2021年02月14日

《笹本宣教師 殉教40周年》「信仰者は笑って死ぬんだよ」 夫婦でお父様と記念写真 



210214.jpg


アフリカ、タンザニアで笹本正樹宣教師が
殉教してから、昨年12月で
40年が経ったとのこと。

「世界家庭」に掲載された
奥さんの千恵子さんの証しの紹介です。


  2020年12月18日、青葉台家庭教会(東神奈川教区)で
  「笹本正樹宣教師 聖和40周年追慕礼拝」が行われました。

  笹本正樹宣教師(1800双)は、1980年に
  東アフリカのタンザニアに入国し、
  その年の12月に銃で撃たれて殉教しました(享年30)。

  2月号では、妻の知恵子さんが追慕礼拝で
  語った内容に加筆した証しを紹介しています。
  以下は、その中からの抜粋です。


-----------------------------

(1994年に)タンザニアの宣教師となり、
2年半、活動しました。

以前から、本心では「いつかタンザニアの宣教師として
入国しなければならない」と知っていました。
しかし、勇気が出なかったのです。

そのときは日本人の女性宣教師10人と一緒に
入国することができ、彼女たちから
勇気をもらうことができました。
私は心から神様に感謝しました。

タンザニアは自然豊かな国ですが、マラリアなどの
恐ろしい感染症と隣り合わせの国でもあります。
霊界を近くに感じられ、霊的な現象もよく起こります。

私は祈り求める中で、神様の願いや
心情を感じ取り、活動に励みました。……


帰国後、真のお父様が国家メシヤたちを南米・パラグアイの
フエルテ・オリンポに集めて開催された40日修練会に参加。
そのとき、お父様から証しをするように指名されました。

私が「夫は笑って死んでいました。
そのときの責任者から、『信仰者は笑って死ぬんだよ』
と言われました」と語ると、真のお父様は、
「そうだよ。信仰者は笑って死ぬんだよ」とおっしゃいました。

全体で記念写真を撮ったときのことです。
私は真のお父様の左隣に座らせていただきました。

そのときお父様が、右隣を示しながら、
「ここはね、笹本が来ているので、誰も座らないように」
とおっしゃいました。



210214-19981203.jpg
パラグアイのオリンポで真のお父様が
笹本夫妻と写真を撮ってくださる(1998年12月3日)

-----------------------------

  「一片丹心」を貫いた正樹さんと、その遺志を受け継いで
  歩み続ける知恵子さんの貴重な証しです。
  本誌では、正樹さんが地上で最後に書いた手紙も掲載しています。

  ぜひ、ごらんください。


『世界家庭』2月号 読みどころ 
笹本正樹宣教師 殉教40周年
真の父母様から愛された30年の貴い生涯
(blessed lifeより)


御父様と笹本夫人との写真を掲載しました。
この左側に笹本宣教師が霊的におられるのですね。
笹本夫人にとっても、心から嬉しく感動的な場面です。

写真をずっと見ていると、笹本宣教師が
実体でおられるような、
そんな感覚にさせられるから不思議です。

御父様の元に来ることができる、というのは、
殉教の歩みをされ、貴い精誠を積まれたので、
この場に参加できるのだろうな、と思います。

タンザニアといえば、以前、神氏族メシヤ活動において、
海外支援の対象になった国であります。

お母様の自叙伝にも紹介されているように、
義人ウンダンガ牧師が復帰され、
多くの信徒が祝福をうけていきました。

前任の教会長も、タンザニアに行かれたのですが、
笹本宣教師のお墓参りをされた、と聞いています。

笑顔で亡くなられた笹本宣教師。。。
その精誠の歩みが多くの実りになっているのだ、と思わされます。

今日はblessed lifeで紹介されたものだけですが、
内容の詳細を皆様も知りたいかと思いますので、
追って掲載する予定です。






にほんブロ本当にグ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



2020年12月28日

(証し)「自叙伝は平和の武器」 感動が感動を呼び、43冊を種に大きく拡散!



200211-20200204.jpg


真のお母様の自叙伝が出版されてから、
もうすぐ10ヵ月、
日本語版が出てから9ヵ月となります。

多くの方が、まず43冊を目標に配布しようと
頑張ってこられたことでしょう。
そんな中、驚くような証しの報告がありました。


Y婦人はCIGメンバーとして
週2回は前線にも出られて歩んでいます。

聖和8周年に向けて「声をかける人の顔を
思い浮かぶようにさせて下さい。
そして今まで私が出来なかった事、
しなかった事も出来るようにして下さい」
と必死に祈る中、
「43冊は全うしたい」という決意が固まり、
友人の知り合いの方にも自叙伝の紹介をお願いしながら
8月中に43冊を配りきることが出来ました。

ところがその後、思いもしない出来事が起こったのです。


43冊配布の取り組みをしている中、
孫にあげる本を買うために偶々立ち寄った書店で、
書籍関係の仕事をされている方に出会いました。

すぐさま「自叙伝を置いて欲しい」とお願いしたのですが、
「これは統一教会の本だね」と難色を示し、
その場では良い返事をもらえませんでした。

ところが43冊を勝利した後、その書店の店主から連絡が入り、
渡した自叙伝を読んで下さって
「この本ならお店に置いても良いですよ」と言われ、
5冊を書店で買い取ってくれることになりました。

自叙伝を書店にお届けに行くと快く本棚に並べて下さいました。

すると、丁度その場にいたお客さんが
自叙伝を1冊購入されたのです。

すぐに声をかけお礼を言うと元食口の方でした。
連絡先などは聞けませんでしたが、
Y婦人は霊界の協助を強く感じたそうです。


続いて9月末には、自叙伝を渡した別の友人からも連絡が入り、
Y婦人の必死な姿に
「あんなに一生懸命なYさんの姿を見たのは初めてだから、
協力してあげて欲しい」とご本人の弟さんに頼んで下さり、
その弟さんの仕事関係の方、
また友人の職場の同僚の方を含めて
計59冊の自叙伝を購入して下さるという連絡が入りました。


更にそれだけで終わらず、また別に配布した知人に
自叙伝の感想を聞いたところ
「上に立つ人は強くないと、特に韓国の人はついて来ないわよね」
と真のお母様の芯の強さを感じると言われました。

Y婦人はまだ真のお母様の事を知らない人も多いので、
「1人でも2人でも読んでもらえる人がいないか
聞いてもらえないでしょうか?」とお願いすると、
その知人が取りまとめをしている趣味サークルの
上役の方に自叙伝を紹介して下さいました。

その方は自叙伝を読まれて非常に感銘を受けられ、
時期的にサークル会の年会費の残金を会員に戻すところでしたが、
残金の額が丁度自叙伝程度の金額だったこともあり、
会員に戻す会費の一部をこの本にしても良いかという
案内をネットを通じて流してくれたところ、
全国に約500人程度いる会員のうち380名の方から
了解を得られたとのことでした。

他の配布物と一緒に送る準備が整い次第、
発送されるとのことで連絡待ちの状況ではありますが、
43冊を種として書店に5冊、友人に59冊、
知人に380冊、計443冊の
自叙伝の購入をして頂けることになりました。

「自叙伝は武器だ」と真のお母様は言われましたが、
まさに自叙伝のもつ天運と
真のお母様と一つになることの尊さを、
改めて実感させて頂きました。

20305.jpg



本当に素晴らしい証しですね。。。

43冊を種として、多くの実りができたことも素晴らしいですが、
この婦人は、一歩先へとチャレンジしていますね。

配って満足しているのではなく、
「紹介してもらえないか」と
手渡した人に「伝道」してもらっているのです。

善なる人、というのは、紹介を願われると、
その如くにしてくださる、という利点があると思われます。

真のお母様は、
「この自叙伝で日本を生み変えなさい。
日本全体に大きな天の影響を与えるために
自叙伝を大いに活用するのです」
と私たちを激励して下さっています。

今年は、コロナの影響で、
年末年始に帰省できない方が多いと思います。
その代わりに、自叙伝を送るとか、
配布することを通じて、
私たちも奇跡を起こしていきたいですね。




にほんブロ本当にグ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

2020年11月03日

「お母様やりました!」 亡き夫の協助で100冊配布勝利 《自叙伝配布の証し》



201103.jpg


若い頃キリスト教の信仰をもたれ、
その後ほかの信仰を経て
家庭連合に来られた方が、
自叙伝「平和の母」に感動し、
100冊以上、心をこめて届けているという証しです。


Kさんは、学生時代同級生に誘われて
日曜学校に通うようになり、
シスターの姿に憧れてクリスチャンとなり、
修道院に2年ほど入教生活をしましたが、
カトリックの教えに疑問を抱くようになり、
やがてクリスチャンをやめ、結婚されたといいます。

結婚後、様々な問題が起こり困り果てていた時に、
友人から立正佼成会を紹介され、入信されました。

しかし、友人の課題解決が、立正佼成会の教えからは
見出すことができなかったこともあり、
教えの限界を感じていました。

そんなある日、家庭連合を紹介され、
当初、困っている友人を助けようと相談したのですが、
先祖を大切にするとともに人類がみな幸せにならなければならないという
家庭連合の教えに感動し、原罪が清算できること、
メシヤと出会えた事に希望と喜びを感じ、
学び始めてから1ヵ月弱で独身祝福に参加しました。

そして一週間後には清平に行き、
ご主人との霊肉祝福を受けられたのです。


Kさんは、真のお母様の自叙伝「平和の母」を読んで、
天の父母様の夢、真のお父様の夢を実現するために、
お母様がひたむきに精誠を尽くされ歩まれる姿に、とても感動されました。

この感動をいち早く伝えたいと強く思い、親しくしている議員や
実兄と娘、そして孫にまず自叙伝を届けました。
毎日最低一冊は配ろうと決心し、コツコツと実行しました。

教区書写大会で自叙伝普及の証しをするよう依頼され、
それまでに43冊を配り終えて基準を立てたいと、
議員や親戚、友人・知人に一人一人手紙を添えて配り、
最終的に48冊を配布して大会当日を迎えました。

自叙伝の証しを披露する際に気分も高揚し、
100冊を目標に頑張ることを宣言されたのです。


その日帰宅して、手紙を書く為に便箋を探そうと
亡くなったご主人の机の引き出しを探してみると、
ご主人の議員時代の後援会の名簿を見つけました。

それには、99人の名前が載っており、
Kさんが知っている方も大勢おられました。

霊界からご主人が応援してくれていると強く感じ
天の導きに感謝されたといいます。

「夫が応援してくれていると思うと、嬉しくなり
益々やる気満々になりました」とおっしゃっていました。

なによりも真のお母様を喜ばして差し上げたい一心で、
毎日3冊から5冊を目安に、真心を込めた手紙を
一人一人に書き添えて自叙伝を贈られたとのこと。

そして9月24日、ついに100冊を突破することが出来ました。
それは自叙伝を配り始めてから、ちょうど1カ月後のことでした。

心の中で「お母様やりました!やり遂げました!」、
「これは私一人の力ではなく、主人の協助のお陰です」
と感謝されたといいます。


配布した方々からお礼の電話やメール、お手紙等が
たくさん届き、本当に驚かれていました。

親しくされている議員さんに「平和の母」の自叙伝の感想を伺うと、
「厳しい道のりを『犠牲』を伴いながら
平和の為にご尽力されたお姿に感銘を受けました。
韓鶴子総裁が切り開いて下さった平和をより発展させる為にも
頑張っていきたいと強く感じました」と答えが返ってきました。

また、他の信仰をお持ちの女性は、
「本当に感動して2回も読みました。
世界平和の為に自分を犠牲にして世界中を飛び回っていらっしゃる
韓鶴子総裁は普通では考えられない、人間業ではできないですね」と、
感嘆しながら言われていたそうです。


家庭集会や書写大会には参加してくれますが、
み言の学びは頑なに拒んでいた女性がいました。

ところが自叙伝をお渡しした頃から、彼女の心境の変化を感じ取ることができ、
再度お誘いしてみました。
すると快く受け入れてくれて、み言を学ぶことになりました。

自叙伝を読んで、「こんな方がいるとは、にわかには信じられない。
この方の苦労と比べたら私の苦労は小さい。
普通の人ではないと思った」と、
やはり感動して2 回読んだということです。

その方は、今は一生懸命にみ言を学び、
「祝福」の意義と価値を受け入れ、
10月17日に行われる祝福式に独身祝福として
参加することが決まったのです。

祝福の説明を受けたときには、
「自分が一番苦労している。
誰にも言わずに歯を食いしばって生きてきた。
人間の力ではどうすることもできないと思って生きてきた」
と言われ、祝福の恵みに感極まって
「やっと幸せになれる」と号泣されたということです。


kさんは、真のお母様が、人類の母として多くの涙を流しながら、
私達をかき抱いて下さった母親のぬくもりと、
天の願いと祈りが込められた自叙伝が多くの人の心を掴み、
動かすのだと更に強く実感しておられます。

「私はこれからもずっと『平和の母』を
多くの方々にお届けしたいと思います。」
と力強く宣言されていました。

伝道教育週刊活動FBより(文責:ten1ko2)



素晴らしい証しですね。
100冊配ったこともそうですが、
その原動力は、ご本人が、
自叙伝に感動されたことです。

その思いが種火となって、
配った人の心に火が灯ったのでしょう。

お母様を喜ばせたいと、
主体的に行動していかれたところに、
ご主人をはじめとした霊界の協助があり、
導かれていったのだと思います。

私たちも相続しなければなりませんね。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)