2024年01月02日

講師ではなく、「統一原理」が鮮明に残る講義を! 原理の中に主の姿 《名講師・佐野邦雄》



190610.jpg


統一原理は私の生涯の記録でもあります。
それは、私自身の生活体験です。
この統一原理は私の中にあり、
私は統一原理の中にいます。


文鮮明



天一国特別巡回師となられた佐野邦雄先生の
証しを交えたお話、
「統一原理学習のポイント」の前編をお送りします。

統一原理が人類にもたらしたもの

『原理講論』の総序で述べられているように、
人類が長い歴史を通して苦悶(くもん)してきた
人間と宇宙の全ての疑問に、
統一原理は解答を与えてくれました。

個人の人生観と価値観に始まり、
歴史に登場した多くの思想・哲学・
宗教・科学が探し求めた究極の真理を解明して、
「統一原理」として人類に提示したのです。

その核心的内容が、人間と宇宙を創造された
「神の実在」を明らかにしただけでなく、
人類史上初めて、その神が「いかなるかたであるか
という実相」を解明することによって、
この広大な宇宙森羅万象と人間がどのように
創造され、存在し、発展し、そして完成するか
という究極の原理を明らかにしたことにあります。

旧約聖書の箴言1章7節に、
知恵の王ソロモンの言葉として
「主を恐れることは知識のはじめである」
とあります。

これは人生の教訓でありますが、神を知ってこそ、
人としての生き方や生活の知恵、
またそのために宗教や科学が探し求めてきた
内外の真理、つまり人間と宇宙に関する
知識に出合うことができることを述べており、
正しく統一原理の教えと軌を一にするものと思います。

佐野巡回師の原理講師としての証し

数多くの素晴らしい原理講師がおられる中にあって、
その一翼を担うことができることを、
心から感謝しております。

1965年に統一原理を最初に紹介してくださった
信仰の親から、毎日通教しながら講義を受けました。

未熟な倉山での「特別修練会」、
厚木での「百日修練会」など、
学びを重ねるごとに原理に対する確信が深まり、
その後1974年から本部教育部の原理講師を拝命し、
守山、宮崎台、そして千葉中央修練所にて、
百日修、21日修、40日修を400回以上担当しました。

講義を学び受講生たちがよみがえっていく姿を見ながら、
改めて神が実在されることを確信し、
統一原理の偉大さを実感させられました。

1990年代からは全国各地で伝道・教育・
祝福の前線を歩んできましたが、
いつどこにあっても統一原理が絶対的アベルであって、
どんな環境にあっても不動の信仰の柱として
導いてくださったことに何より感謝しています。


人間や組織や方法は変わっても、
絶対に変わることのない統一原理に
絶えず尋ねることができることは、
どれほど心強いことでしょうか。

原理講義をするに当たって、受講者の心霊に響く
確信に満ちた表現力が大切であることは
言うまでもありませんが、
最も重要なことは、講義内容の正確さです。

統一原理は、神様もその原則に従って
天地を創造なさり、復帰摂理を立ててこられましたし、
真の父母様もその原則を歩まれ、サタンを屈服し、
蕩減復帰摂理歴史を完結されたのです。

故に真の父母様は、
「統一原理は私の生涯の記録でもあります。
それは、私自身の生活体験です。
この統一原理は私の中にあり、
私は統一原理の中にいます」と言われるのです。

1991年、全祝福家庭が氏族メシヤ活動に出発し、
1994年から「世界平和統一家庭連合」時代を迎える時、
真の父母様から『原理講論』に赤線・青線・黄線の
三色付けをするように指示がありました。

この作業に私も加わったのですが、
これも統一原理の一言一句を尊重し、
正確に理解させようとする天の計らいでありました。

講義をする時、語った講師の姿が残るのではなく、
「統一原理」が鮮明に残らなければならない
といわれるのも、これと同じ意味であると思います。

統一原理学習のポイント(前)
統一原理を学ぶ意義と佐野邦雄
・天一国特別巡回師の証し
https://www.kogensha.jp/news_app/detail.php?id=22565
再編集 文責:ten1ko2



真のお父様が命懸けで解明された統一原理。
それを体系化されたのが、劉孝元先生でした。

そして、先生の遺志を受け継がれたのが、
サモニムである史吉子先生であり、
日本においては佐野先生だと思います。

原理講論を三色刷りに分けられるのも、
決して簡単なことではなかったでしょう。。。

その精誠は『語った講師の姿が残るのではなく、
「統一原理」が鮮明に残らなければならない』
というお父様のみ言に象徴されているのが、
佐野先生であると思うのです。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

この記事へのコメント
統一原理がお父様の中にあるならば、お母様の中にも統一原理がある。
御父母様と一体化出来る様に、何度も統一原理を学び直そうと思う。
Posted by ポー at 2024年01月03日 15:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック