2019年05月02日

(証し)私と娘の心を変えた書写?! 断絶した娘の名で書写、奇跡の交流復活!



190502 20190420.jpg


自叙伝書写を通して、
奇跡の証しが続出しています。
今回は、書写を通して、娘さんとの溝が埋まった、
という婦人の証しを紹介します。


私は今から2年前に、ある婦人との出会いで
人生が180度変わりました。

今は、救われたような気持ちで、喜んで書写をしています。

2年前の私を考えると、今の私は奇跡のようです。


その頃の私はいろいろ悩みが多く、心がつぶれそうでした。
 
一番の悩みは家族のことで、私には娘が2人いるのですが、
親子関係はとても悪く、
どう解決していいのか分からずにいました。

実はとても言いにくいことなのですが、
私は夫と故あって離婚しました。
2人の娘には「私たちを見捨てた!」という
思いを持たせてしまい、気付いてみると、
20年の歳月が流れてしまっていたのです。
 
娘たちとの交流は全くなかったわけではないのですが、
徐々に回数が減っていき、いつの間にかなくなってしまいました。

心の中に大きな負債を持ちながら過ごし、
こんな気持ちを持ったまま、人生を終わってしまうのか
という思いが出てきては、先行きが真っ暗になって、
全く前に進めない状況でした。


そんな時に、道端である婦人に声を掛けられ、書写を勧められたのです。

なんとか娘たちとの関係を20年ぶりに取り戻したいという
切実な気持ちで、一字一句祈るような気持ちで書写をしました。

書写を始めて半年ぐらいたった頃でしょうか。
 
「迷っていないで、自分の素直な気持ちを娘たちに早く伝えたらいい」
という思いが心の奥から出てきました。
これが私にとって、大きな転機となりました。

すごく勇気がいることでした。
死ぬような境地で、とても苦しかったのですが、
書写を指導してくださる先生のアドバイスを頂き、
娘たちの名前で何回も書写をし続けました。


すると娘への今までの負債が一つ一つ心の中から消えていく
という不思議な体験をしたのです。
 
「書写ってすごいな」と感じました。
その時から積極的に
娘たちに手紙を書いて送るように心掛けていきました。

先月のことです。突然、長女からメールがありました。
友人の結婚式で着るドレスを作ってほしいという内容でした。
もう信じられず、私の心は天にも昇るようでした。

メールのやりとり、電話のやりとりができるようになり、
今までの溝が埋まるようにと祈るような気持ちで
ドレスを準備し、娘に渡すことができました。

「書写は自分の心だけでなく、娘の心まで変えてしまう
パワーがあるんだな」と強く感じました。
本当に感謝です。

今も感謝の心で書写をしています。
多くの人が書写をして幸せになってほしいと思う今日この頃です。

自叙伝書写 感動体験集
第65回 書写で娘との絶望的な溝が埋まる
(70代 女性)


真のお父様のみ言を書写していく「自叙伝書写」。

真の父母様は、真の愛の勝利者です。
書写することを通して、真の父母様の勝利圏を
私の心に書き写し、願いを祈っていくならば、
私自身も様々な気づきを与えられ、
そして、願い事が叶っていく、という、
奇跡的な証しが続出しているのです。

また、この婦人のように、精誠を込めて、
素直に、真剣に、切実に、
実践することが重要なのだ、と思います。

真のお父様がみ言を勝ち取られるのは、
まさに命がけでした。

だからこそ、同じ心情圏でみ言に接することで、
私たちも勝利圏を相続できるのです。









にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2019年04月12日

(証し)20年サンデー世日を送ったら・・・書写から祝福へ、母に起こった奇跡!



190412 20190211.jpg
韓国世界日報創刊30周年記念式(2019.2.11) ☆


教会に大反対のお母さんに、
「Sunday世界日報」を、
20年近く送り続けた婦人がいます。

継続は力なり、そして奇跡も起こる・・・
変わるはずのないお母さんでしたが、さて──



<20年間送り続けた⺟に奇跡が起こりました>


「サンデー世界⽇報を読ませたら⾷⼝になる」という⾔葉を信じて、
20年近く実家に新聞を送っています。

たまに家に帰っても、帯封が付いたまま積み上げられていて、
「読まないから⽌めといて」と何度も⾔われましたが、
「いいから、いいから」とかわしてきました。

その内、クロスワードパズルをやり始め、
徐々に他のページも読んでくれるようになりました。

2年前、浅川先⽣の「いのちの⾔葉」を読んだ⺟から
「すごいことが書いてある。あんたも読んでみいや」
と電話がかかってきました。

⺟が感動したのは、脱⾐所に5年間引きこもっていた娘が、
⺟親の書写のおかげで、脱⾐所から出られるようになった
という感動的な証しでした。

実は我が家の子供も同じような状況だったので、
⺟は孫を何とか助けたいと思っていたのです。

⺟は「書写ってすごいんやな、どうしたらできるんやろ」
というので、書写の一式を送りました。

最初は「なぞるだけでも、パワーがいるから書けないわ」
と⾔っていましたが、「子供のために、誰かのために」
という書写の⾔葉に出会ってから、書くようになりました。

「下敷きの⾔葉の通りに書かんとあかん」と、
一字一句間違えないように精誠を込めて書き、
奉納するために送られてきたものを⾒ると、胸が熱くなりました。

余⽩に願い事を書いたらいいと⾔ったので
「子供のために、孫のために」と書いてありました。

最近では、「サンデーを読んでから書写をすると、心がスーとする」
「『神を愛する』を書くようになって、
自分が変わってきたことを実感する」と⾔っています。
お陰様で教会に来て祝福を受けることもできました。

昔、近所に住む信仰の子⼥が拉致監禁され、
実家にも反対牧師が来た影響で、
教会に対して⼤反対だった⺟です。
⾷⼝になると信じて、サンデーを送り続けて本当に良かったと思います。

50代⼥性


190412.jpg

190412b.jpg



本当に素晴らしい証しですね。。。
お母さんは、書写の証しをきっかけに、
ご自身が書写をすることを通して、
み言に触れ、本心が復活し、
そして、祝福にまで至ったのでした。

やはり、一番大きいと思ったのは、
霊の親である、実の娘さんの信仰だと思います。
20年間、ただ送ったのではなく、
『信じて』送り続けた、
その信仰に神様が働いた・・・
そのように感じました。

信じて実践することの大切さ、
一つの物事に対しても、
私たちが動機付け、意義付けをすることが、
何よりも重要であると感じさせていただきました。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2019年02月02日

真のお母様にワールドサミットを決意させたネパールの大勝利、日本人功労者4名の証し



190202 20181201.jpg
アジア太平洋サミット2018ネパール(12.1 カトマンズ)☆


昨年12月、ネパールで行われたサミットや祝福式の勝利は
記憶に新しいですが、
そこにも、日本人宣教師たちの活躍があったといいます。

「世界家庭」2月号に掲載された記事からの抜粋、
真のお母様にもお会いしたという、4人の姉妹の証しです。



〈ネパール人の夫の親族など5組と共に祝福式に参加〉

私の夫はネパール人です。

(現在は日本に住んでいますが)「いずれネパールに帰ろう」
と約束し、2年がたちます。

祝福式は市長、副市長夫婦のみならず、
市民でも夫婦であれば参加を許されました。

そこで夫は、親戚などを祝福式に参加させるため、
私よりも10日早く日本をたち、いとこの住むダランという町に行きました。

約1週間、親戚の教授や平和大使を訪ねて参加を呼びかけ、
5組を連れて祝福式に参加したのです。

サミットに参加した、いとこの会社の会長は、
「このように国々のトップを迎えたプログラムを主催できるのは
天宙平和連合だけだ」と言っていました。
(北北海道教区 女性 30代)



〈バスで24時間かけて駆けつけたインドメンバー200人〉

私は、インド人の主体者と2歳になる息子と3人で、
ニューデリーで暮らしています。

インドのクリシュナ・ナショナルリーダーは、
「インドからも多くのメンバーをネパール大会に送りたい。
インドにもたくさんのメンバーがいることを真のお母様に
知っていただきたい」と話していました。

その決意によって200人のメンバーを集め、
バスで24時間かけて現地に向かったのです。

(祝勝会で)ナショナルリーダーがスピーチをしたとき、
インドメンバー200人全員が立ち上がって真のお母様に手を振り、
姿をお見せすることができました。

(インド在住 女性 30代)



〈着実に神氏族メシヤ活動が実りを結んでいると実感〉
 
私は2013年12月から約1年間、天一国青年宣教師として
ネパールで活動しました。

自らが歩んだ地に真の父母様をお迎えすることが光栄であり、うれしくもありました。

私たちがネパールにいたときも祝福伝道をしていましたが、まだ市民レベルでした。
今回は市長を導く段階まで精誠が積まれたのだなと思い、
天の役事 がすさまじく進んでいることを感じました。

そんなことを考えながら、真のお母様の祝祷に耳を傾けていると、
「あなたが抱くことのできる民族となりました」
というみ言が心に入ってきました。

全人類を抱きたくて六千年の復帰摂理を導いてこられた神様の切ない心情と、
無限なる愛が伝わってきて、心が震える思いがしました。
(山口教区 女性 20代)



〈お母様に報告したい、国内外でのネパールへの教育支援活動〉

私がネパールと縁を持ったのは、2014年に世界平和青年連合が主催する
スタディーツアーに参加してからでした。

美しいヒマラヤ山脈、まぶしい子供たちの笑顔と出合いました。
同時に、貧しいがゆえに教育が進んでいない悲惨な現場も、私の脳裏に焼きつきました。

帰国後、私は二世のボランティアグループ「ネパールに笑顔を届けようプロジェクト」
に加わり、ネパールへの教育支援を中心に国内外で活動を始めました。

今回、メイン会場ではサミットが開催されていましたが、
別会場では「YSPシンポジウム」が行われました。
私はシンポジウムの中で、モデルS!NERGYとして
「ネパールに笑顔を届けようプロジェクト」を紹介しました。
(南東京教区 女性 20代)



190202  20181201ASIA PACIFIC SUMMIT 2018.jpg

光言社インフォメーション 見どころ紹介
『世界家庭』2019年 2月号
【証し】 天一国青年宣教師として歩んだ日本人姉妹たち
「神ネパールとして祝福してくださった真のお母様」より


今回のネパールサミットは、
実質的な国のトップが多数参加する
素晴らしい大会になりましたが、
隣国インドを始め、
一般の方たちの動員もあったのですね。。。

徳野会長もトップ渉外とともに重要なのが、
下からの活動、神氏族メシヤ活動の推進であると語られていましたが、
ネパールはまさにそのような取り組みをしていたのだ、と感じます。

お母様は基元節6周年を迎えるにあたり、
韓国を中心にトップ渉外活動をしておられると聞いています。
具体的にどのように進んでいるのかはわかりませんが、
すでに以下の動画をほとんどの韓国TV局で放映しているそうです。




お母様の本気度を感じますね。

私たちも草の根活動をすることが
天の願う日本になるための基盤づくりであることを信じて、
み旨にまい進していきたいと思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)