2020年05月29日

(宣教の証し)日本と台湾が一つになりました! 台湾が、第6の地区になる前のお話



200530-2019.2.17.jpg
基元節祝勝会2019.2.17


先日、台湾宣教師の姉妹の伝道の証しを書きましたが、
他の部分もよかったので、追加してお伝えします。

現在台湾は、日本の第六地区となっていますが、
そうなるきっかけとなるエピソード・・・
かもしれません。


台湾での主な伝道拠点は台北でしたが、(2018年)11月、
台南に移動して40日間の伝道路程を歩みました。

ある日、台湾の2世部長から連絡が来ました。
基元節の祝勝会で太鼓とダンス公演をやってほしいと依頼があり、
日本人宣教師も共に参加しないかというのです。

「もし参加するなら、中途半端なものはお捧げできないので、
練習期間は伝道も出られない、
繋がっているゲストに頻繁に会うことは許されない」と伝えられていました。

私は集中して伝道路程を歩みたいと考えましたが、
結果としては公演に参加することになりました。
私は素直に受け止めることができず、とても葛藤しました。


それで、電話で国際宣教部の女性相談員に伝えると、
すべてを受け止めてくださったあと、
「無条件」ということについて話をしてくださいました。

「今、真のお母様の前に無条件に駆けつけていくことができる人は
どれくらいいるだろう。
公演に参加する方向に決まったことも意味があるんだよ。

お母様が『会いたい』って呼んでいらっしゃるんだよ。
親が会いたいって思ってくださっているのだから、
子女は無条件にお母様の元に行かなければならない。
それが孝女だよ」

こうして私は、
”真の父母様のために無条件で行こう!“と決意したのです。


その後台南から台北に移動し、台湾の2世メンバーと、
毎日朝から夜まで10時間以上練習に取り組みました。

過酷な練習の中で、なかなかうまくできない部分に
もどかしさも感じましたが、真の父母様のお写真を見て、
み言を読んで力にしていきました。
隙間時間にはゲストのために祈り、精誠条件を立てていきました。

また、公演練習のための修練会にも参加しました。
台湾の2世メンバーは大学生で、
私たち宣教師ともそれほど変わらない年齢ですが、
台湾の2世の中では上のほうのお兄さん、お姉さんに当たります。

彼らが弟、妹を引っ張っていこうとする姿や、
神様、真の父母様に侍る心情姿勢に感動しました。

毎日一緒に生活する中で、言葉の壁はあっても、
神様、真の父母様を中心とした兄弟姉妹であり、
共通の父母がいるから私たちは一つになれるのだと確信しました。


本番当日、動作に集中していたので、
真のお母様のお姿を拝見する余裕はありませんでしたが、
同じ空間にいらっしゃると考えただけでも、
永遠にその時間を止めたいくらい幸せでした。

公演後、2世部長のお祈りを聞いたとき、
宣教師として不足な自分ではありますが、
真のお母様が私を呼び、
愛によって立たせてくださっていたことを知りました。


また、この後に真のお母様が、
台湾を日本の特別地区として任命されたことに驚きました。

台湾のメンバーと日本の宣教師が
共にパフォーマンスを捧げた後だったので、
この公演はとても大きな意味があったと気づかされました。

日本の特別地区となった台湾は、
方相逸(パンサンイル)台湾天一国特使を中心として、
伝道方法も変わりつつあります。

母の国である日本と娘の国である台湾が一つとなり、
神様、真の父母様が願われる台湾となっていくことができるよう、
祈り続けたいと思います。

(文責:ten1ko2)

世界にはばたく宣教ファイル
「共通の父母がいるから一つになれるのだと確信しました」
世界家庭5月号より



この大会のあとに、お母様が
台湾を日本の「第6地区」に任命されたのですね。。。

彼女たちの踊りの精誠も
お母様の心に刻まれたのだと思います。

私たちはすぐに結果を求めてしまいます。
そのことに一喜一憂してしまうのです。

しかし、結果よりも過程が重要です。
いかに精誠をささげるかが問題だと思います。
そのことを改めて教えてくれる証しでした。
ありがとうございました。




にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

2020年05月12日

(宣教の証し)「台湾に来てくれてありがとう」 精誠は必ず結ばれる



200512.jpg

STAY HOME!☆☆☆
新型コロナウィルスの
終息を心からお祈りします☆


天一国宣教師として台湾で活動した
2世の証しが、世界家庭に掲載されています。

5pに渡る内容で、台湾大学を中心に
伝道活動をしたこと、
2019年の基元節に、お母様の前で
台湾の伝統的な踊りを披露したこと。。。

その中から、
自己牧会プログラムを通して、
ゲストの心情が転換した伝道の証しを
紹介します。


2018年5月、台湾の台北に到着し、
4人の日本人宣教師の姉妹と共に
歩み始めました。

台湾では、ゲストと共に、ボランティア活動として
高齢者の家を訪問して掃除したり、
歌ったり、その場で似顔絵を描いて
プレゼントしたりしていました。

それとともに、「天一国主人の生活
自己牧会プログラム」を実践していました。
これは、良心との対話である「ワーク」を行いながら、
み言を体感していくプログラムです。

伝道活動の中で、一人のゲストとの出会いが
印象に残っています。
彼女はマレーシアの留学生で、
台湾大学で伝道を始めたばかりのころ出会いました。

彼女はたくさんの悩みを抱えていて、
母親との関係もあまり良くありませんでした。
さらに宗教を嫌っていて、
神様の存在を信じていませんでした。

私は毎日、彼女の良心に『光を放つ』ワーク
(*相手が温かい光に包まれることを、
イメージしながら、相手の幸せを祈るワーク)

をしたり、早朝祈祷をしたり、
手紙を書いたり、ワークを通して感じた内容を
証したりしました。

するとある日、講師から、
彼女に少し変化が見られた
という話を聞きました。
仲が良くない母親に手紙で感謝の気持ちを
伝えたというのです。

小さなことかもしれないけれど、
うれしくてしかたがありませんでした。
『あぁ、神様も子女の小さな
成長を喜ばれるのだな』と実感しました。

私は、朝、起きるのが苦手だったのですが、
彼女のために祈りたいと思うと、
翌朝パッと気持ちよく、
目を覚ますことができました。

また、彼女のことを思えば、
何か嫌なことがあっても
『感謝して捉えよう』
と気持ちを転換でき、苦しいときも
『ここで頑張れば霊の命が生きるかもしれない』
と自分を奮い立たせることができました。

私にとって彼女は、自分を成長させてくれる
とても大きな存在だったのです。

しかし、家庭連合への入会はかないませんでした。
神様の存在を信じられず、
宗教に対して抵抗感があることが
大きな要因でした。

私は、彼女と会う最後の日に、
自分が宣教に来た経緯を証ししました。

涙で言葉になりませんでしたが、
彼女も涙を流しながら真剣に聞いてくれ、
『マレーシア人の私と日本人のあなたが、
小さな台湾で会えた。
台湾に来てくれてありがとう』
と言ってくれました。

彼女と別れた後、
『入会することがすべてではない。
彼女がこれから幸せになってほしい』
と思いながら、
『今すぐつながらなくても、
この出会いが今後の条件となっていきますように』
と祈りました。

帰国日が近づいてくると、チーム全体として、
学びに来てくれるゲストの数がふえました。
また、帰国後に二人の信仰の子女が誕生しました*。
(*帰国後にゲストが入会して霊の子女となった)

真のお母様をお迎えして開催された
『孝情文化真の愛家庭祝福祝祭』
(2019年11月23日、台湾・台北)には、
二人ともスタッフとして参加することができました。

誰かに投入した精誠は、さまざまな形で
結ばれていくことを実感しています。

(一部抜粋・編集、文責:ten1ko2)
「共通の父母がいるから、一つになれるのだと確信しました」
世界家庭 2020年5月号より


素晴らしい証しですね。

一部しか紹介できませんでしたが
信仰的な成長の証しであり、
台湾の民族性などもわかり
興味深い内容でした。
(機会があれば他の部分も紹介したいです。)

台湾で宣教?あれ、日本になったのでは?
と思ったら、
彼女が歩んだ2018年から2019年、
基元節で御前公演を行った後
台湾が日本の6番目の地区になったということです。

マレーシア人の青年のために
精誠を込めて祈りを捧げましたが、
最終的には食口になりませんでした。

ここで気持ちが萎えなかったので、
おそらく帰国後、彼女の植えた種が育ち
2名の信仰の子女、
という形で花開いたのだと思います。

うちの教会でも
昨年アフリカに宣教に行った青年が
先日帰国して、立派に証しをしていました。

『可愛い子には旅をさせよ』
ということわざがありますが、
宣教には、父母様の親心が込められていて、
何よりも貴重な、訓練の場であると思います。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



2020年03月30日

(証し) 息子が変わった! 「願い事は必ず成就する」一日1冊(30枚)の書写



200330.JPG


自叙伝書写の証し。
「一日一冊(30枚)書写で祈願成就」です。


書写をするようになって8ヵ月になります。

私は自営業で一生懸命働いてきました。
仕事柄、出掛けることも多く、本当の意味で
子供に愛情を掛けてあげられなかったと反省しています。

そんなある日、心の書写と学びに出会いました。
子供に対する愛情の掛け方を指摘され、
まずは、私自身の心の在り方、
考え方を変えていく必要性を感じて書写を始めました。

何よりも家族だんらんと和合を祈願しながら
書写をしてきました。
数ヵ月たったころ、ある変化が訪れました。


私の家では私と長男夫婦と3人で暮らしているのですが、
なかなか同じ時間帯に一緒にいるということが少なく、
すれ違いの多い家族でした。

しかし、幸いにもわが家には
エアコンの付いている部屋が1部屋しかなく、
今年はとりわけ暑い日が続いた夏でしたので、
自然と3人がエアコンのある1部屋に集まるようになって、
顔を合わせるようになれたのです。

書写のおかげだと思いました。
「エアコンが1台しかなかったからでしょ」
と思われるかもしれませんが、
スタッフのかたは「書写のおかげですね」
と一緒に喜んでくれました。


そして3人が顔を合わせるようになっただけではありません。
息子が優しい声を掛けてくれるようになりました。

何か買い物に行けば
自分たちの物しか買ってこなかった息子夫婦ですが、
買い物に行く前に「何か欲しいものある?」と聞いてくれるようになり、
お願いすると買ってきてくれるようになりました。
本当にうれしかったです。

さらに私には願っていたことがありました。
この息子がちゃんと働くようになってほしかったのです。

息子と会話ができるようになったものの、
仕事の話はなかなかできませんでした。

 
そんなある日、書写会の館長さんが、
書写を1日1冊書くことで大きな気付きと心に変化があった人がいた
という証しをしてくださり、
「願い事は必ず成就できます」と力強くお話ししてくださいました。

それを聞いて、私もやってみたいと心が躍りました。

その日、早速、館長さんが「必ず成就します」
と言われた言葉を胸に、
一心に1冊の書写(30枚)を書き上げました。

2時間40分かかりました。
次の日はフラフラになり、スタッフのかたに
体を心配されるほどでしたが、
不思議と心は、やりきった思いでスッキリしていました。

「愛天愛人愛国・家庭生活講座」で学んだ、
笑顔の生活や掃除をすることは、なかなか実践できていませんでしたが、
だからこそ「書写だけはしっかりやろう!」、
そんな気持ちで1日1冊の書写を継続していきました。


すると2、3冊書き上げた頃、息子に変化が現れたのです。

わが家は不動産業の傍らハウスクリーニング業をしています。
職人さんが迎えに来て息子に声を掛けてくれるのですが、
今までは息子は笑っているだけで
一緒に仕事場に行くことは全くありませんでした。

それが最近では、ペンキを塗れる格好をして
「はい、行きます」と言って現場に出掛けるようになったのです。

1日1冊書写を始めてから、
短期間ですごい変わりようだと思いました。


その後、1日1冊書写は、スタッフのかたとの相談の上、
1週間1冊の書写にして続けていますが、その後も恩恵はありました。

お金のことで文句を言っていた息子が
一切お金について文句を言ってこなくなりました。

また、健康を害するほどに息子はお酒が好きなのですが、
そのお酒の量も減ってきたのです。


息子のことだけではありません。

私自身も以前より人を思いやる心や、
気遣う心というものをもてるようになり、
心が穏やかになったような気がしています。
毎日がうれしく感じられるようになりました。

不動産業にとって入居者のいないアパートは
頭が痛いところですが、
私が学ぶようになってから、
立て続けにアパートの4部屋の入居者が決まりました。

不思議とその連絡は私が勉強している時に
携帯電話に入るのです。
本当に感謝です。

「人類を幸せにしてあげたい」と思いながら
生涯を過ごされた文鮮明先生の愛の言葉に、
心の書写を通して触れることで、
たくさんのかたが幸せになってほしいと思います

(関東 女性)
文責:ten1ko2


素晴らしい証しですね。
一日に書写を一冊書く、
これは物凄い精誠だと思います。

文面を読むと、この方は、
食口ではなく、書写会員の方だと思うのですが、
なんというか、純粋に信じておこなう、
その真剣さ、切実さを通して、
天が役事したのでしょう。

願いを成就したい、
だから一冊書写をやるんだ、
という意気込みと、
これならできるという喜びをもって
一心に取り組んだのだと思います。

お父様の自叙伝のみ言が
心のうちに宿り
力を得ていったのかもしれません。

強く信じる思いとそれに見合う精誠。
見習っていかなければ、と思います。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)