2023年12月29日

揺りかごから墓場まで、私たちは何のために生きている?! 《旧統一教会の教義のぞき見*入山副局長》



231229.JPG


入山副局長の『幸福な人生には原則があった』
今回は、『人間の行く道』です。

第2講座 創造原理と人生の目的
人間の行く道

人生行路をたどってみましょう。

第一に、胎中生活は地上生活の準備期間です。

人間が誕生する前には十月十日(とつきとおか)といわれる
胎中期間があります。

胎中では使わない目や肺や手足ができていきます。
それは、次の地上生活を想定して、
前もって準備しているのです。

 
第二に、独身時代は結婚生活の準備期間です。

神の似姿になるには結婚しなければなりません。
ですから、結婚することは、生まれること、
死ぬことと同じくらいに、人生の大切な通過点なのです。

結婚までに人を愛せる愛の人格を準備しなければ、
家庭で「愛せない」苦しみを味わうことになります。

それで、結婚までに兄弟姉妹の関係、
友人関係、親子関係を通じて
人を愛する訓練をする必要があるのです。

 
第三に、結婚生活、家庭生活、および
社会生活は、霊界生活の準備期間です。

霊界における天国は、愛を呼吸して
生活する世界であり、人間が
神の似姿として暮らす世界です。

ですから夫婦は、一年や二年で「合わない」
と言って離婚してしまうのではなく、
生涯を懸けて一つになる努力をし、
子供、孫まで三代に
愛の実績を残していかなければなりません。

そうしてこそ、理想の夫婦となって
霊界で共に幸福に暮らせるようになるのです。

入山 聖基・著(光言社・
『幸福な人生には原則があった』より)
Blessed Life
再編集 文責:ten1ko2


揺りかごから墓場までといいますが、
私たちの人生には前後があります。
揺りかごの前と墓場の後があるわけです。

生まれるための準備に胎中での生活が
あったように、
今の人生は、実はすべてが
霊界での人生につながっています。

『地上生活は霊界生活の準備期間である』
この言葉は、常に意識していかないとですよね。。。

理不尽なこと、感謝できないようなことが起きる時ほど、
「徳積み」の心構えが必要だと思います。

外的な結果を求めるよりも、
人格の成長のため、と思って、
日々の信仰生活を送っていきたいです。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

この記事へのコメント
本当にこの教えをみんなが知って守り、実践すれば地上天国は実現すると思います。

キリスト教がイエス様を殺したのはユダヤ人だと批判すれば、ユダヤ教は反発する様に、統一教会がキリストは失敗したなどと言ったらキリスト教は反発します。
イエス様は決して失敗はしていません。
人類の父母になる前に霊界に行かれてしまわれただけです。

宗教人はお互いを批判するのではなく、お互いの素晴らしい所を認めて、手を取り合って世界平和を目指したら必ず実現出来ます。
Posted by John at 2023年12月29日 20:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック