2017年08月09日

サタンの罠にかからない生活姿勢?! お父様の生き様とみ言に学ぶ 《web説教》後



securedownloadhitach.jpg


阿部局長のWeb説教
「試練という成長の糧」の後半です。


真のお父様は1948年以降、北韓において宗教抹殺政策によって拘束され、
後に興南監獄という強制収容所に送られてしまいました。

その時、真のお父様が選択した受け止め方は普通ではありませんでした。
真のお父様は境遇を悲しんだり、落ち込んだり、
憤りの思いを持たれたのではなく、
「監獄に行けという神様ではなく、
行かせなければならない神様の事情を考えた」と言います。

大変な状況に追い込まれても神様を第一に考えて慰められました。
また、「これから行く監獄の中に神様が準備された人との
出会いがあることを待ち望んで行かれた」とも言います。
どんな状況でも神様のみ意があることを忘れませんでした。

また、悔しくて泣きながら見送る弟子たちに対しても、
真のお父様は対照的に、希望に満ちた笑顔で手を振りながら行かれました。
また、監獄に入ったその日、腕に手錠をはめられながら、
「これは神様が私を愛されているというラベルを貼られることだ」
と考えたとも言われます。

さらに、血を吐く拷問の場で、何度も倒れながら、
意識をすべて失ってしまう場でも、
「お父様、私をどうぞ救ってください」とは祈祷することなく、
「お父様、心配しないでください。
まだ死にませんでした。
いまだに死にません。
あなたに約束した志操が、そして責任をもつべき使命が私にはあります。
同情を受ける時ではありません」
と、祈祷されたと言います。


このように、生きるか死ぬかという深刻な地獄のような境遇でも、
そのように神様を慰労し、神様を励まし、
神様に喜びを返す歩みをされたのが真の父母様です。

そのような心の動機や歩みにはサタンが入る隙間がありません。
まさに天運を呼び込む生き方でした。

私たちも同じような凄絶な人生体験をする訳ではありませんが、
日々の生活の中で、その心の姿勢を相続していくことが大切なこととなります。

それでは、私たちの生活態度のあり方について語られたみ言を紹介いたします。



「いかなる受難の道でも、
その受難は自分にとって被害とはなりません。

またそれが、引っ掛かれば死地に落ちて
さまようかもしれないサタンの罠だとしても、
その罠とは何の関係もなく、
むしろサタンが怨讐視する
勝利の結果をもたらすことができるのです。

したがって、このような信仰生活をするときには、
サタンがどのように作用したとしても、
神様のものとして
和解させることができる立場に立つのです。

神様は、悪なる世界にいらっしゃったとしても、
いつも神様の立場をとることができる方です。

いかなる迫害、いかなる困難があったとしても、
それらが私自身をくじけさせたり、
滅ぼしてしまうことはできません。
むしろ、勝利の資料として、
勝利の結果をもたらしてくれるのです。

これは、神様が
六千年の復帰歴史を導いてこられながら、
サタンがどんなに反対しても、
神様はそれを勝利の結果として体得し、
消化させてこられたのと同じことです。

ですから、このようにすれば、
間違いなく神様の息子となることができるのです。
このような生活態度に、
皆さんが関係を結んでいかなければなりません。


(「後天時代の生活信仰」P215〜216)


このように、「いかなる困難があっても勝利の資料として、
勝利の結果をもたらしてくれる」とあるように、
勝利的人生を歩むためには「人生の困難の受け止め方」が大切だということです。

また、次のようなみ言があります。


「一日の生活を何気なく過ごしてはいけないのです。
それは、すべて天が実際の生活を中心として
天国を成すための一つの材料であり、
一つの教材として私に接近させてくれるものです。

そうだとすれば、それを良い結果として
消化させることができる主体的な自我を
どのように発見するか、ということに
力を注がなければなりません。」


(「後天時代の生活信仰」P220)


このように、すべての出来事を「天国を成すための材料・教材」
として考える姿勢が大切です。
毎日の生活が曖昧にならないように、チェックしていきましょう。

「祈りや瞑想」を通じて行動や心のあり方を振り返り
神様に報告する生活をしましょう。
祈りを通して、神様の目で自分自身を見つめることができます。


また、「感謝日記」を書くことも有効です。
日記と言っても出来事を書き並べるのではありません。
書き方は自由ですが、ここで提案する「感謝日記」とは、
毎日三つのことを書き続ける日記のことです。

第一は、今日一日を振り返って「感謝すること」を一つ書きます。
何か良かったこと、有り難かったこと、
嬉しかったことを一日の歩みを振り返って探していきます。
堕落人間は、不満と不平の思いになりやすいので、
毎日、感謝することを探すことを通じて心が浄化され、
感謝する心の感性が高まります。

第二は、「反省すること」を一つ書きます。
一日を振り返って、何か反省し悔い改めるべきこと、
改善すべきことを探していきます。

堕落人間は、人のせいにしたり、
環境のせいにするという「責任転嫁」の傾向にあるので、
自分自身の足りないところや悔い改めるべきところを探すことで
「自己責任」を果たす姿勢になります。
「自分が変わろう」という自己改善の心が育まれます。

そして最後に、「明日の計画」を一つ書きます。
明日は「これを行う」「このように成し遂げる」
「これをやり始める」という目標や行動計画を明確にすることです。

思っていてもやらなかったり、
やろうとしても先延ばしにしたりすることがないように、
生活の具体的行動を書き出します。

このような感謝日記も参考にして、
毎日、心のチェック、生活のチェックをしていきましょう。


本日は「試練という成長の糧」と題して説教しました。

困難を不幸とみるのではなく、
神様が与えてくださった試練と見ていきましょう。
そうすれば、その試練は限りなく成長に導いてくれる糧となります。

皆様の人生の飛躍と家庭の幸せを心から願っております。



私自身もこの二三日、いろんなことが立て続けにあって、
とても落ち込みそうになりました。
ちょうど、タイミングよく、この記事を書いていましたので、
前向きに捉えることができました。

また、阿部局長のアドバイスのごとく、
「感謝日記」というのもいいかもしれませんね。

お父様の精神を忘れることなく、
相続する者になっていきたいと思います。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:16 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

うまくいかない時── 成長のチャンス or サタンの罠?! 《阿部先生のweb説教》前



12686_503579523074785_494404063_n.jpg


常に全国を飛び回っておられる阿部局長が、
Web礼拝説教をアップしてくださいました。
タイトルは、「試練という成長の糧」です。


人間だれもが「幸せ」を求め、「幸せ」を願いながら生きています。

では、幸せとはどのような状態をいうのでしょうか?
一言で表現すれば、「楽しいことがあふれた人生」や
「嬉しいことが多い人生」とも言えます。

しかし、「楽しい」という字に示されているように
「楽な人生」を過ごしているからといって「楽しい人生」とは限りません。
いつも「面白可笑しく生きた」としても「嬉しい人生」とは限りません。

楽な人生を歩んでいたとしても空しくなり、
面白いもの、可笑しいものを求めていても
心から喜べない場合もあります。

反対に、多くの苦労を経験した人、
逆境を通過しながらそれを乗り越えた人ほど、
心から幸せを実感している人が多いものです。


スポーツの世界において、「勝利者」という栄冠を勝ち取る人の人生は、
楽をして面白可笑しく生きてきた歩みではありませんでした。
反対に、厳しい練習の積み重ねであり、
肉体の限界、能力の限界を越えた訓練の連続であり、
安楽な人生とはかけ離れたものでした。

しかし、そのような練習の結果、普通の人から見たら驚くような
素晴らしい能力を発揮したり、
人を感動させるような技術を身につけたり、
誰にも負けない超一流の選手になったりするものです。

そのような人たちは、長い期間にわたる苦労と苦痛の土台の上で、
優勝した「瞬間の喜び」、
目標達成した「瞬間の充実感」を味わうようになります。


人生も同じように、楽なこと、好きなことを
その時々に自由気ままに過ごしている人は、
その時々に刺激的な快楽があったとしても、人生の充実感もなく、
心からの満足を得ることができないのではないでしょうか。

試合に勝つためには、地獄のような練習をするなど
苦労と困難が必ず土台となっているように、
幸せな人生をつかむためには、
思い通りにいかない苦労や耐えがたい困難は、
必要な要因だということです。

そのように考えれば、人生の苦労や困難は「不幸や災難」ではなく、
自分自身の「人格を磨く試練」であり、
「訓練」と考えていくべきものです。


夢の実現に向けて、何かの目標に向けて努力する場合、
順調な時は誰もが心地よく投入することができるものです。
しかし、順調にいかない時も同じように投入することが
できるか、できないかが勝敗の別れ道になります。

人間関係でも仲良くうまくいっている時は心地よく過ごすことができます。
しかし、人間関係がぎくしゃくしてうまくいかず悩むこともありますが、
その瞬間こそ「愛の試練」であり、
「愛の訓練」ととらえたらどうでしょうか。

愛の器を広げるための訓練と考えれば、
好きな人や気の合う人だけでなく、タイプの違う人や波長が合わない人をも
受け入れようとする心の余裕が出てきます。


試練や訓練ととらえることができず、不幸や災難ととらえた場合、
「誰のせい?」「何が原因?」と考えます。

すると、「目の前の人が悪い」
「環境が悪い」と判断しやすいものです。
その瞬間、目の前の人に対する「裁きの思い」「要求の思い」が沸いてきます。
環境に対しても「不満の思い」「怒りの思い」になってしまいます。

また、困難と苦労に直面した場合、
「意気消沈」したり、「自信喪失」するなど
自分に対する自尊心や意欲を失う人もいます。

これらが正に、堕落性を誘発しようとする「サタンの誘惑」です。
 

皆さん、最近、困難が多く苦しんでいないでしょうか?
思い通りの結果がでないので思い悩んでいないでしょうか?
人間関係のトラブルがあって
許せない思いで苦しんでいないでしょうか?・・・

そのような時に、今一度考えてみましょう。
苦労や困難というものは、「神様の試練」ととらえれば
「成長に導く幸せの踏み台」となります。

反対に、ただ単なる不幸な出来事ととらえれば、
「サタンの誘惑」によって「堕落性を誘発する罠」になってしまいます。
幸不幸に分かれる鍵は、私の心の中にあります。


信仰者の大切な生き方は、
「人生におけるすべての出来事は、神様が与えて下さるプレゼント」
として受け入れることです。

何か良いことがあれば「神様の恵み」として感謝し、
何も起こらなければ「神様の守り」として感謝します。
何か悪いことが起こったとしても
「神様の試練」として感謝するのです。

たとえ悪い出来事と遭遇したとしても、
悪霊が救われるための復活現象として、
先祖の不足した歩みを清算するための蕩減復帰であったりします。
また、神様が私に何かを気づかせるための機会として与えているかもしれません。

すべての出来事を、神様を中心として受けとめる人には
サタンが相対することができません。

結果が良いと有頂天になったり、悪いと落ち込んだりする
一喜一憂する損得勘定の姿勢では、
結果に振り回され本質を見失う可能性があります。


真の父母様の信仰生活に関するみ言を紹介いたします。


信仰生活の本質とは何でしょうか。
神様に感謝する心です。

そのような心があれば、それが、堕落の因縁を越えて
神様と私が一つの因縁で結ばれる基になるのです。

自分がこの世の中で良い立場に立って、
初めて感謝しなければならないのですか。
違います。

今まで神様は、良い時だけ
私たちのために苦労してこられたのではありません。
困難な時であるほど、より苦労することを誓われたのです。

ですから、今日の私たち自身も、
神様を私の父として侍るためには、
私の代わりに働かれ闘ってこられた神様に、
良い立場で感謝することよりも、
困難な立場でより一層感謝しなければなりません。

したがって、深刻な十字架の途上でも
神様に感謝できるというのは、
このような原則を理解するときに可能なのです。


(「後天時代の生活信仰」P143〜144)



このように、深刻な十字架のような困難に直面した時ほど、
感謝が必要だということです。

困難や苦労は「神様の試練」として受け止め、
迫害や否定に対しても「神様の試練」として受け止め、
思い通りに結果が現れなくても「神様の試練」と受け止めて、
さらに投入する人になりましょう。



阿部局長のみ言は
とてもわかりやすいので、感謝です。。。

スポーツの例をあげていましたが、
創造原理の世界、本然の世界においても、
苦労、試練というものはあるのだな、と思います。

ですから、内的な世界においても、
人間関係などにおいても、
ただ単に楽しく、喜びの世界だけではなく、
どのように捉えることができるか、
それが重要なのではないでしょうか。

それが阿部局長の話される
「神様の試練」
なのではないか、と思います。

どんな環境、状況にあっても
神様とともに乗り越えていく、
その究極が真の父母様ですから、
私たちはどんな試練でも
乗り越えていくことができるはずなのです。

明日、もう一度続きます。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 06:24 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

皆さんの親は誰ですか? ──真の父母です!! 《お母様のみ言と青年の証し》



20170803gutopgun.jpg


今、清平においては、夏休みを利用して、
世界から集まった学生・青年たちの修練会、
グローバルトップガンユース(GTGY)が行われています。

8月3日の開講式で語られた
真のお母様のみ言(要約)と、
イスラエルから参加している2世の
感動的な証しを紹介します。


皆さんは祝福2世ですか?
皆さんを誕生させてくださったお方は誰ですか?
真の父母様の孝子孝女と
ならなければいけませんね?

そのためには父母の心情と
一つとならなければなりません。
朝起きて目を開けた時、
まず最初に考えるのも父母様、
天の父母様、ありがとうございます。

今日一日を出発するにあたり、天がご覧になった時、
真の父母様に愛される私となるように努力します。
そのように生活を出発しなければなりません。

天の父母様が苦労して、皆さんを訪ねて来られる
その苦労の歩みは、ために生きる真の愛の実践です。

真の父母様によって生まれた、祝福二世の皆さんは
(堕落)世界とは関係のないピュアウォーター。
皆さんによって世界がきれいになり、明るくなって、
一つにならなければなりません。

ですから、皆さんだけの幸せで終わってはいけません。
広げていかなければなりません。

74億人類が皆、真の父母様の愛の恵沢の恩賜を
受けることができるように、
皆さんが救世主となってあげなければなりません。

私たちの未来は皆さんがいるからこそ
希望がある、幸せだ。
そのように言えなければなりません。

天地人真の父母様主管HJ天苑特別修錬会
2017グローバルトップガンユース(GTGY)
開会式におけるみ言 天正宮博物館



お母様は二世に対して、
本当に投入しておられます。
今回は、日本からだけでなく、
世界中から二世たちが集まっています。

先日、イスラエルの祝福二世が
全体の前で証しをしたということです。
その内容を紹介します。


イスラエルでは、高校を卒業したら
誰でも2年間軍隊に行かなければなりません。

私は入隊してからずっと、神様に
「戦争が起きないように」と祈っていました。
しかし修了の3か月前、ついに戦争が起き、
戦地で目の前で人が死んでいく惨状を目の当たりにしました。

2世として、小さい頃から平和の重要性を教育されてきましたが、
私はそれとは真逆の環境に置かれる日々を経験し、
神様はなぜそのような環境に私を導かれたのか、
全く分かりませんでした。

軍隊が終わって1年間、そのことに深刻に悩み、
神様に繋がるのがとても難しかったです。
どんなに祈っても、ネガティブな思いが出てきて答えが出ませんでした。

そんなある日、それを両親に話した時、
「あなたがどんな状況でも、
神様はあなたを親としてずっと愛しているよ」
と言われ、神様を探すことを決意しました。

そして、ついに神様を感じる出会いがあり、
私は再出発することができました。

今はイスラエルの若いメンバー達に教育する立場に立っています。
韓国の3世の男性と祝福も受けました。

今では、私が大変な経験をしたことも、
私よりも若いメンバーを導き
神様に繋げるために必要なことだったと思っています。

今私は教育を通して強いリーダーを
つくりたいという夢を持って歩んでいます。



イスラエル人の食口は数少ないだろうし、
特に祝福二世は、本当に貴重な存在ですね。。。
彼女は、自分が通過している苦労も、
後輩たちのための苦労であると悟ってから、
前向きにとらえていきました。

1300名以上が参加している今回の修練会。
若者たちが多くの恩恵を受けて、
周りに刺激を与えることができるよう、
願ってやみません。






にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 07:27 | Comment(0) | 二世教育 家庭力アップ講座  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする