2023年06月24日

わかっていてもできない! み言の実体になれない私たち 《李ヨハネ先生の信仰サプリ》



220202.jpg


李耀翰(リ ヨハネ/イ ヨハン)先生の
「復帰摂理の恨(ハン)」の続きです。


解怨の最初の段階――み言の人として復活する

今、私たちの悩みとして、
み言の実体になれないということ、
み言の生命を復活させることが難しい
ということがあります。

ですから、いかにエバが「取って食べてはならない」
という戒めを守ることが難しかったか
ということが分かります。

エバがその戒めを守ることが難しかったのと同じく、
私たちもみ言を守ることが難しいというのです。

どれだけみ言の実体になろうと思っても、
やはり人は変わらずにいる
ということを私たちはよく感じています。


イスラエルの人たちが自分たちを称して
選民だと言いましたが、
神の息子であられるイエス様を
分からなかった理由はどこにあるのでしょうか。

それは真心から条件を立てて、
神が相対してくださることができるようにしたのではなく、
うわべだけでみ言をとらえたからです。

真心から信仰したのではなく形式的に信仰をしたのです。
生まれ変わることができなかったので、
真の人を見ても分からず、
感じることができなかったのです。

情と情の交流があり、情と情が相通じる、
これが真なのですが、彼らには
このようなことがなかったのです。

何か心からにじみ出てくるものを
はぐくむような生活は、真を照らすことが
できる生活だと見ることができます。

 
聖書に、真を帯びた人という
称賛を受けた内容があります。
ベタニヤのマリヤに対する記録がそれです。

過越の祭の日の夜に訪ねてこられたイエス様が
何の表示をもなさいませんでしたが、
ベタニヤのマリヤは三百デナリの香油を
イエス様の足に注ぎ、痛哭しました。

その女性は、真をもった人でした。
本当に復活した人であったので、
イエス様の福音が伝えられる所で
永遠に記念として語られると、
イエス様が言われたことも理解することができます。

み言が生命たる人、み言が心情たる人は、
真と通じるということを聖書は、
マリヤを通して見せてくれています。

 
今日、私たち食口の間に和睦がなされない理由は、
み言の生命をもつことができないからです。

少しでもみ言の生命をもつ人たちがいるとすれば、
許し、哀れみを施すのですが、
双方が全く同じですから、
盲目のもみ合いと同じく不和が生じるのです。

み言の生命をもつ人たちの間には、
不和があるはずがないのです。


同じくイエス様が迫害する群れに対して
何も語られなかったのは、
彼らは選民とは名ばかりで、実情は、
み言の生命をもつことができない
死んだ群れであったからであると想像することができます。

このように私たちも、
形式的にみ言を信じるということはできても、
み言の生命をもつことは難しいのです。

神の一番目の恨は、人間が
形式的にみ言を聞いたという恨なのです。

「羊をささげなさい」、
「十一条献金をしなさい」、
「父の日を守りなさい」などのみ言を
真心から行わずに、すべて形式的に行ったことが
神の恨になったのです。

形式的にみ言をとらえたので、
そのみ言を守った条件によって
探し求めなければならない実体、生命は
探し求めることができなかったのです。

これがまさしく神の恨だということを、
皆さんは肝に銘じなければなりません。

 
きょう、礼拝に来た人は多くいます。
しかし、忠心から感激してこそ
神が語りたくて語られるみ言を
十分に受け入れることができ、
神が相対してくださるのです。

ところが、心情的な刺激を受け、
自分を探し出す人が果たして何人いるでしょうか。

歴史を通してみても、おなかがすけば
一日に三回御飯を食べなければならないとは思えても、
心情を刺激させるために、
心情の飢えを満たすために専念することはできない、
形式的な群れが多いことを私たちは自認せざるを得ません。

それゆえに神の怨恨をどこから解いて
喜びをお返しするのかという問題は、
み言で自分の心情を復活させるところから
解かれるという結論を下すことができるのです。


イエス様がこの地に来られて
心苦しくならざるを得なかったのは、
イエス様は、神の怨恨を解かれ、
神の人として行動されているのに、
律法を守ると公言している人々の群れが
イエス様を指して潜越であり、
偽り多いと迫害したからだったのです。

すべての律法を通じて真心をもった人であれば、
真のみ言によって宗教儀式を行ったはずであり、
忠心をもった人であれば、律法の実体であられる
イエス様にお会いするだけでも
尊敬する心がにじみ出てきたはずです。

み言の心情をもった人、生きた心をもった人は、
不法を行う人を見れば、哀れみの心が生じ、
真なる人を見れば、
限りなく尊敬する心がにじみ出てくるのです。


今日、私たちは、このような自分になるために
生活の中で怠ることなくみ言の生命、
み言の心情をもって生きようと
試みていかなければなりません。

このような私たちになるとき、
ここから神の恨は、解かれ始めるのです。

一九七九年八月、韓国本部教会

信仰生活シリーズ 3
聖書の中の心情圏  李耀翰
摂理の中心家庭に学ぶ信仰姿勢
U復帰の恨
復帰摂理の恨
再編集 文責:ten1ko2


イエス様が語られたみ言は、
神様が語られるみ言と同じです。
そのことをどれだけの人が
理解されていたのか、
それが問題だというのです。

み言を心情的に深く受け止める
私たちにならなければ、と思わされます。

今、お母様がこの地におられ、
み言を語られています。

それは、神様がお母さまを通して、
今の時にふさわしいみ言を語られているのです。

お父様と語られている内容が違う、
と批判される人もいます。

しかし、改めてお伝えしますが、
今の時に神様がお母様を通して、
語られているのです。

それが神様を解放する道であると思うのです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 李ヨハネ先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月23日

終末、1999にハルマゲドンは起こったのか 《朴普熙先生*青年よ世界を救え》



230623.jpg


朴普熙(パク・ポーヒ)先生の、1995年の講演
「青年よ行け、そして世界を救え」より
「人類の終末」です。

四、人類の終末

皆様。では、終末とは何でしょうか?

終末とは、堕落世界に終わりを告げ、
理想世界の出発を意味します。

今、この世間には、特にこの日本には、
間違った終末論がみなぎっております。

それは、終末には天変地異が起こって、
天地が破壊され、またハルマゲドンといわれる
人類最後の戦争が起こって、
人類が滅亡するという終末論であります。

皆様、これは間違った終末論でございます。


先にも申し上げたように、堕落したのは人間だけであって、
何も天と地が悪いことをしたのではありません。
何も美しい日本の山川草木が、罪を犯したのではありません。

その天と地をなぜ、神が滅ぼす理由があるでしょうか。
堕落した人間だけが変われば、全部が変わるのです。
人間だけ完成すれば、全部が完成するのです。

ですから、終末を迎えるのは、この堕落した人間世界、
この地上地獄だけであります。


同時に神は、新しい世界、すなわち善の世界を、
この世に出発させるのです。

終末は、善悪を分別する日であります。
人間を収穫する日です。
打ち場の麦をふるい分け、麦と殻に分けるのです。

終末はなぜ、恐ろしいのでしょうか?
それは地震や災いがあるからではありません。
それは審判の日だからです。

ところが、その審判は神のみ言(ことば)で行われるのです。
天変地異で行われるのではありません。


ですから、皆様がこの終末の神の審判において、
生き残る道は、神のみ言を受け入れることであり、
再臨の救世主につながることであります。
それだけでございます。

そして、神の良き人として収穫される資格を
備えるならば、終末は皆様の希望の日であります。

終末は滅亡ではなく、救いの時です。
終末は皆様の天国出発の時であります。
終末は、神と人類が親子となる、喜びの日であります。

その希望を伝え、その日の審判に、
み言をもって備えさせるのが、
この希望の日の講演の目的でもあるのでございます。


では、皆様! その終末はいつ来るのでしょうか?

終末は、今でございます。
新しい時代が、紀元2000年から始まるのですから、
もう5年しか残っておりません。

もはや、人類歴史の転換期は始まりました。
『ついに解明された1999年』、
『奇跡の1999年』(高坂満津留・佐藤昌樹共著、光言社刊)がみな、
このことを示しているのであります。


皆様。ここで、私たちが自覚しなければならないことは、
今私たちは人類歴史において、
最も重大な転換期に生きているということでございます。

これは、正に「のるか、そるか」の時でございます。
ここで、再臨の救世主に出会えば、最大の幸運であり、
その時期を逃せば、これはまた、
最大の不幸にもなるのでございます。

今日、私たちが生きて、紀元2000年を迎えるということは、
普通の出来事ではありません。

これは宇宙飛行士、ニル・アームストロングが
月に降りるような幸運なのでございます。

私たちはこの人類の終末の神の審判において、
必ず「希望の日」を勝ち取る勝利者にならなければなりません。

朴普熙(光言社・刊
『青年よ行け、そして世界を救え』より)

青年よ行け、そして世界を救え 8
人類の終末
https://www.kogensha.jp/news_app/detail.php?id=19552
(Blessed Lifeより)
再編集 文責:ten1ko2


「堕落した人間だけが変われば、全部が変わる」
確かにそうですよね。。。
でもこれが問題であるのです。

人の心が変わる、というのは、
簡単ではないですね。

しかし、時代は明らかに変化しているのです。
終末は到来しました。

時代の変化が来ていることを知って、
また、その時代の変化に携わることを貴く思う、
そんな者になっていきたいと思うのです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月22日

全員が宣教師! 真の母の願いのポイント、この4つがあれば伝道が進む 《方大陸総会長》



230622-2023.0601.png


大陸会長は、「大陸総会長」と呼ばれるようになったそうですね。
方相逸(バン サンイル)大陸総会長のメッセージを紹介します。
『全員が「私は伝道師」という意識を持ってください』です。

真のお母様(韓鶴子総裁)のみ言のポイント、
また伝道に関するみ言をまとめてくださっています。

大陸総会長メッセージ
神日本大陸総会長 方相逸

全員が「私は伝道師」という
意識を持ってください

 6月1日、千葉・浦安の一心特別教育院で「神日本家庭連合全国責任者特別集会」が行われ、天の父母様聖会の方相逸・神日本大陸総会長がメッセージを語りました。方相逸・大陸総会長は、伝道に関する真のお母様のみ言や、天心苑祈祷の恩恵によって伝道が進む韓国の証しを紹介しました。


■真のお母様が語られた5つのポイント

私は、真のお母様のご聖誕80周年を祝賀する
一連の行事に参加するため、4月30日に渡韓し、
5月14日に帰国しました。

ところが16日早朝に電話があり、
始発便で韓国に来るように願われたのです。
急いで渡韓し、天正宮博物館に到着すると、
韓国の責任者たちも集まっており、
お母様は2時間ほどみ言を語られました。

その要点を5つにまとめてお伝えします。


第1は、組織改編です。

世界本部がなくなり、世界平和統一家庭連合と
天宙平和連合(UPF)の二元体制で
摂理を展開していくことになりました。

これまで、鄭元周室長が統括してきた総裁秘書室は、
第1、第2秘書室に分かれます。

第1秘書室は文姸娥様が室長になり、
主に韓国と日本の支援に責任を持たれます。


第2は、伝道です。

お母様は組織改編の理由について、
全ての機関の、全ての指導者が伝道に向かうためだと説明し、
「私たちが生きる道は伝道しかありません。
新しい体制で国家の復帰のための本格的な闘いが始まるのです」
と訴えられました。

日本に対しては、「6000万人を伝道しなさい」
とおっしゃり、その基盤があれば、
日本の問題は全て解決できると強調されました。


第3は、天心苑祈祷です。

お母様は「最も大きな力を持つのが祈りである」
として、真のお父様が祈りによって
基盤を築かれたことを証しされました。

 
第4は、教育です。

真の父母様の生涯路程の教育を、
これまで以上に重視していきます。

お母様は、天の父母様(神様)、イエス様、
お父様がいかなるお方か、その本質を
人々に伝えなければならないと訴え、
真の父母様の自叙伝をもっと活用すべきだと語られました。

 
第5は、天苑宮・天一聖殿の奉献です。

お母様は奉献式(5月7日)で、
2024年に入宮式をすると宣布されました。

しかし、天の願われる基準に仕上げるには
1年では足りないため、お母様は、
2025年に入宮式を行うと発表されたのです。

さまざまな事情から延期せざるをえない
お母様のご心情を思うと、私はつらくて、
お母様に合わせる顔がありませんでした。

お母様は、天苑宮・天一聖殿が完成し、
入宮式がなされたら、
全世界から人々が押し寄せると語られました。

お母様が聖殿の建造を打ち出されたとき、
「天正宮博物館があるのに、また、
別の建物を造るのですか?」と思った人もいるでしょう。

世界には、サン・ピエトロ大聖堂(バチカン市国)のような、
歴史的に貴重な建造物が数多くあります。

しかし、どんなに素晴らしくても、
そこには真の父母様が表されていません。
全世界に点在する聖殿を全て合わせたとしても、
天一聖殿と比べることはできないのです。


■伝道を最優先することを願われるお母様

お父様によって霊界が整理され、
お母様によって地上の基盤は整えられました。

今後は天使天軍、絶対善霊による、
天上、地上の総合的役事が始まります。

そのためお母様は、これまでの組織では不十分だと考え、
組織改編を願われたのです。
お母様は、実力のある者こそ、
現場で伝道に励むべきだと考えておられます。


例えば、天心苑の李基誠苑長は、
加平家庭教会で教会長を務めています。

お母様が「あなたは祈りを通して
天の役事を受けることができるので、
現場でその手本を示してあげてください」
とおっしゃったそうです。

この教会では、新型コロナのため、
3年間、礼拝参加者が10人前後だったのが、
就任後3か月で130人になりました。

 
また、日本から韓国に帰化した
清平家庭教会の韓ヂヨル教会長という方がいます。

赴任当時、教会の食口は約50人だったそうですが、
食口たちを復興させるために、
天心苑の徹夜祈祷会への参加を呼びかけると、
最初の参加者は5人だったのに、
恵みを実感してどんどん参加人数が増えたそうです。

そして、1年後には礼拝参加者が200人になりました。

 
韓国では、伝道推進のため、米国で大陸会長を
務めていた龍鄭植氏が韓国に戻り、
教会長として出発しています。

それに伴い、アジア太平洋大陸1の
デミアン・ダンクリー大陸会長が米国の総会長を務め、
堀正一大陸会長がアジア太平洋大陸全体に
責任を持つことになりました。

 
日本では、5月26日の責任役員会で、
伝道推進のために教会中心の組織へと
改編を決定しました。

これまで地区会長や教区長を務めていた牧会者も、
一人の教会長として開拓精神をもって歩みます。

大教会長(教区本部が置かれていた教会の教会長)は、
他の教会長に指示する立場ではありません。
協力態勢の中心者であるという意識で歩んでください。

 
「一に伝道、二に伝道、三に伝道」です。

これからは伝道部長だけではなく、
牧会者、女性部長をはじめ全てのスタッフが
「私は伝道師である」という意識を持ってください。

お母様は、祈りと『原理講論』、
お父様の自叙伝とお母様の自叙伝、
この4つがあれば伝道は進むと語られました。

お母様は、ただ天だけを見詰めて伝道に向かった草創期のように、
何よりも伝道を優先させることを願われています。 

きょうから始まる「神統一世界安着のための2023
神日本210日伝道路程」に総力を挙げて臨み、
お母様の前に最高の実績を立ててご報告できるように、
この210日間に、2年分、3年分以上の
力を出して頑張ってまいりましょう!

一部省略、再編集 文責:ten1ko2


私は、一人の食口であり、伝道師である。
これは、肝に銘じなければならないと思います。
(日本人は「伝道師」と言われても、
わかるけどピンとこないし奮い立たないと思い、
タイトルは「宣教師」としました。)


位置があってもなくても、
また、仕事が忙しくてもそうでなくても、
もっと言えば、一世であろうが、二世であろうが、
全食口がすべきことが伝道です。

体制がそのようになりましたが、
問題は私の意識、行動が重要ですね。
天心苑で祈りを捧げながら、
伝道に邁進いきたいと思うのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする