2023年10月20日

解散に価するのか?! 人のため、国、世界のために生きる家庭連合信徒 《田中会長》



230202.jpg


田中会長のメッセージ
今回は、『「神霊と真理」の結実体を目指して』です。


「神は、堕落によって無知に陥った人間を、
神霊と真理とにより、心霊と知能とを
共に開発せしめることによって、
創造本然の人間に復帰していく摂理をされるのである」
(『原理講論』169ページ)

真のお父様が聖和されて以降、真のお母様は
事あるごとに、神霊と真理に満ちた
草創期の教会に立ち返ることを強調してこられました。

私たちは、真の父母様が強調される
「神霊と真理」という言葉をどのように理解し、
どのように向き合ってきたのでしょうか。

草創期の教会にはあって、今の教会には
失われてきているものとは、何なのでしょうか?

神霊との共鳴

『原理講論』には、「神霊は無形世界に関する事実が、
霊的五官によって霊人体に霊的に認識されてのち、
これが再び肉的五官に共鳴して、生理的に認識される」
(168ページ)とあります。

これは、本来、人間は霊人体と肉身の相互作用を通して、
霊界の事実を生理的に認識できるということです。

そのためには、まず霊的五官の感性が
磨かれなければならないということになります。

永生の世界である霊界の核心価値は
「真の愛」であることを、私たちは学び続けてきました。

霊界は愛を呼吸して生きる所です。

すなわち、霊的五官の成長とは、愛を生命とし、
愛に共鳴し、愛の喜びを感受できる力の成長です。

真のお父様のみ言に、
「神霊とは何ですか。
 一時的、配分的な霊力や霊的作用のことを
 いうのではありません。
 真の愛を中心として霊界と人間世界が調和し、
 共鳴することができる神様の愛の力です」

(天一国経典『天聖経』792ページ)とあります。

霊界と人間世界、霊人体と肉身とを共鳴させる
最も大きな力が神霊、つまり
神様の愛の力であるということです。

その神様の愛に共鳴できる心霊と知能の成長が、
私たちの地上生活の大きな目的の一つです。

生心が求める「ために生きる」生活

一方、『原理講論』に、
「真理は、有形世界から、直接、
人間の生理的な感覚器官を通して認識される」

(168ページ)とあり、

「生心の要求するものが何であるかを
 教えてくれるのが真理である

(86ページ)ともあります。

また、「生心というのは、神が臨在される霊人体の中心部分」
(同)であるとされています。

私たち人間は肉身生活において、自身の霊人体の
中心部分であり、本来、神様が臨在される
生心が要求する生活を通してこそ、
真理の実体に至ることができるということになります。


生心の要求する生活、それがすなわち
真の父母様が生涯を通して教えてくださった
「ために生きる」生活です。

他者のため、国のため、世界のために生きる生活は、
正に真理に至る道であり、自分自身の生心が納得し、
自分自身が真理の実体に至る道のりでもあります。

イエス様は、み言自体を真理とは言わず、
ご自身がすなわち道であり、真理であり、
命であると言われました(ヨハネ一四・6)


真理は、単なる言葉ではなく、
実体として結実しなければなりません。

神霊と真理は、私たちが「ために生きる」
実践生活を通して愛の感性を育み、
神様の愛の力と共鳴して初めて、
自分自身の中に着地すると言えます。

私たち自身が神霊と真理の実体と
ならなければならないということです。
堕落した人間にとって、それは簡単なことではありません。


だからこそ、救援摂理の中で、神様は
人間の心霊と知能の成長に応じて、
内外の無知を克服し、神霊と真理を
追い求めるよう促してこられました。

すでに私たちは、神霊と真理の実体であられる
真の父母様をお迎えしています。

そして真のお父様は霊界から、
真のお母様は地上で実体聖霊として、
私たちを導いてくださるという奇跡の時代を生きています。

「み言の目的は実体であり、
 実体の目的は心情である」

(『御旨の道』282ページ)とあるように、

神霊と真理が私自身に着地するその核心部分は、
心情以外にありません。

真理に基づいた地上生活を通して四大心情、
四大愛の体恤を目指し、その成長過程において、
神霊を感知できる共鳴圏を築いていくことができるのです。


今、真のお母様は天心苑祈祷を強調されます。

祈祷は、捧げることそれ自体ではなく、
天の父母様(神様)の心情、真の父母様の心情を、
幼子のようになって必死に求め、
天心との共鳴圏を築くところに意味があります。

そのようにして啓発された心情が、
私たちの信仰生活を、神霊と真理の実体に
ふさわしい生活へと導いてくれるのです。

神霊と真理は観念の言葉ではありません。
「私」の生活の中で体感し、結実させるものなのです。

https://familyforum.jp/2023101148856
世界家庭 2023年8月(天暦6月)号
再編集 文責:ten1ko2


今こそ、天心苑祈禱を中心として、
私自身の心霊を高める時なのだと思います。

神霊を高める最も重要な場所が
天心苑祈禱室であるといえるでしょう。

実際に、清平での天心苑祈禱会を
行っている方たちにおいては、
啓示というか、霊界からのメッセージを
もらっている方もいます。

危機的状況の中ではありますが、
神霊に満ちた私たちとなるべく、
今こそ、天心苑祈禱を最重要視していく時であると思います。

継続して投稿していきますので、
今後ともよろしくお願いいたします。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

posted by ten1ko2 at 09:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
敵を愛し、為に生きる生活を通して神様を敬い、理想の家庭を築く努力をしながら世界平和実現に惜しみもなく貢献しようとしている団体に解散請求?
摩訶不思議ですね。解散請求をしている所は悪の組織ですか?
Posted by John at 2023年10月21日 07:59
Johnさん
ありがとうございます。

>解散請求をしている所は悪の組織ですか?

どうなんでしょう。
解散請求をしているところは、文科省ですので。。。
Posted by ten1ko2 at 2023年10月21日 10:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック