2024年05月03日

なぜ左翼は、統一教会を叩くのか?! 知ればニュースが面白くなる──「右翼≠偏狭的ナショナリズム」、右翼と極右と本当の保守 《5分で勝共》



240503.jpg


ほぼ5分で読める勝共理論 の3回目、
「『右翼』って何?」です。

本来の意味とはちょっと違う意味で使われるという
日本の「右翼」と「左翼」という言葉ですが──


前回は「保守」と「革新」について説明しました。

保守は「古くからの伝統や文化を守ろう」
という考え方、革新は
「新しくしよう」という考え方です。

そして本来は、「保守=右翼」
「革新=左翼」ということになります。

ところが、今の日本では、
「右翼」と「左翼」という言葉が、
ちょっと違う意味合いで使われることが多いのです。

歴史から何を学ぶのか

最近の日本の歴史で大きな出来事といえば、
やはり第2次世界大戦です。

皆さんも中学校や高校などで、
「日本は戦争で大変な過ちを犯したんだ〜」
ということを繰り返し教わったかもしれません。

社会の先生が授業中に随分とそういう話をする、
という話を耳にすることがあります。

でもちょっと考えてみてください。
日本の社会の在り方は戦争の前と後とで
全くといっていいほど大きく変わりました。

今の日本では、どうやっても戦争はできません。

若い世代の皆さんが歴史を学ぶとき、
戦争について知ることは大切なのですが、
それ以上に、日本が戦後の難しい時代を
どう乗り越えてきたかについてこそ
学んでほしいと思います。

日本は、戦後の焼け野原の中から
奇跡の復興を果たしました。

今や経済規模は名目GDP(国内総生産)で世界第3位です。
そして世界中で復興や開発などの手助けをしています。

この背後には並々ならぬ努力がありました。
その努力こそ学ぶ価値があるのではないか、
ということです。

変わる「右翼」の意味

「保守=右翼」という言葉には、
「古くからの伝統や文化を大切にする」
という意味があります。

日本の歴史の中で、戦争を過剰に意識する人たちにとっては、
「右翼=戦争の時代が良かったと考える人たち」
というイメージになってしまっています。

つまり「右翼」という言葉は、
「あいつらは軍国主義者だ」
「戦争をしたがっているんだ」という意味で、
批判や軽蔑のために使われるようになったわけです。

「極端な右翼」という意味で、
「極右」という言葉が使われることもあります。

本来の意味から離れて使われている「右翼」という言葉

「ネトウヨ」という言葉があります。
この言葉には「外国人を差別する人」
という意味合いがあります。

いわゆる「偏狭的ナショナリズム」というものです。
インターネットを見ると、
確かにそういう発言が多いのも事実です。

しかしよく考えてみてください。

日本は古くから外国人を
差別してきたわけではありません。

飛鳥時代の頃には、すでに朝鮮半島の人々と
深く交流していました。
また鎖国をしていた江戸時代ですら、
実際には多くの国と交流をしていました。

ですから「右翼=偏狭的ナショナリズム」
というのは、実は違うのです。

古くからの日本の伝統を大切にするからといって、
他国の人を差別するということではないわけです。

「真正保守」って何?

今回の結論です。

保守を批判する人たち、つまり左翼の人たちが、
保守的なことを言う人に対して、
すぐに「軍国主義者だ」とか「極右だ」
と決め付けるのは、これは間違いです。

そう言ってしまうと、どうしたら社会が
本当によくできるのか、という話し合いが冷静にできません。

ところがこれは本当に残念なことなのですが、
テレビにもそういう人たちがたくさん登場します。

これはメディアの中に、左翼的な考えを
持つ人がたくさんいるからなのです。


また反対に、「自分は保守だ」と言って、
他国の人を差別してもいいということには決してなりません。

自分の国の歴史や伝統を本当に大切にする思いがあれば、
他の国の歴史や伝統もきっと尊重するはずです。

そういう意味で、自分はナショナリズムではなく、
本当の意味での保守なんだと言うときに、
「真正保守」という言葉を使うこともあります。


以上の話を理解できれば、あるニュースを見た時に、
「あ、この人は本当の保守なんだな」とか、
「この人は保守の人を一方的な決めつけで批判しているな」
とか、「この人の考えは本当の保守ではなくて
ナショナリズムなんだな」
ということが区別できると思います。

それだけでもニュースがかなり面白くなるはずです。

ほぼ5分で読める勝共理論 3
「右翼」って何?
(Blessed Lifeより)
再編集 文責:ten1ko2


右翼と左翼について、
とてもわかりやすく説明されていますね。

私たち家庭連合の信者は、その多くが
保守を標榜しておりますが、
自民党からは排除されている状況です。

実際、今、自民党は腐敗しつつあるような
嘆かわしい事態に陥っています。

まさに「真正保守」が現れる時を
迎えているのではないでしょうか。

今日は憲法記念日です。
この日を期して、全国の信徒たちが
一斉行動を行っています。

私も家庭連合に対して
「基本的人権、信教の自由」を守ってほしい、
そんな思いを持って、駅頭で訴えてまいります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

posted by ten1ko2 at 10:15 | Comment(6) | TrackBack(0) | 勝共理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分の理解ですが、
右翼=愛国者

左翼=共産主義者

ネトウヨ=ネットの中だけの右翼

ネットの中で朝鮮人と日本人が罵り合うのは、日本と韓国が仲良くなって欲しくない勢力の自作自演ですね。

現実世界ではお互いが尊重しあってます。ごく稀にネットや反日教育に毒されていがみ合う人達もいますが。
Posted by ニオ at 2024年05月03日 11:40
真の愛国者は他国を自分の国以上に愛する。
何故ならその事によって自国が尊敬を勝ち得、それ以上に愛されるからであり、

決して他国を侮蔑しない。
何故らならその事によって自国が軽蔑されそれ以上に侮蔑されるからである。
Posted by 忠君愛国 at 2024年05月05日 18:42
もし天皇を中心として、そこに右翼が一つになれば、日本は神道が中心となっていくようになります。しかし、神道とキリスト教は歴史的に反対になっています。そのような立場から考えてみる時、日本の復帰摂理を急がなければなりません。ですから、日本作戦において、先生は、今までそのような背後の関係を一括のして考え、指導してきました。日本は、必ずこのような過程を通過して、このような時代に終われ、このような政策的な方針を進めさせていくでしょう。
(1971-1-30『神様の摂理と日本』)

世界最高の知性人を、日本を中心として結ぶのです。日本において、左翼と右翼がみな滅びるようになっています。
(環太平洋摂理)

靖国神社が何ですか?国家を休ませる、神社、神を祀る家だというのです。ヤスクニ、安い国!自分を中心とすれば、安い国にしかならないのです。靖国神社を崇拝したところで、神様は全部退治してしまうのです。韓国を靖国神社を中心として統一しようとしましたが、とんでもないことです。
『文鮮明先生み言葉選集』483巻


御言葉には、靖国神社を批判するものが多い。その弟子としての我々は、保守を分別する時、まず「靖国神社崇敬者かどうか?を見るべきだ。
それが御言葉を中心とした基準である。

次に「韓国に対してどう考えているか?」を見なければならない。

靖国神社を崇敬し、韓国に対立的であるなら、評価すべきではない。「真正保守」という言葉を使う人たちは、たいていは靖国崇敬の人である。

全て御言葉を中心に物事を判断すべきだ。
Posted by 世界日報の記事を検証する会 at 2024年05月13日 22:30
「國神社は、明治2年(1869)6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた招魂社しょうこんしゃがはじまりです。
明治7年(1874)1月27日、明治天皇が初めて招魂社しょうこんしゃに御親拝の折にお詠みになられた「我國の為をつくせる人々の名もむさし野にとむる玉かき」の御製からも知ることができるように、国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊みたまを慰め、その事績を永く後世に伝えることを目的に創建された神社です。

明治天皇は明治2年6月、国家のために一命を捧げられたこれらの人々の名を後世に伝え、その御霊を慰めるために、東京九段のこの地に「招魂社しょうこんしゃ」を創建されたのです。
この招魂社が今日の國神社の前身で、明治12年(1879)6月4日には社号が「國神社」と改められ別格官幣社に列せられました。
明治天皇が命名された「國」という社号は、「国を靖(安)んずる」という意味で、國神社には「祖国を平安にする」「平和な国家を建設する」という願いが込められています。」


お父様のみことばを使って日本を貶めようとする人達に注意!
Posted by 靖国神社崇拝者 at 2024年05月18日 06:41
お父様に質問です。
国を愛する時、その国の為に命を捧げて死んでいった人達を尊敬して何が悪いんですか?
どうか教えていただきたい。
私はその人達に感謝し、尊敬し、自分の記憶の中に留めておきたい。
Posted by 靖国神社崇拝者 at 2024年05月18日 06:51
お父様に質問です。
国を愛する時、その国の為に命を捧げて死んでいった人達を尊敬して何が悪いんですか?
どうか教えていただきたい。
私はその人達に感謝し、尊敬し、自分の記憶の中に留めておきたい。
Posted by 靖國神社崇拝者 at 2024年05月18日 06:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック