2024年04月15日

筆舌に耐え難い日々を、凌(しの)ぎながら越えなければならない理由(ワケ) 《金元弼先生のベストアンサー》



10250185_10202676560408030_5553353036355192504_n.jpg


もうすぐ、ご聖婚64周年を迎えます。

真の父母様(文鮮明先生ご夫妻)が
ご聖婚されるまで、そしてその後も
言葉にできないような苦難があったといいます。

1960年4月まで、それ以降に起こったこと、
それらはどんな意味があったのでしょうか。

金元弼(キム ウォンピル)先生のみ言、
「すべてを一つにする条件を立てられた先生」
を紹介します。


1946年から1960年4月までの14年間は、
イエス様の家庭を復帰するための
蕩減基準を立てた期間でした。

60年4月に先生の祝福がありました。
その時までは、イエス様の家庭復帰のための
蕩減条件を立てた期間であったのです。

そして70年の末から73年の初めまでの3年間に、
韓国で祝福家庭をすべて動員しました。
これは、韓国をアベル圏に立てるための
摂理であったと言われています。

その時から、日本をエバ国として
連結させるようになったのです。

この期間に、既成教会と政府の迫害の中において、
国家的な家庭基盤を確立したというのです。


1960年までのひっぱくというものは、
言葉で言い表すことのできないほど大きなものでした。

先生は、その当時のいろいろなことを話されました。
例えば、太邱ではいつも反対を受けたために、
月に13回も家を移らなければいけなくなったのです。
そういう苦労があったのです。

それから60年の聖婚の前夜も、警察に呼ばれて
尋問を受けられ、調書を書かされたのです。
その時は、食口の親が12人で先生を告訴したのです。

毎日調査を受けながらも、
先生はそういうことを成されたのです。

それから36家庭の結婚式の時には、
反対の人が外に来て大騒ぎをしました。
(1960年3双、1961年5.15 33双)

こういういろいろな事件があったのです。
こういう中において、60年の4月を迎えたのです。


その後はアメリカに行かれて、72年から74年まで、
アメリカの既成教会と連結する仕事をされたのです。
先生はその時、7カ都市で講演されました。

72年、73年の活動が、既成教会と
統一教会を連結させる仕事だったのです。

また、先生がダンベリーに行かれることによって、
すべての食口が一つになれる条件を
立てることができたと言われました。

すべての食口が一つとなり、
そしてまた、統一教会と既成教会が、
カインとアベルとして一つになれる道が開かれたのです。


そして特に先生が強調されるのは、
真の父母の心情圏に通じる人になることです。

それは、真の父母の心情圏を知り、
真の父母の心情をもつことです。

真の父母の心情圏に通じる人でなくては、
天上、地上を自由に往来できないのです。
しかし、このような人も、
相対者がいなくてはだめだと言われました。

ですから、そういう心情をもって、それから
相対と一つになることによって初めて天国に行けるのです。

もう一度繰り返せば、真の父母の心情をもつ
ということが重要であり、その次は
自分の相対者と一つになることが
絶対重要であるということです。

これは縦と横の関係です。
これがなければ、天国へは行けないのです。

1989年5月24日 
ドイツ・カンベルグ修練会(祝福婦人集会)

信仰生活シリーズ2
 生活伝道 真の父母に倣う伝道の精神
 金元弼 金 元弼(キム・ウォンピル)

1986年4月4〜7日と
記述されているものもあります

再編集 文責:ten1ko2


最近思うのですが、
真の父母様の心情圏に到達するために、
今の環境圏、人間関係が与えられているのだ、
そのように感じます。

真の父母様の勝利圏により、
天一国時代を迎え、教会に対する迫害も、
真の父母様が通過されたような試練は、
もちろんないですが、
今、日本家庭連合は、日々、凌(しの)ぎながら
乗り越えていくべき、国家的な迫害のさなかにあります。

外的な試練を越えるためには、
内的な試練を越えていかなければなりません。
それは、本物になることを願われている、
ということなのだ、と感じます。

「文先生ご夫妻は素晴らしいですね、
じゃあ弟子のあなたたちはどうなんでしょうね」
そう尋ねられた時、
私たちが堂々と、その内容をもって示せるように
なっていかなければならないと思うのです。




190718-19600411.jpg


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

posted by ten1ko2 at 10:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金元弼先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月04日

私たちにとって、主はどれだけ必要か 宇宙とも替えることができない存在 《金元弼先生のベストアンサー》



190408.jpg


金元弼(ウォンピル)先生のみ言。
『理想の出発点は「ためにあること」』
続編です。

明確にすべき真の父母の価値

先生は、先回こう聞かれました。
「先生はあなたたち一人一人にとってどれくらい必要であるか?
世界にとってどれくらい必要であるか?」

そして「すべての食口は、
それを理論的に自分で整理しておくべきである」
と言われました。

ですから、私たちは自分自身にとって
真の父母がどれくらい必要であるかということを、
はっきりと知っておかなければならないということです。

人から必要であると言われて、
「そうかな」と思うのではなくて、
一人一人が、自分自身で、理論的に
どうして先生が必要であるかということを、
原理を通して理論的に明らかにして
おくべきであるということです。

そして特に、私たちはみな、
自分の利益を求めているけれども、
「自分の利益の基準は何であるか」、
これをまた明確にすべきであると言われました。

何が利益であるか、本当の利益は何であるか?
物質的なものが本当の利益であるか、
それとも永遠の生命が本当の利益であるか?

本当の利益が何であるかという基準をはっきりしておけば、
私たちは自分の生活基準をいつでも
元に戻すことができるというのです。

しかし、先生に出会ったという事実、
これは自由にできるものではありません。

神は長い歴史の点のようなある短い期間を選んで、
ここに先生を送ったのです。

ですから歴史の中から見れば、
一瞬にすぎないこの時点において
先生に出会えたということ、
これは奇跡中の奇跡なのです。

そういう観点から見れば、
私たちに先生が必要であるという次元は、
自分の家庭を中心としたものではないのです。

もちろんそれもそうですけれど、
自分の個人的な先生として必要である
ということだけではなくて、
もっと大きい、世界のための、全人類のための
先生として必要であるということを
知るべきであると言われました。

ですから自分の事情で先生の価値を
判断するのは、一番愚かなことです。

先生としては、神が苦労して摂理を成してこられ、
結局、自分のことばかり思う人を
つくったということを考えれば、
本当に腹が立つと言われました。
何の意味か分かりますか?

ですからこれから私たちは、
本当に自分の価値判断基準を再点検すべきです。

先生の価値は全宇宙を与えても
代えることのできない、そういう価値なのです。
ですから私たちは、この天宙を
目的として仕事をしなければなりません。

日本なら日本、それだけではだめです。
日本を捨てないけれど、しかし日本を越えて、
天宙を目的として仕事をすべきであると強調されました。

日本で働く人は、肉体は確かに日本にあるけれども、
しかし仕事は天宙的な神のみ旨のためにやっているという、
天宙的な神のみ旨に合わせて仕事をすべきだということです。
これをはっきり知らなくてはいけません。

1986年5月18日 オーストリア教会
理想の出発点は「ためにある」こと  
(生活伝道・真の父母に倣う伝道の精神 金元弼)
再編集 文責:ten1ko2

「先生が必要である、と理論的に整理しておくべき」
お父様は、そのように言われたとのことです。

確かにそうですよね。。。
もっと言えば、元弼先生が書かれているように、
「真の父母が必要である」
と本当に理解しなければなりません。
そうでないと今の摂理には
従うことができないでしょう。

先日、清平の地で21日研修会を受けた、
神日本巡回講師、台湾巡回講師や
日本天心苑事務局スタッフなど40名も
真の父母論の教育を受けたことと思います。

また、何よりも私たちは心情において、
真の父母様と切っても切れない関係を結んでいます。

政府が家庭連合の解散命令請求をしております。
考えられないことではありますが、
しかし私たちはどんなことがあったとしても、
この道を離れることはできません。

拉致監禁を受けても、
この道に戻ってきた食口たちが
少なからずいるという事実も、
そのことを物語っています。

これからも、絶対的な信仰を持って、
歩んでいきたいと思うのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 


posted by ten1ko2 at 09:20 | Comment(1) | TrackBack(0) | 金元弼先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月26日

父母様が私のことを、世界のことをいつも祈ってくれる その祈りがどう実ったか 《金元弼先生》



240326-2024.0209-966.jpg


金元弼(ウォンピル)先生が40年近く前に、
ヨーロッパで語られたみ言。今回より、
『理想の出発点は「ためにあること」』を
数回シリーズで紹介します。


オーストリア教会の皆さんに直接お会いすることができ、
心から感謝しております。

オーストリア教会の歴史は、
ポール・ワーナーさんの開拓以来、21年になります。
21回目のオーストリア教会創立記念日を心から祝賀します。

そしてオーストリア教会の皆さんが
ご父母様の心情を抱いて、
その願いを果たすようにと苦労されてきたことに
対して、心から感謝します。

また私は、こういう皆さんが
私の兄弟としているということを誇りに思います。

教会員のために祈られる先生

毎日曜日ならびに月初め、教会の祝祭日は、
朝五時に敬礼式をしますが、文先生は
常に世界中の統一教会のメンバーのために、
神が愛される孝子女になれるようにと
心を込めてお祈りしておられます。

そのお祈りがどのように世界の人々の中に実っているかを、
私は今、皆さんにお会いして実感しました。

先生はだれも知らない迫害の中で、
神の解放と人類の解放のために、
ご自身の家庭を犠牲にしながらひたすら歩む中で、

ついてくる私たちに対して、
「惨めな先生についてくる教会員も、
どんなにか惨めな道を歩んでいることだろう」
と考えながら、
神が直接見守ってくださるよう祈られるのです。

私は、そのように神にお祈りされる
先生の声をたびたび聞きました。

私たちはこの道を知る前に、神は栄光の神であり、
幸せな神であろうと思いました。
しかし、この道を知った時、私たちは、
神がどんなに惨めな神であるかが分かりました。

それゆえに、私たちは、常に難しいことがあっても
神に助けを請うよりも、
いかにして惨めな神の代わりに
なってあげられるかと思うまでに変わりました。

この世には宗教を信仰している人が
たくさんいますが、私たちはその点が違います。

個人の救いのための教えと、
神を解放し人類を解放するという教えと、
ここに大きな違いがあるのです。

私たちの行く道は、メシヤの行く道そのものです。

ですからこういう事情をよくご存じの先生は、
私たちのことを常に心配せざるを得ないので、
神の加護が私たちと共にあるようにと
常にお祈りしておられるのです。

それをはっきりと知ってほしいのです。

私は先生に出会ってから四十年になりますが、
先生はこの40年、一日も休まず朝5時から働いておられ、
夜12時以前に休まれるのを見たことがありません。

ですからこの先生と一緒に生活するということが、
どんなに難しいかがはっきりと分かります。

先生の近くに侍るリーダーであっても、
先生に自分のやっていることを報告したり、
あるいは指示を受ける必要がある時には、
1時でも、2時でも、3時でも我慢できますが、
その用事が済むと先生の所か
ら早く離れたいという心をもっています。

そういうことを見ても、先生が人の力ではできない生活を
しておられるということが分かります。

先生は、神の国をこの世に実現するという、
その目的を達成するまで、こういう生活を
継続しておられるということを念頭に置いてください。

1986年5月18日 オーストリア教会
理想の出発点は「ためにある」こと  
(生活伝道・真の父母に倣う伝道の精神 金元弼)
再編集 文責:ten1ko2


世界のすみずみにまで、
家庭連合は広がりました。

元弼先生が礼拝をされた地は、
ヨーロッパのオーストリアです。

ヨーロッパも数は少ないかもしれませんが、
それでも各地にみ言が伝えられました。

30年前、妻は、東ヨーロッパの地で、
宣教活動をしました。

真の父母様の祈りが、世界中に届き、
優秀な青年たちが歩んでいる姿に
心から感動したそうです。

現在、清平の地においては、
40日修練会に国際メンバーが
100名以上参加しているといいます。

妻がヨーロッパで活動した頃以降に
生まれた青年たちがほとんどであり、
当時のメンバーの子供たちもきっと、参加していると
考えると、感慨深いものがあります。

同じ兄弟姉妹として、
心情を共有できることが
どれだけ素晴らしいかを感じるのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 


posted by ten1ko2 at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金元弼先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする