2017年06月15日

いつも神様の心臓部に立つ私! み言に喜ぶより、受肉しよう! 《李ヨハネ先生の里程標》



26_riyohane.jpg


李ヨハネ先生の証し。
任地を与えられ、伝道活動を中心に
活動している証しがその後、掲載されていますが、
その部分は省略させていただきました。
最後のところだけ紹介します。


み旨の前に召命を受けてから30余年になりました。
今や還暦も過ぎて子女たちが成長して、
今まで私が歩んで来た道を共に歩んでいます。

過ぎて来たことをたどると感慨深い内容が多いですが、
まだみ旨の一線で後輩を養成して、み言を
伝えなければならない立場であり、過ぎたことよりは
未来にもっと関心が行くことはどうしようもありません。

まだ先生は先に立っておられ、
これから成さねばならないみ旨があるので、
私は緊張を少しもゆるめることができません。


私の半生涯は、ただ牧会と教育に
身を投じたと言っても過言ではありません。

大邱(テグ)で、ソウル明洞(ミョンドン)会館で、そして本部教会で、
私が立ったどこにおいても神様の心臓部に立っている
という気持ちでみ言を述べ伝え、
今も統一家族の指導者になる統一神学生たちの教育と
21日修練生を指導しています。

今まで私のみ言を聞いた人たちを、どれだけ感化させたか、
また人生の里程標*となった(大きく人生の指針を与えられた)とも言い切れませんが、
いずれにしろ神様のみ言の代身者という心情で、
体と心をみな捧げて伝えようと努力して来ました。


今も私はみ言を伝える者として、一番心配しているのは
み言を聞き、恩恵を受けてそれで終わるのでなく
その原理のみ言を受肉して人格化させねばならないということです。

今まで(見てくる中で)、み言に出会うと、そのみ言に陶酔して、
あたかも小さい子供がおもちゃを持って遊ぶように喜んで、
終わってしまう場合が数多いように思われます。

今はみ言を宣布する時期というよりは、そのみ言で人になるときです。

初期には信仰が幼く世間知らずで、神様がくださったみ言を
嬉しく楽しく受け、その気分と一つになって事を成してきたのですが、
今になってみると人格と生活に連係させなかったような気がします。

もし、み言を聞いて喜んでばかりいないで、
「人になる」ことを心配したならば、
今日よりもっとましであったと思うのが私の心情です。



み言を伝える立場の人たちが、
今まで、多く離れていったのは、
やはり、み言を受肉していなかったこともあるでしょう。
李ヨハネ先生もそのことを痛感しておられます。

古い大先輩たちが、
お母様のもとを離れていくのも、
心痛いことではありますが、
神様の代身である、真の父母様を
正しく見つめていくこと、
そして、お父様とお母様が一つであること、
そのことを、はっきりともう一度、
認識しないといけないのではないでしょうか。

何よりもみ言は、人の為に語ったとしても、
それは自分のためであり、私自身が受肉するものである。。
そのことを肝に銘じないといけないと思うのです。。。

明日で最終回になります。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 09:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 信仰生活・信仰講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

(証し) 真のお父様に呼ばれて、霊界に行ってきました! 霊界総動員って?!  



13934868_1171566226237857_5612953075230305695_n (2).jpg


お父様が聖和されて以降、
霊界に行かれている先輩家庭・食口たち
また解怨祝福された先祖たちは、
お父様を中心として
昼夜もなく総動員で頑張っていることでしょう。

実際にはどうなのか、霊的体験の証しです。

韓国・清平、つつじ祭の先祖祝福式で
主礼をされた、柳慶錫(ユ ギョンソク)韓国会長が
語られた内容を整理したものです。


少し前、私は脚を怪我して手術を受けました。
手術後、3日ほど過ぎた時でしょうか。
真のお父様に呼ばれ、私は霊界に行きました。

霊界に行くと霊界への入り口から続く道が、
この清平の様子と同じでした。

色とりどりに、薄紅色に染まる花の道が過ぎていくのですが、
少し離れた所に天正宮博物館が見えました。
白い石で造られた道の横には白い家々があり、
その合間に満開のつつじが咲いているのです。


私をその霊界に導いた人は劉孝元(ユ ヒョウウォン)初代協会長です。
「初めてお目にかかります。真のお父様が呼ばれています」
と言われ、私を導いてくれました。

なぜ私が霊界に行ってきたと言えるかというと、
ベッドで寝ている私を、劉協会長が起こして立たせてくれたのですが、
私が起き上がると、そばに私(肉身)が寝ており、
その横に私の妻が寝ているのが見えたからです。

「(妻に)話してから行かなければならないのに」
と思っていたら、そのまますっと消えました。
霊界に向かったのです。
もし夢であるならば、それは見えなかったことでしょう。


霊界の扉を開いて入ってみると、霊人たちが雲集していました。
彼らは聖歌を讃美し、拍手をし、熱く情熱的に讃美をしていました。

その前を見ると、遠くのほうに、とても明るい光が輝いて、
そこから情熱的な声が聞こえました。

「地上の命令に従って霊界も3年総動員だ!」
それは真のお父様の声でした。

そこにいた数多くの霊人たちは、きょう、
この場に参席した皆さんを通して祝福を受けた祝福家庭です。

私は、お父様の前に出て行こうとするのですが、行くことができません。
その熱気に押しやられて行くことができないのです。
どれほどの力でしょうか。

そのようにして、身もだえしているうちに時間となり、
劉協会長が「もう行かれなければなりません」
と言われ、再び下りてきました。
そして目が覚めたのです。


真のお母様によって私たち統一家は、3年総動員を通して、
全食口がビジョン2020に向かって出征しました。
これとともに霊界でも、真のお父様を中心として3年総動員を出発しました。

皆さん、考えてみてください。
この周辺に、おそらく霊界まで、数千億の善なる祝福家庭の先祖たちが
今、皆さんと共におられるのです。

皆さんは、以前の先祖祝福式をされる時とは
全く異なる霊的気運を受けるでしょう。

そして家に帰ってから、生活の中で目を閉じている時、
ある瞬間、皆さんの善なる先祖たちが訪ねてきて
皆さんの歩みをせき立てるのです。

この3年路程を新しく出発するよう、
懇切な心情で皆さんと共にいることでしょう。

そのような霊的気運を受ければ、この3年路程に
驚くべき天の役事と恩寵が共にあるでしょう。
火のように降りてくる役事を
胸で受けるために準備しなければなりません。

このような時に、先祖祝福式に参加することは偶然ではありません。
皆さんこそ、新しい摂理の偉大で歴史的な生を生きていく人々です。


真の父母様が願われる通りに成就してさしあげ、
真の孝子、孝女として忠臣の位置に入り得る唯一の道は
ビジョン2020に向かう道です。

真の父母様に、「私はこのように来ました」
と涙ながらに歩み寄る時、父母様が、
特に真のお父様が両腕を広げて明るくお笑いになれるような、
私たちの生涯の実績がなければなりません。

祝福家庭の皆さん。
天が下さった最後の瞬間を、私たちは天の父母様(神様)と
真の父母様にお仕えしながら、この3年路程を通して、
誰よりもみ旨のために精誠を尽くし、忠の道、
孝の道を歩んだという印を受けることができるように願います。

2017天運相続つつじ祝祭 孝情 清平特別大役事
「1-301代先祖祝福式」主礼の辞
天一国5年天暦4月12日(2017年陽暦5/7)
天宙清平修錬苑



柳慶錫会長が幽体離脱をされていたんですね。。。

霊界は、地上での摂理と直結しているんだなと感じます。
地上ではお母様が2020年までに向かっているのと同じく、
霊界ではお父様を中心に総動員体制なのです。

ですから、お母様の願いに応えるべく歩むならば、
霊界の全面的な協助が成されていくのだと
確信することができました。
皆様、頑張りましょう!!





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)




posted by ten1ko2 at 10:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

11年前の今日は?! ★ブログ8年目! これからも、「いつも私のとなりに神様」を!!



2006_06_13_.jpg


今から11年前の今日、2006年6月13日は
歴史的な日でした。
天正宮の入宮式がなされ、また真の父母様が平和の王として
戴冠式が行われました。

その後、天正宮においては、
前の大きな広場において数々の行事がありましたが、
その出発がこの日でした。
不思議なことに、いつの時にも晴天に恵まれている
印象がありますね。


2006.0613.jpg


さて、今日は我が家においても
子女の一人が誕生日を迎えます。
歴史的な記念日を家族の大切な日として祝えるのは
とても光栄で嬉しいことです。

また、この6月という月を考えると、
私個人的に、節目の月なのです。

献身したのが、1989年6月でした。
それからすぐに1回目の拉致監禁をされました。
もう28年も前のことになるんですね。。。

家庭修も6月。
二度の拉致監禁を経ながらも、
こうして家庭を持っているということは、
奇跡中の奇跡だと思うのです。
心から感謝しています。

そして、もう一つ、このブログを書き始めたのも、
10日以上前になりますが、
今から7年前の6月2日のことでした。

恥ずかしながら、こんな記事でした。。。
http://uc-itsumokamisama.seesaa.net/article/151811066.html

折しも、基元節まで1000日という節目の日に
このブログは、出発したのでした。
(実際には天歴で行われたため、少しずれましたが。)


ブログを書くようになったきっかけは、
私が拉致監禁の体験をしたからです。

13年5か月の間、多くの試練を通過して、
見事に教会に戻ってくることができた後藤徹さん。
実は彼とは学生部で歩んだ仲間でした。

彼が、駅頭で声高らかに叫んでいる姿を通し、
「本当にえらいな」という思いと、
「自分は何をしているんだろう・・・」
という申し訳なさがあり、
援護射撃ではないですが、
ブログを通して、拉致監禁の不当性を訴えよう、
そんな気持ちで出発したのでした。

ですから、ほとんど今は書いていませんが、
最初のころは、拉致監禁に関する話題が多かったのです。

今のように、み言や教会に関して、
さらには、伝道の証しなどを記事に載せるようになったのは、
特に3年半前に、今の教会長をお迎えし、
路傍伝道をするようになったことが、
一つの転機だったように思います。


そして、忘れてはならないのが、
「いつも私のとなり」にいる、神様。
そして、もう一人の大切な存在です。

7年間、書き続けることができたのは、
夫婦二人三脚のおかげです。
家内にも心から感謝しています。

家内はタイトルをつけるのが上手です。
また、写真を載せたり、記事の校正・レイアウトも家内の仕事です。

そして、このブログは、皆様のために書いているのですが、
実際には、私たち夫婦が一番恩恵を受けているように思います。

いつまで書き続けることができるか、
神のみぞ知る、と言った感じではありますが、
これからも許される限り、よい内容を発信したいと思っています。

みなさま、これまで、どうもありがとうございました。
これからも、皆様のとなりに神様、
そして、このブログがいつもありますように。


2006.0613 (2).jpg





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする