2021年10月24日

この道を最後まで行かなければ何もならない! 《♪聖歌 わが身の十字架》



200501-20200428.jpg


わが身の十字架を
(たれ)に担わさん
主はこの道を先駆けしを …

十字架背負いてわれは行かん
ゴルゴダかなたに勝利が歌う




世界平和統一家庭連合の「聖歌」を紹介するシリーズより
今回は、第一部28番「わが身の十字架」をお届けします。


作詞者の柳光烈(ユ・グァンヨル)先生は詩人で、
長年韓国統一教会(家庭連合)の文化部長を務めた人です。

作曲者の金斗琓(キム・ドゥワン)氏は既成教会の有名な作曲家で、
その弟子を通じて作曲を依頼することができたのです。

1959年8月28日の朝、柳先生は例えようもなく神が慕わしく
心情的に近く感じられ、熱い感慨が胸に溢れて
「お父様に何か申し上げたい。何か書きたい」
という思いがしたそうです。

その思いを書き留めようとして紙に向かうと
言葉が後から後から湧き出してくるので、
感動しつつ泣きながら書いたのがこの詩です。

その時胸に込み上げるものは
「最後まで行かなければならない。
いくら教会にいたとしても、最後まで
行かなければ何にもならない」という思いでした。

そのころを思い出しながら、
柳先生は次のように語っています。

「これは長年み旨の経験を積んだ人ならだれでも、
 わが気持ちとして実感できるでしょう。

 いくら手柄を立てても、いくら苦労をした実績があっても、
 最後まで行かなければ何の意味もないということになる、
 そんな気持ちを強く表した詩です。

 だから長年歩んできた人を、
 さらにさらに前へと激励する内容の歌です。

 迫害や風当たりの強い時代であり、
 お父様も非常に気を付けながら
 兄弟を育てていかれた苦しい時でした。

 私たちは果てのない道を
 いつまでも歩くような気持ちがいくらかあるのです。

 でも結局は必ず終わりが来るのです。
 力を尽くして歩めば、必ず成就する日が来ます。
 歩き尽くした時、行き着くのです」

(参照:『聖歌のめぐみ』)




この道を最後まで歩むことが
どれほど大切なことか、改めて感じました。

特にこの唄が作られた頃は
み旨を歩むことが大変厳しい時でした。

昔の多くの先輩たちは、馬の尻尾をつかむように
けして離さないように、とよく言われていたといいます。

学生時代にある先輩から聞いた証しです。

あまりにも歩むことが厳しくて、
教会から去っていこうと、こっそり抜け出したことがあった。
その時のマザー(青年部でお母さん的な立場の人)が
たまたま私の姿を見つけて、走ってきて教会に連れ戻した。

そのマザーは足が不自由な人だったのに、
走ってくるなんて。。。
それ以降、この道を離れようと思ったことはない。

そんな証を思い出しました。

昔の先輩たちの苦労があって、
今の私たちがあることを思って、
今もみ旨に苦労はあるかと思いますが、
最後まで行かなければ何もならない、
そういう思いを、かみしめながら
讃美していきたいと思います。

(下に歌詞を掲載)



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


聖歌第一部28番
「わが身の十字架」

1.
わが身の十字架を誰(たれ)に担(にな)わさん
主はこの道を先駆(さきが)けしを
(たまわ)りし御旨(みむね)果たせずして
千歳(ちとせ)の歴史は血と涙
十字架背負いてわれは行かん
ゴルゴダかなたに勝利が歌う

2.
身ニ過ぎし重荷、負わすべきや
強く歩まばわれは着かん
御旨に捧(ささ)げしこの身なれば
などてためろうや生命(いのち)の道
十字架背負いてわれは行かん
ゴルゴダかなたに勝利が歌う

3.
御旨成すが為(ため)、耐え来し(たえきし)
子もまた共に戦わんや
成さずば苦労も無に等しく
戦い勝てば永久(とわ)の幸を
十字架背負いてわれは行かん
ゴルゴダかなたに勝利が歌う

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 12:00 | Comment(0) | 聖歌・UCソング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月23日

「笑っていなさい」 最大の祭物=十字架、ダンベリーで私たちは救われた 《奈田先生》



211023-1984.0720-1985.0820Danbury.jpg


奈田壽美子先生の「父母と共なる生活」
旧約、新約時代に続く「祭物精神」の3コマ目、
『心情(父母)の蕩減時代』です。


ところでまた同時に、並行して考えなければならないことは、
ダンベリーに行かれたときの文先生のお姿です。

文先生は、長女の誉進様のお話の中にもありますように、
「いつも神様の心情を考えなさい」
と教えておられます。

文先生は弁護士まで慰められ、私たち、失敗した者が泣きわめく姿を見て、
「なぜ泣くのか」とむしろ、叱咤激励されながら、
どちらが刑に処せられる身なのか分からないような立場で
ダンベリーに入っていかれました。

このような文先生の計らいによって、私たちはまた救われたのです。

もし文先生が、「お前たちの罪によって刑務所に入るのだよ」
とでも言われたとすれば、私たちには行く場がありません。
だからといって、消えてしまうわけにもいきません。

それを、「さあ、これから始まるんじゃないか」
と文先生は言ってくださったのです。

 
イエス様もまた、
「これから十字架によって新しい道が開かれるのだ」
と言われたのです。

キリスト教というのは、なくてもよかった道なのです。
神にはそういうものを新しく興すつもりは全くなかったのです。

それなのに、新たに宗教を興して、
犠牲の道を越えていかなければならなくなりました。
そのときイエス様は、新しい出発であると思われて
十字架にかかっていかれたはずです。

  
先生もまさしくそのとおりです。

十字架をそのまま、生きながらにして
私たちに示してくださったのです。

文先生と一緒に刑務所に入った神山氏に尋ねてみると、
ダンベリーに入られた当時は、本当にひどかったといいます。

入る時にもいろいろな検査がありますが、
服を脱がされて検査をされているお姿を見ると、
「重要な神の使命を帯びた方がこんなことまでされて」と、
全く耐え難かったという証があります。

文先生ご自身はそのような屈辱のすべてを
甘んじて受けられながらも、
長女の誉進様などが心配されるお顔を見られて、

「そんな顔をしてはいけない。
 いつも、何事もなかったように、
 笑っていなさい。
 ビッグ・スマイルで……」
と言われました。

そのような文先生のお姿は、
正にメシヤの使命をもった方だと思います。

  
文先生がダンベリーに入られたことにより、
私たちも一度死んで再び生き返って救われた立場に立ったのです。

「君たちもこれからダンベリーに入るように」
と文先生は言われました。

私たちは先生によって
そこから再び生まれ変わるチャンスを与えられたのです。
そうでなければ、そのときに私たちは霊的に死んで、
散り散りばらばらになっていたというのです。

  
あのときの裁判の経過などを知ると、
文先生であるがゆえに受けられた裁判だと思わざるをえません。

弟子たちの不信仰がこういう結果を招いたのです。
それは正に内部告発だったのです。

イエス様の時もそうでした。
裁判の進行から、何から何までそっくりなのです。
「文先生を十字架に送ってはいけない」と言いながらも、
結局押し流されてしまう私たち弟子の弱さ。

  
「一体私たちは、先生にとって何なのだろう。
自分が救われたくて来ただけだったのか」
と思わされました。

私はあの時、本当にさまざまに考えました。
だれが悪い、何が悪いではなく、
「私自身が何だったのか。
本当にくずのような自分でしかない」という反省のみでした。

しかし先生は、即座に解決の道を開いてくださり、
悪いことはすべてご自分で引き受けられ、
「君たちは蕩減しながらみ旨をやっていきなさい」
と言われました。

また刑務所から出てこられると、
「天国創建」だ、「祖国創建」だと言われ、
どこまでも壮健で力強い文先生であられたのです。

  
そのように、文先生は
イエス様の実体的な蕩減をそのまま踏襲していかれたのです。
それが心情の蕩減であり、文先生の歩まれた道なのです。

ですから、文先生の道は簡単なものではありません。
サタンも簡単には許さないからです。

「生きた祭物」として、生きたまま血を流し、
生きたまま祭壇に上げられ、
生きたまま焼かれるという道だったのです。

しかも、死ぬことができないのです。
ですから先生は、実体で生き残るために、
ありとあらゆる健康法を見いだされたといわれます。

そのようにして、霊的にだけでなく、
肉体的にもいかに生き残るかを考えてこられたのです。
原理に従って、肉体を生き残らせてこられたのです。

 

「今まで祭物は二つに裂いてささげてきたけれども、
 裂いた祭物は死んだ祭物である。

 祭物は本来死んだ祭物でなく
 心身共に一つなる生きた者であるのだけれども、
 今まで心と体、天と地は戦ってきて、
 心は天、体は地のような関係にあり、
 裂くということはその分別点を表して、
 そこに蕩減条件の血を流し、
 神にささげられてきた。

 しかし、我々を神とサタンが認める立場に
 おいては、心と体が一体となった。

 死なずに生きた祭物として神にささげて、
 新しく神から生きたものとして立たせる
 その実体物とならなければ、
 天国に立つことのできる真の天の親子、
 天の子女になりえないというのだね。

 いわゆる祭物を超えて
 復活体となったものでなければ、
 天国に入れないというのだね。

 復活したイエス様は、殺された
 汚れた肉体の立場からも復活したのだから、
 我々においてそれ自体、心身共
 そのまま復活しえたという基準を立てなければ、
 天地とも完成しうる
 地上天国に入れないというのだね。

 だから死んではいけない」

「この天宙で一番かわいそうなお方は誰か。
 神である。
 それを慰める人は
 この中に我一人しか残っていない。

 そういう立場に立っている悲しみ、
 先生の悩むその心の根底を探すなら、
 一時に泣き出すような心情である。

 そういう心情を中心としての生活を
 連続していかなければならないのが、
 復帰路程の蕩減条件下にある先生の立場である」


第三章 父母観(その二)
三 祭物精神
(3)心情(父母)の蕩減時代

父母と共なる生活 信仰生活の真髄をつかむ」
1991年5月1日 初版発行
奈田壽美子(なだすみこ)
(1940.1.5〜1989.3.7)


真の父母様の歩まれた道は、
神様を慰め、人類を解放する道であり、
私心が一つもない道でありました。
その結論が「生きた祭物」の道なのだと思います。

そして、「人類」というのは、ほかならぬ、
「私自身」である、ということです。

ダンベリーは、1980年代のことであり、
私も判決がくだされてから、教会に導かれたので、
「過去のこと」と捉えることもできます。

しかし、客観的に見つめるのではなく、
「私の罪」ゆえにそのような道を行かれたのだ・・・
そのことをどれだけ感じ取ることができるかが、
一つの信仰のバロメーターなのだと思います。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 07:32 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月22日

明日から秋季大役事、インターネット参加でも同じ恩恵が! *孝情奉献書15の恩恵*



211022-2021.0926.jpg
方相逸・大陸会長から地区の代表者に火が伝授される


明日から秋の大役事が開催されます。

先回、9月末に行われた帯広の聖火式の報告より、
聖火式の3つの恩恵と、奉献書の15の恩恵のお話など
抜粋してお伝えします。

孝情奉献聖火式で4万4000人に
天運相続、所願成就の恩恵

2021年9月26日 北海道「聖火の郷」

4か月間に捧げられた20万枚の
孝情奉献書が天に届く

 9月26日、北海道帯広市近郊の「聖火の郷」で「2021神日本天運相続秋季孝情奉献聖火式」(以下、聖火式)が行われました。北海道全域から約1000人が集ったほか、インターネットでも約4万3000人が参加し、全国で約4万4000人が恩恵を相続する時間となりました。

方相逸・大陸会長が以下のようにメッセージを述べて、
参加者を激励しました。

「皆さんが真心を込めて書いた約20万枚の孝情奉献書が、
 きょう、天に捧げられます。

 真の父母様の精誠とご苦労のおかげで
 先祖解怨・先祖祝福が始まりました。
 それにより、先祖が絶対善霊となって、
 積極的に皆さんを応援してくれるようになりました。

 皆さんの切実な願いが、
 そのまま霊界まで通じる時代となったのです。

 真の父母様のみ意(こころ)どおりに歩んで、
 母の国日本が、真の父母様に喜びの実績を
 ご報告できるように頑張ってまいりましょう。
 そして、ここ『聖火の郷』を聖なる地にしていきましょう」


来賓として、前国会議員と地方議会議員が祝辞を述べた後、
徳野英治・神日本分苑苑長が登壇し、
聖火式の意義と恩恵について全体で学ぶ時間を持ちました。

徳野苑長は聖火式の恩恵を、

@霊的な整理(参加者の体の中の中心恨霊の分立、先祖が犯した罪の記憶の消去)
A所願成就(善なる先祖と天使たちの役事で願い事がかなう)
B天運相続(個人、家庭の次元で書かれた願い事が
 国家の次元に高められ、聖火式を通じて下りてくる天運を相続)

の3点にまとめて解説。

さらに孝情奉献書の恩恵について15点に整理して伝えました(下記参照)


  孝情奉献書15の恩恵

@先祖を慰労し、解怨することを約束する手形。

A最長1年間、恨霊の働きを止めることができる。
 多く書けば書くほど悪霊の活動を抑制。

B人生に降りかかる苦しみを取り除き、
 幸せへの道を開くために天から与えられた恩恵。

C霊人が再臨し、さまざまな良い業を行うように
 するため、地上の信徒が立てる霊的条件。

D霊人体をきれいに洗い流す洗剤の役割。

E霊人体を磨く天使が配置されている。

F絶対善霊に対する動員命令書。

Gいつでもどこでも、誰が書いても絶対善霊を動員できる。
 子供が書いても全く同じ効果。

H大きな災難を小さな災難に変え、
 小さな災難は完全になくしてくれる。

I先祖は子孫に対して、「解怨してほしい。
 すぐにできないなら約束だけでもしてほしい」と願っている。
 奉献書に先祖の名前を書くことで、解怨の約束のメッセージとなる。

J天の父母様(神様)への光の通信文。
 その内容は天の父母様の光に包まれていて、
 悪霊が見ることができないので、
 悪霊に邪魔されずに天の父母様に直行する。

K不足している精誠条件を補完してくれる。

L書かれた願い事が実体的に成就される。

M天から見て、より緊急の問題から解決。

N氏族伝道の勝利に協助。
 絶対善霊があらかじめ伝道対象者のもとに行って、
 役事できるように導く。

孝情奉献聖火式で4万4000人に
天運相続、所願成就の恩恵
https://www.kogensha.jp/news_app/detail.php?id=12596
(中和新聞より)


先月行われた聖火式ですが、
インターネット中継ではありましたが、
教会で参加していた婦人たちは、口々に、
「恩恵を感じた」「とても良かった」と言っていました。
私自身も同じように感じました。

流れは今までとほとんど変わらなかったと思います。
今まで多くの奉献書を捧げてきた精誠と
時代の恩恵があったと思うし、
役事を行われるようになって、
さらに清平と連結されたような、そんな気がしました。

今回、徳野日本分苑長が孝情奉献書の
15の恩恵を示してくださいました。

このような恩恵を施してくださった、
真の父母様に感謝の思いでいっぱいです。

明日から2日間、秋季大役事が開催されます。
同じように、恩恵を受けることができるよう、
精誠を捧げ、備えていきたいと思います。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 08:46 | Comment(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする