2024年01月16日

私たちは本物なのか?! だんだん大きくなっていく、これがホントの宗教、団体 《金元弼先生のベストアンサー》 



240116.JPG


心と体が一致しない私たち、
見えない神様と一つとなるためには、
どのようにしたらいいのでしょうか。

金元弼(ウォンピル)先生のみ言、
「完全な救い」の3回目
「天宙的な自分を形成したか」

天宙的な自分を形成したか

メシヤを中心として、いかに為に生きる私になったか、
メシヤの願いにかなった、
天宙的な自分を形成したかということが問題です。

兄弟のために生きたら、兄弟は私を嫌がりません。
それが実証です。

今、私たちはみ旨の前に、人類のために活動しています。
メシヤを中心として、一致していく完成の道なのです。


私はこれをしたいと喜んでやる人も、
義務と使命感で、神はこうであるから…
としてやる人も、本質においては同じです。

人のために、私の愛をささげるのです。

人のためになったということは生きがいとなります。
心が良くなります。

その確証としては、自分が完成していく過程において、
本当に良かったという生きがいを感じるのです。

完成の確証というのは、人々が私を好むようになるか、
嫌がるかで分かります。

私を好まないというのは、
ためにならないから好まないのです。
人はその人のためになってくれる人を好むものです。

 
メシヤが、私たちにこれをしなさいと言われます。
そして動けば発展するのです。

動くということは作用することであり、
作用するということは、授受することであり、
授受したら繁殖します。

神から受けた愛を発展させるためには、
人のために生きるという心を
発展させていかなければなりません。

個人のために成功すれば家庭の中に、
家庭のために成功すれば氏族の中に、
このようにして天宙のために、神のためにと、
完成という基準に向かっていくのです。

これがありがたい指導者です。
偉大なる指導者は何のために
私たちを導いていくのですか。
次元の大きい道へ導いていく人が良い指導者なのです。

U 先生の道は我々の伝統
第十二章 完全な救い
「神が人間に与えた愛の型」

信仰生活シリーズ 6
「伝統の源流 主と歩んだ教会創立以前の道」 
金元弼(1998年7月1日発行)
*『信仰と生活第二集伝統の生活化』を改題
再編集 文責:ten1ko2


自分たちは、本物だ!
それは私たちが思うより、
周りの人達に思ってもらうことが重要です。

人の為に生きる、と言いながら
本当の意味で、社会に貢献する私たちなのか、
そのことを問わなければならない時を迎えています。

神様なら、お父様なら、イエス様なら、
どのように与えていかれるのだろうか、
そのことを意識していきたいと思うのです。



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

posted by ten1ko2 at 10:55 | Comment(1) | TrackBack(0) | 金元弼先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月04日

For you, not for me! 愛される私になるためには 心と体が一致しない2 《金元弼先生のベストアンサー》 



240104.jpg


心と体が一致しない私たち、
見えない神様と一つとなるためには、
どのようにしたらいいのでしょうか。

人を中心としてではなく、
神を中心として一つとなるためには、
まず、メシヤと一つとならなければなりませんが──

金元弼(ウォンピル)先生のみ言、
「完全な救い」の2回目
「神が人間に与えた愛の型」です。

神が人間に与えた愛の型

これから私たちがしなければならないのは、
メシヤのみ言をいかに実体化するかということです。

み言の中心は神の愛であり、神の愛は、
私のためにではなく、皆様のためにということなのです。

真の愛は、神のためにささげる愛です。
神は人間のために、主体は対象のために、
対象は主体のために働くのです。

神があれば、神の実体対象の世界があります。
それは人類を中心とした世界になります。


神の愛は小さくは私個人のため、私の家庭のため、
私の氏族のため、私の民族のため、国家、
世界、天宙のためにということになるのです。
そして、神のためにあるのです。

愛というのは、ためになるということです。
自分のためではなく、神が愛する
個人、家庭、氏族、民族、国家、世界、
天宙のためになるということです。
受けることではなく、与えることです。

神が人間に与えた愛の型は、自分のためにではなく、
対象のために与えるということです。


だから、神を愛するということは、
神のために自分の愛を与えることです。
天宙の中心である神に、天宙的な愛を与えなければなりません。

個人的には個人の愛を、家庭的には家庭の愛を、
民族的には民族の愛を与えなければならないにもかかわらず、
堕落した人間は神に愛を与えないで、
自分のために神の愛を受けようとしたのです。

愛の中でも最高の愛は、人間の世界から見れば
天宙の愛、天宙の根本である神に対する愛が、最高の愛です。

私が兄弟を愛するということは、兄弟のためになるということです。
神が愛する人を愛するということです。
国家を愛するということは、神が愛する国を愛するということです。


メシヤと一致した私になるためには、
メシヤに愛される私にならなければなりません。

愛される私になるためには、愛さなければなりません。
ところがメシヤと私たちは一緒の生活圏内にはいないのです。
メシヤは基準を立てていて、メシヤのみ言の基準は
私たちと一緒にあるけれども、実体は一緒にありません。

ゆえに、メシヤが愛する人を愛するということが、
すなわちメシヤを愛するということになるのです。


私が完成したかということを
どのようにしたら確認できますか。

自分は神が愛する人のために、国のために、
世界のためにいかに心を尽くしたかということによって、
自分自身の基準が分かります。

完成には段階があり、個人の完成は完成とは見ないのです。
個人は完成していても家庭は完成していないのです。

それ自体として完全であっても、一つの目的を
中心として見れば、部分的な完成であって、
全部完全なものとして組み立てられた時、
初めて完成したといえるのです。

私たち個人というものは、天宙の一つの基本単位です。
これが合わさって、完成という
創造の理想の完成が現れてくるのです。

U 先生の道は我々の伝統
第十二章 完全な救い
「神が人間に与えた愛の型」

信仰生活シリーズ 6
伝統の源流 主と歩んだ教会創立以前の道」 
金元弼(1998年7月1日発行)
*『信仰と生活第二集伝統の生活化』を改題

再編集 文責:ten1ko2


「メシヤが愛する人を愛するということが、
すなわちメシヤを愛する」

メシヤが愛する人とは、
誰でしょうか。

アベルに立つ者だけを愛する
真の父母様ではありません。
万民を愛される真の父母様です。

そして私たちにも
同じ目線で見つめ、愛してほしい
と願われているのです。

天心苑での徹夜精誠も
そんな天の切実な叫びを感じる場だと思うし、
愛の心情を高める場であるとも思うのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

posted by ten1ko2 at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金元弼先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月15日

心と体が一致しない私たち、どうしたらよいのでしょうか 《金元弼先生のベストアンサー》 



231215.jpg


心は燃えど 弱きわが身
小暗き(おぐらき)道に 
幾度(いくたび)さまよう・・・
聖歌35番「心には願えど」より

心と体が一致しない私たち、
見えない神様と一つとなるためには、
どのようにしたらいいのでしょうか。

金元弼(ウォンピル)先生のみ言、「完全な救い」の1回目
今回は、「完全の基準」です。


私たちは心と体が一致しません。

いつもみ言に触れながら、心は願うけれども、
体はなかなかついて来ないのです。

皆さんもよく御存じのとおり、
完全という基準は神を中心として
私がいかに一致するかということです。

見えない神と私がいかに一致するか
ということが問題なのです。

神は、この世の中に
完全な人としての基準を立ててくださいました。
その方がメシヤです。

私がいかに神と一致した完全な人間になろうとしても、
完全な基準がなければできません。
その基準が与えられたことは本当に幸せであると思います。


我々はメシヤのみ意となかなか一致できません。
完全な基準として立たれたメシヤと、
堕落している人間とはどのような違いがあるのでしょうか。

神と一致した人間は、神を主体として、
対象の立場に立って一つになる、
すなわち第二の主体となるのです。

堕落していない人間が、神を中心として
一つになったならば、その人は第二の神になるわけです。

人間は自分の中に神が宿ることを願い、
神は人間の中に宿ろうとされたのです。

ところが人間はその位置から離れて、
人を中心として神を一致させようとしました。
これが堕落です。


堕落性の一番本質的なものは、
人を中心として神を考えたことです。

メシヤは神を中心とした完成人間です。
神を中心とするということは、
神の愛を中心とするということです。

完成の基準がこの世に立てられたことによって、
初めて堕落人間が完成できるきっかけができたのです。

完成することの考えられない、堕落した
この世の中にあって、完成できる
出発点を私たちは発見したのです。

完成の基準に向かって出発した
私たちの立場であることを忘れてはならないのです。

U 先生の道は我々の伝統
第十二章 完全な救い
「完全の基準」

信仰生活シリーズ 6
「伝統の源流 主と歩んだ教会創立以前の道」 
金元弼(1998年7月1日発行)
*『信仰と生活第二集伝統の生活化』を改題
再編集 文責:ten1ko2


私たち人間には良心(本心)があります。
しかし、神様と関係が切れてしまったことが問題です。

だから本心は誰にもあるのだけれど、
神様から離れてしまったので、
良心が残ってしまい、神様を中心としたものではなくなりました。

問題は、真の神様とつながることです。
そのためには、真の父母が重要なのです。

そして、今は、清平天心苑祈禱会を通して、
良心を啓発させる努力をしています。

神様と通じる「私」になりたいですね。。。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

posted by ten1ko2 at 12:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 金元弼先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする