2023年12月15日

心と体が一致しない私たち、どうしたらよいのでしょうか 《金元弼先生のベストアンサー》 



231215.jpg


心は燃えど 弱きわが身
小暗き(おぐらき)道に 
幾度(いくたび)さまよう・・・
聖歌35番「心には願えど」より

心と体が一致しない私たち、
見えない神様と一つとなるためには、
どのようにしたらいいのでしょうか。

金元弼(ウォンピル)先生のみ言、「完全な救い」の1回目
今回は、「完全の基準」です。


私たちは心と体が一致しません。

いつもみ言に触れながら、心は願うけれども、
体はなかなかついて来ないのです。

皆さんもよく御存じのとおり、
完全という基準は神を中心として
私がいかに一致するかということです。

見えない神と私がいかに一致するか
ということが問題なのです。

神は、この世の中に
完全な人としての基準を立ててくださいました。
その方がメシヤです。

私がいかに神と一致した完全な人間になろうとしても、
完全な基準がなければできません。
その基準が与えられたことは本当に幸せであると思います。


我々はメシヤのみ意となかなか一致できません。
完全な基準として立たれたメシヤと、
堕落している人間とはどのような違いがあるのでしょうか。

神と一致した人間は、神を主体として、
対象の立場に立って一つになる、
すなわち第二の主体となるのです。

堕落していない人間が、神を中心として
一つになったならば、その人は第二の神になるわけです。

人間は自分の中に神が宿ることを願い、
神は人間の中に宿ろうとされたのです。

ところが人間はその位置から離れて、
人を中心として神を一致させようとしました。
これが堕落です。


堕落性の一番本質的なものは、
人を中心として神を考えたことです。

メシヤは神を中心とした完成人間です。
神を中心とするということは、
神の愛を中心とするということです。

完成の基準がこの世に立てられたことによって、
初めて堕落人間が完成できるきっかけができたのです。

完成することの考えられない、堕落した
この世の中にあって、完成できる
出発点を私たちは発見したのです。

完成の基準に向かって出発した
私たちの立場であることを忘れてはならないのです。

U 先生の道は我々の伝統
第十二章 完全な救い
「完全の基準」

信仰生活シリーズ 6
「伝統の源流 主と歩んだ教会創立以前の道」 
金元弼(1998年7月1日発行)
*『信仰と生活第二集伝統の生活化』を改題
再編集 文責:ten1ko2


私たち人間には良心(本心)があります。
しかし、神様と関係が切れてしまったことが問題です。

だから本心は誰にもあるのだけれど、
神様から離れてしまったので、
良心が残ってしまい、神様を中心としたものではなくなりました。

問題は、真の神様とつながることです。
そのためには、真の父母が重要なのです。

そして、今は、清平天心苑祈禱会を通して、
良心を啓発させる努力をしています。

神様と通じる「私」になりたいですね。。。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

posted by ten1ko2 at 12:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 金元弼先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月02日

神様も疎外されれば心が痛い! 愛の減少感を感じる天使長を眺める親心 《金元弼先生のベストアンサー》 



181006 wonpil19900918.jpg


いわれなき誤解、無理解、
ひいては、差別や迫害を受ける時、
寂しく、悔しく、理不尽な思いを抱える時、
前向きに越えるためにはどうしたらいいでしょうか。

金元弼(ウォンピル)先生のみ言、「愛の減少感」より
今回は、最終回「神も愛の減少感を感じる」です。

神も愛の減少感を感じる

食口から疎外されるのを越えるのは
たやすいのですが、自分が指導し
信じた人から疎外されるのは心が痛いのです。

しかも自分が尊敬する上の人から
疎外されるのはもっと心が痛いのです。

メシヤもその道をたどっていかれるのです。
2000年前、すべてを懸けて神を愛しましたが、
神はメシヤを捨てたのです。

その時に、私はこんなにもしたのに
神は私を無視した、もう神とは関係ない、
と断絶するような境地におかれたのですが、
それでもメシヤは神に従ったので、
天使長を主管することができたのです。


私たちが再臨のメシヤに侍り、離れていった
その時に、メシヤから疎外感を感じるとするならば、
メシヤもまた私たちから疎外される
疎外感を感じるというのです。

愛の減少感を感じている天使長を眺める
神の心情はどうだったでしょう。
神の心は天使長から
愛の滅少感をもっと感じたというのです。


例えば愛する子女がいるとします。
その子が成長して孫をもちました。

父母は年を取ってきて、その子女が
孫と一緒に和気あいあいとしている姿を見ていると、
何だか疎外感を感じるというのです。

親は孫と子女が和気あいあいとしている中に
一緒にいたいのです。
そうでなければその子女から
疎外されるような愛の減少感を感じるのです。


天使長が神から愛の減少感を感じた時に、
相対的に神が天使長から愛の減少感を感じた
ということを反射的に考えなければなりません。

だから愛の減少感を感じた私を眺める
神の心はどうであったのだろうかと考えるのが、
神を中心とした考え方なのです。

私たちにおいても、私が疎外感を感じた場合、
相対的に私を眺める指導者は、
同時に私以上の疎外感を
感じていることを考えなければならないのです。

U 先生の道は我々の伝統
第十一章 愛の減少感
「神も愛の減少感を感じる」

信仰生活シリーズ 6
「伝統の源流 主と歩んだ教会創立以前の道」 
金元弼(1998年7月1日発行)
*『信仰と生活第二集伝統の生活化』を改題
再編集 文責:ten1ko2


神様は心情の神であり、
愛の神様です。

神様から愛されていない・・・
そんな思いを持った天使長を見つめる
神様の心情はどうだったか。

神様も愛の減少感を感じられたというのです。
しかし、天使長は自分のことしか考えず、
神様の心情など全く考えませんでした。。。

その堕落性が「私」の中にあるというのです。

ですから、今の日本の状況を見つめる、
神様の心情をよくよく尋ね求めていけば、
神様は決して日本を見捨てるはずはなく、
ともに涙しておられることを感じるのです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 



posted by ten1ko2 at 09:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金元弼先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月23日

心の中で呪っただけで、力を失う 疎外感の極度が神との断絶 《金元弼先生のベストアンサー》 



181006 wonpil19900918.jpg


いわれなき誤解、無理解、
ひいては、差別や迫害を受ける時、
寂しく、悔しく、理不尽な思いを抱える時、
前向きに越えるためにはどうしたらいいでしょうか。

金元弼(ウォンピル)先生のみ言、「愛の減少感」より
今回は、「責任心情」です。

責任心情

主管*しなければならない人間が
主管を受けたことが堕落です。

いくら私の生命を脅かすことがあっても、
主体性を守れず、原理的位置を確固として
守っていくことができなかったのは、
天使長の責任というよりも人間の堕落性であったのです。

人間復帰には主体性をはっきり守り、
原理原則に従っていくことが非常に大切なことです。

責任は全部主体にあるので、責任を転嫁する
という堕落性は、対象の立場には縁が遠いのです。

責任はアダムにあって天使長には絶対にありません。

地区長であれば、下のものが失敗したら
責任を負わなければならないのに、
「あの人は私がこういうふうに話したのに
言うことを聞かなかったから」と責任転嫁するとしたら、
それは堕落した人間の堕落性を受け継いだそのままの姿です。

自分の下の者が失敗したら、責任をもっている
自分自身が失敗したごとく考えないのでは、
誰が侍ることができますか。

メシヤは十字架にかかった悲運なメシヤであったけれども、
その責任をイスラエル民族に負わせないで
御自分に負わせたというのです。


カインの本質というものは疎外感であり、
それが勝利できなかった
その世界的なカイン型が共産主義陣営です。

そうだとするならば疎外感の極度に発達したものが
断絶ですから、神と人間は
関係がないということになります。

共産主義の本質は、神と人間は関係ない
ということになってくるのです。


呪って疎外の極度に至ったとしても、
神に帰ることができたならば、
天使長が乗り越えたのと同じ境地になるのです。

私たちは口には出さずに心の中で呪ったとしても、
力を失っていくということをしてはいけないのです。
これが大切なところです。

天使長がそういうところにあって倒れたというのです。
神は倒れる直前の境地にまで私たちを導いていくのです。


誰も願わないのにそういう心が起こるというのは、
起こらせたのであって、
自分自身がもたらしたのではないのです。

もちろん、自分が相対基準をもたなければ、
そこまで発展しないで立ち返ることができるのですが、
復帰するために、神はそういう境地に導くのです。

だからそういう境地にあって挫折してはいけません。
これが神の道を覆した恐しい敵であると悟って、
私は罪人であるという心でこれを迎えるのです。

そうでないと、先祖がこの中にあって
全部倒れたのだから、私が勝利しなければ
今まで倒れた先祖を復帰できないのです。


そういうことを考えなければならない境地です。
それを乗り越えた時、私によって
霊界が解放されていくということを考えなくてはいけません。

目に見えないものが、私の決心を
覆していくことを見る時、
これが一番恐ろしい敵だということを知って、
普通のように処理してはいけません。

現象というものは、再現されたものであることを
忘れてはいけないのです。

そうでなければ私は天宙の中心者だとはいえないのです。
人類を復帰しえないのです。

U 先生の道は我々の伝統
第十一章 愛の減少感
「責任心情」

信仰生活シリーズ 6
伝統の源流 主と歩んだ教会創立以前の道」 
金元弼(1998年7月1日発行)
*『信仰と生活第二集伝統の生活化』を改題

*主管:主体性と責任をもって治めること
自己主管(自制)、万物主管もあるが、ここでは関係性
(人間と天使長、人間関係)における主管
再編集 文責:ten1ko2

190910.jpg


責任は下の者が取るのではなく、
自分が責任を取る、ということ。

これはイエス様が行かれた道であり、
真の父母様の行かれている道でもあります。

そして今、祝福家庭である、
私たちが行く道もそうなっています。。。

疎外感(愛の減少感)の極致で
相手を呪って、神と断絶していけば、
さらに運勢を失っていきます。

今、日本は困難な状況にありますが、
私たちは呪うのではなく、
こんな環境に追い込まなければならない
神様の口惜しい心情を思いながら、
越えて行かなければならないでしょう。

天心苑祈禱会で祈れば、
私たちを愛してくださる神様の
切ない心情が迫ってきます。

責任心情を持つ者に、
必ず天の祝福があることを信じて、
祈りと精誠を捧げていきたいと思います。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 



posted by ten1ko2 at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金元弼先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする