2017年10月05日

(伝道の証し) 一番喜ばれるものを父母に捧げたい! 私の心情を天が覚えてくださった



22154525_1582556545138821_7607340040510674158_n.jpg


今回は、伝道の証し、
「120⽇路程出発の決意を持続して、書写から受講決定!」
を紹介します。


120⽇路程が始まり、この路程をどのように歩んで
真のお⽗様聖和5周年を迎えていくべきかを考え、
内的、外的に目標を⽴てて出発しました。

まず、月内には書写の再訪約束を1件取ること、
そしてお⽗様の聖和5周年までに霊の子を一人作ると決めました。

自分で決めたものの、過去の2ヶ月間では
書写の再訪約束を1件も取れていなかったので、
本当に出来るだろうか、本気でやろうとしているのかを自分に問いかけながら
スタートし、いつもその決意を確かめながら歩んでいました。


火曜⽇の前線集中⽇にも、いつもと同じように準備をして出発式に出ました。

その⽇の出発式で教会⻑が、
「今⽇は120⽇路程が始まって最初の前線集中⽇です」 と⾔われた時、
「そうだ、今⽇が最初の前線集中⽇なんだ、最初の良いもの、
一番喜ばれるものを⽗⺟様に捧げたい」と思って前線を出発しました。

この⽇に出会った方がMさんという55歳の婦人でした。
去年仕事を辞めて、普段は家にいる人でした。
同居している息子夫婦の孫を幼稚園に送り迎えに⾏ったりしておられます。

私と同い年だったので話しもしやすく、習字を習っていて書くことが好きだったので、
書写は書いてみますということで受け取ってくれました。
電話番号も教えて下さいました。


2⽇後に訪問したら、家に「どうぞ」と上げて下さり、
昨年末に新築したばかりの家の和室に通して下さいました。
「友達はリビングに入ってもらうんだけど、
この和室に入るのはあなたが初めてです」
と⾔われました。

48歳で亡くなられたお⺟さんの仏壇がある和室で40分くらい話しをしましたが、
2⽇前に会ったばかりのゲストの家にいることが不思議な感じでした。


訪問から帰ってきてアベルに報告しながら、その後のケアを考えていきました。

その後、次に訪問した時には全く書写をしていなかったり、
「来てもらうのは悪いからもういいです」と断りの電話があったりして、
その度に一喜一憂しながらも、書写に対するゲストの姿を通して
自分自⾝の⼼を⾒直し、自分が⼼を込めて書写をしながら祈祷し、
アベルと一緒に訪問しながらさらに交流を深めていきました。

初めての書写納めは私の家で⾏いました。
準備しながら本当に来てくれるだろうか、⼼配や不安もありましたが、
喜んで来て下さり、ゲストが私の家にいる事が不思議な感じでした。

⾞で迎えに⾏って来てもらったのですが、私が自分で連れて来たのではない、
私を通して、神様と霊界が導いてここに来ておられるのだと思いました。


Mさんが書写会員になってからは、教会にも来て下さり、
責任者につながりながら方向性を決めていきました。

いろいろと自分の事を話す方ですが、
過去の辛い気持ちを話して帰ってから苦しくなられた時には、
すぐ訪問してその気持ちを聞いてあげたりしました。

ゲストの情を受け止めてあげながら、ゲストに起きる事だけを⼼配するのではなく、
私が神様の前に変わらずに責任をもっていきますという
その決意だけは決して崩れないようにと
アベルからいつもそこを正され、確認しながら進んでいます。

Mさんと二人で近所の韓国料理店でランチをした時は、自転⾞で並んで⾛りながら、
「こうして気軽に付き合ってくれるのがとても嬉しい」と⾔われ、
一人っ子で 親友もあまりいない事や、厳しかった両親の事など
いろいろと話してくれました。


Mさんは、書写をする事を通して流されそうになる⼼を乗り越える事が出来たりして、
最近はみ⾔の奥深さも感じ始めています。

最初は1ヶ月に一度の書写納めくらいのペースでと⾔っていましたが、
1週間に一度教会に来て、原理のみ⾔を学んでいきたいと⾔われて
受講決定をされ、学びはじめました。

Mさんが教会に来られた時には、⼼から接待をしてくれる姉妹達の気持ちが嬉しく、
「教会にいるのが居⼼地がいい、帰る時には元気になる」と喜んでおられます。


以前、私は、前線集中⽇が週1回から週2回に変わったときに、
今までのように 火曜⽇だけ前線に出るという自分の思いを否定して、
難しいと思っても天の願いに 合わせていこうと決意しました。

真のお⺟様の願いに応える為には、今までと同じではいけない、
神⽒族メシヤとして勝利する為には
何か⾏動も変えていかなければいけないと思いました。

ゲストや⽒族の為の祈祷条件、今までやったりやれなかったりした夫婦での訓読も
毎⽇続けながら、神様と⽗⺟様の前に⼼から感謝と喜びで
歩んでいける私になりたいと思いました。

私が⽴てた目標は誰よりも神様が覚えておられ、
途中あきらめそうになっても、そこに向かっていこうとする私の⼼には
いつも神様がおられる事を感じています。

いつも私自⾝の動機を正しながら、
最前線で歩まれる真のお⺟様を⽀えていける者になっていきたいです。



素晴らしい証しですね。。。
出発の決意によって、良き出会いを与えられ、
その出会いを大切にされ、
熱心にケアーしていく姿を通して、
心が開かれていかれ、み言に繋がっていかれたと感じます。

天運のある時を迎えていますが、
神様の手となり、足となって、
いかに実践していくかが問題だと思います。
決意と心情を強く持って、相続していきたいです。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2017年09月26日

(伝道の証し) あきらめないで! 「手を離してはだめですよ」 夢でお母様が激励!



21766817_1574715409256268_293356804968183551_n.jpg


「断られるかもしれない」と
途中であきらめそうになったところを
夢で真のお母様に励まされ、
再アプローチしたという、伝道の証しです。


私は、夫の知り合いを通して、30年以上会っていなかった
元職場の同僚であるSさんの連絡先を知り、
2回ほど会うようになりました。

伝道を意識していたので、3回目に会った時に、
「幸せな家庭づくり」のセミナーに誘ってみましたが、
Sさんは朝起き会が忙しいとのことで、断られてしまいました。

6月にSさんの誕生日があったので、手紙とプレゼントを贈りました。
手紙の中で、セミナーのお知らせをして、
「時間がある時に来ませんか?」と誘ってみました。

手紙を渡してから1週間ほど、
「断られるかもしれない」という内的な戦いがありましたが、
この間に、真のお⺟様が夢に現れて下さいました。


教会の礼拝堂に食口の皆さんが集まっている中で、
お⺟様が一人一人と握手をして下さっている夢でした。

私の番になり、お⺟様から握手して頂きましたが、
お⺟様は手を握ったまま離されませんでした。
「お⺟様、手を離して頂けますか?」と私が話した時に、
お⺟様から、「手を離したらだめですよ」と⾔われました。

ちょうど、Sさんの伝道のことで悩んでいた時だったので、
お⺟様の⾔葉が、「Sさんのことをあきらめないで下さいね」
とおっしゃられているように感じられました。


セミナーの一週間前でしたが、
勇気を出してSさんに2回目の手紙を送りました。
ずっと返事がありませんでしたが、

セミナーの前日になってSさんから、
「セミナーの件で迷っている」とメールが来ました。
伝道責任者に相談して、Sさんには一晩考えてもらうことにしました。

セミナー当日、Sさんから連絡があり、
幸せな家庭づくりセミナーの新規講演会に参加してくれることになりました。
そして、そのままスムーズにSさんの受講が決まりました。

一人一人の命の救いのために愛を注いて下さる
真のお⺟さまであられることを実感しました。
Sさんに、一日も早く真の⽗⺟様の価値を理解してもらえるように
しっかりとケアーをしていきたいと思います。



この夢の証しを通して、
お母様と一つとなることをより、
天運が到来することを感じます。

また、断られてもあきらめないで、
最後まで、み言を伝え続け、愛し続けたがゆえに、
心が動いたのだろうと思います。

昨日も取り上げましたが、
「真のお母様と1分1秒もずれないで完全に一つになり」・・・
このみ言を地に落とすことなく、歩んでいきたいと思うのです。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



2017年09月11日

(証し) 老人会や町内からこぞって参加30名、議員も! バスを手配し大会へ!!



21151423_1552875974773545_5480605513422813578_n.jpg
天正宮の花☆


5千名書写大会に、議員や老人会などから
30名を動員したという証しです。


6月25日に行われた岡山5000名書写大会に、
地域から議員や老人会長を含め
30人を動員した証しをさせていただきます。

私は地域の老人会の役員をしています。
60人が集まった新年度の老人会総会では
市の要職者からの挨拶もあり、私は司会とカメラマンを兼ねていました。

(そこに来ていた?)ある議員は、新人として立候補したときから出陣式にも行き
親近感も持っていましたので、是非5000名大会参加のお誘いをしようと決意しました。

5月の連休前から、議員の自宅や後援会事務所へ
5000名大会のパンフレットフと名刺、(世界日報の)ビューポイントも入れ、
何回も電話しましたが、なかなか会うチャンスがありませんでした。
そのような中、後援会事務所から「議員を囲む会」の案内が来たので、
すぐに参加の返事を出しました。

新年の老人会総会の写真を老人会長の自宅へ持って行った時、
葛藤もありましたが思い切って5000 名大会参加のお願いをしました。
すると翌日、会長が我が家へ来られ、会長夫妻を含む7名の参加を伝えて下さり、
私は、本当に感動しました。

数日後、早朝、老人会長が我が家に用事で来られた時、
「今、電話すれば議員が居られるよ」と言われたのですぐ電話したところ、
議員が出られ「都合をつけて参加させていただきます」と言われました。
本当に嬉しかったです。

実は老人会長は議員の後援会の地区の世話人だったのです。


後日、老人会長宅を訪問し、参加者を増やして頂くよう頼んだところ、
「今度『お楽しみサロンにこにこ会』があるので、
そこにくる40人位の人にパンフレットを配布して参加を呼び掛けて下さい」
と言って下さり、お願いすることになりました。

『お楽しみサロン会』は、15周年の特別なサロン会で、
市長をはじめ社会福祉協議会の理事や市議会議員など
9人の来賓を迎えての会だったのですが、
手違いで5000 名大会の紹介は出来ずパンフレットだけを何とか渡すに留まりました。

その翌日、老人会長からも会員に電話を入れて下さり、
サロンの会長も会員の家へ同行して下さり、5名の参加が決まり、
昨日の不運が幸運に変わりました。

そして「議員を囲む会」では、議員の方から
「25日には行かせて頂きます」と言われました。


教会長の計らいで、大会当日にバスを⼀台出して頂くこととなりました。
まだ参加を決めていない老人会の人にも当たって4人を増やしました。

また翌日は隣の地区の知人に電話を入れて大会のことを話し、
「私の地区では老人会長夫妻をはじめ20人位参加して下さる」と話したら、
彼はその地区の老人会長をやっており、
「そちらの会長が夫婦で参加するのなら我々も参加させてもらう」
ということになり、その会長と副会長2人の計3名の動員が決まりました。

また、我が家の近くのコーポのオーナーであるタクシー会社社長を
誘いに行きましたら、参加が決定しました。
その社長は信仰心があり、近所の溝の掃除を
いつも家内がしているので心証が良かったのかもしれません。


いよいよ当日を迎えました。
前日から雨が降っており天候を心配していましたが、
丁度バスが我が家の前に到着したとたんにぴたっと雨がやみ、
昨夜からの祈りが通じて、天の恩恵と霊界の協助を強く感じました。

バスで私の地区から30人が参加したのですが、
近所のコーポのオーナーの奥さんも参加して下さることになり、
スムーズに会場へ到着しました。

その30人はほとんどの方が、今回まったく初めて参加したゲストでした。


今回の動員を通して、中心の願いの方向に⼀体化して今の天運に乗ることと、
平素から氏族をはじめ地域の人々へ常に声をかけ
交流をしていくことが大事だとつくづく思いました。

そういう意味ではこれからが重要であると思います。
参加して下った老人会長、老人会の方々、議員、地域の方々を訪問し、
天の父母様と真の父母様の願いに向かって導いていきたいと思っています。
ありがとうございました。

「世界平和祈願5000名書写大会」動員の証し
文責:ten1ko2


<参加者の感想>
*地元の老人会長
「徳野会長様の講話が分かり易く良かった、
為になる良い話を聞けて勉強になりました」

*県会議員
「議員の先生方が、こんなに多く来られていたのでびっくりしました。
大会は本当にご盛会でした」

*隣地区の老人会長
「来賓を代表して国会議員の挨拶があり、来賓紹介では
多くの県会議員、市議会議員が参加しており、
また、祝電でも偉い先生の祝電が披露され、
これは信頼できる会だと思いました」



書写大会は、1000人大会、2000人大会など、
本当に多くの人が集まる大会になっています。
岡山は5000人、本当にすごい数ですね。。。

今は、中心性と一体化、
そして、天の前に決意すれば、
その如くに導かれていく時を迎えています。

問題は、私自身です。
過去に捉われる者なのか、
新しい時代の運勢、天運の中で、
歩む者になるのか、
そのことが試されていると思います。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)