2022年09月27日

成功の秘訣は「アホ」になること?! 大谷選手が強い理由 《阿部先生・絆つくり》




220927.jpg


阿部先生の「家族の絆つくり」
とても為になるお話満載です。
今回は、『「アホ」になることこそ
成功の秘訣(ひけつ)!』です。


一流アスリートや経営者が学ぶ研修

大リーグで活躍中の大谷翔平選手をはじめ
一流のアスリートや経営者が参加する、
「脳力開発研修」(主催:株式会社サンリ/西田文郎会長)というものがあります。

西田会長は次のように語ります。

「世の中には大きく分けて2種類の人間がいます。
どうせ自分なんてできないと思っている『否定的錯覚型』と、
自分はできると思っている『肯定的錯覚型』です。

成功者とは、常識で考えれば99%は無理だ
と思われることを『絶対にできる!』と思っている、
ただの“アホ”なんです」


「アホ」という言葉は決して肯定的な言葉ではありません。

しかし西田会長は、経営者のかたがたと共に
夢を語り合う「西田塾・アホ会」という集いを行ってきました。

アホの定義は、「自分は何でもできると思っている人」
「人を喜ばせることが大好きな人」
「失敗したとしても成功に近づいたと思える人」
「いつもワクワクしている人」です。

アホ会の会場に来たらマイナスな言葉は一切禁止、
仲間がどんなにとんでもない夢を語っても
「おまえならできる!」と言います。

「あんたは日本一のアホだ」と言われると、
みんな大喜びするという、異様な雰囲気の会なのです。


「自分は運がある!」というソフトを組み込む

大切なことは、「自分には運がある!と
思い込んでいる人は成功する」ということです。

脳はパソコンよりも高性能な
潜在能力を持っているといわれます。

脳に「自分は運がある! ツイている!」
というソフトが組み込まれていれば、
目標をインプットしたとき、
「こうしたらできる」「ああしたらできる」と、
「できる」ことばかりがイメージとして浮かんでくるのです。

ですから、一流アスリートが行っている
「イメージトレーニング」は
経営者をはじめ、どんな立場の人にとっても効果的です。

成功するためには、
「努力すること」
「能力を高めること」は必要ですが、
それ以上に
「できるかも」という思い込みが大切なのです。

そのような人は、根拠のない自信と
勇気を持って挑戦する姿勢があります。

いろいろ考え過ぎるのではなく、
根拠がなくてもワクワクしている
「アホ」になりたいものです。

家族の絆づくり 236
「アホ」になることこそ成功の秘訣(ひけつ)!
ナビゲーター:阿部 美樹
https://www.kogensha.jp/news_app/detail.php?id=16758


「アホ」という題目だったので、
一体何だろう、と思い、読み進めていきました。

結論は、プラス(前向き)思考、楽天思考
ということでしょうか。
そして、ただのプラス思考ではなく、
超プラス思考=アホということだと思います。

教会の言葉で、「アベル的思考」という言葉があります。
神様から使命を与えられた立場(アベル)として、
天が与えてくださった環境である、きっと何か意味がある
と考えるという意味からのプラス思考です。

一つの目標、目的に向かって進んでも、
その通り成し遂げることは簡単ではありません。

すぐに結果が表れなくても、変わらぬ精神をもって突き進む、
そのような心構えが必要なのではないか、と思います。

何よりも、真の父母様(文鮮明先生夫妻)が、
世界平和実現、という壮大な目標を掲げながら、
私たちを率いてくださっています。

真のお父様(文鮮明先生)も
死の強制収容所に送られる中であっても、
とても希望的な聖歌を作られるなど、
「アホ」のお手本のような生き方をされました。

どんな困難があっても、「アホ」になって、
私たちも邁進(まいしん)していきたいと思うのです。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2022年09月26日

ゴルバチョフと金日成が驚いた文師の平和実践 敵をも際限なく愛する Give,give,give………(&take) 《史吉子先生》




220926-1990.0411.jpg 171207 19911206 3.jpg


史吉子(サ キルジャ)先生のみ言。
「授受作用の原則を徹底して実践されるお父様」 です。


創造原理で最も重要なことは、
授受作用と人間の責任分担です。

お父様が、神様が宇宙を創造された原則を
じっと研究してみた結果、
全ての存在が互いに授け、受けるのを発見され、
これが主体と対象間の授受作用の原則だと悟られたそうです。

何でも与えれば、受けるようになっています。
ある主体が対象に先に与えたにもかかわらず、
返してあげなければ、返さなかったその人は破滅するのです。

このような意味で、真の愛は限りなく与えることです。
すなわち、投入し、また投入しても振り返らないのです。
相手を責めもしません。

私が長い間、お父様に侍りながら切実に感じましたが、
お父様がまさにそのような方です。


それでは、お父様はどうしてそのようにできるのでしょうか?
1980年代後半に、中国のパンダ自動車会社を作るために、
3億ドルを投資しました。

その理由は、エデンの園で天使長が先頭に立って
アダムとエバを堕落させたことを復帰するには、
アダム国家である韓国とエバ国家である日本を、
天使長国家である中国が先頭に立って助けなければならず、
そうして初めて神様の摂理が成し遂げられるからでした。

ところで、3億ドルを投資しながらも
私たちには利益がほとんどなく、
中国に利益が多く行くようにする条件で投資しました。

そして、1989年に天安門事件が起こりました。
天安門事件とは何かと言うと、
ケ小平の執権当時に青年と大学生が、
「今からは、我々も豊かな暮らしをしよう!」と言って、
自由と民主を叫びながら立ち上がり、
共産政権に反対するデモを起こした事件です。

その時、中国政府はとても驚きました。
それで、戦車も動員して発砲までしたのですが、
天安門広場をはじめとして市内のあちらこちらで
数千人が死んだり、怪我をしました。
大変なことになったのです。

それで、外国の投資家とバイヤーは
この国に希望は無いと考えて、
中国で事業をしようとして
香港銀行に預金しておいた資金を引き出して、
自分たちの国に帰って行きました。

その時、朴普煕(パク ポーヒ)総裁もお父様に、
「どうしましょうか?
私も香港銀行に預金したお金をおろして戻って来ましょうか?」
と電話しました。

お父様は、「じっとしていなさい。
私がこうなることを先に知って、君を送ったのではなかったか?
その金をおろしたら、中国が滅びる。
そのままにして待ちなさい!
暫くしたら時が来るから、待ちなさい!」
とおっしゃいました。

その時、自分の国に逃げ帰った人たちが、
本国で様子を窺っていました。

文総裁がお金もおろさず、弟子も撤収させず
そのままにしているのを見て、
何か希望があるみたいだ。
こう考えて、中国に再び帰って来ては
自分たちが引き出した資金をもう一度、香港銀行に預けました。

それで、中国が生き残りました。
中国の経済が破産しなかったのです。

その時から、中国がお父様を信じ始めました。
その頃はまだ、南北間で38度線を越えるのにとても難しかったのに、
中国が北朝鮮の金日成大学の教授や学生を相手に活動できる舞台として、
中国をいくらでも利用できるように許可したのです。

それで、摂理が急進展したのでした。


このようなことを成されたお父様について、
誰が驚いたかわかりますか?
勿論、自由世界も驚きましたが、
ゴルバチョフと金日成がもっと驚きました。

1950年に起こった朝鮮戦争の当時、
30万の中共軍が韓国領の半分まで攻めて来ました。

中国はそのような敵国なのに、
「どうして、敵国に対してそれほどまでに助けるのか?
だから文先生は思想も超越し、人種と宗教も超越して、
世界平和のために誰をも助けてくださる方なんだ。」
と感じて、驚いたのです。

その時は、私がイーストガーデンにいる時でしたが、
中国政府が白い陶磁器で感謝の牌を作って、
朴総裁を通して送って来たのを見ました。

それに握りこぶし程の赤い字で何と書いてあったかと言うと、
「世界和平指導者文鮮明師」とありました。

お父様がこれを受け取ってご覧になると、
「よし! もう中国は私の言うことをきくだろう。」
とおっしゃいながら、
どれ程喜ばれたかわかりません。


このようにして、お父様が中国の経済を助けてあげたお陰で、
お母様が北京の人民大会堂で
神様のみ言を宣布なさることができました。

その時、中国の婦女会は年末だったので、スケジュールが一杯で
お母様の講演スケジュールは受け入れられないと言ったのですが、
ケ小平の長男のケ樸方が叱りつけながら、

「中国の経済危機を救ってくださった
文牧師の夫人が来られると言うのに、何をしているのか?
あなた方のスケジュールを取り消してでも
お迎えしなければならない。」

と言ったので、婦女会は何も言い返せず、
お母様を人民大会堂にお迎えしました。

それで、私が女性連合の副会長をしていた1992年の冬、
クリスマスの直前にお母様のお供をし、
崔元福会長と女性連合の幹部たちが、
中国での「お父様のみ言宣布大会」に
行って来ることができたのでした。

その時はまだ中国は電灯も暗く、貧しかった頃です。
女性長官が出迎えに来たのですが、
その女性長官は地味なセーターとズボンの恰好で出て来ました。

それでも待遇だけは良くしようとして、古いカーペットを敷いて、
お母様に対して最高のお迎えをしようとする努力が見えました。

飛行場に降りてみると、
彼らが列を作って歓迎するなど、
お母様をいかに良くお迎えしようとするのかが
わかり、安心しました。

翌日、ケ小平の長男が昼食の招待をして来ました。
最高の国賓を待遇する迎賓館 (釣魚臺)にお母様を招請して、
何と言ったかと言うと、

「ご夫人、ようこそいらっしゃいました。
私はご夫人のご主人であられる文鮮明先生を尊敬します。
あの方には世界平和のためには怨讐が存在しない、と言うことを知りました。
それで私は自分の人生の教訓にするために、
毎日、文先生のみ言を読んでいます。」と言いました。

お母様も大変感動されて、涙を浮かべられながら、
「ありがとうございます。
未だに多くの人が反対していて理解できないでいるのに、
私の夫がやっていることを理解してくださり、
本当にありがとうございます」とおっしゃいました。

長い間、離れていた母と子が逢い、
打ち解けて話を交わすように、
お二人が対話される場面を見ながら、
私はお父様がパンダ自動車会社に投資することによって、
怨讐の国を愛する効果がこんなにも大きいんだと感じました。

それで13億の人口が国営放送を通して、
お母様の訓読のみ言を聞くようになりました。


お父様が常に語られるように、
授受作用と言うのは、先に限り無く与えれば、
その効果はとてつもない利子と共に返ってくるのです。

この バンダ自動車には統一産業が技術を投入し、
日本の食口たちをはじめとして、
私たち食口たちが精誠を込めて献金したお金を
惜しみなく投入しました。

お父様は商いをして残る利益よりも、
大きな実績を収められました。

神様の真の愛が、まさにこのようなものです。
100%以上、完全投入しても、
更に投入したいと思われる神様の心情は、
ここに根本を成しています。

お父様は、このような偉大な原則をご存じでした。

お父様は、
「私がみ旨を中心に公正・公平をもって投入したことは、
何百倍、何千倍にも増えて、
更に大きな成果として現れるから、
続けて投入するんだ。」とおっしゃいました。

史吉子/ 著「原理によるみ言の証」
第2章創造原理 より


パンダ自動車は、その後、破綻してしまいました。
しかし、その投入によって、
当時のソ連、中国が動いたのでした。

天安門事件があっても、最後まで撤退しなかった、
その愛の投入が功を奏した、というのです。

最後まで信じ、与え続けること。
その精神、心情を
私たちも相続しなければならない、と思うのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 統一原理・統一思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月25日

「走れメロス」何度もくじけそうになっても、走り抜けたのは 《入山部長》




220925.jpg


入山伝道教育副局長の
世界家庭に掲載された講座の中で、
『走れメロス』についてのお話が
興味深かったので、紹介します。


『走れメロス』に見る「約束」の価値

皆さんは、作家の太宰治をよくご存じでしょう。
彼の代表作『人間失格』では、主人公の
「人間、失格。もはや、自分は、完全に、
人間で無くなりました」という独白に見られるように、
人間の絶望が描かれています。

その一方で、もう一つの代表作である
『走れメロス』には、人間の希望的な側面、
その本質にスポットが当てられています。

物語の概要を紹介します。


『走れメロス』の主な登場人物は、
主人公メロスと親友セリヌンティウス、暴君ディオニス王です。

王は、人間不信から、肉親をはじめ、
次々と罪なき人々を処刑していきました。

その話を聞いた牧者メロスは、義憤に燃え、
王の暗殺を決意して王城に侵入します。
しかし、あっけなく捕まり、死刑に処されることになりました。

義のためには死すらいとわない
強い精神を持ったメロスでしたが、
たった一人の家族である妹の結婚式を控えており、
その前に死ぬわけにはいかないと思いました。

そこで、親友セリヌンティウスを人質にする代わりに、
王様に三日間の猶予を願い出たのです。

王様は、これは逃げ口上で、絶対に帰ってこないだろう。
人間は信じられない存在だということを
民衆に証明するいい機会だ、と考え、これを許可しました。

十里の道を走って帰ったメロスは、
無事に妹の結婚式を終え、安堵します。

その後、王城に戻るまでに、
メロスはさまざまな試練に遭い、
親友と固く交わした約束を破ってしまいそうになります。


第一の試練は「人情」です。
幸せそうな妹の姿を見て、
もう少しここにいたいという人情に流され、
出発するのを躊躇してしまいます。

第二の試練は「疲れ」です。
家で過ごすうちに疲れが出て、眠ってしまいました。

第三の試練は「事情」です。
寝過ごして出発すると、 豪雨で川が氾濫し、
渡れなくなっていたのです。

メロスは、天災だからしかたがないと
諦めかけますが、親友を思い、川に飛び込みます。

第四の試練は「遭難」です。
何とか決意を取り戻し、必死に川を泳ぎ切ると、
そこには山賊がいて、身ぐるみはがされてしまいました。


第五の試練は「限界」です。
メロスはついに疲れ切り、動けなくなってしまいます。

その途端、弱気になるの です。
心の中に、あらゆる言い訳が湧いてきました。

約束を破る心は、みじんもなかった。
動けなくなるまで走ったんだ。
正義だの、信実だの、愛だの、考えてみればくだらない。
人を殺して自分が生きる、それが人間というものだろう。

そんなとき、水の流れる音がしました。
岩の裂け目から水が湧き出ていたのです。
それを飲んで我に返ります。


第六の試練は「説得」です。
再び走り始めたメロスの前に、親友の弟子が現れます。

「もう間に合いません。
やめてください。
あなたまで死んでしまいます」
と呼びかける弟子に向かって、
メロスはこう言いました。

「人の命は問題ではない。
私は、もっと恐ろしくて
大きいもののために走っているのだ」。

試練を乗り越え、メロス は、
自らの命まで捧げようとした行動の原点に帰りました。


裸同然の姿で王城に到着すると、
セリヌンティウスに駆け寄り、
「私を殴れ。私は途中で諦めた。
殴られなければ、あなたを抱擁する資格がない」
と訴えます。

セリヌンティウスはメロスを殴り、こう言います。
「私を殴れ。君を疑った。
殴られなければ抱擁できない」。
メロスも同様に殴りました。

「ありがとう、友よ」。
二人は同時に言い、抱き合って共に泣きました。

その姿を見ていたディオニス王は、
「おまえたちは、私の心に勝った。
私も仲間に入れてくれ」と言い、
集まった民衆は歓喜の声を上げ、万歳をしたのです。


この話はあたかも、サタン屈伏の典型路程である
ヤコブ路程を表しているようです。

信仰の道は、サタンを自然屈伏させるための道であり、
日々の信仰生活は、蕩減復帰のための生活です。

それは、神様との約束を守る生活でもあります。
神様との約束を破って堕落した人間なので、
約束を守って蕩減復帰しなければならないのです。

選民であるイスラエル民族は、
カナンを「約束の地」と呼びました。
神様が、堕落した人間に対して、
天国の実現を約束してくださったのです。

彼らは、見たことも聞いたこともない土地を目指して
荒野を進みました。
その間、 多くの者が倒れていきます。

真のお父様は、
「イスラエル民族が荒野で倒れたのは、
勝利しなければならないという
信念がなかったためである」 (『御旨の道』121ページ)
と説明しておられます。

神との約束は、荒野で出生した
二世たちに受け継がれました。
彼らは、その約束、理想を捨てることなく、
カナン定着時代を迎えました。

私たちは現代の選民です。
理想を決して奪われない、
イスラエル民族の信仰を相続しなければなりません。

私たちに約束された国は、「天一国」です。
そのゴールに到達するまで、
いかなる試練に遭っても、
神様との約束を失ってはなりません。

人情、疲れ、事情、遭難、限界、説得、
あらゆる困難を耐え忍んで信仰を貫くのです。

真のお父様は、神様とイエス様との約束を果たすため、
生涯を捧げられました。

今、真のお母様は、お父様との約束を
成し遂げようとされています。
私たちも、不変の信仰で最後まで約束を守る民となり、
この地に天一国を安着させていきましょう。

入山聖基
中級講座シリーズH
「家庭盟誓(前編)」より
(世界家庭2022年9月号)


「走れメロス」、とても心打たれる名作ですよね。
子供のころ、この本をよく読みました。

メロスは様々な誘惑を乗り越えて、
約束を果たすために果敢に挑戦した姿。
盟友とのやり取りに心を奪われました。

人類は、約束を果たすために復帰摂理を歩んできました。
旧約、新約、そして成約の時代。。。
今は、天一国時代と言われていますが、
それでも神様の約束を果たす歩みをしないといけません。

お世話になっているクリスチャンの方から
「あなたは、神様の約束、人との約束、
どちらを優先しているのですか」
と詰問されたことがあります。

神様を優先するだけではなく、
人との約束を大切にしないと
証しを立てることができません。

内外、公私ともに認められるように、
約束というものを貴重視していきたいです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)