2022年12月30日

人生初、TMに淹れたコーヒーに、「とてもおいしい!」 《真のお母様、感謝します》

*TMとはTrue Mother(真の母)の略



20170613_photoline_10.jpg


「真のお母様、感謝します」より
今回は、フィリピン在住の日本人(会長夫人)の証しです。

花のつぼみが
ふわーっと開いたような微笑み

2017年6月13日、タイの首都バンコクに
真のお母様(韓鶴子総裁)をお迎えして、統一運動の
「アジア・太平洋 世界平和青年学生連合創設大会」
が開催されました。

この大会の勝利のために、アジア圏にお嫁に行った
日本人姉妹が現地でお手伝いをすることになり、
フィリピンに嫁いで19年になる私も駆けつけました。

今回、特にタイの若いメンバーは、
お母様と初めての出会いを果たしました。

祝勝会でお母様は、
「私が真の父母です」と宣言されました。
本当に歴史的な瞬間でした。


フィリピンでは、2004、5、6年と3年続けて、
真の父母様と真の子女様をお迎えしたことがありました。

そのときの私は一日中、アイロン掛けする係として
部屋で待機していましたが、
今回(2017年タイで)はお母様に
コーヒーをお入れする担当となったのです。

タイに到着されて間もなく、
お母様に最初のコーヒーを準備しました。

お飲みになったお母様は、
「とてもおいしい!」とおっしゃったそうです。

それを他のかたから聞いたのですが、
スタッフのかたが、私を安心させるために
言ってくれたのだろうと思っていました。

ところが、側近のかたから、
本当にお母様がそうおっしゃったと伺い、
お母様から頂いた言葉だと
素直に受け止めるべきだったと、
申し訳なく思いました。


お母様がほほ笑みながらお通りになると、
そこにふわーっと花のつぼみが柔らかく開くような
雰囲気を感じました。

大変失礼な表現かもしれませんが、
お母様は朗らかで気さく、
時に“肝っ玉母さん”のようでした。

同時に、とてもこまやかに
周りのスタッフを気遣われるお姿も拝見しました。

世界74億の人類を救うお母様に、
私も寄り添っていけるように、
フィリピンのナショナルリーダーの夫と共に
邁進したいと決意を新たにしました。


【お父様がお母様について語られたみ言】

顔が美人だからといって
素晴らしいのではありません。
心が美しいので、顔が美しいのです。
心が美しいので、
声も美しく、姿も優雅なのです。

壇上でも、とても自然です。
壇上で初めて歌を歌った時は
いつかというと、16歳の時です。

……先生がいようと誰がいようと、
壇上に上がっていけば
チャンピオンのように
堂々としていたのです。

(『真の御父母様の生涯路程』I 53ページ)

光言社刊「真のお母様、感謝します」より
花のつぼみがふわーっと開いたような微笑み
マリクデム・片山 紋子(3万双)
(blessed life)


世界中の至る所に日本人の信徒がおられ
活躍されていることを、本当に
素晴らしいと思います。

お母様にお出ししたコーヒーを
おいしいと言っていただけるとは、
すごいことです。

そのコーヒーでお母様を癒して
差し上げることができた・・・
ずっと生涯、思い出しては
心がほっこりすることでしょう。

「花のつぼみがふわーっと開いたような微笑み」
というのは、何とも素敵な表現ですね。

お母様の真の愛が
まさに、笑顔という形に表れた言葉のようです。

お母様の立ち居振る舞いが、
まさに、真の愛がにじみ出ている
そのように感じます。

私たちも心を聖く、美しくして、
自然に愛を表していく。。。
そんな者になっていきたいと思うのです。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック