2021年05月06日

私の中で、カラスの見方が変わった瞬間?! 動物に対しても『自己牧会プログラム』



210507-pl.jpg


自己牧会プログラム
今回は、「カラスも神様が創られた」です。

(男性 60代)

カラスが苦手なかたは多いと思います。
聖書にも、カラス=悪の象徴みたいに
描かれていますから、
私も見ただけで嫌な気持ちになります。

最近、カラスの群れに出合い、
嫌な気持ちになったので、早速良心に尋ねてみました。
 
すると、
「あなたは先入観やサタンの象徴という偏見で見るので、
カラスが悪者に見えるだけだね!
偏見という堕落性を、カラスは教えて
くれているんじゃないのかな。
カラスも神様が創られたでしょ」
と良心から答えが来ました。

先入観という色眼鏡を外してカラスをよく観察すると、
太陽の光で輝く黒い羽は、
それまで気付かなかった深い青色や紫色などが
含まれているのが分かりました。

なんと美しく味わいのある姿でしょうか。

女性の黒くてつやつやした美しい髪を
「カラスの濡れ羽色」などと
表現することも思い出しました。

そういうふうに見方が変わってきたら、
鳴き声の「アー、アー」が不思議と、
「アーヂュ! アーヂュ!」と聞こえてきたのです。

私の中でカラスのイメージが変わった
瞬間を体験することができました。

私の心の中にいる神様
「カラスも神様が創られた」


「アー」から「アーヂュ」と聞こえるようになった。
とても面白いことですね。

万物は神様が創造されたのですが、
私たちには、先入観というものがあり、
自分なりに物事をとらえてしまう、
そのような傾向があるのではないでしょうか。

たしかにカラスは、特に日本人においては、
あまりいい鳥として見ていないと思いますよね。
もう少し愛着を持って、
見つめていかないといけないな、と思います。

と思ったら、カラスの鳴き声が・・・
さすがに「アーヂュ」とは聞こえませんが(笑)

何気ない日常生活の出来事においても、
良心を中心とした物事の見つめ方、
そのことの重要性を感じました。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:20 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月05日

私はアフリカに義人たちが待っていることを知っていました! 《大役事のみ言》



210502-2021.0501.png


先日行われた天寳大役事、
ハデベ預言者が、平和の母を証した後の
真のお母様のみ言です。


今日、歴史を通じて天が喜び歓喜したこの日、
独り娘、真の母は、私が15歳の少女の頃に
夢見た話をしてみようと思います。

当時、韓国戦争後間もなく、世界もまた
第2次世界大戦が終わり、
民主と共産の2つの世界が対立する状態で、
特にアメリカで第2次世界大戦前後において
多くの美しい歌曲が誕生しました。

「私の故郷に私を送ってくれ、
五穀百花が満開に咲き、
ひばりが高く昇っていくところが、
この年老いた黒人の故郷である。
私の主人のために汗水たらして
穀物を収穫し、
私の幼い頃遊んだ故郷は、
世界のどこよりもいつくしい」
という歌詞の内容です。

このメロディーを聴きながらこの老いた黒人の故郷、
恐らくこの黒人は第二の故郷に
住んでいたことでしょう。

しかし、その時期には、アメリカでは南北戦争があり、
第2次世界大戦がありました。
ですので、おそらく故郷を離れざるを得ない
事情があったのでしょう。
だから、さらに老いる前に故郷に骨を埋めたい。
という内容の歌です。

どうして15歳にしかならない少女が、
この老いた黒人の事情に、
その歌に込められたメロディーを
好むようになったのでしょうか?
考えてみると、「天は愛だ」
ということを感じられるのです。

1960年、真の父母の位置へと進みましたが、
キリスト教が環境圏となってくれないという状態で、
真の父母様の60年は大変困難な
いばらの道のような荒野の路程でした。

2013年に、天一国を宣布しながら、
天の父母様に侍る天一国安着を宣布するまで、
皆様はすべての事情をよくご存知だと思います。

その時、私は世界巡回を定めるにおいて、
アフリカ大陸に行くと言いました。
その時、多くの指導者たちは
「もう少し私たちの基盤がある所へと
行かれてはいかがでしょうか」と話しました。

しかし、私はアフリカを選択しました。
アフリカ大陸は人類歴史史上、
最も困難を経てきた大陸です。

言葉では語りつくすことのできない、
人間以下の待遇を受けながら、しかし、
天をつかんで天の許しを願う義人たちと
預言者たちがいたことを私は知りました。

それで、アフリカに向かって行き、
そこで私は多くの義人に会いました。
そして天の摂理について語り、
私が独り娘だと明らかにしました。

彼らは私を歓迎してくれました。
特に、多くの宗教団体の指導者たちが
歓迎してくれました。

そのうちのハデベ預言者は、私が30分間、
天の摂理について教育しました。
彼は独り娘、真の母を受け入れ、
真の母の息子となりました。(拍手)

堕落した人類は天の父母様の前に皆進んで行き、
真の息子娘として愛されたいというのが願いです。

それで私はハデベに言いました。
「祝福はあなた一人で終わるのではなく、
あなたに従う全ての人々が一緒に天の祝福を
受けることができる立場、天の父母様の
誇らしい息子娘になることができるように
道を開いてあげることが先であり、
あなたの責任です」と言いました。

彼は責任を果たしました。(拍手)
私はハデベ家庭を誇りに思います。 (拍手)

今や宗教団体に留まらず、アフリカ全大陸を
天の父母様の子として導く上で、今日祝福される
20万の信徒たちがみな責任を果たし、氏族メシアと
なるなら、五大洋六大州に散らばっている
すべてのアフリカの血を受けた人々はもちろん、
先祖たちをも天の父母様の子として
入籍できるような道を開く、アフリカ大陸が
責任を果たすことのできる立場に立てるよう、
もっと努力してくださるとありがたいです。 (拍手)

私が冒頭で、アフリカの黒人の話をしました。
これが天の恵みと愛ではないと言えるでしょうか?
(拍手)
あの時は、アフリカについてあまり知らない時です。

ところが、天は私に未来の独り娘、真の母として、
最も人類の歴史の中で痛みを抱いて生きてきた
アフリカ大陸を、まず祝福の恩恵の場に
進むことができるよう道を開いてほしいという
天のみ旨を知っていました。 (拍手)

本日、天寶に入籍するすべての祝福家庭、
天寶家庭の皆さんを愛しています。
天の摂理はもちろんです。

人類の歴史で初めて天の夢が実現する
地上の真の父母が天の父母様に侍れる聖殿を
準備しています。

皆様の精誠と努力が、天一聖殿に
皆様の名前を書き留められるような実績を
持っている皆さん、皆様は皆様の生涯において
独り娘、真の母と共に生きる黄金期を
生きているということを忘れないでください。

皆さんの実践が永遠な世界と、
また未来の皆さんの子孫の前に、
どれほど栄光で誇らしい先祖の立場に、
名門家の立場に残ることができるかを考える時、
この天の大きな愛の前に、
感謝と頌栄を捧げる皆さんの一生となることを
願い、祝願いたします。


2021真の父母様天宙聖婚61周年記念孝情天寶特別大役事
天一国9年天暦3月20日(2021.5.1)
清心平和ワールドセンター
真のお母様のみ言
(翻訳は非公式なものを
さらに編集しました)


お母様は15歳のころからアフリカに対し、
特別な思いを持っておられたのですね。
その思いがハデベ預言者に結実したのだろうと思います。

洗礼ヨハネの立場を勝利したハデベ預言者。
このような義人が世界にも、日本にも
天は準備されていると思います。

そのためにも、私たちの責任分担を果たすことが
何よりも重要であることを自覚して、
与えられたみ旨を果たしていきたいと思います。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 10:39 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月04日

「心から感謝する」主が劉孝元先生を証す! 日本初、体から溢れる熱い原理講義 《篠崎先生》



210504-1967.0612.jpg


篠崎先生の「喜びと幸せの生活伝道」より、
今回は『講義に臨まれる劉孝元先生』です。


開講式で真のお父様は劉孝元先生を
次のように証(あか)されました。

「この人に関してひとこと言いたいことは、
  ……再臨主の前に、復帰されたアダムの基準を
 自分一人で完遂するような基準を立てさせなければ、
 新しい復帰のいわゆる完成基準が出発されない……
 そういう基準を天のほうから立たせんがために……

 不具なその身ぶりをもって毎日10時間以上の
 講義を続けて、3年8カ月……これを成し遂げた
 ということは、天と共に、先生自身も
 心から感謝するんであります」


(『日本統一運動史』246ページ)


劉孝元先生は講義に先立って、
「私の親と親族は、日本の官憲によって殺害されました。
 それゆえ、日本語は死んでも話さないと決意してきたのです。

 そのため、日本語で講義するに当たり、
 言葉がスムーズに出ないのではないかと思っています。

 大先生から『怨讐(おんしゅう)を愛せよ』と学び、
 今こうして皆様の前に立って、
 恨みの心が湧いてこないことをうれしく思います」

(『ファミリー』1999年7月号)


と、自らが真のお父様のみ言と「原理」によって
生み変えられたことを証されました。
「原理」はこのように怨讐関係をも超える真理なのです。


劉孝元先生の講義は黒板をあまり使わず、
冗談も例え話もありませんでした。

しかし、淡々とした口調で語り続ける講義には
生命力があふれていたのです。

まるで『原理講論』を暗記しているかのようだったと、
当時参加した先輩は語っています。

篠崎 幸郎・著
(光言社・刊『氏族伝道講座 喜びと幸せの生活伝道 み言の原点に立ち返る』より)
第一章 原理のみ言があなたに届くまで
三、『原理講論』に基づいた原理大修練会
講義に臨まれる劉孝元先生

氏族伝道講座
喜びと幸せの生活伝道〜み言の原点に立ち返る(9)
(blessed lifeより)



「『原理講論』を暗記しているかのよう」
に、流暢な日本語で、語られた劉孝元先生。

しかし、(以前紹介したかも知れませんが)
来日された時、かつての怨讐だった
日本人を前にしたわけですが、
日本食口と出会った感動で、言葉が出なかったそうです。

怨讐に対する思いも、真の愛によるなら
溶けるように消えていく。。。
劉先生の場合は、原理を3年8ヵ月、
毎日10時間以上語られながら、
そのような深い愛を体恤されました。

それがまさしく、原理の力であると、
そのように思うのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)