2023年03月07日

米・有名政治家も感嘆、「Rev.ムーンは神に気が狂った方」 《人間・文鮮明師 朴普熙先生》



230307.jpg


レバレンド・ムーンは
神様に気が狂ったかたですね。
どこを突っついても
神様のみ言だけが出てきます。


米国の高位の政治家の言葉(文中より)


朴普熙(パク ポーヒ)先生の
「真のお父様の身近に侍って
 人間・文鮮明先生」より
『神様の愛に気が狂われたかた』です。


神様の愛に気が狂われたかた

「神のために徹底的に気が狂われたかた」
というと、表現が、
どこか品がなくもない感じですが、
いくら考えてみても、これ以上に、
より正確な言葉で表現する術がないので、
私はあえてこの言葉を使います。

聖書を見れば、イエス・キリストの
一番大きな戒めの中で、
「あなたがたは、あなたがたの主、
神様を愛しなさい」という戒めがあります。

心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くす
という言菓は英語で
"All your mind, all your heart`,all your soul"
心と心情と霊魂を尽くしてあなたがたの主、
神様を愛しなさい、です。


それならば、この言葉を男女が
お互いに愛する場合に当てはめてみましょう。

一人の男性が、一人の女性を
心と精神と思いを尽くして愛したならば、
また、英語での表現のように
心と心情と霊魂を尽くして愛したならば、
彼はそれ以外に他のことをすることのできる
余力があるでしょうか!

また、近ごろよくある話で、一人の女性が
一人の男性をそのように愛した時に、
私たちがよく使う表現は、その女性は、
その男性のために気が狂ったということです。


そのような意味で、お父様は神様を本当にご存じで、
神様の心情を痛切に感じておられるかたであられるために、
歴史上誰もついていくことのできない基準で、
神様のために気の狂われたかたであると表現したいのです。

お父様は、神様と共に働かれ、血と汗を流され、
神様と共に全生涯を生きてこられたかたなのです。

お父様は、神様を真実に知ってみれば、
天のお父様は悲しみの父であり、
苦痛の奴隷となった神様であることを知ったがゆえに、
その神様の悲しみを全歴史を代表して
泣いてくださるかたとなられたのです。

そのようなお父様は、神様の解怨
という言葉を好んで使われます。

恐らく、この歴史上で、誰も神様のために
お父様以上に涙を流した人はいないことでしょう。


私たちは多くの逸話を聞いています。

統一教会の草創期において、お父様は、
その多くの時間を祈祷で始め、祈祷で終わる
祈祷生活で一日を過ごされまじた。

一度ひざまずいて祈られれば、10時間、
14時間、時には17時間も、
ただその神様の痛みに痛哭なさったのです。

歴史上、真実に神様の代身者となって、
神様の涙に涙されるかたが他にいるでしょうか。

お父様は、あまりにも身をかがめて祈祷されたために、
膝と肘の肉が固くなってしまったというのです。

祈梼が始まれば、一日でも、二日間でも
食べることも飲むことも、
眠ることも忘れてしまわれるのです。

これは、お父様のおそばに侍る者たちに
見せてくださった先生の生括原則なのです。


米国での話ですが、通訳官を通して
説教されると長くかかります。

ところが、ある時、朝の六時に説教のみ言が始まり、
午後五時に終わったのですから、
延々11時間の間、説教をされたのです。

そして、説教を終えた後で、
「もうお昼どきぐらいになったかな」
とおっしやったのです。


お父様は、人々にどこでも
「神様のために気が狂って生きてみなさい」
と教えられ、勧告なさいます。

この世の中は結局、何らかのものに
気が狂って生きていくようになっているのだから、
お金、異性、名誉、学問より、
神様のために気が狂ってみなさい、とおっしゃるのです。

また、以前にお父様は、一年間の標語を
「神様のことのために狂おう」
と語られたことがあります。

神様のために気が狂うその人生は、
貴い人生であり、誇りある人生です。

そのように注ぎ込んだ血と汗の価値は、
永遠に消えることのないものです。

それを誰よりも自ら実践されて、
それを誰よりも先に実行なさるかたが、お父様なのです。


ある時、米国の高位の政治家が、
先生のみ言を聞きにやってきました。

もちろん準備もなく対話から始まったその場所で、
感動を受けたこの米国の政治家が、
最後に結論として言った言葉は、

「レバレンド・ムーンは
神様に気が狂ったかたですね。
どこを突っついても神様のみ言だけが出てきます」
と評したのです。

その言葉は誠に面白い言葉です。
お父様の体は、神様のみ言で
いっぱいにあふれているとみなければならないでしょう。

歴史的に、神様のために徹頭徹尾、
気の狂われたかたを
私はこの目で見てきたのです。

真のお父様の身近に侍って 人間・文鮮明先生
朴普熙
(ファミリー1994年 5月号)

わかりやすく読んでいただくため、
段落や節の区切りを再編集しています。
文責:ten1ko2


神様を愛する、という表現を
男女の関係に置き換えられました。
本当にわかりやすいな、と思います。

神様を知っておられるがゆえに
そのご心情をだれよりもご存じであるがゆえに、
誰が何と言おうと、徹底的に愛される
お父様なのです。

そして、お母様ご自身も
神様のご心情を肌身で感じられておられるがゆえに、
神様解放のために、
生涯をすべて捧げていかれる
真のお母様なのだ、と思うのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 06:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 父母様の路程 生活の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月03日

「神を信じる」のではなく、「知っている」 真の肖像画は"Heartbroken God" 《人間・文鮮明師 朴普熙先生》



230303.jpg


朴普熙先生の
「真のお父様の身近に侍って
 人間・文鮮明先生」より
「お父様の理想は『神様の解放』」の
前編をお送りします。


一、お父様の理想は「神様の解放」

ところで、今まで、誰も神様の悲しみと、
神様の苦痛を論じたことがありません。

2000年のキリスト教歴史も
神様の悲しみと、神様の苦痛に対して
説き明かすことができませんでした。

神様といえば全知全能、完全無欠なかたとして、
天の宝座にお座りになり、
祝福を与えておられるかたとして、
私たちはいつも理解してきました。


私たちはお父様に対して、今まで人類が
理解していた程度をはるかに超えて、
具体的で実践的な面から、神様を
徹底的に知られたかたであるといえば正しいでしょう。

ですからお父様は、
「私は神様を信じるのではなく、
私は神様を知っているのであり、
神様を見ているのであり、
神様を感じているのである」と語られるのです。

信じるという単語は、
実証することができないという意味でもあります。

私たちは、「父母が、私を生んでくれたかたであると
私は信じます」とはいいません。
厳然たる事実については、信じるという言葉は使いません。

今日まで、キリスト教は神様を信じてきました。
その言葉は、彼らが神様を厳然たる事実によって
知ることができなかったことを意味するのだ、
と言っても必ずしも過言ではありません。


ところで、お父様は歴史以来初めて、
「私は神様を知っている」
と宣言されたかたであられるのです。

コリント人への第一の手紙13章12節を見れば、
「わたしたちは、今は、鏡に映して
見るようにおぼろげに見ている。
しかしその時には、顔と顔を合わせて、見るであろう。

わたしの知るところは、今は一部分に過ぎない。
しかしその時には、わたしが完全に
知られているように、完全に知るであろう」とあります。


お父様が神様を知っておられることは、
まさしく、コリント人への第一の手紙13章12節で
語られたその預言の実現であります。

神様を鏡で見るようにおぽろげに知るのではなく、
顔と顔を合わせて知られるかたがお父様であられるのです。

このように神様を隅々まで知り、
神様と顔と顔を合わせて知り、
神様の心情の中に飛び込んで知ってみると、
その神様は、栄光の中におられる
喜びと尊貴と平和の神様ではあられなかったのです。

その神様は、創世以後今日まで、
到底形容することが難しく、
言葉に表すこともできないほど
胸痛む事情の中で呻吟され、
苦痛を経られながら、
哀痛なる立場でおられる
神様であることを発見したというのです。

この発見は、人類の歴史上、
偉大な発見であり、最初の発見であります。


神様のことを知ってみれば、
その神様は喜びの神様ではなく、
栄光の神様でもなかったのです。

まるで子供を失って、その死んだ子供を
抱き締めて泣かれる、その父母の姿に
似た神様を、お父様は発見されたのです。

父母であられる神様が、子供である人間たちが
互いに争って相克している実状を
ごらんになっておられるのですから、
悲惨な神様であることに間違いはありません。

苦痛の父であり、その父の心は
裂かれるように痛むことでしょう。


ですから、神様の真の歴史は、
哀痛なる歴史であったのです。

英語で"Heartbroken God"という言葉があります。
「心情が傷ついた神様」、その神様を
誰も肖像画に描写してみることができなかったのです。

人類の歴史において、
お父様が初めてそのお姿をお分かりになり、
その神様の真のお姿を
肖像画に描いてみたのだといえましょう。

そして、その肖像画を全世界に発表したのです。

真のお父様の身近に侍って 人間・文鮮明先生
朴普熙
(ファミリー1994年 5月号)
ブログ記事に合わせ
構成を一部組み替えて紹介しています
文責:ten1ko2


朴普熙先生は、真のお父様(文鮮明先生)を
「神様を知っている
歴史上最初の発見者である」
という風に表現されています。

しかし、もう一人、重要な方を忘れてはならないと思います。
それはイエス・キリストです。

イエス様も本当の神様の心情を知っておられ、
神様を解放されるために、
生涯を捧げられた方であるに違いありません。

ただイエス様は、志半ばで十字架に
倒れられ、神様の真の姿を
はっきりと伝えることができませんでした。

真のお父様は、苦悩の中、
イエス様と出会われることを通して、
神様の本当のお姿に出会われました。

神様と出会われて、目がぐちゃぐちゃになるまで
泣き明かされたといいます。

神様は悲しまれている、神様を慰めなければならない、
と神様解放の道を行かれたのです。

その思いはどんな時にも変わりませんでした。
真のお父様を心から敬服し、感謝いたします。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 11:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 父母様の路程 生活の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月26日

「私は、自分が〇歳だと考えています」 私が見た平和の母・文鮮明師夫人の一日 《李成萬先生》



230226.jpg


李成萬(イ ソンマン)花鳥苑苑長の寄稿文、
「世の中で最も美しい言葉 オモニ」から
『私が見た真のお母様の一日』のその2を紹介します。



アメリカの感謝祭の日に当たる
2014年11月30日、天正宮博物館の訓読室で
忠孝家集会が開催されました。

そのとき、真のお母様が
「私は何歳に見えますか」と質問されました。
そして自ら、「46歳だと考えています」とおっしゃいました。

当時、満71歳であられましたが、
なぜそのようにおっしゃったのでしょうか。

世界平和青年連合の会員の年齢が48歳までです。
ですから、言い換えれば、
真のお母様は今、青年のように毎日旺盛に
活動していらっしゃるという意味です。

そして、今後なさることが
それだけ多いということであり、
その摂理を成し遂げるためには、
いつまでも若者のように
健康でなければならないというお話です。


真のお母様が侍墓(シミョ)三年精誠を
ささげられていたある日のことです。

真夜中に私のスマートフォンの
カカオトークの通知音が鳴りました。

その音で目が覚め、確認してみると、
懇意にしている天正宮博物館の職員が
写真を一枚撮ってリアルタイムで送ってきたのです。

時間は午前1時か1時半です。
満月でとても明るい夜でしたが、
真のお母様が天正宮博物館の一松亭(イルソンヂョン)の下で
黙想される場面でした。

私はその写真を見た瞬間、
ぱっと飛び起きて、ひざまずかざるをえませんでした。
目からは、すぐに熱い涙が流れ落ちました。

真の父母の子女であるはずの私が、
足を伸ばしてぐっすりと眠っているのに、
真のお母様は真夜中でも
安息することがおできにならないのです。

何か、おありなのだろうか。
何を心配していらっしゃるのだろうか。
どんな説教よりも強いメッセージでした。

ほかの言葉は必要ありませんでした。
真のお母様のご心情と
ご事情を少しでも知っているのか?

写真一枚が私の胸を熱くし、
私の魂を掘り起こしました。
お母様には夜も昼もない毎日だったのです。


今年(2018年)の2月11日は小正月、
すなわち天暦1月15日でした。
月が一年のうちで最も明るく、大きな日でもあります。

真のご家庭と指導者たちが真のお母様をお迎えして、
清平にあるヘブンGバーガーの屋上で
夜遅くまで月見をしました。
寒い夜だったので、より一層記憶が明確です。

翌朝7時、天正宮博物館の朝礼に参加しました。
真のお母様は、「昨夜、衣装だんすを
整理しながら徹夜をした」とおっしゃいました。

そして、聖衣30点余りを入れたかばんを
出してくださいました。
日本の忠孝家と、苦労する食口たちを
心配されながら、夜を明かされたのです。

「私は24時間休む暇なく考え、動いています。
全祝福家庭と74億人類のためにです」とおっしゃいます。

天の父母様と真のお父様の理想実現のために、
一瞬一瞬、切迫した生活をしておられます。

寝ても覚めても、座っても立っても、
ただ天の父母様の夢、み旨成就のために
完全投入の日々を過ごしていらっしゃいます。

文字どおり、一日を千年のごとく、
千年を一日のごとく暮らしていらっしゃるのです。

李成萬
「世の中で最も美しい言葉 オモニ」


真夜中の一松亭で、
深い瞑想をしておられたという真のお母様。。。
きっとその時だけでなく、
頻繁にある光景なのかもしれません。

神様だけにしかわからない、深い心情をもって、
神様と対しておられるお母様だと感じます。

朝も昼もなく、一日千秋の思いで
投入を続けてくださる
真のお母様と、一つとなっていきたいと思うのです。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 父母様の路程 生活の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする