2022年12月11日

「テロリストを成功者にしてはならない」 旧統一教会との最終戦争??? 《渡邊先生》




221211.jpg


今回は、国際勝共連合、渡邊芳雄副会長の
二つの動画を紹介します。

『テロと被害者救済法』
もう一つは、『志位氏、決着つける』です。


今回おすすめするのは、
国際勝共連合(IFVOC)街頭演説YouTube動画
「国際勝共連合 街頭演説『テロと被害者救済法』
2022年12月7日 東京駅」(19分17秒)である。

国際勝共連合の渡辺芳雄副会長は演説の中で、
2019年3月にニュージーランドの
クライストチャーチで起きた約40人が殺害されるという
乱射事件を例に挙げ、
ニュージーランドのアンダーソン首相が議会で
「私は二度とテロリストの名前を言わない」
と繰り返したことに言及。

それは「テロリストを成功者にしてはならない」
という考え方からだと訴えた。

渡辺芳雄氏は、当社(光言社)のYouTubeチャンネル
「我々の視点」でも
シリーズ「救国救世の勝共運動」のナビゲーターを務めている。
こちらも併せてご覧いただきたい。

「アングル」のおすすめ動画はこちら。


国際勝共連合(IFVOC)街頭演説YouTube動画
「国際勝共連合 街頭演説『テロと被害者救済法』
2022年12月7日 東京駅」
弁士:渡邊芳雄


アングル〜情報戦に勝て。47
「テロリストを成功者にしてはならない」
https://www.kogensha.jp/news_app/detail.php?id=17727
blessed lifeより


もう一つの動画も下に添付します。


「救国救世の勝共運動」第1回は、
「志位氏『決着つける』」をテーマにお話しします。

「サンデー毎日」(2022年11月6日号)に
日本共産党の志位和夫委員長とジャーナリスト・
田原総一郎氏との対談が掲載されています。

その中で、田原氏の「共産党からすれば
統一教会との最終戦争だ」との問いかけに、
志位委員長は
「長い闘いだった。
……今後は決着つけるまでとことんやりますよ」
と答えています。

志位委員長も自身のツイッターで
「サンデー毎日」の記事を一部引用し、
配信しています。

YouTubeチャンネル「旧統一教会報道に対する
我々の視点」の新シリーズとして、
渡辺芳雄・国際勝共連合副会長による
「救国救世の勝共運動」が始まります。

第1回では、勝共連合VS.日本共産党の背景とともに、
同記事における志位委員長の発言の誤りを正します。



救国救世の勝共運動@
渡辺芳雄
YouTubeチャンネル
「旧統一教会報道に対する我々の視点」


尊敬してやまない渡邊先生。

先生には失礼かもしれませんが、
新潟訛りで、とてもソフトに語り掛られます。
私たちの間にも多くのファンがおられます。

それでいて、とても歯切れのよい切り口で
政局に対して、また今回の事件に対して、
とてもわかりやすく、明快に語られます。

勝共運動に対して、長い間携わってこられ、
街頭遊説においては、
夏の暑いときも、冬の寒いときも、
スーツで語っておられます。

実は、今回の事件の影響で
しばらく街頭遊説をしていませんでしたが、
約4か月ぶりに再出発されました。

安部元首相のように、銃弾に打たれる覚悟で
立たれているそうです。
ぜひ、ご覧になってください。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 勝共理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック