学んできたわけではなかったので、
応募するにしても、楽譜が書けませんでした。

それで、ピアノを弾ける方にお願いして、
私が歌った音源を楽譜に起こしてもらい、応募したんです。

その歌が入賞したので、奇跡中の奇跡だと思っています。
その後、全国で『信仰の翼』が歌われるようになりました。

私が作詞作曲したのではなく、神様が作られたと思っています。

愛唱歌「信仰の翼」の誕生秘話
世界家庭編集部員のブログより
(3月23日)

世界家庭4月号の「家庭教育局のページ」に
「2017年度全国成和合唱コンクール」について
掲載されています(59P)


篠原さんとは、直接お会いしたことはないのですが、
SNSを通して、近しくさせていただいています。
個人的にもメールのやり取りをしたことがありますが、
私の印象は、「とても心情が清い、純粋な方」です。

以前は秋に行われていたと記憶する合唱コンクールですが、
昨年度は今年2月に全国大会が行われたようです。

参加された篠原さんは、ピアノの弾き語りも披露されたとのことで、
「各グループの心のこもった素晴らしい歌声に
 とても感動し、涙が込み上げて来ました」と、
感想を発信されています。

「信仰の翼」は名曲です。
おっしゃっておられるように、
まさに、神様が働いて作られたものだなぁ、
そんな風に思います。

皆さんも苦しい時、
信仰の限界を感じた時、
この歌を口ずさんだことがあると思います。

神様の子供として、
大きく羽ばたいていきたいと思うのです。






にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


『信仰の翼』

     作詞・作曲 Minoru

友よあなたに信仰という名の 
翼をあげようこれからのために
野原を彷徨う歩き疲れた 
子羊のようにあなたは寂しかった

信じることを忘れた世界から 
今あなたが旅立つ時には
愛という名の広い大空を 
自由に飛べるように

大きく翼を広げてごらん 
力強く飛び上がるために
初めて味わう喜びの息吹 
これが神様の愛の世界です

今まであなたの苦労の涙が 
信仰という名の翼になって
長く続いた心の重荷を 
軽くしてくれるでしょう
    
愛の大空を旋回しながら 
神様の心知って下さい
いつかあなたが迷いし羊たちに 
み言伝える時が早来るように
神様の愛が真の愛が 
地上に届くことを願って
信仰の翼を大きく羽ばたけ 
あなたは神の子だから




〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:33 | Comment(2) | UCソング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする