2020年03月30日

(証し) 息子が変わった! 「願い事は必ず成就する」一日1冊(30枚)の書写



200330.JPG


自叙伝書写の証し。
「一日一冊(30枚)書写で祈願成就」です。


書写をするようになって8ヵ月になります。

私は自営業で一生懸命働いてきました。
仕事柄、出掛けることも多く、本当の意味で
子供に愛情を掛けてあげられなかったと反省しています。

そんなある日、心の書写と学びに出会いました。
子供に対する愛情の掛け方を指摘され、
まずは、私自身の心の在り方、
考え方を変えていく必要性を感じて書写を始めました。

何よりも家族だんらんと和合を祈願しながら
書写をしてきました。
数ヵ月たったころ、ある変化が訪れました。


私の家では私と長男夫婦と3人で暮らしているのですが、
なかなか同じ時間帯に一緒にいるということが少なく、
すれ違いの多い家族でした。

しかし、幸いにもわが家には
エアコンの付いている部屋が1部屋しかなく、
今年はとりわけ暑い日が続いた夏でしたので、
自然と3人がエアコンのある1部屋に集まるようになって、
顔を合わせるようになれたのです。

書写のおかげだと思いました。
「エアコンが1台しかなかったからでしょ」
と思われるかもしれませんが、
スタッフのかたは「書写のおかげですね」
と一緒に喜んでくれました。


そして3人が顔を合わせるようになっただけではありません。
息子が優しい声を掛けてくれるようになりました。

何か買い物に行けば
自分たちの物しか買ってこなかった息子夫婦ですが、
買い物に行く前に「何か欲しいものある?」と聞いてくれるようになり、
お願いすると買ってきてくれるようになりました。
本当にうれしかったです。

さらに私には願っていたことがありました。
この息子がちゃんと働くようになってほしかったのです。

息子と会話ができるようになったものの、
仕事の話はなかなかできませんでした。

 
そんなある日、書写会の館長さんが、
書写を1日1冊書くことで大きな気付きと心に変化があった人がいた
という証しをしてくださり、
「願い事は必ず成就できます」と力強くお話ししてくださいました。

それを聞いて、私もやってみたいと心が躍りました。

その日、早速、館長さんが「必ず成就します」
と言われた言葉を胸に、
一心に1冊の書写(30枚)を書き上げました。

2時間40分かかりました。
次の日はフラフラになり、スタッフのかたに
体を心配されるほどでしたが、
不思議と心は、やりきった思いでスッキリしていました。

「愛天愛人愛国・家庭生活講座」で学んだ、
笑顔の生活や掃除をすることは、なかなか実践できていませんでしたが、
だからこそ「書写だけはしっかりやろう!」、
そんな気持ちで1日1冊の書写を継続していきました。


すると2、3冊書き上げた頃、息子に変化が現れたのです。

わが家は不動産業の傍らハウスクリーニング業をしています。
職人さんが迎えに来て息子に声を掛けてくれるのですが、
今までは息子は笑っているだけで
一緒に仕事場に行くことは全くありませんでした。

それが最近では、ペンキを塗れる格好をして
「はい、行きます」と言って現場に出掛けるようになったのです。

1日1冊書写を始めてから、
短期間ですごい変わりようだと思いました。


その後、1日1冊書写は、スタッフのかたとの相談の上、
1週間1冊の書写にして続けていますが、その後も恩恵はありました。

お金のことで文句を言っていた息子が
一切お金について文句を言ってこなくなりました。

また、健康を害するほどに息子はお酒が好きなのですが、
そのお酒の量も減ってきたのです。


息子のことだけではありません。

私自身も以前より人を思いやる心や、
気遣う心というものをもてるようになり、
心が穏やかになったような気がしています。
毎日がうれしく感じられるようになりました。

不動産業にとって入居者のいないアパートは
頭が痛いところですが、
私が学ぶようになってから、
立て続けにアパートの4部屋の入居者が決まりました。

不思議とその連絡は私が勉強している時に
携帯電話に入るのです。
本当に感謝です。

「人類を幸せにしてあげたい」と思いながら
生涯を過ごされた文鮮明先生の愛の言葉に、
心の書写を通して触れることで、
たくさんのかたが幸せになってほしいと思います

(関東 女性)
文責:ten1ko2


素晴らしい証しですね。
一日に書写を一冊書く、
これは物凄い精誠だと思います。

文面を読むと、この方は、
食口ではなく、書写会員の方だと思うのですが、
なんというか、純粋に信じておこなう、
その真剣さ、切実さを通して、
天が役事したのでしょう。

願いを成就したい、
だから一冊書写をやるんだ、
という意気込みと、
これならできるという喜びをもって
一心に取り組んだのだと思います。

お父様の自叙伝のみ言が
心のうちに宿り
力を得ていったのかもしれません。

強く信じる思いとそれに見合う精誠。
見習っていかなければ、と思います。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2019年08月04日

伝道は鬼ごっこ、まずNo1を追いかけ続ける・・・?! 《平木さんの伝道の秘訣》



190420 hiraki&jones.jpg


ノエル・ジョーンズ司教の霊の親、
平木直子さんが、先日、ある集会で語られた証し。

これは「伝道の秘訣」がギュッとつまった、
まるで名言集とも言うべき内容です。


 ★伝道する時は「霊界の協助」が1番大きい!

人の額には先祖の功労の数が書かれています。
(お父様には見えるといいます)。

自分から逃げ回るゲストがいたら、
そのゲストの背後の先祖が逃げているんです。

霊界では功労が多い先祖達は、功労が少ない人に出会うと
自分達の功労を分けてあげないといけなくて、
それが嫌だから相手は逃げるのです。

相手の方が高い位置にいると復帰も簡単ではありません。
功労の数、条件の数が勝負です。


 ★その差を埋めるには、とにかく精誠条件と
  アベルカインの一体化、霊界を屈服させること


神から与えられた人を愛していくことで
自分が運勢をもらえます。
一体化するところに神様と絶対善霊が助けにきます。

いかに一つになるか、アベルカインの問題は大事です。
アベルの事情と心情を自分のものとしてやり、
アベルと一つにさえなれば、あとは神様がやってくださいます。

私は、若い頃、自分の力で何とかしようとしていました。
アベルに葛藤し戦いました、愛せませんでした。
しかし、40日祈祷精誠条件を3回やったら、心が開かれて
アベルを愛せるようになりました。


 ★伝道が進まない場合──恨(ハン)を解く

離れた兄弟がいたら、恨みの霊界を残していくから、
まずその残った恨みの霊界を整理しないと新しい兄弟は入ってきません。

恨みを持った兄弟の愚痴を聞いてあげるのです。
そうして1件1件回って行き、謝ってあげました。

(話をじっくり聞き、謝り、愛することを通し)
「いや、これは自分が越えられなかったんだ」と相手の口から言わせ
恨みを持った霊界を屈服させたら、
霊界がそこで初めて整理されるのです。


私の恨(ハン)は私個人の恨ではない、神様の恨。

これが解けないと神様の恨は残ります。
だから越えていかなければなりません。

摂理が無ければカインにはならないのです。
自分が減少感を感じたら全体を代表して
感じていると思うことが重要です。
逆に私が勝利したら全てが勝利されると思うことです。
減少感は誰かが越えていかなければなりません。


 ★伝道は鬼ごっこと同じ

メシヤは鬼であり、
捕まえることは、復帰するということです。

(捕まえたら手を繋ぎ一緒に走らないといけないルール)
最初に足が遅い人を先に捕まえるとその後が中々捕まりません。
それはやり方が間違っているのです。

まず宣言をします。
「1番足が速い人を捕まえる!」と。
足が1番速い人から狙うのです。
必死にその人だけを追い、他には目もくれないのです。

するとどうなるでしょうか。
最後には、1番足が速い人もギブアップします。

1番足が速い人を捕まえると
次に2番目に足が速い人を捕まえます。

(3人になったら2対1で別れてまた捕まえに行けるルール)
足の速い人同士がペアになったら
全体を一気に捕まえられます!
つまり復帰が早いということです。


伝道は、勝つまでやるのです。
相手が諦めるまで諦めないでやるのです。

霊界が屈服すると
その後は徹底的に導き協助してくれるようになります。
(文責:ten1ko2)

2019年7月27日
横浜教会


証しを読んで、平木さんは、
伝道のスペシャリストだな、と感じました。

ノエルジョーンズ司教という
「大物」を伝道するための、ノウハウというよりは、
これは、信仰の基本中の基本ですね。

ただし、それを徹底的にあきらめずに
実践していかれたことがすごいと思います。

「鬼ごっこ」で一番を狙うという覚悟、また
その明確な目的観に徹したことは、
素晴らしいとしかいいようがありません。
義人が伝道された理由がわかった気がします。

平木さんの鬼ごっこは、
私たちの通常の鬼ごっことは違いますが、
これが「天願う鬼ごっこ」だという気がします。

徳野会長がかつて一緒に歩んだ期間があリ、
その頃は「あまり目立たない姉妹だった」
とのことですが、
「こつこつやる印象があった」
とも証しされていました。

お父様のみ言に、
「精誠は毒薬よりも恐ろしい」
そのようにあります。

平木さんも勝利を相続する
私たちになっていきたいですね。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2019年07月06日

ノエル・ジョーンズが初めて家庭連合に来た日! 《平木直子さんの証し》



190706-20190622.jpg
神アメリカ希望前進大会(2019.6.22)ラスベガス MGM☆


先日のラスベガスの大会でも、
大きな存在感を示していたノエル・ジョーンズ司教。
在米日本人、平木さんの証しです。


 米国・第5地区個団(在米日本人会)長の平木直子さん(6000双)は、
 2004年から本格的にノエル・ジョーンズ牧師の
 「シティー・オブ・レフュージ教会」に通い始めました。
 初めは、アポイントを取ることすら難しかったといいます。

 一体、どのようにしてジョーンズ牧師を伝道することができたのでしょうか。
 以下、平木さんの証しの一部です。



*2010年、ジョーンズ牧師が初めてLAの家庭連合に

2010年1月30日、ノエル・ジョーンズ牧師が
初めてロサンゼルス(LA)の家庭連合を訪れてくださいました。
そのときは、米国聖職者指導者会議(ACLC)の
スターリングス大司教もいらっしゃいました。

ジョーンズ牧師が来られる前、スターリングス大司教は、
「本当にジョーンズ牧師が来るの?私は信じられない。
もし来たら、逆立ちして教会を一周するよ」とまで言われていました。
それほどに奇跡的なことだったのです。

ジョーンズ牧師は、非常に知的でありながら、
霊的な感性も鋭く、常に神様と真理を求めている人でした。
そこで、私は『原理講論』の各章をコピーして、
毎回、ジョーンズ牧師が大好きなバウムクーヘンと一緒に持っていきました。

そのためか、ジョーンズ牧師は説教で
「原理」の核心的な内容について言及することがありました。

例えば、「神様はご自分のかたちに似せて、男と女を創った。
ゆえに神様の中には女性的な性質もある」といった内容です。


*ジョーンズ牧師が「真のお母様に会いたい」と韓国へ

2017年8月6日、シティー・オブ・レフュージ教会で、
50人のカープの若者による
韓国語バージョンの「無条件(ムジョッコン)」ダンスを披露しました。

すると、そのダンスが本当にセンセーショナルだったようで、
ジョーンズ牧師はとても喜んでくださいました。

これをきっかけに、ジョーンズ牧師と
カープの学生たちの関係が非常に近くなったのです。

さらに決定的だったのは、8万人が集った
「2017韓半島平和統一世界大会」(2017年11月11日、ソウル)への参加でした。

ジョーンズ牧師はとても忙しくされているので、
本来なら大会の予定を3か月前に知らせなければならないのに、
このときジョーンズ牧師は10日で決断してくださいました。

「 I want to go to Korea!!(韓国に行きたい)」と言い、
そして「真のお母様に会いたい」と言ってくださったのです。

大会当日、ジョーンズ牧師は、
真のお母様が各宗教指導者たちを一つにまとめていらっしゃる姿に、
とても感動していました。

さらには、本当に韓半島の情勢が変化していく姿を見て、
正に、お母様こそが平和をもたらすことのできる方だと
確信を持ったようでした。

『世界家庭』2019年7月号
「真の父母様が40年間投入された米国の復帰を目指して」
読みどころ紹介@

190706 20190621aclc.jpg
ACLC総会で(左端が平木さん)


やはりここまでに至るためには、
目に見えない精誠があってのことだと思います。

CARPの学生たちの「無条件」が彼の心を開いたとのことですが、
そのCARPも、長い間解散して存在しなかったものを、
平木さんが自分の娘さんたちを通して
再興しました。

40名から400名、昨年10倍化して
埼玉スーパーアリーナに来日しましたが、
その立役者です。

世界家庭に掲載された証しを読むと、
2004年からコンタクトを開始して、
家庭連合に初めて来たのが2010年だということで、
6年間通い続けたわけですよね。

毎週日曜日に訪問し、
家庭連合の行事の案内をしていったということです。

転機が訪れたのは、
「ファミリーピクニック」に参加した時ですが、
ジョーンズ牧師の運転手と仲良くなっていて、
彼からジョーンズ牧師に家庭連合の行事に参加することを
プッシュすることを通して、
家庭連合訪問が実現した、とのことでした。

精誠を続けることによって、
出会いが導かれるのだと思います。

私たちも平木さんの歩みを
相続していきたいですね!

↓ 平木さんを紹介した記事です
ノエル・ジョーンズが立つまで! 4.6の軌跡、勝利の鍵は「根性」と「無条件」?!
(徳野会長のメッセージより)




にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)