2023年08月15日

皆さん一人ひとりを記憶したい! 父母の夢と一つに 《中高生のためのWeb礼拝 本山局長B》



210821-20161204.jpg


本山局長のWeb礼拝
「真の父母様と成和学生をつなぐ夢」
最終回になります。

復帰歴史はこれからも長い期間続くでしょう。
世界の人々40億人類が、全部
み旨の中で一つになって、立ち返らなければ
復帰歴史は終わらないのです。

これは先生が始めたのですが、皆さんの
お父さんお母さんを中心として続いており、
皆さんの代にも
その歴史は続いていくでしょう。


真のお父様のみ言(1978年)
『真なる子女の道』p147


真剣な問答をされながらも、このみ言を語られた時の
真のご父母様と、成和学生たちとの様子は
非常に楽しそうでした。

このみ言の全文が、お父様のみ言選集には
掲載されているんですけれども、
そこには成和学生たちに向けて

「誰それは勉強ができるのか?」
「誰が歌が上手いんだ?」
「誰がこの中で一番ひょうきんものなんだい?」

こんな問いかけをしながら
成和学生のみんなと語り合うご父母様の姿がありました


そんな中でお父様に、お母様が
「誰々の家庭の子供は勉強ができるんですよ」
と、横から紹介したりしながら、
あたかも自分の子供であるかのように
自慢をする姿があります。

まさに一つの夢に向かって、同じ目的に向かって
歩んでいる親子の姿がそこには描かれています。


お父様が語りかけた内容は、厳しいもの
もしくは何か次元が高いもののように感じるかもしれません。

しかし同じ目的を持って、
そこに共に向かっていこうとする親子であるとするならば
その親の子供に対する期待は、
むしろ私たち子女にとって誇らしいものであり
それほどまでに子供に期待してくれている
親の気持ちが伝わってきます。

またまだまだ幼いと思っているかもしれませんけれども、
その中高生の子たちが夢に向かって
目的に向かって、勉強に励み
努力している姿は親を刺激するんです。


真のお母様は2017年のジャパン・トップガン・カレッジで
二世3世間の兄弟姉妹たちにこのように語りかけられました


私はあなたたち一人一人を
みな胸に記憶し
私が霊界に行くその日あなたたちと共に
成したという喜びを持っていきたいのです


「ジャパン・トップガン・カレッジ修了式」
真のお母様のみ言(2017年2月15日)


真の父母様は皆さんと共に神様の夢を成し遂げて
差し上げたいという心情を持つ親なんです。

神様を中心とした人類一家族世界という大きな夢、
この夢に向かっていくときに、真の父母様と私たちは
一つの目的を共に目指す親子として
その関係が深まっていくというんです。

さて皆さんがこんな大きな夢に向かって、
それぞれの個性や特技を生かしながら
人生を歩んでいこうと決意するならば
決して簡単なことばかりではないでしょう。

辛いことや、難しいこと、苦しいことや悲しいこと
たくさん起こりうると思います。

しかしそんな時忘れないでください。
同じ夢に向かって、真のご父母様は
皆さんと共にいてくださるんです。

成和学生の皆さんにとって
その真のご父母様の存在が
これから大きな力となることでしょう。

今日は「真の父母様と成和学生をつなぐ夢」
というテーマでお話しました。

成和学生の皆さんが、これからも
真の父母様との父子の因縁を深めながら
その大きな夢に向かって
成長していってくれることを期待しています。

今日の説教は以上で終わります。
ありがとうございました。

再編集 文責:ten1ko2


成和学生のメンバーに対して、
真の父母様は、本当に自分の子女である、
という意識をもって見つめ、
接していることを感じます。

親の心情、父母の心情は偉大です。
その愛の中に生かされていることが
どれだけみ旨の原動力になることでしょうか。

本山局長、貴重なみ言を紹介してくださり、
ありがとうございました。



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

2023年08月04日

将来、2世は、好きな道を行けるのですか? 続・45年前の中高生とアボジとの一問一答 《中高生のためのWeb礼拝 本山局長A》



230804.jpg


本山局長のWeb礼拝
「真の父母様と成和学生をつなぐ夢」
続きを紹介します。


さてもう一つ続いて質問が投げかけられます。

質問
『私たちが大きくなれば、将来することがたくさんあります。
私たちの将来に対して少しお話をしてください。

私たちが完全に大きくなってもこの世の人々が
復帰されていなければ、私たちの父母たちのように
私たちも公的路程を歩まなければならないのですか。

またその時になれば皆復帰されていて、
私たちは芸術活動とか、自分がしたい特技活動を
することができるのですか。
具体的なお話をしてください』

成和学生から真のお父様への質問
『真なる子女の道』p147

真のお父様によくこんな質問ができるなあ、
と思いながら、読んだことを思い起こします。

しかし、このことは、皆さんにとっても
関心のあることではないですか。
さて、お父様は、こんな世話学生の問いかけに
どう答えられたんでしょう。


復帰歴史がいつ終わるのかという問題は
単純な内容ではなく膨大な内容です。

復帰歴史はこれからも長い期間続くでしょう。
世界の人々40億人類が、全部
み旨の中で一つになって、立ち返らなければ
復帰歴史は終わらないのです。

ですから、復帰歴史は、今日、明日に
終わるものではありません。

これは先生が始めたのですが、皆さんの
お父さんお母さんを中心として続いており、
皆さんの代にも
その歴史は続いていくでしょう。


真のお父様のみ言
『真なる子女の道』p147


真の父母様が始められ
そして皆さんのお父さんお母さんが
共に歩んできたこの道は、まだまだ続くんだよ
と語りかけられながら、お父様は、そこに集まった
中高生たち、成和学生たちに期待を込めながら
このように続けて語りかけられます。

あなたたちによって、この期間を短縮することが
できるんだ、それは中高生である成和学生の皆さんを
子ども扱いするのではなく、ともに同じ目的を持った
同じ志を持った、同志のような気持ちで
お父様が期待を込めて、中高生のみんなに
語りかけていらっしゃるんです。

お父様の成和学生のみんなに語りかけたみ言を
改めて訓読します。


復帰歴史を短縮させることができたならば、
どのような世界になるでしょうか。

この世には平和が訪れ、愛の世界となり、
神様のみ旨が成し遂げられた世界となるのです。
人間が希望する、理想世界が実現するのです。

そして、戦いのない世界となり、
国境のない世界となり、
すべての偉業を相続する世界となるのです。
そのような世界を人類は追求してきたのです。

しかし、そのような世界が実現できなかったので、
必ずそのような世界を、
成し遂げなければなりません。

ですから、すべての問題を解決するために
皆さんはこれから努力をして、
「私は世界を救おう。
よい世界をつくることに責任を持とう」と
言えるようでなければなりません。

そのような夢を持って、
果てしなく努力しなければならないのです。
努力をしなければならず、
時間を投入しなければならず
精誠を尽くさなければなりません。

その量が多ければ多いほど、皆さんは
立派な人になり、この世界に
影響を及ぼすような、主体的な人になって
外的世界は相対的立場に立つことにより、
神様の歴史が、摂理が短縮されるのです。

そのような結論になるのです。
ですから今、皆さんは、
「私が全世界を救うのだ」と
考えることはよいことなのです。


真のお父様のみ言
『真なる子女の道』p149〜150


中高生のためのWeb礼拝 第157回
「真の父母様と成和学生をつなぐ夢」
U-ONE TV
再編集 文責:ten1ko2




この時の映像が残っていれば、
このやり取りを視聴してみたいですね。

お父様は二世たちに本当に期待を込めて、
み言をかたっておられると感じます。


先日、「信者の人権を守る二世の会」の
公開シンポジウムが開かれました。

本部が指導されたものではなく、
あくまでも二世たちで、主体的、自発的に
行われたものです。

第3回目の主題は、
「国民7割が願う“解散請求”について」
有識者の方たちを集め、
メディアの人たちの前で、
とても活発な議論がありました。

いずれ、ダイジェスト版ができるらしいですが、
当日の映像はこちらです。↓



二世たちは本当に逞しいな、と感じます。
弁護士、ジャーナリスト、教授の先生たちも
彼らを擁護し、応援してくださっていて、
本当に心強いです。

教会の信者でもない、先生たちは、
おそらく、彼らの行動、またその内面に触れ、
とても感化されてるのだろうと思います。

さらには、ここ最近、二世の牧会者も増えて、
そこの教会は本当に復興している、といいます。

今は、一世だけでなく、二世も、三世も含めて、
全体で一つとなって、今この時、
み旨を成していく時であることを切に感じます。

(このWeb説教の続きは、もう1回ありますので、
お楽しみに。)



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2023年07月27日

45年前の中高生とアボジとの一問一答 *SLAM DUNKの1シーン 《中高生のためのWeb礼拝 本山局長@》



190228.jpg


U-ONE TV(公式YouTube)に
本山局長のWeb礼拝がアップされています。
「真の父母様と成和学生をつなぐ夢」です。
数回に分けて紹介します。


今日は真の父母様と成和学生をつなぐ夢
というテーマでお話をしていきたいと思います。

皆さんは真のご父母様のことをどう思いますか。

もしかしたら直接お会いしたことがない、
成和学生の皆さんにとって、
真のご父母様は、自分とは遠いところにいる存在
もしくは自分の人生とあまり関係がないと
感じている人もいるかもしれません。

しかし考えてみれば2世という存在は
1世から導かれてきた存在です。
皆さんのお父さんお母さんが真の父母様に出会ったがゆえに、
私たちはここにいると言えます。

中高生期は自分の人生をどう生きていくのか
考えないといけない大切な時期です。

自分の人生をどのように生きていくのか、
そんな重要なことを考えるときに
「私と真の父母との関係」というのは、
実は重要なテーマなのではないでしょうか。


今回引用させてもらう、『真なる子女の道』の中の
「み旨の道を行く2世たちの取るべき姿勢」

これは、1978年清平にその当時の中高生が集まった修練会で、
中高生の(2世の)子たちがお父様に質問を投げかけます。
お父様がそれに応え、親しく語りかけるシーンが掲載されています。

皆さんのお兄さんお姉さんたち、45年前の中高生のみんなが
どんな質問を父母様に投げかけたのか興味がありませんか。
少し見てみましょう。


質問
『お父様が今まで過ごされた中で嬉しかったことや
悲しかったこと大変だったことを少しお話ししてください』

成和学生から真のお父様への質問
『真なる子女の道』p144


きっと質問したお兄さんお姉さんたちも、二世として歩む中で、
大変なこと悲しかったこと、たくさんあったのかもしれません。

皆さんはどうでしょう。
真のお父様なら、そんな時どうされるんだろうか。
こんな質問は皆さんにとっても関心がある内容じゃありませんか。

お父様どのように答えられたのでしょう。


「悲しかったことと嬉しかったことと、
そして何のことだって?」

「大変だったことです」


大変だったことが何かあったかな。
人は自分の目的を定めて仕事をすれば、
大変なことも大変ではなく、
悲しいことも悲しみではなくなるのです。

自分の目的を持って進めば難しいこともありえないし
悲しいこともありえないのです。
悲しんでいたらその目的をどうやってなせますか。


真のお父様のみ言
『真なる子女の道』p144



目的がはっきりあればすべてのことは
そこに向かっていく中で起こりうることだ。
だから決してそれは悪いことではないんだ,
とお父様は語りかけられます。

成和学生の皆さんにとってもどうでしょう。
大変だなあと感じること
悲しいなと感じることたくさんありませんか?

しかしお父様が語られるように
何か目指す目的がはっきりとあれば、
それを果たすために苦しいことや悲しいことがあっても、
それは決して悪いことではなく
楽しむことができるんだというわけです。

例えば皆さんは部活動に励んだり、
受験勉強するときどうでしょう。
もしかしたら辛いことや苦しいことも、
たくさんあるかもしれません。


私が青春時代によく愛読した
SLAM DUNK(スラムダンク)という漫画があります。

それは高校のバスケットボールの部活動を描く漫画ですが、
(登場人物の一人に)赤木くんというキャプテンがいます。

彼は高校1年生の頃から全国制覇という目的を、
明確に持って厳しい練習を自らに課します。
しかしそんな彼についていけない友達たちは、
お前と俺は違うんだ、お前にはついていけないよ
と言って、彼を嫌います。

赤城君は孤独にバスケットボールを
続けていきますが、いつの日か同じように
上を目指す目的を持った仲間たちに出会い、
高校3年生の時に、大会で勝ち進んでいきます。

全国制覇をするような日本一の高校とぶつかったとき、
そのチームと互角に渡り合いながら、
彼は共に歩む仲間たちに、
「お前たちは最高だ」と語りかけるのですが、
非常に感動したのを覚えています。

これは一つの例に過ぎないかもしれませんけれども、
目的をはっきりと持つこと、
そしてその目的に向かって共に歩む仲間がいること、
それは皆さんの人生にとって大きな力になるに違いありません。


さらにお父様はこのように
成和学生のみんなに語りかけます。


人が何かの目的を定めたとすれば
その目的を成し遂げるためには、
時間を投入しなければなりません。

1年、2年、時間を投入しなければならないのです

その次に、努力をしなければなりません。
いかに多くの努力をするかということなのです。

その次に精誠を尽くさなければなりません。


「真なる子女の道」p144〜145


このようにさらに目的を定めたならば
そこに向かって時間と努力と精誠を投入していくならば
その中で経験する苦しいことや悲しいことが
むしろその目的を果たすための財産になっていくんだよ、
と教えてくれています。

中高生のためのWeb礼拝 第157回
「真の父母様と成和学生をつなぐ夢」
U-ONE TV
再編集 文責:ten1ko2




お父様が成和学生たちの質問に
正直に答えられる場面、とても興味深かったです。

お父様にとっては、悲しく苦しいこともあったとしても、
明確なる目標があったがゆえに、
それを乗り越えていかれたのでした。

余談ですが、局長が例題にあげている
「スラムダンク」ですが、
私がまだ若いころにとても人気のあったアニメでした。

それが最近、再燃していて、
息子たちは先日、映画を見に行ったらしいです。

やはり、一つの目標に向かって、困難を越えて
突き進んでいくというのは、
世代を超えて、人に感動を与えるのだと思います。

真の父母様の生涯路程も、
同じようなことなのだな、と思いました。
次回も続きます。
お楽しみに。
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)