2018年07月11日

(証し) 最高の終活は、教会を証すこと?! 母の聖和式をきっかけに親族祝福



180711.jpg


今日は伝道の証しです。
お母さんの聖和を通して、親族を導いた証しを紹介します。


祝福家庭である⺟は持病と闘いながら、
娘である私と孫3人との3世代同居で5人暮らしをしておりましたが、
今年になって体調が悪くなり⼊院することとなりました。

⼊院前から、⺟は真剣に自らの終活を考えるようになり、
最後は祝福家庭として、聖和式で送ってもらいたい気持ちを
強く持つようになっていました。

⺟は9人兄弟の7番目ですが、80歳、90歳を越える兄、姉たちもまだ健在で、
お互いに助け合いながら過ごしてきました。
しかし、家庭連合の信仰を証しすることがどうしてもできませんでした。

聖和の時が近づいていることを悟り、決意を固めつつある⺟の姿を⾒ながら、
私自⾝も⽒族を復帰していく覚悟を決めなければならないことを感じ始めました。

最後まで迷っている⺟と私のために、基台⻑が毎⽇のように病院に顔を出して、
本当の家族のごとくに接してくださいました。
⼀つ⼀つの内容を真の⽗⺟様につながるように導いてくださり、
⺟と私もようやく⺟の聖和式をする決意をすることができました。

しかし経済的にはとても厳しい生活をしており、余裕のない状況でした。
ところがその後、お⾒舞いに来た伯⺟(⺟の姉)が、
思いがけずまとまったお⾒舞⾦を⼿渡してくださいました。
そのことを通して聖和式の目途が⽴ち、
同時に念願だった先祖解怨・先祖祝福をすることができました。

本当に天の導きに感謝する中で、⺟は安らかに聖和しました。

⺟の聖和後、伯⽗、伯⺟たちに⼼情を込めて⺟の願いを伝え、
帰歓式、聖和式の説明を丁寧にしながら準備を進めていくことができました。

聖和式当⽇は、伯⽗、伯⺟たち全員が参列してくださり、
教区⻑の聖和の辞を通して、
家庭連合および真の⽗⺟様の貴さを知ることとなりました。

聖和式が終わった後も⼝々に、教区⻑をはじめ教会員スタッフに対して、
「お世話になりました。ありがとうございました」
と⼼からの感謝を表される伯⽗、伯⺟たちの姿を⾒た時に、
天の⽗⺟様に対し感謝の気持ちでいっぱいでした。

そしてその後、教区⻑の提案に従って、
40⽇追慕礼拝を通して聖酒式、祝福式を⾏うことを考え始めました。

この試みは、教会にとっても前代未聞の初の試みですので、
基台⻑と何度も授受作⽤をしながら、
⼼情整理を何度も繰り返すことをしながら、
中⼼の願い、天の願いと⼀つとなることで、
ようやく決意と覚悟を決めることができました。

そして、すべてを天にゆだねて、40 ⽇追慕礼拝のこと、
聖酒式、祝福式のことを説明するために、
伯⽗、伯⺟を⼀軒⼀軒、訪ねて回ることにしました。

どこのお宅に⾏くにも遠⽅で⽥舎道の道中でしたが、
⾏く先々で、伯⽗、伯⺟の皆さんが、それぞれのお宅の⽞関先で待っていてくださり、
私の顔を⾒るなり抱きしめてくださったり、
お膳いっぱいの御馳走を準備して待っていてくださったり、
本当に涙を禁じ得ませんでした。

そして、ある伯⽗は
「この前の聖和式という式は本当に良かったね。感動したよ。」
と⾔ってくださり、
ある伯⺟は「仏壇の前で般若⼼教を唱えながら、
亡くなったあなたの⺟さんの名前をあげてアージュと唱えているよ」
と教えてくださいました。

そして教会で⾏う40⽇追慕礼拝と聖酒式、祝福式に参加することを、
皆さんが喜んで受け⼊れてくださり、
その場で「既成祝福登録書」「独⾝祝福登録書」に
それぞれ、サインと印鑑をしてくださいました。

今回改めて、⼀家庭⼀家庭を訪ねて回る中で、
それぞれの家庭の抱える課題、問題を教えられ、
それを通して各家庭を導いていく⽅向性が⾒えてきて、
神⽒族メシヤとしての決意をし直す機会となりました。

まだまだ動き始めたばかりですが、中⼼、アベルと⼀つになって、
何よりも真の⽗⺟様と⼀つになって、今、願われている
祝福伝道を⼀歩ずつ確実に進めていきたいと思います。

決して、⼀人の歩みではありません。
天の⽗⺟様が共にあり、霊界に⾏った⽗、⺟が常に共にいてくれて、
強く強く協助してくれていることを感じています。

本当にありがとうございます。
最後まで頑張ります。



とてもアベル的なご親族のように見受けられます。
ずっと家庭連合を証ししていませんでしたが、
お母さんの聖和の時に、しっかりと証しをしたこと、
これは、お母さんご自身の決意があっただろうし、
さらには、その後、祝福式に導いたこと、
これは、ご本人の決意がなければ、できなかったことです。

神氏族メシヤの道は開かれていると思います。
霊界の協助と時代の勝利圏は拡大されています。

あと、一番重要なのは、私自身が決意することであり、
具体的に行動することだと思います。
結果は、神様が主管するのだと思うのです。






にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)




※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2018年07月10日

(証し) お母様も推奨、日本に合った勝利のしかた、「チャレンジ家庭」と共に!



180710 20180701shukushoukai.jpg


先日、お母様が来られた時の祝勝会において、
「神氏族メシヤ」勝利家庭の表彰式がありました。
参加されたご家庭の中で777双太田先生の証し、
「チャレンジ家庭の取り組みの証し」を紹介します。


私達夫婦が、神氏族メシヤを勝利しなければならないと決意したのは、
2016年10⽉、龍平で真のお⺟様がなさった韓⽇和合統⼀出征式の後でした。

二人で話し合って決意を確認しあい、家族3人での毎夜の訓読会、
祈祷会で親族、同窓生、霊の子女達の名前をあげながら祈り始めました。

そしてその年の12⽉に初めて首都圏に住んでいる
私達夫婦の霊の子女の集会を持ちました。

基本戦略は、21×21です。
夫婦で21家庭を立てながら、霊の子女達が21家庭を立てるのを協助し、
合計441家庭を立てる計画です。

疎遠だった霊の子女との交流、親族の伝道、同窓生へ働きかけていきました。
しかし芳しい成果が上がりませんでした。


転機となったのは、昨年2017年10⽉13⽇に真のお⺟様ご来⽇の折、
晩餐会の席上で、「太田、UPF顧問!」と、突然告げられたことでした。
その時から、神氏族メシヤの天運が具現化し始めました。

それまではうまくいかなかった息子の祝福の交流が始まり順調に進み始めました。
今年1⽉、二度目の霊の子女集会を持ち、今年430家庭勝利すると決意しました。

すると3⽉に教区チャレンジ家庭になりました。


チャレンジ家庭になることで、私たちの神氏族メシヤ活動と教会の祝福伝道活動に
互いに協助し合う関係がつくられてきました。

教会⻑は、私たちの氏族伝道を協助してくださいます。

妹の夫の健康状態がよくないというと、
家まで訪問し祝福式を行って下さいました。

そして、礼拝で私たちがどのように活動しているかを
食口たちに証ししてくれています。
お互いが刺激を受けています。

そして私たちも教会の祝福伝道に協助しています。
5⽉には、神氏族メシヤ壮年指導者研修会を開催し、私が講師を依頼されました。
これから二世の研修会、婦人の研修会もお願いするといわれています。


また、私たち夫婦は、教会で⻑い信仰歴を持ちながら、
未だ祝福を受けていない婦人達に対する面接指導を始めました。

今まで何度かチャレンジしてきたけれど出来なかった、
夫が怖い等々、複雑な問題を抱えております。
真の⽗⺟様から受けた御指導、み言、証し等を含めて涙ながらの面接となりました。


そういう中で、私たちの伝道も進んでいきます。

妻の霊の子の1800家庭で、⻑女は祝福を受けましたが、
⻑男、次男がまだの家庭があります。

片道3時間かけて2回訪問するとすっかり変わりました。
ご主人もやっと希望が出てきたといって、
夫婦⼀緒に訓読会と祈祷会を始めると、直ちに効果が出て現れました。

次男が祝福を受けるということで、相手を探し始めた途端、
向こうの方からオファーが来て、今順調に進んでいるところです。

6⽉には私の妹夫婦がやっと、聖酒式、祝福式、蕩減棒の式まで受けてくれました。
講義もたくさんしましたが、反対する兄を気にして
祝福だけは受けられないと断り続けてきた妹でした。


そういうことが相まって、だいぶ食口たちの意識が変ってきたと感じています。

こうして、神氏族メシヤ活動をしながら、その計り知れない恩恵が分かってきました。

それは、疎遠だった霊の子の家庭の夫婦関係を指導し、
霊の子との関係を修復し、深めて永遠の霊の親子関係をつくることができるのです。


もう⼀つあります。
それは、組織的に、全体勝利として神氏族メシヤ430家庭を勝利するというものです。
確かに⽇本国内で勝利しようとしたら、これしか考えられません。

⽇本では、神氏族メシヤ活動が
教会の実質的成⻑に繋がっていかなければ摂理的に意味がありません。

そういう意味でお⺟様が⽇本に対して与えられた、
「⽇本では、組織的に全体勝利で」とのみ言に本当に感謝しています。

私達の神氏族メシヤ活動及びその勝利が所属教会、所属教区に大きな影響を与え、
全⽇本に及ぶように今後も頑張って参ります。

真のお⺟様ありがとうございます。
真のお⺟様に⼼よりの感謝をこめて。



世界では、アフリカをはじめとして、
さまざまな国々で、430家庭を勝利しています。
父の国、韓国においても、
どんどんと430家庭勝利の証しが届いています。

日本では、特別な使命もあることもあり、
少し出遅れているところがありましたが、
お母様が特別な配慮をしてくださったこともあって、
神氏族メシヤの機運が高まっているところです。

太田先生もお母様からの直接の指示があり、
そこで決意されてからの取り組みで、
導かれていった内容があると思います。

時代の勝利圏に乗って、
決意して、動けば、
導かれる時を迎えていることを感じます。






にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)




※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



2018年06月28日

(証し) 結婚をあきらめたご近所の人が、まさかの祝福結婚!!



180628.jpg
天正宮の花☆


伝道の証し。
今回は祝福伝道の証しを紹介します。


私は、150軒くらいしかない片田舎の村に住んでいますが、
結婚していない人が20人近くいます。

3年前、親族や友人知人の中で結婚できていない人の名前をあげて
伝道担当者が訪問しようという時があり、
私も区域の伝道担当者として10人程の名簿を頼りに訪問してみました。

出会えた親御さん自身は結婚してほしいと思っていても、
本人とはなかなか話し合いが出来ないという共通の悩みを抱えておられました。
やっと本人に会うことが出来ても、全然その様な気持ちはないと、
あっさり断られてしまった人がほとんどでした。


そんな中で、「結婚したいのでどうかお願いします」
と手をついて頼んで下さった人が一人いました。
その人は、⼩学校の先⽣を定年退職された方でした。
近所の方で、両親は特に神仏を⼤切にされ、代々信仰篤い家です。

この人が現在、霊の子となったSさんでした。
Sさんは、真⾯目で仕事熱⼼で評判の良い先⽣でした。
定年退職後すぐに⺟親を亡くされ、翌年に父親も亡くされて一人ぼっちとなられ、
その淋しさはどうしようもなく、打ちひしがれていた時でした。

今まで、一般の結婚相談所で何回かお⾒合いされましたが、
なかなか上手くいきませんでした。
そんな中、昨年の教区主催のブライダル交流会にお誘いするために、
パンフレットを持ってご案内しました。

しかし、過去の経験もあり、
「どうせ又あのにがい思いをするだけだから気持ちが進まない」と断わられました。
2 回、3 回とパンフレットと私の書いた手紙を持って勧めに⾏きましたが断られました。

教会⻑から「もう一度⾏って来ましょう」と言われましたが、
嫌がっている人をブライダルに誘うのは辛く、気が重かったのです。
しかし、中⼼が言われるのに、私がここで止めてしまったら
この人にチャンスは無いかもしれないと思い、
勇気を奮って断られるのを覚悟で⾏ってみました。

あまり何回も勧めるので、Sさんは「待てよ、何度断ってもこんなに言われるのには
何か深い意味があるのかもしれない」と思ったようで承知して下さいました。


当日は、⾞の中で一言も話されず、こちらも機嫌を取りながら、
「勉強のために⾏くつもりで参加しよう」と励まし、
やっと気持ちを切り換えて下さった様な状況でした。

⾏く途中、⾞の中から⼆重の虹が出たのを⾒たこともきっかけになり、
これは幸先良いかもしれないとの夢をもちつつ会場へと急ぎました。

ホテルの中へ入られると、「もう自分が頑張るしかない」と思われたのか、
順番に出会う⼥性と笑顔で話し合っておられたので安⼼しました。
希望する人を3人決定する中で、自分を希望していて下さる⼥性が
いて下さった事を非常に喜ばれ、
「その人と話したい」と人が変わった様になられました。

希望した人とゆっくり話し合う事ができ、通じ合えてカップル成⽴となりました。
本当に「まさか駄目だろう」と思って参加されたのでしたが、
神様、真の父⺟様、ご先祖様の導きを感じました。


ところがその後、妹さん夫婦がインターネットで家庭連合の結婚だと知り、
お勧めした私に対して厳しく
「今からでも止めてほしい」と強く言って来られました。

しかし、Sさんは相対者の方をとにかく気に入っていて、
「この人以外には自分と合う人はいない、
四柱推命でみてもらっても抜群の相性であり、
この縁を逃したらもう次はない。
兄弟の縁を切ってでもこの結婚を守りたい」と強く主張されました。

妹さん夫婦もSさんの決意を知って認めざるを得なくなり、
第3回目のカップルセミナーの後、Sさんと相対者さんを自宅に招いて下さり、
ごちそうをして歓迎して下さいました。

その後、1日1、2回は必ず電話をされ、デートも重ね、
お互いの親族とも紹介し合い交流を深めながら、
2人の絆を確かなものにしていかれました。

祝福献⾦も了解の上ですぐ納められ、
今年1月に既成祝福を受けられました。

もう結婚は出来ないと諦めていた人でしたが、
こうして尊い導きによって、明るい家庭を築くことができ、
村に⼤きな証しを⽴てて下さった事を嬉しく思います。


Sさんは教区清平聖地巡礼ツアーに参加されました。

ご夫婦は、親孝⾏をする事、先祖を⼤切にする事、霊界を重んじる事という、
3つを⼤事にしたいという共通の価値観を持っておられます。
しかし清平摂理についてはまだ⼗分に理解ができておらず、
最初はツアーの参加にとまどいがあり、もう一歩踏み出せない様子でした。

それで、伝道教育部⻑から先祖解怨の⼤切さなどの講義を受けると、
中⼼人物として今、自分が担っている責任を自覚されました。

教会⻑を中⼼として、関係スタッフの方々と相談しながら進めていく中で
Sさんは相対者と共に納得され、
「霊界や先祖の事は重要やから何の不⾜も思いも無い。
解りました」と感謝して、先祖解怨を決意されました。

家庭出発されてから2ヶ月くらい経ったばかりでしたが、
それまではお互いに解らなかった事も、
家庭⽣活する中で⼆人の間にいろいろな事が出てきました。
その度ごとに⾯談を受けながら指導を受けていかれました。

問題の原因は我々の体についている恨霊であり、
解決出来なかった他家の恨みを持つ恨霊や、
自分の中の恨霊を特別解怨することで問題解決に導かれることを理解され、
今回のツアーで解怨をされました。

この様に先祖や霊界の事は何よりも優先していかれる姿勢には
本当に清いものを感じております。


この度の教区ツアーは、Sさんにとっては、
先祖解怨と自分達に働きかける中⼼恨霊の解怨という目標があり、
緊張と不安があったと思います。

しかし周りの兄弟姉妹の⽀えや、
何よりも教区⻑や教会⻑の熱い思いやりがあったので、
その不安を越えて、希望の持てる、
喜びと感謝の思い出深いツアーになったと思います。

今回、Sさんにとって嬉しかった事は、教区⻑がお疲れの中にも関わらず
時間の経つのも忘れてホテルのロビーで講義をして下さったことだそうです。
「自分は日本一の講師の先⽣に一対一で講義をしていただいたのだ」
という誇りと感謝の気持ちで一杯だったそうです。

どうしてこんなに熱⼼にして下さるのか、
感動してとても嬉しかったという感想でした。

神様、真の父⺟様、教区⻑、教会⻑はじめ、関わって下さったスタッフの方々、
皆さんのお陰と深く感謝申し上げます。

これからも祝福家庭として頑張って下さる様、
皆様のお⼒を借りながら温かく⾒守っていきたいと思います。
ありがとうございました。



150軒の片田舎にすんでいて、
そこで、祝福伝道をする。。。
とても勇気のいることだと思います。

真の父母様の願いに応えるため、
祝福に導こう、熱い思いがあって、
そのような取り組みをしていったと思います。

地域の人に真の父母様を証し、伝道すること。
これは、神様、真の父母様はどれほど喜ばれるでしょうか。

伝道の秘訣は、自己伝道・内部伝道、
その土台で、外部伝道です。

この婦人は、まさに自己伝道を通して、
伝道する意欲を強く持たれ、
そして内部伝道を通して、
責任者の方たちから協助を受け、
そして、祝福に導くことができました。

神氏族メシヤ勝利の道。。。
私達も相続していきたいと思うのです。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)




※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)