2024年04月12日

メロディーは音楽の顔、歌詞は説教、歌は人の心に入る乗り物 《音楽で世界を救う:孝進様の人生》



240412-2005.0321大阪.png
▲文孝進様のコンサート(2005年3月21日、大阪)


先月、聖和16周年を迎えられた文孝進(ムン・ヒョウヂン)様。
音楽を通して孝進様に侍った日本人男性(36万双)の証し
「真の父母様の解放のために
身もだえされた生涯」より続編です。

音楽で世界の個人主義に闘いを挑まれた

自己犠牲の精神を音楽に込めて

孝進様は、「メロディーは音楽の顔だ」と常々おっしゃり、
メロディーをとても重視していらっしゃいました。

メロディーの違いによって、人はこの曲、
あの曲と判断することができるというのです。

また、人の心を変えることができるのは歌詞であり、
「歌詞は説教だ」とおっしゃいました。

さらに、「歌というのは乗り物だ」
というお言葉もあります。

世界にはいろいろな人種があり、
文化がありますが、その人たちの
心の中に入り込むための乗り物が音楽であると。

そしてその中に善なるメッセージを入れることで、
人の心を変えることができるというのです。

この言葉は、孝進様の音楽観を知る
貴重な材料になると思います。

 
孝進様ご自身がお作りになった音楽は、
16枚のアルバムにまとめられています。
あのアルバムは孝進様の心の軌跡だと思います。

ヘビーメタルもあれば、美しいバラードもあります。
心を打つ名曲も数多くありますが、
一方で、とても楽しんでは聞けない曲もあるのです。

つまり、決して「孝進様の音楽イコール
完成された美しい音楽」ではないということです。

この世の中に完成された美しい音楽はいくらでもあります。
重要なのは、孝進様の心情の部分を聞くことです。

 
真のお父様に対する思いを歌った曲はたくさんありますが、
その中で一番多いのは「自己犠牲の精神」です。

自分をいかに犠牲にして、父のために、
より大きな目的のために供えるかという、
その姿勢がものすごく表れています。
そういう心情を聞くべきだと思います。

孝進様は私たちに、「私(孝進様)の心情を表す
音楽を作れ」とはおっしゃいませんでした。

利他主義、自己犠牲、「ために生きる」という
その一点に集中して作りなさいと言われました。

 
さらに、「あなた以上にあなたの隣にいる人が
善くなるように、音楽を作れ」とも言われました。

それは、あたかも「自分を愛するように
あなたの隣り人を愛せよ」(マタイ22・39)
というイエス様の教えのようでした。

  
つまり、いかにして、音楽を通して
世界の個人主義に闘いを挑むか、いかにして
利他主義に満ちあふれた音楽を作るか、です。

利他主義というのは全ての人の心の中に、
良心の中に入っているものですから、
全ての人が理解できるのです。

そういう音楽を作ることで、
個人主義から利他主義へと
世の中の思想を変えていく、
そのためのコンテンツを作ることに
情熱を注がれたのです。

(『トゥデイズ・ワールド ジャパン』2015年9月号掲載)

文孝進様の孝情に学ぶ 6
証し 文孝進様の思い出
「真の父母様の解放のために身もだえされた生涯」4
https://www.kogensha.jp/news_app/detail.php?id=23906
(Blessed Lifeより)
再編集 文責:ten1ko2


最近、天心苑徹夜精誠において、
孝進様の曲が歌われたり、
孝進様ご自身の歌声が流れます。

以前、聞いていた時よりも、
胸に響くような、とても名曲だな、
そんな風に感じさせられます。

先日は、二世のメンバーたちが、
孝進様の歌を披露していました。

しかも、バラードではなく、ロックです。
徹夜精誠に参加していたのが、
数百名の南米からきた二世たちということもあったのか、
とても盛り上がっておりました。

孝進様もその場におられ、
一緒に喜ばれ、鼓舞しておられるに違いない。。。
とても実感いたしました。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 



posted by ten1ko2 at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ご子女様・真のご家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月03日

私が、孫だからこの道を歩んでるわけではない 「夜を照らす一つの星となって歩みます」決意の祈り 《文信出様*特別スピーチ 後編》



201128-20201115.jpg


信出様のメッセージ、最終回になります。
決意表明も合わせて送ります。

真に愛そうと努力すれば
父母様の志がつながれる

私は、(真の父母様の)孫だから
この道を歩んでるわけではないです。
関係ありません。

一度でも(真の父母の)その心情に触れて、
その真の心に触れたら、分かるでしょう?

せめて、本当にを私たちを愛してることは、
私たちが献金をして、活動して、
伝道する理由が何かを忘れてはいけません。

教会の復興(のため)ではないのです。
それらは、地上天国を果たすための仕組みにすぎないのです。

私たちが、生活の中で、日々の中で、
真のご父母様から学んだその心を持って、
本当に真に周りを愛そうと努力し、
本当に真に人生を生きようと努力すれば、
私たちの中で真の父母様が生きて、
意思がつながれていくのです。

それが本当に難しいことは、私も分かりますよ。
私も愛しづらい人がいます。

でも、真の父母様だから、
自分のいちばん憎んでる人を愛せるわけではないのです。
真の父母様も、そのための努力が必要だったのです。
だから、もう言い訳はつくらないでください。

本当にお願いします。
私たちは兄弟姉妹です。

愛しづらい兄弟姉妹も、当然にいます。
でも、けんかしながらも、兄弟としてお互いを愛し、
教会の人だけではなく、世界の全てを愛する、
そういう人になれば大丈夫です。

宣教(に)行けなかったら、それでよろしいです。
ただ、自分の生活圏の中で、真の父母様に触れた人生は
どういう人生なのかと証明すればいいのです。

本当に申し訳ないのですよ。
いちばん、それを実現できていない自分が。
それを思って、皆さんの前に
語られなくてはいけないこの現実が。
でも、だから、一緒に努力していきましょうよ。(アーヂュ!拍手)

1月21日 神奈川・川崎
「世界家庭」3月号より

文信出様 決意表明
夜を照らす星となって歩んでいきます


天の父母様!
私は本当に不足な息子ですが、
必要とされる限り、このみ旨を歩んでいきます!

多分、時には本当に諦めたい瞬間も来るし、
もう希望が見えなくて、本当にこの道が正しいのかと、
人間的な考えをするかもしれませんが、
そういう瞬間が来たら、私の前にこの道を歩んできた
真の父母様と先輩たちを思い出して、
諦めず、歩むことを誓います。

真の父母様が、この世のために
血と汗と涙を流し、何度も何度も裏切られても、
死ぬ瞬間まで歩んだように、私も
真の父母様と先輩たちの希望になることを誓います。

本当にわがままで、弱虫な人間ですが、
真の父母様がこの世の中の太陽として
私たちを導いたように、太陽にはなれないですが、
真の父母様がいなくなったあとの、
暗い夜を照らす一つの星となって、
この道を歩んでいきます。

ぜひ、この難しい時期を乗り越えられる勇気と希望を、
私たちUPA生を通して、日本の食口の皆さんと、
世界の皆さんが感じられたらいいと思います。

不足な私ですが、きょう、この決意を、
文信出・文智偶(チウ)の名によって天の前に誓います。

1月14日福岡
「世界家庭」3月号より


UPA卒業生は、(おそらく)全員が宣教に出発しました。
お母様の願いを受けて、純粋な心をもっていかれるというのは、
本当に素晴らしいことだと思います。

信出様、信興様は、日本の留学生たちとともに
鮮文大で学びましたが、
宿舎の門限を守らなかったり、
ちょっとした問題を起こすこともあったそうです。

注意を受けたことを聞いた
お母さんの文姸娥(ヨナ)様が、
「いろいろとご迷惑をおかけしているようで、
申し訳ありません」と
真のお母様に報告したことがありました。

お母様は、「良かったじゃない」
と返されたそうです。

子女様たちは、お母様に
そういう心情を分かち合うことが
出来なかったのかもしれません。。。

仲のいい二世たちがいるということは、
変に持ち上げられるよりは、よほどいいことだ、
そのように捉えられたのだと思います。

そんな兄弟姉妹たちとともに、
宣教に行かれた信出様、信興様。

心から、勝利を祈っています。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 


posted by ten1ko2 at 09:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ご子女様・真のご家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月06日

100年生きた以上に最善を尽くされた孝進様 *霊界は、必ず行くべき目的地 《姸娥様》

皆様、どうか悲しまないでください



2008.0319.jpg
文孝進様世界昇華式 2008年3月19日


もうすぐ文孝進様(ムン・ヒョウヂン)
聖和(逝去)16周年を迎えます(3月17日)。

聖和式(その時は昇華式)で語られた
令夫人、文姸娥(ムン・ヨナ)様のメッセージを
紹介します。


世界聖和式での文姸娥様のメッセージ
「皆様、どうか悲しまないでください」

100年生きた以上に最善を尽くされた

食口(シック)の皆様、こんにちは。

朝早くから、そして孝進様が昇華された後、
きょうまで、続けて孝進様のために
精誠を尽くしてくださり、また愛を送ってくださった
食口の皆様に、心から感謝申し上げます。

実は、私は(皆様の前に立つ)準備を
していたわけではないのですが、
しかし、皆様が孝進様を愛してくださり、
私たちの家庭を心配してくださり、
また真の父母様をとても愛してくださり、
また真の家庭を愛してくださったので、
その愛ゆえに、(皆様が)とても心を痛めて
いらっしゃるのではないかと思い、
私は、皆さんに、「心を痛めないでください」
と申し上げたくて、このように前に立たせていただきました。

孝進様は霊界があるということを確信され、
霊界を感じていらっしゃいました。

孝進様は、「霊界というものは、
この世に生まれた私たちが、皆、
必ず行くべき目的地であり、
そこには、むしろこの世界より
はるかに自由で解放的な生活がある」
ということを常に語っていらっしゃいました。

 
もちろん、もしもっと長く生きられたならば、
その分さらに、孝進様が語っていらっしゃったように、
孝進様の名前どおりの孝の道を行くこともできたはずです。

そして、さらに努力して、皆様と共に
真の父母様に喜びをお返しし、
実績をお返しすることができたはずです。

しかし、私は、孝進様がこの世で生きられる間、
本当に100年以上生きられたのと同じように
最善を尽くして、その最後の瞬間まで努力し、
生命を放棄せず、最善を尽くされた
ということを知っています。

ですから、私は、このように突然、
孝進様が霊界に呼ばれるとは思っていませんでしたが、
その瞬間を思えば、むしろ孝進様に感謝申し上げております。

最後まで努力する姿を見せてくださり、
死の瞬間まで、「私たちのだれもが行くべき道を、
最善を尽くして行かなければならない」とおっしゃった
言葉どおりに生きられたので、そのことに対して、
私は本当に心から感謝しております。

孝進様は、もちろん私の夫でもありますが、
私の人生を真の父母様と結びつけてくださり、
真の父母様をより深く理解させてくださり、
さらに、真の家庭を理解し、
私たちが取るべき姿勢を理解するにおいて、
これ以上ないほど大きく尊敬する師であられました。

孝進様の妻ということで、もし私に
良い点があるとすれば、それは、
孝進様を通してこれまで教育を受けてきた結果であると、
私ははっきりと申し上げることができます。


もちろん、皆様全員にそのような機会が
与えられていれば、もっとよかったのですが、
私が(皆様を)代表して受けました。
その点に対して、本当に感謝申し上げます。

それゆえに、私は孝進様と過ごした多くの時間を
心楽しく記憶しています。

特に孝進様と韓国で過ごした最後の1週間は、
私にとって本当に最高で、
最善の瞬間であったということを改めて感じます。

私たちは、真の夫婦として最高に愛し合い、
そして互いにために生きました。
ですから、そのことを、私は
孝進様にもう一度感謝申し上げます。


食口の皆様、悲しまないでください。

お父様は、「喜ばしい日である」と語られ、
孝進様は、良いことのために逝かれ、
必要なので逝かれたのです。

摂理的に祭物の立場が必要で逝かれたのであれば、
そのように祭物として選ばれたことに
感謝申し上げます。

その犠牲は、ために生きる人生に通じる道であり、
そこには私心がありえないので、孝進様が、
神様と真の父母様と、そのすべての摂理的な
基台の前に一つになったという意味であると、
私は思っています。

それは、孝進様が最も行こうとして
いらっしゃった道であったと思います。
おそらく、皆様もそれを感じていらっしゃるでしょう。

私は父母様に大変申し訳なく思っています。
もっとしっかりと、私が孝進様に侍るべきであったのに、
そのようにできなかったため、
父母様に対して不孝であり、
孝進様が先にこの世を去るようになったことに対して、
私は、父母様に心から謝罪の言葉を申し上げます。

しかし、父母様は、そのような私を理解してくださり、
慰労してくださいました。

それゆえに、その力により、
私はこのように立っているのです。

(2008年3月19日、韓国・HJ天宙天寶修錬苑)

240306-2008.0309.png
▲真のお父様は、孝進様の棺を前に、
「また会うときまで頑張りましょう」と語りかけられ、
「天高く飛んでいきなさい!」と言って見送られた
(2008年3月19日)

文孝進様の孝情に学ぶ 1
100年生きた以上に最善を尽くされた
世界聖和式での文姸娥様のメッセージ
「皆様、どうか悲しまないでください」(前編)
https://www.kogensha.jp/news_app/detail.php?id=23434
(『ファミリー』2008年5月号掲載)
Blessed Lifeより
再編集 文責:ten1ko2


永遠に孝進様を愛される心情を持っておられる
姸娥様ならではのみ言だと思います。

しかも、聖和(逝去)された2日後の
み言ですから、素晴らしいですよね。

さらに言うと、自分のことより、
私たち祝福家庭のことを、また
父母様のことを心配しておられる。。。
この境地はまさに無私の心情だと思います。

ただ亡くなる1週間はご一緒に過ごされた
ということを知り、最期までの
本当によい時間を過ごされたであろうと思うと
とても安心しました。

「100年生きた以上に最善を尽くされた」という
孝進様の孝情の生きざまを見習って、
私たちも地上生活において、一挙手一投足を
精誠を尽くしていきたい、と思うのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 


posted by ten1ko2 at 12:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ご子女様・真のご家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする