2024年02月21日

こうやって生きたら幸せになれる、5項目 《旧統一教会の教義のぞき見*入山副局長》



240221.jpg


入山副局長の『幸福な人生には原則があった』
今回は、『人の本来の生き方』です。

第2講座 創造原理と人生の目的
人の本来の生き方

宇宙の森羅万象が「創造原理」で創られていることがわかれば、
その中心である人間にも創造原理に則(のっと)った
「正しい生き方」があることがわかります。
それを整理してみましょう。


第一に、本心(良心)に従って
正しく生きなければなりません。

正しく生きれば、必ず幸福になるように神は創られました。
それは創造原理に則って生きるということです。

反対に、間違った生き方というのは、
創造原理に反した生き方です。

どんなに幸福を強く願ったとしても、
生き方が間違っていれば、結局、
それは不幸として結実してしまうのです。

 
第二に、永生に向かって生きなければなりません。

霊界における天国は愛を呼吸して生活する世界です。

霊界における地獄は、愛が欠乏した世界であるため、
言わば呼吸困難を引き起こした状態と言い得る世界です。

ですから、人は地上生活で、愛のために生き、
愛のために死に、愛の世界で
永生できるようにしなければなりません。

 
第三に、愛の実績を残す生き方をしなければなりません。

地上生活の目的は愛の実績を積むことです。
それが後孫に残すことができる真の財産なのです。

 
第四に、愛を学ぶ生き方をしなければなりません。

人は人生を豊かにするために、仕事やスポーツ、
芸術などに熟達し、マスターしようとします。

いちばん大切なことは、愛を学び、
愛のマスターになることです。

それは地上の人生において、正しい結婚をし、
正しい結婚生活、家庭生活を送ることです。

 
第五に、天国に入籍できるような生き方をしなければなりません。

そのために最も大切なことは、地上の人生において、
正しい結婚をし、正しい結婚生活、家庭生活を送ることです。

「天国」は「二人の国」と書きますが、
天国は神の似姿である夫婦を単位としなければ
入ることはできないのです。

さあ、このように「創造原理」によって
人の本来の生き方が明らかになりました。
皆さんの人生の道が見えてきたでしょう。

再編集 文責:ten1ko2


良心に従い、永生に向かう人生。。。

私が最初にみ言を聞いた時、
一番感動したのが、創造原理でした。

神様、霊界を一切信じなかったのに、
創造原理の講義を受けて、神様がおられる、
そして霊界の存在がある、ということが分かったとき、
どれだけ感動したかしれません。

その思いは今も消えずに残っています。
そして、お母様は、今この時が
どれほど大切な時なのかを訴えかけております。

み言を聞いたことがない方にも、
何かの機会に創造原理を聞いていただき、
神様、そして霊界の存在を知っていただきたいと思うのです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

2024年02月18日

実る前にあきらめていませんか── 「蕩減」は美しい言葉?! 《篠崎先生》

若き日の真の父が、「蕩減は満ちる」と気づいた瞬間とは



1971.jpg


篠崎先生の「喜びと幸せの生活伝道」
今回は、『蕩減条件』です。

 
神様の復帰摂理は再創造の道です。
再創造ですから、創造原理と同じように、
人間が責任分担を果たしてこそ、
その目的を実現することができます。

神様のもとに人を復帰し再創造していく伝道も、
責任分担として蕩減(とうげん)条件を立てる生活を
することによって勝利する道が開かれるのです。
条件がなければ、神様も、
私たちを所有することはできません。

真のお父様が指導してくださった
「蕩減条件」について考えてみます。

「蕩減」は美しい言葉

真のお父様は、「蕩減」は美しい言葉であると語られました。
皆さんは蕩減が美しいと感じますか?
「本当にそうなの?」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

一方、そのみ言どおりだと感じる人は、
蕩減の深い意味を悟り、み旨の妙味を
味わったことがある人に違いありません。

 
私が信仰の初期に、ある先輩から聞いた話です。

「真のお父様が若き日に朝霧の中で
精誠を込めて祈祷をされていた。
その霧は一枚の葉の表面をいっぱいに濡(ぬ)らし、
やがて一粒の滴(しずく)を結んだ。
その滴は葉からピタンと落ち、流れて一個の石にぶつかった。
滴はあたかも石に吸い込まれるかのように石の下を濡らした。

それが何度も繰り返され、水滴は
石の下いっぱいに湛(たた)えられた。

最後の一滴が葉から落ちて石にぶつかった瞬間、
石の下の水は表面張力を破ってタラッと流れた。
同時に、石もコロッと動いた。

真のお父様はこの瞬間をごらんになり、
霧が石をも動かすことを通して、
『蕩減には有限性がある』と悟られたのです」

 
真のお父様は、第二次世界大戦後のキリスト教
および民主世界の失敗を蕩減復帰するため、
40年荒野路程を歩まれ、勝利して、
1985年8月16日に「一勝日」を宣布されました。

お父様はその路程を、
「過ぎてみればすべて愛であった」
と振り返られたといいます。

お父様が示してくださったように、
どんなに困難に見える蕩減復帰の道も、
私たちが精誠を投入し続け、
蕩減条件が満ちれば必ず開かれるのです。

 
伝道も同じです。
まだ霊の子が立っていないという人は、
往々にして蕩減条件が満ちる瞬間を迎える前に
諦めてしまっているのです。

「忍苦の絶頂を越えて天に尽くす精誠は、
必ず祝福の実を結ぶ」
と信じるのです。
決して諦めてはいけません。

勝利は最後の瞬間にもたらされます。
そこに、蕩減復帰の醍醐味(だいごみ)があるのです。

伝道において、正しい立場で迫害を受ければ
蕩減条件になりますが、
サタンの讒訴(ざんそ)条件が少しでも残っていると、
勝利したように見えても、後で必ずサタンが奪っていきます。

ですから、どんなに難しい立場にあっても、
真の愛を持って精誠を尽くし続けるのです。

【編集部注】
 「霊の子(霊の親)」は「信仰の子女(信仰の親)」のこと

篠崎 幸郎・著(光言社・刊
『氏族伝道講座 喜びと幸せの生活伝道 み言の原点に立ち返る』より)
第五章 み言に学ぶ伝道の秘訣
七、蕩減条件
(blessed lifeより(56))


雨乞いの祈りは、必ず聞かれる、といいます。
雨が降るまで祈るからです。

蕩減条件も、天は必ず聞かれています。
私たちも勝利するまで精誠を捧げる、
そんな思いをもっていきたいと思うのです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

2024年01月26日

家庭連合は何に翻弄されているのか *「右翼」と「左翼」はどう違う? 《ほぼ5分で読める勝共理論》



230116.jpg


勝共理論”を学ぶと「社会」が見えてくるということです。

解散命令請求が出され、翻弄されている
家庭連合の今の状況を正しく理解するためにも、
少しずつ学んでいきましょう。

「ほぼ5分で読める勝共理論 」より2回目、
「『右翼』と『左翼』はどう違う?」です。

「ネトウヨ?」「パヨク?」

皆さんはネット上で、「ネトウヨ」とか、
「パヨク」という言葉を
見かけたことがあるのではないでしょうか。

深い意味は分からなくても、
相手を馬鹿にして批判するための言葉だな
ということは伝わってきます。

この元になっている言葉が
「右翼」と「左翼」です。

結論から言うと、右翼というのは本来、
「保守派(右派)」の人々を表す言葉です。
これに対して左翼というのは
「革新派(左派)」の人々を表す言葉です。

「保守」という考え方

「保守」という言葉の漢字を見ると、
「保つ」に「守る」と書きます。
つまり「保守」というのは、
「古いものを保ち、守る」という意味です。

これが思想になると、古くからの伝統、
そして文化を守っていこう、
大切にしていこうという考え方になります。


例えば日本には、5月5日の「こどもの日」に
こいのぼりを飾る風習があります。

昔の人にとっては、男の子が病気にかからずに
健康に育つのはとても大変なことでした。

また、その男の子が大人になり、
出世して成功すれば一族が豊かに暮らすことができます。
大きな家なら後継者としての世継ぎも必要です。

ですから男の子が健康に育ち、
出世することには大変大きな意味がありました。
そのことを祈ってこいのぼりを飾ったのです。


しかし今では医療技術が発達して、
子供が病気で亡くなることはほとんどなくなりました。

また社会では、機会の平等が憲法で保障されているので、
成功するかどうかは本人の努力次第です。
男の子の方が重要だという時代でもありません。

その意味では、こいのぼりを飾る現実的な意義は薄れてきています。

ところが日本では、今でも「こどもの日」になると
全国でこいのぼりが飾られます。

これはたとえ時代が変わっても、現代にも通じる
普遍的なものがあるということを示しています。

別に今は男女に差がある時代ではありません。
しかしその根底にある子供に対する思い、
そして愛情は大切にしていきたいということです。

こうした目に見えないもの、
古くから日本人が大切にしてきたものを、
私たちも大切にして受け継いでいこうというのが
保守の基本的な考え方です。

「革新」とは

「革新」は、革命の「革」に「新しい」と書きます。
つまり「古い伝統や秩序に縛られずに、
より新しいものをつくり上げていこう」という考え方です。

こいのぼりの例で言えば、こいのぼりを飾ることは
むしろ男尊女卑につながるのではないか。

男の子の健康と成功を祈るなら他の方法があるのではないか。
女の子も同時に祝うことはできないのか。
より合理的なやり方があるのではないか、などと考えるわけです。

「革新」的な考え方は、歴史や伝統よりは、
個人の権利や平等などに重きを置きます。

本来「保守と革新」は「善と悪」ではない

「保守」と「革新」、どちらが正しくて
どちらが間違っているというわけではありません。
人にはそれぞれの性格があるのと同じように、
それぞれの考え方があるということです。

政治のニュースを見ると、政治家は
たいていどちらかの考えをより強く持っています。
何の思想も持っていないということはほとんどありません。

ちなみに私の子供には、保守的な性格を持つ子と
革新的な性格を持つ子がいます。
同じ親から生まれてきたのにとても不思議です。

やはり人には、いろいろなタイプがあり、
それで社会全体が発展するようになっている
ということなのでしょう。

「右翼」「左翼」の語源は?

なぜ保守を右翼、そして革新を左翼と呼ぶのか。

時代は1789年のフランス革命にまでさかのぼります。
当時、議会で保守的な考えを持つ人たちが
議長から見て右側、
革新的な考えを持つ人たちが左側に座りました。

これが右翼と左翼の語源です。

今の日本では、右翼と言えば「軍国主義者」、
左翼と言えば「共産主義者」というイメージがほとんどです。

「ネトウヨ」や「パヨク」という言葉も
この延長線上にあります。

ほぼ5分で読める勝共理論 2
「右翼」と「左翼」はどう違う?
編集部編
再編集 文責:ten1ko2


とてもわかりやすい解説、ありがとうございます。

神様は全人類を愛しておられます。

右と左に分かれたとしても
一つになられることを神様は願っておられます。

対抗心、自分が一番、という思いは解決になりません。
一つになることを意識して、
何事にも対処していきたいです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。