2023年05月12日

「私はイライラしています」 客観的に見つめて、自らを実況中継してみると 《自己牧会プログラム》



230512-2023.0507.jpg


自己牧会プログラム。
今回は、「私はイライラしている」です。

(女性 20代)

病院で介護の仕事をしています。
勤務時間が不規則で、日勤もあれば
夜勤もあり、夕勤もあります。
これがいろいろなリズムでやってきます。

夜勤は日勤の倍、神経や労力を使うので、
日勤では何も心に引っかからないことも、
夜勤のときはイライラしてしまうことが多くあります。

自己牧会プログラムを始めてからは、
思いどおりにならない患者さんに光を送って、
その人のために祈る努力をするようになりました。


私が特に囚(とら)われるのは、
私がしてあげようと思っていたのに、その前に
「やってほしい」と患者さんに言われることです。

「今やろうと思ってたんです!」と
言いたくなり、とてもイライラします。

「この患者さんとは、そりが合わないな…」
と感じる人はたいていそういう人で、
いつの間にか、「私がやろうとしているのに、
やってほしいと言って来る人」という先入観で、
その人を見ていることに気付きました。

その人の良心を心の目で見つめていくと、
その人には悪意がないということが分かります。

患者さんの良い面ではなく、
悪いところだけを見ていた自分に気付きます。

そして、この人はただそう言いたいだけだ、
こうやりたいだけだと感じ、そこに
引っかかるのは自分のこだわりだったのだと気が付くのです。


このような努力を続けていると、
仕事に追われている時、ふと
「イライラしているよね」と
自覚を取り戻す言葉が浮かんでくるようになりました。

そして、「笑顔だよ、笑顔」とか、
「よろしくね、夜勤、頑張ろうね」など、
良心からの言葉を感じ取ることが
できるようになってきたのです。

自分の思考に囚われて見た世界と違う、
神様の愛がそこかしこにある
世界の存在に気付き始めています。

私の心の中にいる神様 172
私はイライラしている
(Blessed Lifeより)
わかりやすく読んでいただくため、
行区切りや段落等の区切りを再編集しました
さらに括弧書きで注釈を加えたり、
プライバシーに関わる部分は省略等することがあります
文責:ten1ko2


看護師さんは本当に大変な仕事だと思います。

夜勤の時に、イライラするのも、
何となく、わかるような気もします。

患者さんも体が痛くて、精神的余裕がなく
いろいろ要求するのも、愛されたい、という
表現の一つなのかもしれません。

そういう人間同士、自分の思いに
とらわれてばかりでは、
確かにイライラが募るばかりですね。

そういう時こそ、良心の声を聞いてみる。
日ごろから、ちょっとしたことでも、
そのように心掛けていきたいと思うのです。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 07:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック