2024年04月11日

世界は、神を悲しませる「放蕩息子と孤児」で満ちている 《李ヨハネ先生の信仰サプリ》



240322.jpg


李耀翰(リ ヨハネ/イ ヨハン)先生の
1979年のみ言「私は善なる牧者」の続きです。

正しい信仰

それでは、悪とは何なのでしょうか? 

悪は、自分を中心としたものです。
自分を中心とした気掛かりと心配で
いっぱいの人は、悪なる人です。

これは、次元が違うみ言です。
なぜ悪だというのでしょうか? 

自分の気掛かりや心配でいっぱいの人は、
他人を恨む人であり、他人に手助けする力がないので、
悪の行動をするようになります。

けれども、神を心配する心や
自分の周囲の環境を心配する心は善です。

 
私たちは天の心配をどのようにするのでしょうか? 

無形の神に対して喜びをお返ししようとするならば、
私の生活圏内で、主体者である神が立てられた人を
喜ばせることが神を喜ばせることになります。

私たちはあまりにも無形の神、すなわち、
聖書にある神だけだと思いますが、
これは、神が願われる神観ではありませんし、
あまりにも私たちの生活と懸け離れた神観です。

神が願われる信仰生活は、私たちの生活圏内で
人間を神のように貴く思い、喜ばせることです。

これがまさしく神のために生きる生活なのです。
このような信仰こそ、神を
正しく知っている人の信仰なのです。

これがまさしく原理的に
アベルを経由することを知っている信仰なのです。

 
それでは、私の主体はだれなのでしょうか? 

自分の主体者のために生きる生活が信仰の生活です。

教会に通いながら祈祷し、
礼拝をささげることも重要ですけれども、
自分の実生活が礼拝になり、生活自体が
祈祷になるような生活をしなければなりません。

祈祷と言っても、伏して求めることだけではありません。
主体者を心配する心も祈祷であり、
主体者の心配を知ろうとする心も祈祷です。

そうすれば主体者の事情が分かるようになるのです。
これも啓示です。

 
これがまた、生活に適用されなければなりません。

正しい信仰は、人との関係の中で
実を結ばなければならないのです。

人間関係を離れた熱烈な信仰は独善になり、
悪の実を結ぶことになります。

このように人間関係を離れた信仰は問題になるのです。
この関係を失ってしまった心霊は
常に寂しく、悲しく、重苦しく、悲惨になります。

悲観するという言葉は、主体者に心配をかける
という言葉とも通じるのです。
愛される道がなくなるのです。

父母の懐を離れた放蕩息子は悲惨なのです。

聖書の中の放蕩息子の比喩は、
主体者を失ってしまった人、
自分が考え、自分が決定し、
自分の思いどおりに生きる人を比喩したのです。

家を離れたから放蕩息子だ
というのではありません。

他人の心配を一つもせず、自分の固執する心で
自分の主張だけをして、
自分の思いどおりにする人が放蕩息子です。

主体者に心配をかける人が放蕩息子なのです。

 
私たちは、父子の関係を結ぶ生活を
しなければなりません。

これは、私の生活圏内での
主体者との関係をいうのです。

先生は説教の中で、「私の願いは、
兄弟が和睦することであり、神様の願いも
兄弟が和睦することです」と語られました。

また、「原理を深く分かっていくならば、
神様の怨恨は、カインがアベルを殺害した事件です。
それが神様の心にあざをつくり、神様が
限りなく嘆息する事件となったのです」
と語られました。

兄が弟を打ち殺したので
父の心にあざができたという話です。

兄、弟がそれぞれどれだけ父母のために生き、
孝行を尽くしても、父母は、むしろ兄弟が
互いに父母に尽くすように生きることを願います。
それが父母の心です。

そのような兄弟をもった父母は、
どれほど心温まるでしょうか? 

父母として子供を見て心温まるのは、
まさしく弟が兄を父のように思い、
兄は父母と同じように弟を思うことです。

そのような子供をもったならば、
父母はどれほど心強く頼もしく思うでしょうか。

 
神の願いは兄弟間の和睦です。
私たちの生活圏内には信仰の兄弟がいます。
私たちは孤児ではありません。

孤児とは、父母と家族をもっていても
自分勝手にする人をいうのです。

自分勝手にするならば放蕩息子であり孤児です。

若い人たちの中で他人の言うことを聞くのを嫌がり、
自分勝手にしようとする人たちは
放蕩息子であり孤児たちです。

最近の世の中は、こういう人たちでいっぱいです。

1979年9月9日 韓国本部教会

信仰生活シリーズ3 聖書の中の心情圏  
摂理の中心家庭に学ぶ信仰姿勢 李耀翰

U 復帰摂理の恨
「私は善なる牧者」
再編集 文責:ten1ko2


「人間を神のように貴く思い、喜ばせること」
これが神様が願われる信仰生活、だといいます。

実は最近、個人霊界というか、
公的責任を歩んでいながらも、
なにか狭い意識に落ち込み、
沼のようにふさぎ込んでおりました。。。

ともに歩んでいる兄弟姉妹、
教会に来る食口たちは、神様なんだ!
そう思うと、意識が違ってきますね。

さらにいえば、私に関わる人すべてを
神様のように貴く思い、接していくならば、
どれだけ刺激的でしょうか。

視野を広げていかないといけない、
そのように感じさせていただきました。

ヨハネ先生、ありがとうございます。



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

posted by ten1ko2 at 10:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 李ヨハネ先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月29日

家庭連合は正しいのか、本物なのか、試してみなさい 《李ヨハネ先生の信仰サプリ》



240322.jpg


それでは私を試してみなさい。
私の言うことを試してみなさい。
善い木はその実を見て分かるのです。
実が正しいならば私が善なる人ではないか

李耀翰(リ ヨハネ/イ ヨハン)先生の
1979年のみ言「私は善なる牧者」、第2回目です。

「私は善なる牧者」と語られた意味

私たちは、神の願いのゆえに神の前に必要存在である
ということを忘れてはなりません。

私たちはどのような環境に身を置くとしても、
私たちの関心と心配は、常に、神と私の周囲の環境の
事情のために生きようとする姿勢をもつことにあり、
このような人が善をもった人なのです。

私たちは善をもつことができないという言葉は、
自分を中心とした考えでいっぱいだということです。
そのような人は、善であり得ません。

もちろん、自分の気掛かりでいっぱいの人も
善をもつことができない人です。
しかし、自分が身を置いている環境で、
より全体を心配する心をもった人は善をもった人なのです。

 
イエス様が、「私は善なる牧者だ。
私は善い」と語られたその善の内容は
どのようなものでしょうか? 

それは、イエス様が、全人類の気掛かりと
心配のためにおられ、新しい生命をお与えになり、
また生命を豊かにするためにおられるというのです。

生命が豊かであるということは、
全体に望みを与え、喜びを与え、全体のために、
すべての人に善なる意欲を復活させてくれるというのです。

またイエス様は、あなた方は私を試してみなさい。
あなたたちが私の言うことを聞いて従順になってみなさい。

私がそのような人なのか、そうでないのかを
試してみなさいと語られました。


今日、統一教会に入ってきた私たちも
先生を試してみましょう。

先生のみ言どおりに生きるならば生命に力を得、
先生のみ言に従順になれば、他人の心配を引き受けて、
ためにしてあげるようになり、先生のみ言を
私がそのとおりに受け入れてみると、
この日まで私がもつことができなかった善の感情が、
私からにじみ出るということが
本当かどうかを試してみましょう。

皆さんは、既にそのようなことを体験しました。
それゆえに私たちの先生は
「真」であられることが証明されるのです。

悲しみと苦痛に陥っているとき、
先生のことを考えてごらんなさい。
その悲しみに勝つことのできる力が
生じるのかどうかを試してみてください。

果たして私たちの先生が
生命を下さるお方なのか試してみるのです。

真なる方をそのとおりに考え、
私の考えを真なるようにしようとするならば、
思いがけない力が生じます。

私たちの先生が「真」であられることは、
私たちの信仰の体験を通してよく知ることができるのです。


イエス様もユダヤ民族が不信するときに、
自ら善なる牧者であると証しなさいました。

その当時、すべての指導者たちは、
イエス様を「僭越だ」と言いました。

「ああ、あの人はこのような歳なのに、
あのようなことを言うのか」と非難しました。

「それでは私を試してみなさい。
私の言うことを試してみなさい。
善い木はその実を見て分かるのです。
実が正しいならば私が善なる人ではないか」
と語られ、イエス様はもうまいな人間たちを切なく思われました。

1979年9月9日 韓国本部教会

信仰生活シリーズ3 聖書の中の心情圏  
摂理の中心家庭に学ぶ信仰姿勢 李耀翰

U 復帰摂理の恨
「私は善なる牧者」
再編集 文責:ten1ko2


毎晩、開催されている天心苑徹夜精誠。
李基誠苑長が必ずみ言を語られます。

ちょうど、昨日語られたみ言の中に、
「成功の秘法とは何でしょうか。
お父様はたった一言、『侍ることである』
と語られました」
とても印象的でした。

イエス様も「善なる牧会者」と語られながら、
最初に信徒たちを愛し、侍っていかれました。

愛する対象がいること、そして最初に侍ること、
その道を行くことが貴いことである、
それを実践することを天が願われているのだ、
そのように思うのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


36父が聖別して、世につかわされた者が、『わたしは神の子である』と言ったからとて、どうして『あなたは神を汚す者だ』と言うのか。 37もしわたしが父のわざを行わないとすれば、わたしを信じなくてもよい。 38しかし、もし行っているなら、たといわたしを信じなくても、わたしのわざを信じるがよい。そうすれば、父がわたしにおり、また、わたしが父におることを知って悟るであろう」。

ヨハネによる福音書 10



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

posted by ten1ko2 at 11:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 李ヨハネ先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月22日

これまでの時代の宗教者と、ここが変わらなければならない! 《李ヨハネ先生の信仰サプリ》



240322.jpg


李耀翰(リ ヨハネ/イ ヨハン)先生の
1979年のみ言「私は善なる牧者」、第1回目です。

 
そこで、イエスはまた言われた、「よくよくあなたがたに言っておく。わたしは羊の門である。わたしよりも前にきた人は、みな盗人であり、強盗である。羊は彼らに聞き従わなかった。
ヨハネによる福音書第10章7、8節


きょう、この聖句を選んだのは、
「真の善」についてお話ししようと思ったからです。

ここでイエス様が「私は善なる牧者だ」と語られました。
「私は善である」と語られた意味は何でしょうか。

イエス様がこの地に来られた目的は、
すべての世の中の人たちが真の生命を得るようにし、
その生命が豊かになるようにすることなので、
「私は善なる牧者だ」と語られたのです。

真の牧者と偽りの牧者

復帰摂理の過程で数多くの信仰の人物たちと
預言者たちが出てきましたが、その方たちは
神の摂理の中で召命を受け、その時代の人間たちを
神の前へ引導する使命を受けた立場でした。

けれども、自分自身が真の生命の主人に
なることができなかったので、
真の生命を与えることができませんでした。

それゆえに道徳的な人になることはできましたが、
真の生命を与えることができる
真の牧者になることはできなかったのです。

そして、その当時の教会指導者たちは、
自分を中心とした信仰をしながら、
自分の願いを中心として働き、
自分を中心とした観をもった人たちだったので、
イエス様は、彼らをどろぼうであり、
強盗であると語られました。

彼らは、人生がなぜあるのか、また、
どのような目的をもって生きなければならないか
というような内容を知ることができないでいながら、
自分を中心とした目的観をもって
羊の群れを引導するふりをし、
自分たちの目的をなそうとしたので、
その内心を責められたのです。

それゆえにイエス様は、ご自身だけが
善なる牧者であると強調なさいました。

「私は、あなたたちに
真の生命を与えることができる」と語られたのです。


私たちを真の生命で生まれ変わらせてくださる主が
真のご父母様になられましたので、
私たちはその方と真の子女の関係を結ばなければなりません。

なぜなら、私たちには真がないからです。

多くの宗教が今まで神を探し求めてきたけれども、
すべて自分のゆえに探し求めてきました。
自分が難しくて探し求めたと言えば理解しやすいのです。

彼らは、天のためにすることのできる内容がないので、
真情から付け加えるものを与えることができません。
それゆえに「偽り」になり得る立場であり、
「真」ではありません。


「真」がない人たちは、他人に
生命の喜びを与えることもできないし、
他人のためにする能力もありません。

ですから、他人を害することしかしない
「偽りなる牧者」だとイエス様は断定されました。

この地上に生きる人たちは、
大部分が自分たちの利益を中心として生きる人たちです。

それゆえにイエス様が「私があなたたちに
生命を与え、その生命を豊かにしようとして来た」
と語られたことは実に驚くべきみ言です。

 
今日、多くの信仰者たちは、すべて
自分のゆえに主を探し求めています。

すべての宗教が、病人が医者を探し求めるのと
同じ様相なのです。

ところが今日、統一教会は
どのような点が異なるのでしょうか? 

人類は、堕落の後孫として真の父母を失ったので、
真のご父母様として来られた主によって
真の子女たちになり、
神の願いのために生きようとする点が違います。

このような群れが集まった所が統一教会だということを、
私たちはいつも忘れてはなりません。
このような点が他の宗教と本質的に違うのです。

統一教会の信徒たちは、他の信仰者たちと信仰内容が
本質的に異ならなければなりません。

私のゆえに神がおられるのではなく
神の願いのゆえに私がいるという考え、
他の宗教人たちとは
本質的に異なった考え方をしなければなりません。

これが、成長した子女たちが
もたなければならない内容です。


あたかも未成年期の子女は、
今なお自分の願いを中心として父を好きになりますが、
だんだん成長して分別がつくようになれば、
自分の父母の気掛かりや心配事に
責任を負おうという考えをもつようになります。

そのように、統一教会の信徒たちは
蘇生期の信仰者とは異ならなければなりません。

私たち統一教会の信徒たちは、
祈祷するときにも祈祷の内容が異ならなければなりません。

今なお私たち統一教会の食口が、
自分を中心とした事情と願いをもって、
このようにしてくださいとか、
また、サタンがすきに付け入らないようにしてください
という祈祷をするならば、
分別(ふんべつ)がついておらず、原理が分からない人です。

1979年9月9日 韓国本部教会

信仰生活シリーズ3 聖書の中の心情圏  
摂理の中心家庭に学ぶ信仰姿勢 李耀翰

U 復帰摂理の恨
「私は善なる牧者」
再編集 文責:ten1ko2
※下にヨハネ福音書10章の関連部分を掲載しました


善なる牧会者として、
真の生命を与えていかれたイエス様。

自分を中心とした信仰、願いをもって
歩む教会指導者たちを
「どろぼうであり、強盗である」
そのようにイエス様は語られます。

私たちは、貴い道に導かれながら、
イエス様、真の父母様と同じような
真の生命を求める歩みをしているでしょうか。。。。

清平の天心苑徹夜精誠においては、
真の父母様と心情を共鳴するべく、
精誠を捧げているところです。

今日の夜には1000回目を迎えます。
1000回を超えるとさらに恩恵があるし、
自然と問題が解決するであろう、と言われております。

何よりも天と相対できる者になることを
念頭に置きながら、歩んでいきたいです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


1よくよくあなたがたに言っておく。羊の囲いにはいるのに、門からでなく、ほかの所からのりこえて来る者は、盗人であり、強盗である。 2門からはいる者は、羊の羊飼である。 3門番は彼のために門を開き、羊は彼の声を聞く。そして彼は自分の羊の名をよんで連れ出す。 4自分の羊をみな出してしまうと、彼は羊の先頭に立って行く。羊はその声を知っているので、彼について行くのである。 5ほかの人には、ついて行かないで逃げ去る。その人の声を知らないからである」。 6イエスは彼らにこの比喩を話されたが、彼らは自分たちにお話しになっているのが何のことだか、わからなかった。
7そこで、イエスはまた言われた、「よくよくあなたがたに言っておく。わたしは羊の門である。 8わたしよりも前にきた人は、みな盗人であり、強盗である。羊は彼らに聞き従わなかった。 9わたしは門である。わたしをとおってはいる者は救われ、また出入りし、牧草にありつくであろう。 10盗人が来るのは、盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするためにほかならない。わたしがきたのは、羊に命を得させ、豊かに得させるためである。 11わたしはよい羊飼である。よい羊飼は、羊のために命を捨てる。 12羊飼ではなく、羊が自分のものでもない雇人は、おおかみが来るのを見ると、羊をすてて逃げ去る。そして、おおかみは羊を奪い、また追い散らす。 13彼は雇人であって、羊のことを心にかけていないからである。 14わたしはよい羊飼であって、わたしの羊を知り、わたしの羊はまた、わたしを知っている。 15それはちょうど、父がわたしを知っておられ、わたしが父を知っているのと同じである。そして、わたしは羊のために命を捨てるのである。 16わたしにはまた、この囲いにいない他の羊がある。わたしは彼らをも導かねばならない。彼らも、わたしの声に聞き従うであろう。そして、ついに一つの群れ、ひとりの羊飼となるであろう。 17父は、わたしが自分の命を捨てるから、わたしを愛して下さるのである。命を捨てるのは、それを再び得るためである。 18だれかが、わたしからそれを取り去るのではない。わたしが、自分からそれを捨てるのである。わたしには、それを捨てる力があり、またそれを受ける力もある。これはわたしの父から授かった定めである」。

ヨハネによる福音書 10章1節〜17節
(口語訳)


※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

posted by ten1ko2 at 11:11 | Comment(1) | TrackBack(0) | 李ヨハネ先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする