2024年04月06日

まずゴミを見つける?! 副作用ゼロの蕩減の捨て方は、感謝しかない 《蝶野部長精誠篇》第3巻スタート!



240446-3-1.jpg


お待たせしました!
蝶野知徳(ちょうの とものり)本部家庭教育部長の 
「精誠篇(せいせいへん)
3コマ目の講座を紹介します。


感謝ということは、もう何度も聞いてきたと
思いますが、それでも感謝できない。

でも(前の講義で)言葉で思うだけでもいいと話しました。
だけども、(心が)しっくりきたら
心から言いたいということもありますよね。

心から言いたい、心から言えない時には、
言葉だけでもいいということになります。

ただ結局、この蕩減というのは、
その発した一つの言葉で、
整理されるような軽いものもあれば、
感謝したその心で神様を迎えながら、
実体で苦労して切り開くという場合もあります。

いづれにせよ感謝から始まるんですね。

摂理とか、み旨というのは、感謝がなければ
まあ動いた分だけのことは動くかもしれませんけども、
何をやっても、神が私を通してやったと、
そしてプラス私の内面が作られていくということ、
これを得ようと思ったら、
やはりこの内面を無視することができない。


ですから そこで考えたいのは、
越えなければならないない内容は、
まずそれと出会わなければならないんですね。

だから、我々が感謝できないことと出会います。
でも、それは越えなければならないことなので、
これが、出会わないと始まらないのです。

例えば、家の中を掃除するためには、
何と出会わないといけない?
ゴミですね。
ゴミと出会わなければならない。

ゴミなんですよ。


掃除の好きな人は、
「あーここにもゴミがあった」って喜ぶんですね。

それなんです。
『あ、これで自分が綺麗になる』。

お父様(文鮮明先生)でも蕩減がいやだと
思ったんだけども、蕩減だと思ったら、
愛することができるようになったということです。

掃除が好きな人はゴミを愛しているのです、
「あった!」と思って。

でも、ゴミ自体が好きなわけじゃないんです。
ゴミが好きってのは、ちょっと異常ですからね。
そうじゃなくて、キレイになるために出会ったので、
喜んでいる状態です。


それと同じ感覚でいてください、心の蕩減の内容も。
自分の蕩減と出会うと、
『あ、これこの部分が私のゴミなんだ。見つけた!』

例えば「この礼拝堂に10個ゴミ隠しました」と、
「全部を見つけたらハワイ旅行ですよ」って言ったら、
1個を見つけるたびに嬉しいですよね。
あ、1個目、1個目って、
あの感覚で蕩減ができるのです。

楽しくてしょうがないんですよ。
そういうふうな感覚だと思ったらいいんですよ。
おまけに感謝できる心も作られます。

副作用ゼロです、皆さん。
かかる費用は0円ですよ。
タダでそんなことが良いことができる。

心を一つの主観、私の心の主人は私であるということです。
再創造の主人は私である。私に、全部任されているんです。


だから結局このゴミ。
ゴミを一個一個、こういうふうに見つけました。

ゴミと出会った、キレイになるから嬉しい、
感謝、ということですよ。

カチンとくることがあったら、
それだけ分、綺麗になるものを見つけた。
キレイになるためには出会わないといけない。

そのためには、その人がカチンとくることを
言ってくれないと、ダメなんです、これ。

だから、言ってくれた事に感謝
ということになるわけですよ。わかりますよね。

結局、蕩減するためには、
まずその「思い」と出会わないといけない。
思いと出会うためには「出来事」が
起こらなければならないわけですね。


ただ祝福家庭でもですね、
ご主人がパチンコ狂いで大変だと、
でも苦労して苦労して、大変だ
という方がいらっしゃいましたよ。

夫のパチンコ狂いで悩む蕩減が
その家にあるんですね。

ということは、それを清算するためには、
夫がパチンコ打ってくれないとダメなんですよ。
打ってくれないと清算できないんだから、
パチンコを打つことに悩むのを蕩減するためには、
打ってくれないと。

だからありがとうございます、となるわけですよ。
わかります、この世界が。


だから、非常に簡単にできる。
昔はうーんって気張ってたのがですね、
今だいぶ変わってきた。

自分に出てきた堕落性の思いってありますよね。
この講義聞いて帰り際から、
もう口から出てくる人もいるかもしれませんね。

ですから、結局ですね、私たちは
自分に悪い思いが出てきたときに、
『ああ、またやっちゃった』とですね。
相手とか自分、『やっぱり自分てダメだな』
と、自分を悪く思わないようにしてください。

『まあ聞いても、私すぐ忘れるから』、
という風にして、
みなさん、100%忘れるからご心配なく。
全員がお手々つないで100%忘れますから、
それは大丈夫です。

忘れたのを思い出してほしいだけなんですね。
相手や自分を嫌に思わないことです、これ。

自分の堕落性って、もう根強いですから。


だけどもいやに思わない。
これは発見できた自分の蕩減内容を、
抱えてしまってるんですよ。

あぁ、自分のゴミだーって。
皆さん家で掃除するとき、ゴミを体で抱えます?
見つけたゴミを、全部抱えませんよね。

ゴミは捨てるために見つけるわけです。
だから捨てたらいいだけですよ。

ですから清算のチャンス、(=蕩減)
今日のことできれいにするチャンス、
掃除のチャンスということですよ。

清算のチャンスのために、
思いを体験しているに過ぎないんです。

もう1回言います。
清算のチャンスのために、
思いを体験しているだけです。

その皆さんの堕落性自身(自体)が
皆さんじゃないのです。
そう思ったらいいです、逆に、うん。

体験してるにすぎないと悟ること。
ゴミは発見して抱えるものでなく、捨てるものだから。


どうやって捨てます?

「ありがとうございます」と言ったら
捨てることになるんです。

だから神様とサタンから見たら、
「こいつはこんな目に遭っても
ありがとうございますと言ったぞ」と、
これは罪の清算の方に回すしかない、
となるわけですよ。

蝶野知徳・精誠篇3 
父母による子女の家庭教育 精誠篇より
「内的蕩減と生活信仰」
摂理される私、実体基台のために
2018年に蝶野部長が広島の家庭教育部長だった頃
全国の教区から要請があり出張して語られた講義より
(文責:ten1ko2)


やはり、何事にも感謝する、
という意識の捉え方が必要なのだ、と感じます。

真の愛を体恤していれば、
どんな試練を受けても、
堕落性に引っかかることはありません。

私たちは、本当に細かいことに引っかかります。
でもそれは、「私の成長のために、神様から与えられたもの」
そのように、受け止めることが重要なのだと思います。



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

posted by ten1ko2 at 11:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶野部長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月13日

「ご飯だよ」 言葉は、情報よりも、愛を伝えるためにある 《蝶野*孝情をはぐくむ》



240313.jpg


本部の蝶野知徳家庭教育部長の
「孝情を育む」から
『言葉は愛のためにある』をお伝えします。

愛を伝えるためにあるもの

夫が妻に、妻が夫に語りかける言葉を
子女は聞いており、語る人の気持ちを感じ取っています。

何を話しているかという言葉の内容の前に、
言葉を発しているその人の気持ちが先に伝わっています。

神様は言葉というものを何のために考えられたか
といえば、“愛のため”に考えられました。

愛するためにあるのであり、
愛を伝えるためにあるものなのです。


ふだん使っている家族への言葉が、
ただ物事を伝えるだけの言葉に
なっていないかを確認することが大切です。

家族に、夕飯ができたので「ご飯できたよ」
と伝えるとします。

この時に、“ご飯ができたという事実”だけを
伝えるのではないということです。

そう伝えながらも、本当は食べる人を
「愛したくて」という思いを伝えなければならないのです。

「あなたの健康と喜びを思って
(少ない予算の中で申し訳ないけれど)心を込めて作りました」と。

配偶者や子女を、食事をもって“愛したい心”で、
「ご飯できたよ」というのです。

このように一つ一つの言葉に愛を込めて
発していくならば、聞く側の心も、
その愛を敏感に感じるようになります。

ただ生活のための情報を伝えるだけではないのです。

家庭の雰囲気に影響する言葉の使い方

全ての言葉に愛を込めるならば、積み重ねられた言葉は、
受ける側にとって大きな力となり、愛になるのです。

語りかける側が、愛したくて言葉を発しているのであれば、
すでに語っている私自身の心が
うれしくなっているということです。

語る側も、受ける側も、
愛のために心が開くようになっています。

家族であれば、足音を聞いただけで、
その人の心や、機嫌が分かるという話があるように、
人間は常に外的なものから内的なものを、
自然に感じ取ってしまっているのです。

家族という関係性を考えるとき、
生活の中でのふだんの言葉の使い方が
大きい影響力を持ちます。

交わされる言葉によって、
家庭の雰囲気は、変わってしまいます。

言葉の内容や外的な手段だけでは限界があった、
人間関係の根底の部分に影響を与える要素となるのです。

言葉自体を、そもそも神様が何のために
つくられたのかというところまで遡(さかのぼ)って考え、
ふだんの言葉の扱いを大切にしていくべきです。

そうすることで、例えば「愛している」という
言葉でさえも、その言葉だけに依存せず、
本当に愛しているという心が自然に伝わるような
関係をつくりあげていきたいと思うのです。

孝情を育む 13
家庭教育部長 蝶野知徳
(Blessed Lifeより)
再編集 文責:ten1ko2


「ご飯だよ」
何気ない一言にも愛を込めているか・・・
つくづく反省させられます。

一瞬の思いに愛を投入していく、
そのような者になっていきたいです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 


posted by ten1ko2 at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶野部長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月08日

最終話 ──神が愛するのはどんな人でしょうか?! 夫婦講座*《蝶野部長11》




191203 (2).jpg


「私は夫からとても愛されたので、
とても幸せに感じ
ただ神様に感謝し、万民に感謝します、
と言いながら生きてきました」と答えれば、

神様は「ほほう、そんなに
愛されたのか」と言って喜ばれるのです。

神様はあなたに関心を
もち始めることでしょう。

そして、
「私は初めてそのように
本当に愛された人間を見つけた」
と言われるでしょう(笑)。

愛よ永遠に
1984年1月22日
文鮮明


蝶野知徳(ちょうの とものり)本部家庭教育部長の夫婦講座──
今回が最後になります。


最後にお父様のみ言1984年の「愛を永遠に」を
読んでみましょう。

神様が、祝福家庭に対して
どんな愛の心親心をもってみつめておられるか、
このみ言を通してよくわかります。


愛よ永遠に
1984年1月22日

皆さんは真の愛に出会って、本当に強く抱き締められ、また強く打たれて惨めなくらいに愛されても、「それでも構わない。それくらい愛されたい」とそう思ったことはありますか。「もしそうなれば、どれほど幸せだろう」と考えたことがありますか。そういう女の人はどれほど幸せな人でしょう。
もし皆さんが霊界に行くと、神様から「この小さなアメリカのムーニーよ、あなたは地上で何をしてきたのか」と聞かれます。それに対して、「私は大したことをやってきませんでした。ただ夫からとても愛されたので、とても幸せに感じ体が傷つくほど愛されました。ただ神様に感謝し、万民に感謝します、と言いながら生きてきました」と答えれば、神様は「ほほう、そんなに愛されたのかと言って喜ばれるのです。「あなたは小さいが素晴らしいアメリカの女だ」と神様はあなたに関心をもち始めることでしょう。そして、「私は初めてそのように本当に愛された人間を見つけた」と言われるでしょう(笑)。
それはどれほど素晴らしいことでしょうか。皆さんはどうですか。それは好きですか、嫌いですか?(好きです。)どうですか?先生はそのような女性が好きですよ。皆さんはどうですか?(はい好きです!)

先生もお母様にそうしてあげたいのですが……(笑)。人は真の愛の主管を好みます。今日は何ヵ月間も話をするほど話があるのに時間が過ぎてしまいました。
──私たちはどうすれば神様を身近に感ずることができますか?神様を私の家に迎え入れることができ、わたしの肉から、細胞から、心から離すことのできない愛の神様であるということを知る時、どれほど幸福でしょうか。神様はただ単にロゴス(全知全能)の神ではなく、愛の神様なのです。だから人間は神様の完全なる対象であり、愛の対象なのです。主体が神様であるので私がいなければならないのです。神の愛の前には私が必要であるという特権、人間がもっているこの特権を誇らなければなりません。どれほど素晴らしいことでしょう。そのような人間はどれほど価値のある人か考えてみなさい。分かりますか?

皆さんは希望をもってさらに神の真実なる愛の圏内で走り抜きましょう。どうですか。どれほど素晴らしい私たちでしょう!正に「愛よ永遠に」です。そのような永遠の愛をもつことがいかに素晴らしいことでしょう!
では、真の愛の中で神様の真の対象となるように努力しますと決意する人は手を挙げてください。

お父様のみ言より


めちゃくちゃ愛された人を神様が喜ばれるのです。

「だったらあなたは愛するのよ、これが証拠よ」
そんなこと思った人・・・

愛する側に立ちたいか、
愛される側に立ちたいかということです。

アボジは愛する側に立ちなさいということを言いたい。
愛した旦那さんを(神様は)もっと愛する。

相手の性質に人格能力に主管されることが多い。
たくさん配偶者から真の愛を受けた人を
喜ばれるということは、
愛した側がどれほど神に近いか。

だったら何もない配偶者が何もなくても、
私もたくさん愛されて
神様ありがとうございますという、
妻に愛された男、女を見てみたい。

愛の発露、神様を喜ばせたいという
信仰基台の力からくる。(縦軸)
相手の長所を見て愛するというのは横軸、
この世のものです。

すでに、原罪が清算されたということで
胸を張るのではありませんね。

中身を作っていくために、
私たちをなぜ祝福されたのか、
神の愛、親心に夫婦で帰っていって、
配偶者から、真の父母様、天の父母様の愛を
言葉の一つ一つに感じながら、
相手を天的な価値として対しながらいくと、
それは素晴らしい夫婦になっていきます。

それが本当に祝福のブランド化できるということです。

「祝福のブランド化」
というフレーズがありますが、
血統転換される、(それだけで)ブランド化だ
中身がないのにブランド化が…というのは
おかしいと私は思います。

無原罪であれば、祝福家庭であれば、
なんでこんな愛ができるかという中身を、
私たちが作っていって、ブランドかどうかは
私たちが言うものではない、
この世の人がそれを見てくださる、
そのような夫婦になっていきたいと思います。

2019年5月北千葉「夫婦講座」より
再編集 文責:ten1ko2


お父様のみ言の背後に、
愛される妻を喜んでいる夫の姿を見た、
蝶野部長の心情は素晴らしいですね。

夫婦というのは、平行な立場ですから、
お互いを要求したらキリがありません。
しかし、父母の心情で接していくなら、
これほど素晴らしいことはないというのです。
だからこそ、「永遠のテーマ」だとも思うのですが。。。

神様に喜んでいただける夫婦となるべく、
切磋琢磨しなければ、と思います。

この講座は、以前に夫婦で参加し
妻が書き起こしたものです。
何度読んでも、感動するし、参考になりますね。
苦労して書き起こした妻に感謝します。

蝶野部長の講話は、本当に学ぶところが大きいです。
今後も、精誠篇の続きなど、
不定期に投稿させていただきます。
ありがとうございました。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

posted by ten1ko2 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶野部長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする