2017年03月07日

(証し) 祈って待っていました! 「母娘・路傍伝道」で感動の出会い!! 



16831952_510676922653709_2066053597293840489_n.jpg


伝道の証しを紹介します。


長女が、お母さんがしている路傍演説伝道をやりたいと言うので、
池袋駅で一緒に伝道する事になりました。

午後4時半から始まった池袋駅路傍演説伝道。
暗くなり始めた中、冷たい冬の風が吹き
顔も身体も冷たくなりましたが、
娘と一緒に歩む親子伝道は、とても幸せでした。



伝道をしたいと、自分から進んで出てくれた冬の日、
『寒いだろうに』
と何度も路上で立っている娘の姿を見つめながら
偉いなぁと感じ、また、いじらしいとも感じました。

10分ぐらい過ぎたときでした。
辺りは暗くなり、真の御父母様を紹介するスピーチの声が
池袋駅に大きく広がっていました。

と、私と娘をずっと見つめている、女学生がいました。
近づくと、目が大きく目鼻立ちの綺麗な女性でした。

私が聞きました。「真の御父母様を知っていますか?」
その言葉を聞くやいなや、彼女は涙を流し、
私と娘を見つめながら言いました。


彼女のお母さんが真の御父母様を知っていること。
ところがお父さんの反対がとても激しくて、
今は真の御父母様を隠して何も言えずに生活していること。
母親も彼女も、日々悩みながら生活していること。。。

女学生はお母さんから堕落論まで聞いて
心の中でいつでも真の御父母様を慕っているというのです。

それから純潔を守る事がどれだけ重要かが分かるので
純潔を守りながら心の中で真の御父母様を慕いながらも、
父親の反対で教会には行けないので
キリスト教会に通っていると言っていました。

キリスト教で礼拝を受けても、
心の中では真の御父母が
どうしてか慕わしく感じられたといいます。


彼女は、東京の大学に通っている優秀な学生でした。
英語も上手です。

自分とお母さんの話しをしながら
どれだけ泣いたかわかりません。

そして、こう言いました。

「池袋でアルバイトをしていて4ヵ月前から
いつもこの場所で車に掛かっている(バナーの)
真の御父母様のお写真を見ながら祈祷をしていた」と。

「神様と真の御父母様が自分を愛しているなら、
このように伝道しているたくさんの人の中の
誰かが必ず自分に声を掛けてくれたらいいなと、
ずっと真の御父母様のお写真に向かって
テレパシーを送り祈祷をしていた」と言いました。

その期間が今日で4ヵ月だと…
そして今日まさに、私と娘が声をかけ、
「真の御父母様を知っているか」と聞いた時、
神様と真の御父母様が自分を愛してくださっている事が
分かったと、私と抱き合って泣きました。


そしてもう一つ不思議な事は、
彼女は、少し前に成人式を迎えた20歳でした。
私の娘と同じ20歳。
二人は同い歳という事にお互い驚きつつも、共感していました。

娘と彼女もお互い手を握りあって泣きました。
その瞬間どんな言葉も必要ありませんでした。

そして真の御父母様のもとに行きたいと
父親の反対がとても嫌だと
韓国がとても好きで、韓国人がとても好きで、
真の御父母様がとても好きだと泣きました。


そして娘と二人だけで話しをする時間を持ちました。
30分ぐらい過ぎて、娘が戻ってきて話してくれました。

彼女は今日、同い歳の私の娘に出会ったことが
偶然では無いと感じたといいます。

そして、父親や周りの人達から
統一教会(家庭連合)は悪い所だから伝道も出来ないし、
堂々と伝道をする事も出来ないと聞いていたのに、
こうやって堂々と真の御父母様の写真を掛けて
韓国夫人である私が、堂々と真の御父母様を
紹介するスピーチをしながら
統一教会(家庭連合)を堂々と明かす姿を直接目で見て驚いたということです。

そして私と娘が一緒に伝道をしている事に更に驚き、
心の扉が開いたのです。

こうやって堂々と伝道している姿を4ヶ月間見てきたが、
みんな明るく楽しんでやる姿から、
悪い宗教じゃない事をはっきり分かったと言っていたそうです。

これから娘と連絡を取り合い、原理の勉強をしたいということです。。
娘が宗教に関係なく真の御父母様の愛と原理を学んだらいいと
言ったら、
自分をしっかりつかまえてほしいと、頼んできたそうです。

娘の初めての霊の子になる女子大生との出会いは、
絶え間なく涙が出るほど感謝でした。

娘はこの日、池袋駅に着いた時、
彼女の通う大学の案内の文字が、なぜか強く印象に残ったのだといいます。
それを通して、神様と真の御父母様が
彼女との出会いを、前もって準備されていたんだと感じたようです。

彼女がまさに、この日、私と娘に、神様と真の御父母様を待っている
多くの人達がいることを見せてくださいました。

路傍伝道を通して準備された一人一人を見つけだす度に、
神様と真の御父母様がどれだけ待ち焦がれた息子娘だろうかと思うと、
一日も休む事が出来ないと感じさせられます。

休む事なく神様と真の御父母様の願いを伝える時、
天はいつも共にあるという事を見せてくださいました。

路傍伝道をしたいと自ら進んで出た娘に、
神様と真の御父母様の貴い心情を教えてくださった事を
心から感謝申し上げます。




感動的な証しですね。。。

娘さんは先日紹介した日本トップガン・カレッジにも
参加していましたが、自分から伝道したいというのは、
親にとってどれほど嬉しいことでしょうか。
神様も喜んでいたと思います。

今も、東京では、毎週月曜日、
777双のお姉さんを中心に路傍伝道をしています。
そして、私たちの教会でも、毎週火曜日を中心に
路傍伝道を継続して行っています。

もちろん、家庭連合時代に入り、
家庭集会・家庭礼拝を中心とした取り組み、
そして、地域の方、さらには、
親族にも伝道をしていく時を迎えています。
私たちの教会でも、家庭集会の取組は活発です。

しかし、それでも、駅前での路傍演説、路傍伝道で、
神様との出会い、御言葉を求めている人がいるということを
今回の証しを通して、改めて感じました。
これからも頑張っていきたいと思います。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2017年03月01日

(証し) 夫との関係回復、家族で団らんの家庭に、そして伝道に成果が!!



12417732_1074688042592343_887750048331386033_n.jpg


伝道の証し。
今回は、中心のみ言を信じて実践し導かれた方の証しです。


私たちの教会では、本部の指針に基づき、
教会長が私達にわかりやすく具体的な指導を示して下さいます。

今年は「父母の心情 協力し合う兄弟姉妹」の目標を掲げて出発し、
具体的には「訓読会の定着」「43名の伝道対象者確保」
「毎月の先祖解怨、先祖祝福実施」の3点を挙げて取り組んでいます。

基元節4周年を迎えるに当たり、精誠条件として、
「原理講論完読」と「伝道対象者43名の名前の唱和」を実践し、
現在も継続して取り組んでいます。


また、教会長が忙しいスケジュールの合間を縫い、
食口・祝福家庭の信仰相談会を行って下さり、
私は早々に面談をして頂くことが出来ました。

そこで教会長が、私が長年課題にしてきた夫との関係を良くするために
4つの提案をくださいました。

@レシピを作って食事を作る
Aマッサージをする
B笑顔で賛美する
Cお互いに敬拝する
の中から、一つでも構わないので実践する
ということで、日々努力しています。


私の家庭には障害児の娘がいますが、
娘と夫との関係がよくありませんでした。

夫が大病したことも重なり、
私は長い期間、夫と別々の部屋で寝起きしていました。
やがて夫としっかり向き合って話をすることがなくなり、
食事も一緒に出来ない状況でした。

一方、祝福を受けた長男が家庭出発の準備を進める中で、
家庭部長と夫婦問題を相談する機会が与えられました。

家庭部長からご指導を受け、私自身も
「本当にそうだ、このままではいけない」と、
夫婦が一つになるために取り組むことを決意。

今では、夫と同じ部屋で過ごし、
家族一緒に食事するようになりました。


前線での歩みは、「43名の対象者の中から
毎日5人訪問(遠方の方は、電話や手紙を書く)」を決意し、
継続的に実践してきました。

伝道3日路程の新企画が組まれ、私も意識しながら対象者を訪問し、
講演会への参加を働きかけました。
ひどい人見知りの私は今回、知り合いを訪ねていくことにしました。

常日頃から43名の伝道対象者の名前を
毎日唱和して精誠を尽くしてきたので、
訪問する方々に「懐かしい」気持ちで喜んで訪問することが出来ました。

すると、これまで知り得なかったことがわかるようになったり、
家に上げてくれるようになったのです。


私の伝道対象者の多くは、娘の養護学校の関係者や、
父母会で一緒に役員をした方々です。

この方々とどのようにしたら縁を持てるかを考えていたときに、
ILC-JAPANの講演会があることを知り、私は「これだ!」と直感。
チラシを持って 対象者を訪ねていった結果、3名が参加して下さりました。

一人は、養護学校で障害児のお世話をする方で、
訪問時は、仕事のため留守中でしたが、
お母さんに言伝して、チラシを置いてきました。
この方とは挨拶を交わすくらいの関係で、
しかも会うのは10年振りでした。
その方は自宅に戻ってすぐにチラシを見られたそうで、
「講演会に行く」と私に直接連絡してこられました。


後の二人はご夫婦で、肢体不自由児の父母の会の会長をされた方です。
こちらも最初に訪問した時は、お留守でしたので、
チラシとメモをポストに投函しておいたところ、
後から「参加したい」と電話がありました。

私が翌日、チケットを持って初めてお宅を訪問。
再会したのは4年振りでしたが、 快く迎えて下さいました。

ご夫婦は私が以前から信仰をしていたのを御存知だったようで、
「今、家庭連合に行っています」と告げると、
「掛け持ちで大丈夫ですか?」と聞かれただけで、
特別悪い反応はありませんでした。

息子が家庭連合で結婚相手を紹介してもらったことや、
息子の祝福式の写真と息子夫婦と私達夫婦の4人が
一緒に写った写真を見せたところ、「よく似ていてお似合いだ」
「とても幸せそうだね」と喜んでくださいました。


今回の歩みを通して、中心のみ言を信じて実践するところに
霊界が働くことと中心との授受作用の大切さを実感しました。

3日路程の期間に新たに5人の方と関係を持つことができ、
講演会に3名を動員決定が出来たのは、
中心が言われたことを一つずつ実行して行くことで
天の父母様がご褒美を下さったのだと思います。

これからも、真の父母様を一人でも多くの方々に
証し出来るように頑張って行きたいと思います。



ご主人と一つになることを土台として、
伝道にも意欲的に取り組まれて、見事に勝利されました。
本当に素晴らしいです。

『ひどい人見知り』とありますが、
それでも、対象者に向かっていくのは、
熱い思いと覚悟があってのことでしょう。

我が家も妻がこのブログを手伝ってくれていることもあり、
み旨に意欲的に取り組んでいます。
火曜日の路傍伝道も
特別な事情がない限り、ともに歩んでいます。
夫婦で歩めるのは本当に感謝だな、と思っています。

今日から3月。
春が近づいてきましたね。
お母様は、『摂理の春を迎えた』
そのように語られています。

今、この時に最前線で歩めることを心から感謝しつつ、
もっともっと天の願いに応えていきたいと思います。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



2017年02月25日

(証し) 夫婦で「一心・一体・一念」! 120日で4組祝福勝利!! 



20161022_09.jpg


120日特別精誠路程(10/12〜2/8)における
各家庭の伝道目標をクリアして、
青年祝福2組と既成祝福1組、独身祝福1人を成し遂げた家庭を紹介します。



夫婦で「一心・一体・一念」を成して伝道目標勝利

真のお父様の聖和式に参加後、それまでの歩みを悔い改め、
真のお母様の願われる神氏族メシヤ活動を決意。
会社の知り合いや同僚に声をかけ続ける中で、
大田区在住の知り合いが他教会にある教育センターの受講を始めたものの、
途中で通わなくなってしまいました。

また通勤途中で知り合いになった人をさらに別教会の教育センターに繋げたものの、
諸事情のため来れなくなり、さらに当教会の教育センターに繋げた
会社の同僚も途中で来れなくなってしまいました。

立て続けにゲストを失い、私たちは夫婦で悔い改め、
再度決意してみ旨を出発しました。


その後の私たち夫婦の取り組みは、なかなか難しい状態が続きました。
そんな中で昨年、真のお母様から四大聖物を伝授され、
清平大役事に参加させていただき、
真のお母様の深い心情の一端を垣間見ることができました。

神氏族メシヤとして歩む祝福家庭の基準の足りなさ故に、
サタンは真の家庭を讒訴して、真の子女様達が大変な影響を受けています。
本来、真のお母様の相対圏に立って全世界の祝福家庭を導くべき
真の子女様の実情は、真のお母様が最も御存知であり、
それ故に胸が張り裂けそうな深い悲しみと辛い心情を忍耐されています。

それでも不足な祝福家庭を許し導かれ、
天の父母様と真のお父様が願われる救国救世基盤づくりを
1日でも早く実現なさろうと精誠を尽くされる真のお母様の御姿を通して、
夫婦で「一心・一体・一念」を成していくことが必要だと深く悔い改めさせられました。


夫婦で祈祷の精誠を捧げる中、34年前に出会った
ラーメン屋を営むHさんと再会しました。
Hさんは仕事一筋で忙しく、祝福まで長い道のりでしたが、
今回の路程中にHさん夫妻を既成祝福に導くことができました。

また、青年祝福の取り組みをする中で、
昨年5月に「ふれあい交流会」に参加したMさんと出会いました。
Mさんは、過去にマスコミの報道内容に影響を受け、
その後の歩みが厳しい状態となっていたのですが、
今回の路程の中で導かれ再度、み言の受講が決まったのです。
その後、1月の「ふれあい交流会」を通してAさんとの交流も決定しました。

また、独身祝福で相対者がケアーを重ねてきたTさんは、
娘の同級生のお母さんで、書写会や原理復興会に参加され、
家族ぐるみでお付き合いをしてきた方です。
そのTさんの姑さんが今回、独身祝福を受ける事ができました。


今回の路程の中では、多くの食口の協助をいただいて導かれたことも感謝でした。
やはり祝福家庭が、この世の中のサタンを分別していくことは、
真のお母様が何回も語られる神氏族メシヤ活動による道しかなく、
真のお母様と「一心・一体・一念」の心情を持つことが、
より天の父母なる神様の導きと霊界協助を受けることができると実感しました。

なお長男が教会スタッフに就くまで成長し、
天の父母様と真の父母様の導きを深く感じました。
その長男は、二世圏祝福で導かれて約婚の恵みにあずかっています。

有り難うございました。



清平の大役事に参加し、恩恵を受けた方の証しが
連続して出ているようです。

頑張っている家庭、その精誠も素晴らしいですが、
天の父母様、御父母様の心情に触れ、それが
大きな動機となって、歩む力となっているのを感じます。

私たちの家庭も、そのような「一心・一体・一念」を
目指して、頑張っていきたいと思うのです。



にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)