2017年10月10日

韓国を死守した3年開拓伝道、婦人たちはどうして出発できたのか?! 《金元弼先生》



20160425_wh_img_01 (2).jpg


今回は、金元弼(ウォンピル)先生のみ言、
『目に見えないものを大切にする心』を紹介します。
今日は1回目、奥様である鄭達玉(テイ タルオク)先生の証しです。


本来、私の家内も一緒にここへ来る予定でしたが、
長い間眠らずに赴任のための準備をしていて、相当体をこわしたので、
同席できなかったことをお許しください。
家内は体が弱いのです。



3年間の開拓伝道

1970年、3年間の開拓があり、777家庭以上、
36家庭に至るまでの祝福家庭が参加しました。

そのころの36家庭、72家庭、124家庭では子供も生まれ、
その数が4、5人と増えていましたし、
777家庭は祝福されて間もない時でした。

そういう中で奥さんたちが全部動員されますから、
ご主人は子供たちの面倒を見ると同時に、
公的な仕事もしなければならない状況でした。
さらに、自分の奥さんが開拓で必要な食事代を月々、
送ってあげなければならないという事情でした。

ですから自分の親戚に子供を預けるか、
それができない人は孤児院に子供を預けなければならなかったのです。


文先生はこのようにいろいろな事情のある人を
全部動員するにはどうしたら良いかと、非常に考えられたようです。

そこで先生は、私の家内のことを考えられました。
当時家内は、体が弱いので病院に行ったり横になったりしていたのです。
ですから韓国の人たちは、家内は病気で寝ているから
どんなことがあっても出られないだろうと思っていました。

しかし先生は、36家庭の一番初めの者である家内に、
開拓に行くようお命じになりました。

先生は、家内に「開拓に出て死んだ場合はあなたの棺を造ってあげる」
とおっしゃり、開拓の先頭に立てられたのです。

先生がこういう覚悟で家内を出したので、
だれも「私は無理だ」と言う者がなく、
全体動員することができました。

家内は先生の願いにそって3年間、一日も休むことなくその位置を守り、
12名の霊の子女を立てて、勝利して帰ってきました。


このたびは寝られなかったので、きょうは食事もできずに寝ています。
家内が来られないので、私が代わって弁明の辞を述べた訳です。
これからはいつもお目にかかれることですからご了承ください。

1986年5月15日 ドイツ・フランクフルト本部教会
『目に見えないものを大切にする心』



祝福婦人の3年間開拓伝道、この精誠がなければ今日の私たちはない、
それほどに大切なものでした。

その当時、軍備を強めていた北朝鮮が韓国にいつ攻めてきてもおかしくない、
そんな危機的な状況だったといいます。
それが一番危惧されるのは、冬季に漢江が凍結した場合です。

開拓伝道に出た祝福婦人たちの精誠によって、
3年間、漢江が凍結することがなく、北朝鮮が攻めてこられなかった・・・
そのように聞いています。

その先頭を切ったのが、
金元弼先生の奥様だったということは、
今回、初めて知りました。

やはり、キリの先が重要なのだ、
一人の決意によって、
全てが動いていくのだな、
そのことを改めて感じました。

真の父母様が言われることは、
深い意味があるのだ、と今ならよくわかります。
いざという時は、私たちも信仰をもつ者として、
摂理に貢献していきたいと思いますし、
今与えられた使命・目標に対して死守していきたいと思うのです。

この講話の続きは、
明日以降にお伝えします。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 11:43 | Comment(0) | 草創期の証し(韓国・日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

信じるだけでは幸せになれない?! 神の愛と一つに 2つの精誠・後 《web説教》



20171004_16-2.jpg
10.4秋夕☆


「幸せを実現する二つの精誠」として、阿部局長が
信仰基台と実体基台をわかりやすく話してくださっています。
信仰基台は「信仰の精誠」、それでは実体基台は?


もう一つの条件の「実体基台」について原理講論を確認してみましょう。

  一方、アダムが創造目的を完成するために立てなければならなかった
  第二の条件は、
  彼が「実体基台」を造成することであった。
 
  アダムが神のみ言を信じ、それに従順に従って、
  その成長期間を完全に全うすることにより
  「信仰基台」を立てることができたならば、
  彼はその基台の上で神と一体となり、「実体基台」を造成することによって、
  創造本性を完成した、み言の「完成実体」と
  なり得たはずであった(ヨハネ一・14)

  アダムがこのような「完成実体」となったとき、初めて彼は、
  神の第一祝福であった個性完成者となることができたはずである。

  もし、アダムが堕落しなかったならば、
  彼は前述したとおりの経路によって創造目的を完成したはずであった。

(原理講論 緒論P277〜278)



このように、み言を信じるという「信仰基台」を土台にして、
「実体基台」を造成するとあります。
まさに、「み言を信じる」精誠を土台にして、
「み言の実体」になるということが大切なゴールです。

そのみ言の実体になるためには、
み言の核心が「ために生きること」「真の愛の実践」ですから、
「愛する精誠」が必要だということです。


私たちの生活はどうでしょうか?
「信仰の精誠」と「愛する精誠」を捧げているでしょうか。

人によってはみ言を信じる精誠を捧げていながら、
愛する精誠、愛する実践をしない人もいます。

具体的には、み言を訓読していてもみ言のように実践しない人、
祈りを捧げていても為にいる実践をしない人など、
思いの世界だけで行動という実体が伴わない人です。

このようなタイプの人は、家族の幸せのために訓読したり、
家族のために祈りをささげても、具体的に家族を愛する実践をしません。


また反対に、一生懸命に実践していても
み言からずれて自分なりの心で歩む人もいます。

み言を信じて、み言に根差した正しい動機で実践しなければ、
善なる結果は現れません。

具体的には、誰かに対して愛する実践をしたとしても、
その心に要求や裁きなど自己中心的な動機があるならば、
相手にとっては愛されたというよりも干渉された、
押し付けられたとしか感じないかもしれません。

そのような実践では、良き関係を築くことはできないでしょう。


人間は堕落していなかったならば
「創造本性を完成したみ言の完成実体」になる予定でした。

しかし、堕落することによって ために生きる真の愛だけでなく、
自己中心の偽りの愛を受け継いでしまい、矛盾した愛となりました。

ですから、実体基台を立てるためには
「堕落性を脱ぐための蕩減条件」を立てる必要があります。
それは何かというと、偽りの愛ではなく真の愛で「愛する精誠」です。

愛しやすい人だけを愛するのではなく、愛しにくい人でも愛する、
怨讐のような敵だとしても真の愛で受け入れ愛する精誠です。

イエス様の歩まれた道や文鮮明先生・真の父母様が歩まれた道も
そのような愛を投入するご生涯でした。


また、聖書歴史を見ると、不思議にも長男と次男が
争うようになることが繰り返されています。

これは、ただ単なる家庭の兄弟げんかが続いているのではなく、
堕落したアダム家庭の兄弟カインとアベルが
神側とサタン側に別れて怨讐になった姿の再現です。

ですから、歴史を蕩減復帰するために、
兄弟間で葛藤が生じたとしても一つになることが必要です。


幸せとは、一言でいえば「一つになること」です。
反対に不幸とは、「二つが対立して分かれること」から全てが出発します。

心と体の対立、夫婦の対立、家庭の対立、隣人との対立、
国家間の対立など、分かれることから不幸と混乱が生じます。

それを解決するためには、「信仰の精誠」を立てた
神側の中心人物の姿勢が重要になります。
その中心人物が「愛する精誠」を尽くすことです。

愛を投入して相手が心から屈伏するまで「愛する精誠」です。
愛を投入する目的は「一つになる」ためです。

そのためには、愛を投入して相手の心が「恨み」ではなく「許し」に変わるように、
「不満」ではなく「感謝」に変わるように、
「傲慢」ではなく「素直」な心に変わることができるように、
「与えて忘れる真の愛の投入」です。
まさに、二人が一つになることによって堕落性を脱ぐことができます。


今回の説教は、二つの精誠について解説しました。

「信仰の精誠」は、天に対する精誠であり、天の認定を頂くものです。
「あなたは神様のみに仕える人である」
と天から認められる中心人物になることが必要です。

さらに、それを土台に「愛する精誠」を通して地の認定を頂かなければなりません。
愛する精誠は、人に対する精誠です。
そして、相手から「あなたこそ神の子として相応しい」
「あなたこそ神様の似姿である」と認められることです。

天の認定と地の認定を頂くことができたら、幸せを実現することができます。
今一度、「信仰の精誠」と「愛する精誠」を捧げて、
幸せを実現する人、幸せをもたらす人になりましょう。

文責:ten1ko2



実体基台は、「愛する精誠」だということです。

堕落したがゆえに、人間関係は複雑なものとなりました。
真の愛を中心とした家族関係、
人間関係を築くことができればいいのですが、
現実的には難しい問題もあります。

その究極は、天使長がサタンとなってしまった理由、
まさに「愛の減少感」にある。。。

人間は、知・情・意の中で、
やはり、「情」が中心だと思わされます。
理論や信仰ではどうすることもできない
感情の克服が重要であるでしょう。

誰もが、真の父母様のように、
真の愛を持つことができれば、
全ての問題も解決できるのに・・・
そう感じてなりません。

まずは、「私」がそうなれるように、
神氏族メシヤの道を全うしたいと思うのです。

(さっきまでシーサープログのサーバーがダウンしてました。
直って良かった〜〜)





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 16:54 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

幸せになるためには、神様が必要?! 2つの精誠・前 《阿部局長のweb説教》



20170912_photoline_06.jpg
☆真のお母様 9.12☆


阿部局長が「幸せを実現する二つの精誠」
と題して、Web説教を語られています。
一部を省いて紹介させていただきます。


私たちの人生が幸福に満ちた人生になるためには、
どのようにしたら良いでしょうか?

大切なポイントは、幸福の源泉、愛と生命の源である「神様」が
共にある人生かどうかが問題です。

本然の幸福な人生とは、「神様の子女」として誕生し、
「神様の似姿」を求めながら成長し、
「神様の実体」となって幸せを享受することでした。

しかし、堕落によって神様とサタンの中間位置という
「矛盾した存在」となり、心の中では「本心と邪心の葛藤」の連続であり、
幸せを求めて生活していても「真の愛」が
いつの間にか「偽りの愛」に変わってしまうなど、
善と悪が交差するような「矛盾した人生」となりました。

万民誰もが幸せを求めて努力しているにも関わらず、
不幸になってしまうことが多いのが現実です。


私たちの背後には残念ながら幸せに導こうとされる神様だけでなく、
不幸な人生に引っ張ろうとする
サタンの存在がいることを知らなければなりません。

多くの人が次のように考えます。
「神様がいるのであれば、なぜ人間を幸せに導いてくれないのか?」
という疑問です。

その答えは、神様は人間に責任分担を与えられたので、
人間の責任分担を無視して一方的に救いの手を
差し伸べることができないという事情がありました。


ですから、人間の成長過程においても、復帰の過程においても、
私たちが「善なる条件」を立てるのか、
「悪なる条件」を立てるのかということが常に問題となります。

では、善なる条件とは何でしょうか?
どのような条件でしょうか?
それが、今回の題名でもある「二つの精誠」です。

どんなに一生懸命努力したとしても、
この二つの精誠に合った努力をしないと神様は働くことができないし、
サタンが離れることができないのです。

その二つの精誠とは、「信仰基台を立てる精誠」と
「実体基台を立てる精誠」です。

では、「信仰基台」と「実体基台」とは、どんなことでしょうか。
原理講論を通して確認してみましょう。


  アダムが創造目的を完成するためには、二つの条件を立てなければならなかった。

  その第一条件は「信仰基台」を造成することであったが、
  ここにおいては、もちろんアダムが「信仰基台」を
  造成する人物にならなければならなかったのである。

  その「信仰基台」を造成するための条件として、
  彼は善悪の果を食べてはならないと言われた神のみ言を守るべきであり、
  さらに、この信仰条件を立てて、その責任分担を完遂するところの
  成長期間を経なければならなかった。

  そうして、この成長期間は数によって決定づけられていくものであるがゆえに、
  結局この期間は、数を完成する期間であるということもできるのである。



以上の内容は信仰基台について解説されたものですが、
その前に最初の部分に注目して下さい。
「アダムが創造目的を完成するためには、
二つの条件を立てなければならなかった」とあります。

「創造目的を完成するため」ということは、
人間が堕落していなかったとしても、堕落していたとしても関係なく、
人間の成長のために必要な条件だったということです。


これだけ大切な条件とは何かというと、
「アダムが神のみ言を守って成長期間を経る」ということです。
一言で表現するならば、「み言を信じる」という「信仰の精誠」です。

具体的には、み言を訓読する精誠、み言を書写する精誠、
み言を土台に祈りの精誠など、み言を信じて実践する信仰の精誠です。


「信」という漢字は、人と言葉が一つになった字であるように、
人間の成長のためには、「信じるという精誠」が大切です。
人間始祖アダムとエバは「不信」によって堕落したので、
復帰の道は反対に「信仰の精誠」が必要になります。

信じられない、受け入れられない状況におかれたとしても、
あきらめたり、不安になったり、周りの人や環境のせいにするのではなく、
その困難や逆境を成長のための試練として受け止め、
さらに信じる精誠が必要です。

信じることは一瞬の心ではなく、信じ続ける、貫くという期間がありました。
ですから、「信じ続ける」という「精誠」です。


また、人間始祖アダムとエバがみ言を不信して堕落した後に、
信仰基台を復帰するための「象徴献祭」として、
み言の代わりにアベルの時は「羊の供え物」を捧げました。
ノアの時は「箱舟」、アブラハムは「三種の献祭」など、
万物を供え物にする精誠を捧げました。

私たちの信仰生活においても、献金などの万物を
供え物として捧げることは信仰基台を復帰するための条件となります。



今日は信仰基台までをご紹介しました。

み言を信じて実践すること。
これは、本然の人間であっても
行かないといけないことであることを思えば、
私たちにおいては、どれだけ重要なことでしょうか。

天の父母様(神様)のみ言を信じること。
一瞬だけでなく「信じ続ける」ことが精誠の条件、
「信仰基台」となっていくのだと思います。

神様の代身として立たれているのが、真の父母様です。
特に今は、お母様のみ言を信じていくことが
何よりも重要なのではないでしょうか?

お母様を否定し、批判し、不信させるような人たちが
ブログを席捲していることは心痛い事実ですが、
今こそ、私自らが、そして私たちの家庭が
お母様と一つになること、
このことを肝に銘じないといけないと思うのです。

明日に続きます。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 10:24 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする