2024年02月12日

寂しくて、み旨の道を離れていく時、3つのパターンがある ──これは家庭にも通じる 《李ヨハネ先生の信仰サプリ》



240212.jpg


李耀翰(リ ヨハネ/イ ヨハン)先生の
1977年のみ言「イエス様の内的生活」より
「信仰が誤る三つの場合」です。

信仰が誤る三つの場合

皆さんは、どのような時寂しいですか? 
私たちの信仰の道の難題、
すなわち信仰が誤るのはどういう時ですか?

大きく三つに区分してみるとき、
原理を知った人たちの心情が問題になるのは、
一番目にみ言を失ったとき、
二番目はアベルを失ったとき、
三番目はカインを探し求められなかったときでしょう。


ところで、このようなことはいつでも
自分の生活圏内にあるということをしっかり記憶してください。

自分の家庭で、自分が属している教会で、
自分の職場であります。
ここで心を引き締めてこそ、行くべき道を行くことができます。
自分の心霊を育てることができるのです。

これができなければ、私は空中に浮かぶようになります。
私の心霊が空中に浮かぶようになります。

アベルはつかまえようとしても離れ去り、
カインは引き離そうとしても私の内に入ってきます。

ですから、自分は空中に浮かび、
この地上で寂しくなるのです。
そのような人は精神異常者と同じです。

精神異常者は特別な者ではありません。
地上に情が移った人がおらず、心を置く所がなくて
浮かんでいる人が精神異常者なのです。


そのようにして見るならば、
イエス様は実に気の毒な方と感じます。
ご自身はやるせない人たちを探し求めて
慰労されながらも、ご自身の心情を
授受する生活はできませんでした。

父母が子供に対して僕と同じような
ふるまいをするのと同じようになさったのです。


ご父母様は言いたいことがたくさんあっても、
分別のつかない子供の前に
ご自分の心情をお話しすることができません。

諸職者の皆さんも分別のつかない信徒の前では、
自分の話をしてはいけません。
自分の心苦しい話、自分の教会の
事情について話す必要はありません。

皆さんは教会に先に来た諸職者の立場ですから
教会の事情も知っており、教会長の貧しい事情、
やるせない事情をすべて知っています。

しかし、そのような話を軽々しく
だれにでも話すのではありません。
そうするならばむしろうまくいく教会もうまくいきません。

今日、先に入ってきた人が、分別のつかない信徒に
自分の話をして行くべき道を妨げることが多いのです。
分別のつかない人に自分の心苦しい話をする
ということは愚かしいことです。


家の内でもそうです。

家の内で夫婦が互いによく授受するようになれば
神に侍ることができるのであり、それが
できないならば、神を追い出す結果になるのです。

皆さんが話を誤るならば、
神を追い出してしまう結果になります。
すなわち、自分の心の春の園が
なくなってしまうということです。

喜びがありませんから、
神が臨在なさることができません。


夫が少し誤ったとしても祝福を受けた立場を考え、
この夫でなければ自分がお父様の前に
出て行くことができなかったし、夫のゆえに
お父様と因縁づけられたと考えるならば、
夫がいかばかり貴く考えられるでしょうか。

このように見るならば、
お父様の名前でもって立てられた夫になるのです。

妻もお父様の名前で立てられた人ですから
個人の価値で見ることができません。
妻も父の名前で対さなければなりません。

このように常に父の名前で対話するとき、
神が臨在なさることができるのです。

これがまさしく神をお連れしてくださる方法です。
今が侍義の時だということは、互いの間に
父の名前で仕えなければならない時だということです。

諸職者(教会組織の役職者)研修会での説教 
1977年10月2日 韓国中央修練所

信仰生活シリーズ3 聖書の中の心情圏  
摂理の中心家庭に学ぶ信仰姿勢 李耀翰

U 復帰摂理の恨
「イエス様の内的生活」
信仰が誤る三つの場合
再編集 文責:ten1ko2


心情の基台、これはとても重要であると感じます。
そう考えると、イエス様はご自身の
本当の心情を吐露することができませんでした。

神様の前に、どれほど申し訳ない思いで
いっぱいだったでしょうか。。。

そんなイエス様と同じ思いを抱えておられるのが、
真のお母様であると思います。

ご自身が独り娘であるということ、
イエス様と同じ立場であるということを
証しすることができませんでした。

私たちがあまりにも幼くて、
ただお父様だけを求めてきたからでした。

私たちは本当に足りない者ですが、
お母様を正しく証しする者になるべく、
霊性を磨いていかなければ、と思うのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 



posted by ten1ko2 at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 李ヨハネ先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月02日

近い人ほど敵になりやすい 誰かを「神に会ったかのように」愛したことがありますか? 《李ヨハネ先生の信仰サプリ》



240202.JPG


李耀翰(リ ヨハネ/イ ヨハン)先生の
1977年のみ言「イエス様の内的生活」より
「人に対する正しい姿勢」です。


さあ、このような原則が分かるようになるならば、
皆さんが何か、することが重苦しい、
私の心に合わない、と言うことができますか。

食口がどうのこうの、教域や、教区がどうのこうの、
教会に行ったのだが教会長がどうのこうの、
と言うことはできないのです。

なぜならば、私が施さなければならない人が
いるからです。
私も他人の心に何か記憶され得ることを
しなければなりません。

すなわち、私を必要とする
私の下の人がいるではありませんか? 
特にここに集った教会の諸職者たちには、
下の人が多いのです。

その人たちに私が精誠を尽くして
やるべきことがあります。
私が一歩でも先に行って待っていてやり、
戻ってくるならば、
喜んでやらなければならない任務があります。

そのように施すならば、その方たちが
「だれそれのお母さん」
「だれそれ勧士さん」
「だれそれ執事さん」と、このように
教会に出るたびに私を忘れることができません。

教会の中でその人さえ見るならば、
もっぱら自分の心が良くなる情の主体、
すなわち、情でもって引っ張ってやることのできる、
そのような人になるのです。


(今講義を受けている)諸職者たちが出ていって
伝道することはできないとしても、
既に因縁づけられた人を
慕ってやることができなければなりません。

真実心から喜んでやるならば、
その方たちの精誠が合わさって、
その方たちによって神の火の柱と雲の柱が
この祭壇に臨むようになり、その対象たちを通じて
自分の位置が定まるようになるのです。

それを確認する方法は、
その方たちの行動を見ることです。
聖日に私に会って喜ぶ程度を見て
確認することができるというのです。


しかし、初めから私を
記憶することのできない人もいるのです。
それでは、記憶できない人には
どのようにして記憶させることができますか?

一歩でも先に行って、その人が来るのを
喜んで迎えてみなさい。
その人が来るのではなくて「天が呼び出された方が
今、来ておられるのだなあ」と考え、
その人を天のように思ってみなさい。


人に対するとき、お父様の名前でもって対して、
導かなければならないのです。
お父様を除外した人間関係をもつ人は、
お父様を信じる人であると言うことができません。

皆さんすべては、ご父母様を中心として
信仰生活をしているのではありませんか? 
そうであるならば、私がだれに会おうとも
ご父母様によって出会った人として
見なければならないのです。


夫婦同士の対話でも互いに合わないときは、
夫は、妻に対して「お母様、
あなたの啓示が降りましたから従順にいたします」
と言い、妻は夫に「お父様、
あなたの実体であられるお父様の啓示が
降りましたから従順にいたします」と、
このように対話しようというのです。

男性が自分の我意で押していっても妻が
「男性性相の実体であられる私の夫、
私の神様の絶対的な命令であられますから
啓示として受けます」と言えば、
夫は我を張っていたとしても覚醒して
「啓示ではない、啓示ではない」と言って
雌伏する(屈伏して従う)のです。


父の名前で対話しようというのです。
これは、笑い話ではありません。

一緒に住んでみれば父を忘れ、
互いに常識で問いつめ、
父を抜きにして対話しやすいのです。
ですから極めて注意しなければなりません。

それで近い家族が怨讐になりやすいのです。
なぜですか? 
父を抜きにするようになれば怨讐になるのです。

しきりに別のことを言うように
なりますから怨讐になるのです。

ですから、兄弟に会っても、
「ああ、お父様が送られた人、
お父さまが慕わしくて訪ねてきた人、
私はこの方にどのように対そうか?」と、
お父様に会ったように考えなければなりません。

 
アメリカにおられるお父様だけを慕ってはいけません。

日曜日の朝、教会に来るすべての人たちに
真実、お父様に会ったように
三回だけしてやってみなさい。

その次からは教会に来てその人がいるだろうか
と探し求めるようになるのです。
いなければ寂しく思うことも分かるのです。

これが諸職者たちがする仕事です。
それもしないならば、皆さんの心霊は、
育つことができません。

自分一人どれだけ出来が良く賢くとも、
対象がいなければ駄目です。
それでイエス様もご自身が世話をする人を
探し求めようと毎日お忙しかったのです。

私たちの先生もとてもお忙しい方であられます。
七月から九月までずっと
太平洋の海に出ておられましたが、
暇で出ていっておられるのではありません。

世界人類を釣る作業をなさいました。
先生は、世界を前にして闘っておられます。
ご自身がどのような生活をしようとも、
世界人類にすがって生きるという
その心情で生きる方です。

天地の責任者として、天宙の中心たる使命を
果たしておられる先生であられます。

諸職者(教会組織の役職者)研修会での説教 
1977年10月2日 韓国中央修練所

信仰生活シリーズ3 聖書の中の心情圏  
摂理の中心家庭に学ぶ信仰姿勢 李耀翰

U 復帰摂理の恨
「イエス様の内的生活」
再編集 文責:ten1ko2


イエス様は出会った人を
神に会ったかのように、
愛していかれました。

そして、イエス様が人に対するとき、
自分を慕い、侍る人だけを
愛し、尽くしたのではありません。

その人を万民、と思って
愛し、尽くしたのだ、というのです。

真のお父様も全く同じように、
愛していかれました。

ヨハネ先生が語られるように

「日曜日の朝、教会に来るすべての人たちに
真実、お父様に会ったように
三回だけしてやってみなさい」

このような姿勢が本当に重要だと思います。

さらに言うなら、
出会うすべての人に、
そのように対することができれば
どれほど素晴らしいことでしょうか。。。

それが、イエス様を愛し
真の父母様を愛する証明だと言えると思うのです。。。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

posted by ten1ko2 at 09:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 李ヨハネ先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月18日

イエスは、十字架が怖かったのではない! ゲッセマネの祈りは、最終手段だった 《李ヨハネ先生の信仰サプリ》



200806-gessemane.jpg


李耀翰(リ ヨハネ/イ ヨハン)先生

ゲッセマネの三次の祈祷の意味

もう一度考えてみなさい。
「苦杯を免れさせてください…」。

その次はどのようにしてくれというのですか。
とにかく十字架が恐ろしいから……。
これは話になりません。

それでは、どのようにしようというのですか? 

ペテロとヨハネとヤコブが
あのように居眠りしていますが、
彼らは肉身が疲れているから居眠りするのであって、
心に力を得る日には私と共に死ぬ人だから、
少しだけ延期してほしいという頼みなのです。

ところが再び来てみるとこっくりこっくり
と居眠りしていますから、実に切ないことなのです。

それで再び来られては
「目覚めていなさい。
目覚めていなさい。
お前たちだけでも私と共に
試験され得ない人になるならば、
十字架が私から過ぎ去ることができる」

と思いながら目覚めさせておき、
再び神に「神様、できることならば
十字架を免れるようにしてください」
という祈祷をささげ、
再び来てみるならば、再び居眠りしています。

結局、イエス様は、最後にこの闘いをなさったのです。


この三弟子がマグダラのマリヤほどに
心情的に連結されたならば良かったのに……。

皆さん、マグダラのマリヤをご存じですね? 
過越の祭の前夜にイエス様の前に
痛哭していたマリヤ。

私は、その女性をみ言の実体だと呼びたいのです。
本当にイエス様の人、
イエス様の前に記念すべき女性だと考えます。


イエス様がゲッセマネの園に行かれる前夜
ベタニヤのラザロの家に寄ったとき、
彼の妹のマルタとマリヤが
イエス様に夕食をもてなすと語ったことがありました。

そのとき、マルタは台所に行って
早く準備したのですが、
マリヤは自分が持っていた
最も貴重な香油をイエス様の足に注ぎました。

イスラエルの娘にとって香油はとても貴いものです。
婚姻する娘がつけなければならない
最も貴いものだということです。

横にいる人たちが一言言いますから、
イエス様が「私の葬儀をする日のために
そうしているのだから、
そのままにしておきなさい」と語りました。

これを見るならば、マリヤは、
イエス様が一人で心を痛めておられ、
心配なさっていたその胸の内を知り、
自分ができる最善のことをしたわけです。


皆さん、「夫」や「新郎」という
名前を得ることが易しいと思いますか? 

主体である男性がどれだけ出来が良くても、
対象なしには資格を得ることができません。

女性もまたそうなのです。
自分がどれだけ出来が良くても
一人では、新婦という言葉を聞き、
母になる可能性がありません。

結局、対象のゆえに祝福を受けるということなのです。


イエス様もご自身がどれだけ出来が良かったとしても、
イエス様を「私の主よ! 私の新郎様よ!」
と迎える人がいなければならないというのです。

それではイエス様を迎える人はだれですか。

出来が良かろうが悪かろうが罪の中にある人たち、
すなわち、この世の中の人たちが主を迎えてこそ、
イエス様が救世主になれるのです。

相対性を帯びているということなのです。

ですから、私たちの主は、アベル側に属する主にも、
カイン側に属する主にもなるというのです。

これが原理の始まりでもあります。
アベル側だけが迎えてはいけません。

もちろん、アベルが私の仲保者になったりもしますけれども、
対象がいなければ私が立つ位置がありません。

 
イエス様の切なる願いは、この地上で
「私であり君である」ということのできる人を
探し求めることでした。

イエス様は、ゲッセマネの園で三弟子を前にして、
原理的に切実に神の前に祈ったのです。

ところが、三弟子はこっくりこっくり
居眠りしていますから、
いかばかりはがゆかったでしょうか。
ですから、しきりに目覚めさせたのです。

「起きろ、目を覚ませ。
試練に陥るな。
目覚めていて祈祷しよう」。
そして、神の前に再び祈祷しました。

ペテロであり、ヨハネであり、ヤコブであり、私である
という関係、すなわち、「君であり私である」
といえるならば、父のみ旨が地上に
成されるのではないのかと考えられたのです。


イエス様は、ご自身が死ぬことは問題ではないけれども、
父の願いが地上に成されなければならない
とお考えになられたのです。

それで「できることでしたらどうか、
この杯をわたしから過ぎ去らせてください」
と祈祷なさいました。

このようにすること三回、それでも駄目ですから
「もうだめだ、眠れ。ぐっすり眠れ」と語られました。

言うなれば、今ではお前たち人間が
行くべき道を探し求めたから、
お前たちの行くべき道へ行けというみ言なのです。

痛嘆する仕業です。
そのとき、ローマの兵士が捜しにきたのです。


諸職者(教会組織の役職者)研修会での説教 
1977年10月2日 韓国中央修練所

信仰生活シリーズ3 聖書の中の心情圏  
摂理の中心家庭に学ぶ信仰姿勢 李耀翰

U 復帰摂理の恨
「イエス様の内的生活」
再編集 文責:ten1ko2


イエス様の本当の価値を知っていたのは、
何の地位も名誉もない、マグダラのマリアなど、
ほんのごくわずかな人たちでした。。。

イエス様にずっと侍っていた3弟子をはじめとした
多くの信徒たちは、結局イエス様が十字架についたあと、
イエス様の本当の姿に出会い、
同じ道のりをいったのでした。

私たちは、真のお母様が最前線で歩まれている今この時、
ともに歩んでいる者たちです。
まさにお母様が「黄金期」と言われています。

本当にありがたいことです。
心から感謝いたします。



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 


posted by ten1ko2 at 12:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 李ヨハネ先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする