2022年10月22日

約束を守る男、文鮮明──そうすれば、代わりに新しい人が現われる 《金元弼先生》




221022-saigonokitou2012.0813.jpg


金元弼(ウォンピル)先生のみ言
「天情と人情」の最終回、
「約束の永遠性と誠意」です。


約束が成し遂げられるまでには、
必ずある期間を経過しなければいけません。
約束は、未来の目的を成就しようとして、
今するのです。

時同性があるのです。
ですから約束をした主体と対象の二人の人は、
必ずその約束を守っていかなければならない
過程をもっているのです。

相手が途中で破ったとしても、こちらが
目的地まで完全に守ったというところまで行くならば、
完全なるプラスには完全なるマイナスが
自動的に現れるのと同じく、
神はその代わりに新しい人を準備するのです。

ですから、アダムが上まで上がったとして、
エバは途中で堕落した場合に、神は
もう一人のエバを採用してくれるということになります。

だから約束を破った人が問題なのではなく、
約束を守る人が問題になるわけです。

神から見れば、一方の人が最後まで約束を守ったならば、
別の人を立てることができるのです。

ところが、どちらも守れない時には、
神の基盤がありません。
そこでまた二人を造って出発しなければならない
ということが起こるわけです。

すると神の摂理は延長されますか、短縮されますか。
それは延長されます。
一人だけでも守ってくれれば、その人によって
延長しないで、順調に進めることができるのです。

一人が約束を完全に守るならば、
相手がたとえ守らなかったとしても、
もっといい相手が現れるということです。


夫婦でも同じです。
一方が約束を守らなかったとしましょう。

しかし片方は「私はこの相対者を求めて
幸せな家庭をつくる」という心を変えずに、
約束を守っていくならば、代わりの者が現れて、
理想家庭をつくるという目的が、
結局は成り立つようになるのです。

ところが、「世の中はむなしい、信ずるものがない」
と言って、二人ともそうなれば、
その家庭から幸せは生まれないでしょう。

ですから、先生が今まで歩んでこられた道は、
たとえ兄弟が先生を信じないで教会を出ていくとしても、
常に約束を守られたので、人は代わっても、
いい人がどんどん現れて、摂理が成し遂げられてきたのでした。


先生と私たちの約束には、必ず神とサタンがいる
ということをお話ししました。

その例え話として一つ挙げましょう。

一九六七年、先生は韓国の幹部の一行を連れて、
日本に行かれた時に、当時、日本の兄弟に祝福を予定していました。

ところが先生は日本を離れる時に、
一つの儀式を行いました。

それは神の前で、「日本の祝福を
延長しなければならない」という儀式でした。

先生も神様に、「これをこうします」と必ず報告して、
それがそのとおりにならない時には、
必ずその理由を説明して、変えていかれるのです。

教会員がリーダーと約束して、
「私はきょう、いつまで、どこどこへ行ってまいります」
と言いながら、事情によって
それができない場合はどうしますか。

世の中でも、それができなかった理由を
必ず話さなければいけません。
それもできなければ、リーダーは教会員を信頼できなくなります。

 
韓国で、先生は聖日の五時に敬礼式をされて、
必ず私たちに説教してくださいました。

本部教会から相当離れた所に清平があります。
そこにおいでになりました。
その次の日は聖日でしたので、そこから出発して
本部教会の礼拝に参加されることになりました。

その日は、たくさんの人たちが集まるようになっていたのです。

先生は早めに出発しましたが、
雨が降って船やもろもろの状況によって、
何分か遅れるようになりました。

そこで先生は、約束の時間に遅れる時には、
約束を守れないことに対する
お祈りをするとおっしゃいました。

その日、先生は、「公的な約束の時間を守れない時には、
その時刻から悔い改めの祈りをしなければいけない」
と話してくださいました。

このように約束とは大変なことなのです。
先生御自身がそのようにして守っておられるのです。


二番目に、「あなた方は時間を約束したにもかかわらず、
まだ全員集まっていない」と指摘されました。

心情的にも時間的にも外的にも、
先生御自身としては約束を守っているということを、
はっきり証してくださったのです。

事情が変わって遅れたけれども、
先生はその前に既に出発していたことを、
はっきり証されているのです。

分かりやすく言えば、オックスフォードから
ランカスターゲートまで、一時間半かかるのでしたら、
先生は、一時間半前のさらに十分前に、
もう出発しておられるのです。

しかし、途中で車が故障して遅れました。
それで約束した時間になりますと、
先生はその時から悔い改めのお祈りをされるということです。

「私が遅れたがゆえに、この人たちは今、
この時間に待っているでしょう」と言って、
その人たちのためにお祈りをするのです。


ところが私たちはどうでしょうか。
より上の立場の人は遅れるのが普通だと思うし、
それが権威あるものと考えています。
先に来るのは下の者だと考えるのです。

皆さん、そういうことはありませんか。
約束を守らなくても、何の呵責も感じないでしょう。
私たちがそうだから、メンバーもそうなるのです。

にもかかわらず、メンバーが遅れたら、
「なぜ遅れたのか」としかります。

先生は、こういう外的な時間の約束も
そのようにされるとするならば、私たちは
永遠なる生命を懸けての約束に対しては
どうすべきか、考えてみてください。


足の折れた朴正華さんのことを聞いたでしょう。

先生が牢屋から出られて、平壌に帰られた時には、
その人は足を打たれて骨が折れて歩けない状態でした。
彼は自分のお姉さんの家に一緒にいて治療していたのです。

そしてお姉さんの家庭が避難する時に、
足が折れている彼を連れていくことができないので、
置いたまま行ってしまったのです。

一人で残されたら殺されてしまいます。

それで先生は心配して、彼の故郷まで問い合わせて、
居所を調べ出しました。
そして私が彼を連れてきて、先生に会わせました。

その後、その太った人を自転車の上に乗せて連れてきたのです。

ところが、先生の愛する母親、父親、兄弟姉妹は
全部、北におられました。すぐ近くの所でした。
しかしその人たちを連れてこないで、
朴さんを連れてきたのです。
そういうことは、できることではありません。

先生は神との約束を守ったのです。
朴さんとの約束を生命を懸けて守ったのです。


約束というものが、どんなに難しいか分かると思います。
世の中のすべての問題は、
約束を守らないことから起こるのです。

そして、いつも考えなければならないのは、
約束はお互いが幸せになるためのものだということです。
それゆえに、約束をする時には、一方的にしてはいけません。

ややもすればリーダーになった人は、
一方的に約束を強要することがあります。
そうではなくて、相手を「そうしましょう」
という立場に必ず立たせて約束をするのです。

ですから必ず相手の話を十分に聞くようにしてください。

皆様はいいアイデアをもっていて、
教会員が全然頭も上がらないような人であっても、
教会員の意見を先に聞いて、それから自分の意見に納得させ、
「それじゃ、私の考えよりも、
あなたの考えはもっといいです」
という立場に立たせて話していくのです。

自分がしたくてしたような立場に立たせなければなりません。
そうでないとプッシュされたという印象を与えます。
プッシュというのは、自分の意志がないということです。

平壌開拓から興南解放
第四章 天情と人情
「約束の永遠性と誠意」

信仰生活シリーズ 6
伝統の源流 主と歩んだ教会創立以前の道」 
金元弼(1998年7月1日発行)
*『信仰と生活第二集伝統の生活化』を改題


「世の中のすべての問題は、
約束を守らないことから起こる」
これは大変重い言葉だと思います。

個人的なことですが、私はある約束を放置していました。
とんでもないことをした、と深く反省しています。
もちろん、清算するための条件が必要であります。

文先生は約束を守るために、
真剣であり、切実です。

果たせなかった場合、
それが自分の責任でなかったとしても、
神様にとりなしの祈りをささげられるのです。

「約束」ということに対して、
誠意をもって、対していく。
改めて考えさせられました。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金元弼先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月21日

生命と宇宙の設計者は誰 どうしたら神を知れるのかA 旧統一教会の教理のぞき見 《入山部長・統一原理6》




221021.jpg

この宇宙に1個の生命細胞が生まれる確率は、
1億円の宝くじが100万回連続で当たるくらいの、
とんでもなく希少な確率だそうです。


入山部長の「幸福な人生には原則があった」
今回は、『自然界を見れば、神がわかる』です。

第1講座 神の実在
神を知る方法

A自然界を見れば、神がわかる

『原理講論』には、次のように書かれています。

「無形にいます神の神性を、我々はいかにして知ることができるだろうか。
 それは、被造世界を観察することによって、知ることができる。
 ……神の神性を知るために、被造世界に普遍的に潜んでいる
 共通の事実を探ってみる……」
(『原理講論』42ページ)

神がすべての自然界を創造されたとするなら、
美しい自然界は神の芸術作品です。

作者である神が目に見えない存在だとしても、
作品には神の性稟(せいひん/性質のこと)が現れるでしょう。

そこには神の知性や愛情、創られた目的などの
メッセージが込められているはずです。

ですから、自然界をよく観察すれば、
それを発見することができるというのです。


私たちはみな、人間が自分自身を
創ったのではないことを知っています。
宇宙や自然界もまた、人間が創ったものではありません。
気がついたら「すでにあった」のです。

このような存在を「結果的存在」と言います。
こうした「結果的存在」であるならば、
それを存在せしめた「原因的存在」がなければなりません。

その究極的な第一原因を「神」と呼ぶのです。


「神」などというと、宗教的な言葉だと
敬遠する人もいるかもしれません。
しかし、今は、科学が「神」にとても近い時代が到来しています。

科学はすべての物質の根本を究極まで追究してきました。

すべての物質が素粒子からできていることは
皆さんもご存じでしょうが、現代科学は
さらに根本的な物質の根源を発見するところまで来ています。

2012年7月4日、すべての物質に質量を与える究極的な粒子、
「ヒッグス粒子」の存在が確認された
というニュースが世界を駆け巡りました。
その粒子は「神の粒子」とも呼ばれました。

このように、現代物理学は、ビッグバンから
現在までの宇宙の生成を理論的に説明できる方向に
進んでいて、そこに神の存在を
認めざるを得ないところまで来ているのです。


しかし、科学者たちは安易に
「神」とは言いたがらないようです。
それで、別の言葉が流行しています。

それが、「サムシング・グレート(something great)」
という言葉です。
直訳すれば、「偉大なる何者か」です。

この言葉を言った村上和雄博士(1936〜)は筑波大学名誉教授で、
遺伝子研究の権威です。
遺伝子を読み取る最先端の技術を持っている方ですが、
著書で次のように書いています。

「私たち人間の体内にある60兆個の細胞は
 その一つ一つがみんな生きている。

 その膨大な生命群はぎっしり隣接しながら、
 ケンカも混乱もせず、きちんと支え合って生きています。

 地球上の人間は頻繁にケンカやいじめを繰り返し、
 離婚し、訴訟し、戦争もしてトラブルが絶えることがないのに、
 体内の小さな生命たちは見事に調和して、
 それぞれ自律的な生命を営みながら互いに助け合って
 組織をつくり、臓器をつくって、個体(私)を生かしています。

 このこと一つをとっても、科学の原理を超えた、
 生命の奇跡と言ってよいものなのです。

 その精巧にして絶妙な生命の原理を定め、
 また、それを膨大子細な情報として遺伝子に書き込んだ
 『誰か』がいるはずです。

 私たち人間にできるのはせいぜいそれを読み取るくらいなのです。
 それが偶然や人為でできたとは考えにくい。

 したがって私はその設計者として、
 科学の常識や人知を超えた大きな存在を想定し、
 それを『サムシング・グレート(偉大なる何者か)』と呼んでいます」


(村上和雄著『生命の暗号A』サンマーク出版)

ここに書かれているように、
人間は60兆個の細胞からできています。

「人によって違うのでは?」と思いがちですが、
数はみな同じだそうです。
ただ、年を取ると細胞が少し減ってくるので、
体が小さくなるのです。

体内の細胞には、脳細胞もあれば、足の裏の細胞もあります。
細胞たちが、「脳細胞のほうがカッコいい!
足の裏の細胞なんか汚れ仕事で嫌だ!」
と不平不満を言い始めたらどうなるでしょうか?

しかし、そんな細胞は一つもありません。
みな与えられた自分の持ち場を守り、見事に調和しています。
なぜそうできるのでしょうか。
一つの目的のもとに動いているからです。
それが、「体を生かす」という目的です。

60兆個の細胞が、私を生かすために一致団結して
24時間働き続けてくれているのです。
そう考えると感謝の気持ちが湧いてきませんか?

皆さんの中には、「自分は誰からも愛されていない!」
と思っている方がいるかもしれません。
しかし、少なくとも自分の細胞からは愛されているのです。

入山 聖基・著
(光言社・『幸福な人生には原則があった』より)

幸福な人生には原則があった 6
第1講座 神の実在
神を知る方法
(blessed lifeより)


先日もお伝えしたように
ノーベル賞を受賞した山中伸弥先生、益川敏英先生は、
進化論は確証されたものではないと言われています。

アインシュタインもニュートンも
敬虔なクリスチャンでしたし、
現代でも少数かもしれませんが、
有名な科学者の中にも、神様の存在に対して、
肯定的な方もおられることでしょう。

今回、紹介されている村上和雄先生(昨年逝去)も、
「神」とは言わないまでも、
「サムシング・グレート」として
原因的な存在をはっきり認めておられます。
(村上先生に関連する内容を下に紹介しています)

神様の存在を前提に自然界を見ると、
原理原則に基づいて創造されていることが見えてきます。
秩序性が見え、そこに神秘性を感じることができるでしょう。

日本は特に一神論に対しては、
否定的な人たちが多いかもしれませんが、
そういう方たちも、視点を変えて見ていただければ
きっと発見があると思うのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


村上和雄(むらかみ・かずお)
昭和11年奈良県生まれ。38年京都大学大学院博士課程修了。53年筑波大学教授。平成8年日本学士院賞受賞。11年より現職。23年瑞宝中綬章受章。
2021年4月13日、逝去。


サムシング・グレートに教えられたこと
村上和雄

 サムシング・グレートがどんな存在なのか、具体的なことは私にも分かりません。しかしそういった存在や働きを想定しなければ、小さな細胞の中に膨大な生命の設計図を持ち、これだけ精妙な働きをする生命の世界を当然のこととして受け入れることは、私には到底できないことでした。
 それだけに、私は生命科学の現場で研究を続ければ続けるほど、生命の本質は人間の理性や知性だけでは説明できるものではないと感じるようになりました。
 進化生物学者の木村資生氏によれば、この宇宙に1個の生命細胞が生まれる確率は、1億円の宝くじが100万回連続で当たるくらいの、とんでもなく希少な確率だそうです。となれば、私たちの存在はとんでもなく「有り難い」ものだと言うことができるでしょう。
 さらに言えば、世界の富をすべて集めても、ノーベル賞学者が束になってかかっても、ごく単純な大腸菌1つ元から創れないのが現実なのです。にもかかわらず、私たちの身体には、約37兆個の細胞(最近の研究で明らかになった数字)が存在し、お互いに助け合いながら、喧嘩することなく調和を保って生きている。これは本当に不思議なことです。
 それだけに、我われは大自然の不思議な力で生かされているという側面を決して忘れてはならないと思うのです。
 最後に我が80年の人生を振り返った時に、心からありがたいと思うのは、奈良県の天理で生まれたご縁で天理学園に学び、天理教の教えに浴せたことでした。その教えに導いていただいたおかげで、今日まで来ることができたと最近つとに実感しています。
 どれだけ優秀な研究者であっても、時代に恵まれなければ一流の仕事はできません。ところが二流であっても時流に乗れば、一流の仕事ができることもあるのです。
 私は研究者としてトップクラスに位置するほどではないと思っていますが、思いがけないところで天や運に味方されたことで自分でも納得のいく仕事をさせていただくことができました。科学者らしからぬかもしれませんが、いつも心の中では「ありがたい。これは決して自分の力だけでしたことではないんだ」という感謝の気持ちを持って歩んできました。




※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2022年10月20日

(夢の証し)絶体絶命の危機に主は *なぜ霊的な現象が起こるのか 《史吉子先生》 



221019-1990.04.jpg


2018年、アメリカで語られた史吉子(サ キルジャ)先生の講演、
『誰よりも神様を愛されるお父様』より
夢の証しです。


私はよく夢を見るのですが、一度はこんな夢を見ました。

3〜4人が腕を広げてやっと届くくらいの
大きな大理石の柱がある建物が現れて、
私たちはお父様(文鮮明先生)と一緒に
こちら側にいました。

ところが、向かい側にいるたくさんの怨讐たちが、
お父様に矢を打ち、槍を投げながら集中攻撃をしました。
私たちは怖くて、大声で叫んでばかりいました。

お父様は私たちととても近いところにいらっしゃるにも関わらず、
私たちはお父様がいらっしゃるところに行って
お助けすることもできず、怖くてぶるぶる震えていました。

そうすると、お父様がお一人で体をあちらこちらにかわしながら、
雨のように降り注ぐ矢と槍を避けられました。

この夢を見てから、
「私たちはお父様に何の助けにもならず、
ただついて回るのは荷物になるだけなんだ!」
と思うようになりました。


また、夢でお父様のお供をしていくのですが、
急にお父様がさっといなくなられました。
急に蒸発してしまわれたのです。

私は「ああ、先生はどこに行かれたんだろう?」
と思いつつ、まるで隠れん坊をするように、
あちらこちらを探し回りました。

そうしたら、ある時は、川が行く手を遮り、
川が行く手に立ちはだかったりしました。
このようなところを、死に物狂いで躍起になって越えました。

行けども行けども、果てしなく山と川が遮るので、
夢でもとても大変でした。

しんどくて疲れて、倒れそうになるくらいになって
あちらを見たら、遥かに遠い谷に
小さなあばら屋がぼうっと見えました。

あそこに、間違いなく先生がいらっしゃるのだろう
と思って行ってみると、
人一人がやっと入れるくらいの鳥かごのような家に、
お父様が一人で隠れていらっしゃいました。

こんな夢も見ました。
その時は、サタンがお父様をあまりにも迫害していた時でした。

このように、ご自身の生命を守るために大変な思いをして
逃げ回られる息の詰まるような夢も見ました。


お父様は子供が霊通する食口からこんな質問をうけました。

「誰でも、うちの息子のように霊通すべきですか?」
お父様は、
「いや、人間が堕落しなかったら、霊人体があることも
知らずに生きるのだ」と語ってくださいました。

霊肉が完全に一つになるためには、
それが二つだということも知らずに生きるのです。

そうすると、神様の御意が人間の霊人体にそのまま伝わるので、
神様の思いのままに行動するようになっているとのことです。

ところが、霊的な現象とか、色々なことが起きるのは、
まるで故障した機械を叩いて直すようなものだそうです。

お父様は、それを人間が神様のそばに復帰されていく
一つの過程的な現象だとおっしゃいました。


このようなことを見る時、お父様はいつでも
神様のみ旨に従うために、
常に神様の前に待機状態でいる方です。

すなわち、お父様は自己というものが全くない、
そのような状態にいらっしゃる方であることが
わかるようになりました。


180418 Belvedere 201803-04ustour.jpg
ベルベディア(2018.3〜4米ツアー)


貴重な夢の証しでした。

「人間が堕落しなかったら、
霊人体があることも知らずに生きる」
これはどんなに素晴らしい境地でしょうか。。。

それを感得される文先生は、
神様と完全一体なのだ、と思いました。

そして、韓総裁も同じ立場なので、
文先生が語られたような境地を
味わっておられるのだと思います。

私たちは故障だらけなので、
様々な現象を通して、
霊肉が一つになるための
訓練を与えられているのだと思います。

そんな思いをもって、
今日も頑張っていきたいと思うのです。



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夢の証し ご父母様の夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする