2020年07月16日

(韓日婦人の証し)絶対伝道したくなかったお義姉さんに、葛藤を越えて・・・!



200716-2020.7.05.jpg


今回は、韓国全羅南道・康津(カンジン)教会で
神氏族メシヤ活動の取り組みをしている韓日家庭の婦人の証しです。


栄光在天、天の父母様、真のご父母様、
真のお母様の深い愛と精誠に感謝いたします。

私には5人の義姉がいます。
その中に昔からとても仲の悪い方がいます。
韓国にお嫁に来た時からありとあらゆる
嫁いびりの連続でした。

「日本の女」「気狂い」などの悪口という悪口を聞きながら
19年、本当に嫌でした。

祈祷をしてもみ言を訓読しても
どうしても愛することが出来ませんでした。

去年、430家庭の書類を作成する時も、
最後まで書きたくありませんでした。

けれど、亡くなった義父の「でも家族なのだから
どうか書いてやってくれ…」という声が聞こえてくるようで、
しかたなく、葛藤をしながらも書類を書きました。

その後も何かある度に、夜中でも教会に走って行って、
書類を破り捨てて燃やしてしまおうと思うことも
1回、2回ではありませんでした。


今回、教区長の指導の下に統一原理映像教育が始まり、
康津(カンジン)教会では教会長とサモニムを中心に
「康津郡ㆍ一家族創り」という目標立てて
プロジェクトを展開しました。

私も家族、親戚、知人たちにカカオトーク(SNS)で
原理教育の映像(動画)を送りましたが、
あのお義姉さんだけは外しました。
そうして1か月が過ぎました。

ある日、親族達が集まって食事をする席があったのですが、
その日なぜかその義姉が、私の前に座りました。
普段は「お前は義妹なんかじゃない。
義姉さんと呼ぶな!」 と言われていたのですが。

食事が終わるまでお互いに一言も喋りませんでした。
でも、目は語っていました。
「なんで私にだけ送らないんだ?」


送れば送ったで、異端だ、インチキだと
悪口を言われることはわかっていました。
その日の夜から悩みました。
送るべきか?やめるべきか?

天の父母様、送りたくありません。
送らなければいけないでしょうか?
悩んで悩んで、結局、送ろうと決心しました。

次の日の朝、カカオトークの送信ボタンを
押そうか押すまいか、 とても悩みました。

ようやく『あぁもういいや』という思いになりました。
どうせやっても文句を言われるし、
やらなくても文句を言われるのです。 

私が送るのではなく、神様が送るのだ、
と気持ちを切り替えました。

『天の父母様、私は結果を主管することはできません。
どうぞよろしくお願いします』
送信ボタンを押しました。


3日が経って 義姉から返事がきました。
「ありがとう」

私はまず疑いました。
なにか後で意地悪しようと企んでるんではないかと。

その後も返事は送られてきました。
ある日は、「サランへ(愛しているよ)」
なんて言葉までありました。

私もとうとう気づきました。
神様は、この方をどれだけ愛したかっただろうか?
お義姉さんも誰かに愛を受けたかったし、
誰かに愛していると言ってみたかったのではないだろうか?

その事実に気づいた時、本当にたくさん涙が出ました。
義姉に統一原理を伝える人は
私しかいないのです。

今はもし今度会うことがあったら、
お互いに何も言わずに抱きしめるのではないかなと思います。
少なくとも、私はお義姉さんを抱き締めたいです。心から。


私は今回、「動機が神様から始まるなら、
その時間は神様が主管される」

という御言葉を信じてやりました。
そう信じるしかありませんでした。

霊界が協助しようと一緒に動いていること、
そして私自身の心が、とても解放されたことを感じています。

神様を代身して、誰かにみ言と愛を伝えることができる・・・
それがどれほど素晴らしく幸福なことかを、
もう一度感じることができました。

映像教育を指導してくださった教区長と教会長・サモニムに
心から感謝いたします。
一緒に活動し、応援してくださっている
康津教会の祝福家庭のみなさん、本当にありがとうございます。

これからも継続して、神様と一緒に
世界の果てまで、み言を伝播していきたいです。

天の父母様、真の父母様、真のお母様
サランハムニダ(愛しています)。

(編集・文責:ten1ko2)



本当に素晴らしい証しですね。

ここの教会では、教区の方針で、
原理の映像を送る取り組みをしていて、
とても皆さん頑張っているそうです。

ちなみに、お母様の自叙伝404ページに掲載されていますが、
ここの地域で「希望前進大会」が行われ、
祝福式に参加した3組のカップルが
みんな双子を生んだという慶事のあった地域です。
とても復興しているところですよね。

そもそも韓国にお嫁に行って、
そこで生活するだけでも簡単なことではありません。

さらに、ご主人の氏族を導くために、
神氏族メシヤ活動をすることは、
どれほど大変なことでしょうか。

自分のことを恩讐視している人に、
み言を伝えることは、
自分の思いで取り組んでも簡単ではないでしょう。

天の心情に立たない限りは、
難しいことです。

しかし、この方は、
まさに自己牧会プログラムのごとく、
お義父さんの声を天の声と受け止めました。

また、その後も、葛藤を越え、すべてを委ねていった中に、
霊界が導いたのではないでしょうか。

教会を反対し、否定する人ほど、
本当は愛を求めているという意思表示であることを悟って、
父母の代身として、
愛していくことが重要であると思うのです。







にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2020年05月29日

(宣教の証し)日本と台湾が一つになりました! 台湾が、第6の地区になる前のお話



200530-2019.2.17.jpg
基元節祝勝会2019.2.17


先日、台湾宣教師の姉妹の伝道の証しを書きましたが、
他の部分もよかったので、追加してお伝えします。

現在台湾は、日本の第六地区となっていますが、
そうなるきっかけとなるエピソード・・・
かもしれません。


台湾での主な伝道拠点は台北でしたが、(2018年)11月、
台南に移動して40日間の伝道路程を歩みました。

ある日、台湾の2世部長から連絡が来ました。
基元節の祝勝会で太鼓とダンス公演をやってほしいと依頼があり、
日本人宣教師も共に参加しないかというのです。

「もし参加するなら、中途半端なものはお捧げできないので、
練習期間は伝道も出られない、
繋がっているゲストに頻繁に会うことは許されない」と伝えられていました。

私は集中して伝道路程を歩みたいと考えましたが、
結果としては公演に参加することになりました。
私は素直に受け止めることができず、とても葛藤しました。


それで、電話で国際宣教部の女性相談員に伝えると、
すべてを受け止めてくださったあと、
「無条件」ということについて話をしてくださいました。

「今、真のお母様の前に無条件に駆けつけていくことができる人は
どれくらいいるだろう。
公演に参加する方向に決まったことも意味があるんだよ。

お母様が『会いたい』って呼んでいらっしゃるんだよ。
親が会いたいって思ってくださっているのだから、
子女は無条件にお母様の元に行かなければならない。
それが孝女だよ」

こうして私は、
”真の父母様のために無条件で行こう!“と決意したのです。


その後台南から台北に移動し、台湾の2世メンバーと、
毎日朝から夜まで10時間以上練習に取り組みました。

過酷な練習の中で、なかなかうまくできない部分に
もどかしさも感じましたが、真の父母様のお写真を見て、
み言を読んで力にしていきました。
隙間時間にはゲストのために祈り、精誠条件を立てていきました。

また、公演練習のための修練会にも参加しました。
台湾の2世メンバーは大学生で、
私たち宣教師ともそれほど変わらない年齢ですが、
台湾の2世の中では上のほうのお兄さん、お姉さんに当たります。

彼らが弟、妹を引っ張っていこうとする姿や、
神様、真の父母様に侍る心情姿勢に感動しました。

毎日一緒に生活する中で、言葉の壁はあっても、
神様、真の父母様を中心とした兄弟姉妹であり、
共通の父母がいるから私たちは一つになれるのだと確信しました。


本番当日、動作に集中していたので、
真のお母様のお姿を拝見する余裕はありませんでしたが、
同じ空間にいらっしゃると考えただけでも、
永遠にその時間を止めたいくらい幸せでした。

公演後、2世部長のお祈りを聞いたとき、
宣教師として不足な自分ではありますが、
真のお母様が私を呼び、
愛によって立たせてくださっていたことを知りました。


また、この後に真のお母様が、
台湾を日本の特別地区として任命されたことに驚きました。

台湾のメンバーと日本の宣教師が
共にパフォーマンスを捧げた後だったので、
この公演はとても大きな意味があったと気づかされました。

日本の特別地区となった台湾は、
方相逸(パンサンイル)台湾天一国特使を中心として、
伝道方法も変わりつつあります。

母の国である日本と娘の国である台湾が一つとなり、
神様、真の父母様が願われる台湾となっていくことができるよう、
祈り続けたいと思います。

(文責:ten1ko2)

世界にはばたく宣教ファイル
「共通の父母がいるから一つになれるのだと確信しました」
世界家庭5月号より



この大会のあとに、お母様が
台湾を日本の「第6地区」に任命されたのですね。。。

彼女たちの踊りの精誠も
お母様の心に刻まれたのだと思います。

私たちはすぐに結果を求めてしまいます。
そのことに一喜一憂してしまうのです。

しかし、結果よりも過程が重要です。
いかに精誠をささげるかが問題だと思います。
そのことを改めて教えてくれる証しでした。
ありがとうございました。




にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

2020年05月12日

(宣教の証し)「台湾に来てくれてありがとう」 精誠は必ず結ばれる



200512.jpg

STAY HOME!☆☆☆
新型コロナウィルスの
終息を心からお祈りします☆


天一国宣教師として台湾で活動した
2世の証しが、世界家庭に掲載されています。

5pに渡る内容で、台湾大学を中心に
伝道活動をしたこと、
2019年の基元節に、お母様の前で
台湾の伝統的な踊りを披露したこと。。。

その中から、
自己牧会プログラムを通して、
ゲストの心情が転換した伝道の証しを
紹介します。


2018年5月、台湾の台北に到着し、
4人の日本人宣教師の姉妹と共に
歩み始めました。

台湾では、ゲストと共に、ボランティア活動として
高齢者の家を訪問して掃除したり、
歌ったり、その場で似顔絵を描いて
プレゼントしたりしていました。

それとともに、「天一国主人の生活
自己牧会プログラム」を実践していました。
これは、良心との対話である「ワーク」を行いながら、
み言を体感していくプログラムです。

伝道活動の中で、一人のゲストとの出会いが
印象に残っています。
彼女はマレーシアの留学生で、
台湾大学で伝道を始めたばかりのころ出会いました。

彼女はたくさんの悩みを抱えていて、
母親との関係もあまり良くありませんでした。
さらに宗教を嫌っていて、
神様の存在を信じていませんでした。

私は毎日、彼女の良心に『光を放つ』ワーク
(*相手が温かい光に包まれることを、
イメージしながら、相手の幸せを祈るワーク)

をしたり、早朝祈祷をしたり、
手紙を書いたり、ワークを通して感じた内容を
証したりしました。

するとある日、講師から、
彼女に少し変化が見られた
という話を聞きました。
仲が良くない母親に手紙で感謝の気持ちを
伝えたというのです。

小さなことかもしれないけれど、
うれしくてしかたがありませんでした。
『あぁ、神様も子女の小さな
成長を喜ばれるのだな』と実感しました。

私は、朝、起きるのが苦手だったのですが、
彼女のために祈りたいと思うと、
翌朝パッと気持ちよく、
目を覚ますことができました。

また、彼女のことを思えば、
何か嫌なことがあっても
『感謝して捉えよう』
と気持ちを転換でき、苦しいときも
『ここで頑張れば霊の命が生きるかもしれない』
と自分を奮い立たせることができました。

私にとって彼女は、自分を成長させてくれる
とても大きな存在だったのです。

しかし、家庭連合への入会はかないませんでした。
神様の存在を信じられず、
宗教に対して抵抗感があることが
大きな要因でした。

私は、彼女と会う最後の日に、
自分が宣教に来た経緯を証ししました。

涙で言葉になりませんでしたが、
彼女も涙を流しながら真剣に聞いてくれ、
『マレーシア人の私と日本人のあなたが、
小さな台湾で会えた。
台湾に来てくれてありがとう』
と言ってくれました。

彼女と別れた後、
『入会することがすべてではない。
彼女がこれから幸せになってほしい』
と思いながら、
『今すぐつながらなくても、
この出会いが今後の条件となっていきますように』
と祈りました。

帰国日が近づいてくると、チーム全体として、
学びに来てくれるゲストの数がふえました。
また、帰国後に二人の信仰の子女が誕生しました*。
(*帰国後にゲストが入会して霊の子女となった)

真のお母様をお迎えして開催された
『孝情文化真の愛家庭祝福祝祭』
(2019年11月23日、台湾・台北)には、
二人ともスタッフとして参加することができました。

誰かに投入した精誠は、さまざまな形で
結ばれていくことを実感しています。

(一部抜粋・編集、文責:ten1ko2)
「共通の父母がいるから、一つになれるのだと確信しました」
世界家庭 2020年5月号より


素晴らしい証しですね。

一部しか紹介できませんでしたが
信仰的な成長の証しであり、
台湾の民族性などもわかり
興味深い内容でした。
(機会があれば他の部分も紹介したいです。)

台湾で宣教?あれ、日本になったのでは?
と思ったら、
彼女が歩んだ2018年から2019年、
基元節で御前公演を行った後
台湾が日本の6番目の地区になったということです。

マレーシア人の青年のために
精誠を込めて祈りを捧げましたが、
最終的には食口になりませんでした。

ここで気持ちが萎えなかったので、
おそらく帰国後、彼女の植えた種が育ち
2名の信仰の子女、
という形で花開いたのだと思います。

うちの教会でも
昨年アフリカに宣教に行った青年が
先日帰国して、立派に証しをしていました。

『可愛い子には旅をさせよ』
ということわざがありますが、
宣教には、父母様の親心が込められていて、
何よりも貴重な、訓練の場であると思います。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)