2016年05月07日

神様の次に感謝すべき人は?! 誰かの犠牲の上で、今の私たちがある!! 《金元弼先生》



new_AK005.jpg


名医とは、
たくさんの人を
犠牲にしたということが前提になる。

勝利の栄光は、
まず第一に神に帰し、
次に犠牲となった人たちに
全部返さなければいけません



金元弼(ウォンピル)先生の『伝統の源流』
今回は、「犠牲の上にある今の私」です。
少し長いのですが、読みやすいので、全文掲載します。


皆さん、先生のことを考えてみましょう。

韓国の元老の牧師さんたちが、先生を訪れました。
その時、先生は彼らに、
「実を言えば、あなたと私は敵です。
あなたは私に反対して、韓国から追い出そうとしました」
とお話ししました。


ヤコブには十二人の息子がありましたが、
十一人の兄弟はヨセフを殺そうとして追い出しました。
ところが殺されようとしたヨセフが総理大臣となってから、
彼らはヨセフの所へ来て謝りました。
ヨセフは、自分を殺したのと同じ立場のその兄弟を許しました。

なぜ許すことができたのでしょうか。
それはヨセフが親に侍らなければいけないはずなのに、
彼がいない時に、兄たちが侍ってくれたというところを見て許したのです。


ユダヤ教とかキリスト教が、先生に反対しました。
それと同じです。

しかし、先生はどのようにして愛する心をもたれたのでしょうか。

統一教会をなくそう、滅ぼそうとし、
先生を追い出そうとしたことは、許されるものではないのですが、
6000年の歴史を通じて、ユダヤ教とキリスト教が
神を支えてこなかったならば、どうなっていただろうかと考えるときに、
許すことができるというのです。


ですから自分を中心としないで、あくまでも神を中心としてこそ、
許しの心が出てくるのです。

ただ漠然と、「愛さなければいけない、愛さなければいけない」
というのでは駄目なのです。

「なぜ兄弟を愛さなければいけないのか」
「なぜ人々を愛していかなければいけないのか」
そういう心をもたないと、許しの心をもつことはできないのです。


皆さんが、過去を振り返って
「私はたくさんのことを習い、悟りました」と言えるようになるまでには、
それぐらいたくさんの人を傷つけたお陰だということを忘れてはなりません。

もし、先生が私の代わりにチームを指導したならば、
あのようにしなかったはずなのに、と考えるだろうと思います。
それはいいことです。


これをもっと分かりやすく、印象的にするために、名医の話をしましょう。

ある人が医学大学を卒業しました。
彼はお医者さんになって患者を診るようになり、
学校で習ったとおりに人を診断し、治し始めました。
最初はよく分からないところがあって、学校で習ったとおりにやりました。
ところがかえって効果がなく、患者は非常に苦しみました。
それでもう一つのことを試みましたけれども、また駄目でした。

このようにして彼は、いろいろな経験を積みました。
それから後は、人をよく診断して治すようになったのです。
それで彼は、名医と呼ばれるようになりました。

名医とは、たくさんの人を犠牲にしたということが前提になるのです。
お分かりですか。

名医になった人は、まず誰に感謝しなければいけないのでしょうか。
自分でしょうか、自分を教えた先生でしょうか。
もちろん、そうでしょう。

しかしそれよりも前に、自分のために犠牲になったたくさんの人たちに、
感謝の気持ちを返さなければいけません。
悟るとは、人を犠牲にしてできるものなのです。


夫婦の関係も同じです。
私が相手を愛するようになったということは、
相手をたくさん苦しめたお陰なのです。

愛さなければいけないと悟ったということは、
過去には愛せなかったということです。
愛せなかったということは、相手を苦しめたということです。

星がたくさん付いている将軍が偉いのですか、
何も付いていない兵卒が偉いのですか。

星がたくさん付いているということは、
たくさんの部下を殺したということと同じです。

ですから戦争に勝った将軍は、第一に誰を訪ねますか。
空のように高い位の将軍でも、一番下の兵卒に頭を下げます。
それは、その人たちの死によって、勝利がもたらされたからです。
その星は、彼のものではなく、その人たちのものなのです。


ですから、勝利の栄光は、まず第一に神に帰し、
次にその人たちに全部返さなければいけません。

それを自分や自分の家庭に返したら大変です。
自分や自分の家には、その人たちが返してくれるのです。

皆さんが、色々習った、あるいは悟ったというときには、
自分で悟った、自分で習ったというのではなく、
犠牲になったメンバーによって習うことができた、
ということを忘れてはいけません。

足らないリーダーなのに、ほいほいと待ったのは、
リーダーが好きだからではなく、神の啓示があると思ったからです。

だから、何かを習ったときには、まず神に感謝をし、
メンバーに全部返さなければなりません。
問題児だという人に返さなければいけないのです。


そうしないと、どういうことが起こるでしょうか。

メンバーは皆様を尊敬しませんし、恐る恐る仕えるでしょう。
そういう人を通じては何もできません。

主体と対象の授受作用ができません。
そこには神が運行せず、何も繁殖せず、悪の循環でしかなくなるのです。


例えば、「水を持ってきてください」と言って頼んだとしましょう。
そのリーダーが嫌いなのに、それは命令だから従わなければいけない
という気持ちだったら、喜んで行くでしょうか、顔をしかめて行くでしょうか。

また、コップにごみが付いているのを見て、心の調子が良い時には、
「私のリーダーがこれを飲んだら病気にかかってしまう」
と言って全部ふき取ります。
それを飲んだら体が良くなるでしょうか、良くならないでしょうか。

しかし、命令だからと思って、寂しい心が水に混じって
一緒に入っていたら、いいはずがないですね。
愛を込めた水と心情を込めた水を飲んだらどうでしょうか。
皆様が霊的に明るくなれば、それが分かります。


握手にしても、友達と握手をする場合に、
嫌な人と握手しなければならなくて仕方なく握手する時と、
本当に愛する人と握手する時と、形はみな同じですけれども、内容が違います。

同じように目を見ても、本当に哀れんで見るのと、憎い心で見るのと全然違います。
だから皆様が、本当に愛してメンバーや兄弟に対しているのかということは、
その目を見たら分かるのです。



今も自分の姿を見れば、足りないと思うのですが、
もっと若いときのことを考えると、
「あの時、このように話していれば・・・
こういう風に、講義をしていれば・・・」
そんな悔いが多く出てきます。

ですから、金元弼先生の語られるように、
昔出会った人たちに感謝の念を捧げたいと思いました。

そして、何よりも人間関係においては、
神様を先立てて考えることが何よりも重要だと感じます。
日々、心がけないといけないですね。。。


応援のクリックをお願いします


にほんブログ村



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 06:24 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

どこまで犠牲になられるのか?! ご父母様とイエス様を比較してみた!!



12795319_1059008307493650_6350536499152710444_n.jpg


私が死んだとしても、
霊界に行きません。
地上で皆さんを指導するでしょう




昨日の続きになります。
可知講師が『イエス様と真の御父様との比較』について
言及されています。


2000年前、イエス様が地上におられる時は、
誰一人最後まで付いていく者がいませんでした。

イエス様が死後、復活して40日間に
たびたび弟子たちに現れ、指導する中に、
真の信仰に目覚め、悔い改めて50日目に聖霊体験をし、
以降、爆発的な伝道がなされて、2000年間に
世界最大のキリスト教の基盤を築いていきました。

その間に真摯な信仰をもって歩むクリスチャンには、
イエス様が霊的に現れ導いていかれたのです。


真の御父様の場合においては、地上におられるときに
縦的横的八段階を一つ一つ勝利されることによって、
天一国創建のための真の父母としての責任は果たされたのですが、
人類を代表する弟子たちの責任が果たされず、
基元節までに国を建てることができませんでした。

しかし真の御父様が祭物となり、聖酒式を通して、
弟子たちの過去のすべての悔い改めと
天一国創建に向けての決意を条件として
天一国時代の宣布がなされました。

それゆえ、真の父母様の伝統のみを生活行動の指針とし、
立てられた真の御母様と一体となって歩むならば、
真の御父様自身がいかなる所にも現れ、導いて下さるでしょう。

そしてそのような食口たちを通して神の御旨が成就していくでしょう。


イエス様は再臨の時について、

「彼はまず多くの苦しみを受け、
またこの時代の人々に捨てられねばならない」
(ルカ、十七・25)
と語られました。

それはイエス様がユダヤ教徒から反対されたように、
再臨主もキリスト教徒から反対されることのみを
予測して言われたのではありません。

イエス様が第二次摂理においてかき集めた弟子たちから捨てられたように、
再臨主も第二次摂理において復帰した弟子たちが不信すれば
捨てられることを予測して言われたのです。

しかし再臨主はいかに捨てられても、
未来において必ず神の御旨を成就させるための祭物となっていかれました。


原理講論には以下の記述があります。

復活したイエスが、霊的洗礼ヨハネの立場から、
復活40日のサタン分立期間をもって
霊的な「信仰基台」を立てられたのち、
悔い改めて戻ってきた弟子たちの信仰と忠節とによって、
霊的な「実体基台」が立てられた結果、
そこで初めて「メシヤのための霊的な基台」が
造成されたのである。
p.431




完全に勝利されたわけではないといっても、
イエス様の偉業はどれだけ大きかったかわかりません。
その土台があったので、
お父様が「すべて成す」ことができたのでしょう。

本来、イエス様と誰かを比較することもできませんが、
お父様、御父母様の勝利が、そこまで偉大であるということです。

あとは、私たちの責任が残されているのみです。
それでも、御父母様は変わらず投入していかれています。

『悔い改めて戻ってきた弟子たちの信仰と忠節』
クリスチャンの間にペンテコステが起きたのは、
数理的な期間も必要だったと思いますが、
それ以上に内的な精誠も重要だったのだと思います。

今、お父様の聖和3年を経た、
私たちに願われている姿勢なのだと思います。

最後に、真の御父様ご自身が
霊界に行かれたことに関するみ言を
可知講師が抜粋してくださっているので、
それを紹介して終わります。



「いつもこのように先生が導いてあげていては、
先生がいない時はどうするのですか」

(1979.4.15)



「先生が願うことは、
先生を愛する前に神様を愛することです。

…ですから、神様を愛するために、
先生が千里、万里の巡礼の道に出かけたとしても
寂しく思ってはいけないというのです。

皆さんは先生を愛する前に神様を愛さなければならず、
世界人類を愛さなければなりません」

(1969.2.2)



「私にも突然死ぬ日が来るのです。
しかし、私は別の世界で考え続け、働き続けるので、
死などはありません。

…私が霊界に帰る時、私は道を開くことができます。
地上で苦労している者たちを助けることができるのです。

…また霊界では、神の名によって苦労した者たち、
そういう人たちは、霊界でも中心的な立場にいるのですが、
とりわけ歴史上の苦労した聖人たちと一緒にいて、
彼らをまとめ、ひきあげ、
この世界の苦労の解放を早めるのです。

…私は霊界にいても、地上にいても働き続けます。
私が死んで霊界に行ったとしても、
いつでもあなた方に現われてあげましょう。
同じように、同じ伝統をもって、
この地上に完全な神の国を造るまで。」
(1976.9.20)



「私が死んだとしても、霊界に行きません。
地上で皆さんを指導するでしょう」

(2010.8.16)




真の御父様の歩みは、地上におられた時と
霊界に行かれてからと異なるものがありません。
神のみ旨成就のために生きるのみです。
それゆえ、その歩みはまだ終わってはいないのです。


応援のクリックをお願いします


にほんブログ村



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 14:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

「統一教会をもう一度やり直したい!」と涙! お父様がなぜ基元節前に聖和されたのか?! 



13007085_1090702724324208_7851131811815405272_n.jpg


巨文島に向かうヘリ機の中で
「統一教会をもう一度やり直したい」
と言われ、泣き続けられたのです。



基元節を迎える前に
真のお父様は聖和されました。
そのことに関して、可知講師がまとめておられるものがあります。
少し抜粋して紹介させていただきます。


真の御父様は、聖和される前に成したい事について
次のように言われていました。


「神様が保護する事のできる理想の国で
死ぬべきではないのか?

私がそのように生きていく事ができなければ、
私の生涯は悲惨な生涯ではないだろうか?

だから死ぬ前にその国を取り戻して、
一日でもいいからそこで暮らしてから逝かなければならない」

というのが私の一生の願いです

(2003.2.5)


しかし、「基元節」までに勝利の結果をもたらすことを神様との間に約束しながら、
祝福中心家庭が子女の使命を果たすことができず、
真の父母様の苦脳の日々が続きました。


2011年11月28日に真の御父様は済州島を一周されて、
その夜に寝ることができず、29日の午前3時ごろ、
済州島の責任者たちを呼ばれて、結果が出ていないことに対し叱られました。

訓読会では泣かれながら、話すこともできない状態となり、
食堂に向かうときには号泣しておられました。

そして巨文島に向かうヘリ機の中で
「統一教会をもう一度やり直したい」と言われ、泣き続けられたのです。

2012年に入り、真の御父様は、訓読会で泣かれることが多くなりました。


真の御父様の指示で2012年7月に中央修練院で開催された
「原理本体論30日特別教育」において、
劉正玉先生が次のように語られています。

「勝利された父母ですから、子のためにそうやって苦労する父母ですけれども、
その場に行ってみたら、ご自身に従ってきた者の中で
資格を持った者が誰もいなかった。

子女たちを保護するための家庭を与えたのに、
どの家庭も父母様と共に行く家庭がいない。

ですから、父母様は一生を血を流してサタンからの攻撃を防いできたのに、
連れて行くことができる人がいないので、
どれほど胸がつまることでしょうか。

ですから最近の御父様を見てください。
今まで個人的に涙を流すのを見たことがありません。

祈祷するときには、本当にあふるる涙を流すことはありました。
御言を語りながら涙を流すことはほとんどありませんでした。

しかし最近は御言を語りながら、喉がつまって御言を語れない時が多く、
その姿を見せまいとしている姿、そうやって生きておられる父母様です。

…一生、苦労して勝利の栄光の日を迎えようとしたにもかかわらず、
私達が勝利して侍れないために、その日を迎えられない。
そのための涙を子に見せまいと苦悶しながらも泣かれてしまう…」
(2012.7.27)


弟子たちがいかに愚かなものたちだからと言って、
統一教会を滅ぼして、もう一度初めからやり直す事はできません。

そこで弟子たちに心底から自覚させ、決意させ、勝利させるために、
親にとって最後に残された選択の道は一つしかありませんでした。


食口たちに当てた手紙より(1965.6.30)

40年以上の生涯を涙と血と汗で濡らしながら手にした
その地と民族、その中でも、食口たちを
どうして忘れる事ができるでしょうか。
将来の平安な祖国と食口たちの安泰を
夢にも忘れる事ができません。

いくら外国の文化が優れ、偉大だとしても、
心情を通して連結したその崇高な力の前には
自然と頭が下がる思いがします。

共に苦労しながら交わした情と、
何にも増して強い(その)力は、
時代と世界を超越して存在する事を痛感しています。
(『真の父母經』)


“親の心、子知らず”という言葉があります。
また「親を養わんと欲すれば、親いまさず」
(親に尽くし得なかったことを、今してあげたいと思っても、
親はもうこの世にいない)(『小学』外篇)という言葉があります。

御言にも次のような御言がありました。

自分たちを育てておいて霊界に行った父母を考えるとき、
一生の間信じることができずに親不孝した、
その親不孝に対する悔い改めの心を
忘れることができないのです。

(2006.1.1)

親が子のために生きてあらゆることを教えても子が悟らなければ、
親が自らを祭物にし、その死によって悔い改めさせ、
子に悟らせて勝利させるしかない、と。


真の御父様は2012年4月27日の天正宮の訓読会で、

このままでは誰一人、『基元節』に
天の前へ連れて入ることのできる人がいない。

全員が40日断食をしてでも、これまでの歩みを反省し、
悔い改めて、30日原理本体論特別教育に参加し、
氏族的メシヤを勝利して『基元節』を迎えなければならない。

過去のすべての事は問わない。
原理本体論の絶対『性』の教育をもって走れ。

と指示されました。


そして自らの肉身を祭物とするかのように、
真の御父様は、御自身を極限に追いやるような日々を続けていかれました。

訓読会が延々と続き、食事もとらず、
時には9時間、13時間半と続きました。


真のお母様も、後日、次のように語っておられます。

「お父様は元来とても健康なお体でお生まれになられたため、
管理だけでもしっかりされれば
もっと長く生きることが出来たのですが、
最近数年間は一日を千年の如く感じられると語られながら
大変お忙しく動かれました。

今回も病院に行くのをとても嫌がられ、
ご自身が全てを主管される位置にいらっしゃったために、
何もして差し上げることが出来ませんでした。

…そのように無理をする生活を継続して来られました」

(2012.9.23)



これまでの祝福家庭のすべての罪、すべての不精誠を清算するために、
『基元節』を前に真の御父様が祭物となって聖和され、
それに対し、すべての祝福家庭が原理本体論特別教育を通して悔い改め、
氏族的メシヤ勝利、天一国創建のために決意して出発することを条件として、
天一国入籍の恩恵を授ける準備をされました。
そしてそのための聖酒を準備されました。



お父様がお体を悪くされた時、
「必ず回復されるだろう」
そのことは、多くの食口の皆さまが感じられたことかと思います。
しかし、お父様は特別な決意をしておられたのです。

『祝福家庭の足りなさ・・・』
このことを考えると、顔を上げることができません。
それだけ基元節を迎えることが重要だったのに、
私たちはその重要性を本当の意味で悟ることができませんでした。

そして、昨日も書いた通り、
基元節以降の3年間の歩みの足りなさを
またもう一度、悔い改める道を与えられていることが
本当に感謝だと改めて感じるのです。



応援のクリックをお願いします


にほんブログ村



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 11:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする