2022年03月19日

再臨主から直接信仰指導! キリスト教牧師からの華麗な転身・続編 《李ヨハネ先生》3



1888711_374099329407138_7448610416216549252_n.jpg


草創期、まだ正式な教会な教会として
登録するずっと前、
李ヨハネ先生が来られた頃の証しです。


当時の集会は、はっきりした形式はありませんでしたが、
み言の宴会のようにそわそわしていました。
毎日人でにぎわっているので、
いつも聖日のような雰囲気でした。

働き蜂が蜜を運んでくるように、
各自が家から様々な物を持ちよってきました。
ある人が餅を作って来れば、ある人は食べ物を支度して来て、
み言を聞いて腹が減ると、時々準備した間食をとることができました。

先生のみ言を聞くと、時間の経つのも忘れてしまいました。
先生ご自身も寝る間もなく、み言にみ言を語り続けられました。

私の場合は朝食を取り、教会を訪問したり伝道対象者を訪ねたりして、
いつも夕方になって帰って報告しましたが、
先生は助言をくださりみ言を続けて語ってくださいました。


その当時は、各自が生活報告を先生にしました。
家庭であったこと、教会で起きたこと、
各自の居所で起きたことを報告すると、
先生はその報告を聞いて
「こうしなさい。ああしなさい」と直接指示されたのです。

各自がみ言の通り暮らしたので、
話す内容が多く啓示を受けることが多かったです。
先生は報告する人たちごとにみ言を語られたので、
少しの時間もその場を離れることができませんでした。

時々胸苦しいときには、昼にちょっと凡一洞(ポミルドン)の裏山へ登られたし、
水晶洞(スジョンドン)では私も一緒に何度か登りました。
裏山を一周して来ると既に人々が集まっており、
彼らを相手に再びみ言を語られました。


先生はご自分がどんな啓示を受けた
ということを語られたことはありませんでしたが、
食口たちの生活をすべてご存じでした。

山に行って不意に帰って来られたので分からないはずなのに、
そのとき家にどんなことがあったのかすべて知っておられ、
食口たちがどんな心を抱いているか見通しておられました。

誰かが先生の前で疑いを持つと、
それも分かり恐れているとその理由も皆ご存じでした。

また先生が冗談を言われるとき、
誰かが人間的とか批判的に考えて座っていると、
その心を皆明らかにされました。

毎日先生と暮らしている人も、
霊的役事によって恩恵を受けたときに弾んだ心が、
平常時のように静まって行くのを知り、
良くない心を指摘されました。

そして与えられるみ言の内容は題目をおかないで、
そのときそのとき各自の心霊を指導されました。


相談のように各自の家庭の話、教会の話を聞いてみ言をくださり、
平壌であったこと、例えば獄中生活、腹中教や聖主教団の話、
平壌で会った人たちに対する話をされました。

また先生のお母様が面会に来られたときの話、
一緒に過ごした牧師の話、ソウルで牧会するとき
ジャンパーを着て説教された話をされ、
イエス様の悲しみ、神様の悲しみに対してのみ言を多く語られました。

特にその当時は悔い改めに対するみ言を多く語られ、`
信仰に対するはっきりとした姿勢を持つよう語られました。

先生ご自身も多く泣かれ、食口たちもイエス様の悲しみ、
神様の悲しい事情を聞き、よく泣きました。

またカイン・アベルに関するみ言が
当時の主な内容であったとすれば、
七〇年前後には蕩減法に関するみ言を主に語られ、
最近に至っては、真の愛に関するみ言をよくされるのをみると、
信仰の段階によってみ言をくださっておられるようでした。



まだ、数少ない食口たちの集まりでしたが、
霊的な役事が起こり、みんな復活していたんですね。

お父様から直接指示を受けたなんて、
本当にうらやましい限りです。。。

地上では持つことができませんが、
霊界に行ったとき、こんな生活が出来たらな・・・
なんて思ってしまいました。

『各自がみ言の通り暮らしたので』
とありますように、
今の時代圏であったとしても、み言を守り、
天の伝統を守っていくならば、
霊的な役事が起こりうる時であると思います。

続きます。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 07:26 | Comment(0) | 李ヨハネ先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月18日

暴言を吐いた夫の責任ではない?! なぜ私が謝罪すべき 《蝶野部長*精誠篇》H



220318-chono9.jpg


蝶野部長のみ言「精誠篇(せいせいへん)
続編になります。


(ようやく立ち直りかけたひきこもりの息子に
夫が暴言を吐いて、台無しにした)
この時に、私の思いが出てくるのです。

こうやって、「私の思い」
この時にもうブルブル怒りに震えるわけです。
(パワーポイント上の「私」が震える)(笑)

自分、この女性(私)の蕩減情報だから、
これ(私自身の持っている蕩減の情報)が
「再生」されていると思ったらいいのです。

簡単に言いますと、この人には
自分が一生懸命愛して育てている息子を
暴言で台無しにする夫に悩む蕩減があるのです。


わかりますよね。
この夫には、このことに関しては、蕩減がありません。

夫は悩んでいません、このことを好きで言っているのです。
このご主人は、堕落性で言ってるのであって、
この人(夫)の蕩減は、また別なのです。

そうでなくて、一生懸命立ち上がろうとした
息子に対して暴言を吐いて台無しにすることに
悩んでいるのは、この妻です。
夫はそのことで悩んでいません。


ですから、「私自身が持っている蕩減の情報と出会って」
それが家庭の中で再現された。
「それが再生されている」
こういうふうに思った方がいいのです。

プロジェクターで映してるぐらいに、
自分のプロジェクター、自分の投影機、幻灯機から
映しているというぐらいに思うのが、
霊的には合うのです。


この女性の失敗は、「人の責任」だと思っている。

でも普通は、当然そう思うでしょう。
宗教的に見なければ、夫ってひどいねー
となるのではないでしょうか。

しかし、これは普通の人の見方であって、
我々はこれではダメだというのです。

そうではなく、「この感情を私が体験するということは、
私にテーマがあるんだ!」
と。


なぜでしょうか?
『もうー!この夫、なんで…』と思う、
これが「私の蕩減すべき情報」だと、いうわけです。

しかも、この夫が暴言を吐いてくれない限り、
その罪を清算する道がないというのです。
わかりますか?

自分では一生発見できません。
だから、自分のご主人が、お釈迦様みたいな
人格者だったら、ほとんど蕩減できないということです。


「私の果たすべき蕩減の情報だから、
この瞬間、私の罪として悔い改め」
たらいいのです。

あ、(私の)血の中にそれがあるのだと。
謝罪」する。
お父様、許してくださいと。

なぜでしょうか?
それは、私が体験するということは、
痛い思いをしているでしょう。

そのほうが、良く祈るのです。
だから、ちょっと極端な表現をすれば、
祈らせるために、痛い思いを
するようになっているのかもしれません。

この時に、謝罪します。

私のその血の中に、血統の中に
蕩減すべき内容の中に、こういったことがある、
この時に内面蕩減すると
このようを思ってください。


どういう風にしたらいいのかというと、簡単です。
たった一言
「許してください」こう言ったらいいんですよ。

「心から言えなくてもいいんでしょうか」
といえば、いいです。
心から言ったほうがいいですが、
心から言えないんだからいいでしょう。

なぜか?
言えないんだから、それは無理をすると、
ストレスがたまるんですよね。

(このことは、後で(次回)お父様のみ言を紹介します)


謝罪。
なんで許すのか、『あんたが謝るんだろう』
という思いがあるでしょう。

でも皆さん復帰原理をよく理解すると、
こういうことがない家庭もあります。

「あなたのご主人いいね、物腰柔らかで、言葉も柔らかで。
ウチなんか、今日こんなことがあったのよ」

「家の主人、全然そんな事言わない」と。
言わないは言わないで、またその家の中では、
別なものがあるのです。

ですから、もし自分が中心人物に立つのであれば、
「私にテーマがあってこれに出会っている」、
つまり「私の責任」です。

だって他の家庭にはなくて、自分の家庭にはあるわけですから、
それは皆さんがいつも良く言ってる
「意味があるよねえ」ということでしょう。


ですから、(ちょっと下の方ですね。この赤い人の方は)
「復帰原理を理解し
中心人物の自覚がある」

自分の罪として、理解する
何でかといえば、私が感じているからです。

そして、神様は順番にいろいろ教えてくれます、段階的に。
いっぺんに教えられると多分潰れてしまうと思います。
先祖数百代のものですから。

自分の血で流れてきたもの、
先祖解怨も、清平も、絶対必要です。
そしてそれをできる限り全てやる、
ということは、大切ではありますが。

生きている私が、成長して完成することによってしか…。
私たちの先祖も私たちの体を借りながら、
成長して完成していきます。

ですから、長生期完成級を成長するのは、
生きている地上の人間を通してですから、
先祖解怨して全部終わりではなくて、
私も成長していかないといけないわけです。


こちら(紫色の方)は、「み言がわからない人」の対応です。

私たちもこういう復帰原理がわからないと、
「み言がわからない人」の内容に加えて、
原理で裁いていくから
どんどん悪霊がついてくるわけです。

蝶野知徳・精誠篇1 
父母による子女の家庭教育 精誠篇より
「内的蕩減と生活信仰」
摂理される私、実体基台のために
このみ言は、2018年に蝶野部長が
広島の家庭教育部長だった頃
全国の教区から要請があり出張して語られたものです。
(文責:ten1ko2)


「私」に起きている出来事は、すべて意味があり、
「私」の責任、として捉えることが大事なのだ、と思います。

一般的に見たら、夫に問題があるし、
夫を裁きたくなる、妻の気持ちもわかります。

しかし、「私」が中心人物であったら、
受け止める気持ちが変わってくるのではないでしょうか。

ヤコブがハランの地でラバンから試練を受けましたが、
10度騙されても甘受して乗り越えていきました。
そこでの信仰がエサウとの劇的な再会になり、
そこからイスラエルが始まりました。

与えられた環境、出来事をどのように受け止めるか、
とても重要なことだと思うのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2022年03月17日

ウクライナに平和を〜世界で、日本で、宗教者が祈りを捧げる 《超宗教フォーラム》  



220317-2022.0310.jpg


ウクライナの情勢を受け、いち早く
韓鶴子(ハンハクジャ)総裁は
祈祷会を招集してきました。

天の父母様聖会傘下のUPFやWCLCなども、
世界の宗教者とともに祈祷会などを行っていますが、
今日は、UPF(天宙平和連合)日本で行われた
「超宗教フォーラム」を紹介します。

 
2月24日、ロシアのウクライナ侵攻により
熾烈(しれつ)な戦いが始まった。

国を守るために国民は立ち上がり、必死の抵抗が続いている。
すでに、多くの犠牲者が出ており、何万人もの
ウクライナの人々が国外への避難を強いられている。

この現状に深い憂慮を覚え、
UPF(天宙平和連合)インターナショナルは、
「世界中の平和を求める人々に連帯して、
暴力の停止と軍隊の撤退、そして外交的解決を
改めて追求するよう強くアピールする」声明を発表した。

その中で、宗教指導者に対しても
「平和を声高く叫ぶように訴え」ている。

UPF欧州・中東は、これに即応し
3月2日に宗教者の祈祷会を開催した。

3月9日にはWCLC(世界キリスト教指導者会議)が
緊急の祈祷会を開催。
韓日米の運営委員が祈りをささげた。

日本でも3月10日にIAPD-Japan主催の
第120回「超宗教フォーラム」を開催
(IAPD=平和と開発のための宗教者協議会)。
「ウクライナに平和を」をテーマにオンライン祈祷会を行った。


梶栗正義UPF-Japan議長は開会あいさつで
「今日の国連の限界を超えて、UPFの重要な役割を担う
IAPDの宗教者が知恵と祈りを結集して
人類共通の平和を模索していきたい」と語った。

前半は、奈良泰秀永代宮司の祝詞奏上に始まり、
神道、仏教、キリスト教の5人の宗教者が順に祈った。

3分の瞑想(めいそう)を挟み、
神道、仏教、イスラームの4人の宗教者が祈りを重ねた。

川上与志夫IAPD-Japan会長は、閉会の辞で
ロシアの歴史を振り返りながら、
「戦火の下やるせない気持ちのウクライナ人を思い、
同時に、プーチン大統領の心が変わるように祈りたい」
と結んだ。

「怨讐を愛してこそ、平和な世界を築くことができるのです」
(韓鶴子総裁自叙伝『人類の涙をぬぐう平和の母』278ページ)


最後に韓鶴子(ハン・ハクチャ)総裁のメッセージを
かみ締めながら、賛美歌「さあ、共に生きよう」をささげた。

https://www.kogensha.jp/news_app/detail.php?id=14522
シリーズ・「宗教」を読み解く 209
ウクライナに平和を〜宗教者の祈り
ナビゲーター:石丸 志信
(blessed lifeより)


ロシアのウクライナ侵攻はいまだに続いています。
本当に悲しいことです。

家庭連合は世界中に食口がおりますが、
ウクライナにもそしてロシアにも当然食口がいます。

ウクライナのナショナルリーダー(会長)は、ロシア人の女性で、
ウクライナ・ロシアの祝福家庭なのだそうです。

UPFの会長はウクライナ人ですが、
奥様はロシア人(ウクライナ・ロシアのカップル)とのこと。

また、ベラルーシとウクライナの家庭もいます。

国境の壁を含め、多くの壁を撤廃するため、
お父様はあらゆることをされていたのだ、と感じます。

昨夜は大きな地震があり、
3.11を思い起し、いろいろ考えました。

私たちは今は祈ることしかできませんが、
本当の平和というものは何か、
そのことを改めて考える時が来ていると思うし、
私たちの歩みも、真の平和実現のための歩みである、
そのことを自覚して歩んでいきたいと思うのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:34 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする