2022年09月19日

否定的な人たちの言動に、囚われなくなるためには 《自己牧会プログラム》




220919-parus石ころ.jpg


自己牧会プログラムの体験談、
「気の向くままに散歩して…」です。

(男性 60代)

外からのいろいろな情報に心が乱される時に、
頭から聞こえてくる否定的な嫌な思いを鎮める、
それを繰り返す毎日を送っています。

そんな中、良心に
「否定的な人たちの言動に
(とら)われなくなるためには、
どうすればいいのですか?」と尋ねました。

そこで心に感じた言葉は予想外のものでした。
 
「何も考えずに、ぼーっとすればいいから、
気の向くままに散歩して」


そこで散歩に出て、感じるままに歩いていると、
いつの間にか河川敷の砂利道に来ていました。

何となく道に落ちている小石を見ていると、
ひときわ白い石が目につきました。

その時、ただの石ころが慕わしく思えて、
石が私に何かを語りかけているように感じ、
その白い石を手に取って祈りました。

天上にいらっしゃる真のお父様に、
「私たちはこれからどうなるのでしょうか?」
と尋ねると、すぐに
「心配するな」と心に返ってきたのです。


それからも、事あるごとに
心の中に真の父母様をイメージして確かめてみました。

何度も「心配しなくていい」という思いを感じて、
すっと心が平安になりました。

現実は変わっていないのですが、
不思議と心が安らかになる恩恵を感じました。

私の心の中にいる神様 137
気の向くままに散歩して…
(blessed lifeより)


一連の報道に、心が前向きになる・・・
そんな人はほとんどいないと思います。

私も基本的にテレビは見ませんが、
ネットニュースなどで、
どうしても批判的記事を目にしてしまいます。
残念ながら、気持ちが下がりがちになったりします。

この方が話されているように、
気分転換、自然万物を通して、
神様のささやき、愛の心情を感じ、
心の平安を求めていこうと思います。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする