2021年10月24日

この道を最後まで行かなければ何もならない! 《♪聖歌 わが身の十字架》



200501-20200428.jpg


わが身の十字架を
(たれ)に担わさん
主はこの道を先駆けしを …

十字架背負いてわれは行かん
ゴルゴダかなたに勝利が歌う




世界平和統一家庭連合の「聖歌」を紹介するシリーズより
今回は、第一部28番「わが身の十字架」をお届けします。


作詞者の柳光烈(ユ・グァンヨル)先生は詩人で、
長年韓国統一教会(家庭連合)の文化部長を務めた人です。

作曲者の金斗琓(キム・ドゥワン)氏は既成教会の有名な作曲家で、
その弟子を通じて作曲を依頼することができたのです。

1959年8月28日の朝、柳先生は例えようもなく神が慕わしく
心情的に近く感じられ、熱い感慨が胸に溢れて
「お父様に何か申し上げたい。何か書きたい」
という思いがしたそうです。

その思いを書き留めようとして紙に向かうと
言葉が後から後から湧き出してくるので、
感動しつつ泣きながら書いたのがこの詩です。

その時胸に込み上げるものは
「最後まで行かなければならない。
いくら教会にいたとしても、最後まで
行かなければ何にもならない」という思いでした。

そのころを思い出しながら、
柳先生は次のように語っています。

「これは長年み旨の経験を積んだ人ならだれでも、
 わが気持ちとして実感できるでしょう。

 いくら手柄を立てても、いくら苦労をした実績があっても、
 最後まで行かなければ何の意味もないということになる、
 そんな気持ちを強く表した詩です。

 だから長年歩んできた人を、
 さらにさらに前へと激励する内容の歌です。

 迫害や風当たりの強い時代であり、
 お父様も非常に気を付けながら
 兄弟を育てていかれた苦しい時でした。

 私たちは果てのない道を
 いつまでも歩くような気持ちがいくらかあるのです。

 でも結局は必ず終わりが来るのです。
 力を尽くして歩めば、必ず成就する日が来ます。
 歩き尽くした時、行き着くのです」

(参照:『聖歌のめぐみ』)




この道を最後まで歩むことが
どれほど大切なことか、改めて感じました。

特にこの唄が作られた頃は
み旨を歩むことが大変厳しい時でした。

昔の多くの先輩たちは、馬の尻尾をつかむように
けして離さないように、とよく言われていたといいます。

学生時代にある先輩から聞いた証しです。

あまりにも歩むことが厳しくて、
教会から去っていこうと、こっそり抜け出したことがあった。
その時のマザー(青年部でお母さん的な立場の人)が
たまたま私の姿を見つけて、走ってきて教会に連れ戻した。

そのマザーは足が不自由な人だったのに、
走ってくるなんて。。。
それ以降、この道を離れようと思ったことはない。

そんな証を思い出しました。

昔の先輩たちの苦労があって、
今の私たちがあることを思って、
今もみ旨に苦労はあるかと思いますが、
最後まで行かなければ何もならない、
そういう思いを、かみしめながら
讃美していきたいと思います。

(下に歌詞を掲載)



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


聖歌第一部28番
「わが身の十字架」

1.
わが身の十字架を誰(たれ)に担(にな)わさん
主はこの道を先駆(さきが)けしを
(たまわ)りし御旨(みむね)果たせずして
千歳(ちとせ)の歴史は血と涙
十字架背負いてわれは行かん
ゴルゴダかなたに勝利が歌う

2.
身ニ過ぎし重荷、負わすべきや
強く歩まばわれは着かん
御旨に捧(ささ)げしこの身なれば
などてためろうや生命(いのち)の道
十字架背負いてわれは行かん
ゴルゴダかなたに勝利が歌う

3.
御旨成すが為(ため)、耐え来し(たえきし)
子もまた共に戦わんや
成さずば苦労も無に等しく
戦い勝てば永久(とわ)の幸を
十字架背負いてわれは行かん
ゴルゴダかなたに勝利が歌う

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 12:00 | Comment(0) | 聖歌・UCソング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月14日

祈りの中で与えられた聖歌、「私は祭物、この身はどうなったとしても感謝」



190710-19550704.jpg


世界家庭4月号、「続・聖歌のめぐみ」より
聖歌15番『我は供え物」です。


  この身はどうなったとしても感謝≠ニいう思いが聖歌になる
  このコーナーでは、私たちがふだん讃美している聖歌が誕生した背景について、
  聖歌編纂委員の天野照枝さん(777双)が解説しています。

  今回は聖歌15番「我は供物」です。
  劉孝元(ユ・ヒョウウォン)統一教会初代協会長のいとこに当たる、
  劉孝敏(ユ・ヒョウミン)さんによって作詞作曲されました。

  以下は、本誌からの抜粋です。

-----------------------------

   お父様の切実な説教

1956年から57年頃、真のお父様が涙とともに語られた説教に、
劉孝敏さんは深く感動しました。
復帰摂理を導いてこられた神様のお心を、「祭壇と祭物」という内容で話され、
私と共に死の場を超えてくれないかと訴えられた説教でした。
祭壇とは、時代性や環境をも意味します。
お父様は次のようにおっしゃったそうです。

「神様がどれだけ長い歴史を耐えて、心を尽くし、
犠牲をいとわず、祭壇を準備なさったかを考えてみなさい。

そのように祭壇を準備されても、祭壇に供えられる清い供え物が悪に侵害されて、
全てが崩れる瞬間の神様の悲しみと、苦しみを思ってみなさい。

アブラハムに、愛するイサクを捧げよと言われるとき、
無慈悲に命令した神様だと思うのですか?

十字架上のイエス様の祈りを、神様はどう聞かれたと思うのですか?

死んでくれと言うとき、神様も泣いておられるのです。
ご自分の心も言えずに泣かれるのです。
私たちは、その心情を知って、神様を慰労する祭物となって祭壇に上り、
今こそ勝利の峠を越えていかなければなりません」

そして、アブラハムのイサク献祭の話をされ、
「そのとき、イサクは、生きているけれども死んだ立場でした。
祭物とはそのようなものなのです」と言われました。
イサクは、自分を祭物として捧げようとする父アブラハムの姿に、
一瞬は驚きながらも、「あんなに自分を愛していた父のすることだ」と、
条件なしに父を信じ、父の信じる神を信じたのです。

イサクがもし逃げ回ったらどうなっていたでしょうか。
アブラハムの忠誠と、それに劣らないイサクの忠誠とが合致して、
共に死んだ立場からよみがえることができたのです。


   祈りのうちに与えられた詞と曲

劉孝敏さんは、真のお父様のその説教に心を深く動かされ、
涙と共に数日を過ごしました。
神の摂理の途方もない忍耐が何のためだったのかを思い、
またそれを語ることもできず、言葉なく泣かれる神の涙を知ったのです。

そのとき、「神よ、あなたの切実なる思いを、私は今、知りました!」
という思いがほとばしったのです。

210414.jpg
▲作者の思いが込められた原譜(草創期の韓国語の聖歌集『성가』から)

そのように、心の深い所で天と交流しながら、祈りのうちに、
一つ一つの言葉と曲が与えられていったので、
この聖歌は「霊歌に近い」と劉孝敏さんは言われました。

祈りは徐々に決意に変わっていきました。
私は祭物だ、この身はどうなったとしても感謝である
という思いが、聖歌「我は供物」として結実したのです。




「祭壇と祭物」
お父様はどんな心情で語られたことでしょうか。

義人たちが通過してきた思い、
それを見つめる神様の心情を誰よりもご存知であり、
お父様ご自身も神様を慰めるために、
喜んで祭物の道を歩まれたのだと思います。

劉孝元先生のいとこの先生が
この曲を作られたことを初めて知りましたが、
曲が作られた背景を知ることによって、
一層深い思いで、歌うことができます。

ありがとうございます。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)




posted by ten1ko2 at 10:10 | Comment(0) | 聖歌・UCソング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月10日

真っ暗な夜に、明るい昼かのような感謝と希望の歌を! 《聖歌・聖苑の恵み》



210310.jpg
〈釜山・最初のボンネッコル教会〉


癒やしのオルゴール聖歌のシリーズ聖歌2番「聖苑のめぐみ」


今回の曲目は、聖歌2番「聖苑のめぐみ」です。

1953年の春、釜山(プサン)で厳しい迫害が続く中、
3度目に移られた水晶洞(スヂョンドン)の教会で
真のお父様(文鮮明先生)が作詞されました。

詩を書き付けたメモを見た金元弼(キムウォンピル)先生が
それを全部暗記して、1956、7年ごろに
曲が付けられ、初めて歌われるようになりました。

当時の釜山教会は、家といっても石と土を混ぜ合わせて
小さく築き上げてあるだけのもので、畳2枚も敷けない、
雨漏りのするほら穴のような部屋でした。

そのような大変な状況下で作られたこの歌は、
なんと感謝と深い喜びに満ちていることでしょう。

「真っ暗な夜に、明るい昼と思える
 感謝と希望の生活をしよう。
 私は爆弾が落ちてくる中で、
 理想世界のことをじっと想像した」


と言われる、
お父様の心がそのままに表されており、
私たちに勇気を与えてくれます。

「誰か一言でも、私の心に秘めた
 悲しみを言い当てたら、
 私は即座に大声で泣き出すだろう。

 神と先生が抱き合って泣いた、
 その深い悲しみは地上の誰も知らない。
 深い神の心情は、だれも計り知れない。
 それを思うと、細胞がしびれてくるようだ……」


これは1970年秋に語られたみ言(文鮮明先生の教え)ですが、
そのような、誰も知らない境地を一人行かれた道は、
生きた歴史となって、私たちを導いているのです。

(参照:『聖歌のめぐみ』)

210310.jpg

 また今回の背景画像は、寒い冬を乗り越え春を迎え、
 希望に満ち溢れる草花の中でも一際目を引くタンポポです。

 タンポポには「愛の神託」「神託」という花言葉があります。
 ヨーロッパで古くから行われていた「タンポポの綿毛占い」が由来であり、
 この愛(恋)を神に委ねる、託すという意味だそうです。

 恋とは違いますが、真のお父様は、迫害の中でも
 まさに神に委ね託す心情で投入され、
 神託に沿って歩んでこられました。
 今回は、そのお姿を思いながら制作いたしました。





「オルゴール聖歌」
とてもいいですよね。
私も教会で流したりしています。

その中でも「聖苑のめぐみ」は
一番多く聞かれています。
再生回数10万回以上。

やはり、清平役事の歌でもあるし、
名曲ですよね。。。

しかし、恵みの歌、
希望と喜びの歌なのに、
歌が作られた当時の状況を知ると、
なんと困難な中だったのでしょうか。

お父様はどんな苦難の中にあっても、
感謝と喜びをもって、
希望を持ち続けていかれた、
そのことを教えてくださっていると感じます。

タンポポの花言葉にも感動しますね。
制作者の方の思いも含めて、
お父様の心情を求めつつ、
さらに深い思いを持って、聞いていきたいし、
また、役事でも賛美していきたいと思うのです。




にほんブロ本当にグ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:30 | Comment(0) | 聖歌・UCソング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする