2024年07月13日

君たちは霊界を知らないから遊んでいられるが、アボジ・オモニはできない 《史吉子先生》



231105.jpg


史吉子(サ キルジャ)先生の
「原理に関するみ言の証」より
予定論の内容、後編です。


お父様が今まで心配しておられたことが何かと言うと、
お父様が霊界に逝かれた後に、一人でも尋ねて来て、
「お父様もメシヤとして多くの苦労をしました。
しかし、 お父様よりも私はみ旨のために
もっと苦労をしました」
と言う人が現れたら、お父様はメシヤとして
神様の前に頭を上げることができないのです。

このように、文総裁がメシヤとしてどのように歩まれたかが
本当に重要だと言われました。

それでお父様は、人類歷史上で最高に苦労をした
と言う基準を立てておいて、
霊界へ行かなければならないそうです。

お父様は子孫たちが生まれたら、彼らに、
「お父様はいつ出生され、何年度まで肉身をもって生きておられたが、
あれこれ苦労をされた」と言いながら、
お父様の実績を教えてあげたら、誰もが慟哭することができる
偉大なお父様として、永遠に残られなければならないので、
いつも気が急いで一瞬も休むことができないと言われます。

お父様は、「あなたたちは霊界を知らないから遊んだり、
休んだり、やめたりすることもできるが、
私は霊界がわかるからそんなことはができない」と言われました。

霊界と地上の長さを比べてみると、
地上は目を瞬きするくらいの一瞬だそうです。

お父様は、「そんな短い瞬間に自分の永遠な位置が決まると思う時、
どうして気楽に足を伸ばすことができるか?」と言われながら、

「私はベッドの上で呑気に病気になって死んで行く人間ではない。
私はみ言を語りながら現場で体が固くなって、
これ以上語れなくなって倒れながら殉教するつもりだ。
それが私には最高の栄光だ」と言われました。

私たちが霊界へ行ってお父様にお会いする時、
お父様が、「あなたはどんなことをしたのか?
これこれをしたのか?」と問われた時、
私たちが、「お父様は、そのようなことはおっしゃいませんでした」
と、 そのように言ってはいけないのです。

それはお父様の責任なので、お父様は息を引き取る瞬間まで、
み言を語ろうとされるのです。

それでお父様にお会いすれば、本当に毎日最善を尽くして
み言を語られる姿を拝見します。

私たちがこのような事実を知ると、どうですか?
子女としての私たちは、真似だけでも
しなければならないではないですか?

今もお父様は、私たちが実績を上げるには難しいと思える
新しい指示をなさってからは、私たちのために祈祷しようとして、
海に出られるとおっしゃいます。

ところで、海は本当に危ない所です。
暴風で船が急に引っ繰り返ることもあります。

お父様は海において小さな船に命を委ねて、
ひたすら命を賭けて涙ぐましい祈祷をなさりながら、
私たちよりも何千倍、何万倍も深刻な時間を過ごしておられ、
湯滅条件を立てているとおっしゃいました。

予定論は、このようにお父様にも該当するのです。
ですから、私たちは尚更ではありませんか?

原理に関するみ言の証
再編集 文責:ten1ko2


真のお父様が立てられた精誠。。。
史吉子先生が書かれたこのみ言は、
お父様がまだ地上でみ旨を歩んでいる時でした。

このみ言のごとく、まさに
「人類歷史上で最高に苦労をした
と言う基準を立てて」歩まれたお父様でした。

今、お母様が継承しておられます。
「睡眠薬を飲まなければ、眠ることができない」
と語られるお母様です。

神様の願いを思えば、人類の立場を考えれば、
休むことができない真の父母様なのです。




最後までお読みいただき ありがとうございました!
ポチッ!がまだの方はお願いしますm(__)m
ポチッは1日1回有効で、1週間の合計で
ランキングの順位が決まります。
ポチッとすると、現在の順位が出てきます ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 



posted by ten1ko2 at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 史吉子先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年07月05日

責任を果たせない人は、天が交替させる メシヤも例外ではない 《史吉子先生》



190715 20060716.jpg


史吉子(サ キルジャ)先生の
「原理に関するみ言の証」より
予定論の内容です。

予定論を徹底的に実践されるお父様

予定論では神様のみ旨に対する予定は
絶対的なのに、人間に対する予定は
人間が自分の責任分担を全うしなければ、
その人物を変えると言うのが核心です。

お父様はこの内容がお父様自身にも該当する
と言うことを、本当に骨身に滲みるように
感じたとおっしゃいました。

それで予定論がわかった後は、
少しも気を緩めることができなかったと言われました。

お父様は先ず、この貴い原理を
誰かに盗まれてはいけないと思われたそうです。

エデンの園で天使長が、神様が将来なさることを先に知って、
神様よりも先に実践してしまったように、
原理のみ言を他人に盗まれて、
その人がこの原理を悪用しては大変だと言う思いで、
盗まれないようにとても気を揉み、
心を焦がしたとおっしゃいました。

しかし、今原理を全世界に発表されたと言うことは、
時が来たからだそうです。


お父様にはソウルで一緒に高校に通った、
郭魯弼(クァクノビル)と言うとても親しい友達がいました。

北朝鮮から南下された後に、
お父様は釜山でその郭魯弼さんの家を尋ねました。

その日の夜、狭い部屋で数人が一緒に寝ましたが、
いきなりお父様がおっしゃるには、
「魯弼、たとえ私が今はみすぼらしい乞食のような姿だが、
時が来たら、 私が発表した原理を聞いて、
全世界の人々が私について来るようになるだろう」
と言われたそうです。

そのみ言を聞いてその方は、
「ああ、あんなに賢かった友達が苦労をし過ぎて、
頭がおかしくなったのか」
と思って、びっくりしたそうです。

後になって私がその方の話をお父様に申し上げたのですが、
高笑いされながら、「おい、おい、その程度まで話したのも、
私がその親友を信じていたからだ」 と言われました。

それくらいに、お父様は原理に関するみ言を、
時が来る時まで人々に語られませんでした。


そして、たとえ神様が願われてお父様をメシヤとして送られても、
お父様が責任を果たすことができなければ、
メシヤの使命をお父様よりもっとよくできる人に移すことも
あり得ることがわかるようになったとおっしゃいました。

それでお父様は、自ら責任を果たさなければならないと、
絶えず決意されたそうです。

「私が過去、現在、未来のどんな人よりも
メシヤとしての責任分担を果たすためには、
最高の精誠を尽くさなければならない」
と思われたのです。


このように、お父様は身悶えをしながら耐えて来られたことを、
心の底から悟らなければなりません。

私たちが容易く「お父様、お父様」と言いますが、
その声を聞いておられるお父様は、深刻になられるのです。

「果たして、私が父としての役割を果たしているか?
果して、私が自分自身よりも人をもっと愛しているか?
本当に人のために犠牲になっているか?」
と、このようにお父様はいつも自問自答なさるのです。

お父様は地上にいる人だけではなく、
地上に生まれて死んで行った
霊界にいる数多くの霊人たちからも、
侍られるべきではありませんか?

そして、人類の真の父母はお一人なので、
これから生まれる私たちの子孫たちも、
真の父母様が地上でどのように生きたかについて、
知りたいと思わないでしょうか?

彼らは、お父様が人類に対してどれだけ精誠を尽くされ、
どれだけ犠牲になりながら愛して逝かれたのか、
その行跡を調べて、知ろうとするのです。

史吉子/ 著「原理に関するみ言の証」
再編集 文責:ten1ko2




最後までお読みいただき ありがとうございました!
ポチッ!がまだの方はお願いしますm(__)m
ポチッは1日1回有効で、1週間の合計で
ランキングの順位が決まります。
ポチッとすると、現在の順位が出てきます ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

posted by ten1ko2 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 史吉子先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月27日

生きている人間が復活? 「霊人体の完成は愛の完成だよ」アボジの一言・霊性レッスン 《史吉子先生》



240527-2015.0829sa.jpg


史吉子(サ キルジャ)先生
「原理に関するみ言の証」、復活論より、
地上人に対する復活のお話しです。


復活論では先ず、地上人に対する復活摂理が現れます。

地上人に対する復活摂理は、
どのようになされるのでしょうか?
私たちの霊人体が霊形体、生命体を経て、
生霊体にならなければなりません。

すなわち、 蘇生復活、長成復活の段階を経て、
完成復活しなければならないのです。


次は、霊人に対する復活摂理です。

既に肉身を脱いだ私たちの先祖たち、
霊人たちは地上に再臨して地上人を協助することにより、
地上人と同じ恵沢を受けて復活します。

今日は、この二つの内容に関して説明します。


私は、復活とは既成教会で言及するように、
「死体が墓から蘇ること」だと思っていました。

ところが、 私たちの教会に入教して、
「復活は霊人体が成長すること」
と言うみ言を初めて聞きました。

それであまりにも不思議で、更に深く知りたくなり、
ある日、 お父様にお尋ねしました。

「お父様、私もお父様がおっしゃるように、
私の体の中で霊人体が成長していると思いますが、
霊人体がどれくらい成長したか、
霊形体が成長して生命体になったのか、
そのようなことが計れる、丁度、体温計のような機械を見て、
成長の度合いをわかることができませんか?」
とお尋ねしてみました。

お父様はこの質問については、聞いた振りもされず、
「そうだ。霊人体の完成は愛の完成だよ!」
と答えられ ました。


ところで、この霊形体と言う言葉には、
意味があります。

私たち食口の中で、練炭ガス中毒で
急死して生き返った人がいました。

彼女が死んで霊界に行ってみたら、
天国に行く道よりも地獄に行く道の方が楽に見えて、
早く来いと手振りをしていたそうです。

それで地獄に行ってみると、大蛇のような、
犬のような、豚のようなものがいましたが、
こちらから見ると人のようでもあり、
あちらから見ると獣のように見えたそうです。

そういう訳で復活してこそ、私たちの霊人体は
獣の姿から人間の姿へと形成されるのです。
それで蘇生期の霊人体を、霊形体と呼ぶのです。


そして、その霊形体が生命体に成長し、
更に成長すると生霊体になるのです。
生霊体は発光体であり、発光体は光を発するものです。

それで私たちが地上で生きる目的は、
自分の霊人体が完成して生霊体 (発光体)になることです。
それ故に、誰もが生霊体になることを望み ます。

その光がどれくらい強いかが、
将来、真の父母様が霊界に行かれた後、
私たちが真の父母様の近くに行ける基準になるそうです。

自分の霊人体が明るければ明るいほど、
真の父母様の近くに行けます。
暗ければ暗い程、下に下がり、
明るければ明るい程、上に上がります。

史吉子/ 著「原理に関するみ言の証」
再編集 文責:ten1ko2


私の霊人体が、どれくらいの位置なのか、
知りたい思いもあるし、しかし、
逆に、知りたくない思いもあります。。。

お父様のみ言のごとく、
「霊人体の完成は、愛の完成」と言われると
まだまだだな、と感じさせられます。

「私の生涯の座右の銘は、
いかにしてきのうよりきょう、
さらに感謝の気持ちをもって
生きていくかということです。
きのうよりきょう、さらに感謝し、
あすはきょうよりもっと感謝しながら
生きるために努力してきました。
日ごと、感謝の気持ちをもつことが、
私の人生の目標でした」


このお母様のみ言が胸を打ちますね。
どんな境遇にあったとしても、
感謝する生活を送ること、
この思いを持って、今日も出発していきたいと思うのです。


最後までお読みいただき ありがとうございました!
ポチッ!がまだの方はお願いしますm(__)m
ポチッは1日1回有効で、1週間の合計で
ランキングの順位が決まります。
ポチッとすると、現在の順位が出てきます ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ 当ブログ記事の転載、拡散について
その際は、リンクを貼っていただくか
当ブログ名とURLを記載して頂くようにお願いいたします。

なお、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、無断転載
に関しては、固くお断りいたします。

※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。 

posted by ten1ko2 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 史吉子先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする