2024年04月07日

ひとりぼっちだと思っていた私、実はこんなに愛されていた・・・ 《自己牧会プログラム》



240407.jpg


自己牧会プログラムの体験談。
「囚われを手放すと見えてきた父の愛」です。

(女性 20代)

私は東北で生まれ育った祝福二世です。
同世代の二世が少なかったせいか、
小さい頃から教会を楽しいとは思えず、
高校に進む頃にはほとんど教会に行かなくなりました。

高校卒業後、上京して専門学校に進み、
縁があってCARPの学舎に入りました。

でも卒業して、そのまま東京で就職してからは、
また教会と関係のない生活に戻ってしまったのです。

教会に行かなくなると、教会の人から、
心配というより否定されているような気持ちがして、
ますます距離を置くようになりました。

同時に、実家の家族とも連絡を取らなくなっていました。

かといって、私には一般の友達もいませんでした。
小さい頃から、二世以外の友達と付き合うと、
どうしても悪い方に流されてしまうという恐れがあり、
それなら縁を切ろうと思い、自ら交流を絶っていたのです。

祝福は子供の頃から考えていましたが、
全ての人間関係に距離を置いた結果、
誰にも相談することができませんでした。

「どうして私だけ孤独なんだろう。
二世として全然ダメだな」と、
自分を責めることも多くあり、
仕事のない日はほぼ、
家に引きこもったような生活をしていました。


そんなとき、CARP時代の同期の姉妹を通して、
自己牧会プログラムに出合いました。
聞いてみて、これが私の求めていたものだと確信しました。

自己牧会プログラムに取り組む中で、
一番変化したのは両親との関係でした。

私はずっと父を避けていました。
どうしてこんなに冷たい態度を
父に対して取ってしまうのか、
自分でも分からなかったのです。

ワークをしながら「囚(とら)われ」を外し続けて
いく中で、理由が分かってきました。

幼い頃、よく母が父の愚痴を私に言っていたので、
いつしか私は「父は母を傷つける人」
と思い込むようになっていたのです。

でも、よくよく思い返してみると、
父から何か嫌なことをされたことは一度もなく、
実はとても愛してくれていたことに気付いたのです。

そして、知らない土地で家庭を出発し、
相談できる人もいない中で4人の子供を生み育ててきた
母は、きっと孤独でつらかったのだろうなあと、
母の事情も理解できるようになりました。

囚われがなくなると、両親との会話も増えて、
帰省した折には、両親が復帰された時の話、
祝福を受けるに至った経緯などを聞く機会が増えました。

真の父母様と両親の間の愛の深さを感じ、
そこから生まれた私であることが感じられるようになりました。

そして、神様と真の父母様、両親やたくさんのかたがたの
精誠の中で私が存在していること、
祝福二世という存在がどれだけ貴いものかも実感できたのです。

 
両親は私にこう言ってくれました。

「あなたを祝福に導きたいと思っていたが、
どうしたらいいのか分からず苦しんでいた。
とにかくあなたのために祈っていたよ」

私はずっと孤独だと思っていましたが、
実は愛されていたのです。
私を信じ、投入し続けてくれていた両親がいたのです。

このことに気付いた時、私は初めて、
祝福を通して親孝行したいと思うようになりました。

この両親の選んだ人なら誰でも受け入れたい、
全てを委ねたいという気持ちになったのです。

そういう中で主体者と出会いました。
主体者に会った時、それまで経験してきた
つらいことは全て、この人に出会うために
あったのだなと思い、涙しました。

今は、神様と真の父母様、両親に
親孝行したい気持ちでいっぱいです。
主体者と共に、感謝してワクワクして歩みたいと思います。

私の心の中にいる神様 31
囚われを手放すと見えてきた父の愛
https://www.kogensha.jp/news_app/detail.php?id=8248
(Blessed Lifeより)
再編集 文責:ten1ko2


心情が変わるとものごとの捉え方が、
こんなにも違うのだな、とつくづく感じます。。。

人間関係の中で一番重要なのが、親子の関係です。
ここが改善されれば、すべて改善されるのではないでしょうか。

今回、証しをした女性も、
両親との関係を回復したことをきっかけに、
神様、父母様との心情も深まり、
祝福にも向かうことができました。

自己牧会プログラムは、
本当に心情回復のきっかけになるのだ、
改めて感じるのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

posted by ten1ko2 at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月30日

ある日、愛車と会話をしていると・・・神の愛を感じました 《自己牧会プログラム》



240330.jpg


自己牧会プログラム。今回は、
「愛車から『ありがとう』の声」です。

(男性 60代)

「自己牧会プログラム」の「人と万物に感謝する」ワークに、
次のような解説があります。

「木々や花や土や建物や、青空や太陽に対して
『ありがとう』と感謝していくうちに、
 それらを与えてくださった神様に対して、
 心の底から『ありがとうございます』
 という心が湧いてくるのです。

 万物は一つ一つが神様の愛の結晶です。
 一つ一つから、神様の愛を感じ取っていくのです。

『きれいだね』『素晴らしいね』『ありがとう』と、
 万物に感謝すれば、美(答え)が返ってくるのです。
 それをイメージしてみましょう」
(207ページ、要約)

このワークを実践する中で、万物と対話する
という体験をするようになりました。

その中の一つを紹介します。


自家用車はわが家の大切な一員で、
「流星号」と名付けてかわいがっています。
ただ時々、洗車を億劫に思うこともあります。

ある時、よく頑張ってくれている愛車が
(いと)おしくなり、感謝の気持ちを込めて、
「流星君、洗車に行こうか」と声を掛けてみました。

すると「パパ、ありがとう」という声を感じたのです。
それで“2人”でガソリンスタンドに出掛けました。

洗車しながら、「気持ちいいかい?」と聞いてみると、
「うん、パパ、気持ちいい」と返ってきたので、
こちらもうれしくなりました。

こういう楽しい会話をしながら
車内の掃除まで終えると、既に日が暮れていました。

ふと空を見上げると、美しい月が出ていました。
真のお父様が「頑張っているね」と
にっこりされている感覚がして、心がとてもワクワクしました。

車も月も万物ですが、そこには明らかに神様の愛が宿っており、
こちらが心を開けば、その愛を
キャッチすることができるのだと思いました。

私の心の中にいる神様 15
(Blessed Lifeより)
再編集 文責:ten1ko2


原理講論には、
「人間を中心とする被造世界が存在する目的は、
神を喜ばせることであった」とあります。

車も人間が造ったものではありますが、
愛する心情をもって接していけば、
主人に美を返す存在になるんですね。

お父様は牢獄に入っている時、
「南京虫やノミを見る瞬間、ふと悟る啓示がありますが、
それを逃してはなりません」
と、自叙伝に書かれているように、
万物を通して、神様の愛を感じていかれました。

自分の車を『愛車』呼びますが、
さらに愛をもって接していきたいと思いました。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

posted by ten1ko2 at 11:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月25日

磯野波平さん(仮名)の証し?! お婿さんの食べ方に葛藤しています 《自己牧会プログラム》



200319.jpg


「自己牧会プログラム」の体験談、
今日は、婿のマスオさんに複雑な気持ちを抱える
磯野波平さん(仮名)の証しです(?!)。



嫌な気持ちを抱いたときの魔法の言葉
(男性、60代)

娘夫婦と一緒に住むようになり、1年近くがたちました。

婿(むこ)さんは身長が180センチ以上あり、
とにかくよく食べるのですが、その食べ方が変わっています。

最初に、ご飯の上におかずを全部載せてしまい、
そこから一気にかき込むのです。
初めて見た時は、啞然(あぜん)としました。

また、みんなで箸をのばして食べるように準備した漬け物なども、
お構いなしに全部食べてしまいます。

さすがにその時には、
「おいおい、4人家族(私たち夫婦と娘夫婦)なんだから、
4で割れよ」と言いそうになりました。

 
婿さんは4人兄弟で、兄弟たちも皆、180センチ以上の立派な体格です。

聞けば、その家庭には「3秒ルール」というのがあって、
食事の時に3秒、誰も箸を付けない皿があったら、
それは自分のものというルールなのだそうです。

そういう中でもまれて育ったせいか、
まずは自分の食べる物を確保するという習慣がついてしまったようです。

そういう背景は分かっても、最初のうちは葛藤の連続で、
文句の一つも言いたくなることがよくありました。

 
そんなとき助けてくれるのが、「心の目で見る」ワークです。

人に対して嫌な気持ちを抱いたときの魔法の言葉として、
「真の愛を中心として正しく見させてください」
と唱えるのです。

そうすると自分の良心にアクセスすることができ、
本当は誰もけんかなんかしたくないし、
互いに一つになりたいと思っていることに気付くのです。

すると、相手を責める気持ちはすーっとどこかに消えてしまいます。

 
ある時、あまりにもカチンとくることがあったので、
「心の目で見る」ワークをしながら、良心に
「どうしたらいいでしょうか」と尋ねてみました。

そうしたら良心の答えはこうでした。

「娘をもらってくれただけで、ありがたいじゃないか」

なるほど、そうだと思いました。

うちの娘は、大学で物理学を専攻したバリバリのリケジョ(理科系女子)です。
物の言い方も理詰めでビシッとしています。
親からすれば目に入れても痛くない、かわいい娘ですが、
男性から見ると、いわゆる“かわいいタイプ”ではないのです。

そんな娘をもらってくれたのですから、
こんなありがたい婿さんはいないのです。

 
娘は最近、そんな婿さんが「慕わしい」と言っています。
そんなことは、思っても口にしないタイプだったので、驚きました。
婿さんが娘を変えてくれたのです。

最近は婿さんに対し、「よく食うな」から
「食べてもらえるのがありがたい」と思えるようになりました。

たまに仕事で食事の場にいないと、寂しいとさえ思ってしまいます。
こんな気持ちになれたことが感謝です。

Blessed Lifeより
再編集 文責:ten1ko2


自分の基準で物事を見ると、
裁きとか、要求の思いになりますね。

この「マスオさん」の場合は、
証しをしているお義父さんだけでなく、
客観的に見ても「ちょっとどうかな」
そのように思われても仕方がないかもしれません。

しかし、お義父さんは、
良心に尋ねてみたのです。

私たちも周囲の人たちに「?」
と思うことに対しては、
すぐに反応することなく、
良心の声に耳を傾ける、という
良い習慣性をつけたいと思うのです。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 


posted by ten1ko2 at 08:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする