2017年03月19日

皆さんは光! ロシア10月革命から100年、大学に革命を?! 《お母様CARPへのみ言》



20170312_07.jpg


今月の11日と12日に行われた
2017孝情CARP総会において
韓国のCARPメンバー(大学生たち)に語られた
真のお母様のみ言です。


会えて嬉しいです。

皆さんは摂理を知っていますか?
きょう皆さんに何を話そうか考えてみました。



ソ連(現・ロシア)は今の時点で強大国だと言えます。
しかし、過去にヨーロッパを中心とした産業革命が起こり、
またアメリカという国が登場した時、ロシアは後進国でした。

ロシアの最後の王朝となる初代の皇帝は、
産業革命の文明を受け入れるために、
一般市民の身分で教育を受けました。
最も低い位置で教育を受けて自分の国に持って来ました。
それがロシアを強大国へと導く出発点となりました。

しかし、キリスト教文化圏にあったロシアが、
その後において、「神は死んだ」という
共産党の主体国となりました。
今年はレーニンが(十月)革命を起こしてから、
100周年になるといいます。



しかし、お父様によってレーニンの銅像は
いつ撤去されましたか?

お父様はゴルバチョフを通した開放政策に
多大な協助をされました。

当時、英語が出来る3千名の学生たちを
アメリカに連れて来て教育しました。

「あなたたちが知っている共産主義をもってしてはいけない。
民主世界を見なさい。
自由と平和はあなたたちの考えを変えて、
真の愛を実践する生活をすれば、皆さんが願う世界が来る」
と教育し、ソ連に返したのです。

その子供たちが開放政策を押し進めるのに
大きな助けとなりました。
しかしまだ残滓が残っています。

天が望み、世界人類が望む願いは、人類一家族です。
この強大国である国々、ソ連もそうであるし、
中国もそうであるし、教育しなければなりません。
教える道しかありません。



宗教の道も同じです。
私たちが出会うべき場所は一点です。
神様に侍る場とならなければなりません。
創造主、神様!天の父母様です。

天の父母様が願うその願い、その夢と一致する人生を
生きるべき人類です。

しかし今日の世界は多くの壁があります。
第一に思想の壁、宗教の壁、人種の壁、国境線の壁!

これがすべて自己を中心とした欲心から成されています。
遠くが見られないのです。

神様が分からないのです。
神様が分かれば、すべて解決する問題なのに
それが分からないのです。



しかし皆さんは知っていますか?(はい!!)
知っている者として、どのように行動しなければなりませんか?

3千名を教育されたソ連の学生は
戦車部隊と闘って(国を)守りました。

私がなぜこのようなことを言うのか?
皆さんの責任が重要です。

神様に侍るこの国とならなければなりません。
神様の祝福を受けるこの国とならなければなりません。
いうなれば!この国が、国民全体が
真の父母に侍らなければならないということです。



真っ暗な夜に光を嫌がる人はいますか?
皆さんが光とならなければなりませんが、
光となった場に立ち、自分だけ、
周辺でうろついていていいのですか?
よくないですか?

皆さんが属した学校で、まず、「学校を変える」という考えで
一生懸命精誠を立てながら、努力してみてください。

ですからこの国だけでなく、アジア、世界に、
皆さんが光を放つ位置に立たなければなりません。



先ほど十月革命から100周年になると言いました。
2020年まであと3年残っています。

しかし統一教会の歴史を見れば、40年以内に
皆さんが国家の復帰!世界の復帰!
神様を中心とした一つの世界を創ることができますか?
(はい!)

それでは私と皆さんがその場に同参することのできる、
そのような契機となればよいです。(アーヂュ!)



20170312_06.jpg



神を否定する共産主義を中心とした国々が、
ロシア(ソ連)を始め、世界中に広がりました。
共産主義者たちが、『世界赤化』という名の下に
結束していったのです。

お母様は学生たちに熱い願いを訴えられました。
真の神様を中心として、結束すれば、
不可能だと思えることも可能になる時を迎えました。

だからこそ、もっと神様を求め、
一つになることを意識しながら、
歩んでいかなければならないのだと思います。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

「心配しないでください」 お父様の祈りに倣おう! 神様を慰め、人類に責任を持つ 《信仰サプリ》



trueparents_ucfacts_tp.jpg


金元弼先生の信仰サプリ
今回は、「神を慰める祈り」です。


先生は夜に窓の外の木を見ながら、木が自分を守っているのだと感じ、
そしてまた、神をそのように
自分が守ってあげないといけないと感じられるのです。
すべてを神を中心として生活しておられるのです。

夜遅くなって、疲れて仕方なく寝なければならない時、
先生は「神のみ旨のために成さなければならないことがいっぱいあるのに、
疲れて寝なければなりません。
そういう私をお許しください」と祈って休まれるのです。


また、先生は余りにも疲れているために
バスルームに入ってそのまま休んだり、
トイレの中でそのまま寝ていることがたびたびあります。

先生の奥様は無理をしないようにと先生に言われるのですが、
先生は「神は今まで休んでいないのに、
どうして私が休むことができようか」と言われるのです。

足が疲れている時には、まだやることがあるから
力を出して前向きに歩こうと、
足を励ましながらやっておられるのです。

そういう先生を身近で見ている私も、それに倣う生活になるのです。


私たちは、神は栄光の神でなく
人間が堕落した時から苦しみ悩んできた神であると分かった瞬間、
神に何かを助けてくださいと言えなくなりました。

文先生のお祈りを聞くと分かりますが、
神に何かが難しいから助けてくださいという祈りは絶対にされません。

常に神の心情や、イエス様を中心とする
霊界の聖人たちが成し得なかった仕事を
私たちが代わりに責任をもって全うして、
神を解放し、人類を解放しますという
祈りの内容であることが分かるでしょう。


ろう屋に入られた時も神を慰める祈りをされました。
なぜならば神の愛する子供がろう屋に入らなければならない時、
神の心はどれほど痛かったでしょうか。
その神に対して助けてくださいと祈ることはできず、
先生は「私のことは心配しないでください」と祈られたのです。

このように文先生の生活は神をいかに解放するかがすべてでした。
ですからいつも時間が足りないし忙しくてならないのです。
それで二十四時間を二十五時間にしていく心で歩まれるのです。


文先生と共に生活して、先生の神や人類に対する姿勢を学びながら
私たちは訓練を受けました。
そうすると真夜中になって寝ようとする時に、
何だか罪を犯したような気になるのです。

先生はまだ寝ておられないのに、
今私が休むのは申し訳ないという思いになるのです。
そういう気持ちを原動力として、神のために、国のために、
世界のために、私たちは邁進していくようになるのです。

先生は決して「こうしなさい」とは言われませんが、
先生が神に倣って生活されるのを見て、
私たちもそれに倣っていくようになるのです。
先生は神を私たちに常に証してくださるので、
それを通して自動的について行くようになるのです。



神様に慰めを求めなかったお父様。。。
助ける祈りを捧げなかったけれど、
だからこそ、助けてあげたい思いが募っていた、
そのような親子の姿があると感じます。

今も、真のお母様はどれほど困難な中にいるでしょう。。。
しかし、お父様と同じように、
「助けてください」というような祈りはされないに違いありません。

真の御父母様に倣うというのは、簡単ではありません。
しかし、孝情の心情で歩むこと、
このことを念頭に置きながら、日々の歩みを捧げていきたいと思うのです。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 信仰生活・信仰講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

(証し) 再び神様の元に! 家庭集会を通じて、休眠食口が復活!! 3つの証し



16265741_1329056557155489_579635675909691995_n.jpg


伝道の証しを紹介します。


私たちの教会では120日特別精誠路程(10/12~2/8)を通じて、
家庭集会と家庭礼拝を推進していきました。

必要とされる人と教会になることを意識しつつ、
様々な問題を解決するため同じ方向性で歩み、
為に生きる実践を積み重ねてきました。

その結果、休眠食口が家族で礼拝に参加するようになったほか、
新規ゲストも礼拝に参加するようになりました。
今回はそのうちの3名の証しをします。


最初の方は、3万双のマッチングで嫁いできたWさんの家庭です。

農家なのですが、農繁期は大変忙しく、義父母のお世話もあり、
教会に通うのもままならない状態に。

また夫婦間の意思疎通が図れず、
良き授受作用を持つ機会も持てぬまま、
家庭内で孤立状態となり悩んでおられました。

やがて区域長の連絡に返答できないようになり、
農閑期も体調不調で食事も摂れない状況が続き、
うつ症状の一歩前の状態となってしまいました。

Wさんの体調を心配した教会の食口達は、
農繁期に農作業を手伝うようになりました。
作業中に教会の様子を話していくと、
少しずつWさんの心が開かれていきました。

外出する時間が取れる農閑期には、
区域長の家で家庭集会に参加し、
み言を一緒に学ぶ環境圏が作られていきました。

区域長と授受するようになってから、
Wさんは礼拝参加の意義を学び、日曜礼拝に参加するまでに。

するとWさんの表情が明るくなり、
それにつれて家庭内の雰囲気も良くなり、
11条献金や天一国四大聖物伝授式及び聖酒式にも
夫婦で参加するまでに復興していったのでした。


2番目のUさんは、仕事を始めたことが原因で、
何十年も教会に来れずにいたのですが、
霊の親は諦めることなく、Uさん宅を訪問してケアを重ねてきました。

あるとき霊の親が「今度、私の家で教会の勉強をしていきましょう」
とUさんを誘うと、「家庭ならいいですよ」ということで、
家庭集会に参加されるようになりました。

後日Uさんに伺ったところ、
「教会は敷居が高い」と感じておられたようです。
区域長を交えての家庭集会で、
統一教会から家庭連合に法人名が変わった話をしました。


私たちの教会では、家庭集会に何度か参加したゲストに
「ウエルカムセミナー」を紹介し、受講決定していきます。

また賛同会員になることを勧めますが、
それは賛同会員の申請書に記入することで、
会員としての自覚が芽生え、理想家庭実現の為に
前向きな姿勢となって原理を学びに来る動機付けができるからです。

霊の親の家庭で学べば、ゲストも緊張感を持つことはなく、
またお昼を準備してみんなで食事をすることで、
とても和やかな雰囲気のなかで愛されていきます。

Uさんも今では「前向きな姿勢で原理を学び、
自分自身も実践できるようになっていきたい」と話しています。


最後の伝道対象者のNさんは、霊の親のKさんと同じ職場で働く同僚です。
以前は教会に来られていたのですが、休眠状態となっていました。
同じ職場ゆえに話す機会も増え、
お互いの事情を理解する事が出来るようになりました。

後日、KさんはNさんを家庭集会に誘ってみました。
Nさんは仕事の関係で夕方6時からの集会に参加しました。

集会を通して少しずつみ言に触れていくなかで、
以前は不平不満が表に現れていたNさんは、
次第に自分の足りなさや自分中心の生き方をしてきたことを
悔い改めるようになっていかれました。

さらに「生活から改めていきたい」と思うようになったNさんは、
礼拝に参加し、11条献金を捧げるようになられました。
また清平修錬会にも参加し、先祖解怨もすることができ、とても喜んでおられます。

教育が進むなかで、Nさんは改めて正会員となられ、
「自分もこれから伝道していきたい」と、とても意欲的です。


これからも家庭集会を通じて、
天の父母様と天地人真の父母様を誇り、
理想家庭実現に向け、
必要とされる人と教会となることを目指していきます。



しばらく教会に来られていなかった方、
いわゆる休眠食口の再復帰に対する取り組みを
全国的に120日路程という形で活動してきました。

ここの教会の証しにもあるように、
家庭で礼拝や集会を行うようになって、
教会には敷居が高かったけれど、
再度、み言につながるきっかけができた方も多いと思います。

やはり、今は、『家庭』に天運があるのです。
だいたい、家庭連合になってから、
教会名も『○○家庭教会』になったのですから。。。

そして、私達一人一人が
教会においても家庭においても
新しい方たち、久しぶりに来られた方たちを
心から歓迎する文化を作らなければならないと思います。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:39 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする