2024年05月31日

愛したらよかった! 母を亡くした時の後悔を繰り返さないために 《礼拝説教*愛》



240531-2024.0519.jpg


山梨の菊谷大教会長の礼拝説教、
「愛」の続きです。

■母が霊界へ行った後、つのる後悔

私たちは、「命あること」が
「当たり前」であると思い、
日常の中で愛を伝えることの貴さを
見失っているのかもしれません。

ほかならぬ、私自身がそうでした。
十四年前、突然の事故で、私の母は霊界へと旅立ちました。
霊界に行く前、病気を八年患っていました。

太陽のように明るかった母が、 病気になってからは、
私が家に帰ると、部屋の電気が消えたかのように
真っ暗な表情で寝込んでいました。

当時の私は、そんな母を受け入れられず、見ていられなくて、
「自分が大変だから」という理由で、
見て見ぬふりを何度もしました。

それは、「時間がたてば治る」と信じて疑わなかったからです。
母が生きていることが当たり前だと思い、
霊界に行ってしまうことなど想像すらしなかったからです。

しかし、予想だにせぬ事故で、
母が霊界に行った後、その全てを後悔しました。

私の心が叫びました。

「もっと、ありがとうって言いたかった」
「もっと、ごめんねって言いたかった」
「もっと、力になりたかった」
「もっと、お母さんを助けたかった」
「もっと、お母さんを抱き締めたかった」
「もっと、お母さんを安心させたかった」

日常の中で、「愛する」という選択肢が
何度もあったにもかかわらず、
愛せない理由やできない理由を探しては、
自身の主張や事情でその選択肢を覆い隠し、
「愛する」ことを後回しにしていたのです。

「愛する」という選択肢が たとき、
私の本心はその大切さを知っていたことに気づかされまし た。

これまでの内容を通して、「愛すること」は
本当に大切なことであると分かります。
また、私たちの本心は、
それが大切であることを知っているのです。

しかし、これまで人類歴史が
どれだけ連なっても、悲しいニュースは絶えません。
悲しみの歴史を嫌っているはずなのに、
繰り返してしまいます。

それは、歴史や環境のみならず、私自身もそうです。
愛することの大切さを知りながらも、
愛したくないという自身の邪心に
幾度となく負けてしまうのです。

では、どうしたらよいのでしょうか。

■子女の幸せだけを願われる神様

実は、その答えが、本日のみ言の中に
明確に記されていました。

もう一度、み言の冒頭を拝読します。

「私は、生涯、神様の真の愛を実践するために生きる
人生の道理を教えてきました」


そうです。
このみ言は、正に“神様の愛”を
実践することを強調していたのです。

世界家庭より
再編集 文責:ten1ko2


お母さんが亡くなったことは、
衝撃的なことだったと思います。
悔やんでも悔やみきれないことでしょう。

だからこそ、「愛する」ということに
真剣に向き合ってこられた
大教会長だったように思います。。。

人が生まれるのは、「突然」ということはありません。
しかし、死というものは、そうはいかないわけです。
一期一会の大切さを改めて感じます。

まだまだ続きます。
お楽しみに。



最後までお読みいただき ありがとうございました!
ポチッ!がまだの方はお願いしますm(__)m
ポチッは1日1回有効で、1週間の合計で
ランキングの順位が決まります。
ポチッとすると、現在の順位が出てきます ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


「私は、生涯、神様の真の愛を実践するために生きる
人生の道理を教えてきました。
これは、個人だけでなく、
家庭と社会、国家、このよ うにすべての次元で
適用されなければならない基本原理です」

(天一国経典『天聖経』1434ページ)


※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

2024年05月23日

愛さないといけないと分かっていはいるけれど... 《礼拝説教*愛》



240523-2024.0519.jpg


菊谷高司(山梨エリヤ)大教会長の
礼拝説教、「愛」を
何度かに分けて紹介します。

〇生涯をかけるほど重要な「愛」

(略)

本日の説教題目である「愛」。
何度聞いたかわかりません。

み言を通して、「愛さなければならない」
ということは分かっています。
しかし、それができないから、つらいのです。
‴もう、向き合いたくない”
と感じてしまうこともありますよね。

そのような環境下で、
私たちはどのように
「愛」と向き合っていくべきなのでしょうか。

本日のみ言を拝読します。

「私は、生涯、神様の真の愛を実践するために生きる
人生の道理を教えてきました。
これは、個人だけでなく、
家庭と社会、国家、このよ うにすべての次元で
適用されなければならない基本原理です」

(天一国経典『天聖経』1434ページ)


神様の真の愛を実践することは、
生涯をかけるほどに重要であ るということが分かります。
また、 “愛というものは、それほどまでに重要なのか、
そのように感じる一 節でもあります。

〇生と死のはざまであふれ出た言葉

23年前の2001年9月11日に発生した
「アメリカ同時多発テロ事件」は、
世界を震撼させ、かつてない
混乱と恐怖を巻き起こしました。

ハイジャックされた4機に生存者はいませんでしたが、
ユナイテッド航空93便は、4機の中で唯(ただ)唯一、
地上における犠牲者を出さなかった航空機です。

この機内での出来事について、
複数の報道を見聞きしたことがありますが、
その中で印象に残っている内容を紹介します。

ユナイテッド航空93便には、
結婚十年でようやく命を身ごもった未来のお母さん、
出張を終えて妻と幼い娘たちが待つ
自宅へ向かうお父さんなど、
33人の乗客(ハイジャック犯を除く)と、
7人の乗務員が搭乗していました。

すると、突如、4人のテロリストにより
ハイジャックされたのです。

一部の乗客が、テロリストにばれないように
家族と連絡を取ると、
すでに三機がハイジャックに遭って自爆テロが行われ、
世界貿易センタービルやアメリカ国防総省本庁舎に
激突したという情報を得ます。

このままでは、自分たちは
全員死んでしまうという現実を知るのです。


そのような状況を前にした乗客たちが、
どれほどの絶望感にさいなまれたか、
想像できないほどです。

生きるか死ぬかという緊張感の中、
乗客や乗務員たちは家族に電話をします。

そして、涙を流しながら心を込めて、
ある共通の言葉を伝えていたことが、
後に、多くの証言を通して知られることとなりました。

その言葉は、「I love you (愛している)」という
ラストメッセージ でした。

これは、あくまで私の推測ですが
誰もが家族や友人、周りの人との関係が
良かったとは限りません。
中には、人間関係においてうまくいかず、
苦しんでいた方もいたかもしれません。

しかし、ここで重要なのは、生と死のはざまで、
誰から指示されたわけでもなく、
最後にどうしても伝えたかったこと、
相手の心に残したいとあふれ出てきた言葉、
それが、ほかのどの言葉でもなく、

「I love you」
というラストメッセージだったということです。

実は、そのような究極の局面に追い込まれなくても、
日常の中で、私たちの本心はこう言っています。

「仲直りしたい」
「一つになりたい」
「ごめんなさいと言いたい」
「ありがとうと言いたい」
「許してあげたい」と。

「み言を聞いたから、愛さなければならない」
という義務感ではありません。
私たちの本心は、知っているのです。

再編集 文責:ten1ko2


先日、総務部長の研修会がありました。
本部担当局長がこんな証しをしていました。

『皆さん、奥さんを愛していますか?
私は妻に毎朝、キスをして仕事に出かけます。

ある夜、夫婦喧嘩をして、翌朝を迎えました。
会話もない中、朝のルーティンをしなければなりません。
妻もそのことを知っているわけですね。

いやいやながら、妻にキスをしました。
すると不思議なことが起こるんですよ。
自分が悪かった、と悔い改めるんです。
神様の前に本心で反省するんです』

その証しにとても感動しました。
私の本心は、「愛したい」「一つになりたい」
わかっているんだな、と思いました。

恥ずかしながら、
私達夫婦も似たような経験をしています。。。

次回に続きます。

最後までお読みいただき ありがとうございました!
ポチッ!がまだの方はお願いしますm(__)m
ポチッは1日1回有効で、1週間の合計で
ランキングの順位が決まります。
ポチッとすると、現在の順位が出てきます ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

2024年03月24日

愛せない人を愛する…ってムリなんじゃない?! 戦争と不和がなくなる方法 *ある説教より*



200826.jpg


日曜日は、家庭連合でも礼拝を捧げています。

先週、「愛せない人を愛する」証し(体験談)を
紹介しましたが、今日は、
同じ説教の前半部分をどうぞ。

説教題は「敵を愛する理由と方法」です。

 訓読
「戦争の起こる動機は、
 男、女、私、君がいるためだ。

 夫婦、兄弟に戦いがある。
 しかし父母の心には敵がない。

 神様は父母である。
 ゆえに神様の本質は愛である」


(『御旨の道』p.86「復帰・復帰の心情」)
 
敵を愛するという話で思い起こすのが、マタイ福音書5章43節にある

「『隣り人を愛し、敵を憎めと』言われていたことは、
 あなたがたの聞いているところである。
 しかし、わたしはあなたがたに言う。
 敵を愛し、迫害する者のために祈れ。
 こうして、天にいますあなたがたの父の子となるためである」


というイエス様の言葉です。


私はこの聖書の句を初めて読んだ時、
「何と愚かなことだ!」と感じました。

ルカによる福音書6章29節には

「あなたの頬を打つ者にはほかの頬をも向けてやり、
 あなたの上着を奪い取る者には下着をも拒むな」


ともあるのですから、狂っているとすら感じました。

この世の中でそんなふうに生きれば、
一体どんなひどいことになるでしょうか。
心のどこかでそうすべきだと思うところがあるとしても、
実践不可能であり、無理であるとすら感じないでしょうか?


なぜイエス様がそんなことを話したのだろうと、
考えさせられた時期があります。
そんな時に、イエス様が弟子たちを
宣教に送り出していく場面を読みました。

「わたしがあなたがたをつかわすのは、
羊をおおかみの中に送るようなものである」


とマタイ福音書10章16節にあります。
弟子たちは伝道に出かけ、どれほど迫害されていたのか、
そこから読み取ることができます。

ある弟子は、実の兄弟に反対され、親や子に反対され、
石を投げられ、唾をされました。

ひどい姿でイエスのもとに帰ってくる者もたくさんいたと思います。
そんなふうに帰ってくる弟子たちをご覧になった
イエス様は、どのような気持ちだったでしょうか。


マタイによる福音書の続きを読んでみると、

「天の父は、悪い者の上にも良い者の上にも、
太陽をのぼらせ、
正しい者にも正しくない者にも、
雨を降らして下さるからである。
あなたがたが自分を愛する者を愛したからとて、
なんの報いがあろうか」


とあります。

イエス様のいたイスラエルには砂漠がありますが、
ひとたび雨が降ると、たちまち花が咲き広がる所でもあります。
ですから、イスラエルの人々にとっては雨は恩恵なのです。

 
本当の親は子供に対して、良い子であろうと
悪い子であろうと、幸福を願います。

昔、NHKでアメリカの黒人家庭を取材した
ドキュメンタリーがありました。

車いすの母親とその2人の息子が中心でしたが、
長男はスラム街のような所で育ったので、
そこから抜け出していつか白人のように生きると決心し、
大学を出て白人の女性と結婚し、立派な暮らしをしています。

弟のほうはそんな兄に対して、
「兄は黒人のプライドを捨てた!」と言い、
黒人過激派運動に参加し、人を殺して懲役を受けていました。

長男が母に会いに行くと、いつも母は次男の話を長男にします。
「あの子は本当はいい子なんだ。
必ずすぐ出てくる」と言い、
暖炉の上にある次男がいつもかぶっていた赤い帽子を指して、
「出てきたら、あの帽子をかぶらせて抱きしめてあげるんだ!」
と涙ながらに語るのです。

長男は、そのことが不満でした。
「どうして成功した自分のことを喜んでくれないのか。
牢屋にいる次男ばかりを愛するのか!」と思っていたのですが、
その長男の息子が人を殺して牢屋に行くようになったのです。

長男は、自分の息子が牢屋に入ったとき、
母親の気持ちが本当にわかったのです。
親は不幸な子供ほど心が動くのです。


イエス様は、イスラエルに降る雨を見て、
神様の親の愛を感じたのではないでしょうか?

敵も、親である神様から見たら自分の子供であったのです。

では、敵を愛する理由は何でしょうか? 
聖書には、「天にいますあなたがたの父の
子となるためである」と書かれています。


授受作用を堕落の観点から考えると、
堕落は神様と人間の親子の関係が切れたことです。

本当の親である神様が私の親である
ということがわからなくなったのです。
親の心も、親がだれであるかもわからなくなりました。

親がいて、兄弟になることができます。
しかし、親がいなくなり、親の心がわからないので、
敵になってしまったのです。

では、神様との親子の関係を取り戻すには、
どうしたらよいのでしょうか? 

本来は兄弟姉妹である敵を愛することが、
神様との親子の関係を取り戻す道ということになります。

「敵を愛する理由と方法」
公式説教ブログより
再編集 文責:ten1ko2


万民を愛することができるようになれば、
怨讐関係がなくなり、
天国が実現できるようになるでしょう。

しかし、兄弟同士(人間同士)では、
どうしても争いあってしまいます。

誰もが真の神様(天の父母様)を知って、
実感しない限りは、本当の平和は訪れない。。。

だからこそ、そのことを真のお母様が
今、何よりも訴えておられるのだと思うのです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。