2019年07月06日

ノエル・ジョーンズが初めて家庭連合に来た日! 《平木直子さんの証し》



190706-20190622.jpg
神アメリカ希望前進大会(2019.6.22)ラスベガス MGM☆


先日のラスベガスの大会でも、
大きな存在感を示していたノエル・ジョーンズ司教。
在米日本人、平木さんの証しです。


 米国・第5地区個団(在米日本人会)長の平木直子さん(6000双)は、
 2004年から本格的にノエル・ジョーンズ牧師の
 「シティー・オブ・レフュージ教会」に通い始めました。
 初めは、アポイントを取ることすら難しかったといいます。

 一体、どのようにしてジョーンズ牧師を伝道することができたのでしょうか。
 以下、平木さんの証しの一部です。



*2010年、ジョーンズ牧師が初めてLAの家庭連合に

2010年1月30日、ノエル・ジョーンズ牧師が
初めてロサンゼルス(LA)の家庭連合を訪れてくださいました。
そのときは、米国聖職者指導者会議(ACLC)の
スターリングス大司教もいらっしゃいました。

ジョーンズ牧師が来られる前、スターリングス大司教は、
「本当にジョーンズ牧師が来るの?私は信じられない。
もし来たら、逆立ちして教会を一周するよ」とまで言われていました。
それほどに奇跡的なことだったのです。

ジョーンズ牧師は、非常に知的でありながら、
霊的な感性も鋭く、常に神様と真理を求めている人でした。
そこで、私は『原理講論』の各章をコピーして、
毎回、ジョーンズ牧師が大好きなバウムクーヘンと一緒に持っていきました。

そのためか、ジョーンズ牧師は説教で
「原理」の核心的な内容について言及することがありました。

例えば、「神様はご自分のかたちに似せて、男と女を創った。
ゆえに神様の中には女性的な性質もある」といった内容です。


*ジョーンズ牧師が「真のお母様に会いたい」と韓国へ

2017年8月6日、シティー・オブ・レフュージ教会で、
50人のカープの若者による
韓国語バージョンの「無条件(ムジョッコン)」ダンスを披露しました。

すると、そのダンスが本当にセンセーショナルだったようで、
ジョーンズ牧師はとても喜んでくださいました。

これをきっかけに、ジョーンズ牧師と
カープの学生たちの関係が非常に近くなったのです。

さらに決定的だったのは、8万人が集った
「2017韓半島平和統一世界大会」(2017年11月11日、ソウル)への参加でした。

ジョーンズ牧師はとても忙しくされているので、
本来なら大会の予定を3か月前に知らせなければならないのに、
このときジョーンズ牧師は10日で決断してくださいました。

「 I want to go to Korea!!(韓国に行きたい)」と言い、
そして「真のお母様に会いたい」と言ってくださったのです。

大会当日、ジョーンズ牧師は、
真のお母様が各宗教指導者たちを一つにまとめていらっしゃる姿に、
とても感動していました。

さらには、本当に韓半島の情勢が変化していく姿を見て、
正に、お母様こそが平和をもたらすことのできる方だと
確信を持ったようでした。

『世界家庭』2019年7月号
「真の父母様が40年間投入された米国の復帰を目指して」
読みどころ紹介@

190706 20190621aclc.jpg
ACLC総会で(左端が平木さん)


やはりここまでに至るためには、
目に見えない精誠があってのことだと思います。

CARPの学生たちの「無条件」が彼の心を開いたとのことですが、
そのCARPも、長い間解散して存在しなかったものを、
平木さんが自分の娘さんたちを通して
再興しました。

40名から400名、昨年10倍化して
埼玉スーパーアリーナに来日しましたが、
その立役者です。

世界家庭に掲載された証しを読むと、
2004年からコンタクトを開始して、
家庭連合に初めて来たのが2010年だということで、
6年間通い続けたわけですよね。

毎週日曜日に訪問し、
家庭連合の行事の案内をしていったということです。

転機が訪れたのは、
「ファミリーピクニック」に参加した時ですが、
ジョーンズ牧師の運転手と仲良くなっていて、
彼からジョーンズ牧師に家庭連合の行事に参加することを
プッシュすることを通して、
家庭連合訪問が実現した、とのことでした。

精誠を続けることによって、
出会いが導かれるのだと思います。

私たちも平木さんの歩みを
相続していきたいですね!

↓ 平木さんを紹介した記事です
ノエル・ジョーンズが立つまで! 4.6の軌跡、勝利の鍵は「根性」と「無条件」?!
(徳野会長のメッセージより)




にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2019年05月10日

(証し)「伝道は、神と霊界がする」 台湾で、9歳少女が社長を伝道!!



190510 20190320-0401.jpg
台湾巡回でみ言を語られる方地区長☆


真のお母様も、大変喜ばれたという
ホットな証しです。

台湾で、幼い3人兄弟が伝道活動をし、
そして、9歳の女の子が、
60代の女性社長を伝道しました──


今回、台湾の地区長になった方相逸(パン サンイル)地区長が
台湾を巡回され、伝道の講義をされました。

全食口、伝道しよう!という雰囲気になり、
ある教会の教会長(女性)も食口たちに訴えましたが、
誰も伝道に出ようとしません。

「なんでうちの食口たちは伝道しないんだろう・・・」
思わず家に帰って、愚痴ってしまいました。

それを聞いていた、3人の子供たちが、
「お母さん、なんで悩んでいるの?」
「みんな伝道するように言ってもだれも活動しないんだ」
「じゃあ、私が伝道するよ」
それで、街頭でチラシを持って伝道しました。

9歳の娘が、ある女性にチラシを渡そうとしました。
一度は断りましたが、子供が配っているので、
受け取ってあげようと思い、チラシを受け取りました。

見ると、「人間は何のために生きているのか、人生の目的は何か」
チラシの内容に心を惹かれました。
それが60代の社長だったのです。

早速、教会に行き、教会長の話を聞きました。
「もっと話を聞きたいのですが、これから用事があって、
また、夜10時に戻ってきます」

教会のスタッフはみんな懐疑的でした。
「10時に来るなんて、口から出まかせですよ。
教会長、帰りましょう」
教会長も半信半疑ではありましたが、
それでも待ってみました。

そうしたら、10時にちゃんと来たのです。
そして、夜中の1時まで、3時間話しました。

社長は、教会長の話に感動し、
「み言を勉強したい」
といって、入会願書を書きました。
それから毎日教会に来ています。

(文責:ten1ko2)


この証しを聞いて、お母様は、
「伝道は神様がする!
伝道は霊界がする!」
そのように、はっぱをかけられたといいます。

本当に自分の力で出来ることは
微々たることしかありません。
ただ、ちょっとした条件が必要なのだとも思います。

今回は、教会長であるお母さんの深刻な悩みに、
娘さんが相対して、活動しました。
ですから、親子一体の勝利であると思います。

私たち以上に天は、霊界は、
切実であり、深刻なのだと思います。
その心情の共鳴圏によって、
霊界が働くことを信じて、歩んでいきたいです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2019年05月02日

(証し)私と娘の心を変えた書写?! 断絶した娘の名で書写、奇跡の交流復活!



190502 20190420.jpg


自叙伝書写を通して、
奇跡の証しが続出しています。
今回は、書写を通して、娘さんとの溝が埋まった、
という婦人の証しを紹介します。


私は今から2年前に、ある婦人との出会いで
人生が180度変わりました。

今は、救われたような気持ちで、喜んで書写をしています。

2年前の私を考えると、今の私は奇跡のようです。


その頃の私はいろいろ悩みが多く、心がつぶれそうでした。
 
一番の悩みは家族のことで、私には娘が2人いるのですが、
親子関係はとても悪く、
どう解決していいのか分からずにいました。

実はとても言いにくいことなのですが、
私は夫と故あって離婚しました。
2人の娘には「私たちを見捨てた!」という
思いを持たせてしまい、気付いてみると、
20年の歳月が流れてしまっていたのです。
 
娘たちとの交流は全くなかったわけではないのですが、
徐々に回数が減っていき、いつの間にかなくなってしまいました。

心の中に大きな負債を持ちながら過ごし、
こんな気持ちを持ったまま、人生を終わってしまうのか
という思いが出てきては、先行きが真っ暗になって、
全く前に進めない状況でした。


そんな時に、道端である婦人に声を掛けられ、書写を勧められたのです。

なんとか娘たちとの関係を20年ぶりに取り戻したいという
切実な気持ちで、一字一句祈るような気持ちで書写をしました。

書写を始めて半年ぐらいたった頃でしょうか。
 
「迷っていないで、自分の素直な気持ちを娘たちに早く伝えたらいい」
という思いが心の奥から出てきました。
これが私にとって、大きな転機となりました。

すごく勇気がいることでした。
死ぬような境地で、とても苦しかったのですが、
書写を指導してくださる先生のアドバイスを頂き、
娘たちの名前で何回も書写をし続けました。


すると娘への今までの負債が一つ一つ心の中から消えていく
という不思議な体験をしたのです。
 
「書写ってすごいな」と感じました。
その時から積極的に
娘たちに手紙を書いて送るように心掛けていきました。

先月のことです。突然、長女からメールがありました。
友人の結婚式で着るドレスを作ってほしいという内容でした。
もう信じられず、私の心は天にも昇るようでした。

メールのやりとり、電話のやりとりができるようになり、
今までの溝が埋まるようにと祈るような気持ちで
ドレスを準備し、娘に渡すことができました。

「書写は自分の心だけでなく、娘の心まで変えてしまう
パワーがあるんだな」と強く感じました。
本当に感謝です。

今も感謝の心で書写をしています。
多くの人が書写をして幸せになってほしいと思う今日この頃です。

自叙伝書写 感動体験集
第65回 書写で娘との絶望的な溝が埋まる
(70代 女性)


真のお父様のみ言を書写していく「自叙伝書写」。

真の父母様は、真の愛の勝利者です。
書写することを通して、真の父母様の勝利圏を
私の心に書き写し、願いを祈っていくならば、
私自身も様々な気づきを与えられ、
そして、願い事が叶っていく、という、
奇跡的な証しが続出しているのです。

また、この婦人のように、精誠を込めて、
素直に、真剣に、切実に、
実践することが重要なのだ、と思います。

真のお父様がみ言を勝ち取られるのは、
まさに命がけでした。

だからこそ、同じ心情圏でみ言に接することで、
私たちも勝利圏を相続できるのです。









にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)