2022年10月25日

自分につばを吐きかける人の幸せを祈っていくと・・・ 《自己牧会プログラム》




221025.jpg
天正宮の花☆


自己牧会プログラムの体験談。
今回は、『つばを吐きかける人の幸せを祈る』です。

(祝福二世男性 20代)

私は看護師です。
職場に対応の難しい年配の患者さん(男性)がいます。

その人は、「私は死んでいる」「もう死ぬ」
などと、口癖のように言います。

そして、自分の思いどおりにいかないと、
すぐ相手を罵倒するので、
スタッフの皆が手を焼いていました。

私も名指しで罵詈雑言(ばりぞうごん)を浴びせられ
つばを吐きかけられたこともありました。


当然、激しく葛藤します。
しかし、反発したい思いを脇に置いて、
この人と良い関係を持つことを大事にしていこうと、
心に決めました。

意識を「今ここ」に置き、この人の人生が
幸福に満ちあふれるようにと「祝福の祈り」を
折々にささげるようにしました。

また、この人の人生を知りたいと思い、
折に触れて尋ねました。

「そういうことがあったんですね」
「そんなこともあったんですか」と、
相づちを打ちながら聞きました。

その男性が薬剤師として頑張ってこられた内容には、
同じ医療従事者として、感謝の思いを伝えたりもしました。


そういうことを繰り返しても、
変わらず怒られることも多かったのですが、
ある時、体を拭いた後に
感謝の言葉を言ってくれたのです。

初めてのことだったので、驚きました。


その後、小さな変化が起き始めました。
他のスタッフがこの患者さんと関わった後で、
「あなたのことを褒めていたよ」と教えてくれました。

私が出勤すると、「来たか」と言いながら、
名前を呼んでくれるようになりました。

私が休みの日は、「彼はどこだ」と
周囲に私のことを聞いているそうです。

他のスタッフたちは、
「どうしてこういうふうになったの?」と不思議がっています。


ある時、このかたが、
「今まで頑張って生きてきたけれど、
死んでしまう。それが悔しい」
と吐露しているのを聞きました。

それを通して、このかたがいつも「死ぬ」と
口癖のように言っていた理由が分かりました。

このかたにとって「死」というのは全ての終わりであり、
悲しみでしかなかったのです。

医療で肉体の治療はできても、
心が元気になるとは限りません。

心が元気でないと、また体に異変が起きて、
病院に戻ってきてしまいます。

心の世界、霊的な世界をきちんと伝えて、
希望を持ってもらうこと、
それがみ言を知った私の務めだと感じています。

私の心の中にいる神様 143
つばを吐きかける人の幸せを祈る
(blessed lifeより)


いろいろ考えさせらました。
この患者さんは、彼の愛に屈服して
慕ってくれるまでになったのでしょう。

私が正しいからといって
相手を間違っている、と責め
自分の正当性を主張したとしても
その人は受け入れるでしょうか。

その人の心が動かないと
たとえ間違っていたと気づいたとしても、
その人は受け入れることができないと思います。

自分に対して、批判的な人だったり、
恨みや心配事でいっぱいの人も、
何を言っても聞く耳をもってくれないでしょう。

あくまでも個人的な意見であり、
ちょっと抽象的な表現かもしれませんが、
今、私たちが置かれている立場が、
このような立場なのかな、と思わされます。

証しにもあるように、「祝福の祈り」を捧げる、
そして私たちの思いが、
すべての神様の子女を、神様の代わりに愛そう、
そんな愛に満ちたものになっていくことが
大切だと思うのです。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月24日

文先生の頭の中に入っているのは、初めて解き明かされた天の秘密・・ 《周藤先生》




221024-sudo (1).jpg


周藤先生の「真の父母と共に歩んだ人生」より
『韓国の映画館で、お父様の真後ろに座って考えたこと』です。

韓国の映画館で、お父様の
真後ろに座って考えたこと

1969年に43双の祝福を受けてから、
しばらくして、私は真の父母様(文鮮明先生ご夫妻)に、
ある決意を込めて手紙をお捧げしました。

不思議なことに、それ以降、約1年半の間、
毎月訪韓し、真の父母様にお目にかかるようになりました。

当時、真の父母様がいらっしゃったのは、
ソウルの青坡洞の前本部教会でした。
その2階の「ベランダ」 と呼ばれる場所で報告をし、
ご指導を受けるのが常でした。


ある日のことです。「ベランダ」には、
真のお父様(文先生)と共に、金元弼先生(3弟子、36家庭)と
金榮輝先生(同)、そしてもう1人、
韓国の先生がいらっしゃいました。

その日も、ご挨拶をしたあと、
報告をして、み言を受けました。

そして、全てが終わると、真のお父様が、
「映画でも見にいこうか」とおっしゃり、私もついていったのです。
着いた所は小さな映画館で、作品は白黒でした。

映画というと、日本や欧米では、
男女の横的な愛に感動して涙を流すものが多いと思います。

しかし、韓国の映画は、男女の愛を描くものもあるでしょうが、
それ以上に深い親子の愛で涙する場面が展開するのです。
このときも、皆、それを見ながら
泣いたり、笑ったりしていました。

ところが私は韓国語が分からないので、
一人だけ、泣いたり笑ったりできず、暇を持て余していました。

それで、どうしたかと言えば、
目の前の席に座っていらっしゃった
真のお父様の頭を見ていたのです。
正に50センチくらい後ろからです。

私は真のお父様の大きな頭をずっと見ながら、
”このお父様の頭の中には何が入っているのだろうか?”
と考えてみました。


すると、このような思いが湧いてきたのです。

”お父様の頭の中には、人類が誰一人として解き明かすことの
できなかった天の秘密が入っているんだ。
それは、人類が切に探し求めてきた内容であり、
神様が教えたくても教えることのできなかったものだ。

それを、お父様はお独りで解明されて、
神様の承認まで受けられた。
それを天の真理として私たちに教えてくださっている。

この頭はどれほど貴いものだろうか。
このお父様の頭なしには、人類の行く道がないのだから―”


こう考えると、深い感動が抑えられなくなってきました。
そのうちに、真のお父様の歩まれた路程が
次々に浮かび上がってくるのです。

そして、映画のスクリーンが白く輝いた瞬間、
お父様の髪の両側が真っ白に光りました。
このとき、私は衝撃を受けました。

当時、お父様はまだ満50歳を超えられたばかりでした。
それなのに、髪の毛が真っ白だったのです。

ふだんは黒く染めていらっしゃいますから、
特に何も感じませんでしたが、普通であれば、
まだ、そんなに白くなるお年ではありません。

私の頭には、真のお父様が受けられた、
興南でのご苦労、また凄惨な拷問、
そのような場面が順番に浮かんできました。

お父様は、ただ、神様と人類のために、
想像もできないほど悲惨な道を行かれ、
血みどろになって闘ってこられたのです。
また、さらに行くべき道が残されているかもしれません。

そのようなお姿を思い浮かべながら、
”なぜ、こんなに正しい方、清い方が、
このような目に遭わなければならないのか”と思うと、
あまりにも切なく、かわいそうで、
その思いを抑えきれなくなってきました。

声を出すことはできないのですが、
真のお父様を後ろから抱き締めたい衝動に駆られ、
ただただ涙が流れ続ける時間が過ぎていったのです。


映画が終わると、真のお父様と先生方が席を立たれたのですが、
私は顔がくしゃくしゃになっているので、恥ずかしくて、
下を向いたまま後ろからついていきました。

お父様が、「食事に行こう」とおっしゃって歩いていたのですが、
先生方は横に並んでいろいろ話をしていらっしゃいました。
私は、お父様の後ろを歩いていったのです。


そのとき、それまで一度も
体験したことのなかった思いが湧いてきました。

それは、”真のお父様の背中の中に入って、
消えて、自分がなくなってしまいたい”という衝動です。
私は、”この気持ちは何だろう?”と思いました。

このときには分からなかったのですが、
あとから祈ってみて気づいたことがあります。

それは、血統転換の一番の中心問題として、
私たち堕落人間は、罪なきアダムの
骨髄に入らなければならないということです。

骨髄というのは、骨の中心、それは
中心の中の中心ということですから、心情を意味します。

ですから、罪なきアダム、すなわちメシヤの
心情の中心に入りなさいということです。
私が、真のお父様の背中の中に入りたいという衝動に駆られたのは、
お父様の心情の中に入りたいということだったのです。

真の父母と共に歩んだ人生(七)
一九七〇年代初頭、韓国での真の父母様との心情的な出会い
2022.6世界家庭より


文先生が白髪であったのは、知っていましたが、
まさか、50代でも白髪だったとは。。。
当時の写真などでも、そのような姿を見たこともないですよね。

『真のお父様の背中の中に入りたい・・・』
文先生を慕えば慕うほど、
こんな思いにさせられるのではないでしょうか。

イエス様を主として仰ぐクリスチャンたちも、
どれだけイエス様に恋焦がれて、
まさに背中の中に入りたいと思って
会いたくてたまらないのではないでしょうか。

文先生は、イエス様と同じように地上にはおられません。
しかし、心情の中に入りたい・・・と思って、
日々を過ごすことがみ旨を歩む、
原動力になることは違いないのです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2022年10月23日

マリア・ジブナと共に投獄、生還したスロバキア人の証し *東欧の涙の歴史に光を当ててくださった真の母




221023.jpg
殉教したマリア・ジブナさん


光言社・刊『真のお母様、感謝します』より

チェコスロバキア(当時)で
殉教したマリア・ジブナさんと共に
投獄された、ユライ・ライダさんの証し
『東欧の涙の歴史に光を当ててくださった』
を紹介します。

東欧の涙の歴史に光を当ててくださった
ユライ・ライダ(6000双)

私はスロバキアの首都、ブラチスラバで育ちました。
1971年に入教した、東欧の初期のメンバーの一人です。
妻もスロバキア出身です。

私が伝道された当時、ブラチスラバは
チェコスロバキアの中心都市の一つでした。

そこに最初の宣教師であるドイツの女性食口、
エミリエ・シュテベルが来たのは
1968年8月30日のことでした。
オーストリアの首都ウィーンから国境を越えてやってきたのです。

同年に起こったチェコスロバキアの民主化運動
「プラハの春」には大きな希望がありました。
共産主義には希望がありませんでした。

しかし、その年の8月20日、ソ連、東ドイツなど
五カ国の軍隊が侵攻し、
プラハが占領されてしまったのです。
人々は深い絶望に陥りました。

そのような深刻な状況にもかかわらず、
エミリエは勇気を持ってやってきたのです。
真の父母様のメッセージを携えてー。


東欧の共産圏での地下宣教「ミッション・バタフライ」が始まる
1980年以前、1973年から78年にかけて、
チェコスロバキアで20人近くの食口が投獄されました。

獄死したマリア・ジブナ(享年24)、そして私もその中にいました。
誰もがマリアのように殉教する可能性があったのです。
私も死んでいたかもしれません。

後に、アメリカにおられた真の父母様が、
刑務所に送られた私たちのために、
朝早くから聖地で涙しながら
祈ってくださっていたことを知りました。
父母様が私たちを救ってくださったのです。


私たち初期のメンバーの
伝道への情熱にはものすごいものがありました。

共産主義者ですら、私たちに比べれば弱い者にすぎませんでした。
警察は私たちに伝道させないようにしましたが、
私たちを止めることはできませんでした。

私たちは聖霊に満たされてエネルギーに満ちあふれ、
彼らを圧倒したのです。
それは再臨主と共にあったからです。


真のお母様は2015年の基元節二周年に、
このチェコスロバキアの初期のメンバー、
そして東欧への最初の宣教師を表彰してくださいました。

また、欧州宣教五十周年を迎えた同年五月には欧州に来てくださり、
復興をもたらしてくださったのです。

さらに2016年2月、真の父母様御聖誕日と
基元節三周年の記念行事のときには、
「ミッション・バタフライ」をテーマにしたミュージカル
「天一国の蝶の夢」を上演してくださったのです。


私は統一運動であるチェコ天宙平和連合(UPF)の事務総長として、
その記念行事に参加させていただきました。

お母様が直接指導されて完成したこのミュージカルは、
聴衆に深い感銘を与えました。
もちろん、私も泣きました。

それは、私が45年もの間、心の奥底にしまっていた涙の歴史に、
お母様が光を当ててくださったからです。
共産主義国を愛し、み言を伝え、解放をもたらしてくださった
真の父母様に改めて感謝を申し上げます。

czech1.jpg
ユライ・ライダ氏

光言社刊「真のお母様、感謝します」より

スマホで立ち読み Vol.19
『真のお母様、感謝します』4
東欧の涙の歴史に光を当ててくださった
ユライ・ライダ(6000双)
https://www.kogensha.jp/news_app/detail.php?id=16339
(blessed lifeより)


獄死されたマリア・ジブナさん。。。
文先生に書かれた、手紙を紹介します。


211026.jpg

マリア・ジブナさんのお父様への手紙

  お父様、私は一度もあなたに
  お会いしたことがありません。

  しかし、あなたのみ言を聞いて、
  『これが私の人生の行くべき道だ』
  そのように確信しました。

  そして、この道を出発してまいりました。

  しかし、この国は神様を認めない
  共産主義の国です。

  だから、私は明日、
  この地上にいることはできないかも知れません。

  でも私は自分が来た道を決してうらんだりしません。

  あなたに対して何一つのわだかまりもありません。

  だから私に対して心配しないでください。

  でもお父様、
  一つだけ願いがあるとすれば、
  生きているときに
  あなたとお会いしてみたかった。

「平和を愛する世界人として」
文鮮明自叙伝より


マリア・ジブナさんの手紙。
皆様もご記憶にあるかと思いますが、
本当に胸を打たれますね。。。

その手紙が先生の前で読まれた時、
その場に居合わせた食口たちは、
みんな泣きました。

先生は、しばらく下をうつむいていましたが、
顔を上げられた時、こうつぶやかれたといいます。
「先生は悪い男よね」

今回、証ししてくださったライダさんや
迫害に直面された方々は
文字通り、命懸けの道を行かれました。

今、多くの中傷、非難など、
政府も含め、左翼弁護士、マスコミなど、
一般の人たちまで、私たちを無き者にしようとしています。
過去、最大の試練かもしれません。

しかし、それでも、命にかかわるようなことは
一切ないのです。
昔のクリスチャンたちも、殉教の歴史がありました。

ある意味で言えば、それだけでも感謝だと思い、
乗り越えていかなければ、と思うのです。




211026-2016.0213.jpg
ミュージカル「天一国の蝶の夢」

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)