2021年10月15日

イエスの十字架で、その身を犠牲にする殉教の時代がやってきた 《奈田先生》



200820-Christ.jpg


西暦の始まりはイエス様、
それは「殉教の時代」の始まりでもありました。

奈田先生のみ言。
「実体の蕩減時代」の後半です。

(2)実体の蕩減時代

神がそれはどの期待を懸けて送り込まれたイエス様を
人間が足げにしたために、神は前よりも
もっとつらい時代を過ごされることになりました。

殉教の道となって現れてしまったのです。

殉教の歴史は、日本のクリスチャンの道だけを見ても、
本当にひどい例がたくさんあります。

例えば、引き潮の時に海辺に子供を十字架にくくりつけておいて、
母親に刀を突きつけながら、改宗を遣るのです。

潮が満ちてきて、子供が海に飲まれていくのを見せながら、
心を変えるか変えないかと遣るのです。
あるいは、耳をそがれたりもしました。
このような例は数知れません。


殉教者の姿を見て、遠藤周作の小説『沈黙』にあるように、
人は「神はそんなにむごい状況になっても、
出てきてくれなかった。神は沈黙していた」というのです。

「序」でお話したニーチエも、
「神を求めてこんなに苦悩したのに、神はいない。
結局、神がいると考えた出発点が間違っていたのだ」
という結論になってしまったのです。

そのような人間もかわいそうですが、それを見ている神は
どんなにつらかったことでしょうか。
手を出すことも口をきくこともできなかったのです。
時を待たなくてはならなかったのです。


そういう中で、神とイエス様の苦悩の世界を見せられたのが、
クリスチャンの殉教なのです。

この地上に、これほどの犠牲は他にありません。
神ご自身が血を流し、十字架にかかったほうが
まだ楽かもしれないのです。

何千年も続いてきたキリスト教の歴史を見たときに、
文先生は、「柱にしがみついて、慟哭して、何日も泣いた」
と言われますが、神とはそういうところにおられた方なのです。

それが犠牲の時代の意味、祭物精神の意味であり、
理論的に神がそうであるから自分もこうしようというのではなく、
自然の発露から自分はこうあるべきだ、
となってくるのが本当の祭物精神なのです。

犠牲になることを誇りにするのではなく、
“当然”と見る立場が祭物精神なのです。


祭壇に立つ者の心については、詩篇二四篇4節に、

「手が清く、心のいさぎよい者、
 その魂がむなしい事に望みをかけない者、
 偽って誓わない者……」

とありますが、私たちはそういう
旧約的次元の祭物精神にもまだ達していません。

イエス様は自分が十字架にかかることが問題ではなくて、
神がそのしかばねをどう用いられるか、
その条件をどう残すことができるか、
その涙の一片を神がどう受け取ることができるか、
神が今後、私の信仰の一片を歴史を懸けて
どう用いることができるか、これが重要な課題であったのです。

私たちはそういうイエス様の祭物精神からは
ほど遠いと言わざるをえません。


ですから、イエス様を見るときに、

@死の苦しみの中にあっても、神を信じて、
 最後までその使命を果たしていこうとする精神(ルカ二三・43)

A大衆の前でいかなる辱めを受けても、訴えられ、
 侮辱されても、沈黙と忍従を通し抜く精神(同二三・9)

Bサタンにその身に対する非を認めさせない(同二三・4)。 
(それは、神の子であるという権威のもとにです)

C自分自身の死の苦しみを忘れるほどに、
 神のみ旨を愛し、人類や民族を思ってこられたイエス様であった(同二三・28)

D迫害する者のために祈られ、
 彼らの罪の赦しを神の前に乞うていかれた(同二三・34)。

こういう供え物の精神を、
具体的に聖書から学んでいきましょう。

第三章 父母観(その二)
三 祭物精神
(2)実体の蕩減時代

父母と共なる生活 信仰生活の真髄をつかむ」
1991年5月1日 初版発行
奈田壽美子(なだすみこ)
(1940.1.5〜1989.3.7)


み言を訓読しながら、
イエス様のことを思い、涙を流されて説教された
お父様のことを思わされました。

お父様以上にイエス様のために泣かれた方はいないのに、
イエス様を信じてきたクリスチャンたちは、
お父様をもっとも迫害してきたのでした。

「イエス様の祭物精神からはほど遠い」
そのように言われる奈田先生ですが、実際には、
イエス様のご心情を求めに求められた方だと感じます。

先日、ある国家メシヤの先生が、
「聖書の土台の上に、原理がある」
と語られていて、日々、聖書を精読しておられるそうです。

イエス様、キリスト教に対しての認識を深める
必要性を感じましたし、
このあと、真の父母様の時代の祭物について
語られるわけですが、
新約に精通した上でこそ、
よく理解できると思います。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 06:30 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月14日

「過去に経験した」ではなく、あらゆる人から学ぶ 《李ヨハネ先生の信仰サプリ》



211014.jpg


李ヨハネ先生のみ言。
今回は、「学ぶ姿勢を失うな」です。


理解したもので指導しようとすると、自分は発展できないのです。
指導者になって、だんだんと発展できなくなるのです。

なぜかというと、自分が指導者だと思っているからです。
伝道者だと思っているからです。

「伝道者は人を指導するのだ」という立場に立つと、
結局自分は、その型にはまってしまうのです。

あらゆる人から学ぼうとすること、
学ぼうとする態度がいつも大事です。

指導者は、学ぼうとする欲望をもっていれば、
その人に必要なものが分かるのです。

「何を教えよう。どういう原理を教えよう」、
こう考えると、自分というものが問題になるから、
いくら信仰生活を何十年やっても、
「新しい人にも学びたい」となるのです。

「どういう経験も、私はもうした。もうああいう経験は済んだ」と。
そういう過去のことによって、現在を貴重に思わないと、
結局、固まった欠点のある人になるのです。

だから年を取った人で、「現在」を、
自分も過去に経験した「現在」と思う人は、そこが間違っているのです。

「現在」というものは、きのうではないのです。
だから、いくらきのう自分がこれを経験していても、
きょうの経験は、全部性質が違うのです。


イエス様は、自分を絶対視しながらも、人の事情に巻き込まれたのです。
自分を絶対視しながらも、かわいそうな人には、
主管され、共に泣いた、そういうところがあるのです。

そこがイエス様の違うところです。

私たちは、絶対視すると愛情が流れないのです。
「原理」が思想に固まってしまうのです。

「原理」を消化した自然人間(本然たる人間)になるようにと、
人間を正常化する目的なのに、「原理」という
理念にとらわれてしまっているのです。

そうなると、結局一つの思想家になって、
豊富な人間性をもった人間同士の関係が崩れ、孤立しやすいのです。

私は「原理」を悟ったと、悟ったそのものに主管されて、
結局、盲目になりやすい危険性が私たちにあるのです。

そういう面もあるということを知り、
私たちの霊的成長を中心として、考えてみなければならないのです。

2.個人と教会の発展のために
「学ぶ姿勢を失うな」

信仰生活シリーズ 5
心霊を育てる生活原則「心情開拓」李耀翰
(「信仰と生活 第一集 原理の生活化」増補、改編)


秋、真っ盛りとなってきましたね。
み言を訓読して「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
ということわざを思い出しました。

健康な人は御飯が美味しいと感じる、と言います。
訓読するみ言も新鮮に感じ、おいしいと感じる、
私たちでありたい、と思います。

真のお父様は、ご自身の語られたみ言を
何回も何十回も、いや無限に訓読されても、
新鮮さを感じられていかれました。

日々、発展できる者になっていきたい、
そのように思わされました。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:05 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月13日

(証し)「お前、天宙をかけてみ旨をやったことがあるか?」 真のお父様から聞かれたら 

「氏族メシヤ」絶対にできない、と思っていた私が・・・



211013-2000.0924.jpg


以前、伝道教育局長をされていた矢野治佳先生が
氏族メシヤに関しての講話をされたことがあり、
その資料をたまたま目にしたので、
紹介したいと思います。


私には、お父様との出会いの中で
忘れられない思い出があります。

1999年の夏にジャルジンの40日修練会に参加しました。
そこでは「興進様の聖和は
私たちが氏族メシヤを勝利できなかったことが
大きな原因である」ことが強調されました。

私は、5万50万摂理、ホームチャーチ摂理、
還故郷摂理の過去の経験からして、
「お父様は、私たちが、もっとも取り組みづらい時に
指示されてきたな」という思いが押し寄せてきて、
他の全ての事柄は整理できても、
「氏族メシヤは難しい、不可能だ」
という思いを強く残して帰ってきました。


真の子女の日に、当時の水沢里の修練所に行く機会がありました。
ある時間、モヤモヤした思いで下を向いて座っている私の前に、
お父様が立ち止まられて、み言を語り始められました。

「真の父母は天宙にも替えがたい」と言われながら、
突然私の頭を強くはたかれたのです。

「お前、今まで天宙をかけてみ旨をやったことがあるか?」。

私は頭の中が真っ白になってしまいました。
天宙という単語は私の辞書にはなかったのです。
とっさに「はい、ありません」と答えていました。

真のお父様は、ニヤリと笑われながら、
「そうだろう。だから、そんな渋い顔をしてるや」と言われ、
その場が爆笑につつまれました。

後で冷静になったとき、答えが見つかりました。
「ハイ、それをされたのは真の父母様だけです」
が正解です。

真の父母様が文字通り、血と汗と涙で
天宙までの勝利圏を立てて下さり、それを、
個人・家庭・氏族の3段階の勝利で相続して下さるのに、
それが「できない」とか「難しい」ということは、
どれほど真の父母様にとって悲しいことであり、
残念なことなのかを思い知らされました。

まず、そのことに取り組み、
勝利したいと決意して出発すること自体が、
天の父母様と真の父母様の願いなのです。



今回、神氏族メシヤとして、
天寶家庭として搭載されるのが、
世界では、5400家庭あまり、
日本においては、2200家庭あまりです。

他の国ではわかりませんが、
日本においては、「特別チャレンジ」ということで、
チームで在籍43家庭、祝福430家庭が
代表家庭の実績になる、という特例により、
多くの天寶家庭が誕生しました。

また、信仰の子女だけでなく、信仰の孫も
カウントされたり、さまざまな条件を含めての
天寶家庭搭載となったのです。
私たちの「天寶家庭勝利」と言っても過言ではありません。

かつて矢野先生がお父様に指摘されたころとは
比較にならないくらい勝利できる環境が与えられています。
時代の勝利圏と真の父母様の愛のゆえです。

だからこそ、矢野先生が語られるように、
天宙をかけてみ旨を歩まれた真の父母様に
報いる者となるために、前を向いて、
次に続く者になっていきたいと思うのです。



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:51 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする