2022年09月23日

旧統一教会は、反共・反日ではなく、実は・・・ 《よくわかる勝共理論》




220923.jpg


過熱しているマスコミ報道を通して、私たちは、
反共、反日であるといわれています。
本当にそうでしょうか。

実はどちらも違います。
これも情報操作です。。。

今回は、反共ではない、という見解を
『よくわかる勝共理論』で解説していきます。


 「スマホで立ち読み」コーナー第2弾で取り上げたのは、大好評の動画コンテンツ「ほぼ5分でわかる勝共理論」でもおなじみの中村学氏の『よくわかる勝共理論〜日本と世界の平和のために』です。混迷する時代の今だからこそ、しっかりと読んでおきたい一冊。
 すでに読んだよというかたも、まだ読んだことがない、知らなかったというかたも、みんな立ち読みオーケーです。
 『よくわかる勝共理論』は第1章から第2章までをご紹介する予定です。


はじめに

かつて日本では、多くの人々が
共産主義の脅威を身近に感じていました。

一九六〇年には、日米安保条約の改定に反対する
左翼勢力が国会周辺に集結し、
数十万人規模のデモが行われました(安保闘争)。

六九年には東京大学の安田講堂を学生らが占拠、
機動隊に火炎瓶を投げるなど激しい闘争を展開し、
七六七人が逮捕されました(東大紛争)。

事態を重く見た佐藤栄作内閣(当時)は、
同年の東京大学入試の中止を決定しました。

国際社会では、ソ連を中心とする共産主義陣営が
勢力を急速に拡大させていました。
アジアでは北朝鮮に続き、ベトナム、ラオス、
カンボジアが共産化されました。

「次は日本ではないか」と考える人も少なくありませんでした。


ところが一九九一年にソ連が崩壊して東西冷戦が終結すると、
この認識は大きく変わりました。

ソ連からは十五の国が独立し、周辺の国々も
次々と民主化を果たしました。
共産主義国家は地上から一掃されるかのようにも思えました。

日本国内でも、「日本の共産化」を信じる人は
ほぼいなくなりました。

日本共産若者離れが顕著となり、
党の最大の課題は「日本の共産化」から
「党員の高齢化」に変わりました。

今や機関紙の「しんぶん赤旗」ですら、
党員の高齢化で配達がままならない状況です。

 
こうした情勢の変化から、「共産主義の脅威」を訴えることは
時代遅れであると考えられるようになりました。

しかし、この認識は誤りです。
共産主義は依然として日本の最大の脅威といえます。

日本の周辺に厳然たる共産主義国家(中国、北朝鮮)が存在し、
地域の安定を著しく脅かしています。

国内でも、共産主義思想は形を変えて
活発な活動を行っています。
そして、家庭や社会の秩序を言葉巧みに破壊し続けています。

 
ではなぜ、こういう状況になってしまったのでしょうか。

ソ連が崩壊したにもかかわらず、
あるいは日本共産党が伸び悩んでいるにもかかわらず、
なぜ日本は共産主義の脅威にさらされているのでしょうか。

私はこの最大の原因は、民主主義陣営が
「共産主義の脅威」を
適切に理解できなかったからだと思っています。

共産主義思想の根底には怨(うら)みや憎しみがあります。
そして、共産主義はただの思想ではありません。

明確な社会観、世界観、歴史観、
そして実践的哲学を持つ壮大な理論体系です。

ただ批判するだけでは、克服できません。
明確な体系的理論が必要です。

それが「勝共理論」です。
勝共理論は共産主義に反対するだけでなく、
その誤りを指摘、批判し、その代案をも提示しています。

本書では、共産主義の骨子である、
共産主義唯物論、唯物弁証法、唯物史観、
資本論の間違いをできるかぎり分かりやすく解説してみました。

共産主義こそ根本的に間違った思想であることを
理解していただきたいと思います。

二〇一九年一月

著者

中村 学・著
(光言社刊『よくわかる勝共理論』より)

スマホで立ち読み Vol.2
『よくわかる勝共理論』(1)
https://www.kogensha.jp/news_app/detail.php?id=5119
(blessed lifeより)


罪を憎んで人を憎まず、ということわざがあります。
まさに文先生の歩まれた道は、
そのような道でありました。

昨日の記者会見でも取り上げていましたが、
文先生が、北朝鮮へ訪朝し、金日成と会談しました。
教会の利益、地位と名誉にしたのではありません。
共産思想(主体思想)に染まっている、北朝鮮、
金日成を解放したい、という一念で訪朝したのでした。

ちなみに、UPF主催のイベントに参加されている、
カンボジアのフンセン首相も、
「カンボジア人民党」といういわゆる共産党の議長です。

詳しいことはわかりませんが、
平和を実現するための統一運動に
共鳴しているということなのだと思います。

家庭連合は「反共、反日」ではありません。
「勝共、愛国」なのです。

さらに世界を平和に導くための
「救国救世」を叫んでいます。
つまり、世界の人々が
幸せになることが私たちの目的です。

勝共理論、どんな理論なのか、
分かりやすく解いていきたいと思います。
これから、不定期に紹介させていただきます。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)




posted by ten1ko2 at 10:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 勝共理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする