2024年03月20日

一つになるには、その人の過去を知ってみる 目に見えないものを大切に・後編 《金元弼先生のベストアンサー》



230310.jpg


見えない神様と一つになるには、
どうしたらいいでしょうか──

金元弼先生のみ言、
『目に見えないものを大切にする心』
後編です。

1986年、ヨーロッパに赴任された際、
語られたみ言です。



目に見えないものの貴重さ

一つの例を分かりやすく話してみましょう。

一人の貧しいこじきがいるとします。
これをこじきだと思ったらそれほど関心はありません。
しかし、そのこじきの過去を調べてみると、
その親がある国の国王だったと考えてみましょう。

そうすると、ただのこじきで終わるでしょうか。
そうはならないでしょう。
そのこじきを大事にする心が出てくるのです。
そうでしょう?


また、私たちのメンバーの中に
気に入らない人がいるとしましょう。

しかしその人は、過去に自分の親から愛され、
本当に親孝行した人であるとするなら、
その人に対する考えがどう変わるでしょうか。

そういうことを考えてみると、
今現れているものばかりでなく、
現れていない部分を知るということが、
どんなに大切なことかが分かります。


先生は、北韓のろう屋から出られた時に、
ろう屋の中で食べておられた食べ物を持ってこられ、
平壌に残っていた弟子たちに
お土産として分けてくださいました。

ただ有り難いと考えるかもしれませんが、
先生がろう屋の中で食べたいけれども食べないで、
弟子たちにあげようと思って持ってこられたものだと考える時に、
どんなに感謝の心になるでしょうか。



神と真の父母を喜ばせるために

皆さん、いかがですか?
だれにも言わない、自分の良いところを
人々が分かってくれるというのは。

知られると嫌ですか。
それを私が分かるほうが良いですか。
真の父母に分かってもらうほうが、もっと良いですか。

そこで私は皆さんの良いところをどんどん見つけて、
それを真の父母に伝えてあげたいのです。

これが、私がこの国に来て一番やりたいことであり、
私の使命の中でも重要なものです。

そのためには、神と真の父母が願うことを、
皆さんにやってもらわなければなりません。
ところが皆さんには神の願いが分からないところがありますから、
それを教えるのが私の使命です。

時には私の言うことが皆さんにとって
気に入らないこともあるかもしれませんが、
それでも私の言うことを聞いてくれますか? (はい!)。
それが私を一番助けることです。

そうすれば、真の父母は、神は、皆さんの良いところを見て、
また皆さんの国の良いところを見て、お喜びになるでしょう。

そうしたらその神は、真の父母は、皆さん一人一人を、
また家庭を、皆さんの国を、
そしてヨーロッパを祝福したくなるでしょう。

それが私がやりたいことです。
私と皆さんが心を一つにして助け合うことができれば、
それが可能になるだろうと思います。
皆さんはそういうことをしようとする私を助けてくれますか? (はい!)。

神が喜ぶことを、真の父母が喜ぶことをたくさんしましょう!

一九八六年五月十五日
ドイツ・フランクフルト本部教会
『目に見えないものを大切にする心』

金元弼 信仰生活シリーズ 2
生活伝道 真の父母様に倣う伝道の精神
再編集 文責:ten1ko2


私たちは平面的な観点で物事を見つめがちです。
物事を立体的にみること、
平面的にみると問題がある時ほど、
そのような見つめ方が必要なのではないでしょうか。

かつて、復帰摂理のノア家庭において、
ハムがノアの裸につまずき、
心情一体化するための摂理が失敗したように、
一つ一つの現象の背後を
見つめていくことが大事なのだと思います。

そして、愛情をもって対していく。
すべてが神様の子女ですし、
神様の願いが託されています。

孝情というのが貴いのは、
すべてを超越して、
一つになれることだと思うのです。



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

posted by ten1ko2 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金元弼先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月15日

目に見えないものを大切に 金元弼先生の奥様がすごかった話 《金元弼先生のベストアンサー》



240315.png


金元弼先生が1986年5月15日に
ドイツ・フランクフルト本部教会で語られたみ言、
『目に見えないものを大切にする心』
前編を紹介します。

1970年、3年間開拓伝道という
統一教会史に残る大きな摂理が始まりました。

出発も危ぶまれたその摂理でしたが
文鮮明師(真のお父様)が取った秘策とは。

 
本来、私の家内も一緒にここへ来る予定でしたが、
長い間眠らずに赴任のための準備をしていて、
相当体をこわしたので、
同席できなかったことをお許しください。
家内は体が弱いのです。



三年間の開拓伝道

一九七〇年、三年間の開拓があり、七七七家庭以上、
三十六家庭に至るまでの祝福家庭が参加しました。

そのころの三十六家庭、七十二家庭、一二四家庭では
子供も生まれ、その数が四、五人と増えていましたし、
七七七家庭は祝福されて間もない時でした。

そういう中で奥さんたちが全部動員されますから、
ご主人は子供たちの面倒を見ると同時に、
公的な仕事もしなければならない状況でした。

さらに、自分の奥さんが開拓で必要な食事代を月々、
送ってあげなければならないという事情でした。

ですから自分の親戚に子供を預けるか、
それができない人は孤児院に
子供を預けなければならなかったのです。

文先生はこのようにいろいろな事情のある人を
全部動員するにはどうしたら良いかと、
非常に考えられたようです。

そこで先生は、私の家内のことを考えられました。
当時家内は、体が弱いので病院に行ったり
横になったりしていたのです。

ですから韓国の人たちは、家内は病気で寝ているから
どんなことがあっても出られないだろうと思っていました。

しかし先生は、三十六家庭の一番初めの者である
家内に、開拓に行くようお命じになりました。

先生は、家内に「開拓に出て死んだ場合は
あなたの棺を造ってあげる」とおっしゃり、
開拓の先頭に立てられたのです。

先生がこういう覚悟で家内を出したので、
だれも「私は無理だ」と言う者がなく、
全体動員することができました。

家内は先生の願いにそって三年間、
一日も休むことなくその位置を守り、
十二名の霊の子女を立てて、勝利して帰ってきました。

このたびは寝られなかったので、きょうは
食事もできずに寝ています。

家内が来られないので、私が代わって
弁明の辞を述べた訳です。
これからはいつもお目にかかれることですからご了承ください。



人の過去にも関心をもつ

私は、ここへ来て皆さん一人一人を眺め、心から好きになりました。
それは、私の率直な気持ちです。

今まではアメリカで皆さんとは距離を置いてきましたが、
今は直接お会いできるようになりましたので、
一人一人を本当に深く知ることができるように努力したいと思っています。

私たちは、教会の中で因縁をもって一緒に生活していますから、
教会に入ってからのことについてはお互いによく知っています。

しかし、教会に入る前のことについては、
よく分からない世界がたくさんあると思います。
私も同じです。

また、私たちは、先生ご夫妻に会ってからの
ご夫妻のことについてはよく知っています。
しかし、それ以前のことはよく分かりません。
ですから私たちは、今のことよりも、
自分の知らない先生のことを知りたいのです。

ところが私たちは、真の父母に対して、
自分が出会う以前のことを知りたいと思いながらも、
兄弟に対しては、それほど知ろうとしないのです。

私は親に対しては言うまでもありませんが、
皆さんに対しても、過去のことを知りたいと思っています。
それは根深く、根深く一体化したいからです。
それが分からないから兄弟の大切さを忘れることがあるのです。

一九八六年五月十五日 
ドイツ・フランクフルト本部教会
『目に見えないものを大切にする心』

金元弼 信仰生活シリーズ 2
生活伝道 真の父母様に倣う伝道の精神



元弼先生のサモニムは、
そんな道を通過されたのですね。。。

ご自身の体の事情を乗り越えて、
ただただ、お父様のみ言に純粋に
従っていかれたサモニムの信仰は、
多くの人達の心を動かしました。

1970年からの3年間開拓伝道は、
多くの逸話を生みました。
その時に参加した韓国婦人とその家庭の犠牲は、
知らない立場から見れば、
狂信的で、非常識にも見えるものだったかもしれません。

しかし、それによって、3年間暖冬が続き、
漢江が凍らなかったので、
北朝鮮の侵攻を止めることとなり、
韓国を守ったのだと聞いています。

その後、世界宣教の摂理など
旧統一教会のメンバーの犠牲と奉仕は続きました。

1990年代中盤以降は、
日本女性が海外に1万名以上も
宣教に出る摂理がありました。

摂理の背後には、いつも国や世界の
危機的な状況があり、切迫した天の願いが
あったのに違いありません。

天心苑徹夜精誠が、来週の金曜日で1000回を迎えます。

李基誠苑は、お母様が指示されたみ言に対し、
従順に祈祷会を実践していかれました。

当初は、付いてついていった人は少なく、
様々な噂話もあったそうです。

しかし苑長の絶対信仰により、
韓国だけでなく、日本の食口たちも
全世界の食口たちの心を動かしました。

私達、日本家庭連合の食口も、
今は本当に厳しい状況にありますが、
しかし、天を求める純粋な信仰を、
変わらない心情をもっていきたいと思うのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

posted by ten1ko2 at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金元弼先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月04日

真の父母から私たちへの質問 私が必要なのか、神様が必要なのか 《金元弼先生のベストアンサー》



190710-19550704.jpg


今日は、真のお父様(文鮮明先生)から、
私たちへの質問です。

──私たちにとって、真の父母は
どれくらい必要なのか?
世界にとって、真の父母が
どれだけ価値があるのか?

金元弼(ウォンピル)先生がドイツで日本人たちに語られたみ言
「天国創建のために」より、
『明確にすべき真の父母の価値』です。


先生は、先回こう聞かれました。
「先生はあなたたち一人一人にとって
どれくらい必要であるか?
世界にとってどれくらい必要であるか?」

そして「すべての食口は、それを
理論的に自分で整理しておくべきである」
と言われました。

ですから、私たちは自分自身にとって
真の父母がどれくらい必要であるか
ということを、はっきりと知って
おかなければならないということです。

人から必要であると言われて、
「そうかな」と思うのではなくて、
一人一人が、自分自身で、理論的に
どうして先生が必要であるかということを、
原理を通して理論的に
明らかにしておくべきであるということです。


そして特に、私たちはみな、
自分の利益を求めているけれども、
「自分の利益の基準は何であるか」
これをまた明確にすべきであると言われました。

何が利益であるか、本当の利益は何であるか?
物質的なものが本当の利益であるか、
それとも永遠の生命が本当の利益であるか?

本当の利益が何であるかという基準を
はっきりしておけば、私たちは自分の生活基準を
いつでも元に戻すことができるというのです。


しかし、先生に出会ったという事実、
これは自由にできるものではありません。

神は長い歴史の点のような
ある短い期間を選んで、ここに先生を送ったのです。

ですから歴史の中から見れば、一瞬にすぎない
この時点において先生に出会えたということ、
これは奇跡中の奇跡なのです。

そういう観点から見れば、
私たちに先生が必要であるという次元は、
自分の家庭を中心としたものではないのです。

もちろんそれもそうですけれど、
自分の個人的な先生として必要である
ということだけではなくて、
もっと大きい、世界のための、
全人類のための先生として
必要であるということを
知るべきであると言われました。

ですから自分の事情で先生の価値を判断するのは、
一番愚かなことです。

先生としては、神が苦労して摂理を成してこられ、
結局、自分のことばかり思う人を
つくったということを考えれば、
本当に腹が立つと言われました。

何の意味か分かりますか?


ですからこれから私たちは、本当に
自分の価値判断基準を再点検すべきです。

先生の価値は全宇宙を与えても
代えることのできない、そういう価値なのです。

ですから私たちは、この天宙を目的として
仕事をしなければなりません。

日本なら日本、それだけではだめです。
日本を捨てないけれど、しかし日本を越えて、
天宙を目的として仕事をすべきである
と強調されました。

日本で働く人は、肉体は確かに日本にあるけれども、
しかし仕事は天宙的な神のみ旨のためにやっているという、
天宙的な神のみ旨に合わせて仕事をすべきだということです。

これをはっきり知らなくてはいけません。

天国創建のために 
1986年4月4〜7日 
ドイツ・カンベルグ修練所(日本人修練会)

金元弼 信仰生活シリーズ 2
生活伝道 真の父母様に倣う伝道の精神
再編集 文責:ten1ko2


真の父母様の価値。。。
私たちも認識しなければならないとともに、
真の父母様を知らない人たちにも、
私の姿を通して、はっきりと認識してもらう時を迎えています。

特に今、このような情勢の時ほど、
私たちが、真の父母様の代身となっていく、
価値ある存在となっていきたいと思います。

天心苑祈禱を中心に天と共鳴し、
霊性を啓発し、形に表していけますように。。。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

posted by ten1ko2 at 07:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金元弼先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする