2024年04月13日

いつかは、誰もが霊界に行かなければならない 解説も、検証もし尽くせない神 《李相軒先生の霊界メッセージ》



240413-2024.04.jpg


李相軒(イ・サンホン)先生
霊界メッセージ。
今回は、「遍在される全知全能なる神様」です。

遍在される全知全能なる神様

いくら人間の知性が発達して科学や文明が進歩しても、
神様は決して人間の研究対象にはなりえません。

それは天地万物の創造主が神様であり、
すべての科学や宗教や哲学の主人は神様であるからです。
そんな人間が、どうやって
神様を研究したり分析したりできるでしょうか。

私は粛然とした謙虚な姿勢で、
「神様、私はもう降参です!」と告白したいのです。
これが最も賢明な判断だと思います。
これは私の率直な告白でもあります。

心をどんなに無にしてみても、
私の心の片隅に消えずに残っているものがありました。
それがほかでもない神様の存在でした。

私は、そんな神様の姿を
完全に明らかにしてみたかったのです。


しかし、ここ霊界に来て、神様の姿を
様々な次元から見つめてみたところ、
それが難しいということをさらに悟るようになりました。

神様の姿は様々で、多様に、膨大に現れるため、
神様の分析をどこから始めたら正しく究明できるのか、
その方法自体が全く思い浮かびません。

実際、人間の理性をもってしては
究明できないお方が神様なのです。

それゆえ、私は率直に告白します。
「おお、我が神よ、あなたはやはり創造主であり、
唯一無二なる神様であられます!
そしてあなたは人間の分析の対象では決してありません」。

私はこのように確固として動かぬ結論を下しました。


そして私は、今や心に訳もなく湧いてくる
神様に関するすべての疑問を完全に捨てることに決めました。

それは一種の時間の浪費にすぎないし、
また一方では、神様の前に大変な親不孝になると思います。

「私は唯一無二なる天の父母の子女である」
と確信を持って言えるならば、
それこそ私の最大の幸福であり、私は
その事実に対して心の底から感謝するばかりです。

私たちはみな「神様の真の子女」
であることを誇るべきです。

そして、誰かが神様の前に何らかの形容詞をつけて
神様を説明しようものなら、その者は
自分の無知さを自ら立証する結果を招くことになるのです。


最先端の科学と文明の前でも、私ははっきりと明言できます。
人間は自らの知性や知恵、その偉大な業績や学問、
文化などといったものを神様の前に
少しも誇ってはならないのです。

もしも自慢する者があれば、親なる神様は
彼を上から見下ろしてにっこりと笑い、
「苦労しているね。私が助けてあげよう」
と言いながら、かえって慰めてくださることでしょう。


私たちは神様の前に、自らの心も体も
すべて無にしなければなりません。

親なる神様の前に丁重にひざまずき、
私たち人間の驕慢(きょうまん)性に対して
手を合わせて謝罪すべきです。

「神様! 私はここにいます。
私の行く道を導いてください。
私の人生のすべてを神様にゆだねて正しい道を歩みます。
神様の子女として私を受け入れてください」と言いながら、
天の父母に率直に懇願しなければなりません。


いつかは、誰もが例外なく
この霊界に来なければならないのです。

こちらで神様の前に常に堂々たる姿で生活できる、
真の子女の位相を身につけたかどうかを
毎日毎日点検していきましょう。

地上生活に終わりを告げる道は、
人生のたそがれに迎えるものとは限りません。
皆さんが全く予期も準備もしないうちに、
こちらに突然来るという場合もあるのです。

ここを避けて通れる人は一人もいません。
天理原則をどうして避けていくことができるでしょうか。

若い全盛期の人生を好き勝手に生きながら、
人生のたそがれを迎えてから霊界の生活を
準備すればよい、と考えてはいけません。

私たちの父母である神様は、自らの子女を迎えるとき、
必ずしもその人のたそがれの時期に
召していかれるとは限らないのです。


もしも父母を迎えたならば、すぐさま
父母にお仕えすることが私たち子女の道理であり、
規範ではないでしょうか。

私たちはみな、神様が自らの父母であることを
誇りに思い、これからは私たちの父母なる神様が
少しも孤独を感じることがないようにお仕えしましょう!

私たちは「原理」を通して復帰原理を学んだはずです。
私たちは、それを私たちの現実生活に適用して
真の父母様に侍(はべ)り、常に喜びながら
幸福な生を営んでいけるように精進していきましょう。

(1999年11月29日)

李相軒(1914〜1997)(光言社刊
『霊界の実相と地上生活』【霊界の様相編】より)
第二部 天上天下の救世主・真の父母
第一章 神様の実存
三 遍在される全知全能なる神様
霊界の実相と地上生活(39)
遍在される全知全能なる神様
Blessed Lifeより

再編集 文責:ten1ko2


李相軒先生が神様を証ししたい思い、
神様に感謝する心情が十分に伝わってきますね。

愛の根であり、私たちの父母である神様。。。
あなたの存在に感謝して、
今日も一日過ごしていきたいと思います。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 


posted by ten1ko2 at 08:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月05日

あなたがいるから完璧になれる 天国にいる妻と夫婦の合作とは!?夫婦合同の人生



210802-2020.7.05.jpg


私が愛読しているブログのひとつに
「まるくまーる(旧・教育部長の講義日記)」
があります。

ブログ主さんとは、一度も直接
お会いしたことがないのですが、
ブログを通じて、交流をしたこともありますし、
とても尊敬している方でもあります。

先日、とても印象に残る記事がありましたので、
少し紹介させていただきます。
http://kitasendo.blog12.fc2.com/blog-entry-3418.html


ブログ主さんが公務をされている時、
職場(教会)からご自宅まで、
車を走らせていた時に思ったことを、
ブログにしたためました。

途中で文章が止まり、「何でこんなこと書いているんだろう?」
パソコンを閉じて、そのまま床に就くと、
聖和された奥様が夢に現れたそうです。

夢の中での会話です。


妻)「この20数年間、あなたが自分で考へたり
閃いたりしたやうに思つてきたことの大半は、
私がこちら(あの世)に来てから分かるやうになつたことよ。

私が悟つたことをあなたに伝へる。
すると、そのアイデアがあなたの頭に浮かんで、
あなたが記事に書いたり、講義に取り入れたりしてくれたの」

夫)「えゝ! それぢやあ。
これまで書いてきた記事の大半は、
私が考へたんぢやなく、君が考へたことだつたのか!」

妻)「その通りよ」

夫)「私は自分で考へたのではなく、
君の考へを写し取つてゐただけなのか」

妻)「いゝえ。さうぢやない。
私はこちらで新しい智慧に目覚めていくけど、
その智慧には表現者が必要なの。

私にはそれが新しい智慧だといふことは分かるけど、
形が明確ぢやなく、整理されてない。

そのぼんやりした閃きを、私があなたに伝へる。
すると、あなたはそれを整理して、
きちんと理路整然とした形にしてくれる。

あなたの記事を見て、私も初めて
『あゝ、私はこんなことを悟つてゐたんだ』
と分かるの。

だから、あなたがゐないと、私の悟りは完全にならない。
あなたの記事は、私とあなたとの合作なのよ」



ブログ主さんは、文字にこだわりがあり、
「旧かな(歴史的かな遣い)」で表現されています。
とても、味わいのある文章ですよね。。。

夢の中での奥様との会話。
とても感動しました。

ブログ主さんの「まるくまーる」は、
霊界にいらっしゃる奥様との「合作」です。

奥様は、ご主人を心から愛しているので、
霊界から、様々な協助をしていると感じます。

相思相愛ですと、
霊界の働きは絶大なものになると思います。

お母様が指示される様々な内容も、
お父様の協助なくしては、なされないことばかりです。

天心苑徹夜精誠で成される奇跡や悟りも
ある意味では、真の父母様の愛の中で成される、
合作ではないか。。。そう思うのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

posted by ten1ko2 at 09:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月01日

ああ、かわいそうな神様! 地獄では、明るい光として現れることができない 《李相軒先生の霊界メッセージ》



240401-2024.0323.jpg


李相軒(イ・サンホン)先生の
霊界メッセージ。先回に引き続き、
今日は、「地獄」に現れる神様についてです。

階級別に現れる神様

下流層(下級霊界圏)

 神様の愛は、上流層、中流層、下流層のどこであろうとも等しく同一です。このように、子女を愛する神様の心情と愛が等しいにもかかわらず、私たちはともすると自分の判断で、罪悪の子女たちは関心外に置かれていると考えやすいのです。しかし多くの子女を持つ親に、ある子は愛し、ある子は見捨てるというようなことがあるでしょうか。人間の親の愛でさえそうであるならば、ましてや創造主たる神様が、人間を関心外の所に置いて見捨てておくということはありえません。

 次に、下流層に訪ねていかれる神様の姿を紹介しましょう。神様は上流層の子女たちはもちろん、中流層や下流層の子女たちとも一緒に最高の場で、そして神様の愛の懐の中で暮らすことを願っていらっしゃいますが、どこよりも神様を悲しませ胸を痛くさせるのは、下流層の子女たちです。神様の愛を全く認識することもできない無知なる子女たちに、神様は数え切れないほど愛のひもを投げ掛けましたが、彼らはその愛を少しも推し量ることができません。

 一言で表現すれば、ここは泥沼のような暗闇の世界です。地上で暴風雨が吹き荒れると雷が鳴り、稲妻が光り、どす黒い雲に覆われますが、まるでそれと同じ姿です。それにもかかわらず、そんな中を神様は訪ねていかれます。神様は愛の神様として、きらびやかな光彩で現れる方ですが、ここではそのようにできません。しかし神様は、御自身の姿がどんなにどす黒い雲に遮られても、ひたすら子女たちに会いたくてここを訪ねられるのです。

 なぜ神様は明るい光として現れることができないのでしょうか。神様は発光体そのものなのに、なぜその暗闇の中では現れることができないのでしょうか。それはあたかも愛する我が子の痛みを前にしながら、悲しんでいる親の姿とでも表現できるでしょうか。その状況を表現することはあまりにも難しいのです。

 では神様は、ここでは御自身の姿を全く現すことができないのでしょうか。もしもそうだとするならば、地獄を解放することは永遠に不可能になってしまいます。しかし、神様は闇に包まれて御自身の姿を現せない環境の中にあっても、稲妻、筋の光を発散しながら数限りなく哀哭(あいこく)することもあり、時には闇の中で一筋の虹として現れることもあります。

 また、このような状況下では極めてまれなケースですが、全く予期していなかった光がすべての民に発散されることがあります。その時、彼らは自らの悲惨な姿を発見し、明るい所に向かって押し寄せてきます。これは特別な天恵のケースです。しかし、この時、脱出口で引っ掛かると、彼らはやむを得ず、闇の中で途中下車するしかありません。

 この脱出口を通過する手順は大変難しいのです。地上のように誰かが、通過する手順に関して弁護したり、判決を下したりしてくれないからです。それはただ天地の法度に従うのみです。明るい光の出入り口で光を一番先に受けたからといって、その人が他の人よりも先に脱出できるというわけではありません。その通過手順を誰が定めているのか、私は全く知りません。しかし、根本的な道理はここでも適用されますから、彼らの生き方にこのような根本的な差が通用しているのではないでしょうか。私には、そのような説明しかできません。

 その光を通して脱出できた、子女の一人一人を見ようと待ち焦がれる神様のその姿は、あたかも暴風雨で苦しんだ蝶(ちょう)が、薄暗い光や濃い霧の中でちらちら見え隠れする姿と似ています。その姿は、焦燥と緊張の瞬間であるといえるでしょう。こんなにも哀れな方が私たちをつくられた創造主であり、私たちの神様なのです。私は、ここ下流層霊界圏に何度も訪ねていかれる神様の姿をはっきりと目撃しました。そして今もなお、その姿を真剣に見つめています。これが私たちの神様の姿なのです。そして、この姿こそまさしく私たちの真の父母様の姿にほかなりません。

 皆さんは地上で、そしてこの私は天上で、このような真の父母様の姿を見てきましたし、今でも見ています。私たちはみな、人類を救済するために常に緊張と焦燥の中で暮らしている神様と真の父母様の心情を、一瞬たりとも忘れてはなりません。薄暗い霧の中で黒いべールに遮られて現れることのできない神様のもの悲しい痛みを、皆さんは目撃しつつ、少なからず体験したはずです。これからは、皆さんが自らの心をいっぱいに広げて、神様と真の父母様の姿をきらびやかに現しうる真の子女の姿に変わることを切に願います。

 ああ、かわいそうな神様! あなたの恨(ハン)の心情、私たちの間を遮る黒いべールを、私たちが真の愛で溶かして取り除いてさしあげます!

(1999年11月28日)

李相軒(1914〜1997)(光言社刊
『霊界の実相と地上生活』【霊界の様相編】より)
第二部 天上天下の救世主・真の父母
第一章 神様の実存
二 階級別に現れる神様
霊界の実相と地上生活 38
下流層(下級霊界圏)

(Blessed Lifeより)
再編集 文責:ten1ko2


霊界は確実に存在します。
また、誰もが天国に行くことはできないのです。

その人が地上でどんな人生を送ったのか、
その実りが、霊界の位置を決めるのです。

もちろん、人生をどのように送るのか、
それは、その人自身の自由意志です。

しかし、その人を見つめる存在、
すなわち、親なる神様がいる、
そのことを知らないといけないでしょう。

地獄の人たちを見つめながら、また
私たちを見つめながらも、どんなに
もどかしく、辛い立場の、悲しい神様でしょうか

親は切実に子のことを願ってくださっていても、
どんな歩みをするのかは、子供自身にかかっています。

さらに言えば、霊界にいる父母、祖父母、先祖の皆様も
私たちを見つめておられることでしょう。

先祖も、もちろん善き人生を送ることができるように、
協助はしますけれど、
最終的には、私自身が善い実を結ぶために
善なる生き方をしなければなりません。

極論ですが、そのためにも、
神氏族メシヤの道を歩んでいきたい
そのように思うのです。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 


posted by ten1ko2 at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする